★阿修羅♪ > 社会問題8 > 843.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
死にたい、燃やしたい、いじめたい、出たくない、そして暴れたい (日欧米社会〜近代主義の病)
http://www.asyura2.com/10/social8/msg/843.html
投稿者 墨染 日時 2012 年 8 月 16 日 10:14:15: EVQc6rJP..8E.
 

http://blogos.com/article/44965/?axis=g:3

暗い話を避けていては解決は遠のきます。事実を正面から見て、それを胸に楽しい毎日を何気なく送ることはできます。

***************************
旧共産圏諸国の自殺率が高いのは良く知られているけれど、その中で日本が突出している。交通事故死が1年5000人に近づこうとしている時に自殺は3万人を遙かに超えている。

「死にたい!」と日本人は思っている。未来に夢が持てず、誠実な暮らしができないのだ。

先進国の火災件数が減り、火災による死亡率が減少している中で日本だけが増えている。アメリカの火災による死者はかつて8000人、今、4000人。日本はかつて500人、今2200人だ。なぜ増えるかというと、失火ではなく放火が50%に迫っているからだ。

「燃やしたい!」と日本人は思っている.やり場のない怒りが人間の原始的な破壊欲求に火をつけている。

いじめが増えだしたのはバブル崩壊の少し前だ。先進国が経済発展に伴う社会の歪みが教育に悪い影を落とさないようにと教育改革に乗り出し、力を入れてきた。その結果、明治時代には教育立国と言われた日本の教育費はOECD(先進国)で最下位である。

「いじめたい!」と日本の子供は思う。自分がなぜ弱い者をいじめたいのか分からない。でも大人が弱い者いじめをしている。だから、それをまねているに過ぎない。

新成人を市町村が祝う成人式はあれる。それを見て大人は「甘やかして教育するからだ」、「式が成人のためではなく形式的だからだ」と言う。

「暴れたい!」と新成人が思っているわけではない。本当は大人の仲間入りをするのだから、成人式は静かに豊かに、楽しくやりたい。でも久しぶりに子供の頃の友達に会い、かつての生き生きとしていた自分を思い出すと、これからあの汚い大人の社会に出るのが無性に腹立たしくなるからだ。

「出たくない!」と叫ぶこともなく部屋に閉じこもる。そうだとおもう。今の時代に世に出たい方がおかしいかも知れない。純粋な心を持っていたら耐えられないのではないか。その点では「引きこもり」の方が「世に出る」よりまともかも知れない。

*****************************
世の中すべて「お金」の時代で、経済学者によっては「原発で被曝しても良いじゃないか。経済が優先なんだから」と公言している人もいる。まともな精神を持っている人が、絶望したりやけになったりするのも分かる。

でも、おかしいのは政治家、偉い人、コメンテーターであって、普通の日本人、とくに学生は古い日本の健全な魂を持っている。日本は日本人でできていて、見込みはある。95%は誠実な日本人だから。

今日、お盆でゆっくりし、テレビでオリンピックの総集編を見ていて気分が楽になった時に、読者の方から神の言葉を聞いた。さらに自分という存在を再確認し、楽しい気持ちで今日をおわることができる。おそらく明日も来るかも知れない。(武田邦彦)


★英国の自殺者増加、08年以降のリセッションが原因・・米国、豪州も病む!
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M8RU9G6TTDS201.html

 8月15日(ブルームバーグ):2008年に始まったリセッション(景気後退)が英国での自殺の増加につながった可能性があるとの研究結果が発表された。米国とオーストラリアでも同様の調査結果が報告されている。

英国の自殺者数は08年に増加し始めた。それまでの20年間は減少していた。リバプール大学やケンブリッジ大、ロンドン大公衆衛生学・熱帯医学大学院の研究者らによると、08−10年の自殺者数は従来の傾向が継続すると仮定した予想値を約1000人上回った。研究報告は15日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。

研究報告では、失業と自殺との関連性があらためて提示され、10年に自殺が減少したのは失業率が低下したためであることが示唆された。米疾病対策予防センター(CDC)が昨年発表した調査結果によると、米国では自殺率がリセッション中に上昇し、好況期に低下する傾向がある。

BMJに掲載された報告では「英国では失業と不均衡な景気回復が公衆衛生をめぐる問題に影響を及ぼしている。失業率の高止まりによる人的損失が、予算削減がもたらすとされている効果を上回る危険性がある」と指摘されている。

CDCの担当者が医学誌の米公衆衛生ジャーナルで報告した調査結果によると、米国では大恐慌に見舞われた1932年に10万人に22人の割合で自殺が発生した。これは、自殺者の割合が10万人中10人にとどまった好況期の2000年の約2倍に相当する。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧