★阿修羅♪ > 社会問題8 > 493.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あの時、福島のある町で起こっていた25人の真実・・「頼む、逃げてくれ」と叫ぶ白い防護服
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/493.html
投稿者 尚林寺 日時 2011 年 10 月 18 日 09:23:46: JaTjL5JPya4go
 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=257760

福島県、浪江町の津島地区で起こった、津波と原発事故直後の様子が詳しく語られています。
『プロメテウスの罠』と題されたこの記事は、前田基行記者が取材した、現在連載中のものです。

事実が報道されないため、広がった被害。
放射能という目に見えないものの不安。
国や東電への対応への疑問。
「それでも原発は続けるの?」
この記事を読んで改めて、問いたい言葉です。
長文のため、一部のみ抜粋させていただきますが、ぜひ全文読んでもらいたいです><

以下、引用です。
* * * * *
「あの時、福島のある町で起こっていた、25人の真実」リンク

■防護服の男 (1)
(記事中の敬称は略しています)

福島県浪江町の津島地区。
東京電力福島第一原発から、約30キロ北西の山あいにある。

原発事故から一夜明けた3月12日、原発10キロ圏内の海沿いの地域から、1万人の人たちが津島地区に逃れてきた。
小中学校や公民館、寺だけでは足りず、人々は民家にも泊めてもらった。

菅野(かんの)みずえ(59)の家にも、朝から次々と人がやってきて、夜には25人になった。
多くが親戚や知人だったが、見知らぬ人もいた。
築180年の古民家を壊して、新築した家だ。
門構えが立派で、敷地は広い。
20畳の大部屋もある。
避難者を受け入れるにはちょうどよかった。
門の中は人々の車でいっぱいになった。

「原発で何が起きたのか知らないが、ここまで来れば大丈夫だろう」
人々はとりあえずほっとした表情だった。

(中略)

そのころ、外に出たみずえは、家の前に白いワゴン車が止まっていることに気づいた。
中には白の防護服を着た男が2人乗っており、みずえに向かって何か叫んだ。
しかしよく聞き取れない。

「何? どうしたの?」
みずえが尋ねた。

「なんでこんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ」

みずえはびっくりした。
「逃げろといっても……、ここは避難所ですから」

車の2人がおりてきた。2人ともガスマスクを着けていた。
「放射性物質が拡散しているんだ」
真剣な物言いで、切迫した雰囲気だ。

家の前の道路は国道114号で、避難所に入りきれない人たちの車がびっしりと停車している。
2人の男は、車から外に出た人たちにも「早く車の中に戻れ」と叫んでいた。
2人の男は、そのまま福島市方面に走り去った。
役場の支所に行くでもなく、掲示板に警告を張り出すでもなかった。

政府は10キロ圏外は安全だと言っていた。
なのになぜ、あの2人は防護服を着て、ガスマスクまでしていたのだろう。
だいたいあの人たちは誰なのか。

みずえは疑問に思ったが、とにかく急いで家に戻り、避難者たちにそれを伝えた。

■防護服の男 (11) あの2人のおかげで

菅野みずえの家に避難した25人は、「白い防護服の男」の情報とみずえの判断で、それぞれ再避難し、危険な状況から逃げることができた。

大量の放射性物質が飛び散り、住民が被曝(ひばく)するかもしれない、緊急の時期だった。
しかし、政府も東京電力も、それを住民に教えなかった。
しかし25人は、混乱を起こすこともなく、冷静に動いている。

みずえは今、福島市に近い、桑折町(こおりまち)の仮設住宅で暮らす。

「ほら、見てください」
みずえは空き地で遊ぶ子どもたちを指さす。
「あんな小さな子が、避難生活の苦労を背負って、これから生きていくんですよ。もし被曝していたら……」

それにしても、あの白い防護服の男たちは、一体だれだったのか。
みずえは今も考える。

そのころ福島県内は、文部科学省や福島県、日本原子力研究開発機構、東京電力、東北電力などの計測車が走り回っていた。

例えば、新潟県からの応援車もきていた。
3月12日夕のちょうどその時刻、津島地区を通っている。

新潟県の職員2人は、原発事故対応の支援のため、ワゴン車に乗って福島県に入った。
114号を浪江町に進み、津島地区を通った。
午後4時ごろ、その先の川房地区で、警官に止められて引き返している。

その職員に話を聞くことができた。
ただ、内部被曝してしまったので、名前が出るのは困る、とのことだった。

職員によると、当時、測定器は激しく鳴りっぱなしで、焦っていた。
津島地区を通ったとき、車がたくさん止まっていたので、避難所だと思った。

「防護服? いいえ、着ていませんでした。車を降りてもいません」

14日未明には、放射線医学総合研究所のモニタリングカーが、津島地区を通過している。
まだ、大勢の避難民がいたころだ。
車には測定器などを積み込んでいたが、「資材を運ぶのが目的だった。放射線量は測っていない」(広報課)という。

みずえが会った2人は、そうした計測チームの一つだった可能性が高い。

「あの2人の警告のおかげで逃げられた。それをなぜ、国や東京電力は、組織としてしてくれなかったのだろうか。もっと多くの人が逃げることができたのに」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月18日 22:25:49: FCCAoQ5pY2
福島市からも早く避難してほしい。

02. 2011年10月19日 03:31:43: 3Sz5bSNGFo
↑福島だけではあるまい。

200キロ圏においてもホットスポットが露見しだした。

当然のことが起きだしておる。

大気中に拡散された、広島形原爆の100個分の放射性粉末が、経時的な風雨により
低地収束している。

側溝での放射能は氷山の一角である。

「水は高きより低きに流れる」=「放射性核質は吹き溜まりや水溜りに蓄流する」

200キロ生活圏を見渡せば・・・放射能を蓄留し放射する・・「街中の福島」実験原子炉が多く存在しているはずである。

●場所の名を伏せるが・・石崖の下に集合住宅が立ち並び・・その横に大きな調整池が存在する・・巨大ホットスポットがある。

●背後から雨水が流れ込み・・目の前の調整池で放射能が放射蓄留しておる・・

●ある有志が測定したら・・0.5msvをはるかに超えていたという・・
ちなみに、行政の公式発表は0.15〜0.2msvである。

●米国が在留者に20キロ圏への「立ち入り禁止」をしたという。
 200キロ圏内ではカウンターの携行を促したという。

日本人の放射能汚染が日常化しだしておる。これからが本番である。
汚染日本は・・あまりにも暢気である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧