★阿修羅♪ > 戦争b7 > 251.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
エジプト動乱の真の狙いはこれだ! (イーグルヒット)
http://www.asyura2.com/10/warb7/msg/251.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2011 年 2 月 02 日 22:46:40: 8rnauVNerwl2s
 

チュニジア、エジプトはアメリカに見放されて、現体制が崩壊した訳だが、その狙いが中国にあるのかどうか?
確かに独裁体制崩壊は中国政府にとって脅威には間違いないだろう。
しかし、アメリカは、イスラエルを反イスラエルで包囲して最後の中東戦争(ハルマゲドン)を狙ってるような気がするんだが・・・
果たして真相はどうだろう。


イーグルヒットから
http://eagle-hit.com/

以下、転載

【30分間限定重大情報】エジプト動乱の真の狙いはこれだ!2011年2月 2日 22:35

エジプト動乱が中東諸国へ一体広がる"ドミノ現象"が指摘されているが、この騒動をもっとも恐れているのが、中国である。

すでに、中国当局はネット検索での「チュニジア」や「エジプト」「カイロ」といったキーワードは規制がかかり、検索できない状況と隣、マスコミ報道は控えめに「民主化要求」という主旨は一切省かれているようだ。

本日のWSJ紙によれば、エジプトの経済状況は、インフレ傾向や失業率など共通する部分が多いとされ、民主化運動の目をはらんでいるという。しかも、国民の一人あたりのGDPでは、中国よりもエジプトの方が高く、比較的中流層が多いエジプトに対し、中国は所得格差が激しく、その不満要素のエネルギーが高いことが指摘されている。

中国政府にとって国内の騒乱がもっとも神経質になるところであるが、先ほどの日経新聞では、次のような報道がなされている。


中国、民主活動家を拘束 大型連休中の連携を警戒

02021egyptchina.jpg香港の人権団体、中国人権民主化運動情報センターは2日、中国公安当局が1日に湖北省武漢市の著名な民主活動家、秦永敏氏(57)の身柄を拘束したと伝えた。当局は春節(旧正月)に伴う2日からの大型連休中に活動家同士が連携を強めることを警戒。新年の挨拶などを交わさないよう各活動家に警告している。

 中東で独裁政権の退陣を求めるデモが活発化する中、当局は民主化機運の高まりを封じ込める狙いもあるとみられる。秦氏は昨年ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏に代わる授賞式の出席候補として名前が挙がるなど、劉氏との関係が深い。同センターなどによると、秦氏は野党結成を目指したとして投獄され、昨年11月に懲役12年の刑期を終えて出所したばかりだった。また、当局が活動家同士の新年の挨拶や春節の帰省を制限するのは、1989年の天安門事件以来初めてという。(後略)【日経新聞 20:09】

ここで人権問題云々を言うつもりはない。

この一連の"革命"が、かつてのペレストロイカ、東欧革命、ベルリンの壁崩壊、ソビエト連邦解体へと至ったように、中国体制崩壊へ導く伏線が敷かれているのである!

そして、ソ連解体の裏側でジョージ・ソロスらが策動したように、国際金融資本家らがこの一連の革命を企図し、中国体制崩壊を目論んでいるのである!  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月02日 23:01:04: 92lHcOFe7l
エルバラダイ氏は、白人支配層のスピーカーだと、思うね。

エジプトの庶民が、本当に助かるのを期待したい。

軍が、市民に帰れ、と言っている報道がある。
デモが失敗したら、秘密警察の弾圧が始まるでしょうねえ。


02. 2011年2月03日 14:01:17: V4cUYzrtVg
ベルリンの壁崩壊ってマスコミの捏造報道が原因で
中国じゃあ統制とれまくってるからその方面じゃ無理だな

03. 2011年2月03日 14:45:37: XRlK8slrsU
現在、中国政府はチュニジア、エジプト革命騒動の中国国内へ波及するのを恐れて外部情報を遮断しているが、どっこい中国のユーザー達は遮断されているはずのYOU TUBEにもアクセスしているし、TWITTERも駆使しているのが実態だ。中国は情報鎖国ではないよ。早晩何かのきっかけで、これまでの官製デモとは違う動きが各地で起こるだろう。

問題はこの日本なんだよなあ。今回の連鎖する中東革命という、ジャーナリズム恰好の海外情報であっても、これまた波及を恐れてか、きわめて意図的に黙殺しているし、国内報道も偏向報道、スピン情報の類でしかないお粗末さだ。


04. 2011年2月03日 16:54:11: NRvAM7Ti0k
よくわからないけどね、

最近有力な評論家がイスラエルが危機に陥っていると言ってたからね、

逆にイスラエル側からの危機回避のための反撃かと思ったよ。


05. 2011年2月03日 19:12:33: VlflzVLIU2
>03さま
>問題はこの日本なんだよなあ。

ほんとに、おっしゃるとおりです。まだまだマンガ読むのにいそがしい?

>中国政府は チュニジア、エジプト革命騒動の中国国内へ波及するのを恐れて
>外部情報を遮断しているが

もしそうだとすると、かなりのことになりそう。

12月にエジプト政府が逮捕した活動家を、アメリカが釈放させた、という話が出ていたが、

中国狙いだとしたら、こりゃ、恐るべしだ。世界大波乱だ。

とはいえ、欧と米とは、そこまで全体をコンゴ、コントロール出来るだろうか。

自爆偽装倒産の、ショック・ドクトリンか? ソンで結局、「金だせ〜」で、日本が損・・・というのは、ありそうで、こわい。



06. 2011年2月05日 18:06:27: gABn5WXXDU
どこのサイトの情報だったか忘れたが、一連の中東の事件と中国、日本の小沢問題はつながっているとの記事があったな。
詳細は忘れたが、いわゆるアメリカRFとロス茶との代理紛争的な内容だったな。
EUがアルジェ、エジプト、などのアメリカよりの政権批判をしてから各国で反政府デモが拡大していったこと、反政府デモが自然発生的に起こりづらいこと。
ウィキリークス(ロス茶)の情報からして昨年の初めキャンベル(RF)が小沢と会談翌日韓国の要人と会い小沢鳩山内閣をつぶして菅岡田にシフトするとの会談。その後の小沢引き降ろし報道と検察の執拗な捜査など。。。
日本では官僚、マスコミ、清和会GなどのアメリカRF側の対応に対して、ロス茶と仲のいい中国との関係改善を目論んだ小沢鳩山が攻撃の対象となったと。
田中角栄といい小沢といい中国は鬼門だな。
オバマはロス茶側で、クリントン、キャンベルらは無理やり政府に送り込まれたRF側とのことで政府内での対応も違っているらしい。
だがここに来て、菅のアメリカべったり能無し政府では日本そのものが危なくなり、アジア戦略を考えるアメリカにとって日本抜きには難しいと言うことで攻撃の方法を変えてきているとの話。
まあ、ひとつの見方としてアリとおもうがな。

07. 2011年2月05日 23:56:04: 9wjqyqBwdA
06さん、

↓かな

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/MYBLOG/yblog.html


08. 2011年2月06日 00:14:06: CIaIZixnXg
07さん↑

新ベンチャー革命さんはどうして、そんなことしってるの。
両建の弁証法使うから、奴等は

またまた騙されないようにしないとね。

反米反中はないのかい


09. 2011年2月06日 15:33:04: Z8RhsfwDig
何を言いたいんだここは?

・中東で混乱→石油上がる→アメリカ石油メジャー儲け
・中東各国が反米化→戦争→イスラエルが一帯を併合し広大なユダヤ国家樹立

これが定説


10. 求聞持☆聡明 2011年2月06日 18:02:11: Zwno6tH2Xl6f6 : HPufLbHPJ2
イーグルヒットのクラブG1とか詐欺くさいw

言ってることは首肯できる部分もあるが、
貧困ビジネスならぬ恐慌ビジネスだろw
玉石混淆の情報提供の合間に、クーロズドで手前勝手なオークション形式で本
売ったり、フードなんちゃらシステムのカモ募ったりで金集めてるw

今年中にはどっかへ雲隠れしそうだなw


11. 2011年2月07日 17:50:58: YpfBpGUB82
中国はエジプトと違って高度成長が続いていて
多くの国民にメシを食わせ、衣食住が良くなっている中国国民が
増えているので簡単に反政府デモが飛び火しないのでは?

日本だって1950年代、60年代、70年代辺りまでは
デモなどが多かったが

高度成長、バブル経済で衣食住が足りた日本国民はデモをする
理由が無くなった。

チベット族やモンゴル族、それとダライ・ラマとか
不満を抱えている民族は居るけれど
メシを食わせたら落ち着くのでは?


12. 2011年2月09日 08:02:01: Td0N6QHNrk

>エルバラダイ氏

核拡散防止・核軍縮に関わる人脈である。

>ジャーナリズム恰好の海外情報
>国内報道

むしろ、日本のジャーナリズム、テレビ局の裏方が、独裁政権批判の発生に関与したことになっている。

反ムバラク運動等、イスラム民衆の解放運動を助勢したグループには、日本のジャーナリズムが含まれる、という暗黙の了解になっている。

背景は、日本政府がイスラエルの入植活動を批判していること、日本の中東和平派やウィキリーク人脈は活動を共有しており、今回の中東和平やイスラムの解放運動を惹起するに至った、という、これまた暗黙の前提である。

このような暗黙の示唆は、NHKが夜7時のニュース等で行う上、ウィキリークの好意的紹介、映画『アラビアのロレンス』放映の宣伝など、時期の上で完全に同期している。この映画は、俗にいう「アラブの解放」を主題としている。

報道では、ムバラク派の駱駝使いが反撃していた。日本のテレビ局が昔、「エジプトでは観光客目当ての駱駝屋が警察とグルで遊覧費を吹っ掛ける」という報道を行っていたのを、そのままネタにしているのかも、という意外な発見がある。

そのテレビ局がTBSだったかどうか忘れたものの、民放も関与しているのは当然で、中東和平派のシンジケートが息を吹き返した形跡がある。

NHKの場合、直接、オバマ政権かワシントン人脈と協力しているか、あるいは、そのように錯覚させている明確な形跡がある。NHKは、自然発生的なデモで中心的な指導者はいない、と報道している。

世界で起きることは映画と同じで、シナリオがあるばかりか、実際、映画関係者のシンジケートが企画制作を行っているフシがある。

オバマ政権の核軍縮政策を推し進めることが日本の希望であり、核廃絶は、日本政府の主題である上、世界連邦運動と関わる。核軍縮では日豪政府が関与している。

オバマ政権成立時、オバマ政権に中東和平工作を託した日本のメディアは、讀賣新聞とフジテレビである。オバマ大統領がユダヤ・ロビーの好戦派に批判的との情報に基づいている。

二大メディアの動きは、日本政府の中東和平活動を正等に評価して貰うには格好の機会と捉えたためである。政界の世界連邦運動、学者、宗教、中曽根人脈、英国のシンクタンク人脈が関与している可能性が高い。


>イスラエル側からの危機回避のための反撃

反応は当然、大きいものの、イスラエル関係では逆に、パレスチナが入植地を容認したという報道が行われている。

その一方、ムバラク体制の尊重を働きかけている。

日本のテレビでは、核軍縮に前向きなオバマ政権を世界連邦派が推薦し、逆に核戦略に前向きなフランスのサルコジ政権を国防総省派が推薦する、という比較が行われている。

サルコジ政権がオバマ政権に説得されて核軍縮に向け譲歩する過程で、中東・アフリカの民主化運動では、フランスの後退が若干、示唆されている疑いになる。


>中国体制崩壊へ導く伏線

NHKや民放が、西側の中東・アフリカの民主化運動に関与している以上、西側による中国の民主化要求にも関与しているのは当然で、特に、NHKは強く関与している。

中国が、アフリカ・中東に関与している実態は古くからある。今回の件では、中国政府の関与がヨルダンに入った、との情報である。

中国はイランと懇意であり、イランは欧米とは対立している。イランは今回の騒動を受けて、イスラム民衆を鼓舞している。

中国紙は、アメリカのジレンマを指摘することで、アメリカの反応を待っている。

中東情勢不安、米国に難題突きつける/「人民網日本語版」2011年2月1日
http://j.people.com.cn/94474/7278742.html


13. 2011年2月09日 19:39:11: iADcPrSYeU
「“日本書紀」にも明示されて“古代から天皇や体制側にも献上し活用し続けている、日本列島に存在中の世界最大級の地球天然資源群の存在性を、意図的に、言説しない(さける)“知識影響層たちは、“万国万民主権者側から、とるにたらない“身辺小雑事群にすりかえる「“有害無益族=“泡沫の烏合衆」としての認定書がくだされるはず?〜、李tokujitu

14. 2011年2月09日 20:04:57: eDPF1BiqoI
米国の“マイケルムーア映画監督などに影響与えたといわれる、奥さん同伴の“日本人W監督に、大阪のファミレスで友人といっしょに再会して、“映画出演は即断決定したようです〜、今後の展開が興味深い…、李とくじつ

15. 2011年2月11日 22:22:56: xO1eNzjKtM
13さん

「万国万民主権者様」は、
三輪山の主のことでしょうか?熊野におわす
方でしょうか。その、同一の方のようですね。


16. 2011年2月12日 10:41:20: p9B89YgNYw
なんか的外れのような?

中国とエジプトとの違いはアメリカの属国かどうかの違いだろうね。
民衆蜂起は起こるかもしれないがまだ人民解放軍は健在のはず。

アメリカ支配地域で起こる破壊活動は起こらないと思う。


17. 2011年2月12日 21:31:22: 9qYXL6iQzM
エジプトのムバラク政権、チュニジアの民衆蜂起の市民の怒り度が100%なら、菅政権への怒り度は?
http://www.yoronchousa.net/result/11475

18. taked4700 2011年2月15日 03:05:57: 9XFNe/BiX575U : zGeE4oA9uU
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000949-yom-int

ムバラク氏が体調悪化、意識不明に…エジプト紙
読売新聞 2月14日(月)22時58分配信
 独立系のエジプト紙アルマスリ・アルヨウムは14日、消息筋の話として、ムバラク前大統領(82)が11日の辞任後、健康状態が極度に悪化し、「意識不明」の状態になっていると伝えた。
最終更新:2月15日(火)0時44分

***************************************************

>ソ連解体の裏側でジョージ・ソロスらが策動したように、国際金融資本家らがこの一連の革命を企図し、中国体制崩壊を目論んでいる

のだとしたら、上のようなことは、逆効果ですね。中国の指導層に却って用心させてしまう。

つまり、今回のことは幾つか意味があり、そのうちの一つとして、中国を意識したものがあるとしても、11さんが指摘されているように、中国の民衆革命を意図したものではないでしょう。

今回のことは、基本的にイスラム支配層が持っていた富の分捕りですよ。それだけ、アメリカの体制内での強欲が強くなっていて、それを止める手立てがなくなりつつあることと、強欲を実現できると言う自信が強くなっているのだと思う。

もう一つの狙いは社会革命の実験でしょうね。インターネットを使ってマインドコントロールがどの程度大規模にできるか、その実験ですよ。


19. 2011年2月17日 17:08:17: Td0N6QHNrk
>そのうちの一つとして、中国を意識したものがあるとしても、>>11さんが指摘されているように、中国の民衆革命を意図したものではないでしょう。

日本テレビ等、日本の一部テレビ局が直接、関与している民衆蜂起の計画は、北朝鮮を対象としており、しかも中国が北朝鮮に携帯電話等を持ち込むことで惹起されるもの、と期待されている。このため、北朝鮮寄りのTBSは逆に、中国を警戒していた疑いになる。この種の試みは、脱北者支援等、欧米の組織が進めていたが、親北色の強かった盧前政権下では排除される傾向になっていた。

北朝鮮関連では、不満や不穏の散発情報は伝えられている。しかし、大規模な民衆蜂起自体が発生したという報道はない。逆に、中朝分断を危惧する北朝鮮が、中朝の結束強化を宣伝している。中国からは、北朝鮮批判の声と擁護の政策とが両方、伝えられる。

西側の基準は常に中国を標的としているので、対中警告となる。現在、日本のテレビの現場が意図しているのは、中国というより北朝鮮であろう。

欧米の組織は、民主化を企画立案して実行するという使命感に満たされているので、常に標的を求めている。その実行は、メディアを通じて行われる。


>世界連邦運動

世界連邦運動は、政界や学界、宗教界では著名な運動であるが、世間では全く知られていない。

この運動に関して、テレビでは、科学主導で進めるか、あるいは宗教主導で進めるか、駆け引きが始まっている。

世界連邦運動は、日本では、核兵器問題に根ざしている。科学主導の流れと、宗教主導の流れとがある。科学主導の流れはアインシュタインからのものである。

アインシュタイン自身はユダヤ人ではあるが、旧約聖書による神の創造説を全く信じていない。一方、宗教主導の流れは、諸宗教を含むので、その宗教の数だけ信仰があり、キリスト教や神の創造説を信条とする場合がある。

世界連邦運動を前提とした政治の駆け引きでは、今年からは、科学主導派が実権を握る可能性がある。尤も、世論形成上、世界連邦が国連に取って代わると考える風潮や気配はない。世間の空気を科学主導にすることが優先される。

日本の政界は、世界連邦の平和主義を理想とするので、国連の安全保障理事会には批判的な面があり、米国が期待している改憲と武力前提の参加を、自民党(自公政権)が巧みに拒んできた。

エジプトの件を見ると、親米派に見えたエルバラダイ氏が米国批判を行っている。エルバラダイ氏による米国批判が、国際社会での呼応を求め、日本では鳩山前総理による方便発言を引き出した疑いになるが、詳細は不明である。


20. 2011年2月20日 00:21:06: fhqMEypoT6
まず中国・北朝鮮では網の目のように秘密警察が監視体制を敷いているので
革命を起こすのはほぼ不可能だ。
公害や貧困・長時間労働・失業・核実験等によって
生存危機に晒されている人にとって中東の騒乱は直接は何らの救いにもならない。
もし、西側が中国の体制を打倒したいなら、中国との経済取引を一切止めて
経済封鎖する事だ。そんな事は西側はやらないのであろう。
中国までが民主化すれば、今度は西側にまで騒乱が逆流するのは目に見えている。
中国の崩壊は資本主義の破滅である。中国独裁なき後、西側には瓦礫の山が残るだろう。
対立しているように見えても開発独裁と二人三脚で発展してきたのが西側だ。
中南米はおろかアラブまで独裁体制が崩壊した後、米国はどうするのだろう。
エジプトの反政府デモは、イスラエルが期待するような原理主義勢力じゃありませーん。
ハルマゲドンは起こせません。イランまで倒れたら尚更です。イランあってのハルマゲドンでしょう?
そうそうワシントンとテルアビブ、聖シャーベル教会のようなエバンジェリストが期待する方向にはいかないのです。
イラクの宗派対立なんてイラク戦争開始後にデッチ上げたようなもんでしょう。
あんな連中は最後は正体を暴露されるでしょう。

21. 2011年2月20日 12:32:24: 0nB3jhahPQ
>20中国・北朝鮮では網の目のように秘密警察が監視体制を敷いているので
革命を起こすのはほぼ不可能だ・・

確かにそうかもしれないが・・死刑を恐れずあんなリビアでも奮起した点は注目だね!

早く中国に民主化が飛び火しないかな・・・

さすがにこれだけ中東で民主化騒ぎになればネット民主化鎖国されてるアホのシナも少なからず関心持つんじゃない?

裏の狙いは石油高騰かな・・・

米国はどうするのだろう・・・コレは 北米&南米ひっつけて経済再構築プランBじゃないかな?

当然とばっちりは世界に分散!!アメリカの手口はこんなカンジでは?


22. 2011年2月24日 19:46:44: Td0N6QHNrk
>>19 つづき

イーグルヒットの結論部分、
>中国体制崩壊を目論んでいるのである!

について、日本のテレビ局では、NHKの関与が一番強い。NHKが、中国の体制崩壊を狙っているのは、もはや明確である。NHKの知識人は、大学教育関係に人脈を持ち、この人脈はリベラルであっても、中国共産党には苛立ってきたグループである。

しかも、マスコミ上層部の通達により、いくつかのテレビ局は親北反中姿勢になっている。政治家やマスコミ関係者に何らかの意図があり、北朝鮮も気づいており、米韓の思惑や、英国の戦略を反映しているのだろう。最近、NHKは、脱米と再入欧を、ほのめかしているのであるが、在日親北人脈や北朝鮮の指令によるという感じを意図的に漂わせている。

また、NHKの場合、中東・北アフリカの民主化動静とは英国諜報を通じてメディア戦略を共有しているのだから、中東・北アフリカに民主化を仕掛けた側が中国を狙っているのは当然ということになる。

そのなかで、TBSは先日、北朝鮮危機説を報道することで、匙を投げたもようである。エジプトとともに危ないのは北朝鮮である、と解説していた。

リビアの場合、2年ほどは以前になろうが、日本テレビがカダフィ大佐を特集しており、「独裁者で悪いのか」というテーマになっていた。カダフィ大佐に好意的であった。一方、日本政府(外務省)は、イスラエルの入植活動を激しく糾弾している。この二つの件について、今回、これらの日本的発想が米国とイスラエルによって意図的に潰された疑いが強い。それによって、日本が弾圧されることはないが、日本的発想は自動的に廃棄処分になる。
 
及び、カダフィ大佐は国連を侮辱したことがあるので、国連人脈の関与を疑うことは可能である。パキスタンのムシャラク前大統領の件を見ると、国連人脈が何かを意図している。いずれも英国の戦略と関わり、リビアやエジプトの場合、アフガンと同様、英国の意図を通す目的があるのだろう。

この英国の意図が、大英帝国の復活を秘めて世界連邦へ至る可能性もある。ただし、英国の国防省と言えば、屈指の核戦略派である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b7掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b7掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧