★阿修羅♪ > 戦争b5 > 606.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日米冤罪の競演:911の重要情報をつかんでいたために社会的に抹殺された二人の女性の話を聞こう!(9月11日)
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/606.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2010 年 9 月 09 日 17:51:23: SO0fHq1bYvRzo
 

日米冤罪の競演:911の重要情報をつかんでいたために社会的に抹殺された二人の女性の話を聞こう!(9月11日)

権力を握る者にとって不都合な情報を知りさらに知ろうとする者を身体的・社会的に抹殺するようなことは、いつの時代でもどの国にでもあることですが、その情報がその国ばかりではなく世界中の人々の生命と生活を左右するようなものの場合、その抹殺は単純な犯罪ではありません。文字通り「人類に対する犯罪」、最大級の重罪として告発され糾弾されるべきものでしょう。

CIAの協力者となって911事件の事前情報を知る立場にあったスーザン・リンダウアーは、「愛国者法」による逮捕者第1号となった。
たまたまニューヨーク世界貿易センター付近にいたために「ビル崩壊」に関する数多くの疑惑の事実を目撃し手に入れてしまった山崎淑子は、確たる根拠も無く逮捕状が出され、激しい脅迫とデタラメな取調べの後に、日本の国家主権を全く無視する形で米国に移送された。
二人は監獄の中で知り合い、自分たちを社会的に抹殺した冤罪とそれを意図し画策し実行した者たちを告発することを誓い合った。

彼女らの受けた言われも無い苦難は、米国という戦争を国家事業とする世界帝国と、日本という米国への隷属を神話化し官僚中心の利権構造で成り立つヤクザ国家の中から、必然的に生み出されたものといえます。それは必然的に、特に2001年のブッシュ政権と小泉・竹中政権以来、日米の両国内で起こってきた数多くの冤罪事件、殺人事件と、根っこの部分で緊密につながり合っているでしょう。

現在、検察とマスコミによる「犯罪」でっち上げのために、今までの日米関係に終止符を打とうとする政治家が、言われもない激しい攻撃にさらされ、日本国と日本国民の生存そのものが危機に立たされていることは、皆様方の方がよくご存知だと思います。こういった、大部分のマスコミと文筆商売人どもの手によって覆い隠され合理化されてきた、日本と米国にまたがる「人類に対する犯罪組織」のやり口は、いま、その全貌を現しつつあります。


●次にご紹介するものは、すでに、きくちゆみさんのブログを始め、おおくのインターネットサイトで紹介されているものですが、私からも、9月11日に東京に立ち寄ることができる人に、ぜひともご出席いただけるよう、重ねてお願い申しておきます。

<日米の911冤罪被害者 スーザンとサラのお話を聞く会>
獄中、極限で育んだ友情??サラとスーザンが生き抜いた天下の悪法「愛国者法」
と「アメリカ共謀罪」

日時:2010年9月11日 16:00~18:00
場所:東京都写真美術館 創作室(アトリエ)
参加費:千円(+カンパ歓迎)
参加申し込み:http://enzai.9-11.jp/?page_id=23
のお問い合わせフォームでお申し込みください。
主催:911冤罪被害者支援の会

この集まりを主宰した人々は、深刻な資金難の中で、出席者のカンパに頼って二人の旅費と滞在費、会場費、宣伝費などを捻出しようとしていますが、非常に苦しい状況のようです。映画ZEROの上映会でも同様ですが、こういった活動は、一部の下種どもが空想するものとは異なり、関係する人々の大変な負担と苦労によって作り出されているものです。どうか、一人でも多くの人にご出席いただき、こういった真に日本を思い世界を思う活動を支える手助けをしていただきたいと願っています。


●ついでですので、すでにご存知の方がほとんどだとは思いますが、尊敬するジャーナリスト岩上安身さんによる山崎淑子さんのインタビューをご紹介します。

http://enzai.9-11.jp/?p=94
フリージャーナリスト岩上安身氏による3時間のインタビュー

この岩上さんのHPは次です。
http://iwakamiyasumi.com/archives/2736

こちらから、インタビューの目次だけを貼り付けさせていただきます。

全編 山崎淑子さんインタビュー(目次)
01 アメリカで働きはじめた経緯
02 9・11が起こる前のニューヨーク。かすかな疑心
03 散歩中の視界に、立ちのぼる黒煙。「第二の真珠湾だ!神風だ!テロだ!」
04 真珠湾という言葉から透けて見えた米国の思惑。崩壊しないはずのビルが!?
05 ラジオから消えてゆく『イマジン』
06 グランド・ゼロへ。地下からあがる炎
07 被災後の日々
08 真実を語ることの危険性。日本人からの警告
09 涙を浮かべる父親の姿を見て
10 違和感の連鎖。FBI・CIAによる家宅捜索
11 なだれ込んできた検察。共謀罪の恐ろしさ
12 殺処分された愛犬。血に染まってゆく畳
13 日米犯罪人引渡し条約
14 弁護士Aの偽証
15 米国に縛られた手足。司法取引詐欺
16 弁護をしないヤメ検弁護士。知的虐待
17 出獄した眼の前に立ちふさがる護送車
18 出獄への見えない力。囚人服のまま成田へ
19 生きる
20 いま伝えなければならないこと
21 日本の真実

最初のビデオは次です。
http://www.youtube.com/watch?v=Wn0blcET8V8
こちらから次々と21番まで続けてご覧になることができます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月09日 21:21:18: JsFAka4nVk
この件については

サンデープロジェクト検証報道(TV朝日)誰のための司法か?
〜「日米条約」と「日本の司法」〜
2009年4月26日放送(30分)特集 シリーズ17 言論は大丈夫か?
出演:谷川サラ インタビュー:大谷昭宏
「私は無罪!」=米国へ送られた日本人の悲劇
http://www.youtube.com/watch?v=a-vEeysJ6r8

でも取り上げられております。


02. 2010年9月10日 11:20:25: WWSvpkKDA6
岩上氏とのインタビューを見ても山崎淑子氏はあれこれどうでもいいような事をぺらぺらとしゃべっているだけ。肝心の自身の容疑に対する反論は犬と黄色いペンキだけ。
契約社会のアメリカで仮契約とはいえ契約書や礼金の領収書、口座記録等の証拠が有るだろうに一切語らない。
100万ドルの申請書類にしても弁護士にまかせっきりで写しすら取っていないのは、どう考えてもおかしい。
デンバーの片田舎の取引でもあるまいに、ニューヨークの住人とは思えない迂闊さは何だろう?
とてもまともに聞く話じゃないね。

03. 2010年9月10日 16:56:16: LGLv0ms4OE
明日は自作自演テロ9周年!

04. 2010年9月11日 10:50:09: HDB25ZQMnU
>>02 さん
そうですね。気になって、この件に関することを調べてみました。
確かに、日本の司法当局が簡単に身柄をアメリカに渡してしまった感がありますが、アメリカに住んでいた人間にしては、明らかに「脇が甘い」としか言いようがありません。

「口約束」や「先生に全部お任せします」という、甘い考えが日本でしか通用しないことを身をもって知ったということでしょう。
でも、動画を見た限りでは学習能力に欠けている気もします。


05. 2010年9月11日 12:43:54: 3ita8fr73M
http://enzai.9-11.jp/?p=94

この911冤罪被害者支援の会のHPは寄付金集め詐欺の疑い強すぎでしょ?
いきなり金集めから入るって可笑しいだろ。
山崎さんとスーザンさんはすっかりきくちゆみにだまされちゃってるんだろうな。
一見善人に見えるからな。
岩上さんは自分のインタビューを金儲けに利用されていることを知ってるんだろうか。だれか親しい方教えてあげて。


06. 2010年9月11日 13:24:13: HDB25ZQMnU
>>05 さん
>山崎さんとスーザンさんはすっかりきくちゆみにだまされちゃってるんだろうな。

やっぱり、学習能力に欠けているようですね。


07. 2010年9月11日 13:48:53: 3ita8fr73M
5です
6さんへ

でもキチクユミは
自分を一見善人に見せるテクニックではプロ級ですから
だれでもだまされるんじゃないかな。


08. 2010年9月11日 20:07:18: UCuO6amvFE
バルセロナやきくちゆみやリチャード・コシミズなどの、詐欺原理主義者は何でもします。

リチャード・コシミズは常温核融合?の名誉教授。

徹底的につぶさなければなりません。

特に、カルト教団の独立党・教祖リチャード・コシミズの独裁・教祖崇拝は、社会における癌、目に余る悪です。

バルセロナもよく投稿できるものです。真相究明者が、翻訳をゴマカシて捏造していては、陰謀者です。内部告発で真相究明されたばかりです。


09. 2010年9月11日 22:27:07: yeFf9Ay336
>>09
全員自分自身を批判的に分析しないのでダメなのは明らか。
バルセロナは通帳さえ出せないのによく投稿できるものだなと思う。

10. 2010年9月12日 00:19:57: 0ttnKY9xzE
2CHへ行って、B層のアホたちを、だましたらエエねん。

阿修羅では、通用しない。

バレバレやないか。寄付金集めなら、他でやってくれ。


11. 2010年9月12日 10:42:18: GIw64SvSGg
工作員が多いのはわかったけど、貶しても意味ないだろう。

山崎淑子さんのこのインタビューについて重要なのは「彼女は本当に無実なのか?」ではなくて司法に人権を無視されてその上殺されそうになったこと。
アメリカに対し日本のマスコミがどれほど弱いかということ。

それとやはり彼女の目で見た9.11が納得できるかどうか、という視聴者の悟性が大事。

また、工作員はバル氏への嫌疑さえ利用するのは明らか。重要資料までも一緒くたにして避難あびせていたら要注意。


12. 2010年9月12日 11:08:46: LeUlhpE4ZY
無実ではないでしょう。
司法だからこそ、>>02

>肝心の自身の容疑に対する反論は犬と黄色いペンキだけ。
>契約社会のアメリカで仮契約とはいえ契約書や礼金の領収書、口座記録等の証拠が有るだろうに一切語らない。
>100万ドルの申請書類にしても弁護士にまかせっきりで写しすら取っていないのは、どう考えてもおかしい。

が重要になってくるのです。
明らかに彼女は自分の果たすべき義務である、契約書、領収書、口座記録、委任状等の「証拠」を一切提示していない。
その上、弁護士任せにして申請した金額さえ把握していなかった。
当然、詐欺の共謀とされても反論のしようが無いでしょう。
どこの国の司法でもこの動画で彼女が言っている論理は通用しませんね。


13. 2010年9月12日 17:25:56: xUX65ugY3Q
>>12
>明らかに彼女は自分の果たすべき義務である、契約書、領収書、口座記録、委任状等の「証拠」を一切提示していない。

日本でのアメリカへの身柄引き渡しを決める裁判でも、これらの証拠が提示され、無実であることが立証されれば、身柄が引き渡されることはなかったと思われます。
日本での弁護士が国選でやる気がなかった分を割り引いても、無実を証明する証拠も無しでは無理でしょう。


14. kirinaga4 2010年9月12日 18:46:33: ygNHU3RUP5xZM : GIw64SvSGg
>>12

警察万歳のばかだね、あんた。お里が知れるとはまさにこのこと。
君は捕まらないし、同じ痛い目もみないのだろう。公安の人だろ。

だいたい証拠が必要なのは事件でっちあげた側だろう。

というかそういう話ではない。
どう見ても見るひとの自由?
重要な話題をすりかえてんだろうが!
うまく隠したと思っても無駄だ。
いろんなところからここへ誘導されてあんたの悪あがきは見通されるだろうよ。
警察国家万歳の子豚さん。


15. 2010年9月12日 23:45:04: Rgy5cMkXwg
>>14
>だいたい証拠が必要なのは事件でっちあげた側だろう。

馬鹿じゃないの。
必要書類は添付してないけど、「百万ドルは頂戴」って申請すれば、架空請求の請求書をアメリカ政府に出したと同じ事、それだけで詐欺に問われて当たり前でしょうう。
当局側は「不備だらけの申請書」という証拠を持っているのです。

こんなのはあんたのような「小学生」には解らないだろうけど、大人の以外の世界では常識だよ。


16. usamon 2010年9月14日 07:57:45: xcyx6nfOyt6go : tkAzLseScQ
本人はいくらでもアメリカの主張をくつがえせると言ってましたよね。
その一つが「あっちがやったとしている日は日本にいた。あっちが言うことは違うと証明する証拠として日本のテレビにその日は出ていた」と。

アメリカ側は、レイプとか殺人とか凶悪な犯罪の容疑がかかっているからではなく、申請する権利が無いと知っていながらお金を騙し取ろうとしたことをもって、身柄を引き渡せって言って来たわけですよね。

でもこれはでっちあげで、本当の理由はアスベスト問題で将来アメリカ国民に損害賠償金を政府が支払いたくなかったから、サラさんから証拠の品を奪い、将来「私は知っている」と証言されないように、権力で弾圧したわけですよね。

日本政府は、凶悪犯でもないのにおかしいと思い、他の人同様に踏ん張って引き渡さないでおくべきだったと思う。


17. 2010年9月14日 21:31:16: iEjnBBmQRw
>本人はいくらでもアメリカの主張をくつがえせると言ってましたよね。

覆せないから服役したのでしょう。
悔し紛れに日本で「遠吠え」しているのでしょう。

911冤罪被害者支援の会
『引き渡し冤罪事件の経緯について』
http://enzai.9-11.jp/?page_id=58

に、「全額支払いを済ませ、仮契約を交わした。」とあるが、仮契約を済ませたのなら、仮契約書の写しや領収書があるはずだが、その後の記述に一切出てこない。
また、弁護士A氏を代理人にするに至った経緯や委任内容や委任状の写し等も不明である。
債務当事者として申請しているのですから、当然、申請内容を確認した上でサインしているはずであるが、金額すら把握していなかったと、おおよそ考えられない弁解をしている。

非常に心証を悪くしているのは、「明日にはもう、日本出張へ出発するので、手続き全てをキャンセルします。全て忘れて下さい」と言っていることです。
これでは当局にしてみれば、「適当な申請をして、百万ドルも融資して貰えれば儲けもん、不備を指摘されたらキャンセルすればいいんでしょう。」程度に受け取られてしまいます。
本当に困っている人が沢山いて、その人達は必死に証明書類を揃えて申請しているのに、貰えれば儲けもん程度の感覚で、ろくに添付書類も付けないで申請してくれば「詐欺」と疑われても当然だと思います。

日本でのアメリカへの身柄引き渡しを決める裁判でも、契約書や領収書、委任状等の証拠類を提出したとの記述もありません。

これでは >>15 の言うとおり架空請求、詐欺未遂と見なされてもしょうがないでしょう。


18. usamon 2010年9月15日 00:41:04: xcyx6nfOyt6go : tkAzLseScQ
覆せなかったのではなく、させてもらう機会すら与えてられなかったようです。

確かに契約社会のアメリカで、申込書を他人まかせにしたサラさんに重大な落ち度はあります。

彼女の話し方を聞いていて、あっと気づくことがあります。
あえてここでは名称を言いませんが、知能は高くても人を疑う能力や言葉の裏を読み取る能力が極端に低い人も世の中にいるんです。

ある事件で、友達に騙され警察に捕まった人がいました。
本人は友人によって犯罪をさせられたとわかっていなかった。
説明しても理解しておらず、自分が悪いと言い続けた。
精神薄弱でもなかった。
知能に問題は無いが、騙すとか疑うという概念が先天的に無い人でした。
何度他人に騙されても、先天的に能力が無いので学習不可能。
このままでは他人に騙されて一生刑務所暮らしになってしまう。

報酬料が一定額じゃなくて、借入れローン額の何パーセントという契約だった場合、100万ドルと1万ドルではA弁護士が手に入れる額はぜんぜん違いますよね。
いちいち確認しない口うるさくない依頼者だと踏んだA氏は、彼女を使って稼ごうとしたのではないかと。
書類がズサンだったために、サラさんの方に連絡がいくことになり計画は失敗。


サラさんは被災者認定を受けており、事業を始めようとビルを仮契約して本契約する日に911が起こったので、本契約ができず、始めようとした事業も開始できず、振り出しに戻ったわけですよね。

911が起こらなければ実行できた事業ができなくなったわけで、そういう意味でも被災者として認定されたのではないかと。


問題は詐欺の疑いをかけられたとかじゃなくて、抹殺されそうになったってことです。

サラさんは他人が自分を羽目るとか、騙すなど疑う能力が低いかわりに、他人が困っていたら助けるという博愛精神が強く、それで神戸と同じようにアスベスト問題が将来起こると思って、アメリカ国民が将来それで病気になったとしても国から救済してもらえるようにしてあげようと思って、調査してたわけですよね。

それはアメリカ政府にとってとてもまずいことだった。
賠償金がものすごくなるし、国民の信頼を失ってしまいかねないから。

そのためにどうにかしてサラ氏の身柄を拘束して監禁状態にして社会的に抹殺を図った。
ではどうすれば拘束できるか。
調べたあげくに、却下されたローン申請をみつけたのではないかと。

彼女は人を疑うことがとても難しく、言葉の裏を読み取ることの難しい人だと思って、もう一度彼女の言動を見ると、彼女の言動が理解できるようになると思います。
彼女は理論で説明しないと理解できないんです。
開放されて他人から理論で説明されて、やっと自分はどうして拉致されたのか理解できたのではないかと思います。


19. 2010年9月15日 07:39:14: TuF71DutWQ
>18問題は詐欺の疑いをかけられたとかじゃなくて、抹殺されそうになったってことです。

そのとおりだと思います。
この事件の本質は、そこなんですから。
ただの詐欺で抹殺されますか?
詐欺以上の理由があればこそ、収監の中で消されそうになったんでしょう。
帰国後、彼女に対して口止め工作があったという話も、関係者から聞きました。


20. usamon 2010年9月15日 09:29:17: xcyx6nfOyt6go : tkAzLseScQ
>収監の中で消されそうになったんでしょう。

私もアメリカ政府は彼女を殺そうとしたと思います。

冷凍庫に入れ死んだら殺人になってしまいます。
しかし空調を一番下の温度にして冷風を常に噴出させていたら、死んだとしても持病の悪化による死亡として書類上問題なく通ったのではないかと。


もう一つ思ったのは、彼女は刑務所に入れられている間にB型肝炎になったと言ってます。

人の体は有害なウイルスが体内に入ると、ウイルスを殺そうとし筋肉を震わせ熱を発生させます。
本人は笑いながら「刑務所内でB型肝炎になったけど、体が戦って抗体を作っちゃったのよ」と言ってましたが、B型肝炎になる原因を知れば、笑っていられないと思います。
自然になるものではないから。

医療事故ではなく、故意にウイルスを入れられた可能性がある。

別件の容疑をかけて身柄を拘束して、彼女の息の音を止めたかった人は誰なのか。
彼女が持っていた物的証拠を奪ったが、生きている限り証言されてしまうので、閉じ込め、冷遇し「そこで死んでくれよ」となったんじゃないかと。

サラさんはアメリカにいるとき、日本から来た自衛隊の人の通訳を、そのとき911の話をして、その話を聞いた自衛官が日本の幹部に通報し、アメリカ政府に通報し、拘束されることになったんですよね。

そして別の容疑で拘束した。
アスペト問題が原因だと本人に悟られないようにして。
アメリカ政府にとってみたら、100人殺した殺人犯よりサラさんの方がとても怖いわけです。

彼女の冤罪を晴らすことより、日本国民は彼女を守りきれるに力を入れたほうがいい。
ボディーガードをつけないと非常に危険です。
ある日いなくなったら、探しようが無いです。


21. 2010年9月15日 16:07:56: q1gf0gzNbs
 国の権限として、司法がある。警察と検察だけが、刑事事件を訴訟する事が出来る。検察が不問すれば、弁護士を持って裁判を掛ける事が出来るが、弁護士が真面目に行動を起こさなければ(自分は一度考えて言ったら逃げた)。それは、検察と警察が動けなければ動かないと逃げた。
 基本的に、警察と検察の行動に対して弁護士が受け持つ。弁護士が真面目に行動を起こさなければ、例えば、裁判官と検察とつるんでいれば、今回の合成麻薬、死体遺棄の事件に関して、それを行った可能性があるが。
 その時は、弁護士に関する法律を見て、罷免手続きがあると思うが、確認していないが。基本的に正当な弁護を行わなければ、罷免手続きを行う権利は、憲法で保障されている。人権保護の目的で。
 検察と警察を喧嘩するな。それは誤った方向に行く。無秩序になる。一部の警察と検察は不正があるが、それ全てではない。本当の不正に対して国に訴訟を起こすべきである。不正な捜査等は、又検察に対して訴訟すれば良い。法律の内容では、基本的に検察は個別に独立している。法に基づいて不正を正さなければならない。
 嘆願書等も作るべきである。で、今回のこの911事件に関しては、国民は、全く無視している。まず、国民に目を覚ませる事が先である。それないと集まらない。
公共の場所は、このユダヤ国際金融の問題について、やらせないように圧力掛けている。それで、冤罪を掛けようとしている。。特に弁護士の職もユダヤ国際金融との繋がりが強い。心のある弁護士も探さなければならない。後は行動に対するお金も重要でしょう。何事も只では動かない。それが現実である。自分なんて殆どボランティア活動だよ。だから余計に動かない。

22. 2010年9月15日 21:03:25: pxMi9LB6lF
>>18
>覆せなかったのではなく、させてもらう機会すら与えてられなかったようです。

日本では無理でもアメリカでは領収書、契約書、申請書の写し、弁護士への委任状の写し等を提示していれば無罪になったと思います。


23. usamon 2010年9月15日 22:39:28: xcyx6nfOyt6go : tkAzLseScQ
日本に帰国していた時、NYの家のドアの鍵は開錠されており、いろんな連邦組織の人やら泥棒やらが出入りしてごっそりもって行ったので、家の中はもぬけの殻だと思うとビルのフロントの人に連絡した時言われたそうです。

それでアメリカの弁護士に連絡して、一体何が起こっているのか警察に聞いてもらったところ、本人がアメリカに入国しない限り教えられないとの回答だったそうです。

アメリカでは冤罪事件が多発しており、その一つは司法取引で冤罪にしたてあげた警察の部署がやり直し裁判で戦っている真っ最中であり、その部署が、サラさんの件を扱っていたのだそうです。

弁護士は元同僚の検察官に聞いたが教えてくれず異常さを感じたそうです。
警察の質が劣悪になっているので、「今アメリカに戻ってくると、何の容疑かはわからないが冤罪を着せられるから戻ってくるな」と弁護士はサラさんに言ったそうです。

理由はわからないが身が危険だと感じたサラさんは、アメリカに戻らず日本でビジネスをはじめ、平穏に暮らしていたらしいです。

ビジネスが軌道にのっていたある日、何の説明もなく日本の自宅から刑務所に連れていかれ、日本の刑務所からアメリカの刑務所に送られ、やっとなんの容疑かわかったが、証拠があると言うのに国選弁護人は一切取り合ってくれなかったらしいです。

それで私選弁護人を雇い、証拠を集めてもらおうとしたが、そんなことより、もうどうあっても有罪にされることはわかっているから司法取引をしろと言いつづけただけで、サラさんの言う証拠に関しては動いてくれなかったようです。

サラさん本人は刑務所にいるので動けません。
弁護士も動かなかった。
誰1人彼女の訴えに耳を貸さなかった。

この状況では無罪を主張するための証拠を提示できません。
誰も証拠など求めていなかったというわけです。


24. 2010年9月17日 19:50:27: UixTWF01aA
>誰1人彼女の訴えに耳を貸さなかった。

当たり前でしょう。
契約書の写しも領収証の写しも無しに、百万ドルの架空請求まがいをアメリカ政府に対して行った人間の言うことに耳を貸す人なんかいません。


25. 2010年9月18日 22:38:45: xS9eyw4txs

>本人はいくらでもアメリカの主張をくつがえせると言ってましたよね。

japantimes のニュースぐらいしか見つからないが、

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20051014a5.html

この記事によると、100万ドルは架空請求で未遂だが、赤十字等2つの義援団体から14万5千ドルを、2人で受け取っていると書いてあります。

共犯は、Hidetoshi Cho, 47(長 英俊、47歳)と書いてあるが、この人物が弁護士なのかな。

いずれにしても、14万5千ドルというのは、義援金としてもこれでも相当な金額であるが、山崎淑子氏の話にはこのことは出てこない。

この義援金に味をしめて、100万ドルの架空請求を行ったと、向こうの検察は考えるであろう。

また、犯人引渡しというのは、相当の重罪でないとやらない。米国に引き渡されたとき、予審判事の前で、なぜ自分は無実であると主張しなかったかも不思議。国選弁護士に、刑が軽くなると言われたからと言っているが、いったん有罪答弁をしたら、正式裁判は受けられない。

その辺も、米国でコンサルタント業を開こうとしていた人物としては、甘すぎる。



26. 2010年9月19日 20:12:55: K9cfUpLH3U
>>25
14万5千ドルと言えば、当時のドル−円レートが1ドル130円位だったので、単純計算でも1千9百万円近くを受け取っていたんだ。

ビデオを見ても、『引き渡し冤罪事件の経緯について』 http://enzai.9-11.jp/?page_id=58 を読んでも、契約書や領収書、申請書の控え等のことが全く書かれていないばかりか、代理人の弁護士に委任するに至った経緯などが全く書かれていないので不思議だったんです。

おそらく、代理人弁護士との関係が知れると、この14万5千ドルの件が明るみに出てしまうので、ひた隠しにしていたのでしょう。

それにしても、こんな人を冤罪被害者に祭り上げてカンパや寄付を集めようとしている、「バルセロナより愛を込めて」とその一派には呆れ果てますね。


27. 2010年9月20日 15:09:35: xS9eyw4txs
おそらく、山崎淑子女史は、米国へ護送されたあと、以下のようなやり取りがあったと想像されます。米国では裁判の前に、予審裁判官にあって罪状の認否が問われます。

予審判事「あなたはすでに14万5千ドルを、赤十字などから義援金を受け取っていますね。認めますか。」

山崎「はい」

予審判事「14万5千ドルは、あなたが開こうとしていた個人事務所の被害額としては、かなり多額と思えますが」

山崎「いえそれは、弁護士が勝手にやったことで、私しりませんでした」

予審判事「しかし、申請の書類の名前も、小切手の振り出し先、そして、小切手を現金化したのもあなたの口座となっていますよ」

山崎「ええーーーん(ウソ泣き)弁護士が・・・」

予審判事「では、政府からの911被害者のためのローン申請にあなたはかかわりましたか」

山崎「それって弁護士が勝手にやったことですぅぅ。」

予審判事「しかし、ローン申請には、あなたがかかわったことが随所にみられますし、担当者が、あなた宛に、電話をしてローンが受けられない旨を伝えています。そのとき、100万ドルローン申請は取り下げると答えていますよ」

予審判事「では、あなたは米国政府にたいして、911被害者のためのローン申請をして、100万ドルを詐欺取得しようとした罪状にたいし、有罪とみとめますか。それとも無罪とみとめますか。有罪と認めると、簡易裁判で、次回判決が出されます。無罪と認めると、正式裁判となります」

山崎「ひょえ〜〜〜〜ん」

国選弁護士「無罪とこたえても、正式裁判で、無罪を勝ち取ることは難しいですよ。有罪と答えると、いくらかでも罪状は司法取引で軽くなる可能性があります」

予審判事「有罪ですか、無罪ですか」

山崎「弁護士がやったことです・・・・・有罪をみとめます」


かくて山崎淑子は、刑務所に入ることになる。

ちゃんちゃん


28. 2010年9月22日 10:07:32: BnL6doBKQw
>>26
>それにしても、こんな人を冤罪被害者に祭り上げてカンパや寄付を集めようとしている、「バルセロナより愛を込めて」とその一派には呆れ果てますね。


童子丸開(バルセロナより愛を込めて)とその一派は、「9.11の真相究明」などと、B層が騙されやすい理由を付けて金儲けに走っているだけでしょ。
あまつさえ、国会議員まで利用して本を売ろうとしている。

Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7%AB%A5%E5%AD%90%E4%B8%B8%E9%96%8B&tag=googhydr-22&index=aps&field-adult-product=0&hvadid=4802457737&ref=pd_sl_5tcmbewyt1_e


29. 投稿初心者 2010年11月21日 03:46:02: HnHYD4F.apHwI : ymUgZsQkIS
あの〜

記事をみてみると、14万5千じゃなくて、1万4千5百のようなんすが・・・



30. 2010年11月22日 17:59:19: xS9eyw4txs
>29

指摘どおり間違っておりました。訂正します。

(誤)14万5千ドル
     ↓

(正)1万4千5百ドル

なので、為替レート130円とする

188万5千円 約190万円であるな。
これでも、まだ何も営業実体がなかった事務所にポンと、190万円もらえるなんぞおいしい話です。

うそつきバルセロナこと童子丸開(江熊ひろし)も、山崎淑子氏の演技力を見習って、お金もうけすれば。


31. 2011年6月19日 01:19:18: JNubQl9cdo
山崎さん
ニューヨークではいろいろな意味でお世話になりました。
あれから10何年の月日がたちますが、そんな経験をされていたとは知りませんでした。
それにしても、そんなに酷い仕打ちを受けながらも、あいかわらずふくよかな体型を
維持されているのには驚きを禁じ得ません。通常ならやせ衰えるはずですのに。
さて、裁判や服役中はかなり孤独な思いをされたようですが、別れた旦那さんたちや
ニューヨークの知り合いは一切手を差し伸べてくれなかったようですね。
さもありなん。誰もが山崎さんには痛い目をみたからに違いありません。

山崎さんは慶應大学の同窓会であるニューヨーク三田会に出席されて
いたから、私はてっきり慶應の卒業生だと思っておりましたが、成蹊大学中退
だったのですね。知りませんでした。三田会ではいろんな方との人脈を広げて
いらしたとお聞きしました。某企業のエグゼクティブの方は山崎さんを
称して「あれは悪女じゃない。魔女だ。」とおっしゃってました。同感いたします。
あなたの口のうまさはもう芸術の域に達しているようで、誰もがその口車に乗せられました。
詐欺罪で捕まったとしても、誰も不思議には思いませんもの。

それにしても、山崎さんともあろう人が、そんなけちな詐欺、いや火事場泥棒の片棒をかつぐとは。
山崎さん本人がおっしゃているように、金額(100万ドル)は知らなかったが、
あなたが長氏に頼んで申請を行ったのは事実なわけです。たとえそれが1万ドルであろうが1000ドルであろうが、911の被害に乗じて中小企業への政府救済ローンを申請した(詐欺未遂)のにはなんらかわりはありません。ここまではあなた自身が語っている事実です。つまり、火ダネがあったから煙が立ったわけです。赤十字やSafe Horizonなどから受給した義援金1万4000ドル(詐欺)はどうされたのですか?
実際のところ、共犯(山崎さん曰く”主犯”)の長英俊はすべて事前に認識した上での犯行だっと供述しており、ニューヨーク州の裁判所によって実刑判決を下され、弁護士資格も剥奪されています。
このことはニューヨーク州裁判所の公式記録に記載されており、誰でも閲覧できます。
http://www.nycourts.gov/reporter/3dseries/2010/2010_06222.htm

アメリカ政府はあなたを一度も、テロリストや政治犯、危険分子として告発したことはないですし、
自白を強要もしていません。単に詐欺ならびに詐欺未遂犯として、正式に起訴し、日本の司法を通じて
アメリカに連行し裁判にかけた。それだけの話ですよね。911の事件後、同じような詐欺をして捕まった人は
数多くいます。あなたもその一人だった。あなたを知る人なら、誰も疑問を持たない結論です。

さて、これを読んで私のことをとやかくいう人は出てくるでしょう。実名を出さないのは卑怯だとか、山崎サンに個人的な恨みでもあるのかとかね。では、彼女の行っていることは正しいと言い切れますか?

一応、冤罪ということで、日本では注目を集めておいでのようですが、
一言忠告させていただいていいですか?服役囚が「あれは冤罪だった」というのは自由です。
でも、それを実証もせずに、後援会や本等で人々からお金を集める行為は、それこそ詐欺です。
立派なジャーナリストであるならば、それぐらいのことはおわかりでしょう。
つまり山崎さんはきちんと証拠を揃えて、冤罪だったと告発し、無罪を勝ち取り、グリーンカードを
再発行させなければならないはずです。今はアメリカに行けない身なので、在日本アメリカ大使館でそういった手続きはできるはずです。三流の自称”ジャーナリスト”を仲間につけて、無知な日本人をだますのではなく、正式な国際人権弁護士を雇って戦ってこそ、冤罪告発の証明になるのではないですか。

山崎さんの周りで踊らされている方々にもご注意申し上げます。彼女の過去、ニューヨークでの職歴や弁護士、裁判の記録を洗わずして同調していると、あなたがたが今度は詐欺の共謀犯ということになりますよ。


32. 2012年3月30日 23:01:14 : AtT7uSTvDA
 上記「31」の投稿に注目したい。
 私も過去に、他人の言葉を無条件で信じてしまって、結果的に痛い思いをしました。「自分が被害者だ」と言うのはその人の自由です。しかし、我々は他人の言う
言葉には、一応別ルートから調査してからのち、その人の言葉を信じるべきです。
この複雑な現代社会を生きて行くには、そうした慎重さが不可欠です。

33. 2012年3月30日 23:13:01 : AtT7uSTvDA
 上記「31」の投稿に注目します。
 私も過去に、他人の言葉を無条件で信じて、後で痛い目にあったことがあります。「自分は被害者だ」と主張するのは、その人の自由です。ですが、それを真実と思う前に、別ルートから、その人の言葉を検証してみることは必要です。
 その程度の慎重さがないと、この複雑怪奇な現代ではとても生き残れないと体験から思います。

34. 2012年3月31日 06:57:53 : AtT7uSTvDA
上記「31」の投稿に注目します。
 私も過去に、他人の言葉を無条件で信じて、後で痛い目にあったことがあります。「自分は被害者だ」と主張するのは、その人の自由です。ですが、それを真実と思う前に、別ルートから、その人の言葉を検証してみることは必要です。その程度の慎重さがないと、この複雑怪奇な現代ではとても生き残れないと体験から思います。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧