★阿修羅♪ > 戦争b5 > 281.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
????: 中国が低空域開放を検討、一般人の操縦が可能に  チャイナネット
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/281.html
投稿者 hou 日時 2010 年 7 月 06 日 23:00:46: HWYlsG4gs5FRk
 

(回答先: チャイナネット: ロシアの3大旗艦が日本海へ 背後には深い意味 チャイナネット 投稿者 hou 日時 2010 年 7 月 06 日 22:45:25)

この影響は大きい。

http://japanese.china.org.cn/life/txt/2010-07/06/content_20431229.htm

米国では、広い範囲の低空域で自由に飛行でき、そこには20万機のプライベートジェットがあり、100万人以上が操縦免許を持つ。巨大な飛行集団が市場と人材を提供し、巨大な航空産業を育成し、科学技術の発展に一役買っている。 

中国では、低空域はまだ多くの制限を受けている。すべての空域が管制され、低空域は空軍の管轄と指揮下に置かれ、いかなる飛行も事前に許可を得る必要がある。許可を得るまで時間がかかり、手続きが複雑で、効率が悪い。このような管理モデルはもちろん国土の安全面を考慮したためだが、一般人の飛行の権利を大幅に制限することになる。 

このほど、低空域の開放が議事日程に上り、制度の構想、技術の保障などの展望が初めて明らかになった。ゼネラル・アビエーションが直接利益を受ける。これは軍事、警務、税関での密輸犯逮捕の飛行、公共航空輸送の飛行を除くすべての航空活動を指し、医療衛生、緊急救助、被災者の救援、リモートセンシング、個人飛行などを含む。これらの低空域を使用するグループは、これまで以上に自由に作業できるだけでなく、その上、内需と就職を拡大し、国民経済の発展を促進する新興産業にもなる。 

多くの航空愛好者の熱意も高まり、彼らは中国航空業の発展に必要な人材、技術、資金の「ピラミッド」の土台を構築する。その中から、多くのパイロットや航空エンジニアが生まれ、航空エンジニアは国防戦略の予備役軍団となる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2010年7月6日


韓国哨戒艦が黄海で沈没 (韓国KBS)
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/684.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 3 月 28 日 05:13:22: 6nR1V99SGL7yY

朝鮮人民軍総参謀部の報道官: 「相手が予測できない打撃手段で反撃」【中国国際放送局】
投稿者 hou 日時 2010 年 3 月 27 日 10:21:17: HWYlsG4gs5FRk
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/664.html      

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月07日 17:32:56: FqDvXxU8vI
「????」て…。
意地でも米国を悪として思い描けない、その見下げたポチ根性はある意味凄いと言い得るが。
単に頭の体操として、昔のソ連とか中国とかの立場で状況を判断して見る、シュミレーションすらそんなに体が拒否するのだろうか。
其れが出来ないから、現在の北朝鮮も「単なる駒」で彼らなりには言い分の一つもある、理屈が理解出来ない。
其れで国際情勢は理解出来ない。
まあ、最初に中国に重慶大爆撃とか行ったのは日本で、その当時から(爆撃計画立案の)上空のスパイ行為には非常に敏感意ならざるを得なかったのが中国の宿命だが。
国民党との内戦の時、米国も随分と「上空恐怖症」に寄与した筈だよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧