★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99 > 190.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
敗軍の兵、将を語れ: 世川行介放浪日記より転載
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/190.html
投稿者 みちばたの蝶 日時 2010 年 11 月 09 日 20:37:33: JxOH7lIi5LSzQ
 

連続転載で申し訳ありません
            みちばたの蝶:井ノ子俊一@長崎県島原半島

http://blog.goo.ne.jp/segawakousuke/e/b21f10bfafe2957755190d7e7e30e839

昨日は、24時間起きていて、22時間、パソコンと向かい合った。
 そのくせ、今日も睡眠時間4時間で眼が覚め、
 またパソコンに向かい合って、半日を過ごした。
 背筋がゾクゾクしてきたので、
 さっき、コンビニに行って、ホカロンを買って、背中に貼り付けたところ。

 最近のお前は、なかなか責任感の強い、いい男ではないか。お利口だぞ。
 誰も褒めてくれないから、
 自分で自分を褒めてやった。


 昨夜から、
 僕たちの主張に賛同して参加を希望するメールが届き始め、
 どの人も、
 姓名を名乗り、
 住所、電話番号、年齢、
 そして短いコメントを書き込んでくれていた。

 その文面を読みながら、
 僕は、
 少し、
 感激にむせんだ。
 この世の中、まんざら棄てたもんじゃないな、
 しみじみ、そう思った。

 お蔭で、
 会員総数は、250人を超え、
 目標にしてきた今週中の300は、もう夢ではもうなくなった。
 呼びかけに応じてくれた皆さん。
 本当に、ありがとう。


 本題に入る。


 この1年半に及ぶ、<小沢一郎抹殺キャンペーン劇>を見つめていた僕に、
 特に、
 小沢一郎が民主党の代表選に敗れ、検察審査会の「起訴相当」議決を受けてから、
 小さな不満が、心の奥に、いつか、凝(しこ)り始めた。

 それは、
 小沢一郎を抹殺しようとする側の人々に対してではなく、
 巷間、「親小沢一郎」と言われてきた国会議員や地方議員たちに対してだった。

 何故、
 親小沢と言われる彼や彼女たちは、
 小沢一郎擁護の声を、大きくして、国民に語らないのか。
 何故、
 小沢一郎に対する理解を求めようと、国民に大声で訴えないのか。
 何故、
 小沢問題を避けるかのようにして、口を濁して通り過ぎようとするのか。
 それが、僕には、小さな不満として、しこり続けて、膨らんできた。


 政治現場と無縁な僕たち一国民は、
 小沢一郎が殺されようが首相になろうが、
 それはそれなりの過ごし方をして、それからを生きていける。
 しかし、
 小沢一郎の政治理念を<指標>として政治現場に立つ彼や彼女たちは、
 小沢一郎が抹殺されたなら、
 たちどころに、その政治基盤を失うはずではないか。
 彼や彼女たちにとって、<小沢一郎抹殺キャンペーン劇>とは、
 文字通り、「我がこと」であるはずだ。
 それなのに、
 大半の親小沢議員たちは、行動をおこそうとしない。

「この人たちは、
 卑怯者なのか?
 馬鹿なのか?」

 僕は、そんな疑問に、首を傾(かし)げ続けた。


 今回、
 <75人>の仲間とこの運動を立ち上げようと決心してから、
 僕は、わずかな伝手(つて)を頼って、何人かの国会議員に面会を求めた。
 もちろん、
 会ってくれる議員のほとんどは、 
 親小沢と言われる人たちだった。

 そうした人たちの話の中に、
「私たちがあなたたちの組織に名前を出すと、
 我々が裏で操っているみたいに思われるから、それが心配で…、」
 という言葉が、沢山出た。

「そうですか」
 と答えながら、
 僕は、
「それ、あなたたちのうぬぼれだよ」
 と思った。

 僕たちは、
 彼らが動こうともしない時に、意志を行動に移した人間たちだ。
 自分自身が動こうとしない人間にあやつられるほどの愚かではない。
 
 しかし、
 世間の視線を気にする彼らには、
 そうした風評が発生することは、懸念すべき重大事である、
 かように見えた。

「それなら」
 と僕は思った。
 語れる環境を作ったなら、
 親小沢と呼ばれる彼や彼女たちは、
 小沢一郎に対する理解を、国民にきちんと訴えるのか?
 自分の小沢一郎に対する思いの丈を、率直に語れるのか?

 それを見てみたい、
 と、激しく思った。


 僕は、
 つたない限りの『泣かない小沢一郎が憎らしい』という書の中で、
「小沢一郎は敗れ続けた男だ」
 と書いてきた。

 僕の認識の中での小沢一郎は、敗けっぱなしの男だった。
 しかし、
 この小沢一郎という政治家が、きわめて<男らしい>のは、
 どの闘いでも、
 力不足の取り巻きたちに担がれて、一軍を指揮して闘い、
 そして、無残に敗れながらも、
 一度たりとも、自分の兵の不足や悪口を言わず、
 言い訳もせず、
 また寡黙に次の闘いに向かい続けたことだ。


「敗軍の将、兵を語らず」
 という言葉があるが、
 彼は、それを頑(かたく)なに守ってきた。

 僕たちが、小沢一郎を高く評価する一つに、
 彼のそうした「将としての潔(いさぎよ)さ」があった。


 だから、
 と、僕は思う。
 だから、
 小沢一郎という敗軍の将に従って闘い、敗れた兵たちは、
 逆に、
 将を語るのだ。
 語らなければならないのだ。

 何回でも、
 何十回でも、
 何百回でも、
 実情を知らない国民に向かって、
 敗軍を指揮した小沢一郎という将の立派さを、人となりを、
 語って、
 語って、
 語り続けるのだ。

 それが、
 せめてもの、彼らの誠実というものではないか。


 小沢一郎を政治現場から追放しようとする勢力が、
 最後の詰めに移ろうかとしているこの時期に、
 世間の視線がどうだとか、
 マスコミの攻撃がどうだとか、
 そんな低水準の話ではないだろう。

 将である小沢一郎一人を法廷に立たせ、
 本来は無縁の衆生にすぎない数百人の国民にデモまでやらせ、
 自分だけは、無傷でこの事態を通り過ぎようなどとするのは、
 政治家として以前に、
 一人の自立した人間として、
 間違っている。
 と、僕は思う。

 あなた方もまた、永田町や、選挙区から、出てくるのだ。
 僕たちの呼びかけに応じるといった消極的参加ではなく、
 あなた方が敬愛ずる小沢一郎のために、
 あなた方自身が、
 あなた方の意志で、
 そうした場に、積極的に、下りていくのだ。

 そうした、自らも傷を負うのを厭(いと)わない気持ちになって行動しない限り、
 数年かけて垂れ流され、定着してしまった「小沢一郎悪人説」を、
 この平成日本社会から霧散させることはできない。

 親小沢と呼ばれるあなた方は、
 いま、
 そうした勇気を求められているのではないのか。


 僕たちのこういう声に応えてくれる政治家たちと共闘したい、
 と、
 僕と僕の仲間たちは、
 いま、思っている。

 そんな勇気と誠実を持った「親小沢国会議員」が、
 一人くらいは、この国にいないのか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月09日 21:11:25: OKvTHKkOBY
確かに、民主党代表選で小沢一郎に投票した国会議員200人は何をしている。
この人達が本気になれば。検察だろうがマスコミだろうが相手に痛撃を与えられるはずだ。

何をしている! 諸氏は裏切り者か。保身だけか。デモを何と思って見ていたのか。傍観か。こっちはいてもたってもいられないから参加したのだ。どんな政策・主張により議員になれたのかわかっているのか。何もしていない議員は恥を知れ。


02. 2010年11月10日 07:11:00: axhmzZsveE
強く同意します。

仙波さんのコメントで、「警察は組織で反対勢力の議員を徹底的に貶める」というう事が原因の一つではないかと思います。

自身の保身と現在の生活を、考えているという事なのかなと感じます。

しかし、それは本末転倒である事を理解するべきだ!

国民は投票する。臆病者の偽物を排除し、正義を貫いた勇気あるたものに!


03. 2010年11月10日 08:07:34: DZRqzsCII2
>最後の詰めに移ろうかとしているこの時期に、

本当に最後の詰めに入っているのでしょうか?
涙が溢れます。
200名の小沢氏を支持された方々は手を拱いてこの状況を眺めているだけなのでしょうか?
なぜ行動を起こさないのでしょうか?
市井の片隅にいる私でさえじっとしていられない気持でデモに参加したと言うのに。


04. 熱烈な自民党支持者 2010年11月10日 09:28:26: V/uzXpXm4m5LQ : PYdvPPnD0Q
<孫子の兵法に徹する小沢流>

窮地に陥っている小沢氏に対し様々な人がいろいろアドバイス支援をしているようだが、小沢氏は殆んど沈黙を守っており小沢支持者をやきもきさせている。しかし小沢氏は伏魔殿のような政界の中心で20年以上も生き抜いてきたとてつもない大政治家である。学者や政治評論家らが提案することなど先刻承知であり、また市民による小沢氏の支援も有りがたいとは思っているだろうが、それに頼ることはないだろう。

ところで2500年前に編み出された「孫子の兵法」は、現代に至るまで世界中の君主や英雄達が戦いの教科書として活用してきたと言われている。そこで小沢氏の行動パターンを冷静に観察してみると、どうやら彼も「孫子の兵法」を念頭に行動しているように見える。

例えば、過去に小沢氏が厳しい状況に置かれたとき「俺は潜る」といって姿を隠したことがよく伝えられていた。「孫子の兵法」の基本は「戦わずして勝つ」「勝算無きは戦わず」といったものだが、小沢氏は勝算が無いときには水面下に潜って様々な工作を巡らし、彼が姿を現すときには既に勝利が見えている時でもあった。

ところで今回の検察審査会のいい加減さやニセ情報で世論操作するマスコミに対し、小沢氏は直ぐにでも名誉毀損で訴えるべきと激怒している人は多い。しかし孫子は「王たるもの怒りをもって戦いを致すべからず」と説いている。恐らく小沢氏は今、勝負をするときではないと考え「徐かなること林の如く」沈黙を守っているのであろう。

さて「孫子の兵法」の中で「敵を知り己を知らば百戦危うからず」という有名な言葉がある。これは情報を制するものが勝利を得るということだが、恐らく小沢氏は沈黙している現在、敵情を探ったり敵を味方につけるなど水面下で激しい情報戦を展開しているだろう。

また孫子は作戦行動の要諦とし「始めは処女のごとく、後には脱兎の如し」と説いているが、これは敵の狙いに嵌った振りをして、機を捉えて兵力を集中し敵を突破するという意味だ。現状、まさに小沢氏は処女のように何もせず「動かざること山の如く」で相手の油断を誘っているようにも見える。

さて小沢氏が勝算を見出し「疾きこと風の如く」動き出すのは何時なのだろうか。恐らく来年春に菅政権が自然崩壊するのを待ち、一気に政界再編に打って出ることによって「戦わずして勝つ」ことを目指しているのかもしれない。その時こそ「侵掠すること火の如く」官僚組織やマスコミの改革を進めてくれるのではなかろうか。


05. 2010年11月10日 12:53:11: Gs3zvHEIsc
大手マスコミは小沢派議員の動向を無視はしてない。かなり神経を尖らせて探っていると思う。甘い動き方をすれば直ぐ偏向捏造のネガテブキャンペーンの集中攻撃を受けるのは明らか。

昔、「眼下の敵」という独Uボートと米駆逐艦の海上と海中で壮絶な沈黙戦がありお互い先に動けば負けという映画を見ました。

今の小沢氏と親派議員はそのUボートの心境でチャンスを伺っているのではないでしょうか?

「眼下の敵」のようにUボートを駆逐するに優れた相手(大手マスコミ、官僚組織、野党、反小沢派)ですから相当な慎重さが必要です。

今の国会中継を見ていても国民の間では国の政治、予算をを早く動かしてして欲しい気持ちが小沢氏国会召喚より勝って来てます。

菅政権も国民からは見放されるのはもう直ぐそこで小沢派は何をするのか楽しみになってきました。


06. 2010年11月10日 13:14:21: Gs3zvHEIsc
もう一言

郵政改革で小泉元首相が行き詰まり衆議員解散総選挙をして郵政民営化派と郵政民営化否定邸派が二極分化した、大手マスコミが作り上げた劇場型選挙で郵政民営化派が大勝利を収めた。同じことを大手マスコミは目論でいるかもしれない。

その条件には国民の目には小沢派、反小沢派の熾烈争いの構図が必要であり、菅政権が崩れ前原大臣が時期代表に選ばれた時にピークを迎え前原氏は大手マスコミと劇場型の衆議院解散選挙を実行するかも知れません。

国民に判りやすい2極構図で小沢派を最後まで追い落とし反小沢派に勝利をもたらすように準備しながら大手マスコミは手ぐすね引いて時期を待っている。

反小沢派はTVにさかんに出て小沢氏を落とし込む発言をして煽るが、小沢派はコメントを控えがちにしている。シロウト考えですが、、、、


07. 2010年11月10日 14:10:22: 8oNeposgHc
小澤さんの同志議員たちは、いざとなれば英雄的に最前線で戦う決意を持つていると信じましょう。

08. 2010年11月10日 18:04:24: GIvSzWlmIT
孫子は、味方の兵力を使って勝つのは、戦い方が小さい。
敵の兵力を出来るだけ削いで、味方の損傷を少なくする勝ち方は中である、と言っている。
戦わずして、敵が負けるのを待つ。それが大きい勝ち方である、と言っている。

09. 2010年11月10日 20:49:10: NsanPsCq7Q
親小沢さん、弁護士は何をしているのかとあせっておりますがこの政局の状態を見るとも少し冷静に待っても良いかとも思えます。毎日ころころ事体が変化しており
ますし、菅さんは覇気がなく思考力が停滞しているように見えます。ギブアップを念頭に入れているのかも知れません。それにしても仙石さんと前原さんの政治音痴にはあきれます。市会議員からやりなおしたらー

10. 熱烈な自民党支持者 2010年11月10日 21:35:53: V/uzXpXm4m5LQ : PYdvPPnD0Q
<小沢派議員は何故、沈黙する?>

小沢氏が成し遂げた政権交代によって、パンドラの箱のように様々な社会の闇の部分が明らかになりつつある。検察官の証拠捏造や検察組織の裏金問題、マスコミの嘘つき報道、天下りで税金を無駄遣いする官僚たち。今まで権力に安住していた連中の醜悪な姿がこれほどまでにあからさまになったことは自民党政権時代にはなかっただろう。

ところで元警察官の仙波氏が岩上氏のインタビューの中で「日本という国の中で、日常業務の中で犯罪を犯しているのは、ヤクザと警察官のみです」と具体的事例を上げ語ったことは衝撃だった。

更に仙波氏は文科省出身で森喜郎の腹心だった愛媛県の県知事が、負けた県知事候補を応援した土建屋を徹底的に潰すため、軽い刑でも小さな談合などでもガサ入れし形式犯でもあげたことを証言している。県知事が警察庁長官に圧力をかけ、長官が本部長に、本部長が署長に圧力をかけたのだそうだ。

また選挙違反でも、選対本部の中に警察の協力者が入って、わざと違反させることもあるのだそうだ。公安の人間は全体の2%いるらしく、彼らは表では名前も顔も知られておらず、また彼らの仕事は非合法であるため多くの政治家は警察や政権に対し絶対にNOといえないのだそうだ。

よっぽど地盤が強固で選挙に強くないと、負けたときに何をされるかわからない恐怖があるためだ。また新聞記者にはスパイが多く、記者懇といって警察が記者を囲っており、記者も副署長や署長にたかっているのが実情だそうだ。ここまで知れば我々も、民主党の小沢派議員が菅政権に対し貝のように沈黙を守っている理由が判るだろう。


11. 2010年11月10日 23:27:35: lgpHatSLsQ
親小沢議員たちが、
風見鶏でもいいから
国民の堪忍袋の緒がきれそうな状況を読んで
コソコソでもいいから、手をつなぎあってほしい。

団塊世代の良質な部分が、動きだしている。
昔起こした一大ムーブメントを、また起こすかもしれない。

目をつけられて、マンションから投げ落とされたり
誰だってしたくないよね。
こっそりとでいいから、地下運動のように
レジスタンスのように、親小沢を貫いてもらいたい。
言うは易しですが。。。。。。


12. 2010年11月11日 05:59:30: vlWt0D2aWg
>>09
いやいや仙谷と前原にはハローワーク通いから始めてもらいたいものです

13. 2010年11月11日 08:20:51: tkmq36uG8k
自民党もマスコミも今回の流出事件の責任を
仙谷、馬渕に転嫁している!
がおかしいではないか?
元国土交通大臣、現外務大臣の前原はどうすんの!
どっちにも手も足も、口も挟んでかき回し、
すでに辞めていてしかるべき人間ではないのか?

前原が総理にでもなるんだったら、
いっそのこと自民党に政権交代した方がましかも?
って危惧します!


14. 2010年11月11日 08:22:32: l4uTgh5xOQ
檄文に、胸が熱くなりました。一介の家庭人さえ動き始めている現実に気付かない鈍感なうぬぼれ屋さんばかりの政治屋さんの多い中、懸命に動くごく少数の真の親小沢派議員には、頑張れ献金をしています、勿論涙金しか出せませんが!

15. 2010年11月11日 09:06:16: GDJRDodYyI
>いっそのこと自民党に政権交代した方がましかも?
それは無い

16. ももん爺 2010年11月11日 09:08:25: QnfuyB5RKZq9U : bVDcvOWocY
 投稿者様 お気持ちは、痛いほどわかります。しかし、小沢さんが、多くの同志を育てたといえ、真の同志と言えるか分からないのです。それが人間だからです。
むしろ、親小沢ではなく、原田さんのように(この方は前原系といわれていた?)
のように信念を持って、ご自分の立場で、ご自分の責任で発言を続けています。大事なのは、政治家として徒党を組むのでなく、自立することではないでしょうか?
 小沢さんが育てつつある新人議員たちが、自立するように、勉強を続けることが大事だと考えます。
 小沢さんが、よく「突然、相手にしなくなる。話もしなくなる。」といって非難をされるのを見聞きしますが、これは小沢さんが徒党を組まない本当の政治家のみを相談相手にしようとされているためだと思うのです。小沢さんは、人の真実の姿を読み取る力をもっているからではないでしょうか?
 徒党を組む人は、突き詰めての信念を持っていない人の特徴です。自分の信念を持つ人は徒党を組む必要がないからです。
 今の政権の人たちをご覧になると、彼らが何かの背景の下に行動をしていると分かるはずです。つまり、徒党を組む人たちなのです。

17. 2010年11月11日 09:36:54: 0ruzAX9hXM
16さんのおっしゃるとおりだと思います。
 石井一さん、藤井さん、皆さんがおっしゃる黄門さん、みなそうです。古くは小池百合子さん、二階堂さん、まったく自分の地位保全しか考えない政治家がおおすぎますが、それを選ぶ国民はもっと悪い。それでも、小沢さん支援をした200名は勇気が必要だったと思いますので、そこは見守っていきたいと思います。
 
 小沢さんを支えるのを、岩手県民だけに、おしつけてはならないと思います。
行動を起こせない立場にいるかたは、せめてもの、陸山会に1000円の資金カンパをしたいものです。私はすでに40口いたしました。また少しづつ捻出して10口単位で続けるつもりです。一農業者・主婦より。

18. 2010年11月11日 10:21:50: J0o6rialnc
>10. 熱烈な自民党支持者 2010年11月10日 V/uzXpXm4m5LQ : PYdvPPnD0Q さん

>検察官の証拠捏造や検察組織の裏金問題、マスコミの嘘つき報道、
>天下りで税金を無駄遣いする官僚たち。今まで権力に安住していた
>連中の醜悪な姿がこれほどまでにあからさまになったことは自民党
>政権時代にはなかっただろう

まぁ、漆間氏の「自民党には波及しない」を聞けば分かる通り、今まで自民党と検察、法務大臣、法曹界、マスコミ各社全てが癒着していた、又国民が戦後のあの時から催眠状態にされ、権力者の為政を信じ切っていた為、国民に見えなかったからだろう。
ここへ来てITなどの発達もあり、政権交代した事もあって、その癒着していた構造が壊れ国民の目に権力者達の、多くの醜い所業があからさまになった。
しかし菅政権も又その癒着構造で無ければ自分達が美味い汁は吸えないと言う考えに至り、自民党と同じ癒着の道に突き進んでいる。
しかし覚醒した国民がもう二度と催眠術にかかる事は無い。
もう二度と国民は悪政を許さない。
菅、仙谷政権を国民は支持しない!
菅仙谷を支持した議員達よ、今回限りの末期の美味い汁だ、良く味わって飲めよ!


19. 2010年11月11日 14:21:31: arIjuafsG6
腰砕けの国会議員達へ。

「自分たちの生活がかかっている」?
馬鹿言っちゃいけない。お前らは国民の意見を、地域住民の意見を生活に反映させるべく使命がある。俺たちに頭を下げ、お願いします、頑張ります、だから一票をください。と言って、俺たちがそれを信じ、一票を投じた結果に俺たちの代表となったのではないか。はじめからその場所にいたと勘違いしていないか?

「いや、私はただ選挙カーに乗って、手を振り、頭を下げ、一票をくれと叫び続けただけだ。議員の地位に就くために。議員になって何をするかなんて一言も約束した覚えはない。」とでも言い訳をするつもりか?

ならば、はっきりさせよう。結果としてお前らは国民の生活を良くするために代表になったのだよ。だから、お前らは国民の方向を見て行動をしなければならない。国民の顔色をうかがわなければいけない。幹事長や総理大臣のほうを見るのではない。自分の保身のために、何もしないのか?政党は会社じゃあ無いのだよ。理念の同じくする者が集い、理想を追求するために行動するのだろう。利益を追求する必要はないはずだ。だから我々が税金を払っているのだろう。
今の民主党が国民の意見を反映しているかね?マニュフェストは守られているかね?
すべてを反故しているだろう?このままズルズルと執行部に従うつもりか?
国民は無視したままで。議員は三日やったらやめられないかね。ただこれだけは言っておく。次の選挙では間違いなく国民は一票を投じない。この世の春を謳歌しておくか?日本が存続すればの話だが。


20. 2010年11月11日 20:25:05: rmbk3j7gdI
菅政権が何も決められなくて、グダグダになってきているのは確かだ。
それは、協力していないからだ。民主党議員がほとんど
菅政権に協力していないからだろう。
親小沢派議員は、国民の見えないところで動いている。
大手マスコミに報道されない方が動きが見えなくて都合が良いのだ。

小沢前幹事長は、西松事件で代表を退いて、大手マスコミに
動きを報道されずにあのような大勝をおさめたのだし。

国民は、できるだけのことをして、親小沢派が政権を取ったら、
本気に国民生活を立て直してくれるようにデモだったり、
小沢氏を擁護する良い記事のブログを拡散したりして、
絶えず、親小沢派国会議員を勇気づけていきましょう。



21. 2010年11月11日 21:46:03: mH3VuLYNvg
 このあいだの二回の東京小沢支持デモには出られなかった。こんど20日の大阪御堂筋のデモには新幹線で行って是非出ようと思っている。こうなったからには自分で行動するしかない。群馬県の一小沢支持者

22. 2010年11月11日 22:17:01: 0JUW9FCSmc

親でも反でも、日本国民の為に働くのがいい議員!

                by ケの小平


23. 2010年11月11日 22:40:16: ce1kfAwcZI
みちばたの蝶さん、あなたの文章は綺麗で心に響く、、、
小沢さんを守るための行動を起こそう、いや我々市民はすでに動いている。
あなたのおっしゃる通り...政治家こそ先んじて動くべきではないかと思うよ、何の計算があるのかは知らないが一人だってできるじゃないか!

24. 2010年11月12日 00:35:12: 86tK60oS6c
23さん、みちばたの蝶さんは、投稿者であって、この文章は世川行介氏の手になる物ですよ。世川さんは女好きだが、いい文章を書く。

25. 2010年11月12日 07:50:04: ce1kfAwcZI
>24さん
ちゃんとタイトルに書いてありますね、失礼しました。

26. 2010年11月12日 14:32:48: QDOXlxmHrs
現代は静かなること林の如しの時代ではない。騒いでなんぼの時代だ。(マスコミは常に権力者の太鼓持ち)だから、権力者に対して意思表示するデモはそのためにある。かの中国ですら民衆のデモには神経を使つちる。しかるに日本はここ30年来デモらしいデモが行われたためしがない。

左様日本人はアメリカの巧妙な愚民政策によつてフヌケになつてしまつた。若い者も年配者も、そして民主党議員も例外ではない。
このままでは、よほど強力な指導者が現れない限り日本は落ちるところまで落ちないと立ち直れない気がする。


27. 2010年11月13日 02:18:53: lmmom2TeHE
世川さんの投稿、心に響き渡りました。
小沢さんを支持している、しようと思っている方々の思いを代弁してくださっているかのような文章でした。有難うございます。

28. 2010年11月14日 21:59:37: wBnxWMcToM
確かに歯がゆいけれど
新小沢系の議員が今下手に動いたら早速、悪徳ペンタゴンによって捏造スキャンダルなどで潰されかねない。
小沢さんも今彼らが動くことを望んでいるだろうか?
悲しいけれど、今は静観することしかないのでは?
その間力を蓄えることしか出来ないのでは?

DRFの時代が終わるのを待つしかないのか。悔しいけれど今は我慢の時か。
臥薪嘗胆。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧