★阿修羅♪ > 戦争b5 > 427.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アフガン戦争「機密文書」暴露の衝撃度
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/427.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2010 年 7 月 29 日 10:27:41: ButNssLaEkEzg
 

ニューズウィーク日本版7月27日(火) 19時24分配信 / 海外 - 海外総合

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100727-00000301-newsweek-int


9万点を超えるアフガン戦争の機密報告書は「すでに知られている事実」を裏付けたに過ぎないが──

ジョン・バリー(ワシントン支局)

 故ロナルド・レーガン元米大統領は、馬糞の山を見つめる少年をネタにした冗談を言うのが好きだった。「糞の中のどこかにポニーが埋まっているに違いない」と、希望的観測で語ったものだ。

 民間ウェブサイト「ウィキリークス」によって「山積み」されたアフガニスタンでの戦争に関する約9万2000に及ぶ機密文書と向き合う研究者たちは、同じように考えているかもしれない。米軍のアフガニスタンでの行動を6年間に渡って記録したこの文書は、本当に驚くべき事実を暴露しているのだろうか?

 一見したところ、あまりなさそうだ。04年1月から09年12月まで、アフガニスタンからの現場報告を寄せ集めたこの文書は、すでに世間が承知している状況を、悲痛なディテールをもって改めて知らしめている。つまり、アフガニスタンでの戦争は長く厳しい戦いであること、タリバンが勝利する方向に進んでいること、そして駐留米軍と多国籍軍が資金不足に悩んでおり、自国で感謝されていないと感じていること──。

 これらの文書で、驚愕するような新事実が浮き彫りになることはないだろう。最も物議をかもしている問題のひとつに、多国籍軍の攻撃による一般市民の犠牲者数がある。文書には、多国籍軍の作戦によって死傷した144件のケースの現地報告が含まれている。合計195人が死亡し、174人が負傷した。6年間に及ぶ報告書であることを考えると、少なく思える。

■「高性能ミサイル保有」の真実味

 では、これらの数字は何を意味しているか。米軍の指揮官らは個別のケースについて異議を唱えてきたことはあるが、米軍とNATO軍がかなりの数の民間人を犠牲にしてきたことを否定したことはない。国連によると、08年だけで約2100人の市民が戦闘の犠牲になった。そのうち約700人は「政府側」の部隊に殺害されたという。09年には約2300人の市民が殺害され、そのうちの550人は「政府側」の部隊の手で殺された可能性がある。今回リークされた報告書と国連のデータを照らし合わせるまで、ウィキリークスの文書に含まれる144件のケースがすでに認識されている死傷者数に含まれているのか、それとも多国籍軍によって内密にされているケースかを判断するのは不可能だ。

 リーク文書で最も衝撃的と思われる主張は、タリバンが熱線追尾式の対空ミサイルを入手し、NATOがそれを隠していたことだ。タリバンがこのミサイルを獲得するという指摘は、05年秋の報告書に初めて登場する。当時、アフガニスタン南部のザブル州とカンダハール州の反政府勢力の司令官らが同ミサイルの一群を手に入れたと報告されたのだ。70年代、アメリカがイスラム聖戦士に提供したスティンガーミサイルがソ連軍のヘリコプターに猛威を振るったことは、軍事の世界では伝説になっている。

 だが報告書によると、多国籍軍の航空機が墜落したのは、07年5月にヘルマンド州で肩撃ち式ミサイルによってCH−47「チニーク」ヘリが撃墜された1件だけだったとみられる。撃墜されたチニークが低空でゆっくりと飛行していたことから、タリバンが使用する一般的な携行式ロケット弾の犠牲になった可能性も排除できない。文書によると、パイロットがミサイルとのいくつかのニアミスが報告されているが、さらなる被害は報告されていない。

 つまり、証拠は乏しいといえる。仮にタリバンが熱線追尾式ミサイルを所有しているとすれば、タリバンの戦闘員などに甚大な被害を与えてきたプレデターやラプターといった無人戦闘機がなぜ撃墜されなかったか、説明がつかない(先週末には、24時間の間にパキスタン北西部で無人戦闘機による3度の攻撃が行われ、24人以上のタリバン戦闘員が死亡している)。

■看過できないISIとタリバンの関係

 文書に衝撃的な報告がないとはいえ、アメリカで政治問題にならないわけではない。上院外交委員会の委員長であるジョン・ケリー上院議員はすぐさま、自身が所属する民主党がどう反応するかを把握するまで様子見をするという古典的な声明を発表した。ケリーは、この文書が「パキスタンとアフガニスタンに対するアメリカの政策の現実について深刻な疑問を提示している」とした上で、「(アメリカが)危険性を強調し、もっと早急に政策を軌道修正させるだろう」と語った。

 ここでケリーが何を言わんとしているかは、はっきりしない。彼はパキスタンとアフガニスタンを何度も訪問し、数多くの要人と話をしてきた。では、これらの文書が明らかにする「現実」とは一体何を指し、ケリーはどんな「軌道修正」を考えているのか。ケリーの広報担当室は、すべて質問を上院外交委員会にするよう言い、広報担当者はこの件についてケリーには話すことが何もないと答えた。

 この文書によって、ワシントンで改めて最も熱く議論される問題は、決して目新しいものではない──タリバンや関連組織と、パキスタンの関係はどんなものか。特に、パキスタンの情報機関である軍統合情報局(ISI)が過激派に指令を出したり支援したりしているのか、という点が注目されるだろう。

 ウィキリークスの文書によると、過激派へのISIの関与を指摘する報告が毎週のように寄せられていた。この手の報告の多くはゴシップに毛が生えた程度のものに過ぎないが、現実と合致するものもあり、多数の情報源と連携した莫大な量のISI関与の報告は、無視することはできない。

 報告は昨年12月が最後。バラク・オバマ大統領がアフガニスタンの新戦略を発表した時期だ。オバマの方針が上手くいくかどうかはまだ分からないが、今のところ明るいとは言えない。歴史家たちがアフガニスタンで「どこを間違ったのか」について書く時が来れば、この山のような書類は一次的な情報源になるだろう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月29日 19:22:45: K6AEu7ybNI
何か言い訳めいたぬるい記事だな、と思ってソースをよく見たらニューズウィークだった。
なるほどな、と納得。同志討ちにも全く触れていないし。
まぁ、必死なんだろう。彼らも。

02. 2010年7月29日 19:42:56: FqDvXxU8vI
ニューズウィーク誌が9万2千点の中から最も見たい物が「タリバンの装備」と「パキスタンの関与」。
結局、早い話が「米軍苦戦の言い訳になり得る理由探し」と「米国は世界の警察官と言う自国内部の神話を如何にして守るか」が最重要課題と言う訳だ。
ま、所詮そんなもんでしょう。

03. 2010年7月29日 21:57:26: fymVQnT97k
米国は世界の警察官どころか世界の暴力団だ

04. 2010年7月29日 23:11:14: 14uRIjSnWE
この機密らしき文書がリークされたことによって「アメリカ兵が安全でなくなった」とかいう理由をこじつけて、早期にアフガニスタンから撤退したいのでしょう。

アメリカは国民から議会まで厭戦気分が広がっていますから、早期に撤退する理由付けに「自作自演」にリーク騒ぎを起こしているだけですね。

こんなアメリカの常套手段に踊らされているマスコミ連中はいい面の皮です。


05. 2010年7月30日 20:26:17: FqDvXxU8vI
ウィキリークスへの漏洩で逮捕迄されてる米兵に何たる無礼!
他人の人生を軽んじると、自分自身の人生も軽くなるだろう。
世の中を斜めに見過ぎて、全てが斜めに見えるだろうからだ。

06. 2010年7月31日 00:13:03: Td0N6QHNrk

911事件以前か前後から、パキスタンの裏面を指摘する説はあったが、アメリカ高官は、パキスタンとの良好な関係を維持するのに必死で、取り合おうとしなかった。印パ核開発競争など、背景が複雑だからであろう。

07. 2010年7月31日 10:54:52: I6yYr5YDgY
>>05
>ウィキリークスへの漏洩で逮捕迄されてる米兵に何たる無礼!

逮捕なんて見え透いたポーズ、CIAの保護プログラムで優雅な別荘生活していると思いますね。


08. 2010年7月31日 18:53:09: FqDvXxU8vI
それは、プロ奴隷精神のなせる業。
CIAはアフリカで忙しい。
アルカイダを掻き立てるオぺレーションがやっと実を結び始めたばかり。
おまけに、営巣入り前の米兵を仮に保護するなら軍関係であって、FBIですらないよ。
兎に角、机上の空論だ。
ウィキリークスが米国の後ろ盾で動いているなんて、流石に日本でしか出て来ないとんでも説。
地上に冠たるプロ奴隷ポチ犬しか考え付かない。
米国では、必死にタリバンとウィキリークスを「=」で結んで悪者にしようとメディアを挙げたプロパガンタ戦の真っ只中であり、9・11直後の熱狂と規模が等しい程の総力戦。
余りに現実逃避も度が過ぎると、現実を逸脱して今に日本は太平洋戦争に勝ったー!ばんざーい!とか認知症が始まらないか心配だ、てか家族に迷惑だろう。

09. 2010年7月31日 20:02:54: 2ea1ePwBos
>>08
>ウィキリークスが米国の後ろ盾で動いているなんて、流石に日本でしか出て来ないとんでも説。

アメリカが「WikiLeaks」後ろ盾になっているんじゃなくて、アメリカが「WikiLeaks」をうまく利用しているだけでしょう。


10. 2010年7月31日 20:18:34: FqDvXxU8vI
アメリカはウィキリークスに困っているけど、しかし其の現実を見たくないプロ奴隷は何も現実を見る必要など無いでしょう。
現実を逸脱して、プロ奴隷が衰退し消え去る事こそが、日本が生き残る道です。
米国に盲従しか出来ないプロ奴隷は日本の為に滅ぶべきです。

11. 2010年8月07日 17:36:14: WoNzh3e6rI
おやおや、自分の間違いも認められない、知ったかぶりの「餓鬼」が、また知ったかぶりしていますね。


12. 2010年8月07日 20:58:09: FqDvXxU8vI
おやおや、自分の芸の無さ・知識の無さも認められない、馬鹿の一つ覚えが、また粘着していますね。
ウィキリークスに一言の言及も無い。
所詮、コメント欄にどんなに粘着しても、ウィキリークスは次の暴露も遣るし、他人のコメントも止められないし、何ら社会的に影響力を全く持たない、単なる時間の無駄ですけどね。

13. 2010年8月07日 23:38:14: WoNzh3e6rI
>>12
>おやおや、自分の芸の無さ・知識の無さも認められない

この言葉そっくりそのままお返ししますね。

「Have individuals with weapons」を「ビジュアル・ウェポン」と言った「お子ちゃま」
>イラクでの米軍の誤射、映像を公開 / 3年前の米軍ヘリによるイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/876.html

「拉致」と「人質」の違いが理解できない「お子ちゃま」
>イスラエルのテロ対策当局: 「(イスラエル人が)テロリストにより拉致される危険が差し迫っている」 【CNN】
http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/163.html

「戦車攻撃」を「ヘリからの攻撃」と言い張った「お子ちゃま」
>2007年 米軍ヘリによるロイター記者とイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/897.html
>投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 4 月 09 日 06:18:15


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧