★阿修羅♪ > 戦争b5 > 411.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
転換期の安保2010:海をゆく巨龍 中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/411.html
投稿者 忍 日時 2010 年 7 月 27 日 13:46:29: wSkXaMWcMRZGI
 

転換期の安保2010:海をゆく巨龍 中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る
 ◇安保・資源、南シナ海は「生命線」
 青く、穏やかな南シナ海に緊張が走った。6月23日、インドネシア領ナトゥナ諸島のラウト島から北西57カイリ(約105キロ)。現場海域からの立ち退きを命じるインドネシア海軍艦船に対し、中国の白い大型漁業監視船が、「拿捕(だほ)した中国漁船を解放しなければ攻撃する」と警告。大口径の機銃が銃口を向け、インドネシア海軍艦も応戦準備に入った−−。(3面に質問なるほドリ、6面に関連記事)

 「洋上対決」は前日、同じ海域で10隻以上の中国漁船団が操業したのが発端だ。インドネシア警備艇がうち1隻を拿捕した。「排他的経済水域(EEZ)内であり、他国は勝手に操業できない」(当局者)ためだ。だが約30分後、2隻の白い中国の漁業監視船が現れ、「インドネシアのEEZとは認めていない」と無線で主張し、解放を要求してきた。

 毎日新聞が入手した現場撮影のビデオ映像によると、中国監視船のうち1隻の船首付近には漢字で「漁政311」の船名がある。軍艦を改造して昨年3月、南シナ海に投入された中国最大の漁業監視船だ。排水量は4450トン。漁業を統括する中国農業省の所属で、船体色こそ白だが、どっしりと洋上に浮かぶ姿は正に軍艦だ。

 警備艇はいったん、漁船を放したが翌朝、応援のインドネシア海軍艦船の到着を待って再び拿捕した。だが中国側は、海軍艦の登場にもひるまなかった。ファイバー製の警備艇は被弾すればひとたまりもない。やむなく漁船を解放したという。

 中国監視船は5月15日にも拿捕漁船を解放させていた。「武装護衛艦付きの違法操業はこれが初めて」(インドネシア政府当局者)だった。

 同じ南シナ海で、中国は、西沙(英語名パラセル)諸島や南沙(同スプラトリー)諸島でベトナムやフィリピンと領有権を巡って衝突してきた。台湾の海軍関係者は「ナトゥナの北に豊かな海底油田がある」といい、中国の狙いが水産資源より地下資源獲得である可能性を示した。

 「南シナ海は中国の核心的利益」−−。今年4月の米紙ニューヨーク・タイムズによると、オバマ米政権のベーダー国家安全保障会議アジア上級部長とスタインバーグ国務副長官が3月に中国を訪問した際、中国側がそう説明した。「台湾」と「チベット・新疆ウイグル両自治区」について中国が使ってきた言葉で南シナ海が語られたのは初めてだった。この海は、中国にとって安全保障と資源確保を懸けた「生命線」なのだ。

 6月22日の事件について、中国国営の新華社通信は「南沙諸島付近の海域で、中国漁船と乗組員9人が拿捕され、交渉の末に解放された」と報じた。翌23日のインドネシア海軍との対峙(たいじ)には触れなかった。

 事件の真相について毎日新聞が中国外務省に照会したところ、秦剛副報道局長は、「中国は南沙諸島及びその付近の海域に議論の余地のない主権を有している。関係国と友好的な協議と交渉を通じて争いを適切に処理し、南シナ海地区の平和と安定を願っている」と書面で回答した。

 大国・中国との経済関係などを優先するインドネシア側は事件を公表していない。だが、ユドヨノ大統領は今月22日の閣議で、「南シナ海に新たな緊張がある。ナトゥナ諸島はこの海域に近い」と、唐突に「ナトゥナ」の名を挙げて懸念を示した。

    ◇

 第二次大戦後、「七つの海」を支配してきたといわれる米国。だが、中国が新たな海洋国家として台頭してきた。その実態と背景を検証し、日本のあるべき安全保障を考える。【「安保」取材班】

http://mainichi.jp/select/world/news/20100727ddm001030030000c.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月27日 16:28:25: iUqPWksjJ6

これは他人事ではない、日本近海でも起こりうる。

政府は今から対策を練っておけ、海保海自の現場に判断させるのは無責任だ。

3852  


02. 2010年7月27日 17:30:05: FqDvXxU8vI
中国の富裕層増加で食糧事情が逼迫する事はあり得るが、この程度の事はロシア国境線で日本の漁船も体験するし、投稿者の右翼向け釣り記事に対する感度は「流石だな(皮肉込み)」としか言い様が無い。
詰まり、内容として投稿者「hou」と「忍」の二重投稿だ。
何の為に日本が畜養漁業を懸命に推進しているのか?
其の努力を全く無駄と誹謗中傷したいのか?
理解に苦しむ。
ま、本当は単に軍拡で日本人の血税を無駄遣いさせ国力を搾り取りたいのだろ?経団連や米国や自衛隊の手先はさ。
と其の位は見え透いてんだけど、其の心根は永遠に解らない。
売国で自分だけ小金を儲けられれば、自分の国も国民も如何なっても構わないと考える浅墓さは!

03. 2010年7月27日 19:55:18: TcJwcmz5Jk
戦うべし。一歩も引くな。大軍拡に着手。人間のカス、シナ人を討つべし。

反日赤工作員やきれいごと保守を討つべし。


04. 2010年7月28日 13:04:06: q1gf0gzNbs
>この程度の事はロシア国境線で日本の漁船も体験するし
これと中国の内容とは違う。明らかに中国の場合は、侵略だ。
そして、今のロシアの態度は、問題だ。北方領土はロシア領と言い切り、更に、
ヤルタ協定を正当化している。勿論、このヤルタ協定を結んだ、英国、ソ連、アメリカ3国とも問題であるが。

 この問題は、日本は批判する内容でもあり、ロシア国民も批判する内容である。
日本政府は、抗議をしない所は異常に問題である。
ヤルタ協定を結んだユダヤ国際金融に、今一番近い人がロシアの大統領になった。彼らが、ロシア国民を、飢えと共産主義者による虐殺を起こした張本人でもある。
 日本とロシアで、平和的に条約を結んだ内容は、千島・樺太交換条約である。だから千島列島全島、返還要求は出来る。
 一部は、南樺太も日本領土だという馬鹿な日本人がいるけれど。それを行うと、日露戦争が正当化なり、それが、大量虐殺の共産主義革命を正当化する内容である。日露戦争はしなかった方が良かった。監獄で大量虐殺と強制労働、飢えを作った共産党軍事戦略を動かしてしまったからである。
 実際に起きた内容を黙って見過ごそうとするそちらこそ、国を危うく危険な道を導く。中国の場合は問題するべき内容だ。ずるずると引き延ばせば、相手に思う坪であるが。


05. 2010年7月28日 21:07:44: FqDvXxU8vI
03は白痴売国奴右翼の戯言。
馬鹿は時間の観念も歴史認識も出鱈目。
そも今の米国がどれ程悲惨な状況か、認知出来ない。
そんな阿呆の妄想に、最早日本は乗せられない。
田母神が切られ、単なる道化師に成り果てた様に。
又、金美齢が台湾に帰れず日本国籍を取って靖国に骨を埋める様に。
04も微妙に狂ってる。
そも大陸の大雑把さを理解する気は全く無く、其れは自身の拝米隷属主義に因る。
未だに冷戦イデオロギーを信じる脳内高齢者。
日本が戦後一貫して国境線問題を膠着状態の侭置いて来たのは、飽く迄も米国に隷属する主義の自民党政権が解決する位なら放置した方がましと判断したから。
米国に差し出す事を求められて居ない主権迄、差し出した気になって冷戦構造を国民に叩き込むプロパガンタに使用する事が心地良かったのだ。
ま、戦時中なんて肉弾三勇士どころか、特攻隊自体が戦意高揚の為の煽りネタで、だからこそ戦術戦略的に最悪の「一貫して戦況に関係無く僅かづつ飛ばせる」人命が道具として扱われた、其れに比べりゃ数段ましと思ったんだろ?岸信介とか中曽根康弘とか、ああいう奴等は。
そんな真実を見る事無く嘘を嘘で糊塗しても、害が先延ばしになって更に悪化するだけ。
身内にそんな毒虫を飼って背中を預けられないのに外交を遣る事ほど危険極まりない事は無い。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧