★阿修羅♪ > 戦争b5 > 807.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
番匠幸一郎 陸上幕僚監部防衛部長: インドとの防衛協議でデリー入り (PTI通信
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/807.html
投稿者 hou 日時 2010 年 9 月 30 日 07:55:40: HWYlsG4gs5FRk
 

(回答先: 中国外務省:6カ国協議の早期再開に向けた協力を韓国側に要請 (時事通信 投稿者 hou 日時 2010 年 9 月 30 日 06:31:04)

http://jp.asksiddhi.in/news/29092010_3/264.html

インドと日本の陸上部隊、初の現場レベルでの防衛協議
Source - PTI
2010年09月29日
中国の軍事力強大化による影響も無視できない事実でしょう。

インドと日本の陸上部隊は、防衛協力関係を更に強化することを目的として、初の現場レベルでの防衛協議を27日、デリーで開催した。
9月27日付PTI通信が報じた。

「相互防衛活動の方針についての通年スケジュールの制度化を含めた、二カ国間の防衛問題について話し合う」インド軍関係者は報道陣に明かした。

この協議のため、番匠幸一郎(ばんしょうこういちろう)陸上幕僚監部防衛部長が団長を務める陸上自衛隊関係者らがデリー入りした。
今回の協議は、インド陸軍と日本の陸上自衛隊とが、現在の防衛協力関係を一層強化していくことを目的としている。

インド陸軍は日本の陸上自衛隊のほかにも、オーストラリア、マレーシア、英国を含む9カ国の陸軍関係者と、同様の協力関係強化に向けた交渉を予定している。

PTI通信では、包括的核実験禁止条約(CTBT)にも非拡散防止条約(NPT)にも調印していないインドと、唯一の被爆国であり核を保有しないと国際社会に宣言している日本とで考え方の相違はある一方で、防衛協力関係はここ数年の間に強化が進んでいることは揺るぎない事実であると伝えている。

また海上自衛隊は近年になり、インドと米国とが太平洋上で共同開催するマラバール海軍演習にも参加している。
さらに二カ国間は、昨年の鳩山由紀夫元首相の訪印時、合同軍事演習の実行計画にも合意を取り付けている。

この合同軍事演習の実行計画には、双方の防衛大臣との定例会議の開催をはじめ、要人レベルの防衛方針策定対話、防衛機関同士の協議、また陸・海の現場レベルでの定期的な相互訪問など、毎年の通年スケジュールの策定も盛り込まれている。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧