★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 844.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎氏失脚を狙う悪徳ペンタゴンを粉砕せよ (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/844.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 10 月 20 日 14:16:06: qr553ZDJ.dzsc
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-0165.html 
2010年10月20日 (水) 12:51

小沢一郎氏失脚を狙う悪徳ペンタゴンを粉砕せよ 


「杉並からの情報発信です」様が10月19日付記事
「「西松建設事件」「陸山会事件」「村木厚子事件」の背後の闇はとてつもなく広くて深い」
に記述されたように、検察権力を不正利用した一連の国策捜査は、日本政治の基本構造刷新を阻止するための政治謀略であったと判断できる。
 

 日本政治を支配し続けてきたのは、米国・官僚・大資本のトライアングルである。このトライアングルの手先として活動してきたのが利権政党=利権政治屋と御用マスゴミである。
 

 官僚支配の構造は明治維新によって形成され140年の歴史を負っている。明治の太政官制は律令時代の太政官制を淵源としており、官僚支配の構造は1400年の歴史を負っているとも言える。第二次大戦後、GHQは官僚機構を解体しなかった。日本占領の実働部隊として官僚機構を活用しようとしたのだと考えられる。
 

 第二次大戦後、実質的に日本を支配し続けてきたのが米国である。占領当初は日本に新しい民主主義モデル国家を建設する青写真が描かれたが、冷戦の勃発により、日本の自主独立は否定されていった。米国に隷属する政権の持続が米国によって画策された。
 

 米国にとって、日本領土は米国の世界戦略上、最重要の位置を占めた。米国は日本領土を米軍が使用することの利益の大きさに着目して、日米安保条約を半強制的に日本と締結し、日本の領土を蹂躙し続けてきた。
 

 米国に隷属する日本。これが米国の対日政策の基本である。米国に隷属しない日本政府を米国は徹底的に攻撃してきた。鳩山一郎内閣、石橋湛山内閣、田中角栄内閣がこの系譜に属する。
2006年4月に小沢一郎氏が民主党代表に就任して以来、米官業トライアングル=米官業政電悪徳ペンタゴンが最大の脅威として位置付けたのが小沢一郎氏である。
 

 日本が自主独立外交を展開し、日本が東アジア集団安全保障体制を構築すれば、米国の世界覇権は崩されてしまう。米国は東アジア諸国が友好関係を築くことを何よりも恐れているのである。
 

 最大の脅威である小沢一郎氏を失脚させるために、米官業トライアングルは、文字通り目的のためには手段を選ばぬ行動を採用してきた。
 

 それが、西松事件、陸山会事件、村木事件である。三三事変、一一五事変、四二七事変、一〇四事変のすべてが正当性を保持していない政治謀略である。


人気ブロムランキング http://blog.with2.net/rank1510-0.html


悪徳ペンタゴンに対峙する主権者国民勢力は、2009年8月30日の総選挙を通じて主権者国民政権の樹立に成功したが、悪徳ペンタゴンの狂気の総攻撃により、6.2クーデターの挙行を許し、政権を奪還されてしまった。


菅直人氏と悪徳6奉行を中心とする菅直人クーデター政権は、米国、官僚、大資本の利権を追求する悪徳ペンタゴン政権である。
 

 この悪徳ペンタゴン政権が検察権力、司法権力を不正利用して小沢一郎氏を失脚させるために狂気の活動を展開し続けている。
 

 主権者国民は結束して小沢一郎氏に対する権力の暴走を糾弾し、小沢一郎氏を守り、主権者国民政権樹立に向けて再度、総力を結集しなければならない。
 

 民主党は9月14日の代表選に示されたように、対米隷属派と主権者国民派に勢力が二分されている。この二つの勢力は、政策の基本方針、理念、哲学において対極に位置するものであり、同じ政党に同居することに根本的な矛盾がある。機会を探り、分党することが必要である。政党は政策の基本方針、理念、哲学によって分立するべきものであり、異なる思想が同居すれば、主権者は選挙の際に意思表示をすることができず、民主主義が正常に機能しない。
 

 政党助成金との関係があるから時機を選ばねばならないが、年末に分党を実現する方向で準備を進めるべきである。
 

 マスゴミは相も変わらず、小沢一郎氏攻撃を続けているが、事情を理解する主権者国民は、これらの動きが「政治謀略」であるとの本質を知ってしまっている。
 

 この真実をすべての国民に伝達してゆかなければならない。
 

 検察審査会が制御不能な暴走を始めているが、検察審査会の基本に立ち返る制度是正が必要である。
 

 その第一歩は、検察審査会の可視化である。一国の命運をも左右しかねない検察審査会の暴走を放置することは許されない。小沢一郎氏に対する起訴相当決議を示した東京第五検察審査会の審査詳細を固有名詞抜きで公開するべきである。固有名詞抜きで公開するなら、プライバシーの問題を生む心配もない。
 

 柳田法務相は、直ちに検察審査会審査内容の公開を決断するべきである。


───

人気ブロムランキング http://blog.with2.net/rank1510-0.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月20日 16:59:16: jfFAZGb6iI
「柳田法務相は、直ちに検察審査会審査内容の公開を決断するべきである。」

賛成です。議事録公開なら法律を改正しなくても、今すぐできるはずです。国民の誰も反対しないと思います。「そんなのおかしい」とは誰も言えないと思います。


02. 2010年10月20日 17:32:20: ebLu6MQwUM
菅、仙谷が許さないだろうが、民主党の大多数が、第5検査会の議事録を公開せよとせまったら、法務大臣は公開せざるを得ないだろう。

民主党が生き残るためには議事録を公開して、公正な判断が出来る様にすることだ。
民主党は透明性を大事にする党であることに存在意義がある。

小沢氏支持の国会議員は、反小沢氏支持の国会議員を説得すべきだ。
公開に反対する理由がないのだから。


03. 2010年10月20日 19:43:46: BIgfJMRMNE
>02さん

第5検審の議事録ってあるんですか?
第5検審事務局が「ありません」と答えていたんですが。


04. 2010年10月22日 00:36:42: RGdkFq6TTE

「第5検審の議事録」なんて、誰かが適当に作るんだろう。
ワードで打てば、すぐできるだろう。

問題は、内容だろう。

当然、そもそも、議事なんて、なかったのだろうから、
作文に決まっている。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧