★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99 > 836.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本における、ナチス・ドイツ組織の末裔=東京地検特捜部(格差階級社会をなくそうブログ)
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/836.html
投稿者 とよちゃん 日時 2010 年 11 月 20 日 02:49:09: wrsn9s/h1huWU
 

日本における、ナチス・ドイツ組織の末裔=東京地検特捜部

「貿易の自由化は、ナチス勢力が推進している」、


http://alternativereport1.seesaa.net/article/169756832.html

「TPP等、太平洋地域、世界規模での自由貿易の推進の目的は、世界ナチス帝国の建設である」、参照。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/169546612.html

 現在、日本が推進しようとしているTPP等の、アジア太平洋地域での「自由貿易協定」は、その前哨戦・部分戦としての交渉が、長らくWTOによって継続されてきた。

 このWTOでは、特に「投資環境の整備」「競争原理の明確化」が強い「対日要求」として日本に突き付けられてきた。

「投資環境の整備」とは、外国の銀行等が日本の企業を「自由に乗っ取る」事が出来るように、日本企業同士の株式持ち合い比率を下げろ等と言った要求であり、かねてからの「金融自由化」の一環である。

この「金融自由化」の一環として行われた郵政民営化では、郵便局の窓口で欧米銀行の「投資信託」が、大々的に販売された。

この投資信託の運用担当であるロスチャイルド銀行は、日本の高齢者の老後の生活資金を、「6ヶ月以内に、ニューヨーク・ダウは、11000ドルを超える」に、100億円、「賭けた」。ギャンブル投機である。

一方で、ロスチャイルド銀行は、系列の銀行ドレフュスを使い、「6ヶ月以内に、ニューヨーク・ダウは、11000ドルを超えない」に、100億円、「賭けた」。

これで、ロスチャイルドと、ドレフュスの、「ギャンブル投機」契約が成立する。ルーレットの、偶数に賭けるか、奇数に賭けるか、と同一の、ギャンブルである。

そしてロスチャイルドの系列ラザールフレール銀行は、世界中で、ニューヨーク・ダウの先物を「売りまくる」。売られれば下落する。

そして、ニューヨーク・ダウは11000ドルを、「超えない」。

郵便局の投資信託は、100億円を失う。その100億円を入手した、ドレフュスは、それをロスチャイルドに「上納する」。

これで、日本の高齢者の老後の生活資金の略奪が「完成する」。

1口・1万円で購入された投資信託の価格は、1口・5000円に「下落している」。失われた5000円の集積が、奪われた100億円である。

これが、金融自由化の、トリックである。「合法的」に、日本人の財産を略奪するために、「金融自由化」は推進されてきた。

欧米の銀行等、金融筋の「要求」を、「自由貿易」は代弁している。

 そして、自由貿易の、もう一つの中身=「競争原理の明確化」には、特に「政府調達の透明化」という項目が入っている。

 日本政府が民間企業から物資を購入する際、日本政府は競争入札せず(競争原理の不明確)、随意契約という形で「長年の付き合いのある特定企業」から購入しているケースがある。「それでは欧米企業が参入出来ない」ので止めろ、と言う事である。より具体的に言えば、防衛省が兵器を購入する際に、米国の軍事産業と防衛省の間に防衛省と癒着した特定商社・特定政治家・特定官僚が介入し、「上前をピンハネ」しているが、そういう「美味しい仕事」は米国の軍事コンサルタント企業の方が「専門」であるから米国に担当させろと言う事であり、それを「政府調達の透明化」と遠回しに、しかし強く要求しているのである。

かつて東京地検特捜部が、特定官僚=元防衛省事務次官・守屋某を逮捕した「事件の真意」が、ここに明確に浮かび上がって来る。

ヨーロッパの軍事産業製ジェット・エンジン購入の代理人として、アメリカのGE社のジェット・エンジン販売の「邪魔」をしている、小沢一郎を「ツブセ」と言う命令に従って、東京地検特捜部が、「小沢ツブシ」に動いてきた、「事件の真意」が、ここに見えている。

アメリカ側の、コメ輸入「自由化」に激しく抵抗した、農林水産大臣・松岡利勝が、東京地検特捜部の「捜査のターゲット」にされ、自殺に追い込まれた理由が、ここに見えている(他殺、絞殺)。

CIAに「留学し、そこで、教育を受けて帰って来た」、留学帰国組みでなければ、出世できない、CIAによって人事権が握られている日本の検察組織と、その末端=地検特捜部の正体が、あからさまに見えている。

http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月20日 06:23:06: xi6GLUXaJ2
この投稿自体微妙な雰囲気が醸し出されている感がある。
タイトルと内容があまり合ってないし。

「格差階級社会をなくそう」なんて、いかにも「ナチス・ドイツ組織」が言いそうなせりふだし、
投稿内容もユダヤ金融批判なんていかにも「ナチス・ドイツ組織」が言いそうな内容なのに、
突然検察の悪口に転じて今度は「ナチス・ドイツ組織」として敵扱い。


02. 2010年11月20日 06:24:28: xi6GLUXaJ2
投稿の意図はもしかしたら、
「ナチ」といえば悪い、という先入観に乗っかって安易な罵倒を行っているブログの総博覧会ということなのか。

03. 2010年11月20日 23:06:22: P3GsMLaUDE
>01.02.

お前ら、単なる無知だなww 案外、合ってないこともないのだよ。

ナチスドイツの「第三帝国」は「神聖ローマ帝国」の今日或いは未来版を目指したもの、そうして米国は「現代のローマ帝国」を自認しておる。

それに、「第三帝国」は、言うならばヨーロッパ版「アメリカ」、欧州において「アメリカ」を作ろうとしたものだ。
例の「ウソは百辺言えばホントになる」というのはアメリカのコマーシャル術であったように、ナチスドイツとアメリカの共通性というか、そもそもがアメリカを模倣したものなのだからな。

と同時に、それはアメリカへの対抗でもあったというのがミソ、当時、産業的にも圧倒的に競争力が有り、ヨーロッパへの影響力(=侵犯力)も有ったのだから、其の侭にしておいたらアメリカの風下に立つことになる。
何故「ユダヤ人迫害」だったのか?もそこに理由があるのさ。 元々、今日の「グローバリズム」に繋がる要素をアメリカは持ってる。 「ユダヤ人」は、ヨーロッパから見たら、そのようなアメリカにとっての「トロイの木馬」に見えたということ。

無知なオマエが思い込んでるようなことではない。

「独ソ不可侵条約」締結の知らせを聞いたヒトラーは、これでヨーロッパが手に入ったと嘯いたそうだが、「米中共同声明」を聞いたグローバリストは、これで地球が手に入ったと想ったことだろうな!


04. 2010年11月21日 00:07:59: IuPxajJcAk
ナチの財政政策は非常に効果があった。
ナチの非人道的な行為をあまり分かっていなかった普通のドイツ人にとってナチの政治は「良い政治」だった面もある。これは認めなきゃ行けない事実だ。
では、森・小泉以降の日本の政治は?

俺はナチ以下だと思うけどね。


05. 2010年11月21日 00:46:50: xi6GLUXaJ2
相変わらずあんまり話が通じてないな。

20世紀前半に世界に影響力があったのはまず第一にソ連。
アメリカの影響力はそれに比べても英国に比べてもよほど小さいものだったのだが。


06. 2010年11月21日 10:08:22: IjeDKHhDh6
>相変わらずあんまり話が通じてないな

相変わらず理解力が無いなw

>>20世紀前半に世界に影響力があったのはまず第一にソ連。

馬鹿だね。 それは知的な世界のこと。 ちょうど、大英帝国が覇権を握っていた時代においても、フランス革命やその思想が影響力があったことと同じ。

>アメリカの影響力はそれに比べても英国に比べてもよほど小さいものだったのだが。

www第一次大戦前後の事を知らないで言ってるのかい?ww
戦後処理に当たって、影響力を発揮したのはどの国だ?
国際連盟を主張したのは誰だ? 民族自決権を主張したのは誰だ?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK99掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧