★阿修羅♪ > 戦争b5 > 419.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ウィキリークスが暴露した資料はデタラメ」元パキスタン諜報機責任者が語る(グローバルリサーチ)
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/419.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2010 年 7 月 28 日 06:30:12: SO0fHq1bYvRzo
 

グローバル・リサーチ誌は、ウィキリークスが暴露したアフガニスタン戦争の「機密文書」を、パキスタンの元諜報部の責任者が「偽物だ」と否定していることを伝えています。

http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=20297
WikiLeaks Report Fictitious, Says Pakistan's Ex-Spy Chief Hamid Gul

この情報の元は7月26日付のThe Christian Science Monitor紙です。

http://www.csmonitor.com/World/Asia-South-Central/2010/0726/WikiLeaks-report-fictitious-says-Pakistan-s-ex-spy-chief-Hamid-Gul
WikiLeaks Report Fictitious, Says Pakistan's Ex-Spy Chief Hamid Gul

グローバル・リサーチ誌は、The Christian Science Monitor紙記事の引用の前に、次のような簡単な紹介を書いています。

WikiLeaks' release of classified US documents include claims that Pakistan's former spy chief Hamid Gul ordered attacks against NATO troops. Mr. Gul speaks with the Monitor about the WikiLeaks reports.

このような「暴露」をどこまで信用できるのかは、他の方面からの情報とつき合わせてみなければならないのですが、なにせ膨大な数の資料で、とうてい素人の手に負えるものではありません。
もちろんこの「パキスタンの元スパイの責任者」であるハミッド・グル氏の語る内容の信憑性も確認することができません。

ただ、スペイン紙エル・パイスに次のような内容の記事があり、私はこの「機密文書」の、少なくとも一部の資料の、信憑性に首をかしげています。
http://www.elpais.com/articulo/internacional/documentos/apuntan/colaboracion/Iran/Qaeda/elpepuint/20100727elpepuint_7/Tes
Los documentos apuntan a la colaboración de Irán con Al Qaeda
これは、ウィキリークスによる資料はイランとアルカイダの協力関係を記録している、さらに北朝鮮とアルジェリアがタリバンに武器を売っていることが書かれている、というないようです。
イランとアルカイダ?北朝鮮?
手術台の上でコウモリガサとミシンが出会うような、奇妙な組み合わせですが、何か、あまりにもどこかの国にとって都合の良い情報のような・・・。

機密をリークさせる場合、その中に意図的に偽情報を混ぜておく手は十分にありえます。ウィキリークスが先日のイラクでの市民とジャーナリスト虐殺ビデオをリークしたことで世界的に有名になり信頼を寄せる人が増えたことは、逆に言えば「利用できる」ということにもなるでしょう。

即座に事の真偽を判断するのではなく、いちおうは暴露を歓迎しながらも、慎重な態度で見ていかなければならないように思えます。

以下に、この記事全文を貼り付けておきます。
***********************************
【引用開始】

WikiLeaks Report Fictitious, Says Pakistan's Ex-Spy Chief Hamid Gul

By Issam Ahmed, Correspondent / July 26, 2010

Islamabad, Pakistan -- The former chief of Pakistan’s spy agency has derided as “malicious, fictitious, and preposterous” the leaked United States military documents implicating him in a string of attacks against US and NATO forces in Afghanistan.

Hamid Gul’s name appears no less than eight times in documents leaked Sunday by the online whistle-blower WikiLeaks. In the reports, the retired general and former head of the Inter-Services Intelligence (ISI) from 1987 to 1989 is accused of ordering IED attacks against Afghan and international forces in December 2006 and of plotting to kidnap United Nations staff to use as hostages in exchange for militant prisoners.

The ISI is mentioned in at least 190 reports, and is accused of backing attacks against US and North Atlantic Treaty Organization (NATO) forces in Afghanistan. In one report from March 2007, the ISI is alleged to have donated 1,000 motorcycles to militant leader Jalaluddin Haqqani to carry out suicide bomb attacks in Afghanistan.

“This is utter nonsense,” Mr. Gul says in a telephone interview. Asked to respond to the various WikiLeaks reports in which his name appears, he replied: "Malicious, fictitious, and preposterous – and if this is the condition of US intelligence, then I am afraid it is no wonder they are losing in Afghanistan, and they will lose everywhere they try to poke their nose."

Gul has in the past called himself Washington's "darling" for playing a key role in the CIA's covert support of the Afghan mujahideen against the Soviet-backed government in Kabul the 1980s, and he was a principle architect of Pakistan's foreign strategy in Afghanistan. He has held no official position since 1992, though he is still seen as a well-connected military adviser.

“It’s a bloody shame for [the US] if a 74-year-old general sitting in his small house who has nothing to do within the ISI can pull this off,” he says, adding: “If I can pull off the defeat of America in Afghanistan, then history books will record it to my credit, and my future generations will rejoice over it.”

'I know your wrongdoings in Afghanistan'

WikiLeaks did not reveal the source of the leaked intelligence information, which was released weeks ago to The New York Times, The Guardian, and Der Spiegel, which analyzed the data and simultaneously published articles Sunday. In April, WikiLeaks released classified video footage of US military shooting a group of civilians alleged to be insurgents in Baghdad, including two staff from Reuters news agency. In May, the US arrested Bradley Manning, an American intelligence analyst suspected of providing the video to WikiLeaks.

Gul, however, says that the US itself has orchestrated the latest WikiLeaks exposé to shift attention away from its own failings in Afghanistan. Speaking in an elevated tone and at times furious, he says he believes the US may now use the exposé as a way to force Pakistan's hand on policy in Afghanistan.

"They [the Americans] want to bash Pakistan, at this time to come up with this leak. I refuse to believe it is not on purpose,” says Gul.

Pakistan, a country awash in conspiracy theories, is already buzzing with rumors that the US orchestrated the WikiLeaks exposé to undermine Pakistan and pave the way for military intervention here. Gul himself warns that any military intervention in Pakistan will send the country into turmoil. “You touch Pakistan on any pretext, it will ignite an inferno which will inflame every part of the region,” he says.

Gul says he is prepared to testify before US Congress to clear his name, adding that he is also prepared to share his own secrets about the US involvement in Pakistan and Afghanistan. “I know your wrongdoings in Afghanistan and deficiencies in your leadership, your involvement in the narcotics trade, and how your security complexes are minting money and cheating their own taxpayers,” he says.

WikiLeaks reports called into question

The leaked reports, which span from January 2004 to December 2009, reinforce a widely held Afghan and US view that the ISI has not cut its historical links to the Taliban, though the veracity of the reports cannot be independently confirmed and independent analysts have questioned their reliability.

Indeed, some of the reports appear implausible, such as a report from February 2007 that claims the ISI and Taliban insurgents planned to buy alcoholic drinks and “mix them with poison” to kill Afghan and ISAF troops.

Rifaat Hussain, a defense analyst at Islamabad’s Quaid-i-Azam University, says he believes the sources are disgruntled former members of Afghan President Hamid Karzai’s government operating with a political agenda.

“They apparently have made this public to embarrass the Karzai government and drive a wedge between Kabul and Pakistan, as well as create a fresh strain between Pakistan and the US,” he says.

Dr. Hussain also casts doubt on the veracity of the reports. Given the sheer number of reports leaked – some 92,000 in total – he says it is likely they are in raw form and unfiltered by intelligence analysts.

“Raw evidence is essentially material before it gets corroborated," he says, "which you collect from different sources before you know its solid or reliable or not."
【引用ここまで】  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月28日 08:28:10: UIgIXLRAEo
「ウィキリークスが暴露した資料はデタラメ」
アフガニスタンから撤退したがっているアメリカの自作自演のニオイがぷんぷんします。


02. 2010年7月28日 12:24:54: dSZR7EKq7I
米軍の機密文書が大量漏えい 何故なのか?その影響は?
http://www.youtube.com/watch?v=njBJuB7noHk
iisiatoday | 2010年07月27日 http://www.haradatakeo.com/

アフガニスタンもマッチポンプでは?・・・では?(w)(はい!もうよく判ってます) 機密情報は改ざん済みか? 米国防総省の11万人削減に対するインテリジェンスによる 中間選挙向けリーク報道? ・・・なんて分析している動画です


03. 2010年7月28日 20:42:33: FqDvXxU8vI
ぶっちゃけ、7万数千点以上の膨大な資料は誰一人として完璧に目を通す事が出来ない(てか現時点では絶対に時間不足で不可能!後々の歴史家云々レベルなら整理される事があるにしても)為、今現在は「言った者勝ち!」の情報戦になって居る可能性が高い。
情報にケチを付けたい側は信憑性を問題にするし、翻ってウィキリークス創始者が何を言ったか?と言えば「この中には数多くの米軍に依る戦争犯罪の証拠が含まれて居ます!皆さん、其れを探し出して下さい!」。
人間、膨大な資料の山を目にした際、しばしば取る最もありがちな行動とは「自分の興味がある部分だけ見つけ出し、読んで目を通す」事だ。
興味の無い部分は後回しにする。
恐らく其れが起きてる。
況してや、米軍の資料は飽く迄も米軍が記した資料であって、当たり前だが米軍の知らない事や勘違いして居る事は其の侭「知らないから記述無し」とか「勘違いのまま誤記」とかされて居た方が、寧ろ信憑性を上げてるんだよ。
其れが変に知らない筈なのに記述されてたり、公式見解に反して(戦争とは場面が違うが例として「9・11に関し、政府が少なくともテロリストに黙認姿勢を示した」とか)通りのよい「事実」が記されてる方が逆に信憑性は低いと言わざるを得ない。

04. 2010年7月28日 23:00:50: K6AEu7ybNI
「ウィキリークスが暴露した資料はデタラメ」

先のイラク侵略戦争において、米軍がバグダッドに侵入した時、
イラクのサハフ情報相が
「バグダッドにはアメリカの異教徒など一人もいない!」
などとインタビューに答えているその後を、米軍の戦車が横切ったという話を不意に思い出した。

なんというか、因果なものよのう。


05. 2010年7月28日 23:32:28: Kk5QDiIjZs
ある所に情報が集まって来て、その情報の中には、エルパイスの記事のような捏造情報もあると言ったところでしょうか?証拠や裏付けがある情報の価値は高いと思います。フセイン博士の言うように、分析されていない、玉石混交状態にあるが、正しい見方だと思います。
パキスタンのある人々は国内でテロを行っているタリバン勢力は、米国に操られていると考えています。民族間で分断して統治しようとしていると疑っています。
米国はそう言う狙いが見透かされている後ろめたさからか、ISIを常に疑っていると思います。ISI長官人事は、日本の役所と同じ様に米国の専管事項です。米国がイエスと言わない限り、そのポストにはつけません。ISI内部にグル将軍のシンパがいる可能性はありますが、指摘されている時期にグル将軍が力をふるって何か行動を起こすと言うことは、ほとんどないと思います。何よりもある時期からグル将軍は米国にとって好ましくない人物になったからです。

06. 2010年7月29日 00:06:30: pILCHFSvTI
ネオコンの動きが活発

07. 2010年7月29日 23:59:20: xNiOB9Q9T2
というか、アメリカのスポークスマンが警戒感を露わにしてましたよね。
つまり本物だということでしょう。

08. 2010年7月31日 16:22:53: 2ea1ePwBos
アメリカはアフガニスタンが収拾がつかなくなったうえに戦費がかさみ、国内が厭戦気分になりつつある。

アメリカ政府や軍は撤退するための口実を模索しており、機密を装った文書を「WikiLeaks」への流出を装って流しているのでしょう。
こうやって「アメリカ兵が安全でなくなった」という屁理屈を使えば撤退しやすくなります。

アメリカの常套手段にまんまと乗って騒ぐ連中が多く出てきたので、アメリカは「してやったり」とほくそ笑んでいることでしょう。


09. 2010年7月31日 18:38:45: FqDvXxU8vI
米国こそは神であり、全ては米国の予定調和の中に存在する、と信仰告白するプロ奴隷乙。
米国に誤謬など無く、ありとあらゆる事が米国の思い通りの現在だ!との主張に対し如何に矛盾が満載か気付けない。
やはり、奴隷根性は知性を曇らせる。
馬鹿は何時まで経っても馬鹿。
カリフォルニア経済のいよいよ首が回らなくなったのも、BP油田原油流出も、次々嵩む戦費も、「ウィキリークスとタリバンが悪い!」と鼻削ぎ女性の写真を一面に載せる米メディアも、全て米国様のご意向だー!
そうやって、人間は狂って行くんだねえ。
現実逃避。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧