★阿修羅♪ > 戦争b5 > 655.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ビルマ軍事独裁政権を支える中国政府の罪深さ:石油ガスパイプライン建設着工
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/655.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 9 月 15 日 16:43:12: 6nR1V99SGL7yY
 

ビルマ軍事独裁政権を支える中国政府の罪深さ:石油ガスパイプライン建設着工
http://www.youtube.com/watch?v=C1qeNcnVXC8

日欧米諸国が経済危機からの脱出の糸口さえ見出せない中、
一人勝ちの様相を呈している13億の昇竜中国。
その高度経済成長を下支えする国家的エネルギー戦略の一環として
ビルマからの石油・ガスパイプラインの建設に着工した。
戦略的要衝であるマラッカ海峡を経ずに中国本国へと
戦略物資を輸送できるメリットは大きい。

その見返りとして国連で拒否権を持つ中国がビルマ軍事独裁政権を
政治的、経済的、軍事的に支えている。

多くのビルマ国民に地獄の苦しみを与え続けている
ビルマ軍事独裁政権を支えている中国の犯罪行為は極めて罪深い。

スリランカの内戦終結にも中国の軍事的支援があったればこその結果だ。
当然の見返りとしてスリランカに中国の軍港を建設している。

『真珠の首飾り』は着々と完成へと向かっている。

中国がパイプライン建設に着工 ミャンマーで着工式
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060401000725.html

中国:ミャンマー軍事政権トップと協力拡大で一致
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100909k0000m030036000c.html
http://megalodon.jp/2010-0912-0405-23/mainichi.jp/select/world/europe/news/20100909k0000m030036000c.html
両国は今年6月に原油・天然ガスのパイプライン建設や水力発電事業など
15の経済協力協定に署名していた。
両国間では昨年10月にミャンマー南西海岸と中国雲南省を結ぶ石油・天然ガスの
パイプラインが着工され、将来にわたって中国から軍事政権側に巨額の財政資金
が流れ込む構図が鮮明になっていた。
中国にとって、ミャンマー南西海岸に通じるパイプラインは、
海賊被害や事故による封鎖リスクがあるマラッカ海峡を経ずに
エネルギー資源を陸上輸送できる重要なルートであり、
欧米や日本と一線を画し、軍事政権を支える理由の一つになっている。

中国海軍艦船がミャンマー初寄港
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100831/asi1008312151009-n1.htm

ミャンマーの少数民族に中国の頭痛
http://adachihayao.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4a6a.html

<参照>
中国 真珠の首飾り戦略
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/china/2010/04/post-a6a7.html

ビルマの人々の軍事政権に対する闘い
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/gendaisekai/2007/09/bbc_d8d6.html

ビルマのカレン族:Burma's Secret War
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/gendaisekai/2007/08/post_1250.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月15日 22:49:17: EskKvdRDZ6
 これはレド ロード LEDO ROAD の復活ですね。
このルートを経た蒋介石国民党軍への援助物資によって大日本帝国は大陸で泥沼のゲリラ戦に引き込まれました。にっちもさっちも行かないじょうたいで大量の兵力を大陸に貼り付けなければならなくなります。他に手が回らなくなって、ただただ国力を消耗するばかり、のみならず南方戦線への補給もままならなくなってしまいました。

02. 2010年9月17日 06:11:49: a5BlrCsSI6
レド公路は中国ビルマの補給路を日本に分断された後に、インドと中国間をつなぐために北ビルマを掠めるように造られたもので、終戦末期にかろうじて完成したほとんど無駄だった土木作戦だ。

正確に言えば国民政権ビルマ補給路だ。日中戦を泥沼に導いたのは、他にも進駐前のインドシナ経由とかあるし、薄い戦線を日本軍占領下を小船や馬等で浸透突破するルートもあった。

ネット右翼ではないなら、ちゃんと調べてください。まあ、本当に戦史を知れば連中のように軽挙盲動なおこないは出来ないのでしょうが。

ただし、これを機に中共とビルマで一あてするのも一つの戦略ではある。インドとタイ側から締め上げて中から民主派に呼応させれば、ビルマ軍事政権の崩壊も十分可能だ。

ビルマは40年ぐらい前まではタイなんかより豊かな元英植民地だったのだ。そろそろ、あほな民族政権後の変動から出てきた軍事政権を崩すべき時期だ。

経済的可能性はタイなんかの10倍はある。先進国のように涼しいシャン高原だけでも日本の平野部よりはるかに広大なのだ。

人間もいまだ赤化から脱しきれないべトナム人やお釜とおなべがバンコクの20%も占め、上流階級に浸透しつつある辞める国タイよりよほど、素朴で勤労なのだ。

日本は戦中のつみほろぼしに政治家のりベート含みで中古車ばかり売ってないでビルマの民主化にもっと干渉しろ。


03. 2010年9月17日 17:16:38: FqDvXxU8vI
旧日本軍が巨大な中国阿片市場を席巻する為、生産拠点を置いたのが今も有名な「黄金の三角形」であり、精製拠点を置いたのが今も有名な「北朝鮮麻薬工場」である、其の現実認識が欠けた侭で何を言っても絵空事だ。
と言うか、言われてる側に対する説得力が皆無なばかりか、むしろ侮りを受けるだろう。
自国の歴史も知らずに何を奇麗事を?と。

04. 妹之山商店街 2010年9月17日 19:28:31: 6nR1V99SGL7yY : ytaz8gVNOQ
>>01 02 03

21世紀現代の昇竜中国と
21世紀現代のビルマ軍事独裁政権

この両者の関係を述べているところに、

旧日本帝国のことなど、100%なんの関係もない。

21世紀のスーパーパワーとなる中国の国家戦略と
21世紀の軍事独裁政権の“延命策”との問題でもある。

そこに何故旧帝国日本の話“だけ”が延々と続くのかね?

21世紀のことを論じてくれないか。


05. 2010年9月17日 20:43:25: FqDvXxU8vI
過去に盲目な者は、未来にも盲目だ。
盲目であるが故に、米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる。
其の危機を知らせてやっているのに、恩に着ないとは礼儀がなってない。
米国の評判が今や落日の勢いなのは、悪事が積み重なり化けの皮が剥がれたからだ。
其の悪事が間も無く晴天白日の下に晒されざるを得ない。
日本が米国の没落に巻き込まれない為には、積極的に「敗戦で米国へ引き渡したもの」を先に自白して精算するしかない。
大日本帝国の悪事の結果がアジアの独裁国であり、最貧国であり、米国と敵対する国々なのだ。
米国の尻馬に乗り被害国を罵る行為はとても醜い。
其れが次第次第に日本への指弾となる前に気付くべきだ。
自身に痛みを感じない者に他者の痛みは癒せない。

06. 妹之山商店街 2010年9月17日 21:17:55: 6nR1V99SGL7yY : ytaz8gVNOQ
>>05

ビルマで建設しているこのパイプラインにアメリカが一体何の関係があるんだね?

パイプラインの建設をアメリカが行っているのかね?

パイプラインの材料をアメリカの企業が提供しているのかね?

<中国政府>と<ビルマ軍事独裁政権>この<二者>の問題を論じることが、

一体全体なぜ「米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる」のかね?

説明する能力があるとも思えないが、一応、要求しておこう。


私の書いたことをきちんと引用して批判するという
能力がそもそもないということだと理解している。

私は私の書いたことに責任を持つ。
だから私の書いた部分をきちんと引用し、
それに対して反論する。
そういうことがそもそもできない人間だと認識している。

私の書いたことをただの一文も引用せず、

全く何の関係もないことを延々と書きなぐる。

そもそも議論をする能力がない人間だと認識している。

だから関わりたくないのだが、降りかかる火の粉は振り払わねばならない。


07. 2010年9月18日 03:32:45: OedA4Xw25o
俺は02だが、妹の山はビルマにいったことがあるのかい。

あの国に経済的に中国以外で食い込んでるのは日本ぐらいだ。

ミャンマーに大きな経済的軍事的影響力を持つとなりのタイには10万の日本人とほとんどの大手日本メーカーの工場があって、旧宗主国の英米なんて出る幕は経済的にないんだよ。

あんたスーチーのお父さんを誰が育てたかも知らないんじゃないか。

何でも米覇権にからめるのはあほな陰謀論の読みすぎだぞ。

あとな03よ、あんたもその気があるぞ。北朝鮮はともかく、ゴールデントライアングルは国民党の残党がケシ栽培をCIAや台湾の後押しで始めたんだよ。なんで、雲南の南で栽培してわざわざ船で挑戦まで持ってくんだ。児玉機関のフィクションを読みすぎだぞ。

確かめたかったら、現地に今もある国民党の村に行って聞いてみな。


08. 妹之山商店街 2010年9月18日 04:38:55: 6nR1V99SGL7yY : 1t30zt6xfo
>>07

>何でも米覇権にからめるのはあほな陰謀論の読みすぎだぞ。

私の書いた文章のどこが、「米覇権にからめる」という箇所なのか
御説明下さい。

私は<中国政府>と<ビルマ軍事独裁政権>、この<二実体>についてしか
論じていません。
にもかかわらず、「何でも米覇権にからめるのはあほな陰謀論の読みすぎだぞ」というものを、一体どっから捻り出したのでしょうか?

ちなみにビルマ軍事独裁政権と闘っている人達は、
「ミャンマー」という言葉を使いません。
「ビルマ」という言葉と「ミャンマー」という言葉、
このたった一つの単語の使用にも、
その言葉を使用する人の<思想性>や<立場>が背後にあるのです。


09. 2010年9月18日 19:36:47: FqDvXxU8vI
人間誰しも飯を食わなきゃ生きて行けないんだよ。
昔々はあの辺りだと自然にジャングルと焼畑で食って行けたものだが。
何かと言えば経済制裁を盾に貧乏国・独裁国を苛めながら、其のくせ裏では世界最大の武器算出と流通、更に武器とは切っても切り離せない(武器使用時に絶対必要な戦時物資の)麻薬を扱っている、世界に君臨する国こそロード・オブ・ウォーこと米国だ。
其の尖兵がCIA御用達の民主化団体だが、更の其の正当性を補強する為のお先棒担ぎの性格がアムネスティには確かにある。
しかし此れからは特に米国が下り調子の為、今迄のように曖昧では(米国系民主化団体との区別を)済まされない事態に直面するだろう。
其の時の衝撃は初体験になる筈だが、予防措置がそんなに理解不能なら好きにしたらいい。
中国は上の記憶が生々しいから、貧乏国に先ず食わせようとする。
それから後に民主化が進めばいい、と何度も口に出して明白に言っている。
又此れこそがアジア式であり、実は日本もその道を歩んだし、ASEANもそうだ。
其れに聞く耳を持たない「高踏的」なご高説には説得力などあるまい!と言うとそんなに逆鱗に触れるかね?
おやおや、それだけ痛いって事かな。

10. 2010年9月18日 19:38:51: FqDvXxU8vI
誤記訂正!
○中国は飢えの記憶が生々しいから
   ↑
×中国は上の記憶が生々しいから

11. 妹之山商店街 2010年9月18日 21:05:30: 6nR1V99SGL7yY : bcSFYhiNKE
>>09

(1)<私の書いた文章>
日欧米諸国が経済危機からの脱出の糸口さえ見出せない中、
一人勝ちの様相を呈している13億の昇竜中国。
その高度経済成長を下支えする国家的エネルギー戦略の一環として
ビルマからの石油・ガスパイプラインの建設に着工した。
戦略的要衝であるマラッカ海峡を経ずに中国本国へと
戦略物資を輸送できるメリットは大きい。
その見返りとして国連で拒否権を持つ中国がビルマ軍事独裁政権を
政治的、経済的、軍事的に支えている。
多くのビルマ国民に地獄の苦しみを与え続けている
ビルマ軍事独裁政権を支えている中国の犯罪行為は極めて罪深い。
スリランカの内戦終結にも中国の軍事的支援があったればこその結果だ。
当然の見返りとしてスリランカに中国の軍港を建設している。
『真珠の首飾り』は着々と完成へと向かっている。

(2)<FqDvXxU8vIなる人物の主張>
米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる

1.<FqDvXxU8vIなる人物>が、
2.(1)の妹之山商店街の文章を読んで
3.(2)という意見を書いた

問題は、なぜ(2)と言いうるかの<根拠の提示>が欠如しているということだ。
それ以前に(1)の文章のどの部分かの提示すらない。

私は私の書いた文章に責任を持つつもりだ。
しかし私が書いてもいないことに責任をとるつもりはないし、その義務もない。

だから、<FqDvXxU8vIなる人物>に対して、
「私の書いたことをきちんと引用して批判する」ということを要求した。

しかし<FqDvXxU8vIなる人物>は、4回のコメントにおいて私の書いた文章を
ただの一回もただの一文さえも引用していない。

これで最後の要求だ。

・私の書いた文章のどの文章かをきちんと引用し
・なぜ(2)のように言いうるのかの<根拠を提示>せよ

つまり、
・そもそも<批判対象の措定>が欠如しており
・その<根拠>の提示がない

そういう問題だ。

私の書いた文章の
・どの部分が
・どういう理由で問題なのかさえ書かれていない

つまりそもそも議論すら始まってはいないのだ。

私の書いた文章の
・どの部分が
・どういう理由で問題なのか

それを提示して初めて、
その提示された<根拠>が妥当と言えるのかどうかという議論が始まる。

FqDvXxU8vIなる人物よ、
どのような主張を書くのも自由だが、書いたことには責任が生じる。
なぜ(2)のように言えるのか説明する責任が生じる。

もちろん自分の書いたことに責任をとらない無責任も自由だ。
自分の書いた文章に責任をとらない無責任な人間であると
自己証明することも自由だ。


私の書いたのはたった13行だ。
マウスでコピペするのに、数秒しかかからないだろう。

なぜそれができないのか、私にはさっぱり理解できない。

マウスでコピペして、

妹之山商店街よ、お前の書いた<これこれという文>は、

<これこれという意味内容において>

「米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる」と

言えるんだよ! よぉ〜く分かったか! このボケ!

とかと書けばよいだけなのだが、

なぜだかは全く理解できないが、私の書いた文章のただの一文さえも
引用しないで、自己の頭脳の中の妄想だけをひたすら書きなぐる。


自分の書いたことに責任をとらず、
相手の書いた文章を全く引用もせず、
自分の思ったことだけを書きなぐる。
確かに楽でいいとは思うけどな。
それでは議論にならないんだよ。

だからそもそも議論をする気がないか、
議論をする能力がないと言っているんだよ。


12. 2010年9月19日 14:55:49: OZoY2sXGxo
>>11
妹之山商店街さん、いつも質の高い投稿、ありがとうございます。

>議論をする能力がないと言っているんだよ。

妹之山商店街さん、相手は子供ですよ。「小学生」、精々「中学生」位でしょう。
子供が知ったかぶりして書き込んでいるだけです。いつの時代にも、大人相手に知ったかぶりする、「ませた子供」がいるものです。
こんなガキを相手にする必要はありません。

「FqDvXxU8vI」が子供であることを示す例
「Have individuals with weapons」を「ビジュアル・ウェポン」と言った「子供」
>イラクでの米軍の誤射、映像を公開 / 3年前の米軍ヘリによるイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/876.html
>投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 4 月 07 日 23:11:55

「戦車攻撃」を「ヘリからの攻撃」と言い張った「子供」
>2007年 米軍ヘリによるロイター記者とイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/897.html
>投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 4 月 09 日 06:18:15

「拉致」と「人質」の違いが理解できない「子供」
>イスラエルのテロ対策当局: 「(イスラエル人が)テロリストにより拉致される危険が差し迫っている」 【CNN】
http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/163.html
>投稿者 hou 日時 2010 年 4 月 14 日 20:10:20


核兵器の知識も無いのに知ったかぶりする「子供」
>〈論調〉 米の人権犯罪を裁くべき  (朝鮮新報) 米国が「無人機戦争」を行う目的
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/255.html#c6
>投稿者 愚民党 日時 2010 年 7 月 02 日 22:15:16


13. 2010年9月19日 17:58:36: FqDvXxU8vI
一人勝ちの中国と言う時点で、米国崇拝の偽報道に毒され、尚且つ日本の行動は棚上げにした上で、現行の尖閣諸島云々の尻馬に乗って、右翼系の対決姿勢を煽るものに成り果てている。
でも、自分だけはお綺麗で潔癖、世界は汚濁に塗れていて、自分は遠い高みから弱者を非難して更に苦しめれば万々歳!との世界観な人種に何を言っても無駄か。
救われないな。
まあ、其れは其れで人生なんだからいいんじゃないの?
勿論、弱い奴が弱い事が悪いんだからさ、ミャンマーも今にパキスタンみたいに国土の1/5が水漬けになれば、さぞかし気が晴れるんだろ。
弱い奴、貧乏な奴を其の地位に押し込めるシステムの管理側でなく、システムの破壊者が悪いってんだからさ。
貧乏人が食えるようにして何が悪い!と言う「地の声」が届かない奴は何時もそうだ。
だから米国は世界中から恨まれているのに…。
(因みに、国民党を軍事教練したのは当初旧日本軍であり、次に米英から大規模軍事支援を受けた、其の経緯がある以上「07」も一部正しくない。植物栽培には適地ってものがある。当時の麻薬王里美甫は其れをよく知ってた。)

14. 妹之山商店街 2010年9月19日 20:05:08: 6nR1V99SGL7yY : pa5DfXnXWA
<FqDvXxU8vIなる人物>は、
五回のコメント欄への書き込みにおいて、
私の書いた文章を一切、一文、一単語たりとも引用しなかった。

これだけはっきりと何度も“引用せよ”と言われても、引用しなのは、
引用して提示できないからだ。

<FqDvXxU8vIなる人物>は、上記の意味において、
自らの書いたことに対して全く責任をとらない無責任な人間であると自己証明した。

<FqDvXxU8vIなる人物の主張>
米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる

この意見を成り立たせ得る<根拠>を提示できないだけでなく、
そもそも私の書いた文章のどの箇所かさえも提示できない。

したがって、

「米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる」

という文章を、謝罪し、撤回することを要求する。

論理必然的にそうなる。

しかし、これだけ何度も引用せよと要求されていて、
それでも書かないというのは、何か尋常ではないものを感じる。
“意地”なのだろうか?
“ポリシー”なのだろうか?

<FqDvXxU8vIなる人物>の書いたものは、私の投稿への書き込みのみなのだが、
数十は読んでいる。
そういえば、相手の文章を“引用”しているのを、みた記憶がない。


1.<認識主体>である自らが
2.<認識対象>である<相手の文章>を読み
3.それに自らの<価値判断>を下す。

しかし、

(1)<認識対象>である<相手の文章そのもの>
(2)<認識主体>の頭の中に反映した<認識内容>

この両者は別物なのだ。
なぜなら、(2)には、<認識主体>の<価値判断>が加わっているからだ。

議論が混迷する主要な原因の一つに、
この両者の区別が曖昧ということがある。

だからこそ、議論する場合に、
まずは、相手の主張を<引用符>を使用して、議論するのだ。

それは最低限のことであって、
<引用符>を使用して議論しても、殆どの場合は、不毛な議論となってしまう。

にもかかわらず、<引用符>さえ使用しなければ、
そもそも議論が“噛み合う”はずがないのだ。

自らの思いつきのままに書きなぐる。
確かに“楽”でいいなぁと、“うらやましい”とさえも思える。


(アメリカに)『利する』かどうかが、<基準>になっているから、
(これが<根拠>の提示)
<FqDvXxU8vIなる人物>の思想、立場は、
おそらくは、反米主義であり、
思考様式としては、プラグマティズムであり、
懐かしい毛沢東の“主要打撃論”を“彷彿”とさせる。

しかし、これらは一切、推測にしかすぎない。
<FqDvXxU8vIなる人物>が、きちんと<引用符>を使用して議論することを
なぜだか頑なに拒否しているからだ。
もし、きちんと議論できれば、上記のような思想、立場、思考様式についても
議論できるのだが、それができないので単なる推測にしかすぎないが。


さて、<FqDvXxU8vIなる人物>よ。

きちんと謝罪し、撤回し、

今後は、きちんと<引用符>を使用したらどうかね。

まあ老婆心にしかすぎないが。

ネット上には色々な人がおり、
ほとんど何をやっても“自由”だ。

ネット上で憂さ晴らしするのが趣味であったり、
コメント欄に書き込むのが趣味であったり、
思いついたことを書き込むことで憂さ晴らしするのが“生き甲斐”であったり、
“ボケ防止”にネットを活用したり、

そういう意味で、ネット社会もまた、現実社会の一つの反映であると思う。


もう一度読み返したら、<FqDvXxU8vIなる人物>の“引用”らしきものをみつけた。

>一人勝ちの中国と言う時点で、米国崇拝の偽報道に毒され、
>尚且つ日本の行動は棚上げにした上で、現行の尖閣諸島云々の尻馬に乗って、
>右翼系の対決姿勢を煽るものに成り果てている。

この「一人勝ち」という部分は確かに、私の書いたものだ。
初めて“引用”らしきものをみた。

いやいや、私が気付いてないだけで、
実は全く引用していないわけではなかったのかもしれない。
私も反省せねばならない。

だからきちんと<引用符>を付けて書けば、
相手にも、第三者にもはっきりと分かるでしょ。

“引用”らしきものを書いたのは一歩前進だが、
これは滅茶苦茶だ。
中国の経済成長率を知らないのかね?
日欧米の経済成長率を知らないのかね?

「中国の一人勝ち」がなぜ「米国崇拝の偽報道」なのかね。
これは経済成長率を<根拠>とした客観的事実だ。
それとも中国政府発表の経済成長率が“嘘”だと言うのかね?
中国政府発表の経済成長率が“嘘”だと言う<根拠>は何かね?

って、おいおい、あんたの<立場>で、
<中国政府発表の経済成長率は嘘っぱちだ>なんて言っちゃっていいのかね?

しかも、
>尚且つ日本の行動は棚上げにした上で、現行の尖閣諸島云々の尻馬に乗って、
>右翼系の対決姿勢を煽るものに成り果てている。

って、おいおい、「一人勝ちの様相を呈している13億の昇竜中国」と書いたら、
一体どっからこんなものが“湧き出て”くるのかね?

って、やっぱ、この“御仁”との議論は“御遠慮させて頂きます”わ。

〜チャンチャン〜


15. 2010年9月19日 23:11:05: myCoupqGpw
おれは02だが、妹の山が小沢親衛隊員や副島一派みたいな単純な反米親中じゃなく、自由主義的立場から反中なら支持してもいいぜ。

だがな、ビルマ開放の現実的な道筋を示してくれよ。

岡田はけっこう愚直にがんばっていたが、これは道義的にも日本が無視できる問題じゃないんだ。

戦中はさんざん迷惑を掛けたが、餓死を救われた旧軍兵士も多くて、こずるいタイなんかよりはるかに純情で不器用な親日国なんだ。

日本人としてその歴史的経緯を認識するのは当たり前だろう。北朝鮮、中国、ミャンマーと最後の社会主義政権は全て日本の戦中の不始末から出来たともいえるのだ。


16. 2010年9月20日 20:31:54: FqDvXxU8vI
国連の議場で進むG20やユニラテラリズムの議論が行き着く先は、欧米の主観による現行の「貧乏独裁国の制裁に因る更なる崩壊・戦場化と、裏で栄える(欧米)戦争経済」とは全く逆方向へ働き、将来的に欧米主観に寄りかかり過ぎたものは其のツケを支払わされる、と予言したらそんなに火病る必要があるとは、哀しいものだ。
きっと、根っ子には後ろ暗さがあるのだろう。
だから、予測される事態を前以て回避する事が(アムネスティの会員にとって)そんなに嫌なら、好きに(アムネスティは)ツケを払えばいいだろ!と言ってるのに。
ついでに、当該国の「難民がそう言ってるから制裁」論は、イラク戦争でも後に当の「制裁してくれ!」と言っていた当人達が「こんなに悲惨な事になるとは…!」と絶句した事実により、万能ではないと知るべきだ。

17. 2010年9月21日 01:41:56: Dh5Zhnm8mw
16.>

悪いがあんた何をいってんのか分からないよ。

自分だけ分かっているような文を書いてる時点で毒されてることがばればれだぞ。


18. 妹之山商店街 2010年9月21日 06:47:11: 6nR1V99SGL7yY : adnox6C5NQ
いやぁ〜、実は私にしては極めて珍しく、“愛情”を込めて書いたのだが、

私の“愛”は全く通じないらしい。 ってへっ


>米国に利用され所謂CIA御用達「民主化団体」の手先に成り果てる

>一人勝ちの中国と言う時点で、米国崇拝の偽報道に毒され

この人物は、次から次へと書きなぐるのだが、

その書きなぐった文章に対して、

たった一言、<なぜそう言えるのか>と“突っ込み”を入れても、

全く答えない。

いや、答えることができない。

自分の書いた文章に責任をとれ!

責任をとれないような文章を書くな!

私はキリスト者ではないので、99回まで許すことはできない。

私はこの人物を“更生”させてやらねばならない義務もない。

ということで、私はもう諦めました。

まあ、次から次へと、よくまあ、あることないこと、
湧き出てくるなぁ〜とは感心する。

それは“長所”ではあるかもしれないが、
それは“そのまま”“同時に”“短所”でもある。
そこに欠如しているのは<熟考>だ。

「ちゃんと引用せよ!」と何度言われても、堂々と無視する。
この根性は、ある意味、凄いのかもしれない。
この厚顔無恥さは、確かに半端ではない。
私はネット歴は長いが、これ程の厚顔無恥は、
他には記憶がない。

肯定的に言えば<エネルギッシュ>
否定的に言えば<ファナティック>

“どっちへ”転がるかは未確定だ。

内から次々と湧き出してくるものを押し止める必要はない。
内から次々と湧き出してくるものがあることは素晴らしいことなのだ。
問題は、それをじっと思考すること。
何度も何度も“牛の咀嚼”のように“反芻”すること。


ありゃっ また“愛”の文を書いてしまった。

でもまあこれが、最後のラブレターになると思うけどね。


19. 2010年9月21日 20:11:17: FqDvXxU8vI
…。
てゆーか、ユニラテラリズムは単に誤記。
本当は、マルチラテラリズムと書きたかった。
事実も、国連の議場で進みつつあるのはマルチラテラリズム。
つい、ブッシュの戦争でよく使用された方を書いて仕舞った間違いは認める。
でもだからって、ファナティックは無いだろうに。
現実のフォローをしてれば、ああ、どん臭い誤記だな位は思っても、其処迄悪意に取るか?
第一、毎分毎秒阿修羅コメント版の事だけにかかずらわっていれば、其の方がファナティック、とか現実の生活から見て思わない?
思わないもんなの?
其れって如何だろう。
一日に一回見て、誤記も直しに来れば其れで良くないのかな?
何でそんなにドッグイヤーを奨励する?
よく解らないよ。
兎に角、意図としてはマルチ(万方位)ラテラリズムがG20に動く世の大勢であり、欧米の「民主化」を盾に取って来た戦争経済は最早破綻方向へしか向かわない、それ故にアムネスティが欧米の戦争経済に殉じる気で無ければ其れなりの方策を今から始めるべきだ!と、些か筆は滑ったか知れないが極まともな事を云ってる筈だけど?
一寸予言気味な事(飽く迄も「気味」であって、本当の予言でなく、現行の世の流れを呼んで先取りしただけ)を書くとファナティック?
なら、今日本に足りないものはそういうタイプのファナティックさと言うべきだ。

20. 妹之山商店街 2010年9月22日 00:15:49: 6nR1V99SGL7yY : adnox6C5NQ

???

ファナティックの意味くらい調べてから書いたらどうかね。

しかも

>肯定的に言えば<エネルギッシュ>
>否定的に言えば<ファナティック>

と“対句”にしてるんだがな。

「内から次々と湧き出してくる」のが<エネルギッシュ>
「内から次々と湧き出してくる」ものを熟考なしに
狂気のように書きなぐるのが<ファナティック>


21. 妹之山商店街 2010年9月22日 00:27:45: 6nR1V99SGL7yY : adnox6C5NQ

まー、もー、どーでもいいんだけどー

ファナティックという言葉が問題なのではなく、

>ユニラテラリズムは単に誤記。
>本当は、マルチラテラリズムと書きたかった

という書き出しからしてもうわけがわからないので、
ファナティックという言葉の問題かと思ったら、
そうではないらしい。

「ユニラテラリズム」なんて言葉が出てきた記憶すらないし、
私が「ユニラテラリズム」「マルチラテラリズム」なんて使用していないし

つーかー、そんな“高尚な?”言葉が問題なんじゃなくってー、

そもそも、
・引用しろ!
・謝罪しろ!
・撤回しろ!
・責任をとれ!

つー問題なんだが、

“意固地”の塊のこいつが、そんなことするわけもないから、

もー、どーでもいいわぁー、つーわけよ。


22. 2010年9月22日 19:05:45: FqDvXxU8vI
…。
国連の議場で世界がマルチ・ラテラリズムの方向へと次第に舵を取ってる事を、本当に全く知らないんだ…。
まさか、初めて聴いた言葉、とか?
まあ、小さく纏まってる事が「格好いい」日本ならでは、と言うべきか?
自分の気に触った相手を、事の是非を判断するより兎に角先ず平つく腹せたい、島国根性じゃそんなものか。
前に、Pナビ・インフォの中の人に対しても「インティファーダ其の他、パレスチナ人にも正当防衛や抵抗の権利はあり、黙って綺麗に殺されて行け!と言う話は非人道的だ、イスラエルの肩を持つものだ」と言った時も「運動そのものが自己実現」な日本人の小さく纏まった世界観により、大変な反発を受けた。
彼女の主張は早い話が「石投げや抵抗など一切せず、外からの何時来るか解らない救援を待つだけの無気力なパレスチナ人」がお好みだったようで、非常に寒々しい心象風景だと思ったが。
イスラエルが言う「パレスチナからの(散発的な)ミサイル」を全く無くす努力が「パレスチナ運動」を私有化する自分自身の拠り所、ってな量的な差異を理解不能な挙句のグロテスク。
まあ、色んな人が居るよ。
欧米の言いなりに貧乏国苛めで「民主化」を推し進めれば、貧乏国が崩壊すれば良し(其処の各勢力に武器を横流しして支援し更に分裂を煽る事が出来るしPKO部隊派遣もあり)、しなければ何れ戦争経済の欧米が其処を舞台にまたまた武器消費のドンパチ出来る、従来の世既定界観に過剰適応して、そんな自身を疑う事無く愛してれば、其れは其れでいいんじゃないの?
後でアムネスティとか人命とか更にツケは回るけど。

23. 妹之山商店街 2010年9月22日 22:06:37: 6nR1V99SGL7yY : fnMfPUphaY

>国連の議場で世界がマルチ・ラテラリズムの方向へと次第に舵を取ってる事を
>本当に全く知らないんだ…。

はい、その通りです。全く知りません。

しかも「国連の議場で世界が」「舵を取」るなんて、
そんな本末転倒な考え方など知りたくもありません。

ところで、この私の投稿のタイトルを覚えているでしょうか。

苛政は虎よりも猛し

タイのビルマ難民の苦境
http://www.youtube.com/watch?v=EnEgIlhykms

ビルマから逃れ、タイのゴミ捨て場で生活するビルマ難民は、

「国連の議場」がどこにあり、そこで何が行われているか、

そんなことは全くどうでもいいことでしょう。

ビルマ軍事独裁政権下で塗炭の苦しみを味わわされ続けている
数千万人のビルマ民衆、

私は彼らの境遇に少しでも迫り、少しでも共有し、連帯したい
という気持ちを持っているだけです。

なんだかんだとスリカエにスリカエを重ねるしか能がない輩、つまり
ビルマ軍事独裁政権を擁護する者や、
ビルマ軍事独裁政権を支える中国政府を擁護する者とは相容れない、
ということを再確認しただけのことです。


24. 2010年9月23日 19:12:12: FqDvXxU8vI
其れでいいんじゃないの?
欧米の戦争経済が回る為には、騙される要員が必要だから。
何故欧米の戦争経済が巨大で、北朝鮮の其れより余程「保ち」がいいか?と言えば、そうやって物事の裏側を見ず「民主化」の旗頭の元に馳せ参じてくれる自称「善良な」人々が奉仕し支えてくれるお陰だ。
挙句、難民だって救われない侭、単に哀れみの対象として「施しする者の栄光を飾る」芝居の書き割り役。
貧乏人が貧乏に生まれついた事が悪くて、其のシステムの上に踏ん反り返ってる奴は正しいんだよ。
戦争経済万歳!だな。
勿論、其のシステムを壊そうとする者は悪だよ?
永久にマルチ・ラテラリズムと言う言葉も知らなきゃいいさ!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧