★阿修羅♪ > 戦争b6 > 762.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「wikipedia、吉川猛夫」(真珠湾攻撃当時、海軍は、上から下まで、米国に買収されていたと考えると辻褄が合います)
http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/762.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2010 年 12 月 05 日 15:56:10: 4sIKljvd9SgGs
 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%B7%9D%E7%8C%9B%E5%A4%AB
吉川猛夫
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

吉川猛夫吉川 猛夫(よしかわ たけお、1912年3月7日 - 1993年2月20日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少尉。

目次 [非表示]
1 経歴
2 人物
3 著作
4 参考文献

経歴 [編集]
愛媛県松山市出身。警察官・吉川菊一郎の長男として生まれる。松山中学を経て、1930年(昭和5年)4月、海軍兵学校(61期)に入学。1933年(昭和8年)11月、同校を卒業し「浅間」乗組となる。「由良」乗組を経て、1934年(昭和9年)10月から1935年(昭和10年)3月まで海軍水雷学校で講習員として学ぶが、1935年1月から6月まで病休した。同年7月、海軍少尉に任官し横須賀鎮守府付に発令されるが、同年9月に待命、1936年(昭和11年)9月に休職。1938年(昭和13年)6月、予備役編入となり、同月、軍令部嘱託に発令。軍令部第三部第八課に配属された。

1941年(昭和16年)3月から1942年(昭和17年)8月まで、「森村正」との変名を名乗りホノルル領事館に勤務した。1942年8月、軍令部勤務に発令、1944年(昭和19年)6月、召集解除となった。1944年6月から1945年(昭和20年)8月まで日立製作所に勤めた。

人物 [編集]
幼少時代は母乳を飲まなかったため、牛乳や重湯といった代用乳を与えられており、ひ弱な子供だった。だが父親は、医者と薬を断ったり激しい運動をさせたりなどといった厳しい教育を施した。その結果、自然と健康になっていったという。
ある日、軍令部第三部第五課長の山口文次郎大佐に呼ばれ、ホノルル総領事館員になり滞在するようにと言われた。口調は「相談」だったが、軍隊における上官からの「相談」とは「命令」と同義であったため、結局そのようにすることとなった。
ホノルルでは、日本料亭「春潮楼」(現・「夏の家」)によく出入りしていたという。
1941年3月27日(現地時間)、ホノルルに到着。ホノルル滞在時は諜報活動を行っており、収集した情報は喜多長雄総領事の名で東京に暗号にして打電していた。また、その情報の多くは当時の日本軍において大いに役立つものであった。最後の打電は1941年12月6日の第254番電で、太平洋戦争開戦の6時間前に東京に届いた。開戦後は他の総領事館員とともに軟禁状態となった後アリゾナの収容所へ入れられたが、正体が発覚することもなく、1942年8月15日に日米の交換船を使用し、喜多総領事をはじめとする他の総領事館員とともに無事日本へ帰国した。
著作 [編集]
『東の風、雨―真珠湾スパイの回想』講談社、1963年。
『真珠湾のスパイ―太平洋戦争陰の死闘』協同ブックス、1973年。
『真珠湾スパイの回想』朝日ソノラマ、1985年。
参考文献 [編集]
秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%B7%9D%E7%8C%9B%E5%A4%AB」より作成
カテゴリ: 大日本帝国海軍軍人 | 日本のスパイ | 愛媛県出身の人物 | 1912年生 | 1993年没  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年12月05日 23:38:08: T7slqyviZU
小沢内閣よ。>真珠湾攻撃当時、海軍は、上から下まで、米国に買収されていたと考えると辻褄が合います。

これはあんたの意見か。吉川少尉のものか?単にウィキを読んだついでにここに自分の意見を昼休み板同様コピペしたのか、あんたは?

こんなのはガセもいいところだ。

副島等が米内と山本がアメリカに命令されたとかフリーメーソン説とかあるが、まったく推測だけだろう。それこそ東条一人に罪を着せる以上の愚鈍な歴史観だ。

どうして数年前までの親米派が強攻策に転じたかは、外務省、天皇家、宮内省の意向なくして考えられない。海軍上層部が米と通じていたとしたらそこまで考えないと信性に欠けるが、かりにそのようなことがあったにしろ日本は敗戦によって米にはめられた事になる。


02. 2010年12月06日 13:10:17: q1gf0gzNbs
>>01
この問題を同じことを繰り返すのか。
ガセは、そちらでしょう。
売った内容は、全て出ている。

――パールハーバー(真珠湾攻撃)の謀略――
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/sinnjyuwan_1.htm

 もう一つの本で、アメリカは、日本が真珠湾攻撃すれば勝つとアメリカが、諜報活動を行った。それは、山本五十六も知っていた筈だ。なぜ、山本五十六は、日本に申請したか疑問を持っていると。猪瀬が訳した本だけど、前紹介した筈だ。
この種の問題は、アメリカにも論議している内容だ。
 それを誤魔化そうとしているから工作員だと言われる。


03. 2010年12月06日 16:51:56: iAErqvJxpQ
02>
お前は客観的な歴史論議に、「工作員」などという陳腐なレッテルを貼ることで本性がばれている。
ただの受け売りで、そこから何の進歩もない脳停止おやじが。

だいたい、山本は何に申請したのだ?一人よがりの意味不明分を書くな!反腐れの陰謀論信者が。


04. 2014年12月04日 21:57:32 : b5JdkWvGxs

昭和天皇がアメリカとグルだったんだよ。

吉田茂が昭和天皇の指示で御前会議の内容を毎回細大漏らさずアメリカに伝えていたのは有名な話:


日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」

太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941.9.6の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。
元自民党総裁選=麻生太郎の祖父。

また吉田茂元首相の再軍備問題のブレーンだった辰巳栄一元陸軍中将(1895〜1988年)も、米中央情報局(CIA)に「POLESTAR―5」のコードネーム(暗号名)で呼ばれていた。


アメリカから昭和天皇への指示は国務大臣、グルーによって日本の吉田、牧野、樺山、白州のヨハンセングループを通じ貞明皇后に伝わっていた。


05. 2014年12月04日 22:46:35 : b5JdkWvGxs

マサチューセッツエ大教授のジョン・Dダワーは米国の公文書館で天皇ヒロヒトの発言を見出した。


@ 天皇は「日本人の心にはいまだに封建制の残澤がたくさん残っている。それも根こそぎにするには長い時間がかかるから占領は短かすぎない方がいい」といった。

A「神道を奉じる分子とその同調書は反米的だから警戒を要する」といった、というものである。


ヒロヒトの発言は決して日本国の象徴たるものにふさわしいといえない。まさに偽帝の言というべきである。
http://www.snsi-j.jp/boards/sirogane/152.html


06. 2014年12月04日 22:58:34 : b5JdkWvGxs

広島に原爆投下させたのも昭和天皇の直接の指示だった


アメリカのロックフェラー、モルガンという巨大な財閥が戦前の世界金融を支配していた。 

ロックフェラーとメロン両財閥は共同作戦をとり、ウラン爆弾の開発に乗り出した。すると少し遅れて、モルガン財閥もデュポンという巨大な化学トラストと組んで、プルトニウム爆弾の製造に着手した。ここに、新しくてしかも巨大な軍需産業が出現したのである。

ウラン爆弾は、ウラン238からウラン235を抽出し、このウラン235を使い原爆を製造する。プルトニウム爆弾は、ウラン238から原子炉を用いてプルトニウム(引用注:に変換後)を抽出し、これを使って原爆を製造する。

ウラン爆弾の製造は一九四五年の春には完成していた。しかし、プルトニウム爆弾の製造は遅れた。しかも、核実験しなければ実用の可能性があやぶまれた。一九四五年七月十六日、プルトニウム爆弾の実験がようやく成功する。時あたかも、トルーマン大統領とチャーチル首相(英国)、スターリン首相(ソ連)がポツダム会談をしていたときであった。

この実験が遅れたために、プルトニウム爆弾の完成が遅れたために、日本の降伏も遅れたと私は書いた。それは、核兵器カルテルのために日本の敗戦が遅れたことを意味するのだと私は結論した。

この原爆製造と投下の総指揮をとったのは、陸軍長官ヘンリー・ステイムソンである。彼はモルガン財閥の一員でもある。 アメリカのみのためではなく、モルガンのために、国際金融寡頭勢力のために、要するに核兵器カルテルのために、スティムソン陸軍長官は原爆投下の総指揮をとったのである。

そのために、スティムソンは日本の「あるルート)」を通して昭和天皇との秘密交渉を続けた。原爆を完成し、これを広島と長崎に落とすまで、天皇に敗北宣言をさせなかったのである。

無条件降伏とは、原爆を落とすために考え出されたアメリカの謀略であった。何も知らない日本人は完全にスティムソンと天皇に騙されたのである:

「あるルート」 = ヘンリー・ステイムソン → ジョセフ・グルー
→ ヨハンセングループ( 吉田茂, 牧野伸顕, 樺山愛輔, 白洲次郎,岡田啓介, 米内光政) → 貞明皇太后 → 昭和天皇


第二次大戦末期、米国そしてロスアラモス研究所は、日本が米国に降伏の準備を行っているのを知りながら広島・長崎に原爆を投下した。 

ロスアラモスの目的は、原爆兵器の効果を広島・長崎で「人体実験」する事にあった。

米国は日本に対し戦争で勝つ事は十分に知った上で、人体実験のために広島・長崎に原爆を投下した。 何故ならロスアラモスもFEMAも、新型兵器の効果とそれが「どの位抵抗心を失わせ支配を容易にするか」の実験、研究を元々専門にした機関、つまり「心理戦争局」だったからだ。
http://satehate.exblog.jp/9318506/


@第二次世界大戦は国際金融資本が金儲けのために仕組んだ。
原爆の開発目途はついていたので、それを使用することが目的のひとつであった。

Aその決定で、日英同盟が破棄され、アメリカでオレンジ計画がスタートする。

B日本の最高幹部と海軍は筋書きどうりに戦争を始めた。 陸軍はほとんど関知していない。
昭和天皇は命令どおりに動かされただけだ。

C昭和天皇とジョセフ・グルーは、終戦時期について討議したが、原爆を二発落とすまで終戦はさせてもらえなかった。
戦争が長引いたのは、原爆の開発が思った以上に遅れたからだ。

D広島は昭和天皇が決めた。だから、自分の嫌いな者達を広島に集合させ、見殺しにした。

E長崎はクリスチャンの教会が多いことで選ばれ、三菱のドックを目標とした。海軍は三菱にいたアメリカ人の捕虜を事前に救出していた。

F日本の情報機関は原爆の開発、投下時期、投下目標をすべて承知していた。もちろん昭和天皇も承知だ。
http://mayo.blogzine.jp/blog/2008/02/post_b7ff.html

天皇の原爆しょうがない発言

昭和天皇の原爆しょうがない発言について、当時の新聞にもしっかりと縮刷版に載っていたのだが、ここではそれを「ママオコシ」で文字おこしした内容を示す。

これは、現在発売中の鬼塚英昭氏の『日本のいちばん醜い日』に引用された、松浦総三という作家の『松浦総三の仕事』という本からの引用である。この記者会見の模様は

ユーチューブに動画も何個か落ちている。
https://www.youtube.com/watch?v=4b6VuxlBUYI

この会見の場で、

「エ・・・・エ・・・・エ・・・・投下された、ことに対しては、エ・・・・・、エ・・・・

こういう戦争中で、あることですから、どうも、エー、

広島・・・・市民に対しては、気の毒で、あるが、やむをえないことと私は思っています」


と昭和天皇はコメントし、いきなり話題を変えて、「テレビは観ておりますが、放送会社の競争が激しく・・・」という意味不明のコメントを発して、原爆コメントを吹っ飛ばしている。
http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/744.html


07. 2014年12月05日 12:53:57 : y4rSWHDLXQ
共産カルトのバカは戦後に推測した戦争観で見てもいない戦争史を語る。

外来思想に頭が狂った日本人は戦前戦後にもいるが、共産主義者ほどの妄想狂は世界にいないだろう。

天皇に対して執拗に汚名をそそぐ共産カルト信者は現代の赤狩り対象じゃないのか。

言論の自由の範囲を既に超えている。馬鹿中川


08. 2014年12月05日 16:30:44 : b5JdkWvGxs

昭和天皇に南京大虐殺の即刻停止を進言してあっさり却下された広田弘毅も死ぬ時に天皇批判してるよ:


ベイツは日本大使館に南京の惨状の報告を毎日のようにしており、その報告は日本外務省に届けられていた。

この報告を読んだ、広田弘毅の直属の部下、石射猪太郎は『外交官の一生』に

「南京は暮れの一三日に陥落した。
わが軍のあとを追って南京に帰復した福井領事からの電信報告、続いて上海総領事からの書面報告がわれわれを慨嘆させた。
南京入城の日本軍の中国人に対する掠奪、強姦、放火、虐殺の情報である」


と書いた。広田弘毅も同様の認識であったと見るほかない。

事実、アメリカ駐日大使ジョセフ・グルーは、外務大臣広田弘毅とベイツの報告について話し合っていた。その会見の様子はグルー自身がさらに南京のアメリカ大使館に電報で知らせ、ベイツもそれらの電報を直々に読んで確認していたのである。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%B3%B0%CC%B3%BE%CA%A4%AC%C3%CE%A4%C3%A4%C6%A4%A4%A4%BF%A4%C8%A4%A4%A4%A6%A4%CE%A4%CF%B1%B3

広田弘毅 最後の皮肉 :「天皇陛下漫才! 天皇陛下漫才!」


三階から処刑第一組として土肥原、松井、東条、武藤の四人の順で、列をつくって降りて来られた。

『三誓偈』の初めの三頌を声高らかに私は読んだ。四人は頭を下げて、静かに瞑目して聞いておられ、終った時、「非常に有難うございました」とお礼をいわれた。それから松井さんが音頭をとって「天皇陛下万歳」を三唱、さらに「大日本帝国万歳」三唱を共に叫ばれた。


仏間に戻って、再び用意して待っているところへ、第二組の三人、 板垣、広田、木村さんが降りて来られた。

顔を合せると、すぐ広田さんが真面目な顔で、

「今、漫才をやってたんでしょう」

といわれた。

「漫才? いやそんなものはやりませんよ。どこか、隣りの棟からでも、聞えたのではありませんか」

私も真面目に、こうこたえた。

「いや、そんなことはないが・・・・・・」

お経の終ったあとで、広田さんが、

「このお経のあとで、漫才をやったんじゃないか」

といわれた。私も、やっと気がついて、

「ああバンザイですか、バンザイはやりましたよ」

といった。それでやっと、漫才がバンザイだとわかって、

「それでは、ここでどうぞ」というと、広田さんが板垣さんに、「あなた、おやりなさい」とすすめられ、板垣さんの音頭で、大きな、まるで割れるような声で一同は「天皇陛下漫才」を三唱された。
http://www.c20.jp/1948/12senpa.html

 


09. 2014年12月05日 19:42:33 : b5JdkWvGxs

昭和天皇の身代わりになって処刑された東条英機

御文庫といって天皇の宮殿の地下深くに御文庫を作り

そこに大本営を置いて天皇が参謀たちを集め図面を置いて

毎日毎日、今度はここ行けここ行けと指図をするわけ

それを指図ができると東条英機が受けてですねやるわけです

だから参謀たちが天皇を大参謀に、参謀たちが戦争計画を作り、それを東条に渡すわけです

東条英機は大文庫に、御文庫の中には入れないわけです

他の連中も

そういうシステムで戦争が進んでいく訳です
http://www.youtube.com/watch?v=eugXzHoKnes

鬼頭久二(1916年8月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 第1大隊

南京戦の時、当時の宮さん〔朝香宮〕から命令があって、その命令は中隊長か小隊長から聞いたけど、

「犬も猫も含め生きている者は全部殺せ」

ちゅう命令やった。

天皇陛下の命令やと言ったな。

当時のことを書いた日記帳は終戦の時に全部焼いた。
http://www.geocities.jp/kk_nanking/
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/m/pages/468.html


海軍の作戦を宮中の大本営で指導したのが、昭和天皇

東京裁判で収監された東条英機は尋問に答えて、

「我々(日本人)は、陛下のご意志に逆らうことはありえない」と言った。

これは当時としては真実である。

しかし東条のこの発言が宮中に伝えられると天皇は焦ったと言われる。責任が全部自分に来てしまい、自分が絞首刑にされる。

それで天皇は部下を遣わして、東条と軍部に戦争責任を負わせるべく工作をした。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/bd61d9d5c3085df3fddc6adf68c4c7d2

1947年の12月、戦時中の首相、東条は自らを弁護して証言台に立った。
彼は生贄の羊となることを望んではいたものの、降伏以降、彼への雑言悪態は
限度を越えていた。

中には、天皇自身が、東条の命令不服従の不実を非難しているとさえ報じられていた。あるいは、日本の新聞は、東条が自決しようとして、刀ではなく拳銃を使ったことを、臆病者と呼んでいた。東条の家族は、近所からライ病患者のごとく扱われ、お金にも不自由した。彼の弟は、二ヶ月前、列車中で一袋の米を盗んだとして逮捕されていた

1947年の大晦日、東条への直接尋問のなかで、〔木戸の〕弁護人
ログマンはこう質問した。

「天皇の平和に対してのご希望に反して、木戸侯爵が行動をとったか、
あるいは何かを進言したという事実を何か覚えていますか?」

 東条 そういう事例はもちろんありません。私が知る限りにおいてはありません。
のみならず、日本国の臣民が、陛下のご意思に反して、かれこれすることはあり得ぬことであります。 いわんや、日本の高官においておや。


ログマン 以上をもって、木戸卿に代わる私の尋問を終わります。

裁判長(ウェッブ) 今の質問がどのようなことを示唆しているかは、
よく理解できるはずである。

 まさしく、それは誰もが知っていたことだった。

そこでキーナンは、彼の証人の切り札たる田中隆吉を、富士山麓の山中湖畔の自宅で休暇中のところより呼び戻し、ただちに巣鴨刑務所の東条に会いに行かせた。

だが東条はそれに応じようとはしなかったので、田中は皇居に行き、木戸の前秘書で
天皇の顧問の後継者、松平康昌に情況を説明した。次いで松平は、同僚の
側近たちと相談し、収監中の元内大臣木戸に手紙を送る許可を裕仁よりえた。

東条とは隣同士の房にいる木戸は、さっそく東条との話し合いに入った。
彼は東条と護衛の監視下で仕切り越しに長々と話をした。

木戸はまた、
刑務所中庭で運動の際、直接に東条に話しかけ、東条の家族の状況を改善させることを約束した。 小男で近眼の木戸ながら、彼は刑務所の雑務中でも裕仁の代理人であったため、東条は彼の話を無視することはできなかった。

二日にわたって話が交わされた後、ついに東条は折れた。

彼は法廷にもどると、キーナンによる反対尋問の中で、

自分が天皇を戦争を始めるよう説得し、それによって、裕仁を自身の気持ちに反して動くように強いさせたかも知れないことを認めるに至った。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_13_3_4.htm


10. けろりん 2014年12月06日 10:18:22 : xfW5FN1G6ouU2 : pUn8Qsa3JU

< 軍隊や税を増強して、クニが保てるワケが無い >


ローマ帝国しかり
大英帝国しかり
大日本帝国しかり
ソ連しかり
北朝鮮しかり
・・・現状、崩壊し掛かっている
アメリカ警察帝国しかり


特攻でクニが保てたのなら、まだ、ハナシは解る
特攻の末の、ゲンバク二発、これ如何に?
ゲンバク二発で、一瞬、< 永遠のゼロ >に陥ったわが国。


< 永遠のゼロ >を、再度また
トンスルとトンスル使う米国ネオコン兵器商売人の口車に乗り、
同じコトを繰り返すつもりなのか・・・?

自民と公明と、安倍キムチは???


11. 2014年12月07日 13:19:29 : w3M1BHSquE
おいおい、なんだか 妄想カルトのオッサンが闊歩しているようだが
この吉川猛夫ってのは、スパイはスパイでも“アメリカを”スパイしていたんだぞ
日本が放ったスパイだぞ なに頓珍漢な記事書いてんだ? 

12. 2014年12月07日 18:10:52 : b5JdkWvGxs
そもそも真珠湾開戦時の宣戦布告が遅れたのは吉田茂の指示だろ。

昭和天皇の指示がなければ吉田茂がそこまで独断でやる訳ないよ


13. 2014年12月08日 10:50:28 : b5JdkWvGxs
スパイでも神風特攻でもそうだけど、

昭和天皇は太平洋戦争がヤラセの八百長戦争だと見破られない様に、

日本軍は全力で必死に戦いましたという所を記録に残したかったんだ。


14. 2014年12月09日 19:53:03 : pt6MssdHWs
4年前の投稿が何で今になって浮上するのかな。中川隆よ、教えてくれないか?

一体、何を隠したいんだろうね。イスラム国詐欺、ウクライナ詐欺か?

鬼塚英昭を信奉しているようだが、鬼塚も国際金融資本の犬かもよ。


15. 中川隆 2014年12月10日 10:39:40 : 3bF/xW6Ehzs4I : b5JdkWvGxs
右翼でも左翼でも売国奴でも詐欺師でも知恵遅れでも

言ってる事さえ正しければ取り上げるだけさ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b6掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b6掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧