★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 915.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢邸ガザ入れで“特捜超え”指定弁護士の手腕は?(zakzak)
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/915.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 10 月 21 日 18:16:26: igsppGRN/E9PQ
 

 検察審査会(検審)の議決で強制起訴される民主党の小沢一郎元代表(68)に対し、検察官役となる指定弁護士3人の選定が進んでいる。弁護士といっても権限は大きく容疑者を事情聴取し、関係先の家宅捜索もできる。そこで、最大の関心となりそうなのが、小沢氏の私邸だ。東京地検特捜部ですら見送ったこの小沢邸に、指定弁護士は迫るのか−。

 東京・深沢にある小沢邸。敷地面積は490坪という広大さ。それを高い木々と有刺鉄線が囲み、中に住居棟、母屋、応接棟が連なる。総工費13億円とも噂される大豪邸だ。

 東京地検の捜査では、政治資金団体「陸山会」の代表者である小沢氏が2004年10月、陸山会名義で東京都世田谷区の土地を代金約3億4000万円で取得。その原資などに小沢氏個人の4億円があてられたとされる。

 小沢氏も今年1月16日の党大会で「個人の資金」と明言。この頃、保管場所について、小沢氏側弁護士が「小沢氏の自宅に置いてあった」と説明した−との報道があったために、永田町では「母屋に大金庫でもあるのか」などと小沢氏の自宅がクローズアップされた。後に小沢氏側は保管場所について「事務所の金庫」に変更した。

 かつて小沢氏が師とあおいだ故・金丸信元自民党副総裁は、自身の脱税事件で家宅捜索を受けた。そんな過去を想起させる。

 ■本気で追い込むなら…

 問題なのは、特捜部でさえ見送った小沢邸の家宅捜索が行われるのかということ。

 「検察の証拠調べが不十分で、かつ自宅に、より重要な証拠があると判断するに足る相当の事由があると判断すれば、自宅に踏み込むこともやぶさかではありません」

 こう話すのは、「明石花火大会歩道橋事故」(01年7月)に関する事件で、検察官役の指定弁護士を務めた安原浩弁護士。

 安原氏は他の2人の指定弁護士とともに、業務上過失致死罪で起訴され、不起訴となった元明石署副所長を再度事情聴取。職責による強制起訴にこぎつけた人物だ。

 小沢氏のケースについて、安原氏は「(家宅捜索の)是非は軽々に判断できない」と前置きした上で、こう解説する。

 「指定弁護人は、検察が集めた証拠や調書をすべて引き継ぎます。私のところには段ボール箱で19箱の資料が送られてきました。仮に、彼ら(検察)と見方を異にする場合があれば、容疑者に事情聴取を要請したり、家宅捜索を行うことになります。検察官役として有罪を立証する責務を負う以上、被疑者が大物議員であろうとも、自宅への家宅捜索を回避する理由にはなりません」

 また、刑法が専門の板倉宏・日本大学名誉教授は、「通常の業務を抱える弁護士が検察官として立件を目指す以上、検察を上回る踏み込んだ捜索を行うべき」と話す。

 「小沢氏の事件を担当した東京地検特捜部では、複数の選任検事が何時間もかけて膨大な資料や供述を紐解いたにもかかわらず、起訴を断念した。それを超えて小沢氏を追いつめるには、特捜部すら踏み込むことをしなかった私邸への家宅捜索も当然検討されるべき。要員の問題もありますが、本気で有罪に追い込むのなら、(私邸への家宅捜索を)断行する必要もあるでしょう」

 一方、慎重な捜査を求める声もある。

 『検察審査会の午後』(新潮社)の著者で作家の佐野洋氏は、「検審が手持ちの資料をもとに判断し、指定弁護人も検察に代わって裁判を請け負う以上、同じ条件(=捜査資料)で公判を進めるのがフェア。新たな証拠や供述が出てこないと公判を維持できないのなら、初めから今回の強制起訴はその意味を失っている」と指摘する。

 小沢邸の家宅捜索については小沢氏周辺の中にも危惧する声が出ており、側近議員の1人がその可能性について小沢氏に進言したところ、小沢氏は「何もない。何も出ないから困らない」と語ったという。

 法曹史上最大級の注目を集める指定弁護士3人は、今週中にも東京地裁から発表される。

 ■指定弁護士  検察が不起訴処分にした容疑者について、市民でつくる検察審査会の審査員11人中8人以上が2回続けて起訴すべきと議決した後、裁判所が検察官役として指定する。改正検察審査会法(09年施行)に基づき、容疑者を強制的に起訴し、立証する職責を負う。3人の弁護士は、事件を審理する地方裁判所がある都道府県の弁護士会が推薦し、承諾した後に地裁が任命。検察が押収した証拠や資料、供述のすべてを引き継ぎ、補充捜査として被告人の事情聴取や強制捜査を行う権限を持つ。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101021/plt1010211627003-n1.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月21日 18:35:08: FN1zC6nnJI
検察審査会法は、起訴議決で時効進行が停止しないことを定めている(第41条の10第1項3号)。
時効進行が停止しない刑事訴訟手続きなどあるはずもないから、この一点だけでも地裁判決は、違法・無効。
よって「夕刊フジ」の期待するような事態はあり得ない。
これ常識。

02. 2010年10月21日 18:45:17: 0huCCn4zOU
政治家の家にガサ入れなんて検察でさえ慎重に行う問題なわけで、
そこまでの危険を冒すとは思えんけどな。
検察という組織が行うのとは違って100%責任追及されるからな。

03. 2010年10月21日 19:25:50: 1PcBBVKfnE
あまりばかばかしい想像をふくらませなさんな。
いまごろ家宅捜索していったい何を得ることができるの?
記載ミスの「証拠」? なんだそれ? 
ばかばかしい。裁判所が家宅捜索など許可するはずもない。
もし、したとすれば暗黒放置国家だ。

04. 2010年10月21日 19:43:46: wfEkCyjOdm
> 刑法が専門の板倉宏・日本大学名誉教授は、「通常の業務を抱える弁護士が検察官として立件を目指す以上、検察を上回る踏み込んだ捜索を行うべき」と話す。 「小沢氏の事件を担当した東京地検特捜部では、複数の選任検事が何時間もかけて膨大な資料や供述を紐解いたにもかかわらず、起訴を断念した。それを超えて小沢氏を追いつめるには、特捜部すら踏み込むことをしなかった私邸への家宅捜索も当然検討されるべき。要員の問題もありますが、本気で有罪に追い込むのなら、
>(私邸への家宅捜索を)断行する必要もあるでしょう」
  〜ここまで引用〜

下はどなたかのコメントですが先日から気になっています、どんな民主主義を国民が選ぶのでしょうか。検察審査会は日本の「運命」を左右するでしょう。可?

>「準司法機関であるとするならば、強制起訴権限をもつことは違法になる。司法機関として起訴を決定するなら、三権分立を蹂躙することになり、検察審査会の設置自体が憲法違反になる。」


05. 2010年10月21日 19:52:24: BDDFeQHT6I
指定弁護士が起訴を断念して終るのが筋書きだろう、所詮この検察審査会の議決は小沢首相を阻止するための緊急避難的な仕掛けなので今やその意義は失われている。
大体この検察審議会の議決事態がかなり怪しげだ、本当に会議を行って議決したのかあやしい、補助弁護士が専任されて1週間で議決などと言う離れ業が出来るはずはない、補助弁護士が捜査資料を読む時間もないだろう、その弁護士がどう議論を補助するというのだろう、非公開をいいことに議決はでっち上げた物だろう。

06. 2010年10月21日 20:05:00: MDpTRHB10A
> 東京・深沢にある小沢邸。敷地面積は490坪という広大さ。それを高い木々と有刺鉄線が囲み、中に住居棟、母屋、応接棟が連なる。総工費13億円とも噂される大豪邸。

この大豪邸を建てるのに使った13億円はどこから得たのか?
国会議員の収入でこのような豪邸を建てられるのか?
小沢一郎は国会の証人喚問を逃げ回るのは、この金の出所を追及されるのを恐れているからではないのだろうか?

> 『検察審査会の午後』(新潮社)の著者で作家の佐野洋氏は、「検審が手持ちの資料をもとに判断し、指定弁護人も検察に代わって裁判を請け負う以上、同じ条件(=捜査資料)で公判を進めるのがフェア。新たな証拠や供述が出てこないと公判を維持できないのなら、初めから今回の強制起訴はその意味を失っている」と指摘する。

検察官役となる指定弁護士が法律で認められている権限を行使すると、アンフエアになるとは奇妙な論理。
検察が小沢一郎の陰の圧力で捜査をしない可能性が指摘されている以上、法律で定められた権限をフルに使って小沢一郎の罪を暴くのが検察官役の使命。

> 小沢邸の家宅捜索については小沢氏周辺の中にも危惧する声が出ており、側近議員の1人がその可能性について小沢氏に進言したところ、小沢氏は「何もない。何も出ないから困らない」と語ったという。

「小沢氏周辺の中にも危惧する声が出ている」と言うことは、小沢一郎を良く知っている者は小沢一郎が見つかれば有罪となる資料の存在を知っていると言うこと。

小沢一郎が「何もない。何も出ないから困らない」と語ったのは、その資料は焼き捨てたか、別の秘密の場所に移動したと言うことだろう。


07. 2010年10月21日 20:08:45: aK0NxgxMzw
まずこの記事のタイトルに大笑い。「ガザ入れ」って。小沢邸はパレスチナにあったんだ?(爆)

結局、そのタイトルの粗雑さから、内容も推して知るべし。今頃家宅捜索しても、絶対に証拠なんてないですよ。万が一やばいものがあったら、今までに絶対処分してます(笑)時間的余裕はタップリありましたから。


08. 2010年10月21日 20:11:55: p75dV2wG02
証拠もないのに、他人の言えに踏み込んじゃいけないな。
それに、証拠もないのに犯罪者扱いも同じ。
根本的に不道徳。憲法違反

09. 2010年10月21日 20:28:33: qLHDTQB36w
 ご夫人は、大資産家で、高額納税者が公開されていた時の常連で、もしも、ガサ入れで、ご夫人所有の物件を押収すると云うことがあったら、それこそ大問題である。また、ご家族の銀行通帳について、19年前まで遡って、特捜が調査して、結局、何もなかったと云うことである。要するに、ガサ入れする目的は何かと言うことである。期ズレの共同謀議とどう関連付けるのか。単なる興味本位で、やるのならば、その結果次第では、莫大な損害賠償を取るべきである。また、指定弁護士に対しても、資格剥奪を含めた懲罰を与える必要がある。 

10. 2010年10月21日 20:53:40: FjUAseaDXo
この検察審査会のデタラメ議決に対しどれだけ多くの国民の真摯な怒りが集まっているか考えてみろ。私が街を歩いていてこの指定弁護人に出会った時、そのまま黙ってすれ違ってすますつもりは全くない。

一連の騒動、検察、マスコミの手口、この検察審査会を使った陰謀には怒り狂っているところを見せてやる。


11. 2010年10月21日 21:01:03: QR3K57T0B2
?>> 準司法機関であるとするならば、強制起訴権限をもつことは違法になる??

>>準司法機関であるとするならば>>であるとするならば?

ココのところをもっと明確に説明出来れば???


12. 2010年10月21日 21:24:29: 4KH5lw8qW6
もう、僕たちは最悪のシナリオを想定しておくべきだと思います。
あいつらはほんとにやりかねない。
検事役の弁護士が決まった瞬間に、家宅捜索をして、逮捕ってこともありうる。
そして、マスゴミがワーッと集まって、夕方のニュースの時間に合わせて、『小沢逮捕!!』って。
あーこの国の民主主義はどうなるんだろう。

13. 2010年10月21日 21:27:25: XA1Tr09kgI
金丸信をわざわざ書いてガさ入れ当時の金の延べ棒と割引債を

オーバーラップさせたいのかね。

小沢邸ガサ入れなどテレビ局にとってこんなおいしい映像はないからな

アホ惨軽の考えそうな記事


14. 2010年10月21日 21:41:46: tvTVcpKrKQ
家宅捜索の可能性は否定できないが、小沢事件は事務官もいれれば100人以上、
加えて前田のような応援検事までつれてきて1年以上捜査した事件だ。その
膨大な資料に加えて、小沢邸の捜索、資料回収、分析までやり出したら、
3人では無理だろう。それにコストの面の負担も無視できないだろう。機密費
から金がでるのだろうか。

証拠の可能性は不動産の期ズレへの関与か4億円関連の不正蓄財の可能性の
証拠の発見だが、その可能性はあるだろうか。少なくとも金の面では検察も
問題ないことは認めている。

金丸の場合、国税からワリシンという情報があったから、裁判所が許可したが、
今回は何も証拠がない。家宅捜索に緩い裁判所でもこの重大事件で許可をする
だろうか。ただでさえ、後で検察、司法が批判をされる可能性が高い事件なのに。

板倉宏の「通常の業務を抱える弁護士が検察官として立件を目指す以上、
検察を上回る踏み込んだ捜索を行うべき」というのはどういう根拠なのだろうか。

法学者なら起訴する側もされる側も同じ基準で行うべきというべきではないのか。
弁護士が行うが、検察が行おうが、小沢には関係ない話である。

行う人間によって異なる運用がなされるというのなら、法治国家とはいえない
のではないか。まるで、北朝鮮や中国のようで、この一文を読んだときは寒気がした。


15. 2010年10月21日 21:50:12: 4DBlPzeUik
ふつう家宅捜査は、起訴前にやるんじゃないですか?
家宅捜査して証拠がでてきたから、起訴するんであって、証拠はないけれどとりあえず起訴しておいて、後から家宅捜査して、証拠を探すなんて、法治国家として許される訳がないでしょう。
「何人も、証拠なしに起訴されることはない」
これが法治国家の大原則です。
あらたな証拠をみつけなければ、小沢氏を「起訴に追い込む」ことができない、ってことは、検察審査会は、証拠がなくとも起訴に持ち込むことが出来る機関って、ことですね。
検察審査会の存在は、違憲ではないですか?

16. 五月晴郎 2010年10月21日 21:54:54: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>>7
>「ガザ入れ」って。小沢邸はパレスチナにあったんだ?(爆)

久しぶりにPCの画面見て声あげて笑ってしまった。
投稿記事と関係無くてすみません。


17. 2010年10月21日 22:34:07: 4DBlPzeUik
15です、
>あらたな証拠をみつけなければ、小沢氏を「起訴に追い込む」ことができない、ってことは、検察審査会は、証拠がなくとも起訴に持ち込むことが出来る機関って、ことですね。
訂正です。
「起訴に追い込む」ではなく「小沢氏を追い詰める」です。つまり小沢氏を有罪にするために、家宅捜査してあらたな証拠をみつけるべし、と、板倉宏・日本大学名誉教授は、おっしゃているわけです。
この先生は、「何人も証拠なしで起訴されない」と言う法治国家の大原則をお忘れのように見えます

起訴後の家宅捜査。証拠なしでも起訴に持ち込める検察審査会。「すべての法的問題に判断をする」はずの東京地裁が、判断を避け、門前払いの憲法違反。その理由が「検察審査会は準司法機関であるから」だって!準司法機関が訴追できるなんて、三権分立に反します。
もう、すべてが、違法違憲じゃないですか!
いったい、どうオトシマエをつけてくれるんでしょうね。


18. 本野一言 2010年10月21日 23:20:13: Wf2ZrLP0uKwjM : T83yM1aa2Q
指定弁護士は辞め検弁護士でもいいのでしょうか。
三人も辞め検が指定されれば身内の誤りを認めるはずはありません。
これだと結論は見え見えです。
それに被疑者サイドから指定弁護士を忌避する権利を認めないのは片手落ちです。
いずれにしろこの検察審査会制度は欠陥制度ですから、早急に改正する必要があります。
今の民主党代議士も自民党代議士も目先自分の事として捕らえていませんが、この制度はいつ何時わが身に降りかかるか解らない重大な問題なのです。
ピンと外れの国会審議をダラダラやるよりも早く事の重大さに気付いて検察審査会の制度改革をやって貰いたいものです。

19. 2010年10月21日 23:34:32: DFSFiFaoGI
>> 09
> ご夫人は、大資産家で、高額納税者が公開されていた時の常連で、

ご夫人の実家が大資産家だと言うのならば分かりますが、
ご夫人が大資産家とすると、その資産はどうやって手に入れたのですか?

「総工費13億円とも噂される大豪邸」の所有者名義は小沢一郎ではなく、小沢一郎の奥さんの小沢和子さん名義?

文春10月21日号p.24 には、

三菱東京UFJ銀行がヒタ隠すエリート行員「巨額不正融資」疑惑、
なんと小沢一郎妻の実家を救済?

と言う記事があります。
小沢一郎妻の実家は今は大資産家ではないように見えます。
あるいは「巨額不正融資」で再び大資産家になったのですか?

もし、ご夫人が大資産家でその金で建てた「総工費13億円とも噂される大豪邸」が小沢一郎名義だと小沢一郎の贈与税の脱税が疑われる。

また、ご夫人の実家が大資産家でその金をご夫人が贈与されたとすると、鳩山由紀夫のようにご夫人の贈与税の脱税が疑われる。

小沢一郎支持派はどう説明されますか?

> また、ご家族の銀行通帳について、19年前まで遡って、特捜が調査して、結局、何もなかったと云うことである。

特捜は家宅捜査もせず、おざなりの事情聴取で小沢一郎の「潔白だ、潔白だ」を聞いて信じ込んだだけ。
家宅捜査は行われていないので、全ての銀行通帳は調べるのは不可能。

週刊誌は上記の疑惑を調べてください。


20. 2010年10月22日 00:32:14: FoIUuqEqIM
>特捜は家宅捜査もせず、おざなりの事情聴取で小沢一郎の「潔白だ、潔白だ」を聞いて信じ込んだだけ。
家宅捜査は行われていないので、全ての銀行通帳は調べるのは不可能。

まるで取り調べに同席していたみたいだな。

家宅捜査したからといって、全ての銀行通帳を押さえられるとは限らないし、
それほど確たる容疑があるなら、令状とって銀行口座を調べるんじゃないの。
まあ普通、不正なお金は記録に残る銀行に預けないと思うけど。


21. 2010年10月22日 00:37:25: tvTVcpKrKQ
>>19
小沢夫人は大株主だろう。確か、以前は役員か何かをしていて、給料だか配当だか
で1億近い年収だったと思う。

今の自宅は小沢の父親が所有していた不動産を受け継いだり、売買の結果。どういう
わけだか、小沢が貧乏人で不正蓄財のイメージがあるが、小沢は政界でも有数の
資産家。そういう視点でみれば、ずいぶん見方が変わる。


22. 2010年10月22日 00:44:22: Qmr742hN4I
19<
悪あがきですね〜すでにすべての面で、金の出し入れは、検察がしらべました。
で、結論は「真っ白」
もともと、あなたのようにゼネコンから、賄賂が入ったんだろうとか下衆のかんぐりで、特捜が水谷建設のうそを、信じたんだなぁ〜あんたも特捜並みの脳みそと
心があります。

23. 2010年10月22日 01:17:47: FoIUuqEqIM
それは特捜だって最後の大物政治家といわれる小沢さんを挙げるなら、
それなりの犯罪でやりたかったはずだよ。人一倍功名心旺盛なんだから。
それが期ズレの共謀というショボくて無理スジの容疑しか残らなかったんだろう。

それで起訴を諦めたけど、たまたま検審が起訴にしてしまったのか、
自分たちで起訴するとメンツが潰れるから検審にやらせたのか、それは分からないけど。


24. 2010年10月22日 04:39:56: 4ZVHnBbFFw
"刑法が専門の板倉宏・日本大学名誉教授"とありますが

この人は刑法でも特異な方ですね、マスゴミ好きでマスゴミ向け しかも変態好き
学会ではマトモな業績は皆無でしょう。

大体が訴訟法問題なのにどうして変態野郎の両足を棺桶に突っ込んだ老刑法学者の意見を出すのか?マスゴミの無能、破廉恥ぶりがアラワで滑稽以上だ
刑法学者や刑訴学者は五万といるが


25. 2010年10月22日 08:01:09: i37fD8kRRc
一番危惧すべき問題は第二の『当たり前田のフロッピー』ではないでしょうか。
検察審査会それ自体が捏造されている可能性が非常に大きいと考えざるを得ない状況ですから、もう何でもアリという状況だと思います。
家宅捜査に乗じて新証拠を持ち込み、以前に押収した物件とつじつまの合うように細工した小物を仕掛けたうえで、発見を装うなんてことはないだろう、と考えるのは腋臭甘過ぎ君です。

たとえば、検察が小沢氏の個人事務所から二千万円を押収したという報道がありましたが、その札束と連番になるような別の札束を持ち込んで、何らかの別件と関連付けを行い、疑惑を煽るなんてことも在り得るように思います。

狼中年どもも、ここまで騒いで、無罪判決が出されたと言うことになると、息の根が止まるのは自分らの方であることは百も承知のはずです。
小沢さんの強制起訴で追い詰められたのは検察やマスコミも同様ですから、追い詰められたものの最終手段として、何でもアリの最終特攻攻撃に入らざるを得なくなっているはずです。
敵も手段を選んではいられないという点が一番怖いところだろうと思います。

>>15さんのコメントは、至極真っ当な、核心を突いたものです。
>家宅捜査して証拠がでてきたから、起訴するんであって、証拠はないけれどとりあえず起訴しておいて、後から家宅捜査して、証拠を探すなんて、法治国家として許される訳がないでしょう。

普通に考えると、まさにそのとおりだと思いますが、それが通らない劣化が進行しているということだと思います。

なにはともあれ、小沢さんはこの逆境を切り抜けて、必ずや政権を樹立すると信じましょう。
こんなところで潰されてしまうようでは、政権を奪取したとしてもお先は知れたものでしょうから。


26. 2010年10月22日 10:20:38: XAPa6krAkE
>>21.
> どういうわけだか、小沢が貧乏人で不正蓄財のイメージがあるが、小沢は政界でも有数の資産家。そういう視点でみれば、ずいぶん見方が変わる。

小沢一郎の言葉「私の亡父も票田こそ残してくれたが、遺産はなかった」は有名である。
それ故、小沢一郎が政界でも有数の資産家とすると、それは小沢一郎が稼いだ資産。

小沢一郎の収入は、国会議員としての収入だけの筈。
国会議員の昨年の平均年所得は2223万円とされており、「総工費13億円とも噂される大豪邸」を建てられる程の収入が普通の国会議員にあるはずはない。
小沢一郎の本業は政治家ではなく、不動産業なのだろうか?

小沢一郎は何故大資産家なのかを問題にしているのに、「小沢は政界でも有数の資産家」だけでは答えにはなっていない。

「そういう視点でみれば、ずいぶん見方が変わる。」とは何を意味するのか分からないが、小沢一郎支持者は、何故小沢一郎と同じように質問にはまともに答えないで、逃げ回るような事を言うのであろうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E
「私の亡父も票田こそ残してくれたが、遺産はなかった」1983年1月20日産経新聞[104]

「親父は、じいさまが酒に溺れて身上をつぶして水飲み百姓の小作人のせがれとして食うや食わずで育ったんだ。それで、ものすごく貧乏だったせいかどちらかというと反体制的な考え方だった。戦後の経済万能主義の社会や政治を嫌悪していたし、エスタプリッシュメントというものに対する反発を非常に強くもっている男でした」と述べている[219]。

国会議員の所得公開と兼業問題
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51413001.html
(1)今日(6月30日)、国会議員らの所得・補充資産等が公開された。
国会議員平均所得は過去最低の2223万円だったという。
(2010年6月30日12時12分 読売新聞)


27. 2010年10月22日 10:26:37: XAPa6krAkE
>>25
> なにはともあれ、小沢さんはこの逆境を切り抜けて、必ずや政権を樹立すると信じましょう。

そして、豪腕の小沢一郎さんが韓国大統領と約束した外国人参政権付与を実現すること、また、外国人の外国に住む外国人の子供に子供手当の呼称で日本人の血税を外国へばらまくことが実現することを信じましょう、と言いたいのですか?


28. 2010年10月22日 12:33:33: caZikWRvVs
>>27
>外国人の外国に住む外国人の子供に子供手当の呼称で日本人の血税を外国へばらまくことが実現することを信じましょう

この発言、完全にネトウヨだなw
ってことはつまり、小沢氏への謀略は自民系の工作員も深く関与してんだな?

つまりは、そう言う勢力によるものかw


29. 2010年10月22日 12:56:34: jb40GextCA
ガサ入れして何も出なかった時に弁護士は責任を取るのだろうか?
入れば何か出てくるという考えは、FD捏造事件と図式は一緒。
検察を散々批判して、手法については反省しないんじゃ
どこぞの国と同じレベルで法治国家のあり方でない。

30. 2010年10月22日 14:27:35: caZikWRvVs
>>29
ガサ入れすれば何か仕込む可能性が高いから、そんな事させちゃあいけない

31. 2010年10月23日 09:06:08: tvTVcpKrKQ
>>26
Wikipediaからだが、父親に関して「その報酬として、取り戻した土地の何割かを受け取った。
このときに謝礼として受け取った小さな土地は、都内のあちこちに点在していたといわれる。これが
のちのちまで佐重喜の選挙資金の基盤になっていく[8]。」と引用つきである。

小沢の発言と矛盾するが、この資産はどこへいったというのだ。普通に考えれば受け継がれたと考える
べきだろう。小沢も親の遺産を受け継いだ資産家と言われたくないから格好をつけたというところでは
ないか。

だいたい、弁護士で代議士の父親が昔に東京でいくらか土地を買っていれば、子息はそれなりの資産家
になっている。東京に住んだことのある人間ならそれくらいは容易に理解できる。俺は東京生まれじゃ
ないが、爺さんの代で安くかった土地が高度成長でそれなりの資産になったから、珍しい話ではない。
加えて、政治家が財界人の娘と結婚することは珍しくない。鳩山家はその代表であり、政界に閨閥は
よくある話だ。むしろ、弁護士の父親が急死で何も資産を残さない方が奇妙である。

小沢が過去に発言しているように、小沢夫人は小沢より高収入だ。以上のことから小沢が元々資産家
なのは十分説明がつく。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧