★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98 > 419.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
口封じ殺人に注意!第五検察審査会の2回目の構成員は実在しなかった? (太陽光発電日記by愛知・横田管工)
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/419.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 10 月 30 日 10:04:26: GqNtjW4//076U
 

画像 「太陽光発電日記by愛知・横田管工」より

http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/2-2caa.html 
2010年10月28日 (木)

口封じ殺人に注意!第五検察審査会の2回目の構成員は実在しなかった?


検察審査会法の主旨に反する、法令違反の犯罪事実認定に基づく強制起訴議決への疑問をなげかけ、小沢氏が強制起訴の議決に異議申し立てをしてきましたが、地裁・高裁ときて、いよいよ最高裁に持ち込まれることとなりました。
最高裁が、”法律に反する手続きであっても、とりあえず起訴されちゃいなさい!”という結論を下し、法の番人でありながら脱法容認宣言をするかどうか?・・どんな判断をするか大いに注目です。

常識的に考えれば、明らかに法律違反なのですから、違反行為をした第五検察審査会に議決文を訂正し再議決するとかの是正措置を求めるのが妥当と思うのですが、それもせず地裁、高裁と門前払いするしかなかったのは、2回目の検察審査会は実在しなかったという話はどうも本当かもしれないですね。

第五検察審査会の小沢氏起訴相当の議決書の冒頭の被疑事実(不動産取得時期、代金支払時期の期ズレだけ)が、当然、そのまま起訴すべき犯罪事実になっているのなら合法ですが、今回の議決に添付されている別紙犯罪事実には、検察の不起訴処分の対象になっていない、記載義務がない個人立替金の収入不記載の事実があげられていまして、明らかに第二条の一項に違反しています。

以下 参考資料・・・検察審査会法第2条
第2条 検察審査会は、左の事項を掌る。
 一 検察官の公訴を提起しない処分の当否の審査に関する事項
 二 検察事務の改善に関する建議又は勧告に関する事項
 2 検察審査会は、告訴若しくは告発をした者、請求を待って受理すべき事件についての請求を
  した者又は犯罪により害を被った者(略)の申立てがあるときは、前項第1号の審査を行わなければならない。
 3 (略)
第30条 第二条第二項に掲げる者は、検察官の公訴を提起しない処分に不服があるときは、その検察官の属する検察庁の所在地を管轄する検察審査会にその処分の当否の審査の申立てをすることができる
参考資料 以上

これをスルーして、このまま強制的に裁判に立たされるということは、結果的に、”法律の意味も分からない検察審査会が検察に対する審査の枠をこえて、人を拘束できる公訴権を独自に持てるということを追認してしまう”ということになるわけですから、怖い話です。

小沢氏が異議申し立てをしたのは当然のことでしょう。

「検察の公訴権独占の例外として検察審査会議決による起訴強制が認められている趣旨に照らして、不起訴処分の対象事実を逸脱した被疑事実で起訴相当議決を行うことは許されない。今回の第五検察審査会の議決が、起訴対象事実を逸脱した犯罪事実認定をした違法性により、このままでは強制起訴の合法的根拠が成立しなくなっている。」という当たり前の主張だと思います。

ところが、そうした検察審査会法に基づいた小沢氏の異議申し立てを、不思議なことに裁判所は即刻却下してしまいました。

却下した地裁の判断理由は、「犯罪事実は裁判で争うべき」というぜんぜん答えになっていないもので、いっそう疑惑が膨らむことになりました。
検察審査会が対象とする犯罪事実の範囲にどうして縛りをかけられているか?という意味を考えれば、そんな判断理由ありえないと思います。検察審査会法で、検察審査会の強制起訴議決の起訴対象事実を、検察が不起訴としなかった被疑事実に限定しているのは、素人の検察審査会が、人を公判で束縛することになる公訴権を乱用することを防ぐためです。その大事な部分で違法行為をおかした議決で、裁判で拘束されることを前提とした却下理由は、法理としてはありえないわけで、裁判所どうしちゃったの?司法試験合格が簡単になってここまで劣化しちゃうの?という感じでした。

いくら形骸化しているとはいえ、法に基づいて判断を出す裁判所なんですから合法的に答えを出してもらいたかったです。

もっとも合法的に、議決の訂正・再議決という是正措置を求めようにも、肝心の議決した審査会が架空のもので実在しないのならしょうがないですね。地裁も本当のことを知っていて”寝た子を起こさないように”あえて法理を無視した苦しい言い訳でスルーするしかなかったのでしょう。

怖いことに、検察審査会制度が、チェックシステムがない制度であることが、最近になって次々と明らかにされてきました。

抽選の立会人がだれか?審議はいつ誰が参加して行われたか?ということも、外部からチェックできるシステムになっていません。すべての権限は、実在するかしないかわからない審査員に与えられています。その審査員が実在したかどうかは、担当事務員と担当補助員しかわからなくなっています。

裏返せば、事務局の誰かが補助員と仕組めば、なんとでも議決をつくり、特定の人物を強制起訴に追い込むことも可能であるという、怖い制度的欠陥がある制度だったということです。

そうした検察審査会システムの盲点をついて、2回目の起訴相当議決は、実在しない第五検察審査会による架空の議決だった可能性はかなり高そうです。


画像あり 冒頭画像


疑惑が深まる状況証拠は着々と集まっています。平均年齢が二転三転したあげく、天文学的な奇跡の確率じゃないとありえない、1回目と2回目の審査会が、同じ平均年齢ということも暴露されてしまってます。

事務局でのやりとりで検察審査会法で定められた会議録は作成されていないことも暴露されました。

個人情報が特定できない範囲で、会議の実在の証明につながるような情報開示を要求しても、頑なに拒否するのは怪しすぎます。

ここまで疑惑が深まってるんですから、リークで書かれた作り話の新聞記事じゃなく、本当に実在したことを示す、情報を開示してもらいたいものです。


以下 参考記事 第五検察審査会は存在しない審査員で架空議決をした?
 http://civilopinions.main.jp/2010/10/1019.html 

一部抜粋
<第5検察審査会事務局は、早くから強制起訴のための準備をしていた?>

一市民Tは第1回議決までの経緯をこう推理した。

検察は起訴処分にできないことを予測し、第5検察審査会を悪用して、小沢氏を強制起訴に持ち込もうと早くから画策していた。

そのため以下の手立てを講じた。

手立て1
第5検察審査会事務局は、09年11月100人の群から6人、10年2月100人の群から5人を選出するに際し、小沢嫌いの11人を作為的に選んだ。
成人の平均は50歳を超える。
11回のくじの結果の平均が34.27歳という若年になることはまずありえない。審査会事務局の作為が働いたと考えて間違いない。
ちなみに、小沢氏別案件を扱った第1検察審査会の審査員平均年齢は50歳だった。第5検察審査会事務局だけが不正をやっているということだ。

手立て2
検察は、正体不明の市民団体等を焚きつけ、不起訴処分とした検察を告発させた。そして、第5検察審査会宛に申し立てを集中させた。

手立て3
第5検察審査会事務局は、検察の意を受けて動く米沢弁護士を審査補助員に選んだ。

上記の手立てを講じた結果、11人全員「起訴相当」の議決が成立した。

<第2回審査は、審査員選出を行わず、事務局で架空議決をした?>

この方法は強制起訴を確実に出せるが、一つだけ危険が伴う。

2月に就任した5人の審査員が、選出を行っていないことに気づく恐れがある。
この恐れをなくすため、審査会事務局は、5〜7月の3ヶ月間、審査をお休みするとした。
メディアを通じて「米沢弁護士の後任の審査補助員が決まらないので、小沢氏の審査が大幅に遅れ、議決は10月になる。審査員も全て入れ替わる。」という情報を流した。

一市民Tも「衆人が注目した中で、新たな11人が選出されるのだから、今度こそ正しい選出が行われ、選出された審査員が公平な議決をするだろう」とたかをくくっていた。甘い考えだった。
今にして考えれば、審査補助員1人を選ぶのに、3ヶ月もかかるのは怪しいと疑うのだが。

この手で、5月と8月の審査員選出をスルーしてしまった。
こうして、誰にも気づかれず、審査員がいない状態をつくった。

こうなれば、審査補助員と第5検察事務局が、架空の議決文を自由に創作することができる。外部へのアナウンスも思うままだ。

<代表選実施決定で、急遽「代表選前の議決ストーリー」に変えた?>

急に代表選が行われることになった。

官邸(仙石大臣か?)から、「小沢氏が代表選に勝った場合、『強制起訴』を総理就任阻止に使うから、議決は代表選前になされたことにしてくれ」との要望があったのではないかと推測する。

事務局は、審査員が存在しない架空議決を行うのだから、いかようにも対応できる。

事務局は、「9月に入って、一気に審査し、代表選前に議決した」とするストーリーに変更した。

以下の10月6日読売新聞を読むと、ストーリー変更の様子が理解できる。

『 東京第5検察審査会が小沢氏を「起訴すべきだ」と議決するまでの経緯が、審査会関係者の話で明らかになった。

関係者によると、11人の審査員たちは、お盆休みのある8月中は隔週でしか集まれなかったが、9月に入ってからは、平日に頻繁に集まり審査を行った。

9月上旬には、「起訴議決」を出す場合に義務付けられている検察官の意見聴取を行った。意見聴取では、東京地検特捜部の斎藤隆博副部長が1時間以上にわたって説明。斎藤副部長は「元秘書らの供述だけでは、小沢氏と元秘書らとの共謀の成立を認めるのは難しい。有罪を取るには、慎重に証拠を検討することが必要です」などと、審査員らに訴えたという。                     
審査員に法律的な助言をする審査補助員を務めた吉田繁実弁護士は、暴力団内部の共謀の成否が争点となった判例や、犯罪の実行行為者でなくても謀議 に参加すれば共犯として有罪になるなどと認定した1958年の最高裁大法廷判決を審査員に示し、「暴力団や政治家という違いは考えずに、上下関係で判断して下さい」と説明した。

起訴議決が出たのは、民主党代表選当日の9月14日。第5審査会の定例の審査日は毎週火曜日で、この日は偶然、審査日にあたっていた。ただ、この日に議決を出すことが予定されていたわけではなく、議長役を務める審査会長が審査中に「議決を取りますか。それとも先に延ばしますか」と提案したところ、審査員らから「議論は煮詰まった」との声が上がり、議決を出すことになった。

議決の後、「こんな日になっちゃったね」と漏らす審査員もいたという。多数決の結果、起訴議決が出たのは午後3時頃。代表選で開票の結果、小沢氏の落選が決まったのは、その約30分後だった。    』

もっともらしい記述だが全て作り話だ。検察審査会事務局のアリバイ作りのためにリークされたのだ。
審査会は、「審査の内容を明らかにしない」と言っていながら、アリバイ作りの嘘話だけは事細かにリークしている。

吉田審査補助員が就任したのが9月7日と言っているので、14日までの平日審議はたった4日しかない。元々10月末までに議決すると言っていた話だ。11人に、頻繁に出席しろと、急に言っても無理だろう。

この間で、斎藤特捜副部長が1時間の説明をしたという。たった1時間で、60人の検察官が長期に亘って捜査した内容を審査員が理解できるはずがない。理解せずして、議論などできない。ましてや、捜査に問題があるので起訴相当などという結論は出せない。どうして、短期間で、議決文に書かれている結論が出せるのか。

検察関係者が『審査員らから「議論は煮詰まった」との声が上がり、議決を出すことになった。』といっているが、そう簡単に煮詰まるなど考えられない。

もっともらしい嘘をつくものだ。

とても無理なスケジュールだ。審査員が存在しなかったとした方が自然に理解できる。

<「存在しない審査員で架空議決をした」と確信したその他の理由>

1.実際に審査員選出を行えば、平均年齢が34.55歳という若年層が選出されることはありえない。

2.実際に審査員選出を行えば、平均年齢を3回もクルクル変えるヘマをやらない。

第5検察審査会事務局の行動と心のうちを、一市民Tはこう推理する。

@ 平均年齢を若年にしておけば国民が議決を受け入れやすいと考え、30.9歳という架空の平均年齢を公表した。
事務局は、平均年齢が若年になって疑われることを予想していなかったと思う。

A ところが、公表後、若年過ぎておかしいという意見が続出した。

B ここで事務局は大きなミスをおかした。
一人足し忘れがあったとして、33.91歳という架空の平均年齢に訂正した。
ここで、(33.91−30.9)×11≒33 と逆算して、足し忘れた審査員の年令は33歳とすればよかったのに、37歳としてしまった。
第1回議決平均年齢34.27歳が頭にあって、足し忘れた人の年令を、(34.27−30.9)×11≒37と逆算してしまったのだろう。

C 「足し忘れの37歳を入れて計算し直すと、第2回議決平均年齢は(30.9×11+37)/11=34.27歳となり、33.91歳とならない。しかも、この34.27歳は、第1回議決平均年齢と同じで、ミステリーだ」との話が持ち上がってしまった。
37歳の審査員が存在したわけでなく、平均年齢34.27歳という数字を使って逆算して出した年齢なのだから、当然第1回議決平均年令と同じになる。ミステリーなんかではないのだが。

D 今度は、平均年齢を34.55歳と訂正した。
訂正の理由は、就任時の年令で公表していたのを、議決時に直したからと付け加えた。
この理由も変だ。訂正前との差は0.64歳。短い期間で7人も誕生日を迎えたことになる。
最後で、帳尻を合わせようとしたのだろう。
おそらく、審査員候補の母集団200人から、平均が34歳あたりになるような若年者をピックアップしたら、34.55歳になってしまったということなのだろうか。
ただ、この数字が第1回議決時の平均年齢と完全に一致することになったミステリーは未だ解けない。

E 畠山氏と審査会事務局の手嶋健総務課長のやり取りでの、課長の答弁が支離滅裂だ。
・「37歳を加えると34.27歳になるのに、何故33.91歳か?」の質問に対し、
「足し忘れ以外の10人として計上した数字自体に誤りがある。この数字(足し合わせて計算した平均年齢)はお忘れ頂いた方がよい。」
足し忘れた人の年令が37歳について「基礎とした数字が間違っていた」
(何のことやら、さっぱり分からない説明だ)
・「11人の審査員の年令を公表したらよいのではないか」の要求に対し、
「具体的には特定にも繋がる恐れがありますので、お答えしておりません」
(どうして特定されるのだ。公表すると矛盾が膨らむ?)

3.検察審査会事務局は「会議議事録がない」と言う。
日当の支払など税金を使って審議をしているのに、会議議事録がないのはおかしい。
もっとも、実際に審議をしていないので、「会議議事録がない」と言うのはわかるが。

4.検察審査会事務局は「会議室名も公表できない」と言う。
実際に審議をしていないので、会議室名を言えないのもよくわかる。

5.検察審査会事務局は「審査会を何回開催したかもいえない」と言う。
実際に審議をしていないので、何回開催したとも言えないのもよくわかる。

ここまでお読み頂いた方は「存在しない審査員で架空議決をした」ことは疑いようもない事実だとお分かり頂けたと思う。

引用以上

この筆者が直接検察審査会事務局でやりとりした内容を暴露した後編は、さらに2回目の検察審査会が行われなかったことをリアルに感じさせてくれます。司法の世界でこんなでたらめが横行するようになって、日本どうなっちゃうんでしょうね。

参考記事  検察審査会事務局に乗り込みました。 疑惑だらけでした。
http://civilopinions.main.jp/2010/10/1026.html 

以下引用 上記記事より 一部抜粋

<一市民Tと長瀬事務局長と手嶋総務課長とのやりとり>

どうも、怒りが収まらないし、聞きたりない。一市民Tが一人残り、前述の長瀬事務局長と手嶋総務課長に質問をしてみることにした。約1時間半、嫌がられつつ質問を浴びせ続けた。

主なやりとりは以下の通り。

のっけから、直接一市民Tが推理したストーリーをぶつけた。

一市民T「"1回目の審査員選出は事務局が選択的に選んだ。2回目は選出を行わなかった"と確信している。」(ブログに書いたストーリーを説明した)
長瀬「それは貴方の見方だ。法に従って処理している。私達はやましいことは一切していない。」

一市民T「多くの国民は、法に違反したことをやったのではないかと思っている。」
長瀬「(報告した内容は)事実です。やましいことはしていない。」

一市民T「事実などと言えないはず。あなたは審査員選出の現場を見たのか。議事しているところを見たのか。違反していないのなら、第5審査会事務局担当者が、どのようにして審査員を選んだのか、そしてどのような議事をして議決に至ったのかを証拠を提示しながら明らかにすべきだ。国民に説明する責任がある。」
長瀬「選出には立会人が立ち会っている。」

一市民T「第5審査会事務局長と担当者と補助審査員が結託したら、選出しないで済ませることが容易にできる。これなら、議決は簡単に創作できる。」
長瀬「......」(無言)

一市民T「読売新聞記事によると、"9月7日に吉田審査補助員が就任。14日議決した"とある。この間、平日は4日しかない。10月までに議決すると言っていたのに、どうして短期間に一気に決めることになったのか?
集中的に何度も11人の審査員を集めるのは難しいのでは?
この4日で、膨大な検察捜査資料の説明を、素人の審査員に理解させ、議論をさせ、結論をまとめあげられるとは到底考えられない。」
長瀬「審査会は、読売記事の内容を公表していない。」(疑問には答えない)

一市民T「"審査会関係者の話では"となっている。読売が嘘の記事を書いたのか。」
長瀬「読売に確かめてほしい。」

一市民T「"審査補助員が決まらないので、議決が10月に延びる"と報道していた。審査補助員を決めるのにそんなに長い時間がかかるのか?」
長瀬「審査会では、そのようなことを公表していない。」

一市民T「多くのメディアがそのような報道を流している。これも嘘というのか。」
長瀬「......」(無言)

一市民T「5〜7月は審査会を開かなかったのでしょ?」
手嶋「そんなことはできません。他案件の審査もあるので。」

一市民T「申し立て書を持ってきても、第5検察審査会は小沢案件で一杯など、適当な理由をつけて、他の審査会に回すこともできますね。どこの審査会でも受付けられるということを確認しました。」
手嶋「......」(無言)

一市民T「1回目6回のくじ、2回目5回のくじで11人を選び、平均34.55歳を選び出す確率はきわめて低い。2度目の選出でも、34.55歳と小数点2桁まで同じ値になった。このように数字が全く同じになる確率は天文学的に小さい。発生することはありえないということだ。」
長瀬「実際にそうなった。私達はやましいことはしていない。」

一市民T「貴方は報告だけで確認しているので、報告をもって事実とは言えないはずだ。担当者は審査員データを創作することぐらいいとも簡単だ。担当者が使った資料を提示して説明しなければ納得できない。」
長瀬「私達はやましいことはしていない」(これの一点張り)

一市民T「事務局の説明では、"平均年令計算を選出時期別に、別の担当が行った。一人の担当者は就任年令で、もう一人の担当者は議決年令で計算した"と言っているが、その通りか。」
手嶋「その通り。」

一市民T「すると、6人全員が5月1日〜9月14日までの間に全て誕生日を迎えたとしても、最大で0.54歳(6÷11)しか上がらないはず。それにしては、年齢差0.64(=34.55−33.91)は大きすぎて辻褄が合わない。」
手嶋「いや、外の理由も......」(しどろもどろだ)

一市民T「年令だけでも、公表できないのか?」
長瀬「できない。」

一市民T「会議議事録は見せられないのか?」
手嶋「会議議事録はない。議事録を作らなければいけないという法律上の規約がない。」

一市民T「議事録がないと、次の会議が進められないのでは。職務上とるのが当たり前だ。」
手嶋「......」(無言)

一市民T「審査員には日当を払っているはず。支払の帳簿を見せてほしい。名前を隠してもらってもいい。」
長瀬「見せられない。」

一市民T「第5審査会事務局局員が不正を行ったため、検察審査会全体への不信が大きくなっている。不正を行ったものを自首させるべき。放置しておくと、貴方だって、監督責任等を問われますよ」
長瀬「......」(無言)

一市民T「少数の事務局員と補助審査員の画策で、大々的な操作で不起訴になった案件を強制起訴にしてしまったと見ている。これは重大問題だ。事実が明らかになるまで、何度も追及する。」

引用以上

ますます怪しいと感じます。事務局の何名かが急病で亡くなられるとか、事故でなくなられるとか、自殺されるとか・・・いやなことが起きそうな予感がします。

2010年10月28日 (木)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月30日 10:23:53: LyKWkhhgoc
この国は本当に官僚国家であって民主国家ではない、絶対に変えなければならない。

02. 2010年10月30日 10:34:12: PPAJr6WqwQ
>>司法の世界でこんなでたらめが横行するようになって、日本どうなっちゃうんでしょうね。


暴走が暴走を生む事態になります。

もしこの真実が公になれば、司法関係者達をお白州に引きずり出せという世論になる。
しかも、もはや司法で裁けないのだから人民裁判になる。

その恐怖から逃れるために、理屈もくそもない、ばれないことが最優先される。
真実を知られないためにあらゆる手段を行使しだす。

暴走が止まらなくなる。
毒を食わば皿まで。


03. 2010年10月30日 10:35:12: EK3fqI6Vzg
>長瀬「それは貴方の見方だ。法に従って処理している。私達はやましいことは一切していない。」

長瀬が言う「私達」の辞書には私達の言動に法律を解釈している、だからやましいことはないと明言できるのです。
やましいと言うなら証拠を出せと言ってるんでしょうね、、、その証拠は開示不可だとさ、、、
これこそ正に強制捜査すべきだ、、、


04. 2010年10月30日 10:36:25: 1TEPq82P16
一週間ほど前に

東京第五検察審査会「小沢事件」審査に関わった者が

心ある法曹関係者の下に内部告発行動を採ったとの情報もあるようです

この話が真実か否か確認する手段を持ち合わせてはいませんが

階猛議員、伊東章氏、郷原信郎氏、・・・など国会議員や法曹関係者の追及がさらに厳しくなる前に

裁判官経験者や検察官経験者などからの糾弾が厳しくなる前に

不正の告白をした方が気が楽ですよ

内部告発はお早めに!


05. 2010年10月30日 10:36:30: pWw7Y8Sjgc
この事務局の手嶋と長瀬がどこまで耐えられるかな?

気弱そうな手嶋あたりは文書を読む限り案外落ちるのは早いのでは?

今度のデモは検察審査会の近くでやれば?


06. 2010年10月30日 10:40:19: Ps3SQiLggs
>01
強く同意。「朱に交われば赤くなる」に例え通り。まずは、全ての官僚組織のトップを民間人(選挙で選ばれた民間人)に置き換えることだ。組織を変えても、肝心の「風土」が変わらないのは自明の理。人心一新だ。

07. 2010年10月30日 10:55:09: VakE0xekPw
確かに、無事を確認しておいたほうがいいですね。
なんか、あっさり行方不明になりそうだから。

08. 2010年10月30日 11:31:50: 6jDggfL5hA
いきなりこんなところへいって、こんな要求をしても、頭のおかしな異常者とおもわれるのがおちですよ。
ふつう一般市民の感覚からすれば、エキセントリックすぎるし、自己の妄想に対する冷静さがない。
ほんとうに検察審査会の闇をあばきたければ、もっと冷静にならなきゃ。
これじゃ妄想症患者のたわごとと思われてしまう。

09. 2010年10月30日 11:56:54: IvnEfVwnXI
検察審査会は、弁護士資格を持つ者(現職裁判官、検察官を除く)を被選挙者とする、る公選制というのはどうであろうか。市民の目は、市民による公選、素人によらない審査会と一石二鳥であるが、デメリットがあれば指摘してほしい。

10. 2010年10月30日 12:53:51: skr03sVPOI

教えてください。

検察審査会は検察を審査するところですよね、
だとしたら検察は自分たちが被疑事実にもしていないことで捜査を否定されているのになぜ何もいわないのでしょうか?
また、職務怠慢ならばそれなりの処罰があってもいいですよね。それがないといくらでも検察審査会を悪用することは可能?


11. 2010年10月30日 13:29:48: GSULY6U7co
 >08氏
 具体的な対案を提示せよ。
我々は今、ほぼすべての言論を奪われているのだ。メディアのどこが、こんな行動をとったか(とれたか)。メディアがどんな検証作業をしたか。ジャーナリズムが正しく機能していないのだ。
 わかっているくせに。

12. 2010年10月30日 13:32:20: xLEWyUFeTc
>手立て2
検察は、正体不明の市民団体等を焚きつけ、不起訴処分とした検察を告発させた。そして、第5検察審査会宛に申し立てを集中させた。

ポスト、ゲンダイの取材によれば、産経の元記者1人ですよ。


13. 2010年10月30日 13:42:44: rOTGYtTFnE
今は司法も政治も狂った状態です!
仙谷の司法への政治介入なんて周知の事実、なのに世間にはばれてないとでも
思ってるのでしょうか(笑)

国民は賢明な対処をする必要があります。
まぁ小泉が言った、最近では枝野が叫んだ「自己責任」!
国に騙されても自己責任!って言われてしまうような時勢(笑)
政治や司法に期待できない分、直接政治や司法に意見を言うべきです!
それが賢明な対処です!

菅さんだって国民みんなの意見を聞いて!っていってたでしょ(笑)

私たちも政治であろうが、検察審査会であろうが裁判所であろうが、
知りたい事、解らない事は直接聞きましょう!
国民からの問い合わせが多い、と言うことはそれだけ
疑問(疑惑)が多いと言う事です!
疑問に答えるのが公務員です!

今第五検察審査会の疑惑が最高地点に達してます。
これを解明されるまでは、小沢氏起訴議決は無効だと思いますが
議決だけが独り歩きしています。
疑惑解明には直接、第五検察審査会への説明責任追及しかないでしょう!
それを大きな声にすべきです


14. 2010年10月30日 13:47:45: 6jDggfL5hA
>>11

きみはきみがやっていることが東京第五検察審査会の議決とまったく同じだということに気がつくべきだ。
検察審査会は小沢さんの不起訴を不服としたが、その根拠は、明白な証拠ではなくかれらのかってな妄想だけだ。
たぶんそうだろうという己の妄想を、だれにであれ、まるであったことのように押し付けるような人間が
検察審査会を批判とはおこがましいのではないのか?
少しは頭を冷やして反省しなよ。これがわたしの「対案」だ。
きみと同じようなことをする「対案」なんかあるはずがなかろう。それをやっちゃいけないといっているのにどうして対案を示す必要がある。
まるで自民党や朝ずばの低脳司会者の論理だ。
なんらかの行動や行為を批判する場合には対案なんか示す必要はないんだよ。
その行動自体を否定しているのだから、なぜ対案を示さなければならん。
批判や批評自体に意味があるんだ。
たとえば優勢民営化反対といえば反対すること自体が対案なんだよ。
否定し、反対している法案に対案を出せっていうほうがおかしい。

もう少し倫理をていねいに。


15. 2010年10月30日 13:49:10: 6jDggfL5hA
訂正
優勢民営化→郵政民営化

16. 2010年10月30日 14:12:19: jGj6xs9gII
ここまで疑いの濃い審査会の議決なら、審査員全員、補助弁護士、事務方、雁首をそろえて記者会見をすればいいではないか。疑惑が晴れるぞ。

できないだろう。ウソを重ねていることの証明だ。


17. 2010年10月30日 15:35:26: J0o6rialnc
>04. 2010年10月30日 10:36:25: 1TEPq82P16 さん

>東京第五検察審査会「小沢事件」審査に関わった者が
>心ある法曹関係者の下に内部告発行動を採ったとの情報もあるようです
>この話が真実か否か確認する手段を持ち合わせてはいませんが

これが本当なら正に朗報です。
もうひと息で悪の巣窟の氷山の一角が崩れます。
検察審査会の審査員の面々が全て海面下に顔を隠した審査員であるなら、この検察審査会事務局の面々だけが僅かに海面上に顔を晒している氷山の一角といえる面々です。
審査員を必要以上にかばい立てするという事は検察審査員事務局の面々がその罪を認めるべきです。
やったのは検察審査会事務局そのもので検察審査会の審査員などもともと居ないかもしれないのですから。


18. 2010年10月30日 16:47:08: Zuo9mHMINl
お粗末な投稿記事だ。とっくの昔に言い尽くされている年齢問題を羅列しているだけだし、記事執筆者について言えば、議決の逸脱した追加被疑事実云々に対する理解は問題ないとしても、「事務局とのやりとりで会議録は作成されていないことも暴露された」などはまったくの誤認である。用語に対する注意が欠如している。「議事録」はないが「会議録」はあると検審は答えているのだ。

一市民T氏も検審とのやりとりの中で手島課長が「会議録と議事録の違い」を意図的に使っていることに気が付かず、噛みついている。審査会としては、手島課長の「議事録は無い」と言うのは間違いではないし議事録が無くてもまったく責任はないのだ。行政上の用語は正確に使わないとこちらは同じ趣旨を言っているつもりでも、相手はその言葉尻を捉え腹の中で「あっかんべー」をされいとも簡単に門前払いを食う。役所相手に喧嘩するときは基本中の基本だ。

また記事執筆者は、一市民T氏の推論を引用して審査員の不在疑惑の根拠としているが年齢問題以上の目新しいものもないし、意味不明な推論もある。たとえば<第2回審査は、審査員選出を行わず、事務局で架空議決をした?>で「こうして、誰にも気づかれず、審査員がいない状態をつくった。」という結論に至る脈絡がまったく無い。

役人や政治屋は極めて狡猾なので言葉や用語の綾を使うのは常套手段なので、老婆心であえて記事に苦言を呈した。役所相手の場合、追求や用語の使い方は相手の逃げ場がないよう、隅から隅まで厳密に組み立てないと「あっかんべー」をされ負け犬の遠吠えに終わる。


19. 2010年10月30日 21:15:13: B2GmE8qv7c
>>18
あなたが考える正しい投稿をどうぞお見せ下さいね。

20. 2010年10月30日 22:22:51: SPtnMDxJ8A
検察審査会事務局はまるで、政権交代前に長妻議員が指摘した、社会保険事務所(現年金機構)とまるで同じ。

ただ、何万件もの消えた年金記録を探すのに比べたら、審査会の会議録を探すのは何万倍も容易なことでしょう。

もし、柳田法務大臣ではなくて、長妻法務大臣だったら、生真面目に調べて、消えた年金を探しきれなかった鬱憤をとっくにはらしていたかも?

今、事業仕分けの手元に使われているのは、誰かの嫌がらせ?


21. 2010年10月30日 22:24:00: UCzXkHDwTs
阿修羅の力で真実しか報道しないテレビ局を作ろう!!

22. 2010年10月31日 00:28:10: 8IbV9s3Nfk

08検察審査会の闇?

幽霊だョ幽霊。

季節外れの幽霊なの。

従って平均年齢算出に足算、割り算は必要なしである。

法務一家(法務省、検察、裁判所)の3文芝居なの。

四谷怪談と同類なの。闇でも何でもないだろ。ミエミエだ。


23. 2010年10月31日 01:00:24: 3X0udm6bZ6
>18. 2010年10月30日 16:47:08: Zuo9mHMINl
お粗末な投稿記事だ。とっくの昔に言い尽くされている年齢問題を羅列しているだけだし、
★結論が出るまで何度でもやるべきだと思うよ。
わかったふうなくちをきかないほうが良い。

>「事務局とのやりとりで会議録は作成されていないことも暴露された」などはまったくの誤認である。用語に対する注意が欠如している。「議事録」はないが「会議録」はあると検審は答えているのだ
★以下を見れば、「会議録」はあるなどと検審は答えてないだろよ。
あなたは別な情報を持っているということか?
>一市民T「会議議事録は見せられないのか?」
手嶋「会議議事録はない。議事録を作らなければいけないという法律上の規約がない。」
>一市民T「議事録がないと、次の会議が進められないのでは。職務上とるのが当たり前だ。」
手嶋「......」(無言)


24. 2010年10月31日 04:15:33: nO0voNkQ72
投稿者18は、法務一家(法務。検察・裁判所)三文芝居の一味、手下であることは一目瞭然。(あるいは共犯者そのものかもしれない。)不正を追及された悪党親分から、何とかしろと脅され、ない頭を絞ってつくった詭弁に過ぎない。
真実は単純なものだ。悪事はどんな詭弁、作文(策文)をろうしても、矛盾を内包し、説得力を持たない。だからよくあるように、消す(自殺させる)ことで親分は事態を収拾しようとするかもしれない。悪の道は死への道だ。内部告発をした方がいいと思う。老婆心ながら。

25. 2010年10月31日 05:00:39: Zuo9mHMINl
23>>

>以下を見れば、「会議録」はあるなどと検審は答えてないだろよ。
>あなたは別な情報を持っているということか?

記者の整理能力が低く問答の対応関係が明確になっていないが一応下記のような取材があります。ここのネット新聞は、度々素人レベルの考察で書くのでオピニオンなどはあまり参考にならないが、事柄の「有無」程度の会話記録なら間違うことも無いでしょう。

「小沢一郎議員を支援する会」の抗議文提出に伴う検察審査会事務局とのやりとり
http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=98485&o=1
・・・・・・・
検審側、議事録は無いが会議録はある。
・・・・・・・


26. 2010年10月31日 05:21:40: 8SqvrgeA9o
第五審査会の2回目の審議の疑惑に注目が集まっていますが、1回目も架空だったと考えた方が解りやすそう。そもそも、今年の第五審査会そのものが全く架空だったのではないだろうか。補助弁護士以外は審査員を選定していないというのが解りやすいと思うのだが。1回目の麻生法律事務所だか所属の怪しい弁護士もその後不明だというし。どんどん疑惑が高まる。ここで大活躍し欲しい敏腕大手マスコミ記者が活躍する場面だというのに。

27. 2010年10月31日 05:32:33: Zuo9mHMINl
24>>

アラシが出たりするので気持ちは判らないでもないが。。批判意見はみな敵に見えたらヒットラーの晩年になるぞ。笑 私が書いてきたモノを良く読んでから言ってくれ。この記事程度の突っ込みでは相手はどこ吹く風だから、もっと鋭く突っ込めと言う意味でかいたのだよ。


28. 2010年10月31日 06:16:34: 1319Haqsdo
>25
確かにこの時はこう答えているようですね、しかしTHE JOURNALの二見伸明氏の電話取材の時は、
Q「会議録はあるのか」
A「ありません」
Q「会議をしたという証拠もないというわけだ」
A「ノーコメントです」
との情報もありますね、検審側が「議事録は無いが会議録はある。」と発言を翻しているのならばどちらかが虚偽の発言、二見伸明氏の取材が先であったことを考えるならば、もし本当に会議録があるとすれば偽造されたものの可能性が濃厚ということでしょう

29. 2010年10月31日 08:20:24: yr6K9ugofs

第五検察審査会の2回目の構成員は、ゆうれい?

これがネット族の鋭敏なる頭脳の(検察よりたしかな分析力)結論だ。
第五検察審査会はこれを証明できない。

何もないのに証明する命題たりえない。これが論理学の答えだ!
第五検察審査会の事務局よ!辞表提出して逃げろ!
それとも検察お得意の「偽造中か」・・・・・(-_-;)ふふっ


30. 2010年10月31日 08:25:00: JNt4FPkdeY
最高裁だって、この事件の首謀者(最高裁判事?三井さんによれば)がいるというのだから、決まっているでしょう?(笑)こうなる前に、まさかなどと高をくくっていた、小沢・小沢弁護団のお粗末さをあざ笑おう!情けなくなるけど。その後は、弘中さんだろうが。今後は、小沢支持議員と国民による小沢支援国民運動の盛り上げ如何に、かかっているのでは?怪しい主催者との噂もあるが、(笑)とりあえずは、11.5の小沢支援・検察横暴・マスコミ変更報道糾弾等のデモを成功に〜!が肝要だ。秘密裏に小沢支持者名簿収集家は無視し、今回のデモも成功させよう!(拝)今度は、遅れず行くぞ〜!然し、あまりコロコロ変えないでクリやれ!(笑)まっさか、ブル〇〇ス?じゃないよね差の・段さん!(笑)

31. 2010年10月31日 08:26:25: TSv9AzvPMV
>ますます怪しいと感じます。事務局の何名かが急病で亡くなられるとか、事故でなくなられるとか、自殺されるとか・・・いやなことが起きそうな予感がします。

きっと遺書まで捏造される。


32. 2010年10月31日 10:05:19: 43PT2w1y8E
今NHKのテレビを見ていて、野党の全ての党が、この第五審査会の疑惑を語ろうとせず、小沢前幹事長の証人喚問と言ってた。民主党の一部を含めて、この国は法治国家でなく、民主主義が育たない国だ、と言う事が日増しに解ってきています。

私達は本当に国民の方を向いてくれる政治家だけで良い。この第五審査会の疑惑は国民1人1人に取って、非常に大事な問題だと思う。それを取り上げようともせず、冤罪を平気で作り出す国会議員など、全て辞めてほしい。

昨日岩上さんの階猛さんと三井さんのユウストリームを見ていたが、陰で国民の為に頑張っている政治家もいる事を、私達は多く伝達していかなければ成らないと思う。小澤前幹事長の件は、私達に何が出来るか?デモ、苦情メール、寄付、署名等
自分ができるもを1人でも多くの国民に呼びか掛ける事で、バックアップして生きたものですね。


33. 2010年10月31日 10:57:14: zTt0vC2ha2

人類の起源と未来!

人類は何処から来たのか?何処へ行こうとしているのか?


「ラエリアン」の公式ホームページみてね。



[削除理由]:2重投稿
34. 2010年10月31日 11:08:41: J0o6rialnc
>28. 2010年10月31日 06:16:34: 1319Haqsdo さん

>検審側が「議事録は無いが会議録はある。」と発言を翻しているのならば
>どちらかが虚偽の発言、二見伸明氏の取材が先であったことを考えるならば
>、もし本当に会議録があるとすれば偽造されたものの可能性が濃厚ということ
>でしょう

市民に聞かれたその時「議事録は無いが会議録ならある」と言って見せたのであればまだしも、「議事録は無いが会議録はあった、あの時は会議録とは言わなかった、議事録があるかと聞かれたから、議事録は無いと言ったのだ、会議録なら有る。」
などと言って、出してきたら、偽造の可能性があるかもしれませんね〜。
それは限り無く怪しい。
人としても信用できない、あくどい人物といえる。



35. 2010年10月31日 11:23:39: 8IbV9s3Nfk

29さん32さん悪党どもの茶番劇はソロソロ終わりです。

http://rakusen.exblog.jp/13493344/

俺は小沢の復権は近い。

         FROM,信者


36. 2010年10月31日 11:26:45: 8IbV9s3Nfk

35訂正

近い→近いと思う。


37. 2010年10月31日 12:21:24: arIjuafsG6
マスゴミの虚偽報道、風説の流布、はたまた国家騒乱罪、でマスコミ、検察、裁判所を告訴することはできるのだろうか?

一連の報道で健康を精神的にも害した国民は多いはずだ。

まずは辛抱と漫画家の小島、監督責任で上司も。


38. 2010年10月31日 12:40:13: vLgR5DnJdk


誰かさんが、別の投稿でコメントしていたが、検審で使われている「富士ソフトの人選システム」には、11人の平均年齢が自動的表示される機能ぐらいは、ついていたはずだと。

しかし当該事務局長が作為的に人選しようとすれば、システムにおいて「自動を手動」に切り替える必要がある。その場合、往々にして「平均年齢にエラー」が表示される。そこでしかたなく、事務局長は手元の電卓で慣れない計算を「震える手」でして、採算のミスを連発させたんじゃないかと。

だから富士ソフトに取材にいけばよいのだが、おそらく取材拒否されるだろう。富士ソフト開発グループ員の内部密告を待つしかない。


だとすれば、国会で質問すればよい。平均年齢のなぞがわかるはずだ。



39. 2010年10月31日 12:47:53: 6JoloVHcBU
小沢一郎議員は、碁がプロ級ですからね。
いつでも、準備ができたら、形勢をひっくり返しますよ。
碁をプロ級まで高めるのですから、政治に命をかけている
でしょう。
そんじゃそこらの若い政治家では太刀打ちできないでしょう。
そのプロ級の碁の腕で日本だけでなく、世界情勢を見極めます。


40. 2010年10月31日 13:54:07: rOTGYtTFnE
32様の言われる通り
野党も第五検察審査会の疑惑に言及すべきだと思いますが
一切無しです(笑)

自民党は小沢氏を陥れた張本人だし!
みんなの党も自民のなれの果て!
共産党なんて一切信用できないし!(爆笑)
検察審査会追及なんてするはずないか!

それにしても野党は情けない!
B層以外の国民が今一番興味があるのは検察審査会の疑惑解明であるが
小沢喚問だと思ってるのか(笑)

本当にバカである!
第五検察審査会の疑惑解明が菅政権を追い詰める早道だと気が付かないのか?
それとも知らぬふりか?

各野党に「なぜ第五検察審査会の疑惑解明に首を突っ込まないのですか?
    なにか不都合があるんですか?」
とメールしました(笑)
皆様も入れてやってください!


41. 2010年10月31日 15:05:40: iQ89vK8S0U
この国は民主国家ではありません。
この国は法治国家ではありません。
この国は報道治国家です。
この国は司法治国家です。

42. 2010年10月31日 15:33:00: aOXxaSXWZM
善悪とか公の約束事を司る法の番人が、堂々と嘘を通うそうとしている。
しかも・・・いや、いつも専門用語を羅列し国民を騙している。
反論したいのなら、一市民が問う疑問を積極的に対応してみろ。
どこから給料を貰ってるんだお前らは?
税金だろう!違うか!高い学歴を経たお前らは、国からの恩恵を多々受け、公務に就いているのではないのか?日本国に対して、育ててくれた納税者に対して、社会貢献的職種なのではないのか!自分の損得ばかりで行動するような公僕は、日本にとってなんの意味もない。土を使う職業について人間やり直せ。

43. 2010年10月31日 15:48:15: yLmOgYHJSw
会議録には、日にち、審査員名など事務的なことなどは書く義務があるそうですが、議事録を書く義務はないそうです。だから議事録がなくても違法ではないのです。いいかげんです。

44. 2010年10月31日 16:28:20: z9gKUWIBxk
検察審査会に議事録があるかどうか 会議録があるかどうか について、投稿がありましたよね。それって、簡単なことじゃないですか。

『検察審査会法』っていう法律の第28条第1項に、その定め、ありますよ。
書き写しましょうか?

第28条第1項『検察審査会議の議事については、会議録を作らなければならない。』

みなさん!
『会議録を作らなければならない。』って、会議録の作成、義務付けられていますよ。
会議録の作成がされていなければ、どうでしょう、検察審査会法違反になりはしませんでしょうか?
会議録の作成がされていなければ、検察審査会の事務局長さんや東京地方裁判所長さん、今流行の「監督責任」、生じて来ませんかね? どうです?
この辺のことにも関心持ってもらいたいなァ。


45. 2010年10月31日 16:57:15: z9gKUWIBxk
事のついでに、
検察審査会法の第26条には『検察審査会議は、これを公開しない。』って定めてありますから、検察審査会義の内容は公開されないでしょうし、同法第44条の定めで、検察審査員、補充員又は審査補助員に対して評議の秘密を漏らしたときは処罰すると定めていますから、検察審査員、補充員又は審査補助員が評議の内容等を漏らしてくれる可能性はないものと考えなきゃならないでしょう。
では、検察審査会は、秘密のベールに包まれたまま とてつもない権限を行使させておいてよいのか、という点について考えなければなりませんね。 また、責任者からは、これらの点について、真摯な説明を果たしてもらわなくっちゃなりませんよね。
そのためには、国民の大いなるムーブメントしかないでしょう・・・と思いますが、どんなもんでしょう?

46. 2010年10月31日 17:04:33: J0o6rialnc
>40. 2010年10月31日 13:54:07: rOTGYtTFnE さま

>野党も第五検察審査会の疑惑に言及すべきだと思いますが
>共産党なんて一切信用できないし!(爆笑)

あなた共産党なんて今や第三自民党じゃないですか、そりゃしませんわよ。

>第五検察審査会の疑惑解明が菅政権を追い詰める早道だと気が付かないのか?

気が付いていますとも。
でも・・・....,(-_-;)「民主党政権でも、自民党政権でも、そんなもんどっちでもええんだよ!そんな事にいちいち構っていないで〜、兎に角小沢を降ろせよ!第五検察審査会の疑惑解明だと!何やってんだ〜!って某国にしかられちゃうんですもの。
by   菅政権 全野党連合 検察 マスコミ
              官僚  コメンテーター え〜とそれからそれから、
              あ〜ぁ〜もう多すぎてもう無理〜!


47. 2010年10月31日 17:20:11: qnQGIiCeQE
暗黒秘密国家!一丁上がり!!!
ってないでしょう;;;
国会で審議しこの不正審議を明らかにし、国民の人権を守ってください。
心ある政治家の皆様お願いします。

48. 2010年10月31日 19:00:22: j8ZhGPC2tU
検察審査会の残忍な審査員11人がどこで、いつ、どんな議論で起訴相当などと言うリンチそのものの議決をしたのか?国民は知る権利がある。ブラツクボツクスの中でイカサマバクちのインチキのような事をやり、サデイストでパラノイアのような残忍な市民をどこからか借り集めて、邪悪で悪辣な誘導と洗脳と妄想邪推で新たな疑惑までデツチ上げ、小澤さんを追い落とそうとしいる謀略は徹底的に糾弾すべきです。村木厚子さんと同じく小澤さんは悪党たちに嵌められています。審査員11人は国民の前に住所、氏名を明らかにすべきです。どんなやり方と考え方で起訴相当などと言う人民裁判やマフイアのリンチ並の反人間的議決をしたか糾弾しチエツクされるべきです。11人の市民を煽動し悪用している悪党たちもイモズル式に引きずり出して下さい。

49. 2010年10月31日 19:04:13: yRAINHPyJE
構成員が実在しないのがわかりました。
すべては事務局のでっちあげですね。
とても恐ろしいと思います。

50. 2010年10月31日 20:16:21: Sx4BKLXNCo
「世論」が小沢排除を望み、鳩山、小沢を失脚させ、管内閣が発足し、日本はこの有様。

メディアや検察、官僚に迎合、保身に走った政治どもらの企みとは無関係に、小沢が多くの問題を我々に投げかける結果に。


51. 2010年10月31日 20:27:46: 8dKCLC0Lxo
でっちあげ、なのは間違いない。
これだけ疑われているのに説明責任はどこへいった。

52. 2010年10月31日 21:15:12: 43PT2w1y8E
有田さんが法務委員会で、第五審査会について説明しています。皆さん見て下さい。中頃で、自民党の若林謙太郎さんが、とても信じられない事を、言っています。みなさん苦情メールを送りませんか?小澤氏が行政訴訟を起こしていることに、クレームをつけています。


http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=573&mode=LIBRARY&un=e9d015c6c19680aa0f809f88c1126f39&ch=n&pars=0.9641969551631752


53. 2010年10月31日 21:55:55: NBICMeCSK2
■ネオコンJapanの構図

●小沢さんを「ネオコンの巣窟国会×偏向マスゴミ」の場にさらしてはならない。

           ネオコン

            ↓(年次改革要望書、日常的指令など)

【検察】(悪徳官僚) × 【清和会+凌雲会】 × 【電通+マスゴミ】

  ↓(捏造,冤罪)    ↓(リンチ国会)    ↓(偏向,たれ流し)

起訴裁判   →   国会(証人喚問,政倫審)→世論(捏造)

  ↓(長期化)     ↓(議員辞職,離党)   ↓(洗脳)

政治生命抹殺  →  独裁政権(恐怖政治&搾取)→国民(亡国,暗黒)


こんな構図で進められている。
小沢さんを抹殺することが全ての要になっているのである。
従って、どんな手を使ってでも小沢さんを殺しに来る。

●今、小沢さんを守れるのは我々だけだ!

民主党議員たちが動く兆しは感じられるものの確たる動きにならない。

もう待てない。急がなければならない。

私たちが立ち上がるしかない。

●小沢さんを「ネオコンの巣窟リンチ国会」に出すな!

まずは小沢さんに『証人喚問にも政倫審にもどんなことがあっても断固出席を拒否し続けてください』と伝えよう。

そして急遽準備を進めて前回より大きなデモを実行しよう。

まったなしの状況です!

★『10.24銀座デモ』『10.26検審糾弾』に続き『11.5提灯デモ』を大成功させよう!


54. 2010年10月31日 22:17:18: WK1YB2NM9Y
『第五検察審査会の2回目の構成員』の方々、これだけ騒がれているのに何も反論出来ないのは息苦しくないですか・・・。

多分そのうちストレス症候群にかかり精神的な病院に入院するかも・・・。

思い切り反論しょうよ。(病気にかかる事を一言、「実在したの。ひょうっとして幽霊!」)


55. 2010年10月31日 23:19:42: zXcPXvbhEQ
創価とか統一が糸を引いている証拠を見たい。邪教に乗っ取られた日本。

56. 2010年10月31日 23:45:56: J0o6rialnc
>37. 2010年10月31日 12:21:24: arIjuafsG6 さん

>一連の報道で健康を精神的にも害した国民は多いはずだ。

本当に!
検察審査会事務局が「国民が被害者だ」などと言ういいかげんな申し立てを受理したから、もし今までのマスコミの偏向報道で国民が具合が悪くなったのだからこれこそ「国民が被害者だ」なんて申し立ても受理されるのかな〜?
そんな事言ったらきりが無いと思うけど。
だから検察審査会事務局が「国民が被害者だ」で「甲」の申し立てを受理したって事がそもそもおかしいのさ。
検察審査会事務局がこんなものを受理したのはどこかか、或いはだれかに命令されたに違いないのよ。
検察審査会事務局が勝手に拡大解釈してデタラメ受理をしなければ、今回のインチキ検察審査会は無かったのだよ。
何も言えないならあなた方が、その全ての責任を取りなさいよ!
それこそ国民皆で訴えちゃうよ。


57. 2010年11月01日 02:29:45: RGdkFq6TTE

有田議員の、以下の追及に、役人側はたじたじ、何も答えていませんね。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=573&mode=LIBRARY&un=e9d015c6c19680aa0f809f88c1126f39&ch=n&pars=0.9641969551631752

これは、明らかな「検察ファッショ」です!

これほど重大な質疑応答を、マスゴミは、報道したでしょうか?
(するわけがない)
法務大臣も、副法務大臣(特にコイツが)も、知らん振りです。

第五検察審査会の審議について、誰も、何も知らないし、
責任を持って回答できる人間が、一人も存在しないとは、
一体どういうことでしょう?

日本人は、どこまで、能天気で、無知で、アホウなのでしょう?

これでは、郵貯のカネ300兆円を奪われ、
この国がとことん落ちぶれて、コジキ国家になっても、
日本人は、能天気にバカをやっているしかないでしょうね。

マッカーサーいわく、「日本人は12歳だ!」
キッシンジャーいわく、「日本人には、戦略的思考が無い」

要するに、眠っているうちに犯されて、朝起きて、
「夢だったんだわ」などとつぶやいている、バカ女と一緒だ。
気づいた時には、裸体のまま、冬枯れの原野に放り出されている。

この法務官僚や法務副大臣らは、誰の手下なのか?
少なくとも、日本国民への公僕でないことは確かで、
国民の味方でないことも、明白だ。

どこの惑星から遣わされた異邦人なのだろうか?



58. 2010年11月01日 09:18:30: Ld93CIwbeE
08さんへ

君は、青二才? 
それとも、全てが他人任せのご老人?

君のような輩を、一般常識のある知的国民は「平和ボケ患者」というのです。

私は、たまたま、この掲示板を見たのだけれど、この「阿修羅」は、悪を放置していることに国家的な危機感を共有した人たちが集まっているようですよ。

君のように、悪を悪として正しく認識する能力のない人は、他でご活躍されてはいかがですか?


59. 2010年11月01日 09:36:16: arv630H1Cs
検察捏造問題どころじゃない(4/7) 司法による冤罪被害者
http://www.youtube.com/watch?v=9H8_f9XMB8w

戸籍まで改ざん・・・・


60. 2010年11月01日 11:13:19: KLT08CD8lU
>検察は、正体不明の市民団体等を焚きつけ、

 市民団体ではなく、元産経新聞記者の個人だったことが判明している。


61. 2010年11月01日 12:08:22: lRYfivAqeo
自滅党,他の屑野党共、小沢さん証人喚問に出なければ、審議拒否するだと?

ばーーーかぁ!!!。。。ずーーーっと寝ていろ!!恥ずかしくないの???

人気の無い麻生が、民主に政権を取られたくなくて、指揮権発動したこれが、

事実です。検察の連中は、裏金の件で小泉に助けられてから、政権与党=自民党の

命令に言いなりになる。自民と官僚共が税金を食いつぶす下地ができあがる。

お互いに自分たちに邪魔だと思った人の、将来を粛清、微罪で刑務所に放り込み

当分出てこられないょうに刑罰を加算する。。。。。あくどい奴らだ!!!(怒)

小沢さんを守るには三井環さんがまず現検事総長と、証人喚問に早く呼びなさい、

と言われている。今まで点と点だったものが、村木さんの件から少しずつ空気、

が、代わりつつ有るとのこと。検察は内心びくびくしている筈、いまが

チャンス!!!。。。民主可視化議連の人達も三井さんと相談しながら、

証人喚問実現に向けて動き出す。。。。うれしいね!!

これから、証人喚問に向けて与野党協議する筈ですもしこれで、反対する輩、

弱気な輩は、全て悪党どもと同じ立場になる!!!

管はどうでるか?。。。執行部は?。。。自滅党は?。。。他屑野党は?

踏み絵になりますよ。これは!!!

見張っていましょう。どうなるか。



62. 2010年11月01日 15:37:37: GusVRqA4GV
地裁も高裁も架空の議決と知っていたから逃げた。
下駄を預けられた最高裁はどう判断を下すか? 興味深々。

63. 2010年11月01日 16:25:19: EjqZNsZ1bg
議事録に各委員の署名捺印なくして、どのように結果が公的に認知されるのでしょう? 起訴相当 という結論がでた証拠がぐたいてきにないということでしょう?
つまり、言ったいわないレベルの話になってしまうということです。

第五検察審査会は結論を出していないということです。出したというなら議事録と署名捺印で確認したいと申し入れるべきでしょう。法的根拠を持つ書面なしに、人を強制起訴に持ち込めるのでしょうかね。最高裁の判断が待たれるところです。


64. 2010年11月01日 17:00:18: 4AzRW9EwMs
年齢計算した方はどなた? 法務委員会にご出席を願って、計算方法や、審査員の出身と男女の区別、抽選方法をお聞きしましょう。高圧的にではなく、やさしくね。

65. 2010年11月01日 22:39:01: z9gKUWIBxk
国会議員にお願いしたい。
『検察審査会』を監督している機関につき、質問していただき、何処の役所が『検察審査会』の監督責任を負っているのか明確にしていただきたい。
これが明確になったところで、『東京第五検察審査会』が引き起こしているさまざまな問題について、一つ一つ、答弁を求め、国民に、一つ一つ、明らかにしていただきたい。その上で、責任を追及できるものについては徹底的に責任を追及していただきたい。でないと、一般の人間も、枕を高くして眠る、ということができない。 是非、やっていただきたい。

66. 2010年11月01日 23:04:59: 2tB1NFRjwY
会議録を見るために、指揮権は発動できないのか?

本来審査対象ではない、四億円の出処にまで言及しているが、
何故そうなったのか?
それについては確認のため、会議録を確認しないといけないだろう。

また、くじ引きをする「母集団」は事務局が選定するが、
ここにバイアスが加わっている可能性がある。

平均年齢に関するやりとりは、
統計学的にも、事務手続き的にも、あまりにも不自然すぎるから、
「母集団」の選定に、事務局がバイアスをかけた可能性は、
十分疑われるだけの根拠がある。

事務局が「母集団」の選定を操作できるなら、
何者かによる脅迫や買収によって、
議決に、何らかの政治的意図を反映させることは、不可能ではない。

審査員候補を面接して選ぶとき、どのような基準でそうしたのか
これは公開すべきだし、
そうすることで脅迫などから事務局を守ることにもつながる。
出来る限り詳細な記録を残すべき。

それが出来ないなら、これは官僚による、
市民の名をかたった、オストラシズムもどきと言われても仕方がない。
実際のオストラシズムは、こんなに陰湿かつ独善的なものではなかったが。


67. 2010年11月02日 00:51:48: J0o6rialnc
>45. 2010年10月31日 16:57:15: z9gKUWIBxk さま

>検察審査会法の第26条には『検察審査会議は、これを公開しない。』
>って定めてあります

>同法第44条の定めで、検察審査員、補充員又は審査補助員に対して
>評議の秘密を漏らしたときは処罰すると定めています

>では、検察審査会は、秘密のベールに包まれたまま とてつもない権限を行使
>させておいてよいのか、

これの草案を作った人こそ悪魔の法、立案者という事ですね。
どう転んでも絶対に誰にも知られず悪さを限り無く出来るようにくさびをうっておいたんですね。
難という悪賢さ。
それにしても今回検察審査会事務局が【甲」とか言う人の「国民が被害者だ」とするいかがわしい申立書をいとも簡単に受理した事を先ず暴き出し、それからこの怪しい検察審査会法第26条、同法第44条を人知れず定め於き、誰にも絶対手が出せないように、画策した人物こそこの一連の騒動の最大の大物かもしれません。
先ずこの時の総理が怪しいと思いますが、先ずそこから調べるべきですね。


68. 2010年11月02日 08:55:44: eJNvFNWKlg
この記事で、人の命が救われるかも・・・

69. 2010年11月02日 15:35:31: vLgR5DnJdk

>検察審査会法の第26条には『検察審査会議は、これを公開しない。』

会議中をオープンにしないと言う意味にもとれる。会議が終了したなら、会議録、議事録、審査員からの聞き取りは可能ともとれる。



70. 2010年11月02日 15:43:59: vLgR5DnJdk

第五検察審査会が起訴相当の議決を出したが、これは本物の議決かどうか、決済文書はあるのかどうか、誰が最終的に文書を決済したか、当該文書の保存期間は何年か、即廃棄でも罰せられないのか

国会議員よ質問してくれよ!


71. 2010年11月02日 19:26:27: J0o6rialnc
>ますます怪しいと感じます。事務局の何名かが急病で亡くなられるとか、
>事故でなくなられるとか、自殺されるとか・・・いやなことが起きそうな
>予感がします

それどころじゃないよ!
検察審査会事務局の何人かなんか急病で亡くなられたって、事故で亡くなられたって、自殺さOOOたって、そんなことどうだって良いけど。

【転載はじめ】
<三宅雪子議員>4階から転落し重傷 都内マンション自宅
毎日新聞 11月2日(火)12時48分配信

2日午前2時ごろ、民主党の三宅雪子衆院議員(45)が東京都港区白金のマンション4階の自宅ベランダから地面に転落した。三宅議員は病院に搬送され、腰の骨を折る全治約1カ月の重傷で入院した。意識ははっきりしているという。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

民主・三宅議員、自宅4階から転落重傷
時事通信 11月2日(火)13時11分配信

民主党の三宅雪子衆院議員(比例北関東)が都内の自宅マンション4階から転落し、入院したことが2日分かった。事務所によると、同日未明に自宅ベランダから落下。命に別条はないという

【転載おわり】

4階のベランダからの転落だよ!
未明にだよ!
助かったって言うけど、これ奇跡じゃないの?
何があったの?


72. 2010年11月02日 23:34:51: z9gKUWIBxk
東京第五検察審査会の議決ですが、あの議決の文章、一体全体、誰が書いたんですかね? 何方か ご存知ですか?

東京第五検察審査会の議決の文章の構成、記してみましょう。

『第1 被疑事実の要旨』、『第2 検察官の再度の不起訴処分』、『第3 検察審査会の判断 1 再捜査について 2 石川被告供述の信用性 3 池田被告供述の信用性 4 小沢氏供述の信用性 5 状況証拠 6 まとめ 』という構成になっています。

東京第五検察審査会の議決の文章、法律用語も的確に使い、よくまとまった文章になってますよね。

法律用語も的確に使い、よくまとまっている東京第五検察審査会の議決文、一般のお人に書ける議決文でしょうかしら? そこんとこ疑問じゃ御座いませんこと?
臭い!! 臭う!! 誰かが書いてますわね!!

法律用語も的確に使い、よくまとまっている東京第五検察審査会の議決文、誰が書いたんでしょうか?

東京第五検察審査会の事務局長さんが執筆なさったんかしら? それとも、審査補助員であった吉田弁護士が書かれたんでしょうか?

某テレビの番組に出演なさってた方が言ってたのを引用させていただくと、審査補助員が議決文を書くんだそうです。

それって、本当ですか? 本当なら、審査補助員であった吉田弁護士が書いた、ということになりますよね。

一般の人びとは、こういっちゃ申し訳ないが、法律用語を的確に使い、よくまとまった議決文を書くなんて期待できない。 だから、審査補助員であった吉田弁護士がこれを書く、というのは、流れとして想像できますね。

そしたら、仮に、審査補助員であった吉田弁護士が書いたとしませんか。
審査補助員であった吉田弁護士が書き上げた議決の文章、東京第五検察審査会を構成した審査員は検討したんですかね?

検討したというのでしたら、検討したのは何時のことなんでしょうかね? また、検討して、修正すべき事項とか、問題となったところはなかったんですかね?

何も出なかったとすりゃ、吉田弁護士が書き上げた議決の文章、そりゃ非の打ち所のない素晴らしい文章だった、ということですよね。

そりゃ、東京第五検察審査会の事務局長さん(事務局長さんの上司は東京地裁の所長さんじゃないです?)なんぞは、お慶びになられたんじゃないですか、って思いますけど、どんなもんでしょう。



73. 2010年11月03日 00:34:48: z9gKUWIBxk
≫56. 2010年10月31日 23:45:56: J0o6rialnc さん
『・・・検察審査会事務局が「国民が被害者だ」で「甲」の申し立てを受理したって事がそもそもおかしいのさ。』っていう主張は、受け入れられないね。

だってそうでしょう、告訴を受理してくれなければ、告訴をする側は 困っちゃうじゃないですか。
だから、告訴は受理されなければならない、というのが正当な主張ですよ。
だから、『検察審査会事務局がこんなものを受理したのはどこかか、或いはだれかに命令されたに違いないのよ。』なんて詮索するのは無駄な議論と思います。

あなたの主張は、『検察審査会事務局が・・・受理をしなければ、今回のインチキ検察審査会は無かったのだよ。』ということでしょう。 あなたの主張は、検察審査会のあり方について、『インチキ検察審査』だ!というご指摘なんでしょう。
だったら、『インチキ検察審査』をあばかなきゃ なんねぇーよ。

そして『・・・あなた方が、その全ての責任を取りなさいよ!』って、言わなきゃ。
『それこそ国民皆で訴えちゃうよ。』って、言わなきゃ、なんめーよ!!


74. 2010年11月03日 01:00:46: z9gKUWIBxk
67. 2010年11月02日 00:51:48: J0o6rialnc さま

あなたがおっしゃりたいことは、現行の『検察審査会法』の定めが問題だ!!ということだと思いますし、この条文を使った時の総理を疑い調べるべきだ、というご主張だと拝察致しました。 小生、あなたの主張の前半については共感できますが、後半部分については、根拠があるのかないのか分かりませんので、直ぐには賛同できない、というのが現在の心境です。

この種の主張を見ていて感じることに、小沢さんに対して感情的な主張をしている方と、『検察審査会法』や『検察審査会制度』について書き込みをしている方の2種類あるということです。 論者はいずれの立場で論じているのかを意識して書き込んだ方が、書き込みを見るものから言えば、分かりやすい、と言えます。

書き込まれる諸氏は、これらについてもご配慮いただけるとありがたいです。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧