★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98 > 358.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
無党派層は、なぜ民主党を見放したか 「このままじゃ政権は溶解する。自公政権と同じになる」 亀井静香氏 (ゲンダイのみかた
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/358.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 10 月 28 日 23:53:00: GqNtjW4//076U
 

http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-7.html 
2010/10/28(木) 20:59:10

[政治(菅政権)] 無党派層は、なぜ民主党を見放したか

菅民主党がなす術(すべ)もなく惨敗した北海道5区補選で、いちばん驚かされたのは、無党派層の投票行動だ。
読売新聞の出口調査によると、無党派層の45%が自民党の町村信孝(66)に投票。38歳で元国交省職員の民主新人は33%だった。菅首相や仙谷官房長官が言う通り「政治とカネの問題が響いた」ならともかく、読売の調べでは、補選で選挙民が重視した問題のトップは「景気・雇用対策」、次が「年金など社会保障」で、「政治とカネ」は9%に過ぎない。つまり、無党派層までが「生活」を考え、自民党支持に回帰しているのだから深刻だ。

ある民主党幹部が嘆いた。
「無党派層の支持は民主党の専売特許みたいなもので、昨年の政権交代の原動力になった。北海道は特にそうでした。その無党派層が民主党を見限り、よりによって政治の腐敗・堕落の“象徴”のような嫌味で上がり目もない町村に流れたのだからイヤになります」

無党派層が民主党に愛想を尽かした理由は言うまでもない。「国民の生活が第一」の理念は捨てられ、菅政権が官僚の言いなりになっているからだ。労組以外にこれといった既得権益集団と縁がないのが民主党の良さでもあったのに、今や官僚組織ばかりか、大マスコミや経団連をはじめとする旧勢力のご機嫌伺いをしている。やっていることは自民党政権と同じなのだ。だったら、アマチュアの民主党よりも、経験だけはある自民党の方がマシとなっておかしくないのである。

この4カ月間で菅・仙谷コンビがやってきたことといえば、支持率狙いの小沢潰しだけ。この国をどうしたいのか、何をやりたい内閣なのか。ビジョンがさっぱり見えないから、参院選で大敗し、補選でも劣勢を覆せない。おまけに「脱小沢」だけで稼いできた支持率もどんどん下がっている。時事通信の調査では、もう「不支持」と同率だ。最大の支持基盤だった無党派層に見放された菅民主党政権の寿命がハッキリしてきた。

=以降抜粋=
・「このままじゃ政権は溶解する。自公政権と同じになる」(国民新党代表亀井静香氏)

・税収の極端な落ち込みで、来年度本予算は組めないのではないか、という声があり、来年3月には菅政権は完全に行き詰る可能性がある。

・「仙谷官房長官は菅首相を捨て、前原外相をトップにして来春解散に踏み切るが、総選挙で大敗し、民主党も自民党も過半数を取れない」(政治評論家・浅川博忠氏)
※菅よりも、さらにエキセントリックで視野が狭い前原に、この国の政権運営など100%不可能。
※公明党やみんなの党と連携しても、政治が機能するはずもなし。

代表選で、小沢は「できないことはできないと言うが、約束したことは必ず守る」と宣言した。官僚機構を打破するために、今日まで政治家を続けてきたとも言った。政治経験が豊富でツボを心得た小沢だったら、あらゆる面で民主党は力強い政党になっていた。補正の中身も、官僚をドヤしつけてでも、内需拡大と円高ストップでメリハリをつけたはずである。尖閣問題でも、中国と独自ルートがあるから、検察に責任を押し付けるような幼稚なことはしなかった。政権交代のダイナミズム見せてくれたのは間違いない。

・「民主党は26日(火)、自粛していた企業・団体献金の受け入れ再開を決めた。マニフェストに掲げてきた『企業・団体献金の禁止』をあっさり反故にした。何を考えているのか。権力の座についたら何でもアリなのかと見られたら、国民からますます見放される」(法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

小沢排除、小沢潰しにして喜んでいる菅と仙谷の罪は、万死に値する。

(日刊ゲンダイ 2010/10/27 一面記事より)

-----------------------------------------------------------------------------
◆小沢一郎の政策を思い出してほしい (⇒2010/10/28 olivenews) http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=98414

先の民主党代表選の小沢一郎の掲げた政策を思い出してほしい。
世の小沢クロ報道に馴れたひとたちも小沢氏の政策には驚いたのではなかったか。そこには、この国の進むべき方向がじつに明快に示してあった。
 ・昨年の政権交代の約束をしっかり履行する
 ・財政再建の前に行政のムダの徹底削減・脱官僚
 ・特別会計の全面的組み替え
 ・従来の対米従属路線から自立路線への変更
 ・沖縄普天間問題は両者納得のゆく再交渉を
 (⇒記事全文)http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=98414

あのとき、小沢さんが代表選に勝ち、小沢総理になっていたら…。返す返すも残念なり。
「企業・団体献金の禁止」の反故こそ、「政治とカネ」の重大な問題だと思う。
TPP加盟は小沢さんも支持していたこと。その代わりに”戸別補償”で農家を保護していくとしたはずです。

”閉鎖”を宣言した当ブログですが、やはり、伝えたいものは伝えるべき…(~o~)
ただ、著作権侵害をしないように、一日遅れの記事を途中から(拙い)編集をしていますm(__)m
大丈夫かな…?

◆今日のゲンダイネット http://www.gendai.net/articles/view/syakai/127174

冒頭写真 ゲンダイネットより

好対照!与謝野(たちあがれ日本共同代表)生方(民主党議員)
「リンチ裁判をやるな」で株急上昇
 たちあがれ日本の与謝野馨共同代表の「株」が急上昇だ。自民党などが求めている小沢の証人喚問について「国会で大衆のリンチ裁判をやってはいけない」と言い切ったのだ。小沢事件では、法治国家とは思えない「魔女狩り裁判」の手続きがドンドン進んでいるのに、なぜか身内の民主党幹部は静観したままだ。
 (⇒記事全文) http://www.gendai.net/articles/view/syakai/127174

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月29日 00:14:37: ZsUNOgGnko
鳩山前首相 「引退撤回」のKYぶり
【政治・経済】
2010年10月25日 掲載

自民の老害政治家と同じになってしまう

 この男は、いったい何を考えているのか。鳩山前首相である。24日、訪問先のベトナム・ハノイで記者団に対し「議員を続ける方向に気持ちが傾いてきている。まだ決めていないが今年中に結論を出す」と話したというのだ。
 今年6月の首相辞任時に「首相を辞めた人が影響力を行使しすぎてはいけない。次の総選挙には出馬いたしません」とテレビカメラの前で明言し、次期衆院選に出馬せず政界を引退する考えを示していた。
 その後、地元後援会の会合で、11年春の統一地方選のころを目安に結論を出すと、先送り発言。そして今回の“続投宣言”である。
 鳩山は続投の理由について「民主党の状況が思わしくない。自分なりの役割を投げ出していいのかという、いろいろな声をもらっている。自分の判断を前向きに変えないといけないかなと思う」と、党を思っての行動だとしている。
 いやはや、KYにもほどがある。
「9月の代表選直前に、トロイカを主張して、菅と小沢の仲介役にしゃしゃり出たものの、結局まとめることはできなかった。その後、中国漁船衝突事件が起きると、“私だったら事件直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた”と発言し、ひんしゅくを買った。最近は首相特使や前首相の肩書で中国、ロシアやベトナムなど海外を飛び回っていますが、この人の復権を期待している人はほとんどいませんよ」(政界関係者)
 鳩山の引退撤回に対しては、早くも野党から「いやしくも首相だった人が自らの進退について発言したことを翻すのは国民の信頼を損なう」(公明党の山口那津男代表)と批判が出てきた。野党にとっては民主党政権を攻撃する新たな材料となったわけだ。
 いつまでも権力に未練たっぷりでは、自民党の老害政治家と変わらなくなってしまう。
http://www.gendai.net/articles/view/syakai/127102

黒いハトさんは日刊ゲンダイにも批判されました〜♪


02. 2010年10月29日 01:07:04: jwhiacgH9Q
>01 ZsUNOgGnko
結局は余談と憶測にすぎないのでは、読んで損した。

03. 2010年10月29日 01:23:59: kbjD6Oqr1Y
霞が関と財界の操り人形の空き缶・仙谷の悪魔政権。
失望と怨嗟に消えるだけ。
亡国の徒=菅直人

04. HIMAZIN 2010年10月29日 01:35:08: OVGN3lMPHO62U : KT6lbcp21k
>>1

既出の投稿を本文ごと貼り付けるな。


05. 2010年10月29日 01:59:13: aXmoB2BO0A
「このままじゃ政権は溶解する。自公政権と同じになる」(国民新党代表亀井静香氏)

その通り。

政権交代を望み、小沢・鳩山民主党に託した民意の怒りを表現して、粛々と行動しよう。


06. 2010年10月29日 06:23:43: h69tTYryng
消費税を上げる前にまずやるべき事がある。
民主党は昨年の衆院選で約束したではないか。まず行政の無駄を省くことから始めるべきだ。
特に国家公務員人件費2割削減はどうなったのか。それどころか今後の65歳定年延長で
60歳以上の高齢高給職員が激増し、逆に人件費が2割増加するそうではないか。
現在でも50歳台の公務員給与は民間に比べ驚くほど高い。現行の給与体系では定年延長後
60歳以上の公務員給与は民間平均の約3倍になってしまう。民間では定年延長は少なく
60歳以上は低給の再雇用制度が殆ど。

国税庁の調査では昨年度の民間給与は過去最大の落ち込みをしている。
それにも関わらず今年度の人事院勧告がなぜわずかな給与引き下げなのか。
この理由は人事院勧告の調査対象が民間平均準拠になっていない事。
対象事業所50名以上は企業規模では500名を超えこれはいわゆる大企業ばかり。
またボーナスは出る企業だけを調査するなどいいとこ取りばかりをやっている。
地方では50名以上の事業所など殆どない。対象事業所を10名以上迄下げるべき。
現在の人事院勧告制度では国家を削減すれば地方や独法・公益法人もそれに準じて削減となるので
効果は大きく人件費2割カットにより国と地方と独法・公益法人で毎年12兆円の予算が
浮いて来る。消費税で5%分だ。これで保育所設置や低所得戻し税を実施すればデフレ経済は
大いに改善される。

菅政権は消費税で社会保障というより高い公務員人件費を守りたいのが本音だろう。
民主党の主要支持組織は公務員労組であり、これに弓を引くことは選挙に負ける事になる。
民間平均より5割以上高い公務員人件費を守る事が一番重要なのだ。官僚もこれを応援している。
まさに公務員で財政破綻したギリシャと同じ構造ではないか。



07. 2010年10月29日 07:16:12: cEfywoaiPQ
>あのとき、小沢さんが代表選に勝ち、小沢総理になっていたら…。返す返すも残念なり。

それは違う。
断じて違う。
代表選時から、繰り返しいってきたことだが、
代表選は、小沢派は、小沢氏以外の人物を擁立して戦うべきだった。

当時から、自称「小沢支持者」から誹謗中傷を浴びせられながら、
何回でも繰り返し言ってきたが、
小沢派は、小沢氏以外の人物を擁立して、
代表選を戦うべきだったのだ。

もし、小沢氏が首相になっていたら、
民主党政権は、今頃、内閣総辞職か解散総選挙を決断せざるをえない苦境に立たされていた。

で、今、小沢派はどうするべきか。
それは、次期代表選をにらんで、
小沢氏以外の首相候補を擁立することを考えるべきだ。
小沢派なら、原口前総務相か細野前幹事長代理か。
鳩山派なら、小沢鋭仁前環境相か。
鳩山派は、先の代表選でバラバラだったから、
鳩山派から候補者を擁立し、これを小沢派が応援すれば、勝てる可能性が高い。

それしか有り得ない。


08. 2010年10月29日 07:56:18: tvTVcpKrKQ
どうも仙谷は前原を首相にと考えているらしいが、大臣でこれほど駄目だと思われる
人間を総理にというのがよくわからない。何も分からない奴でも黙っていれば、格好
だけでも大臣は務まるが、それもできない奴も珍しい。総理は菅をみてもわかるけど
一番ごまかしがきかないのに。

与謝野の方の元記事に小沢擁護みたいのがあったが、与謝野は小沢問題に関して何か
いっていたっけ?

与謝野といえば、鳩山の平成の脱税王の記憶は残っている。口汚い批判だが、鳩山
はそういわれても仕方がない。実際、秘書がやったにしてもあれだけの金がうごけば
実際、脱税である。それでも検察も検察審査会も不問にした。それより遙かに微罪と
いうかまず無罪な小沢が強制起訴というのはどうも納得がいかない。

生方は野党なら小物でも捕まったりするが、与党だから検察も動かないだろうな。


09. 2010年10月29日 08:01:23: tvTVcpKrKQ
ありゃ、画像がついてる。前ブログでこりたつもりだったのに、まずいなあと
思ったら、元記事じゃないじゃん。亀ちゃんファン、ゲンダイから画像ひっぱって
くるのはまずいよ。今度は阿修羅がゲンダイのターゲットになりかねないよ。

10. 2010年10月29日 08:04:58: LStvKJqcCw
もし前原が総理になったら長期政権になりそうな気がする。

11. 2010年10月29日 08:21:08: cEfywoaiPQ
前原は個人的には反対だ。
前原よりは、リフレ派の馬淵国交相や小沢鋭仁前環境相のほうがマシ。

小沢鋭仁は、鳩山派だから、小沢派も担げる。


12. 2010年10月29日 10:14:32: FFIErVvouc
自民暗殺政治に戻られても困る
誰かどっちの政党にも属さない候補がいればだいぶ違うはずなのに
デモで供託金集めを始めてもいいのではないでしょうか

13. 2010年10月29日 10:36:14: Bfy14IO3uQ
北海道5区補選での敗北は、菅内閣の敗北。そもそも、菅直人自身やる気がなかった。(菅直人は現地に応援に行かなかったのがその証明。
所詮、無党派層なんていい加減な連中の集まりじゃよ。(永久戦犯小泉の郵政民営化選挙で明らかだろう。)それを敗北の原因なんて、お腹でお茶を沸かす位滑稽じゃ。それに問題男ちんころ町村信孝が「クリーン」?冗談は顔だけにしなさい!
先の参議院敗北に続く菅内閣の敗北は責任を取るべきだ。政権公約(マニフェスト)を次々に反故にし”国民生活が大事”を裏切る内閣は即刻退陣すべき。
マスゴミの菅内閣批判論調は皆無。全く正義、正道を踏みにじる現況はまともな社会ではない!

14. 2010年10月29日 10:40:59: m5I5fy8nxQ
裏切り菅内閣、裏切り民主党!あらゆる面で非協力貫いてやる!

15. 2010年10月29日 11:01:56: 2us8B86sKA
前原の奥さんの宗教  そうか

16. 2010年10月29日 11:21:55: sVOb9w2ALM
前原のウスバカを総理に?この男に任せたら国が崩壊してしまう。

永田事件からどのくらい成長したのか、いや全く成長していない。

法改正をしても、国の宰相は国民投票にすべきと強く思う。


17. 2010年10月29日 11:22:52: hBNeGq6fm6
無党派層が町村に流れたのは消去法の結果なのではないだろうか?
仮に選挙が阿修羅諸兄の選挙区で該当候補の選択肢だったならばどうだろう?
阿修羅の諸兄は、町村に入れないにせよ、大儀無き選択においては
与党民主に対する反対の意思表明と地域のしがらみ
(利権、おらが村だけ損をしたくない)
等々、勘案すれば自ずと似たような結果になるのではないか?

又>01がしきりにKYを持ち出すが
場の空気を優先する政治家が地域ひいては国を引っ張っていけるようには
到底思えません
選挙においては選挙民の空気を読み
国政に就いては官僚の空気を読む
郷に入っては郷に従えでは
当然「議員さんになったら変ってしまっただ」
となるのは必然でしょう
何も前原のようなKYを選ぶのが良いとは言いませんが
空気を読める議員(操り人形)は所詮
地域の期待を目標にするから
結果その期待を超える事はできないのでは無いでしょうか?

そう言ったスタンス(システム)から生み出される議員なり首相は
結局与党が何処であれ、どれも変らないのは
これもまた必然のように思います。

実力を超えた(そもそも無謀な)期待をして担ぎ出し
期待にそぐわないからと扱下ろす。

首相が単なる不満の捌け口、人柱、生贄にしたのは
何も小泉だけのせいではなく
そもそも社会がそれを求め
鼻が利くハイエナ(小泉)がそれを上手く使い
未だ社会は見果てぬ夢を追いかけているだけなのではないか?
当然第2第3の鼻の利くハイエナの餌場となるだろう


18. 2010年10月29日 11:29:39: hBNeGq6fm6
訂正
今までのままで行けばハイエナの餌場になりかねない

しかし銀座デモに見られるように親小沢、反小沢を越えた
胎動は、社会が等身大の目標を見い出す切欠になるのだと願う。


19. 2010年10月29日 13:13:59: 0huCCn4zOU
支持率狙いの小沢潰しだけでなく、自分らの失敗は全部小沢のせいにしとけって
いう幼稚な姿勢が嫌われてるんでしょう。
中国船長逮捕、釈放も補正予算が通らないのも、北海道の選挙で負けたのも、
TPP参加で総スカンくらってるのも、庶民大増税で嫌われてるのも、全部菅内閣の
失敗だが なぜか菅支持の議員は口をそろえて「小沢のせい」と言い出す馬鹿さ加減。さすがに関係の無いものまで小沢のせいにして逃げる卑怯さと幼稚さには、国民も呆れて物が言えなくなるよ。菅内閣は参議院選、北海道の選挙と2回続けて拒絶されてるんだからサッサと退陣すべき。

20. 2010年10月29日 20:04:35: WUTmDUvDSa
菅代表のもと、「企業・団体献金の禁止」を反故。政治とカネを批判してきた彼らは何だったのか。

21. 2010年10月29日 21:22:34: 13kD4ITkPs
「TPPの参加は当然だ。そうですよね。一色さん。」同意を強要する報ステ・古館 「・・・・・、そうですね」反論できない気の弱い一色さん。

22. 2010年10月29日 21:25:06: L66dsQkzT2
涎奸一派は、すでに茹で蛙、自民政権末期と同じ。
もう蘇生不能だが、それを期待する人もいるまい。

改革は、無数の汗水の果てにチャンスがくるもの。
へ理屈屋どもには、百回生まれ変わっても、無理。

日本史の出来事ではなく、多分、害虫の歴史に分類される。


23. 2010年10月29日 21:41:52: fMupawD77k
読売の調べでは、補選で選挙民が重視した問題のトップは
「景気・雇用対策」「政治とカネ」は9%に過ぎない。
菅内閣は「政治とカネ」響いただと? うそつくな〜

嫌味でエラソウな、過去の人、町村さんが当選したんだから、
よほど菅内閣は不人気だ。
中前さんは、かわいそうだ。次があるぞ〜事後運動たのむ〜
「大地」が菅内閣から疎外されてたみたいだ。
ムネオ日記に3万票逃げた、と書いていた。


24. 2010年10月29日 23:44:43: vFflHPhxnk
[06. 2010年10月29日 06:23:43: h69tTYryng]この方の仰るとおりである。

今こそ公務員改革、給与等報酬の半減化とう実行しないとこの国は消滅する。

今の左翼政権(旧自治労)では仕方がない事か。無理か。


25. 2010年10月30日 00:02:18: 1FDD4oiW52
>>24
公務員を削減して、消費税を上げればどうかなるの?
それは政治倫理の文脈での話なら理解できるが、
マクロ経済には何の影響も無いよ。デフレで増税なんてやったら
さらに税収が落ち込んで更に財政再建から遠のく。
政治倫理=マクロ経済という奇形的な観念を持ってる限り
景気回復は絶対にない。

26. 2010年10月30日 07:02:33: NqH1Z2WJaQ

空き缶政権は、夏の参院選挙でも大敗し、
今回の補選でも負け、要はずっと負け続けている
国民から支持されていない政権。その通り。
負ければ「政治とカネ」問題がひびいたといいわけ。か?

27. 2010年10月30日 08:35:36: J0o6rialnc
>07. 2010年10月29日 07:16:12: cEfywoaiPQ さん

>あのとき、小沢さんが代表選に勝ち、小沢総理になっていたら…。
>返す返すも残念なり。

の意見にあなたは

>違う。
>断じて違う。

と言っています。
あなたの意見として違うと思うだけなら良いのだが。
断じて違う?
あなた何様?
偉そうに!
貴方に何が分かっているのだ!

原口氏は今は小沢氏擁護の発言をしているが、元々からのどっぷりのオリジナル民主で、彼は枝野が一番の親友で、民主一の有能な人で彼のいない内閣など考えられないと言っている。
政権交代はオリジナルメンバーが頑張ってなったものだと断言して憚らない。
この事はあのアホレンホーも同じ事言っているが。

細野も今は小沢氏側についているからあまり言いたくは無いが、小沢氏が代表を降りた頃、田原の司会するサンプロだったかの 偏向番組で田原に意地悪く例のごとき枕詞の小沢さんの「政治とかね」と言われたとたんに何か一言聞かれる度に「私はやってません」「私はやってません」「私はやってません」と言うのが関の山の男。

>当時から、自称「小沢支持者」から誹謗中傷を浴びせられながら、
>何回でも繰り返し言ってきたが、
>小沢派は、小沢氏以外の人物を擁立して、
>代表選を戦うべきだったのだ。
>鳩山派なら、小沢鋭仁前環境相か。

バカをお言いじゃないよ!
小沢鋭仁の事は、これも私は小沢氏は今鳩山氏を失いたくはないだろうから、本当は言いたくは無いが、鳩山氏は確かに普天間の時の辞任会見は不思議であった。
私見を述べればあの韓国哨戒艦沈没やアメリカと韓国が結束してのあの時の北朝鮮非難の会見などを見ても、鳩山降ろしにアメリカ、韓国、北朝鮮がなんらかの意図があったかもしれないと思っている。
あの時はスワ朝鮮半島戦争勃発かと思わせるほどの雰囲気をかもし出しておきながら、その後韓国は北朝鮮に食糧援助などをしていることでもおかしくはないか?
だから鳩山氏のあの抑止力発言なのだろうとは思っている。
しかし鳩山氏も又オリジナルメンバーの一員であった事は否めない。
組閣から小沢氏降ろしをした事でも分るが。
先ず引退する決意だった藤井氏を比例にまでして当選させ、たった半年しか働けもしない老骨を小沢氏降ろしに一役買ったご褒美として財務大臣の席に座らせ、次に徹底した小沢氏排除の内閣布陣をし、小沢氏には党だけの仕事に限定し内閣から締め出した。
マイクを持って街中で小沢氏に徹底的に噛み付いた枝野氏をその後褒美に官房長に異例の抜擢もしている。
そして退陣した鳩山氏は小沢氏を抱きつき辞任させた事もあり、小沢支持者から少なからずバッシングを受け、その求心力はあっさりと消えた。
その求心力を取り戻す為、鳩山氏が画策したのが菅と小沢氏の代表選を利用しての伝書鳩行動。
初め菅支持を表明し、次には小沢氏を代表から降ろしにかかった。
それが失敗するや今度は鳩山派の海江田氏、や小沢鋭仁氏などを神輿に担いでの鳩山内閣樹立でも夢見たのだろうよ。
あ〜ぁお前がバカな事を言うから、こんなに説明しなくちゃなら無くなっちゃったじゃないかよ。


28. 2010年10月30日 08:46:04: J0o6rialnc
>11. 2010年10月29日 08:21:08: cEfywoaiPQ
>前原は個人的には反対だ。
>前原よりは、リフレ派の馬淵国交相や小沢鋭仁前環境相のほうがマシ。

お〜ぉやだ!
前原は論外だが、馬渕もやだし、鳩山派もお断りだな。


29. 2010年10月30日 08:53:12: J0o6rialnc
28ですが
一言追記です>>11. 2010年10月29日 08:21:08: cEfywoaiPQ さん

>小沢鋭仁は、鳩山派だから、小沢派も担げる。

あんたも懲りないお人だね〜
鳩山氏が総理になってあの体たらくだよ。
鳩山傀儡の小沢鋭仁政権など推して知るべしじゃないの?


30. 2010年10月30日 10:22:39: 3Z9oE2ggs6
民主の一番の失敗は鳩山が総理になり次が菅どちらもこの上ない能無し最初に小沢総理が誕生していたら今のような仙石政権にはならなかった今頃は良い国ずくりが進んでいたとおもう最大の功労者小沢さん外しては残りの幼稚園内閣では何もできるはずもないちなみにヤフ-みん政では菅の不支持は97パ-セント良くずうずうしく総理でいられるよほど美味しいことがあるのかもう菅に期待0

31. 2010年10月30日 17:49:50: Zaxf9yYfeE
小沢元代表の「まだこの党には政権担当能力は無い。」につきます、全くその通りです。「馬鹿が何人集まろうと一賢人には叶わない」を絵に書いたようなものである。
諸葛亮のミイラでも掘り起し三顧の礼を尽くすしか日本の未来は無いのだろうか。竹中半兵衛クラスも現日本国には皆無ということだろう。仙石、前原、岡田に期待するのも所詮、無い物ねだりの子守唄。

32. 2010年10月30日 21:22:47: J0o6rialnc
>30. 2010年10月30日 10:22:39: 3Z9oE2ggs6 さん

そうは問屋が卸さないかもしれません。
私は鳩山内閣が誕生した折、「みんせい」にこの民主党がもしかしたら一瞬にして第二自民党に色変わりするマジックかもしれないと投稿したが「そう思う」と答えた人はそれほど多くは無かった気がする。
政権交代前、前原が安倍元総理と一緒にアメリカの要人と会い、たとえ政権交代があっても今の自民党政権と同じ事をするから心配ないと言ったというが、正にこのことだったのだ。
その言葉ははたして今の菅、仙石政権の事だけだろうか?
このときの前腹の言葉はもしかしたら、ここでもし小沢政権が誕生したとしても、それでアメリカ傀儡政権が終わるなどと思ったら甘い考えだと悟るべきである。
そんなに簡単にやつ等が引き下がる筈は無いではないか。
それは甘い!!!!!!
多分、二の矢、三の矢が用意されていると見るべきだ。
自民党政権が交代して、鳩山政権になっても、鳩山氏もオリジナル民主だった、今回菅政権は、まさしくアメリカ傀儡の官僚政権、つまり第二自民党政権になってしまった。
見事に白から黒にオセロゲームのように色変わりしてしまった。
もし国民がこれだけ大騒ぎして、たとえ小沢政権が誕生したとしても、小沢氏が政権を担う年数はそう長くは無い。
その小沢氏の跡つぎ政権は 原口 とか 細野 と思っていたらそれは大間違いだ。
彼等は仙谷の黒い置石だ!
彼等が何の黒い置石を残さずにきれいさっぱり消える筈があるものか!
それは小沢政権がもし樹立した時、その数年後に又アメリカ傀儡官僚依存政権奪還のオセロゲームのように瞬時にして三度めの色変わりする為の仙谷の黒い置石なのだ。
彼等はそれほど手ごわいと思うべきである。


33. 2010年10月30日 23:10:49: dqdlNDNBbA
>こんなに説明しなくちゃなら無くなっちゃったじゃないかよ

・・・・・。
別に小沢総理でいいんだけどね。
世の中、小沢嫌いの人が多いのに、小沢が好きという人もいる。
メディアのバッシングで鳩山嫌いの人が多い中、私は彼を評価してる。
その彼が、なんで政権の足引っ張りだった小沢を排除しないのか、小沢やめろという世論に比べ鳩山やめろずっと少なかった。小沢なんか切ってしまえと思ってた。
代表選だって、参議院選で自分の後継者だと応援し続けた菅支持の方が彼は安泰だったし、バッシングされずに済んだはず。
細川みたいにこのまま引退し夫人と旅行生活した方が叩かれず安泰だったろう。

悠々自適でマスコミからちやほやされる生活を捨て、
なんで、小沢支持になったのか、なんで議員をやめないのか。
メディアのバッシング覚悟で議員を続け、菅と距離を置き続けるのか。
ある意味おぼっちゃまで今更権力など親祖父の七光りの彼には未練がないだろうに、
その彼が渦中の栗を拾うように小沢につくのだろうか?
B層の私の疑問はそこから始まった。

鳩山にとって後継者が菅ではないからだろう。
そして小沢が世間が思ってほど悪でないと鳩山は知ってるからだろう。

小沢は実は鳩山と同じ理想を持ってるかも知れなくて、菅はそれを捨てたから
鳩山は理想を求めて、反菅の行動していると私は理解してる。
だまって菅と行動を共にしてればメディアに叩かれることもなく権力を維持できるのに
おぼっちゃまだから権力より、理想を追い続けることができるんだと思う。
なら私も嫌いだった小沢を支持してもいいという気分になった。
その鳩山の行動を単純にを権力闘争と批判されると、なんかついていけないもの感じる
私だった(ため息)。


34. 2010年10月30日 23:59:10: dqdlNDNBbA
菅は鳩山と違い、バックボーンがない。小沢と比べても。
財産もなければ、有名な総理大臣の子孫でもない。
だから強大な権力の脅しの前には脆く弱いんだと思う。
狙われたらひとたまりもないから、保身のために権力の傀儡になってしまうんだろうな。
町村や石原と持ちつ持たれつで生き残るつもりなんだろうな。

35. 2010年10月31日 02:05:41: J0o6rialnc
>33. 2010年10月30日 23:10:49: dqdlNDNBbA さん

あなたと私は丁度反対なのかもしれません。
私が小沢氏を政治家として信じるに足る人物と思い始めたのは、思えばもう小渕政権の頃からだった気がします。
だから小沢氏が代表を降りた時は兎に角驚きと失望だった。
その後の鳩山氏と岡田氏の代表選から、私は鳩山氏をずっと応援してきた。
小沢氏が鳩山氏の方を推している事が手に取るように分ったからです。
鳩山氏が岡田氏に勝って、民主党の代表になった時の小沢氏の満面の笑みは今でも忘れられない。
そしてあの歴史的政権交代により鳩山内閣が誕生するや、信じられない事になぜか鳩山氏は小沢氏外しの組閣に動いた。
先ずそれが私をして鳩山氏に不信を抱かせた一番最初である。
その後マイクを持って街頭で小沢氏をこき下ろしまくった枝野氏をなぜか幹事長に抜擢した。
これが私が二番目に鳩山氏に抱いた不信です。
それでも私は不信は抱きながらもまだ鳩山氏を信じていたのです。
普天間での色々言われていた時も沖縄への鳩山氏の思いが土地の人々に何故分ってもらえないのかとやるせなかった。
沖縄の人々はどうしてアメリカでは無く鳩山氏へその牙を向けるのか、この65年もの長きに渡って沖縄を苦しめてきた自民党ではなくどうして政治生命をかけて救おうとしている鳩山氏に「怒」などというプラカードで迎え撃つのかと。
そしてあの核抑止力発言での辞任会見の時も、私はまだ鳩山氏を応援していました。
韓国の哨戒艦沈没事故、アメリカと韓国が北朝鮮の仕業と断定して、いかにも朝鮮半島での戦争勃発かと思わせぶりのTVニュースを見て、鳩山氏が核抑止力発言での辞任も彼の胸の内には余程の事が有ったのだろうという推測は出来ます。
その後あれほど北朝鮮と一速触発と思われていた韓国は北へ食糧援助をしている事を見ても、推測は違っていなかったと納得できます。
初め私は小沢氏を代表から降ろしたのが渡部恒三にしては出来過ぎと感じ、藤井氏だと思いましたが、断じて違うという人の言葉を信じそれならやはり渡部恒三だったかと思いました。
そしてその後の菅氏と小沢氏との代表選での鳩山氏の動きにも不信を感じました。
初め鳩山氏は菅氏を支持し、次には小沢氏を代表選から降ろしにかかりました。
その次には鳩山派の海江田氏や小沢鋭仁氏を担いで鳩山氏の傀儡政権をもくろんだ様に私には感じられました。
事ここにいたって初めて私は藤井氏の小沢氏に対する様々な言動に、藤井氏こそがあの代表選での小沢氏降ろしの張本人だったと確信するに至りました。
すると全てが見えてきたのです。
藤井氏は今回は立候補しない筈でしたが、鳩山氏のたっての希望で比例で当選し、彼はたった半年財務大臣をやって辞任しました。
辞任する時藤井氏は初めから鳩山氏に半年でやめると約束だったとTVで言っています。
それで枝野氏の時の事を考えればなるほど、小沢氏を代表から降ろす野に多大な貢献をした藤井しにたいするご褒美に鳩山氏は藤井氏を比例で当選させて最後の花を咲かせたてやったのだと感じたのです。
しかし今小沢氏も鳩山氏もお互いを必要としている事も事実と思います。
だから書かないで済めば書きたくはないと思った事だったのです。



36. 2010年10月31日 10:06:28: J0o6rialnc
35です。
>33. 2010年10月30日 23:10:49: dqdlNDNBbA さん
追記です。すみません。

>なんで政権の足引っ張りだった小沢を排除しないのか、小沢やめろという世論
>に比べ鳩山やめろずっと少なかった。小沢なんか切ってしまえと思ってた。
>代表選だって、参議院選で自分の後継者だと応援し続けた菅支持の方が彼は
>安泰だったし、バッシングされずに済んだはず。

あなたは小沢氏が鳩山氏の足引っりだったと言っていますが、小沢氏は鳩山氏の足を引っ張った事など一度もありませんよ。
それはメディアが鳩山氏から小沢氏を切り離したかったのです。
メディアにとって鳩山氏に小沢氏がぴったりと寄りそうようについている事が目障りだったのです。
鳩山氏だけなら、赤子の手をひねるようだったからです。
メディアは早く鳩山氏を降ろして、仙谷、前原の政権与党にしたかったからです。
案の定鳩山氏は小沢氏を自らの手で切り離し、鳩山氏はメディアの手によって早期に辞任させられる羽目になり、ついにメディアの思うがままの仙谷、菅、原口政権の誕生となりました。
それでもまだ鳩山氏は菅に期待していたと思います。
トロイカの再びを願ったのでしょう。
でもあなたがおっしゃるようにここにきて鳩山氏はやっと仙谷、菅、前原等によって日本がとんでもない方向へ進み始めてしまった事に気が付いたのでしょう。
小沢氏が冤罪である事など鳩山氏は勿論はじめから知っていましたし。
私も鳩山氏が仙谷や官、原口らと同じ腹黒と思っているわけではありません。
確かに仙谷等に加担していたままの方が彼にとっては楽だったでしょう。
でも鳩山氏が仙谷等とそれまで繋がっていたからこそ鳩山氏は小沢氏のようにしつこく起訴などされなかったのではないかとも思って居ます。
確かに鳩山氏はお坊ちゃんのとこがあり、マスコミに小沢傀儡小沢傀儡と言われる事が、必要以上に気にしたのかもしれません。
今菅は仙谷傀儡と言われようが国会で菅の答弁を仙谷がしゃしゃり出ようがマスコミはスルーだし、菅も気にもとめていません。

>鳩山の行動を単純にを権力闘争と批判されると、なんかついていけないもの
>感じる私だった(ため息)。

鳩山氏は権力闘争だったのではありません。
オリジナル民主党として小沢氏よりずっと長い間仲間だった彼等を多分鳩山氏は信じ、人の良い彼は騙され、利用されたのだと思います。
それが今ここへ来て鳩山氏にも全部見えてきて小沢氏を守ろう、そして彼を守るには自分の力が無くてはならないと、気付いたのです。
だから今引退するわけに行かなくなったのは多分自分自身の為ではなく、小沢氏を助けたい一身でしょう。




37. 2010年10月31日 10:18:53: J0o6rialnc
35です
間違えました

誤      藤井氏こそが【あの代表選での】小沢氏降ろしの張本人
                 ↓

正      藤井氏こそが【あの代表辞任会見の】小沢氏降ろしの張本人


38. 2010年10月31日 11:29:23: J0o6rialnc
36です。又間違えました。

誤  ついにメディアの思うがままの仙谷、菅、【原口】政権の誕生となりました。
                        ↓
正  ついにメディアの思うがままの仙谷、菅、【前原】政権の誕生となりました。


39. 2010年11月01日 07:15:01: 8ojzefcyRQ
管と凌雲会は非主流派から浮上するために自民、検察の仕掛けた装置を利用して政争を制した。ここまでは良かったが、内閣で小沢派を排除したために政権担当能力の無さを露呈して、小沢叩きが審議拒否というブーメランになって返ってきた。
ここでは小沢擁護に回って、検察審査会の決議に疑問を呈して普通の起訴とは違うから政治倫理審査会も喚問も行なわないとつっぱねて、野党の審議拒否を責めるべきだろう。それだと小沢が復権するから痛し痒しな訳だが、やんわりと飼い殺しにして付き合っていくのも上手い手だと思うけどね。ダメか?それほど自分たちに自信はないのだろうね。実力のなさから非主流派に戻っちゃうのがオチかもな。

40. 2010年11月20日 00:46:18: dqdlNDNBbA
>J0o6rialncさん
うーん。私はあなたのようには感じたことありません。ごめんなさい。
それとこれだけは言えますけど。
私は小渕さん時代どころか、祖父母の世代から小沢氏の選挙区にいたので、小沢氏がそんなに理想的な人物と思えないことは実感としてありますよ〜。ここでそれを語るつもりはありませんけど。
小沢さんにずっと付いてきて渡辺爺さん、「あんな殊勝な小沢君を見るのは初めてだ」と福田と大連立構想の時に庇う渡辺爺さんの話を聞いて、なんでそこまで小沢を庇うのか、
こうぞう氏の地元福島出身の友達と呆れてたたものです。
ところが、小沢氏はその渡辺氏も冷遇した。いつもそれまで親しかった人を、気に入らないことがあるといきなり絶好する嫌な奴でした。こんな人間関係の構築に仕方では、最後は小沢氏に苦言を定位する人は誰もついたこないだろうなと思ってました。実際、菅さんが接触しようとした時、会わなかったでしょう?そういう雲隠れみたいなこと、何回もあったので、メディアの操作だけでなく世間の人は良い印象はなかったんですよ。
でもその私が、小沢氏を応援してもいいと思うのは、鳩山氏を比較的信頼できるからです。
ご指摘通りバランスを取ろうとしたからあの人事なのでしょう。小沢バッシングの中で、
最初から躓いたと思えます。
人それぞれ感じ方はあるのでしょう。でも今は小沢氏を素直に応援したい気持ちになってます。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧