★阿修羅♪ > 戦争b5 > 158.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イスラエル/被占領パレスチナ地域 : イスラエルの核の内部告発者、再び独房監禁に (アムネスティ・インターナショナル)
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/158.html
投稿者 ダイナモ 日時 2010 年 6 月 22 日 20:06:15: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=810

投獄されているイスラエルの核の内部告発者、モルデハイ・バヌヌが独房に監禁されている。アムネスティ・インターナショナルはイスラエル当局に対し、この処遇が残虐、非人道的あるいは品位を傷つけるものであると非難した。

1986年に英国の新聞にイスラエルの核兵器工場の詳細を暴露したために18年間服役した56歳のモルデハイ・バヌヌは、5月23日、外国人と接触したという罪状で、3カ月間再び服役することとなった。そして収監直後に独房に監禁された。アムネスティは彼の即時無条件釈放を要請する。

「そもそもモルデハイ・バヌヌが投獄される理由はまったくない。まして、暴力犯罪者収容棟に独居拘禁されるいわれはない。彼は1986年に投獄されてから11年間独房に監禁されて、大いに苦しんだこともあり、彼をまたしてもそのような状態に戻すことは、残虐で非人道的、あるいは品位を傷つけることに他ならない」と、アムネスティの中東部長マルコム・スマートは述べた。

バヌヌは現在、イスラエル中部のアヤロン刑務所に拘禁されている。弁護士はアムネスティに対し、他の囚人から保護するためというのが、独房監禁の表向きの理由であると述べた。

バヌヌは長年にわたり、イスラエルの一部のメディアや政治家たちに、核兵器開発の詳細を暴露した国家の裏切り者、敵とみなされており、本人によれば、殺害の脅迫を受けたこともあると言う。

「モルデハイ・バヌヌは良心の囚人である。刑務所当局は他の囚人たちからの襲撃の危険から守るために独房に入れたと主張するかもしれないが、もしイスラエル政府が本当に彼の安全を懸念するならば、直ちに彼を釈放すべきである。彼を再投獄したことは苛酷な措置であり、正当化することはできない」とマルコム・スマートは述べた。

南部の町ディモナの近くにあるイスラエルの核施設の元技術者であったバヌヌは、イスラエルの核兵器工場の詳細を英国の新聞『サンデー・タイムズ』に暴露した。

その後、1986年9月30日にイタリアでモサドの諜報員に拉致され、密かにイスラエルに連れ戻された。そして裁判にかけられ、18年の刑を言い渡された。このうち最初の11年間は、独房監禁だった。

2004年に釈放されてから、バヌヌは厳しい軍令に基づき、警察の管理下に置かれている。この処分は、半年ごとに延長されている。

この軍令によって、バヌヌはジャーナリストを含む外国人との通信を禁止されている。国を離れることもできないし、外国の大使館に近づくことも禁じられている。また、住所を変えたい場合は、当局に知らせなければならないことになっている。

「イスラエル当局はモルデハイ・バヌヌに対し、移動、表現、結社の自由の権利を恣意的に制限している。これは国際法違反であり、このような制限は解除されなければならない。バヌヌは自由な人間として人生をやり直すことが許されるべきである」。マルコム・スマートはそのように語った。

2010年6月17日、モルデハイ・バヌヌの弟、メイヤー・バヌヌはアムネスティに対し、「再び独房に収監され、嫌がらせにあうことは、兄にとって大変な苦痛です。以前、18年の刑期に服していた時と同じ状態であり、24年に及ぶ苦しみの末にこんな処遇をすることへの正当な理由は何もありません。私たちは兄の健康状態が悪化するのではないかと心配しています。今こそ兄が真の自由を得る時であり、出国が許可されるべきです。そもそも最初から、兄はこのような状況に置かれるいわれはなかったのです」と語った。

アヤロン刑務所の暴力犯罪者収容棟での拘禁状態は過酷で、バヌヌが独房を出ることができるのは、刑務所の庭を1日1時間散歩する時だけである。

現在バヌヌは、外部に電話をかける際には、刑務所当局に相手についての情報を提出しなければならない。しかし彼はそのような情報を提供することを、主義として拒否している。そのため、今回収監されて以来、友人や家族との通信が途絶えている。

バヌヌと面会する機会を得たバヌヌの弁護士であるマイケル・スファードは、アムネスティに対して次のように述べた。「モルデハイ・バヌヌは孤独な状況に置かれている。他人から敵視されていることを理由に、代償を払わされるべきではない」。


アムネスティ発表国際ニュース
2010年6月18日
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年6月22日 20:59:30: N0qxwf54hk
イスラエルの強硬姿勢は、他の人間達が情報を暴露や告発させないために明らかに見せしめだと思う。
北朝鮮などが見せしめとして公開処刑をして恐怖で支配するやり方と似ている。
昔は、日本の暴力団でも裏切り者を東京湾に沈める事件がよくあった。
イスラエルも犯罪国家なので別に驚きは無い。

02. 2010年6月22日 21:25:29: MjnHc6sWFQ
パレスチナ人に対する対応だけみてもまともな事を期待するほうが間違っている。
ただアムネスティもガス抜き組織に過ぎないかもしれないが。

03. 2010年6月22日 21:29:46: QXVaulDOhs
りそなと自民党献金の関係を記事にした朝日の記者が東京湾に浮んだり、経済評論家がノゾキだとして投獄されたり、読売新聞の記者が後ろ手に手錠をかけられた形で『事故死』したり、9・11でイスラエル国籍の犠牲者がいないと番組でしゃべったNHK論説委員がビルから転落死したり、今日の日本も「犯罪国家なので別に驚きは無い」状態である。

04. 2010年6月22日 22:53:56: N0qxwf54hk
たぶんバヌヌ氏が海外へ移住しても偽パスポートで入国したモサドが病死と見せかけて暗殺するだろう。
UAEで暗殺されたハマスの幹部は、薬を使い心臓発作に見せかけて暗殺された。過去に病死として処理されたが本当は暗殺だった事案は、明らかになっていないだけで本当はとても多いのではないのか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧