★阿修羅♪ > 戦争b5 > 813.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イラク : 拷問は続く:エイミー・グッドマン / イラクで高まる風刺画人気
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/813.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 10 月 01 日 00:42:08: 6nR1V99SGL7yY
 

イラクで高まる風刺画人気
http://www.youtube.com/watch?v=A4oRQ4bEIjc

人々が知らされないイラクの現状
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-034b.html

-------------------------------------------------------------------------------

拷問は続く:エイミー・グッドマン
http://teanotwar.seesaa.net/article/164192154.html
Torture in Iraq Continues, Unabated
http://www.truthdig.com/report/item/torture_in_iraq_continues_unabated_20100921/
http://www.zcommunications.org/torture-in-iraq-continues-unabated-by-amy-goodman

Iraq - Tortures in prisons
http://dai.ly/a0wPie
http://www.uruknet.info/?p=m69959

Inside Iraq's torture dungeons
http://english.aljazeera.net/indepth/features/2010/09/2010912124250675405.html

イラク 収容者に人権侵害続く
http://megalodon.jp/2010-0914-1115-31/www3.nhk.or.jp/news/html/20100914/k10013969011000.html
http://www.youtube.com/watch?v=eVEIsVXwDW0

<参照>
アムネスティ:イラクで3万人が裁判なしに勾留されている
http://www.youtube.com/watch?v=1571sW2L1tA

Amnesty: 30,000 Prisoners Held in Iraq Without Trial
http://www.democracynow.org/2010/9/13/headlines

Thousands of Iraqi detainees at risk of torture after US handover
http://www.amnesty.org/en/news-and-updates/report/thousands-iraqi-detainees-risk-torture-after-us-handover-2010-09-13
Several detainees are known to have died in custody,
apparently as a result of torture or other ill-treatment
by Iraqi interrogators and prison guards,
who regularly refuse to confirm their detention or whereabouts to relatives.
何人かの勾留者は明らかに尋問者と看守による拷問と酷い扱いにより亡くなっています。
彼らは親族に対して勾留や所在の確認をしばしば拒絶しています。

What have you done in the last 10 years?
http://www.youtube.com/watch?v=kJoAOm5jCKw

400以上もの秘密監獄の存在が明らかとなり
そこで拷問が行われていることも明らかとなっている。
シーア派によるスンニ派への“報復”という“要素”が強いと私には思える。
独裁者フセインを擁護するつもりは毛頭ないのだが、
スンニ派を活用したフセインの余りにも長い独裁下での怨念は
そう浅いものではないのも理解はできるのだが、
だからといって許されていいことではないことは明らかだ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月01日 20:08:28: FqDvXxU8vI
「拷問が出来る」看守や軍警察で、今其の職に着いている者を教育したのは米軍。
又、故フセイン政権傘下のバース党を「再利用」しない決断をしたのが先のブッシュ政権。
日本の占領を参考にしたという割には、特高をGHQが吸収使用したのと大違いだ。
しかし当然ながら「全部イラク人が悪い!」。
イラク人にイラク人を「殺させる者は悪くない」。
フセイン宮殿後に米軍がどんなに居座ってアパルトヘイトウォールに守られて居ようとも!
「悪いのは全てイラク人」だ。
一応、米軍の撤退「宣言」もしたし、な。

02. 妹之山商店街 2010年10月02日 05:01:13: 6nR1V99SGL7yY : 4SBzyvfk0M

>。ヨ全部イラク人が悪い!」
>イラク人にイラク人を「殺させる者は悪くない」
>。ヨ悪いのは全てイラク人」だ

エイミー・グッドマンはこんな主張はしていません。
私もこんな主張をした覚えはありません。

にもかかわらず引用符「」をつけている意味は何なのでしょうか?

私は引用符を付けろとは主張しましたが、
実在しないものに引用符を付けることを偽造、捏造といいます。

引用符は引用にだけ使用するものではありませんが、
実在しないものに引用符を付けているのは、

1.他者の意見を
2.自分の全く勝手な都合で
3.批判しやすいように“捻じ曲げる”

どこにも存在しない、
自分が批判しやすいように捻じ曲げているのですから、
こんなものは批判でもなんでもありません。

これを『わら人形』といいます。
自分が批判しやすい『わら人形』を“でっち上げて”
それを批判するのですから、本人には容易いことです。

現実世界に存在せず、
自己の頭の中にだけ存在するものに対して、

<自分が捏造した妄想>と戦う“哀れなピエロ”です。

現実世界での自己のストレス発散には“有効”であるとは思いますが、
それを“阻止”する“手立て”もありません。

コメント欄を創設したことの否定面の一つだと私は思っています。


03. 2010年10月02日 18:04:10: FqDvXxU8vI
「>シーア派によるスンニ派への“報復”という“要素”が強いと私には思える。
独裁者フセインを擁護するつもりは毛頭ないのだが、
スンニ派を活用したフセインの余りにも長い独裁下での怨念は
そう浅いものではないのも理解はできるのだが、
だからといって許されていいことではないことは明らかだ。」
言語を使用しながら逐語的にしか言語を理解出来ないのは、余り褒められた事ではないと思う。
上記の引用は一切「シーア派とスンニ派の対立が米軍占領下で官製テロにより捏造された」事実に触れず、拷問も逮捕者の大量殺人もイラク人の自己責任と読めると思うが、そんな解釈を拒否した上でコメント欄の意義にもケチを付ける訳だ。
ついでに言うと、01の嫌味に何の反応も示さない態度も選択出来たのに。
詰まり、米軍が世界に拷問刑務所&インテリ大量殺人と戦争を3セットで輸出してる現実に触れられると痛いのだろう?
もしかして、米国の科学者が南米の刑務所で性病を故意に罹患させペニシリンの効果実験をしようとし、最近になってオバマが電話で謝罪した一件も其の存在を認めない?
理由は、アムネスティが穿り返した事件で無いから?
それとも何か他に理由が?
インディペンデンス系の報道も民間活動も認めない主義だから?

04. 妹之山商店街 2010年10月03日 01:38:40: 6nR1V99SGL7yY : fbfXz17XsU
>シーア派とスンニ派の対立が米軍占領下で官製テロにより捏造された事実

それが事実だと証明されているわけでもなければ、
全てが官製テロであるわけではない。


>拷問も逮捕者の大量殺人もイラク人の自己責任と読めると思うが

この批判については妥当だと思う。

それ以下の部分は一体何が書いてあるのかさえ理解不能。


イラクでの収容者虐待という問題について、

米軍が行えば口を極めて罵るが、
イラク政府管轄下では一切非難しないのは欺瞞的である。

収容者虐待という行為を非難するのであって、
その実行行為者と責任者が違えば非難しないというのは、
間違っていると思う。

私はそう考えてきたし、今でも正当だと考えている。

しかし私の考え方は、
米軍管轄下であれば米軍を非難し
イラク政府管轄下であればイラク政府を非難するというものであったと思う。

それは、形式主義的誤謬であったと自覚するに至った。

エイミー・グッドマンは述べている。

拷問は続く:エイミー・グッドマン
http://teanotwar.seesaa.net/article/164192154.html
米国がイラクに何十億ドルもの資金をつぎ込んで軍の駐留を続け、
イラク政府の資金提供している中、
囚人の扱いが米国の問題でもあることは明らかである。

イラク政府管轄下での収容者虐待について、
それは犯罪行為であり、
その犯罪行為の実行行為者とその責任者を非難することは、
当然のことであるが、
この場合、それだけでは足りない。

イラクを侵略し、占領し、統治してきた者達、
特にブッシュ政権とそれに続くオバマ政権に
その責任がないとは言えない。

特にブッシュ政権の責任を不問に付すことはできない。

私は自らの誤謬を認め、見解を修正することにした。


現在イラク政府管轄下で行われている収容者虐待について、
その実行行為者とその責任者を非難するとともに、
イラクを侵略し占領し統治してきた者達、
特に米政権の責任を不問に付すものであってはならない。


イラク政府管轄下では一切非難しないのは欺瞞的であると思うが、
他者がどう考えようと私には、差し当たりはどうでもいいことである。

私は自らの考えの誤謬を自覚し、自己否定することによって、
自らが少しでも“まし”になればそれでいい。


イラクでは宗派対立は長い歴史を持ち、
オスマン帝国も大英帝国もそれを“分断して統治せよ”と利用してきた。
これは歴史的事実である。
それは21世紀現在にも影響を与えているのだが、
それを現在のイラクでの収容者虐待の
第一義的な要素とすることはできない。
なぜならもっと大きな要素があるからである。
それは米英政権によるイラク侵略、占領、統治である。

フセイン独裁政権下でシーア派の一般民衆が
圧制に喘いできたことは歴史的事実である。
それが形を変えて、今現在、発露されているとも言えるのだが、
では、それが一体なぜ可能となったのかを考えれば、
米英政権によるイラク侵略・占領・統治の問題が根幹にあることは
確かなことである。


05. 2010年10月03日 17:58:03: FqDvXxU8vI
…。
「>エイミー・グッドマンに従う」?
日本の熱心な運動家に一部あちがちな「頭が別の所にある」のか…。
つまり、米国の進歩的な考えと思われるものに全ての判断を委託すると。
成る程ねえ。
バナナって奴か。
もしかして最悪の場合、エイミー・グッドマンがCIA其の他の組織に拉致されて薬で洗脳され、奇妙な事を言い始めたら…、とか仮定の話をしても仕方ないが。
しかし普通は「頭が自分自身の体の上にある」と思っていたので、割と驚いた。
Pナビ・インフォの中の人に次ぐ衝撃だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧