★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98 > 486.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢秘書を抱き込んだ 性事家青木愛の「寸止めテク」(1) 「四十、シゴロ」と大評判 週間実話 
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/486.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 10 月 31 日 22:00:01: igsppGRN/E9PQ
 

 「よっぽど男日照りだったか、アッチの相性がいいんだろう。でなきゃ、永田町で“小沢の側室”とまで噂されたあの青木が、秘書歴20数年の小沢さんの重鎮秘書を“寝取る”はずがない。ここまで公然と愛人を抱き込んだのは、『四十、シゴロ』とも言われる青木の性が原因と評判なのです」
 小沢一郎元幹事長に近い民主党議員がこう息巻くのは、ご存知、青木愛衆院議員(44)が引き起こした「ドロ沼不倫騒動」だ。

 もともと、この騒動は9月に行われた民主党代表選直前に、青木氏の「お泊りデート」が報じられたことが発端。選挙運動にかこつけた茨城県水戸市での密会−−そのお相手が小沢氏のベテラン政策秘書で、妻子ある小原貞裕氏(48)だったことから、「親分を裏切る一大不倫騒動」として脚光を浴びることとなったのだ。
 ところが、ここにきてさらに思わぬ事態が持ち上がっている。渦中の小原氏が小沢事務所を辞任。突如、青木氏の政策秘書に電撃移籍したのである。
 「しかも、青木は愛人を雇い入れたこともへっちゃら。10月9日には選挙地盤である東京・北区の事務所に後援者らを招き、堂々とお披露目会を行った。この盲目ぶりに、永田町記者らも唖然としているのです」

 全国紙の政治部記者はこう語るが、寵愛する小沢氏を裏切り、その政策秘書を夢中にさせた青木氏の魔性ぶりは、そもそも生い立ちからして有名だったようだ。
 青木氏は、千葉県・南房総市育ち。『X JAPAN』のTOSHIとの高校時代の交際歴や、テレ朝系のお色気番組『トゥナイト2』のレポーターをしていたことはよく知られているが、当時から異常なモテぶりを示していたのである。
 「千葉大教育学部を卒業後に芸能活動を始め、『愛は蜃気楼の中』など、CD6枚を発売するほどの人気者となった。当時は身体も華奢だったが、清楚なフェロモンがムンムン。推定84センチのオッパイと浮き出た鎖骨が色っぽく、口説いたスタッフも1人や2人じゃなかった」(民放関係者)
 この関係者によれば、その頃から青木氏は年上男性によくモテたという。しかも、ハッとするほどの笑顔で男の誘いをはぐらかすことから、「焦らしのテクも抜群」と見られていたのだ。
http://wjn.jp/article/detail/2159901/


小沢秘書を抱き込んだ 性事家青木愛の「寸止めテク」(2)

小原氏恋しで秘書をクビ

 もちろん、この魔性ぶりは政治家を志してからも健在だった。芸能活動引退後、青木氏は千葉大学の大学院などを経て、実家の保育園に勤務したが、36歳の時に「小沢一郎政治塾」に入塾を決意。この際にも魔性の逸話を残しているのだ。前出の民主党議員が言う。
「『小沢塾』は35歳までの年齢制限があるため入塾できなかったが、豊満な肉体と愛くるしい瞳が目を引き、小沢さんの勧めで『自由党』に入党したのです。その後、同党は民主党と合併。青木は、'03年の衆院選に千葉12区から出馬し、当選を果たしたのですよ」

 ただし、政界で「オヤジ殺し」と評判になり始めたのは、'05年の郵政選挙で落選してから。失業した青木氏を小沢氏が秘書として雇い入れ、『小沢塾』への入塾希望者をさばく面接官に抜擢したのである。当時を知る政界関係者はこう話す。
「垂れ目がちの瞳と、笑顔を絶やさない口元。偉ぶったところもないことから、面接官としても評判が良かった。ただ、小沢氏は何でも『ハイ、ハイ』と絶対的に自分を崇める青木さんにゾッコンで、可愛くて仕方ない様子でした」

 もっとも、青木氏が不倫騒動のお相手である小原氏と面識を持ったのも、ちょうどこの頃。当時から小原氏は「小沢秘書軍団」の参謀格で、「青木氏には雲上人だった」(同)が、その関係を激変させたのが昨夏の衆院選だったのである。
「政権交代を果たしたこの選挙で、青木は東京・12区の太田昭宏公明党代表の刺客として出馬。その選挙戦の陣頭指揮を執ったのが小原だったのです。相手が公明党の党首だったために、選挙戦はまさに死闘。そのため青木は小原の指示通り、毎日30回の辻立ちをして当選を果たした。この後から不倫愛に陥ったと見られているのです」(全国紙政治部デスク)

 2人が具体的にいつから親密な関係に陥ったのかは不明だが、実は過去にはこんな目撃情報がある。
「今年開かれた小沢派のある懇親会で、青木がワインを飲みながら上気した目で小原を盗み見していたことがあった。小原は青木に目もくれなかったが、今思えばそれがサインだったと推測できる。明らかに『オヤジ殺し』『焦らしの女王』と呼ばれた青木の方が、ベタ惚れの目付きだったのです」(別の民主党関係者)

 ただし、そのモラルを欠きまくった熱愛は永田町ではご法度。言うまでもなく今回の「不倫騒動」には、党内外から大バッシングが上がっているのである。
 中でも特筆すべきは、小原氏の電撃移籍時に青木氏が見せた冷徹ぶりだ。

 前出の民主党議員がこう語る。
 「実は、小原を雇い入れるにあたり、青木事務所では解雇騒動が勃発しているのです。青木は元からいる政策秘書を第一秘書にスライドさせようと画策したが、話がこじれて結局クビにした。その身も蓋もない小原恋しのゴリ押しぶりに、批判が続出しているのです」

 ただし、不可解なのはこの際の小沢氏の動きなのだ。
 実は青木事務所を辞めた政策秘書は、なんとその後すぐに小沢事務所に再就職。小原氏と入れ替わる形で「秘書軍団」入りしているのである。そのため党内では、小沢氏が「青木から人質を取った」とももっぱらなのである。
 「当初から『小沢秘書軍団』は不倫騒動にカンカンだったが、それを振り切って小原が青木事務所に移籍できたのは、小沢の『政治とカネ』を知り尽くしていたからだと言われていた。つまり、弱味があるから自由にさせたと伝えられていたのです。ただ、小沢氏としてみれば、それをやりたい放題にさせておくわけにはいかない。このため、不倫関係をよく知る青木の元秘書を手元に置いたと見られているのです」(前出・政治部デスク)

 今回の「不倫騒動」では“熱愛ぶり”が報じられる2人の去就も気になる。
 「青木は小沢派の怒りを買ったことから、次期総選挙で落選が確実視されている。一方、小原は小沢の元秘書。しかも敵対関係にあるとのオマケまで付き、永田町での再就職は絶望的。そのため、『果たして、不倫の果てに2人はどうやって生きて行くのか?』と評判になっているのです」(前出・政界関係者)

 青木氏の発売したCDではないが、まさにその「愛(の行方)は蜃気楼の中」なのである。
http://wjn.jp/article/detail/6925543/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月31日 22:40:20: MrrLjK3ILU
相手にするな。阿修羅が穢れる。

02. 2010年10月31日 22:43:34: 43f6NsE2dY
ハイハイ、解りました。それにしても小沢さんはロマンスでも
大活躍なんですね。凡人ではありえないこと。仏大統領もびっくり
でしょう。

03. 2010年10月31日 22:53:27: PQQBjfu2SY
週刊実話か。
赤かぶ氏は、手広く何でも読むんだねえ。

04. 2010年10月31日 23:04:59: 2x41b1WttY
赤かぶってのはgataroとなんか頭の構造がよく似ているなぁ

悪いこと言わないから病院で診てもらった方がいいよ。gataroも一緒に。


05. 2010年10月31日 23:24:12: Qmr742hN4I
赤カブさん、あんたは凄いよ〜意味解りますか?あっはっはっは

06. 2010年11月01日 00:51:51: 2us8B86sKA
赤かぶさん、あんた恥ずかしくないかい?

07. 2010年11月01日 01:00:51: TBWUqEWCzw
http://wjn.jp/
というサイトがある、ということを知ったのが収穫です。

08. 2010年11月01日 02:24:43: SHXxXBJZgo

他人の男女関係を憶測と卑しい想像力で卑屈に描写する。
およそ豊かさの感じられない教養レベルの記事です。阿修羅のみなさんは無視して通り過ぎましょう。

この記事の筆者が他人の男女関係をかくも低次元に、あることないことを書けるものなら、まず書いている本人こそが天地神妙に誓って自分が不倫や道を踏み外す淫らな男女関係をもっていないことを表明してから記事にするべきでしょう。

聖書に『姦通した女』が登場します。
姦通の現場を見つけられて、どういう訳か男はその非を問われず、姦通をした女にだけ非難が集中するのです。イエスは『あなたたちの中で罪を犯したことのないものが、まず、この女に石を投げなさい』と言われました。

誰もいないでしょう、そのような潔白な人間など。特に性愛の問題では。
自分を棚にあげて他人の非ばかりを攻撃する資格をもっている人間など存在するはずがありません。

自民党や公明党の連中もよくぞ小沢一郎の「政治と金」の問題を追及できる資格があるものだと思います。その鉄面皮ぶりは一生係りたくない人間の典型です。

日本人が相も変わらず「下半身」と「金」の問題に拘泥している限り世界のなかで三流国にとどまるのは必然の行く末です。希望の光はどこにあるのでしょう。


[削除理由]:2重投稿
09. 2010年11月01日 02:28:55: SHXxXBJZgo

他人の男女関係を憶測と卑しい想像力で卑屈に描写する。
およそ豊かさの感じられない教養レベルの記事です。阿修羅のみなさんは無視して通り過ぎましょう。

この記事の筆者が他人の男女関係をかくも低次元に、あることないことを書けるものなら、まず書いている本人こそが天地神妙に誓って自分が不倫や道を踏み外すような男女関係をもっていないことを表明してから記事にするべきでしょう。

聖書に『姦通した女』が登場します。
姦通の現場を見つけられて、どういう訳か男はその非を問われず、姦通をした女にだけに非難が集中するのです。イエスは『あなたたちの中で罪を犯したことのないものが、まず、この女に石を投げなさい』と言われました。

誰もいないでしょう、そのような潔白な人間など。特に性愛の問題では。
自分を棚にあげて他人の非ばかりを攻撃する資格をもっている人間など存在するはずがありません。

自民党や公明党の連中もよくぞ小沢一郎の「政治と金」の問題を追及できる資格があるものだと思います。その鉄面皮ぶりは一生係りたくない人間の典型です。

日本人が相も変わらず「下半身」と「金」の問題に拘泥している限り世界のなかで三流国にとどまるのは必然の行く末です。この国に希望の光は見えてきませんね。


10. 2010年11月01日 02:35:02: SHXxXBJZgo
管理人様
二重投稿をしてしまいました。08を削除してください。おねがいします。

[削除理由]:2重投稿
11. 2010年11月01日 05:23:25: B143hgXZJU
赤カブよ、
どうやらやぶれかぶれのようだな。

12. 2010年11月01日 06:45:16: KnAJ48bhn6
知力とか、政治力とか、金の力とか、政治家として
いろんな要素があるだろうけど、他にぬきんでて
性の力に秀でてたなら、せっかく持ってるなら、
性事家、やはり活かさねばならないのではないか。

13. 2010年11月01日 08:50:37: KLT08CD8lU
 何でもありだな赤カブさんよ。このような『下ネタ』まで利用して小沢氏の評判を落とそうとする、自分の心の卑しさを感じないだろうな、あんたでは。
 本音は、赤カブさんも青木愛衆院議員に近づいて、おこぼれに預かりたいのが見え見えだよ!

14. 2010年11月01日 09:53:25: pSPE4Le4zM
>それを振り切って小原が青木事務所に移籍できたのは、小沢の『政治とカネ』を知り尽くしていたからだと言われていた。つまり、弱味があるから自由にさせたと伝えられていたのです。


なるほど、そういうカラクリなわけね。
小沢も青木もドロドロだな。

続報を頼む。



15. 2010年11月01日 10:48:11: WyKdAaYzLA
「四十、シゴロ」と大評判 週間実話 

現場を見たんかい? くだらない。


16. 2010年11月01日 10:49:11: WyKdAaYzLA
「四十、シゴロ」と大評判 週間実話 

現場見たんかい?


17. 2010年11月01日 13:33:45: TBWUqEWCzw
ダブル投稿が多いな。この投稿、何か人を慌てさせる魔力があるのか。

18. 2010年11月01日 13:42:57: uH1PUXLFCg
例の焼肉デートスキャンダル週刊誌一応チェックした。
女の青木がワインを飲むかたわらで、年上の妻子持ち秘書がせっせと肉を焼き続ける写真入記事。
秘書の仕事にしか見えなかったがなあ。
年下の愛人のために、妻子持ちがせっせと肉を焼くかよ。
どMかよ〜。
不倫デートは面白おかしいホラ話。小沢が怒ったのはパチンコ屋でサボってたこと。


19. 2010年11月01日 14:01:02: JNNTzonFzk
おい、赤下部。
お前、青木愛の何知ってるんだ。
俺の女房の実家は、愛の出身地の近くで、然も同族が経営する幼稚園も通過する位置だ。
更に年子の姉は、愛と学校が同じ。
エロ週刊誌が、そんな下らない三文捏造記事書くなら、真実を俺が晒してやろうか。
見た者の前では、嘘は通用しねー。
然も、愛は俺の好みでないし、ポスターも結構修正してるから、好きになれない。
だが、地元では絶対的信頼が有るし、小澤氏のポスターも併用されている。
何が効きたいか、コメントして見ろ。
事実を教えてやる。
 横須賀たより

20. 2010年11月01日 14:29:20: yMx7eAEsns
おい!赤株ーー!

顔出せや てめー 素知らぬ顔して 根拠も証拠もないスキャンダル 垂れ流すな!

垂れ流すのはてめーの糞尿だけで十分だ! ゴロツキ! タタッ斬って捨てるぞ!

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
21. 2010年11月01日 15:25:42: Gux4C34bDw
秘書の「異動」は小沢氏の指示によるもの。
書き込むのもバカバカしい。
実話あたりは小銭で何でもする。

22. 2010年11月01日 23:55:11: TBWUqEWCzw

しかしそのHな番組出演も「好き」でやっていたんですね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧