★阿修羅♪ > 戦争b6 > 498.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イルミナテイーカードにある「クローン」カードと「サイボーグ・ソルジヤー」カード
http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/498.html
投稿者 不動明 日時 2010 年 11 月 22 日 03:48:40: yX4.ILg8Nhnko
 

 
 
 
 
  
 
 
This card permits you to play,from your hand,a Personality which duplicates on who has been Assassinaded You may attempt to control that Personality normally if you control the Clone Arrangers, you automatically control the new card.The original Personality no longer counts as "destroyed" for the goats of whoever lilled it.

あなたがクローン斡旋人を監督するなら、このカードは、通常、その個性を制御するためにあなたが手からだれが暗殺されたかに関するそれの写しを試みることができる個性をプレーするのを可能にして、あなたは自動的に、元の個性がもうそれをだらりと垂らした人に関するヤギのために「破壊される」ように、数えない新しいカード.theを制御します。
 
 
Link this card to any Violent group.
The Power of that group is doubled if that group is destroyed,
the Cyborg Soldiers are also lost.

このカードをあらゆる暴力団にリンクしてください。
そのグループが破壊されるなら、そのグループのパワーは倍にされます。
また、サイボーグソルジャーズは失われています。
 
 
 
 


 
 


 
 
 


 
 
 
 
X51.ORG : スターリンが”半人半猿兵士”養成を計画、機密文書から明らかに ロシア<
http://x51.org/x/05/12/2150.php
 
 
スターリンが”半人半猿兵士”養成を計画、機密文書から明らかに ロシア

最近公開された旧ソ連の機密文書によると、かの独裁者ヨシフ・スターリンが、人間と猿を掛け合わせ、半人半猿の兵士を作ろうとしていたことが明らかにされたとのこと。モスクワに保存されていたこの機密文書には、1920年代中頃、当時のロシアきっての動物学者、イリヤ・イワノフ博士に、彼の技術を応用して馬や動物を使って超兵士を作るべしという命令が下されていた事が記録されているという。モスクワの新聞によれば、当時、スターリンは科学者らに対して、次のように語ったという。「私が求めているのは、新らしい無敵の人間である。痛みに対して不屈であり、食事をさして必要とせず、その質に不平を言わない者だ。」

こうして1926年、モスクワ共産党政治局は科学院に対し、”人間戦争マシン”の育成を依頼したのである。ロシア革命を経て誕生したソ連は、当時、社会主義化と工業化を同時に推し進め、新たな国家の姿を世界に喧伝し始めていた。また長く続いた内戦を終結するべく、ソ連当局は更に赤軍を強化しなければならなかった。またこれらの事情に加え、当時ソ連は経済政策の中心に据えた、過酷な五カ年計画に耐えうる、新たな労働階級の兵士を必要としていた時期だったのである。

イリヤ・イワノフ

この"半人半獣兵士"計画を委任されたイワノフ博士と言えば、1901年には時のツァー(ロマノフ2世)の後押しを受け、世界初の人工受精競走馬研究所を設立した功績から、既に知られた人物だった。そしてソ連成立後、イワノフの研究は当局にいたく気に入られ、1926年には20万ドルの資金と共に西アフリカに赴いた。イワノフはそこでチンパンジーの人工受精実験研究所を設立し、チンパンジーのメスに人間の精子を受精させる実験を行ったのである(これは当時、植民地時代の逸話 ― 現地人は人間よりも猿に近いという迷信に基づいて行われた実験であると言われている)。また一方、スターリンの誕生地であるグルジアには猿を育成する研究所が設立された。

しかしイワノフの実験は ― 無論現在の科学を知る我々にとっては驚きではないが ― 凡そ全てが失敗に終わった。またグルジアの研究所でも、やはり猿の精子を人間に掛け合わせるという実験が行われていたが、それらが如何なる結果であったかは言うまでもない。更にイワノフは、最後の頼みであるキューバ人の資産家ロサリア・アブレウに実験の協力を依頼した。アブレウは世界で初めてチンパンジーの人工育成に成功し、ハヴァナの側には巨大な動物園を所有していたからである。イワノフは彼女の所有するオスチンパンジーの精子を利用し、”G”という呼び名のロシア人女性に人工受精を試みようとしたという。

そして当初、アブレウは実験に快く同意し、一時は万事順調に思えたが、イワノフは再び不運な失敗を犯すことになる。その当時、彼は実験資金を調達すべくあるアメリカの無神論者団体員チャールズ・スミスに資金援助を受けていたが、このスミスが曲者だったのである。スミスは言わば、興行師であり、イワノフの実験を知るなり、すぐに彼の話を新聞社(タイムズ誌)に売り込んでしまったのだ。そしてこの研究が大々的に報じられ、一躍世間の衆目を集めると、イワノフは思わぬところから非難を浴びることとなった。新聞を見たクー・クラックス・クラン(KKK)からアブレウに脅迫が送られたのである。その脅迫状には「実験に協力することは、創造主への冒涜であると見なし、報復を行う」といったメッセージが書かれていたという。そしてこれに怯えたアブレウは、結局実験への協力を取り下げることとなってしまったのである。

こうしてイワノフの計画はその全てが無惨に潰えた。しかし彼は、その後もめげずに、新たな協力者を捜し続けたが、やがてスターリンが独裁権を強め、後の大粛正時代へと向かい始める頃、失敗を重ねた彼もまた例に漏れず、1931年、カザフスタンへと追放されることなった。そして翌年の年3月、彼の地で失意の内に没したという。

現在、イワノフの名はあたかもマッド・サイエンティストとして、汚名を着せられたままになっている。しかし、見方を変えるならば、彼もまた時代に弄ばれた犠牲者の一人だということも出来るのではないだろうか。当時、強引に推し進められた集団農場計画は1932年になってようやく中止されたが、その時までに、飢餓によっって命を失ったものは、数百万人に及ぶという。
 
 
【参考1】奇形全書(マルタン・モネスティエ著)より

・・・1935年、ベルネロット・モーエンス博士(※)がモロッコで死んだ年、周知のように夢想とは無縁でむしろ現実的な事柄に執着するソビエト政府が、同じ実験を行った。トルキスタンの奥地で男たちが数ヶ月前から、雑種の生き物を作れるのではないかと期待して、類人猿と一緒に暮らしていたのである。

この任務の指揮をとったのはイワノフ博士で、ソビエト最高会議のメンバーがすぐそばで実験を見守っていた。西欧諸国は、科学の進歩に関する委員会の年次総会でハウエル博士が行った報告によって、そのような実験が行われていることを知った。ハウエル博士の話によると、プログラムの現状では、実験はすでに八頭の雌猿を妊娠させることに成功していたが、そのうち三頭が死亡していた。どうして死んだのか、だれにもわからなかった。胎児が成長する初期にトラブルが発生したのだろうか。だれも答えることが出来なかった。

(※モーエンス博士は1908年頃、コンゴなどで猿とヒトの人工受精実験を行っていたと噂される人物)

【参考2】猿のオリバー君

比較的最近の半人半猿的話題といえば、1976年、「チンパンジーと人間の中間種」として喧伝されて来日した「オリバー君」がいる。現在では、オリバー君は結局単なるチンパンジーであったとも言われているが、当時はテレビ番組上で人間の女性との公開子作り実験までが企画され、大きな話題を呼んだ(多くの女性志願者が集まり、最終的にある元タレントが候補になった)。その顛末は荒俣宏氏の以下の著作に詳しい。

【参考3】荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産より

(オリバー君は)「染色体の数がチンパンジーと人間のちょうど中間」の47本だと言われ、なんと、膝を曲げることなくスタスタと歩ける。しかも顔つきが人間に近い。(・・・)そして更に決定的なのは、オリバー君はセクシーな女性(もちろん人間だ)に会わせたり、いやらしいヌード写真を見せたりすると、イチモツがぴんと立つのだ。ある動物学者にいわせると、「ふつうのチンパンジーにはあり得ないこと」なのだそうな。(・・・)このときオリバー君の世話係をしたのが、今は大物になっているテリー伊藤だったとは、驚きの二連発というしかない。
 
 
 
 

 
 
 
 
U・ェ・Uノ ちわわのひとりごと
クローンとレプ目 | Apocalypse Now
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=91

U・ェ・Uノ ちわわのひとりごと
D ロズウェル事件再訪 | Apocalypse Now
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=67

Kazumoto Iguchi's blog : 「キメラ生物」から米軍の「スーパーソルジャー (超軍人)計画」へ 
http://quasimoto.exblog.jp/12842148/
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年11月22日 16:15:20: q1gf0gzNbs
test

[削除理由]:意味のない投稿
02. 2010年11月23日 05:06:33: EGbouypqmc
おもしれえな。

不動明はいまいち押しの投稿者だね。

インベッドのコースターみたいのはどこで見つけたんだい。


03. 不動明 2010年11月24日 02:33:13: yX4.ILg8Nhnko : bYbhPXvekE
>>01

イルミナテイーカードか?

イルミナティーカードにあった「Japanカード」: 雲の柱・火の柱 アウトロー神学者の終末世相診断
http://kirisutoinochi.seesaa.net/article/161909100.html

のコメント欄にひょうたと云ふ人物が
以下のやうなコメントを投稿してをり其處から知つた。

いつも読ませていただいております。勉強になります。Japanの原画がありました。ビデオは色が加工されているようです。
http://grou.ps/et/photos/item/japan
ノウイングの12時は、現地のルイジアナ時間22時(爆発時間)が日本の12時であると、一部で言われております。
今後も読ませてください。ty
Posted by ひょうた at 2010年09月08日 19:38


此處に今後重要に成つて來るであらう、
聯中のアジェンダを示唆するカードが大量にある。
イルミナテイーカードは重要だ。

http://grou.ps/et/photos/album/0



04. 2010年11月24日 07:11:17: F5TAKQbNOU
で、どうしてわれらが小沢っちの泣いてる写真集も純ちゃんの下にはりつけてくんないのさ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b6掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b6掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧