★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 982.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
もう呆れ果てて何も物も言えない萎縮する国民、空威張りの裁判官、検察官、弁護士の法曹三者に対して
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/982.html
投稿者 echoman1 日時 2010 年 10 月 22 日 23:14:35: sXAD5wjz1DZ.M
 

もう呆れ果てて何も物も言えない萎縮する国民、空威張りの裁判官、検察官、弁護士の法曹三者に対して
http://blog.livedoor.jp/mkld4001/ より

裁判官の誤審による冤罪、検察官の恐喝によるでっち上げ事件、そして悪徳弁護士による脱法行為。

今日本では、普通では考えられない法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)による非道徳な事件が発覚してきております。

最高権威者の不正行為に対しては、それを防止する手立てはありません。

善良な国民は不道徳な法曹三者の行為に対しては、悲しいことに、手をただ拱いて、それに対して無抵抗であることしか出来ません。

下手に彼らに逆らうと、彼らによって冤罪事件をでっち上げられて、大変怖い目に遭います。

一昔前の憲兵、秘密警察、大本営の不埒な行為と同じです。戦争時代を思い出します。

勿論、全ての法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)が非道徳な人々であると言うことではありません。

今のところは、極一部の法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)の仕業で有りますが。

しかしながら、悪いことをしていない大部分の残りの法曹三者は、国民の範たる者と称せられる人々でなければなりませんが、悲しいことにそうとも言い切れません。

現在のところ、残りの法曹三者も、その責任ある立場から仲間の暴走に対して「未必の故意」か或は「認識ある過失」の責任が問われています。

実際問題として、この20年間は法曹界に自浄作用が少しでもあったかというと全くもって認められません。

寧ろ、大阪地検特捜部の失態事件(押収資料改竄や犯人隠避事件)や足利事件(菅家事件)など、

ますます法曹界に端を発する事件や冤罪は、増加こそし、減ることはありません。

その原因の一端は、権威ある支配階級の事件についての判決が、社会的制裁を受けているという理由で、実刑が避けられ、執行猶予になっていることが考えられます。

あまり責任の無い庶民には厳しく、逆に責任有る者には甘い判決が言い渡されることが災いしているようです。

もうそろそろ、国民も目覚めて、われに返えらなと、取り返しのつかない事になりそうです。

次世代を担う子供達はそのことを確りとみています。

私達大人は黙々と、子供達に対して恥ずかしくないことをして、良い社会を創りましょう。

分捕り合いの社会から、助け合いの社会へ。

競争社会からの経済発展ではなく、秩序ある相互扶助の社会での経済発展を。

機会均等の観点からの相続廃止と、累進課税による富める者から貧しい者への再分配を。


人に対して良いことをする時代へ

貰うことより、あげる(贈る)喜びを感じましょう。

自分の利益(金)のことばかり考えずに、社会に恩返し(貢献)することを。

これらが、責任ある者の使命(ミッション)ではないだろうか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月22日 23:34:13: VjkggvSfjY
>法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)による非道徳な事件が発覚してきております。

これは、平和の日本の象徴です。
平和ボケです。

現在の法曹三者は刑事事件が減少してきたため、そこで飯を食っている法曹三者も、どちらかと言うと失業状態で、お飯の食いあげ寸前です。

そこで考えることは、どこでも同じことで、自分で仕事をつくることです。
自分勝手で冤罪でも何でも構わない、見境の無いマッチポンプ同然の状態です。
良心があれば、そんな悪いことはしないけれど、ゲーム世代育ちの法曹三者も普通の人間と大差が無いようでした。寧ろそれ以下の心の無い、最低の人間のようでした。


02. 2010年10月22日 23:37:35: xWpR8UvUxw
法曹三者の監視役であるマスコミがその任を棄て、手先に成り下がったことが元凶と思います。

03. 2010年10月22日 23:51:58: lFxM7WCr3k
もう、実力行使しかないよ!

永田町から坂を下ったところにある最高裁までデモをしようよ。

みんなが協力して長期間取り囲んでも、国民が司法の暴走をよく認識するはずだ。


04. 2010年10月23日 00:32:52: Bfy14IO3uQ
もう呆れ果てて物も言えないこの辛さ。されど言わなきゃならないニポンの現実。

05. neuron555 2010年10月23日 02:01:59: XeFxsax8xi94g : Hx5aZYZIA2
「その原因の一端は、権威ある支配階級の事件についての判決が、社会的制裁を受けているという理由で、実刑が避けられ、執行猶予になっていることが考えられます。あまり責任の無い庶民には厳しく、逆に責任有る者には甘い判決が言い渡されることが災いしているようです」としているが、これは自民党時代の話で、政権交代後は、民主党つぶしのため、民主党の第二自民党化のため、法曹三者はむしろ逆のことをおこなっている。民主党の真の責任者を法律の名の下、民主主義の名の下、抹殺しようとしている。この投稿文は、少し誤解があるように思う。


06. 2010年10月23日 04:35:58: 0H0KUYCOBQ

それにしても米国金融資本とその手先の売国グループはいいところに目を付けた。
弁護士、裁判官がグルでは被告は勝ちようがない。
そこでおもうのだが、裁判はもうコンピューターにやらせればいい。
コンピューターなら法律の条文どおりに判断してくれる。
今回の東京第五検察審査会の議決など頭から受け付けないだろう。

                 .


07. 2010年10月23日 06:49:10: SznU6oKuhk
自民党による官僚社会主義をなくすことでこれらの不具合も解消できるはずだった。なのに菅直人になったら元の黙阿弥、これでは政権交代に意味がない。とにかく菅直人に対する不信任案を出させることが絶対条件になった。

08. 2010年10月23日 08:51:22: LRkIGYPJRw
政権交代して分かることは、政府ではなくて、
マスコミ=洗脳機関をつぶさない限り
今回みたいな個人攻撃による改革政権潰しが
起きてしまうことが判明した。

 マスコミをつぶすことが、肝要


09. 2010年10月23日 11:21:13: s5uis36hXg
政権交代して分かったこと
 日本の民主主義が台無しになったこと。
菅総理が嘘を平気でつくこと。でたらめなメディアに支配されたこと。
 国民の生活を全く無視し官僚の思うままの政治主導。
検察の冤罪を平気で見逃す司法。
 国民が苦しむことに全く関心を示さない日本の政治。
 全く希望もなくなってしまった。



10. 2010年10月23日 11:47:23: VjkggvSfjY
大方の法曹三者は権威と金銭欲の亡者に過ぎません。
今回の検察庁の特捜部の事件がそのことを物語っています。

それ以外の分野でも同じような構造が至るところに見受けられます。
数年前の姉歯一級建築士による構造計算書偽造事件は、その後始末特需をよく考えると、役所と建設業界のマッチポンプによる、建設業界と役人の仕事量(休日出勤、残業手当など)を増大させました。(わざと無駄な仕事をこしらえた訳です)

そう言う意味では、今回の法曹三者事件も、それを担当している自分自身の法曹三者自身に事件解明という大きな特需をもたらしています。

なぜ、権威も能力もある人間がそのような不正を働くかというと、自分自身の子孫の為にと思われます。自分勝手も甚だにすべきです。

それを、防止する手立ては、今はこれしかありません。

>機会均等の観点からの相続廃止と、累進課税による富める者から貧しい者への再分配を。

このことにより、日本の経済は思わぬ副産物の景気回復を手に入れることが出来ます。
本当は、その方が大事なのですが。

今の菅内閣では無理でしょう。

残念、無念です。


11. 2010年10月23日 15:34:50: 7IrwoMG64s
同意ですが岩上さんがUPしている可視化シンポを見ていると
弁護士や一部のジャーナリストはまだ期待が持てそうですが・・・
問題は公権力とマスコミでしょうね
下記のように民主主義国家における公権力とは本来国民のための道具な筈ですが…
何とかして民主主義国家としての正しいあり方にしたいものです

アメリカの「独立宣言」から有名な一節です「

我々は以下の如き心理を自明の理と信ずる、即ちあらゆる人間は平等に造られたものであり
彼等は造物主に依って特定の絶対権力を賦与されたのであり、
これらの諸権利には生命と自由と幸福の追求が含まれているという事を信じる。
これらの諸権利を確保する為に、政府が人間の間に組織されたのであり、権力は被治者の同意を得て生じたものであり、
如何なる形の政体であれ、これらの諸目的を破壊するようになった場合は、
人民がこれを改変し、或は廃止し、新たな政府を組織する権利があることを信ずる・・・。

02. 2010年10月22日 23:37:35: xWpR8UvUxw
法曹三者の監視役であるマスコミがその任を棄て、手先に成り下がったことが元凶と思います。


12. 2010年10月23日 19:01:56: 86TtL5JUWw
法曹がよくなれば日本は本当によくなる。
ヒラメの世界から脱皮しようという判事、検事、弁護士、出でよ!いざ!

13. 2010年10月23日 20:39:58: abarnkLZVE
>勿論、全ての法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)が非道徳な人々であると言うことではありません。

この見方は甘いと思う。実際に手を染めるのは少数でもその他大勢の法曹三者は見逃しに手を貸していたと思う。今回の大阪地検特捜部の事件だって見逃される寸前だった。色々条件が重なって表に現れただけである。

小沢強制起訴に向けた東京第二弁護士会の指定弁護士推薦を見ても、弁護士会総出で何かの勢力に加担しているようにも見える。

今回の強制起訴議決に対して弁護士会として、異論があると言う意見表明があったっておかしくないのに。


14. 2010年10月23日 20:42:40: BnQAzj6cbA

法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)が非道徳な人々である。
自民党が野放しにしてきた!
小沢叩きやる暇あれば、こいつらを叩け。
マスコミも共犯者です。

15. 2010年10月24日 00:36:41: J0o6rialnc
>機会均等の観点からの相続廃止と、累進課税による富める者から貧しい者
>への再分配を。

言ってる事はほぼ分るけど、相続廃止は共産主義みたいだと思うから、何だかこの人の考えって怖いわ。
こんな人が政権とったら恐い。



16. 2010年10月24日 01:04:06: ZE9Fuwz60c
野党7党、自民、公明、みんな、共産、社民、たちあがれ日本、新党改革もみんな、検察官僚の側についてる犬ですよ。

みんなの党の渡辺喜美も典型的なうそつきだね。
官僚改革なんて言ってるけど、検察官僚の側についてて、官僚改革なんて出来るわけがない。うそがばればれだよ。
頭隠して尻隠さず。

これに、新聞、テレビが、ダニ、のみ、シラミ、吸血ヒルのようにくっついてる。

結局は同じ穴のむじなだ。


17. 2010年10月24日 13:50:07: VjkggvSfjY
>15 言ってる事はほぼ分るけど、相続廃止は共産主義みたいだと思うから、

昨日の、放送大学で機会均等と結果均等の2つの均等があると言ってました。
それによると相続は、結果均等を著しく阻害するものと思いますので、寧ろ無いほうが望ましいと思いました。

また、多額の親の資産を相続した子供は本当の生きる喜びを感じることは出来ないでしょう。

例えば、親の資産で買った
良い会社への就職とポスト
良家からの妻
お受験の子供
果ては、総理の座

など枚挙に暇がありません。
いわば自分の力で切り拓くことなく、親の力で勝負をする、そんなズルイ生き方です。
それが、本当の人生かと思うと、ぞっと、します。

恐らく、そのような親の七光りのお陰で栄誉、出世をしたものは、後悔こそし、自戒の念でいっぱいで、そんなことでは後世に名は残せないでしょう。

それよか、他人に少しでもよいことをすれば、死ぬ時に思い残すことは何もないはずです。

それが、何もストレスが無く、自然な、真の生き方ではないでしょうか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧