★阿修羅♪ > 社会問題8 > 264.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
再審無罪で無年金 “免田栄さん救済を” 日弁連
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/264.html
投稿者 gataro 日時 2010 年 12 月 26 日 12:59:34: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10748382234.html から転載。

2010-12-26 10:50:48
gataro-cloneの投稿
再審無罪で無年金 “免田栄さん救済を” 日弁連
テーマ:人権侵害/冤罪

========================================

【関連記事・サイト】

「無年金の免田さん救済を」日弁連(日経新聞)

冤罪被害で無年金、免田栄さん救済を…日弁連(読売新聞)


-----------------------------------

解説・あらすじ - 映画「免田栄 獄中の生」

解説
誤審により死刑囚となり、判決から三十四年六か月にわたって牢獄での生活を余儀なくされたひとりの男性を取材したドキュメンタリー。作品中登場する免田栄氏は一九五〇年代殺人罪で起訴され、五一年十二月に死刑が確定された。免田氏は一貫して無実を主張し、五六年熊本地方裁判所は第三次の再審請求に対して異例の再審を決定(確定死刑囚に対しては初めての判断)。だがその後も氏は八三年に勝訴を勝ち取るまで死刑囚として独房の生活を強いられた。小池監督は、免田氏が獄中から世間の人々に宛てて書いた手紙を、再び免田氏に見せ当時の心境をインタビューするという手法で、氏の人間性を引き出していく。画面に映るのは免田氏と小池監督のふたりのみ。自分を支援し続けた人々、父親、そして死刑執行されていった親しい囚人などの思い出を、免田氏は淡々と語るが、その言葉の中に、有限と決められた時間を真剣に生きる覚悟を持たざるを得なかった人間の迫力を感じさせる。死刑制度が論議を呼ぶ昨今、本作品は、死刑を訴えられた囚人も、また人間であるということを人道的に静かに訴えていく。キネマ旬報文化映画ベストテン第二位。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧