★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99 > 546.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
そもそも、日米安保・日米同盟 は信頼に値するのだろうか?  (世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/546.html
投稿者 純一 日時 2010 年 11 月 15 日 17:47:58: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/229b5315377e4b8477886c7fe8199a42

2010年11月15日

軍事同盟と云うものが、その時代背景で様々に変化するのは当然なのだろう。

「旧安保条約」、「新安保条約」、「日米同盟:未来のための変革と再編」、とその内容は平和ボケした国民は殆ど知らされずに変質している。

敗戦国日本を占領して睨みを効かせていた、英米の占領軍がサンフランシスコ平和条約を経て、英軍が去り在日米軍と変貌した。占領軍としての米軍及びその基地は、占領軍としての役目を終えたと思いきや、今度は朝鮮動乱で米軍の後方支援基地として変貌し、次には中華人民共和国とソ連邦、北朝鮮など社会主義国との防波堤(東西冷戦)として位置づけられ変貌。同時にベトナム戦争の後方支援基地としての役目を仰せつかって来た。

ソ連の崩壊で東西冷戦は終わりを迎え、これで世界に平和が訪れるのかな?と思いきや、今度は北朝鮮がミサイル開発も始め、核開発にも着手した、と希望的平和観測はかき消され日本人をびくつかせた。兎に角、次から次と日米同盟を白紙還元、見直す機運を削ぐような問題が持ち上がるように出来ている。正確に言えば、偶然にしては、あまりにも偶然問題が起きる。

日米軍事同盟に対等な立場での検証を主張する鳩山・小沢民主党体制の出現を快く思わぬ日米軍事同盟関係者(日米安保マフィア)は、沖縄米軍基地(米国の軍事世界戦略上、海外にある最大の基地群)の普天間基地移設問題で「出来れば海外、最低でも県外」を主張する鳩山由紀夫の失権を望むのは、日米同盟における米軍基地の位置づけからしてあってはならない不快な事実、だからであった。

サンフランシスコ条約締結時、吉田茂首相は、同行した池田勇人大蔵大臣に「筋の悪い条約だ。君の将来に傷がつく、署名は俺一人でする」と言ったといわれるような条約に起因する日米安保条約が不公平条約であることは、明白だ。占領軍と敗戦国の条約に起因しているのだから当然だろう。

不平等条約を金科玉条と仰ぎみている人々こそ、能天気以外のなにものでもない。 鳩山首相が最終的に膝を屈したのも、北朝鮮による韓国哨戒艦撃沈事件が起きたことが最後通牒だったと思われる。日米安保マフィアは戦略性に富んでいる。到底、日本の政治家や官僚が考える戦略性とは、レベルが違う。この戦略性の虜になったのが、民主党前原誠司と云う男だ。

日米安保マフィアは、東西冷戦構造の崩壊後の日米同盟の存在意義に腐心して、これでもかこれでもかと、日本国民が動揺する事態を突きつけてくる。 本当は、経済のグローバル化によって、相当平和な東アジア世界が出来つつあるとしても、日米同盟が無かったらトンデモナイ事になる、と瑣末な出来事を色々生み出す。

兎に角、日本の平和を脅かすような出来事は良いことだ。(日米安保マフィアにとって)尖閣沖に中国漁船が来たら、追いつめて、船長を切れさせて、拿捕してしまえば良い。こんなことでも、日本国中大騒ぎになる。中国海軍は増強に増強だ、航空母艦も建造中だ。空母を作ると云うことは、外洋に出ると云う事だ。原油シーレーンだって危ないぞ!

ほとほと左様な状況であるのだが、日本人の多くは、米軍が日本を守ってくれている、と信じている。筆者も信じたいところだが、東西冷戦構造崩壊後の日米安保の存在意義の見直しを、避けて通りたがる既得権益グループの存在の方が気に障る。中国共産党のシビリアン・コントロールが軍部(中国人民解放軍)を抑えきれない状況を勘案し云々、と云う情報がマスメディアの論調の基調となっている。コキントウ体制後の習体制はどうだこうだと。

米軍の核の傘があるから、なんとか大丈夫だ、と云う言説もある。米国が日本の為に核を使うとも思えないし、中国が日本に核を打ち込むと云う想像も荒唐無稽だろう。北朝鮮が核を打ち込んできたからと言って、米国が即、日本の為に反撃してくれると云う妄想も、筆者には思い及ばない。

米国は冷静に、国益としての行動を検討するだろが、即応することはない。アメリカ合衆国憲法の範囲内で決定されるわけで、議会の承認が不可欠だ。万が一、米軍基地や米国大使館、領事館を避けた攻撃を日本が受けた場合、おそらく米軍は即応する気はないだろう。

あの前原誠司なら、「第一義的には、当然自衛隊が即応すべきだ」と云うのだろうが、守屋元防衛次官の言ではないが、「自衛隊の戦時オペレーションは米軍と一体ですべて成立しているので、単独での自衛力は殆どない」と云うのが事実だと筆者も思う。

だから、再軍備だ!核武装だと云うのは、飛躍の飛躍で、滑って転ぶだけである。 だからと言って、殴られるだけ殴られ、座して死んでも良いとは思っていない。本当に専守防衛に必要な軍備を考える必要はあるだろう。今の自衛隊の装備でも充分な筈だ、ただ、米軍の協力なしには動かせない軍備は、無用の長物なのではないか? 米軍オペレーションの一翼を担うしか能のない軍備ってのは不快である、それこそ、自衛隊じゃなく、「日の丸つけた米軍」と云うことだろう?

専守防衛にもなっていない。 筆者は、何も日米安保条約を破棄して考えるべきとは言っていない。東西冷戦構造の終結と、その後の日米同盟の在り方は、白紙還元的次元に立った議論、検証が必要だと言っている。日米安保の歴史的意義は充分あったが、今その歴史的意義は実質消えている。

米国は未だ日本を敗戦国として扱っているかどうかも、知りたいところである。新たな威嚇があるとしても、占領軍の姿かたちを有する在日米軍ではない、米軍としての扱いを日本人は考えるべき時期に来ているのだと思う。

それをさせない為に、前原をバックアップする日米安保マフィア(日本のマスメディアも含む)が激しく活動している。最近、とみに右翼系ブログの元気が良いのも、前原誠司の政権樹立を後押ししているようだ。ただ、前原の思惑と田母神氏の考えには乖離があるように思えるのだが、真実は判らない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 純一 2010年11月15日 18:16:38: MazZZFZM0AbbM : lWAmSpJ7g2
あいば達也氏の日米安保条約に関する問題提起は、まことに尤もである。
太平洋戦争の戦いで敗れたのは事実として受け入れるが、戦後65年にわたり、実質 占領状態に置かれているということは一体全体何なのか。異常である。
日米の平和条約の締結と共にわが国は独立国として復権していて然るべきではないか。吉田、岸、佐藤など売国奴首相の裏切り行為があったにしても、その後の政権で是正されるべきではなかったか。今や自公政権が変わり、この国家的恥辱、不利益を跳ね返す時期が到来したというべきであろう。
現在の社会環境は最悪だが、今起こっている「マスコミ・検察の糾弾デモ」のような国民運動の形で、地道だがこれを打ち出していくべきだと思う。

02. 2010年11月15日 20:06:39: 5kRSrDdtRQ
日米同盟は基軸?いや、日米同盟は看板倒れ!鬼畜米国のご機嫌を損ねないよう媚米・隷米である。売国奴岡本行夫(外交評論家)が日米同盟重要性を吹聴しており、もっと軍事予算を増額しろとほざいている(NHK日曜討論)。ばっかじゃなかろか!広島・長崎に訪問しないで超厳戒態勢の下で鎌倉まで抹茶アイスクリームを食べに行く異常な光景に、マスゴミはノー批判の取材。バラク・オバマはノーベル平和賞受賞の価値なし。ビルマの民主化運動家アウンサンスーチーさんに捧げるべきである。日中の戦略的互恵関係構築?何、妄想している。中国は日米同盟のまやかしを見透かししている。今や経済関係は米国より中国との依存関係が強い。今、国益の観点から日米、日中関係のバランスを取れる政治家は小沢一郎しか居ない!にも拘わらず、この重要なファクタを理解している日本人は少数であり、多くの日本人は不幸にもこの稀有な政治家”小沢一郎氏”を排除・抹殺しようとしている。何と愚かしい国民なのだ!当然、因果応報、自殺行為、自業自得は回避すべきなのだ。

03. 五月晴郎 2010年11月15日 22:54:37: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
アメリカ側からすると、日本に外交をさせない為の日米安保条約、と言えるだろう。下記1971年時点での認識から今も変わっていない。日米安保に積極的に与する人間が、そうした雑誌に下記のように書いているのだから間違いないだろう。
外交をさせないとは、属国状態に、ということだ。
アメリカがそうするのはアメリカの為にしているのだから当然と言える。中国も中国の為だ。では、「前原をバックアップする日米安保マフィア(日本のマスメディアも含む)(投稿記事)」は何の為にだ?性格が浮かびあがんでくる。

=転載開始=
73歳の革命政治家と48歳の戦略家の初対決が1971年に行われた。ニクソン政権の国家安全保障担当の大統領特別補佐官であるキッシンジャーと、中国国務院総理の周恩来。 周恩来は部下が用意したメモには一切目もくれずに滔々と話す。一方、キッシンジャーは交渉の論点となる事項をびっしりと書き込んだ大学ノートを携えていた。周恩来は「ずいぶん分厚いノートですね」と皮肉った。 ベトナム戦争の泥沼から脱却するには米中接近がどうしても必要だった。それを正確に理解している中国首脳は周恩来だけだということもアメリカは知っていた。 日本はもはや経済的に強大な力を誇っていた。もし日米安保体制がなければ短時間のうちに日本は核兵器を製造するであろうとキッシンジャーは言った。「日本を暴れ馬にしてはならない」。こうして周恩来は革命中国の主要な敵であるとしてきた日米安保体制を黙認した。 ニクソンは、米中接近のために長年の盟友である蒋介石を切り捨てることは決めていたものの、アメリカ議会に絶大な力を持つ台湾ロビーや保守派の反撃にも気遣っていた。「反共の闘士」という政治的資産をうまく使いながらも、ベトナム戦争を裏で支える中国への接近を試みるという交渉だったのだ。一方の周恩来も、文革で壊滅的な打撃を負った中国外交の再建に乗り出していたさなかのことであった。
『文藝春秋2007年1月号「周恩来とキッシンジャーの握手」手嶋龍一 』
=転載終了=
転載元:
http://hougakukyoushitu.cocolog-nifty.com/thirdroundthriller/2010/03/post-9df4.html
「糖質〜趣味のブログ 2010年3月 6日 (土)」「周恩来とキッシンジャー博士の初対決」


04. 2010年11月16日 01:01:56: CRer5rROIE
>米国は冷静に、国益としての行動を検討するだろが、即応することはない。
>アメリカ合衆国憲法の範囲内で決定されるわけで、議会の承認が不可欠だ。
>万が一、米軍基地や米国大使館、領事館を避けた攻撃を日本が受けた場合、おそらく米軍は即応する気はないだろう。


オメエな、余りノータリンな投稿をすんなよ。
阿修羅全体がこの程度のレベルなのかと疑われるぞ。

日米安保はな、すでに米議会で承認済みの条約。
日本が武力攻撃を受け応戦体制に入ったならただちに発動される。

少し勉強してクチ開けよ。
(中国工作員の低脳さは目に余るな)


05. 2010年11月16日 01:11:40: MaFr27pLGI
>04
噴飯モノ。
日米安保のどこに自動参戦条項があるのだ!?
ちゃんと読みこなすように。
少なくともアメリカは宣戦布告前に議会の承認を得る必要がある。

06. 五月晴郎 2010年11月16日 03:23:53: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
>CRer5rROIE司令官

コメント内容はどうでもいい。
伝法な口のきき方を猿真似してるようだけど
勘違いのお上りさんに見えてみっともないぞ。


07. 2010年11月16日 05:15:23: NkBt3SOPeE
親米政策が、日本政府のとるべき道なのだ。

アメリカの後ろを、子分として歩くのが正解です。


08. 2010年11月16日 09:10:44: 91lNtYtmRk
04、07、頭大丈夫ですか? 脳みそちゃんと入ってますか〜?

09. 2010年11月16日 09:31:09: CRer5rROIE
>>05
また、知ったかぶりのノータリンか(エラッソに)w

日米安保条約5条
「自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動すること」
は、日本が武力攻撃を受けたならアメリカにも“自動的に”発動されるが

オメエはまさか、“憲法上の規定及び手続きに従って”というのを、その時点でアメリカが参戦をするか否かを米議会で新たに議論して議決承認することと思ってるんじゃねえだろうなw
(そんな不確かなことなら、アメリカと軍事同盟(条約)を結ぶ国は一つもねえだろうよ)

“憲法上の規定及び手続きに従って”というのは、
米議会がすでに自ら承認している安保条約に従い、共通敵国に対して宣戦布告を出すってことだよ。(それが“手続き”であり、新たに議論議決をすることではない)

オメエには読みこなしが足りない(というより読むためのアタマがない)ようだなw

────────────────────

何だこのアホは。まだ阿修羅にいたのか?w →>>06,>>08


10. 五月晴郎 2010年11月16日 11:50:50: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
日米安保 
     ・日米安保とは日本にとって「柵と檻」
     ・米国にとって極東での最大脅威は北朝鮮ではなく日本
     ・偽装の日米同盟の行方、それは日本の孤立化
      http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/571.html

     


11. 2010年11月16日 18:04:09: 0DSdpGK7p2
日米安保なんてイラネーよ!!

いい様に金をむしられ、挙句有事に役に立たないコスト高の戦争の火種を、
わざわざ大事に抱え込む必要は全く無いねw


12. 2010年11月16日 19:42:04: 2gLrzMDYcM
>>04
>日本が武力攻撃を受け応戦体制に入ったならただちに発動される。

大変重要な問題なので、冷静に聞いて欲しいのですが、
あなたの認識は誤っています。結論から言えば、いま中国に尖閣諸島
を占領されても米軍に出動義務はないです。また中国に実効支配され
た後も同様です。尖閣諸島のような島嶼部は日米安保の適用対象にな
っていても条文では出動義務はないのです。それから本土についてで
すが、日本が攻撃を受けても、米軍は即座には動きません。議会の承
認がいるのです。イラクやアフガンだけでも手一杯のアメリカが、超
大国の中国と戦争するメリットはないと判断すれば、それで終わりな
のです。それでも条約違反ではないのです。

まあ、私がつべこべ言うより理解しやすいので、どうか一度、以下の
インタビューをじっくり聞いてみて下さい。右左は抜きにこういう基
本知識は絶対必要です。

「孫崎享氏インタビュー」 2010年9月26日
(孫崎享= 元・外務省国際局長。元・防衛大学校教授)
http://iwakamiyasumi.com/archives/3556

「日米同盟:未来のための変革と再編」 2005年10月29日
(ライス国務長官・ラムズフェルド国防長官
町村外務大臣・大野防衛庁長官)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/henkaku_saihen.html


13. 2010年11月16日 19:53:27: 2gLrzMDYcM
孫崎享(元・外務省国際局長。元・防衛大学校教授)
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25089415972
安保条約「日本の管轄下」への攻撃の際、「自国憲法に基づき行動」。
米国では戦争は議会の権限。従って米国の条約上の義務は議会で検討するまで。さらに05年2プラス2で島ショウ防衛は日本の役割。
中国攻撃時米軍即でず。中国占拠なら管轄地は中国に移り安保対象外。

孫崎享(元・外務省国際局長。元・防衛大学校教授)
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25081992822
尖閣:9月20日米国務省プレスブリーフ。「これは日中の二国間問題。外交的手段での解決望む」。米国は同盟国日本の立場を支持すると言っていないことに要留意。尖閣問題で中立という立場はここでも示されている。


14. Give me a break 2010年11月16日 23:42:59: jeavkttnFTNo. : i7ykQDCJwc
そうですね! 日本は最強の軍事設備と資源も豊富にあるし 国民全体に国際性あるし、 普通世界では英語は世界共通語のはずなんだけど 日本人は英語もバッチリ
歴史的にみても、日本はとーても清廉潔白な国 なんといっても神の国だし
日米安保いらんとわ
何事ですか? どこまで島国根性の単一民族の無知で無教養さは
帝国軍国主義を末裔?
勘弁してください

もう少し教養を高めて下さい。
日本人は世界でジョークのネタにされていますよ。


15. 2010年11月17日 00:49:44: MaFr27pLGI
>09
すごい法理論で恐れ入ります。
明記がない限り自動参戦はしないのが通常の法解釈。
軍事同盟を結べば必ず同盟国が助けてくれると考えるのはかなりおめでたい部類。

「アメリカ合衆国軍が行動する場合は、アメリカ合衆国憲法に従わねばならないと条文で規定されている。また、アメリカ合衆国憲法では在外のアメリカ合衆国軍基地が攻撃を受けた時は、自国が攻撃を受けたと看做され自衛行動を許すが、駐留国の防衛まで行う規定はない。」


16. 2010年11月17日 09:48:38: G0O1ATak1E
>14
日中間で安全保障条約を結んでも別に構わんのだよ。
もうアメリカは凋落していく。これは間違いない。
どうでも良いゾンビにしがみつかれても困る。

17. 2010年11月17日 09:58:10: G0O1ATak1E
日本の米軍基地への負担金額はイギリスの20倍
ドイツの3倍、NATO全体の2倍なのにも拘らず、
島嶼部はアメリカが防衛する規定は何も無い。
尖閣諸島のような島嶼部は自衛隊の防衛区域だからだ。

はっきり言って、アメリカは用心棒として役立たずの怠け者だ。
怠け者にカネを払う必要は無い。
その分、自衛隊に回した方が国益にかなう。


18. 2010年11月18日 00:11:45: MaFr27pLGI
>17
私もそう思います。
日米同盟強化で、本当に有事の際に役に立つかどうか解らない、おまけに世界の平和に全く関係ない紛争に引き摺り出される可能性があるモノに心血を注ぐより、自衛隊に金を回す方がよほど日本のためになるのではないかと。

19. 2010年11月18日 06:43:10: CRer5rROIE
>>12
>大変重要な問題なので、冷静に聞いて欲しいのですが、あなたの認識は誤っています。

ま、アンタが「大変重要な問題なので」とノタマウから(w)、オレにとってはもう過去のテーマだがあえて応答させてもらうと、
(この孫崎享の主張は、たかが2chでもその誤りを徹底的に論破されていたがw)>>9で述べたように、
国家間の「安全保障条約」において、その条文中で「共通の危険に対処する」と言えば、それは軍事行動を意味するのは条約締結国の普通の認識である。

孫崎享は、それを敢えて、条文には「憲法上の規定及び手続きに従って」とあるから、即応の軍事行動を意味しないと変な解釈をしているようだが、

しかし、すべて民主国家の軍事行動というものは即応であろうとなかろうと、みな憲法上の規定及び手続きに従って行われるのだよ。

アメリカだけでなく、日本でも、突然中国に侵略を受けても、その即応軍事行動は、憲法と法律の規定に従ってなされる。

ただ条約中に「憲法の手続き」を明瞭に持ち出す場合は、普通は「宣戦布告」を出すことを意味する。アメリカ憲法の中で、ハッキリと「戦争の開始には議会の宣戦布告が必要」と明記されているからな。

────────────────────
>>15
>軍事同盟を結べば必ず同盟国が助けてくれると考えるのはかなりおめでたい部類

オレはアンタのアタマに恐れ入るよw

昔の条約が無きに等しい時代は別にして、
近代国家が成立して以来、その議会で「安全保障条約(軍事同盟)」が承認されておりながら、
条約当事国の一方が第三国と戦争に突入してその他方が介入しなかった例は一度もない。

アメリカなどは、ベトナム戦争や湾岸戦争にみるごとく、
軍事同盟を結んでなくて単なる「軍事支援協定」であっても、自国兵力をドンドン投入している。

────────────────────
>>17
>島嶼部はアメリカが防衛する規定は何も無い

このウワサの根拠は、2005年に出された『日米同盟:未来のための変革と再編』の次の部分だろうが、

── 日本は、弾道ミサイル攻撃やゲリラ、特殊部隊による攻撃、島嶼部への侵略といった、新たな脅威や多様な事態への対処を含めて、自らを防衛し、周辺事態に対応する。

これは、その部分のアメリカの防衛放棄を意味しているのではない(読解力の低い低脳がよく曲解するが)。
単にこれからの日本の自国の防衛努力を述べただけ。

いずれにしてもこの日米同盟に関する一つの宣言文は、
現実の「日米安保条約」の内容にいささかも影響は与えはしない。
(与える場合は、条約の改訂を行わねばならない)

日米安保条約で、「日本国の施政の下にある領域における」とハッキリ明記されてる限りは、たとえ島嶼部であろうと米軍は動くことになる。


20. 2010年11月19日 00:55:30: MaFr27pLGI
>近代国家が成立して以来、その議会で「安全保障条約(軍事同盟)」が承認されておりながら、
>条約当事国の一方が第三国と戦争に突入してその他方が介入しなかった例は一度もない。
少なくとも日独伊三国同盟で、ドイツがフランスイギリスと戦争状態に入った段階でも日本はフランスイギリスには軍事介入していない。

>アメリカなどは、ベトナム戦争や湾岸戦争にみるごとく、
>軍事同盟を結んでなくて単なる「軍事支援協定」であっても、自国兵力をドンドン投入している。
そりゃそうだろう、戦争したくて仕方ない国なのだから。

要するに、自動参戦でもなんでもなく、戦争した方が利益になると思えばするし、ならないと思えばしないだけ。


21. 2010年11月19日 02:29:21: CRer5rROIE
>>20
オメエは、日本が真珠湾奇襲後に、
イギリス領マレー・シンガポールそしてフランス領インドシナに進攻したのを知らないようだなw

>要するに、自動参戦でもなんでもなく、戦争した方が利益になると思えばするし、ならないと思えばしないだけ

そしてここにオメエの知的レベルが集約されてるな。
すなわち条約や契約というものの本質が理解できないタグイのヤカラ。

ま、それが理解できるのは文明国人だけだがな。
(まさか、オメエはその場の成り行きでことを決める人治主義の中国人じゃあるまいなw)

オメエには、一人前に軍事同盟(条約)を語る資格はないようだ。


22. 2010年11月20日 01:17:36: jI8OmrJpNg
>21
もう少し歴史の時間的経過くらい調べたらどうか?
「自動参戦」であれば、独伊が英仏と戦争状態に入ったら、日本もその時点で交戦すべきではないのか?
「自動参戦」は1年以上猶予出来るのか?

日ソ中立条約は契約遵守として守られたのか?
世界中の同盟や条約は必ず守られているのか?

呆れ果てた。


23. 2010年11月20日 05:02:14: CRer5rROIE
>>22
ま、オメエのオツムの程度が分ったよ。

日独伊三国同盟が調印されて(1940年9月)
日本がイギリス領マレーに進攻する(1941年12月)まで、1年数ヶ月。
(正確には、調印後の国会などの手続きがあるから実質1年程度だが)

日本がドイツの開戦を受けて、
本国より遠く離れた東南アジアの広範囲な地域を占領するために
その複雑な作戦を立て、そして大兵力を準備しかつ移動させ、軍事行動を起こしたのは、

それが今から70年前になされたことを考えると、
1年そこそこの期間というのは当時としては最大限の即応行動と言える。

日本国内のチッポケな尖閣で、しかもその目と鼻の先に駐留してる米軍が行動を起こすのとはワケが違う。

────────────────────

日ソ中立条約?
オレはここで軍事同盟に関する条約を述べたつもりだが
日ソ中立条約は軍事同盟ではないが、一応答えておいてやるよ。

そもそも軍事同盟というものは、条約締結国の共存共栄を望み互いに軍事的に助け合うことをその主旨とするが、
しかし、中立条約や不可侵条約は、同盟条約とはその主旨を全く異にする。
すなわち、条約国同士が互いに相手を牽制し、可能ならば相手の国が消滅してくれることを望む(「余計なことは一切してくれるな」という)条約である。

したがって、中立条約というものは、最初から相手を出し抜く要因を含んでいる。

日ソ中立条約破棄に関しては、一応ソ連なりに筋は通している。
すなわち、広島に原爆が投下され、日本の敗戦必至となった時点でソ連は進攻しているからだ(しかもその4ヶ月前に、条約の更新しないと律儀に日本に通知してその破棄をほのめかしている)。

ソ連にしてみれば、日本が連合国に敗れてしまえば、いくら条約期間が残っていると言ってもその条約締結国が消滅してしまうのだから、無意味な条約遵守となるからだ。

中立条約の一方的破棄でさえ、このような特別な環境下でしか起りえないということができるであろう。

ソ連は(現在の中国や北朝鮮も)一党独裁国家であるから、
どちらかといえば19世紀以前の専制国家に足がかかった国であり、
オレがいう「近代国家」とは厳密にいえば異なるが、

その条約に対する意識はそれなりにしっかりしていたと言えるかもしれない。


しかしマ、オメエのタワゴトにこれ以上付き合っても余り意味はないようだな。



24. 2010年11月20日 23:45:40: MaFr27pLGI
全然軍事行動ってのを理解してないな〜
それに日本がドイツ開戦後に1年かけて対英仏戦を用意したって理論もマジメに笑える。

>すなわち条約や契約というものの本質が理解できないタグイのヤカラ。
と言ってるのだから、
>オレはここで軍事同盟に関する条約を述べたつもりだが
とは筋が通らないな。

もっと言えば、日独伊防共協定がある中、ノモンハン事変を戦っているにも関わらず、独ソ不可侵条約を締結し、更にその後一方的に破棄してソビエトに侵攻するなど、いくらでも例がある。

>すなわち、広島に原爆が投下され、日本の敗戦必至となった時点でソ連は進攻しているからだ
ソ連は原爆投下を待って参戦したとでも?
アメリカは原爆投下を急いではいたが。

いずれにせよ、いくら「すべからく軍事同盟は自動参戦である」「すべからく軍事同盟は堅く遵守される」と信じていても、パワーポリティクスの世界では青い理屈ではなく、現実的な最大限の国益を得るために動くだけ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧