★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98 > 550.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察庁の中の 検察審査会 に 面会を求めた人々の記録を載せます。 投稿者:副島隆彦
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/550.html
投稿者 とよちゃん 日時 2010 年 11 月 02 日 07:43:37: wrsn9s/h1huWU
 

副島隆彦です。 小沢一郎を 強制起訴(きょうせいきそ)することを決定した、と、メディアが一斉に報道し、日本政治(当然、国会が中心)も、そのことをまるで当然のこととして 動いている。 

菅直人首相の民主党執行部も、自民党も、小沢一郎と彼を強く支持する 私たち国民勢力のことを、全く無視して、自分たちが、日本国の政治の中心であり、アメリカと連携しながら、上手に国家の運営をやっている、と虚勢を張っている。この化けの皮は、必ず剥(は)がれる。 

「小沢一郎を強制起訴した」とされる、検察審査会 なる 組織の 奇妙さは、
この法律が、アメリカの主導で、2009年に そそくさと、法律改正が行われ、「裁判員制度の導入」という、これもまた、裏のある怖ろしい、裁判制度の改悪と軌を一にして、実行された。そのうち載せるが、当時の 法務大臣だった 保岡興治(やすおかおきはる)自民党衆議院議員でさえ、「おかしな法改正であった」と、最近、発言している。

 以下に載せるのは、 この検察審査会なる 奇妙な国家機関が、検察庁が、この2月に決定した 小沢一郎への不起訴 と、さらに 再度、不起訴にしたのに、
無理やり、おかしな行動に出て、正体不明の人間たち の異議申し立てで、杜撰(ずさん)を通り越す、異常な事務手続きを経て、「強制基礎」なる決定を行った。 これには、最高裁判所と法務省が内部で決断を下(くだ)し、人事面からも動いていることが分かってきた。 

おそるべき 制度腐敗を起こしている 法務・司法官僚たちの中の、アメリカ帰りで、完全にアメリカに脳を侵されている者たちの、超エリートたちの うごめきが
見られる。 彼ら 売国奴たちの人生の 姿が、じょじょに焙(あぶり)だされ、全体像が見えてきて、彼らの人間としてのあさましい本性(ほんしょう)が暴かれ、その末路がだんだん見えてきた。 彼ら 対米従属官僚として育てられた者たちの大きな連携の様子 と構造 までが、露(あら)わになりつつある。

 このアメリカに巡礼(ピルグリメッジ)して飼育されてきた 1.各省のトップ官僚たちと連合する、 2.経団連(けいだんれん という大企業のトップ連合)の中の同じくアメリカに飼育されて育てられた大企業サラリーマン幹部たち(「財界人」、「実業家」などと呼べるような連中ではない。官僚の片割れの民僚=みんりょう=である)と、さらに、前述した二種類と 同じくアメリカの手先の片割れである、 3.大新聞・大テレビ局連合(NHKを入れて11社)と さらに、4.自民党と菅直人派民主党 が野合して、小沢一郎は犯罪容疑者だ、という、恐るべき真実捏造(ねつぞう)の、虚偽報道と虚偽政治をやっている。 

 この者たちは、すこしは恥を知る、ということを知ったら(自覚したら)どうか。 自分たちが満天下で公然と行っている、その謀略政治 が、このまま 国民政治として、ずっと続けられると思っているのか。いくら次の米大統領になると、同じくイカサマ政治で決まっている ヒラリー・クリントンとの連携が出来ているから、大丈夫だ、と自分たちでは思い込んでいても、それでも、世界政治の大きな流れの中で、彼らは、天罰を受ける。もう大きな真実は露見している。覆(おお)い隠(かく)すことはできない。 

 以下に載せるのは、この 法務省=最高裁判所=検察庁の中の東大法学部を出た、アメリカの手先どもが操(あやつ)る 制度である 検察審査会 という インチキ国家組織に、正面から 面会を求めて 乗り込んでいった 伊東章(いとうあきら)氏ら、国民有志の人々自身による 正確な記録である。 この内容から、私たちが学ぶ、知る、ことはたくさんある。今は、これだけを以下に載せます。

副島隆彦拝

(転載貼り付け始め)

阿修羅(あしゅら)掲示板 の 中から

 2010年10月25日(月) 午前10時、検察審査会の決定に疑問を持つ20名は 「東京検察審査会」の長瀬(ながせ) 事務局長と手嶋(てしま)総務課長と面会する。主なやり取りを以下に引用する。

 「1.伊東(いとう)代表が新たな質問書(添付資料参照)を提出。11月15日までに前回のように電話ではなく文書による回答するよう何度も念を押して要請。

手嶋総務課長の回答:それはわかりません

2.今回フリージャーナリスト林克明氏が取材のために参加されましたが、取材写真を取ろうとしたところ事務局側は強行に拒否。
「写真撮影禁止」を繰り返すのみで写真撮影禁止の根拠は一切明かさず。

3.我々の質問:東京第一審査会事務局長と東京第五審査会事務局長にお会いしたいが会えるか?

東京第一審査会事務局長の長瀬氏が名乗り出たが名刺はくれず。東京第五審査会事務局長は伝田(でんだ)という人だが「席を外している」ために今回も面会できず。

4.我々の質問:長瀬さんは一番奥の席に座っている。東京第一審査会事務局長とともに東京検察審査会全体を統括している事務局長ではないのですか?

長瀬事務局長しぶしぶ認める。「全体の事務局長ですが第五検察審査会に命令する立場ではない」と我々が聞いていない事をなぜか強調した。

5.我々の質問:長瀬さんと手嶋さんは検察からの出向ですか?

長瀬事務局長の答え:自分も手嶋健総務課長も裁判所出身で検察からの出向ではない

7.我々の質問:検察審査会事務局の職員は検察からの出向ですか?

長瀬事務局長の答え:検察審査会の職員は全員裁判所の職員で検察からの出向者ではない

8.我々の質問:ここの大部屋には3つの机をT字に並べたグループがいくつか配置されていますがこれは第1から第六までの検察審査会だと思われま す。第五検察審会事務局の場所はどこですか?

長瀬事務局長の答え:お答えできません

9.我々の質問:小沢氏起訴相当の第二回目議決をした11人の審査員の平均年齢が最初30.9歳、二回目33.91歳、三回目34.55歳と三回 も訂正されました。計算間違いをした事務局員はだれですか?

長瀬事務務局長の答え:お答えできません

10.我々の質問:20歳以上の日本人の平均年齢は54歳位です。平均年齢34.55歳のグループが出る確率は0.012くらいで現実には不可能 です。検察審査会はわざと若い人を選んだんではないのですか?

長瀬事務局長の答え:お答えできません

11.我々の質問:審査補助員の吉田弁護士が選任されたのが9月7日と言われていますが、正確な日にちはいつだったのですか?

手嶋総務課長の答え:個別審査の案件ですのでお答え出来ません。

12.我々の質問:小沢氏起訴相当の第二回目議決は9月14日になされたと言われていますが本当ですか?

手嶋総務課長の答え:そうです

13.我々の質問:小沢氏起訴相当の第二回目議決が9月14日になされたが公表されたのが10月4日です。なぜ20日間も議決が伏せられていたのですか?

長瀬事務局長の答え:お答えできません

このような長瀬事務局長と手嶋総務課長の「国民を完全にバカにした対応」に参加者全員怒り心頭でした。」 (記事から)


このやり取りに怒りの収まらない参加者の一人が居残り長瀬事務局長と手嶋総務課長に約1時間半嫌がられつつ質問をしたという記事も阿修羅に載っている。いまこの阿修羅の話題は小沢一郎のことで持ちきりなのである。居残りの参加者は自らを市民Tと名乗っている。 

2010年10月26日 の  阿修羅掲示板の 記事から

 「一市民T「"1回目の審査員選出は事務局が選択的に選んだ。2回目は選出を行わなかった"と確信している。」(ブログに書いたストーリーを説明した)
長瀬「それは貴方の見方だ。法に従って処理している。私達はやましいことは一切していない。」

一市民T「多くの国民は、法に違反したことをやったのではないかと思っている。」

長瀬「(報告した内容は)事実です。やましいことはしていない。」

一市民T「事実などと言えないはず。あなたは審査員選出の現場を見たのか。議事しているところを見たのか。違反していないのなら、第5審査会事務局担当者が、どのようにして審査員を選んだのか、そしてどのような議事をして議決に至ったのかを証拠を提示しながら明らかにすべきだ。国民に説明する責任がある。」
長瀬「選出には立会人が立ち会っている。」

一市民T「第5審査会事務局長と担当者と補助審査員が結託したら、選出しないで済ませることが容易にできる。これなら、議決は簡単に創作できる。」

長瀬「......」(無言)

一市民T「読売新聞記事によると、"9月7日に吉田審査補助員が就任。14日議決した"とある。この間、平日は4日しかない。10月までに議決すると言っていたのに、どうして短期間に一気に決めることになったのか?
集中的に何度も11人の審査員を集めるのは難しいのでは?
この4日で、膨大な検察捜査資料の説明を、素人の審査員に理解させ、議論をさせ、結論をまとめあげられるとは到底考えられない。」

長瀬 「審査会は、読売記事の内容を公表していない。」(疑問には答えない)

一市民T「"審査会関係者の話では"となっている。読売が嘘の記事を書いたのか。」

長瀬「読売に確かめてほしい。」

一市民T「"審査補助員が決まらないので、議決が10月に延びる"と報道していた。審査補助員を決めるのにそんなに長い時間がかかるのか?」

長瀬「審査会では、そのようなことを公表していない。」

一市民T「多くのメディアがそのような報道を流している。これも嘘というのか。」

長瀬「......」(無言)

一市民T「5〜7月は審査会を開かなかったのでしょ?」

手嶋「そんなことはできません。他案件の審査もあるので。」

一市民T「申し立て書を持ってきても、第5検察審査会は小沢案件で一杯など、適当な理由をつけて、他の審査会に回すこともできますね。どこの審査会でも受付けられるということを確認しました。」

手嶋「......」(無言)

一市民T「1回目6回のくじ、2回目5回のくじで11人を選び、平均34.55歳を選び出す確率はきわめて低い。2度目の選出でも、 34.55歳と小数点2桁まで同じ値になった。このように数字が全く同じになる確率は天文学的に小さい。発生することはありえないということだ。」

長瀬「実際にそうなった。私達はやましいことはしていない。」

一市民T「貴方は報告だけで確認しているので、報告をもって事実とは言えないはずだ。担当者は審査員データを創作することぐらいいとも簡単だ。担当者が使った資料を提示して説明しなければ納得できない。」

長瀬「私達はやましいことはしていない」(これの一点張り)

一市民T「事務局の説明では、"平均年令計算を選出時期別に、別の担当が行った。一人の担当者は就任年令で、もう一人の担当者は議決年令で計算した"と言っているが、その通りか。」

手嶋「その通り。」

一市民T「すると、6人全員が5月1日〜9月14日までの間に全て誕生日を迎えたとしても、最大で0.54歳(6÷11)しか上がらないはず。それにしては、年齢差0.64(=34.55−33.91)は大きすぎて辻褄が合わない。」

手嶋「いや、外の理由も......」(しどろもどろだ)

一市民T「年令だけでも、公表できないのか?」

 長瀬「できない。」

一市民T「会議議事録は見せられないのか?」

手嶋「会議議事録はない。議事録を作らなければいけないという法律上の規約がない。」

一市民T「議事録がないと、次の会議が進められないのでは。職務上とるのが当たり前だ。」

手嶋「......」(無言)

一市民T「審査員には日当を払っているはず。支払の帳簿を見せてほしい。名前を隠してもらってもいい。」

長瀬「見せられない。」

一市民T「第5審査会事務局局員が不正を行ったため、検察審査会全体への不信が大きくなっている。不正を行ったものを自首させるべき。放置しておくと、貴方だって、監督責任等を問われますよ」

長瀬「......」(無言)

一市民T「少数の事務局員と補助審査員の画策で、大々的な操作で不起訴になった案件を強制起訴にしてしまったと見ている。これは重大問題だ。事実が明らかになるまで、何度も追及する。」

<検察審査会を訪問して感じたこと>

 大部屋に、第1から第6検察審査会事務局の6つのブロックが並んでいた。
どこのブロックが、問題の第5検察審査会かあきらかにしなかった。また、伝田(?)第5検察審査会事務局長は、2.5時間の間、席に戻らなかった。

カウンター越しに事務局局員が全て見える前での、長時間の対話だった。

一市民Tは声が大きいので、局員全員に全ての会話が耳に入る状況だ。仕事どころではないだろう。誰かが、「うるさくて仕事ができない」「不正とは何事か」などと怒り出しても良さそうだが、咳としてその声もない。

一番不思議だったのは、"局員が大きな不正をしている"とこちらが断定しているのに、対応した責任者が怒らないことだ。 小沢事務所の方、民主党議員の皆様も、直接事務局に出かけ、事実確認と抗議をしてほしいと思う。

( 転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝

--------------------------------------------------------------------------------

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月02日 12:43:55: kbjD6Oqr1Y
民主党の有志は何をしているのだ!!!

02. 2010年11月02日 14:31:34: uteB9iQwZU
議員特権は無いのか!

早く調べろよ!

一般市民がこれだけ尽力しているというのに、税金で食べさせてもらっている議員は仕事しろ!


03. 2010年11月02日 15:08:32: OERThBipSk
国政調査の対称にしてくれ。なんかおかしくなってるぞこの国は!

04. 2010年11月02日 15:10:06: RA8DpcND9o
公務員なのに、知らぬ存ぜぬお答えできません。こんな返事をした職員は何か法律違反をしていないのか。罰することができないのか。
不愉快だ。

05. 2010年11月02日 15:26:59: NbytsTMIkY
三宅雪子さんが自宅マンション4階から転落し、重症!!
何があったのでしょうか?

06. 2010年11月02日 17:53:00: 8pzp88Ggf6
だんだんと検察審査会の内容がわかってきていますね。もう一息押し込めれば後はなだれをうって事実が暴かれていく気がします。それまではこのような地道な努力が必要なのですね。

本投稿によりますと、平均年齢は審査員の就任時と、議決時に2回計算しているのですね。当初の発表時には議決時に30.9歳と発表されましたが、この年齢は就任時の平均年齢とそれほど矛盾がなかったわけですよね。誕生日の関係とかもありますので30.9歳ぴったりとはいかないかもしれませんが、30.9歳に近いと思われます。就任時も30.9歳に近く、議決時も30.9歳。すなわち2回とも同じようなミスをしているのでしょうか。

私はコンピュータを使って平均値を計算することは日常多々あります。100回に1回も計算を間違えることはありません。私が想像するに、平均値の計算をまちがえるのは、10人分しかデータを取り込まずに、10で割ってしまった場合です。今回のようにパソコンを使って平均値を計算する限り、10人分だけのデータを取り込み、11で割ってしまうようなミスは考えられないのです。
それとも事務局はいちいち電卓で計算しているのでしょうか。職場には一人一台のパソコンが導入されているはずです。

このように考えると今回も前田事件と同じようにデータは捏造されたと考えるのが自然です。
自分なりにできるだけ客観的な立場に立って考察したのが以上の通りです。

今回はまったく常識で考えられない事態が発生しています。

長瀬事務局長
今度はあなたのほうに”年齢問題”についての立証責任があります。一国民の素直な"知る権利”です


07. 2010年11月02日 18:58:24: W4A0zIi5H2
野党は、小沢氏を国会に招致しようと、幹事長に食い下がっている。何故、小沢氏の不当な強制起訴に対して、調査権を行使しようといないのか。菅谷政権は、反小沢だから、野党と同じか。民主主義の常道に従って、5日のデモで、訴えていこう。

08. 2010年11月02日 19:22:52: RP3akH3l2A
小沢証人喚問の前に、検察審査会事務局員一同の証人喚問だろう!
15時間マラソンでテレビ中継してくれよ。

09. 2010年11月02日 19:39:32: xk5jr1gcGo
>>01 >>02 >>03 >>04 同意 頭に来るのはよく分かります。
手嶋「いや、外の理由も......」
どんなウソを言うのか、他の理由も聞きたかったな。
でも、
外の理由とはなんですか?
手嶋「言えません。私たちはやましいことはしていません。」
で終わりかな?
週プレも審査員の実像を求めて事務局に乗り込んだものの、結局2時間のやりとりの末にわかったのは、審査員の要望の名のもとに、「何も教えられない」「見せられない」という事実だけだった。と書いている。
あんなでたらめな法律無視な検察審査会はあり得ないでしょ。第2条だけでも2つも法を犯しているのに、ちゃんと法律守れよ。

10. 2010年11月02日 19:50:49: 7TK31p7RhE
副島さん。検察審査会の残忍な市民11人にを洗脳、誘導して邪推と妄想で疑惑をデツチあげて、小澤さんへに対し「起訴相当の議決〉と言うマフイアのリンチ同様のひどい仕打ちをした黒幕「今日の週刊誌では、仙谷と野中らが共謀したらしい」や11人の自称市民の正体も剥ぎとつて下さい。些細なミスを1000万倍ぐらい大げさに拡大したネガテイブキャンペーンを大手メデイアにやられて、小澤さんは村木厚子さんと同じく悪党たち一味の謀略に嵌められたと感じます。自民党や悪徳官僚や既得権益勢力や対米隷属勢力と民主党内の反小澤派が組んでいると見ています。人民裁判よりひどい11人の残虐な市民に検察検を与えて政敵を追い落とす謀略は計画的です。「小澤の息の根を止めて「殺処分」にしてやる。9,30号週刊新潮など参照。と言う計画を立てていたのです。小澤さんと同志議員や全国、数千万人の小澤さん支持者の反撃は当然です。ブラツクボツクス「審査会」のインチキ性をバクロして下さい。

11. 2010年11月02日 20:00:20: MYk3EnpiKo
マスゴミのゴミたるゆえん。
これだけの疑惑があれば、特ダネは尽きないと思うのだが。
誰も書かない。

12. 2010年11月02日 22:11:48: gcuVmrQDQ2
検察がいつまでもごまかしを続けるのなら、われわれは、毎週でも検察庁舎を取り囲むことを含め、永久にデモ活動を続けるべきである。

13. 2010年11月02日 22:19:40: NBICMeCSK2
■早くも最初のクライマックスがやってきた!

この歴史の転換点にたって国を守るために一人一人が行動を起こすこと。

ただこれにつきる。

『11.24銀座デモ』『『10.26検審糾弾』と我々の同志の勇気ある行動が続いた。

私たちは今『11.5提灯行列』に参加する決断を問われている。

このままでは敵の高笑いが聞こえてくる。


14. 2010年11月02日 22:26:02: gcuVmrQDQ2
行動あるのみ!

15. 2010年11月02日 22:52:51: MxgLEDEiDc
『11.1検察官糾弾』も是非お忘れなく。

「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」が、11月1日、検察庁に対し、前田元検事に対して「特別公務員職権濫用罪」の適用を求めて、訴えを起こしています。

http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/578.html


16. 2010年11月02日 23:23:43: mrVIi5PpHc
いまメディアは耳掻店員殺人事件裁判での民間人裁判人員の苦悩ばかり
報道しているが、これは司法がいかに熱心に裁判に「市民視線」を取り込んでいるかの宣伝である。
小沢一郎の検察審査員とイメージをダブらせ、国民を洗脳しているのである。
NHKはじめすべてのテレビ局、朝日読売毎日日経などの新聞はこちらの報道ばかりしている。
少しは東京地方裁判所内にあるという検察審査会事務局の実体を伝えたらどうだ!
東京高裁は小沢の即時抗告を審理もせず翌日却下した。
現在最高裁に上告しているけれど、もし最高裁が却下したら
そのときは日本の司法が死んだときである。
心ある国民は最高裁の判断に注目せよ!

17. 2010年11月03日 00:01:55: MhbFVl6bhc
実態がナゾだらけ「検察審査会」メンバーはホントに存在するのか?(集英社「週プレ」)

軍国主義、共産主義における人民裁判のまね事は日本を歪める結果をもたらす。

新聞・テレビについての1千人アンケート(7.特捜検察の証拠改ざん編)
http://enq-maker.com/5Ucqrm1

報道オンブズマン日本
http://gomisoji.web.fc2.com/


18. 2010年11月03日 01:17:58: ijthPXrwME
阿修羅の主催デモで掲げるべき最重要の文言3つ。

1.「NHKと記者クラブは直ちに偏向報道を止めろ!」

2.「冤罪判決だらけの最高裁裁判官を直ちに全員罷免せよ!」

3.「判検癒着は国家と国民と全世界の基本的人権に対する重大犯罪である!」


19. 2010年11月03日 03:29:28: sUpHQ8Q75g
>>17

11人が実在する一般市民なら
人民裁判のまね事であったとしてもまだマシだ

もし11人の一般市民が審査していなかったら
つまり架空審査だったらどうだろう

人民裁判なんてもんじゃない
たった一人の悪意を持った人間によって強制起訴が可能になる

起訴された者は多大な時間と経費の浪費を強要される
裁判の結果無罪が確定しても
国が賠償金をいくら払ったとしても
時間は1秒たりとも返ってこないのだ


20. 2010年11月03日 08:58:45: VZsO27CqvQ
ブラツクボツクスのなかでどんなマジツクとインチキで「起訴相当〉などと言うとんでもない議決を残忍な11人の自称市民にさせたのか・?カラクりを国会で追求すべきです。11人の市民とそれらを洗脳し誘導した悪党たちの正体をひん剥くことが議員の義務ではないのか?。野党やマスコミは「政治とカネ」だとか小澤さんの国会での説明を求めるなどと言うが、筋違いだ。小澤さんは「検察権力を使い政敵を追い落とす謀略」を計画した悪党たちに、言われなき言いがかりを付けられて嵌められただけだ。「政治とカネ」に小澤さんは全く関係ない。村木厚子さんとおなじように無実だ。

21. 2010年11月03日 10:06:58: QDOXlxmHrs
検察審議会の責任者を民主党は証人喚問しろ!

22. 2010年11月03日 10:38:44: SPtnMDxJ8A
「(今回はプロの審査員に頼んだけど)私達は(検察審査会法に違反する)やましいことはしていない」by手嶋、長瀬事務局長

検察審査会法第8条の5に

第八条  次に掲げる者は、検察審査員の職務を辞することができる。
五  過去五年以内に検察審査員又は補充員の職にあつた者
とあります。

「辞することができる」ということは、「辞退しなければ何度でも(ずっと)できる。」

こうして、「プロの検察審査員」という、安定した日当を得ることのできる新しい職業が誕生しました。(一に雇用、二に雇用・・・首相は代表選挙の公約は守られました。)

 たった一つの事を守れば、職が無く困っている失業者はだれでもこの新しい職業に就くことができます。

そのたった一つの事。=「顧客である、検察審査会事務局の意向通りのプロフェッショナルな審査を行う事」これだけです。

資格も、業務経歴も、学歴も問いません。

次回の民主党代表選挙の菅候補の演説恒例の職業一覧表にも「検察審査員」が新しい職業として、追加される予定です。

(参考)検察審査会法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO147.html


23. 2010年11月03日 12:50:40: wOGkz3Bmag
東京第五検察審査会は、陸山会事件の審査を4月に第一回目不起訴不当を出したらしいが、この時審査した11人もいたのだろうか?
第一回目も11人の平均年齢が34歳だという低さから考えると。
第一回目の会議録があるのだろうか?
第一回目から、もう既に小沢憎し11人を集めたか、第一回目から
審査した11人がいなかったのではないでしょうか?
第一回目の審査員11人のうち誰かから密告者が出るかもしれない状況に
なってきた。
これって、犯罪だから、小沢憎しで集まった11人だとしたら、
逮捕でしょう。
この11人は、刑罰でいう何罪で逮捕できるのですか?


24. 2010年11月03日 13:36:34: AWTp2T6jjc
検察審査会事務局はくじ引きをコンピュータソフトでやっているそうです。
それなら、400人の候補者を4群に分けて、1月・4月・7月・10月にそれぞれくじ引きをして合計11名プラス補充員11名を選んでいます。
9月14日の議決日では5月就任の6人(第二群)と8月就任の5人(第三群)が残っています。第一群の人は既に任期を終えています。従ってコンピュータの中に残っているデータは第二群・第三群から選任された22名と第四群の候補者(10月にくじ引きする母数)100人だけの筈です。第一群〜第三群における他のデータがあれば混乱を招くだけだし、このデータを残しておく必要は全くありませんから(次年度は市町村から新しい400人のリストが出てくる)。
この状態の中で11名の平均年齢を計算するのは現在の審査員についての全データを対象にすればよく、元々コンピュータの中にあるのだから、わざわざ抜き出して電卓で計算する必要は全くない。どうやったら間違った数値がでてくるのか?
むしろ平均年齢を計算するためだけにデータをピックアップしたことが考えられ、実際に審査員が選ばれていたか疑問である。もし現にいたら(10月4日の公表時も同じメンバー)こんな下らない間違いはしないだろう。
頭の良い人達なのだろうに、こんなことで国民は騙せると思っているのだろうか?

25. 2010年11月03日 20:07:05: B1ZhhZMSbM
富士ソフトの作ったプログラムの仕様として、平均年齢はクジビキと同時に
表示されるそうです。ですから、プログラムを使って選別した場合、
平均年齢は間違いようがない。平均年齢を間違えたことはプログラムを
使わないで選別した証拠になりそうです。

26. 2010年11月04日 09:37:36: tdKmsOMFkk
読売に記事は誰から聞いて書いたのか。これだけ不透明な審査会ではソースの守秘義務は主張できない。関係者しか知り得ないことを記事にしたのだから明らかにすべきだ。
もし関係者の誰かに聞いたのであればこれは明確に「公務員の守秘義務違反」に該当する。漏らした人は懲役刑を含む罰則があるはずだ。読売は見解を明らかにすべきだ。

27. 2010年11月09日 03:57:47: FddWizHh4M

 安政の大獄の犠牲者は現代になって、やっと英雄になる。

 (ネット社会の現在では明日には英雄となる。
 阿久根市長を見てもメディアと現実にかい離があると見える。)

 今、政治犯と云われる方々は国民の味方なのではないかと思われつつあります。
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧