★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99 > 465.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
尖鋭化する「太田述正・言論」、実に結構です (uedam.com)
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/465.html
投稿者 五月晴郎 日時 2010 年 11 月 14 日 12:25:24: ulZUCBWYQe7Lk
 

(回答先: <中国社会科学院日本研究所>など 本澤二郎の「北京・天津友好の旅日記」(3)  投稿者 五月晴郎 日時 2010 年 11 月 14 日 11:39:05)

フォロー元記事中の下記@への参考として、下記Aをuedam.com掲示板 『尖鋭化する「太田述正・言論」、実に結構です』(http://8706.teacup.com/uedam/bbs/9232)から転載投稿します。

下記@(フォロー元記事)

<「橋のない川」を読め> 

 日本の諸悪の根源を天皇制と教えてくれた人物は、宇都宮さんである。目から鱗が落ちた瞬間だった。皇国史観から離脱できない日本も官閥が生き残ることで、現在も尾を引く。「日本は天皇を中心とする神の国」との妄言を吐いた総理大臣は、小泉内閣の前の森喜朗であった。
 天皇制を勉強しないと日本は見えてこないのだ。その格好の教材を友人弁護士が教えてくれた。「橋のない川」である。作者は住井すえさん。92歳で第7巻をまとめた。日本文学の最高峰といっていいだろう。中国の魯迅に匹敵する。女流文学者の慧眼にはあきれるばかりだ。表は差別問題を取り上げているが、裏は天皇制を裸にして批判した最高傑作である。
 官閥や財閥が嫌う作品に違いないが、この「橋のない川」こそが、民衆から生まれた見事な政治思想文学といっていい。これを一部呼んだ人物は、今回の旅の中で一人いた。ほとんどの日本研究者は知らなかった。
 日本文学を研究している田さんには、後に電話で伝えた。翻訳を薦めた。

下記A

尖鋭化する「太田述正・言論」、実に結構です 投稿者:ウエダ 投稿日:2010年11月14日(日)09時18分15秒

おはようございます、皆さん、植田です。

 最新の太田述正氏の一言コメント。
 http://www.ohtan.net/

 「私、吉田茂を買いかぶってたかもな。彼、一時的ならぬ恒久的軍備放棄を目指したけれど、晩年、それは間違ってた、いや自分が戦前戦後にやったこと全てが間違っていたと悟ったってあたりが本当のところかもよ。」

 この前半は、まったくその通りです。
 後半は、そんなことはないでしょう。吉田茂氏は、明治時代にその思想を構築した人です。もし終戦前に間違ったことをやったのだとしたら、信念をもってやっていたわけです。吉田茂は、その信念は終生持ったままで死を迎えました。つまり、彼は、自分で規定したように(いや、ジョン・ダワーがそう指摘したのだったか)、明治時代の人間であり、天皇主義者でした。
 だから、民主主義の時代になった戦後になって、アメリカ占領軍への日本民主化政策に反抗する意味もあり、「臣・茂」と称しました。戦前の天皇制は今も生きているぞ、と。

 戦後世代から見て吉田茂を評価するときに最も目につくのは、この人は民主主義者になったことは一度もなかったということです。明治時代の武士あがりの官僚たちと同じく、民は統治されるべき存在、と見なしていました。もちろん、官僚は民をいつくしみ、統治する主体です。
 こういう統治思想を持った人が、今に至る「吉田茂体制」を構築しました。昭和天皇の意向を100%体現したものです。

 「どんどん私の日本戦前史観が先鋭化して行ってるように思うが、これは読者諸氏のインプット(史料提供)によるものだ。しかし、先鋭化とこの私の史観の普及とは相容れない面がある。この点でも読者諸氏、よろしく。 」

 いや、ますます正気になってきています。
 私も、そろそろギア・チェンジをしなくても、普通に太田氏のコメントが楽しめるようになりつつあります。
 尖鋭化とは、すなわち、律令理性人たちがまき散らした戦後の日本語言論から離脱して、正気の道への歩みです。

 したがって、太田氏のこれからのさらなる尖鋭化が期待されるところです。
 戦後の日本語言論は、しょせん、吉田茂体制の中でのママゴトです。
 これを離脱して、はじめて日本語は「普通」の目線に立つことが出来ます。

 太田氏が、ここに「到達、一番乗り」、という気配がしてきました。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧