★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99 > 171.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
5夜連続の戦争ドラマ。危ない!危ない! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/171.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 11 月 09 日 10:56:51: qr553ZDJ.dzsc
 

http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-913.html
2010-11-09 07:22

5夜連続の戦争ドラマ。危ない!危ない! 


TBS開局60周年5夜連続企画「99年の愛」Japanese Americanという5夜連続の長編ドラマがあり、4夜目と5夜目を見ました。まあドラマとして見る分にはそれなりによく出来ているのだが、「坂の上の雲」と同じく戦争の本質を誤解させる効果を狙っている気がした。やれ尖閣だやれ北方四島だとかうるさくなっているが故に、心して見なければならない。99年前にアメリカに渡った日系移民に襲って来た戦争を描いている。

───

物語は、99年前にアメリカへ渡った日系移民が、働くため、生きるために、人種差別や戦争による逆境・苦悩を乗り越え、生き抜く家族の“愛の物語”。脚本家・橋田壽賀子が、自身の生涯のテーマでもある「戦争と平和」というテーマで描く最後の作品として、世代を越えて現在に至る彼らの魂、そして99年に渡るその変遷を描く中で、日本人の誇り、勇気、愛を問いかけます。

主演は、SMAPの草g剛。アメリカで生まれ日本を知らずに生きるしかなかった”日系移民2世”としての宿命を背負った男・平松一郎と、その父・長吉の若き頃の2役を演じます。そして、一郎への愛を貫き通して生きた女性・しのぶを演じる仲間由紀恵。二人のドラマ共演はこれが初めてのこと。

───

橋田壽賀子の自身の生涯のテーマでもある「戦争と平和」などという表現自体がいい加減なものだ。戦争をやりたくてしかたがない層は今やそこらに居るわけでTOYOTAやPANASONICも例外ではない。そんなスポンサーが戦争の本質を鋭く告発するドラマなんかを作るはずはない。

一郎の弟には次郎としづ(14歳)・さち(11歳)という妹が居た。彼らが居たシアトルは日本人への差別が激しい地域で太平洋戦争の開戦3ケ月前にふたりだけで島根の実家に帰されてしまう。ドラマとしては不思議ではないのが現実問題ではちょっと不自然に感じてしまう。

やがて真珠湾攻撃が行われると日系人は収容所に入れられてしまう。父、長吉が30年前にアメリカに渡ってから必死で作りあげた農地や家も没収されてしまう。

───

年が変わって1943年の2月、収容所の中には畑や庭園などさまざまな施設が揃い、その暮らしぶりは見違えるものになっていた。そんなある日、突然思いもかけないことが起こる。緊急に開かれた集会で、アメリカは、収容所で暮らす17歳以上の日系人に、アメリカへの忠誠心を問う “忠誠登録”と呼ばれる質問状を突きつけてきた。忠誠登録は日系人たちに「アメリカの軍隊に入って日本と戦えるか?」「日本に背いても合衆国に忠誠を尽すか?」という思想調査だったのだ。

───

すでに21歳になっていた一郎は自分が忠誠を示し、軍隊に入れば家族も安泰だと考えた一郎はイエスと応え、しのぶや次郎もそれに続いた。やがて軍隊への入隊を認められた一郎はしのぶとの形だけの結婚式をあげて入隊する。それから軍隊での戦闘訓練がつづくのだが10日間の休暇を貰った一郎が突然帰ってくる。家族に新婚旅行に行くことを奨められ日系人への差別でなかなか泊めてくれるホテルがない中でどうにか泊めてくれるホテルがみつかり、つかの間の新婚生活を送る。再度、日系二世だけで編成された四四二戦闘連隊の一員として更なる訓練を受け、ヨーロッパ戦線へ送り込まれることになる。

しのぶが懐妊し、やがて出産するのだがヨーロッパ戦線に送られていた一郎は出産の報告と写真を受け取るのだがドイツ軍に包囲され孤立している、アメリカ陸軍の象徴といわれるテキサス大隊の救出作戦に向かう。この作戦で四四二戦闘連隊は大きな犠牲を払いながらも、任務を成功させる。だが、その数日後、平松家に一郎の戦死を知らせる電報が届く。一郎は戦友をかばって、銃弾に倒れたのだった。終戦の一年前のことだった。やがて日本が終戦を迎えたことが発表され、録音された天皇の玉音放送を聞き真実だと知ると、皆ただ黙るしかなかった。そして、長吉は悲痛に顔を歪めていた。日本に帰るかでさんざんに悩むが、結局、長吉は自殺してしまう。

大変だったのは沖縄戦に遭遇した当時15歳のさちと広島で原爆の被爆を受けた18歳の姉のしずだった。幸い同じ宿舎に居た日系二世で通訳兵として派遣されていた小宮が便宜を図ってくれ、地獄から抜け出ることができた。15歳のさちは生命力に溢れた少女として描かれていて広島で被爆した姉のしずに再会し、やがて病院を抜けだして京都まで行く。京都なら空襲の被害を受けていないから住む家も仕事も見つかるだろうという15歳の読みだったのだが、それが的中し、大きな医者の家に住まわしてもらうことができ、古い着物を洋服にリフォームする仕事を手伝うことになる。しかし当時は原爆の後遺症に対する認識はなく、姉のしずは寝たきりで髪も全て抜けるという状態に苦しんでいた。さちが東京での仕事を見つけてそれを姉に告げたとき、姉のしずは20歳の悲しい死を迎えたのだった。

●私の批判的感想

1.ワシントンで日系の四四二戦闘連隊のパレードがあり、ヨーロッパ戦線での彼らの功績がトルーマン大統領によって讃えられ、反日感情が激減し、その結果、次郎たちに昔の家と農場が帰って来たことになっているが、実際に反日感情が和らぐのは1960年代になってからという。一郎が立派に闘ったこそ家族が救われたという結論に導きたい意図が感じられる。

2.母のともは1959年まで生きていたことになっていたがさちたちを探そうとしなかったのは小説として不自然である。

3.どんなに苦しい死地を経験しようとも家族が団結してがむしゃらに頑張ればったこそ次郎たちは裕福な農民となり、大きなレストランを経営するようになり、さちもデザイナーとして年商200億円を達成することが出来たという根性主義、古いアメリカンドリームがいまだに健在だとする洗脳ストーリーである。

4.悲惨な場面は多々あるのだが、戦争を過去のあってはならないこととすることで明るい未来が来るという司馬遼太郎的歴史修正観が貫かれていること。

5.戦争とはたまたま勃発するものではなく、周到に計画され用意されたものであることが歴史を勉強すれば見えてくる。このドラマでさえ周到に計画されたものの一貫であると私は認識している。

●JAPANESE AMERICANS ミニ番宣 @ ☆ (You-Tube動画)

【2010/11/09 07:22】
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月09日 11:52:13: 12lyhzRMAY
当に戦後レジーム
良くも悪くも昨日のTVタックルは面白かった。

02. 2010年11月09日 12:30:57: bbN5U6UIQo
う〜〜〜ん、

結局、戦争の被害者としての日本人しか描けないのか。。

だよね、テレビだもんなぁ。。


03. 2010年11月09日 12:39:10: 91lNtYtmRk
グローバリストさん、”日米”対 ”中露”の第三次世界大戦はなしね。ニューワールドオーダーもなしね。

04. 2010年11月09日 12:49:38: INFhxZIBpO

 誰が戦争にいくんだ〜〜〜


   俺ら〜〜 行かないよ  


     勝手にしてくれ
 


05. 2010年11月09日 12:53:31: 7wNxOJWNVc
TBSは倒産の危機だから。
どんなに危ないと分かっていても
スポンサーから要請あれば軍国主義の
洗脳だってやるよ。

はやくつぶれて欲しい。


06. 2010年11月09日 12:57:49: Ca7sbUQ22g
テレビドラマなんかは良い洗脳手段だよね。実地を知ってる人が嘘っぱちだと叫んでも、テレビで洗脳された層が「テレビで言ってた」というただそれだけの理由でセカンドレイプを行う。

送り手は受け手の乞食根性につけ込んでるだけ。受け手側の「俺は乞食なんかじゃない!」って習性を上手く利用されている。「只ほどなんとか」って諺は奥が深いね。


07. 2010年11月09日 13:40:46: OUKuN1g4fw
>2.母のともは1959年まで生きていたことになっていたがさちたちを探そうとしなかったのは小説として不自然である。

母は娘たちを捜しに日本に帰ろうとしていたが,原爆で広島は全滅と聞かされ,また,日系1世はアメリカ国籍が無いので戻ってこられない,日本は食料も無く一人では生きていけない,と言われ日本行きを断念した.


08. 2010年11月09日 14:09:24: FZgGiDbYMh
99年前にアメリカへ渡った日系移民が、働くため、生きるために、人種差別や戦争による逆境・苦悩を乗り越え、生き抜く家族の“愛の物語”。

感動した、見ながら涙も流した。


09. 2010年11月09日 14:21:29: EYfFW2OPhk
天皇制・天皇の戦争責任を問わない戦争映画はみんなインチキだと思っている。
どんな言い訳しようと御前会議で対米開戦が決断されたわけだし、中国と朝鮮に対する侵略責任・戦争継続責任はある。なにしろ軍隊の最高司令官だったことは事実だから。愛国心を煽る国策映画 戦争の悲惨さを訴える反戦映画などで問題を摩り替えるべきではない!

10. 2010年11月09日 14:43:54: yHKGyv0bo6
大体、脚本橋田壽賀子だぜw
飼い犬に手をかまれた発言でおなじみw
発想が我々と別次元

11. 2010年11月09日 15:41:21: rpnGHQoWdg
テレビのカメラの前でちょっと演技をすれば戦争で大儲け。このイラク戦争以来続く戦争商売はいまだに続いていますね。戦争場所の住民の犠牲と最前線の兵士の命を犠牲にしながら。しかし今の経済は商品のはけ口をもとめ戦争とそれによる消耗は商品の大きな消費となります。経済を根本的に変える。商品を売って利益を得る行為を変えない限り、つまり商品をむやみに売らないでも生活できる仕組みをつくらないと戦争、紛争、テロはなくなりません。マスコミ、政府、なんでも事件が仕事を生みます。平和は仕事、つまり金にならない。最近の事件のほとんどがヤラセなのはマッチポンプが利益を生むから、以外に理由がないことが多いのです。だからむやみに商品販売をしなくても各自が生きてゆける制度をつくることが平和の第一歩になります。ベーシックインカムもひとつの方法です。

12. 2010年11月09日 18:00:27: axhmzZsveE
この話はフィクションである。

戦後の検閲を実行するにあたって米国政府は、日本語を話せる白人がほんとにいない事にジレンマがあった。米国で徹底した差別を受けていた日系人を、強制収容所から連れて来て面接を行い採用せざるおえなかった。

日系米国人は、祖国日本で米国の利益の為に祖国を売らされた!

戦時下では屈辱的な非道を強要される。

白人は腹の中では有色人種を蔑視している。それは現在も変わらない。

このドラマが伝えなくてはならないものは「そこ」なのだと思う。


13. 2010年11月09日 18:36:33: eEw2LBXa7s
 戦前、戦中、植民地化した朝鮮、台湾人の日本軍兵士も、全く同じだ。

アメリカも日本の支配層も変わらない。中身は、利用するだけ。

日本人は、歴史をすぐ忘れる悪い癖がある。
歴史を、より深く裏情報、裏の歴史を顧みない。
思慮が浅いのだ。

人類の歴史を学べば、ほとんどが戦争の歴史なのだ。

何時まで経っても、ダメな人間たちばかり。

独裁国家に刃向かうものは、すべからく、殺されるか、投獄される。

日本でさえ、事件をでっち上げられるか、暗殺される。

どこに言論の自由が、あるのか、不思議だ。

     0011


14. 2010年11月09日 21:01:11: yfoNd9pyuk

橋田のおばちゃんと泉ピン子って・・・親子のよ〜なお付き合いらしい。

今時の子達ってバカじゃ〜ないから「戦争」なんか参加しない。
その位、自堕落で自己虫も増殖中なので^^;
「そんなの、知らね〜よ!」って動かないなあ。きっと。

洗脳されるレベルには、値しない。スルーだな。


15. 2010年11月09日 21:55:33: SzxKtDHEDM
戦争ドラマ。危ない!危ない!
うん、そうだ。
国民はだまされやすいからな。

16. 2010年11月10日 10:41:59: szdJuPoYxs
自分は、石原慎太郎や田母神俊雄や小林よしのりのような「戦前日本のやったことは全て正しい」という傲岸不遜な歴史観は間違っていると考える。彼らは、日本を中国との戦争にぶつけるために、米ネオコンが育てた工作員だろう。しかしながら、司馬遼太郎や半藤一利のような「悪いのは全て日本陸軍、GHQは解放者」という歴史観も、間違いだと考える。司馬史観の連中もまた、「占領軍万歳。日本はもう二度とアメリカに逆らいません」というアメリカの洗脳の犠牲者だからだ。

橋田壽賀子のドラマの薄っぺらさの理由は、アメリカがいかにして第二世界大戦や日本の中国侵略を誘発していったか、また、日系人にどれだけむごい行為をしたか、が抜け落ちており、アメリカの悪事を描く視点がすっぽり抜けていることだ。
あの戦争を仕組んだのは米国とロックフェラー財閥、それに踊らされた日本軍部であり、国際政治を読めなかった当時の日本政府や軍部の責任は重い。

日本は、オレンジ計画や、ワシントン体制という国際戦略によって、中国への侵略戦争に追い込まれた(そのせいで、重慶空襲や南京大虐殺といった恥ずべき戦争犯罪も生まれた)。また、原敬や高橋是清や犬養毅といった、国際的視野を持ち、中国大陸侵略に批判的な政治家がナゾの暗殺を遂げている。

それからなお、米内光政や山本五十六といった「対米戦争反対」と一見良心的な軍人が、米国のエージェントとなり、日本を戦争突入や敗戦へ追い込んだ。米内は近衛文麿に「国民政府ヲ対手トセズ」の入れ知恵をし、山本は真珠湾攻撃で米戦艦の燃料タンクをわざと攻撃せず、ミッドウェーの無謀な海戦を行った愚将ではないか(米内は広島の原爆投下を「天佑だ」とまでほざいている)。

橋田がこういったことをドラマで書くはずがない。日本のテレビというものが、戦後の3S政策(セックス・スポーツ・スクリーン)の道具として米国の洗脳の道具として国民を白痴化してきたからだ。日本の経済大国化も、米国が東側のショーウィンドウとして利用するために育てたためだ。「経済大国万歳」のメッセージの「おしん」のモデルの和田一夫が経営する「ヤオハン」は倒産したではないか。

今回のドラマ「99年の愛」Japanese Americanに出演した草なぎ剛も泉ピン子も、創価学会の信者として有名なやつらだ。創価学会はロックフェラーの手先として、戦後日本の権力の一角を担い、公明党が「平和と福祉の党」の建前でイラク戦争や後期高齢者医療制度を支持しながら、司馬史観的な陳腐な「平和主義」「人間主義」のスローガンで、信者や、マスコミ大衆を洗脳してきた。「99年の愛」Japanese Americanは、創価学会の、創価学会による、創価学会のためのプロパガンダドラマでもある。


17. 2010年11月10日 11:34:16: 1L2R1YYxP6
私はみていませんでした。思ったとおりの内容ですね。皆さんの意見を拝読して。みなさん、こんなすばらしい意見を持っているのがわかり、希望がもてました。特に16さんのものは参考になりました。何かと騒がれているインターネットですが、阿修羅は、某サイトとは雲泥の差ですね。期待してますよ。希望のサイトです,私にとっては。

18. 2010年11月11日 21:19:23: tvTVcpKrKQ
ちょっと否定的な意見が多すぎるような気がするが。

番組を視聴して感じたのは戦争賛美とは思わないが、史実通りのトルーマンの
賛辞じゃないが、少なくとも西洋社会では血を流さない者はやはり認められない
のかなと思ったりした。

イチローや米軍への志願といい、皮肉的にみれば、やはりアメリカはアメリカ
的なルールの範囲で業績をあげたものしか評価しないということを表現した
ドラマといえる。

アメリカ人はアメリカ生まれのスポーツのバスケットボール、アメフト、野球、
インディカーなどしか熱中しない。サッカーやF1など世界で行われている
スポーツでは一番になれないので、他国で盛んでない独自基準にこだわるのである。

これはスポーツに限ったことではなく、先進国で標準的な医療保険制度の導入に
反対する茶会にみられるようにあらゆる面で独自基準にこだわる田舎国家である。
提唱した国連に参加しなかったり、京都議定書からの撤退など国際的な協調は
アメリカにとってはさほど重要ではない。

日系人への差別的な扱いが昔のことかといえばそうではない。グアンタナモ
収容所にみられるように異文化への偏見がまた繰り返されている。

アメリカだけではないが、クジラやイルカへの最近の西洋人の日本批判は
異文化への偏見に満ちあふれている。ザ・コーヴにアカデミー賞を与えた
アメリカ人はどの面をさげて牛豚が食べれるのだろうと思う。よくいわれる
イルカは知能が高いから殺すべきでないという意見はナチスと何が違うの
だろうか。環境ビジネスもあるが、背後に偏見があることは否定できない。

このドラマをみていると、結局、何も変わらないのかなと思った。日本の
ように戦争で徹底的に叩きのめされて外国での評価を過大に評価する自信
喪失も困ったものだが、アメリカのように叩きのめされたことのない傲慢
な田舎者も困ったものだと思ったりした。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧