★阿修羅♪ > 社会問題8 > 469.html  
高木仁三郎氏の童話『鳥たちの舞うとき』
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/469.html
投稿者 シフォン 日時 2011 年 9 月 17 日 15:39:52: HaKo6dGhQRby6

http://www.kousakusha.co.jp/RVW/tori2.html
鳥たちの舞うとき-書評

高木仁三郎さんは生前、「小説を書きたい」と語っていた
この『鳥たちの舞うとき』が、ガン治療中の病床で、テープに収録され作品として遺された

高木氏は、もう一つのノーベル賞、ライト・ライブリフッド賞を授賞する


『鳥たちの舞うとき』の舞台は、利根川源流らしい山深い里、天楽谷。ダム建設をめぐる、謎めいた事件が次々と起こり、カラスをそそのかして、殺人を犯したとして、天楽谷の長である、80歳の平嘉平が逮捕され、裁判にかけられようとしていた
事件の裏には、政治的な利権争いも絡んでいるらしい

天楽谷事件と、ダム建設反対の裁判支援を頼まれたのが、主人公の草野浩平。高木さんを思わせる科学者だ
この裁判は、カラス、つまり野生動物が被告になりうる可能性を認める立場から、提訴されているという点で特異だった
原告が人間でなければならないか、という重要な提起がされている

小説の見せ場は、裁判所の法廷に、数百羽の鳥が入ってきて、傍聴するシーン
鳥たちは、天井の梁に陣取って、裁判長を見下ろし、冒頭陳述が終わると、一斉に声をあげ、羽をばたつかせた
裁判所の、前代未聞の慌てようときたら
天楽谷の長、嘉平の冒頭陳述。「動物には、それぞれの文化があり、それを守ろうとする意志がある。鳥に釈明のなかった、ダム工事計画は成立しない」

クライマックス――ダム建設反対を訴える、「鳥と人の共生のための、天楽谷コンサート」で、モーツアルトの『ジュピター』にのって、何十万羽の鳥が、自分たちの森を守るために舞う――場所はまさしく大利根源流、そして大空からの俯瞰(ふかん)

この作品の主題を深めるために、ぜひ読んでほしいのが、高木氏の代表作『いま自然をどうみるか』である
本書は、人間に火を与えた、智者の古代神話から、民衆の自然観、核テクノロジー、チェルノブイリまでが語られ、私たちの自然観が、どのように形づくられてきたかを、照らし出す

増補版で提起される、環境汚染などで、高まりつつある「市民の不安」を共有して、それに答える科学を実践すること。これは、宮澤賢治の精神につながるものだろう

高木氏は、「宮澤賢治学会・イーハトーブセンター」から、イーハトーブ賞を受けた
イーハトーブとは、農民の自立と解放を目指して、賢治が命名したものだが、そういう賢治の精神を、現代に実践的に継承する活動に対して贈られた

高木氏には大きな夢があった。「プルトニウム利用計画」に、ストップをかけることだ  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント投稿場所。
よかったらこの記事の感想を聞かせて下さい。
コメント投稿するとすぐに表示されます。投稿メルマガで即時配信アリ

ペンネーム:
パスワード: ペンネームとパスワードは無くても投稿できます。ペンネーム+パスワードは記録されます。後日投稿するときのためパスワードは覚えておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。これはいつも・みんな同じです。

 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

ツイッター★阿修羅♪ 投稿コメントツイッター自動つぶやき中

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板