★阿修羅♪ > 社会問題8 > 790.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
子供の非行を放置した挙げ句、庇い続けるバカ親。政治的パフォーマンスだけの市長や、自己保身に汲々とするセンセイたち。
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/790.html
投稿者 TORA 日時 2012 年 7 月 13 日 15:47:49: GZSz.C7aK2zXo
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu267.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
子供の非行を放置した挙げ句、庇い続けるバカ親。政治的
パフォーマンスだけの市長や、自己保身に汲々とするセンセイたち。

2012年7月13日 金曜日

◆「死んでくれてうれしい」加害少年発言か 中2自殺 7月13日 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120713-00000107-san-soci

 大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、全校生徒を対象にした自殺直後の最初のアンケートに、男子をいじめていたとみられる生徒が「死んでくれてうれしい」と死亡をからかうようなことを話していたとの記述が複数あることが12日、関係者への取材で分かった。滋賀県警は実態把握を急ぐ。

アンケートは859人が対象。その中には「(男子は)完全にいじめを受けていた」との記述のほか、「(男子が)亡くなっているのにそれを笑いに変えていた」「死んだって聞いて笑った」と記しているものがあった。この生徒の言動に対し、「人を自殺まで追い込んで、死んでくれてうれしいとかおかしい。(男子の)両親に土下座して欲しい。同じ学校に通いたくない」「顔も見たくない」と記述する生徒もいた。

 教員に対しては、「生徒がいじめの相談して助けを求めてるのに何故助けてあげない!」との憤りの記述もあった。

 大津市の中2男子自殺で、学校側がいじめの有無を生徒から聞き取った膨大なメモがあることが12日、関係者への取材で分かった。市教委幹部はこの日、「いじめも要因の一つ」と因果関係を初めて認めたものの、新たな事実が次々と発覚するなど問題は広がるばかり。文部科学省も事態を重視、異例の職員派遣に乗り出す。(後略)


◆いじめの裏にあるこの国の正体 7月13日 天木直人
http://www.amakiblog.com/blog/

 「確かに、いじめはどの学校でも起こり得ることなのかもしれない。
とはいえ、これほど執拗で陰湿なケースは滅多にない・・・」

 こういう書き出しで始まる発売中の週刊新潮7月19日号の大津市
中学校いじめ事件の特集記事を読んでつくづく思い知らされた。

 今度のいじめ事件のひどさについてである。

 しかし、それ以上に、今度のいじめ事件の裏にある強者たちの卑劣さ
について思いをめぐらせずにはいられなかった。

 なぜこのいじめ問題がこれまで問題にされなかったのか。

 いじめられた中学生の自殺が昨年の10月11日に起きていたにも
かかわらず、きょうまで隠ぺいされ続けてきたのか。

 きっかけは自殺した中学生の両親が今年2月に加害者生徒とその保護者
そして大津市を相手取って提訴したからである。

 裁判の過程で事実が次々と明るみになってきたからである。

 両親が提訴する勇気がなかったら、この問題は闇に葬られ、何事もなか
ったかのように終わっていたのである。

 おそらくそのようにして闇に葬られた無念な事件が、この国には数限り
なくあるに違いない。

 私が週刊新潮の記事のどこに注目したか。

 それは加害者生徒たちの親たちが社会的強者であるという事実だ。

 母親がその中学校のPTA会長であり、父親が京大医学部卒のエリート
であるという。

 もし、学校や教育委員会や大津市当局が社会的強者に配慮して見て見ぬ
振りをしていたらどうか。

 この事は加害者と被害者の家庭環境を逆にして考えると容易に想像がつく。

 強者の子弟がいじめで自殺した場合、泣き寝入りするだろうか。

 いや、そもそも強者の子弟がいじめられるか。

 いじめを受けてそのまま放置されるようなことになるのか。

 週刊新潮の記事は次のような言葉で締めくくられている。

 「子供の非行を放置した挙げ句、庇い続けるバカ親。政治的パフォーマン
スだけの市長や、自己保身に汲々とするセンセイたち。悲劇は起こるべく
して起きたのである」

 この世の中の不正義や矛盾は、強者の中からそれを正そうとするものが
現れてこなければ決して解決しない。強者にいじめられた弱者がいくら抵抗し
ても押しつぶされたり、ごまかされて終わってしまう。

 これが、私がこの国の政治を語る時の持論である。

 強者が自らの利害を捨てて弱者のために立ち上がらなければ支配構造は
変わらないのだ。

 何の改善もなく、支配者たちの悪業は隠ぺいされて終わる。

 残念ながら日本という国はそういう国なのかもしれない。

 少なくとも米国に占領されて始まった戦後の日本はそうだ。

 強者が強者と組んで弱者を排していく社会であり続けたのだ。

 それを見事に教えてくれているのが7月下旬に発売予定の孫崎享氏の最新著
である「戦後史の正体」(創元社)である。

 孫崎氏はその著書の最後にこう書いている。

 この本に書かれている知識が日本人の常識になれば、新しい日本が始まると。

 その通りだ。

 そしてその新しい日本とは、これまでと違った公正で明るい日本なのである。

(私のコメント)


大津市の私立中学校で「いじめ」による自殺が大きな問題となっていますが、「いじめ」による自殺が後を絶たない。「いじめ」自体は今も昔もあったことであり、不良生徒が集まる公立学校の学級崩壊が社会問題化している。私立学校なら問題を起こす生徒がいれば退学処分して公立学校に転校させる事もできますが、公立の中学校では、義務教育だから退学処分する事もできず、不良学生の受け皿化してしまっている。

私自身も公立の中学校を出て私立の高校に入りましたが、中学校では教室は荒れ放題で不良グループの生徒がやりたい放題の事をしていた。担任の教師は女の先生でしたが生徒が「いじめ」を訴えても口頭で注意するだけで放置状態と同じだった。このように書けば大津市の私立中学校と大して変わらない状況だった。それが過激化して自殺にまで追い込めば事件になるのは学校の管理がおかしくなっているからだろう。

私がいたクラスでも少年院に行った生徒がいたくらいだから、かなり酷い荒れ方だった。一クラスで5,6人の不良グループが出来てしまうとクラスは収拾がつかなくなり、他の生徒達は怯えながら「いじめ」が起きても見てみぬ振りをするし、担任教師は形式的な注意をするだけだ。男子教員の授業ではおとなしくしていても女子教員になると好き勝手しほうだいになり、教師がからかわれているような状況だった。

ところが私立の高校に行くと、校則が厳しくて問題を起こせば即退学という高校で、鬼教師が威張り散らしていた。だから管理の行き届いた私立高校は服装から髪形まで厳しく規定されていた。だから今では裕福な家庭は私立学校に行かせて、公立の中学や高校は不良学生のたまり場になってしまう。現代では「いじめ」による自殺まで起きるようになりましたが、自殺を強要されて自殺が起きれば殺人罪だろう。

不良グループも被害者生徒に口止めをするから、なかなか表面化しませんが、クラスの生徒に聞き出せば幾らでも聞くことが出来たはずだ。問題ななのは担任教師に訴えても形式的な注意をするだけで、「いじめ」はますます拡大していく。公立学校では問題を起こした生徒がいてもなかなか厳しい処分をすることが出来ない。親を呼んでも家では普通の子でも学校に来ると暴れまわる。

これまでの事件と違うところは、自殺した生徒の父親が被害届を警察に訴えても3回も受理を断られていた事であり、学校のみならず教育委員会や警察まで隠蔽に関わっていたと見られる事だ。加害者側の生徒の親が有力者であり、事件化すると出世に響くような事になるからだろうか? 学校もアンケート調査をして実態は分かっていたはずですが、隠蔽体質が目に付きます。

今回に事件では、担任教師の名前や写真までがネットに公開されたり、加害者生徒の祖父が警察OBだという話まであります。学校というところは事なかれ主義であり、学校の教師もサラリーマン化して生徒や教室が荒れようが我関せずといった教師も増えてきているようです。生徒が自殺して遺書に加害者の生徒の名前が書かれていたりすることもありますが、殺人事件として裁かれた事は聞いたことが無い。当然名前も公開されないし、裁判で裁かれたという話も聞かない。

学校自体が学級崩壊が起きても対処する事もせず、教師達もサラリーマン化して公務員だから首にもならないから開き直っているのだろう。確かにいじめるほうも悪いが自殺するのは俺の責任じゃないといった感覚なのだろう。なぜこれほど学校が荒れるようになってしまったのだろうか? 生徒もじっと授業を受ける事も無く授業中も教室を出たり入ったりしても教師達は注意もしない。

私立学校はともかく公立学校は教師自体が公務員だから、よほどの事がない限り首にならないから無責任に徹したほうがいいのだろう。一生懸命教育指導したりすると生徒の親が怒鳴り込んできたりする。生徒を殴ったりすればマスコミが暴力教師と書き立てる。それよりかは無責任に徹して、形式的な口頭注意だけしていればいいのだろう。結果的に子供達の学力低下が数字として現れて来ていますが、教室が荒れてしまって教育どころではなくなっているのだろう。

橋下徹市長も、教育行政に問題があることをテレビなどでも言っていましたが、市長が教育に口出しできないようになっている。政治が関与できないように教育委員会が戦後整備されましたが、それが機能していない。


◆教育委員は失格=大津市いじめ問題で−橋下大阪市長 7月12日 時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012071200453

 大阪市の橋下徹市長は12日、いじめを受けていた大津市の市立中学2年の男子生徒が自殺した問題について「なぜ教育委員が前面に出ないのか。責任者として失格だ」と述べ、大津市教育委員会を厳しく批判した。市役所内で記者団の質問に答えた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 墨染 2012年7月14日 10:54:45 : EVQc6rJP..8E. : Wg3S07Yplk
子供は、時代と社会の「写し絵」である。
聖職放棄をした、教育関係者に無いものねだりをしているうちに
子供たちが微温的に棄民化されてはいまいか?
微温的であるがゆえに・・そのいじめの実態はおぞましい
子供たちは、それ馴らされておる
教師の現場感覚にも、閉鎖空間のなかでの思考停止が起きている

今の時代の「棄民化現象」は微温的であるか、強圧的であるかの違いである
われわれが目にしている「棄民化現象」は民主化され、微温的であるだけに
病んだ時代の根を掘り起こすには、「文化大革命」級の国民的覚醒が求められていまいか
現代社会の・・「当たりまえだ」と思われている価値観・世界観のまえで、いまいちど立ち止まることをこの事件が示唆していまいか?

フクシマ棄民と学童棄民がどこかで通底しているはずである


02. 2012年7月14日 13:03:14 : ehdWinrvG2
ネガティブキャンペーンを執拗に展開して、ぐるになって小沢いじめをやりまくるマスゴミども、反省したらどうだ!!

03. 2012年7月14日 23:06:04 : XWGUsk5ojY
http://d.hatena.ne.jp/shy1221/20120708/p2#c

ここにコメントしているお医者様によると、もともと荒れたろくでもない学校らしいね。

04. 2012年7月15日 08:34:18 : NZPu0QsJdI
自殺ではなく、他殺と思われる理 由 ・加害者3人が(自殺直後、現場 を)ウロウロしていた ・救急車よりも先に警察が到着 ・死亡時刻より後に被害者の携帯 をいじってる痕跡 ・現場から1キロの赤十字(受け 入れOK)をスル―して22キロ 先の病院に行った ・その病院は警察OBでリスク管 理顧問に天下りしてた加害者の爺 がお仕事してる ・死体は青あざだらけ(暴行しま くってやりすぎで死んだ?) ・死体は仰向けで水平にダイブし ている(投げ捨てられた時に起こ る現象) ・運んだような服の擦れ多数、検 死していれば・・・ ・近くの赤十字は検死がきちんと できる病院であったので「避けた

05. 2012年7月15日 10:48:54 : oNqclzIefs
それは、普通の人が手榴弾もったヤクザ親子に脅され、所轄の警察までヤクザの味方では何も出来んだろう、この事件の根っこは此処だ、ヤクザ、教員、教育委員会、警察、政治家、PTA総動員の隠蔽工作は最強だ。

06. 南京家応仁 2012年7月17日 10:38:05 : kptJliQno7Pds : UEzMihXFoY
昨日
大津市長殿に応仁著書と共に意見書(アドバイス)を送りましたが
その内容です↓

越 直美市長殿
参考に
小生の著書(10年前に出版)をお読みください。

「生き物と生き物が出会えば必ずトラブルが起きる」
このフレーズを大人(親御さん&教職員)達は脳裏に刻んでいれば今回の様な悲惨な事件は起きないはずだ。

@虐め加害者の子供たちに対しては決してジメジメとした責めは御法度ですぞ。
責めなくとも今回の事件により、己の過ちは死ぬほど心に刻んだはずだ。
しかしこのまま許しては、いわゆる「しめし」が付かないことでしょう?
ならば如何に致す。
小生がトップであるならば、大人(加害者の親と校長)がそれこそ示し合わせて、親が子供にビンタを食らわすこと。
しかし今時の親にはできない親もいろうな?
ならばアントンさんにでもお頼みしてビンタをお願いするか。
そして年命日が来るまで毎週お墓が近くならばお墓に線香を・・・お墓が遠くならば亡き子供家の玄関において合掌させる。
これにて加害者の子供に対する制裁は終わり。
はて、アントン(猪木さん)さんに対するギャラは昔一日確か50万円程でしたが今は30万円位で大津に来てくれるかな?
しかし男猪木、御呼びの内容が分かればきっとギャラなしで来てくれると思いますよ。


A被害者親御さんの反省点はズバリ、宇宙船地球号における子供の絶対的な安心場所であろう逃げ場(御家庭)を蔑ろにしたことでしょうね。片親ならばある程度同情も出来るが、両親が居ながら何故安心場所を創る事ができなかったか?この点が最大の今回の事件に対する反省点ですぞ。

B担任&学校の対応のまずさはズバリいつものことながら自身の保身に走るだけ。
何故親身になって子供達を守ろうとしない。
1+1は2だけのお受験で教育界に住める教職員だけの学校においてはまだまだ同じ事が起きようぞ。
問題は評価の仕方であろうよ。
虐めが起きるクラスだからその担任の評価が落ちる様な事をするからいけないのですぞ。
その様な虐めが起きようが解決できたことに対する評価をすれば教職員も一生懸命になるはずさ。

C教育委員会の人選が最大の落ち度であろう。
現在の教育委員会は教職員達のガードマンである。
言うならば教育界の飾り、このシステムをぶっ壊さない限り永遠に今回の様な事件が起きよう。
小生が戦っていた当時の小生当地の教育委員は確か、教育長&学校長OB二人&市との繋がりの有りそうな百貨店オーナー&病院オーナーだったが、月に1〜2回のお茶飲み会(会合)に出て月に10万円余りのお小遣いをゲットしていたようだが、やはり教育委員はやる気のあるボランティアで募り、子供たちの親御さんの仕事(農業&会社員&その他)の中からバラエティーの飛んだ人選をすべきであろう。

★子供の未来までを現世から消す
虐め自殺者を出したのは大人全員の責任だ!
また
自殺者が出た後の大人の保身に走った情報隠しには、何倍もの天罰を与えてこそ、この世を後にした子供への慰めとなろう!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧