★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ60 > 182.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「アマがえる」ブログ イルミー 「伸びるか反るかのかけ」 110930-13
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/182.html
投稿者 きりきりまい 日時 2011 年 9 月 30 日 05:06:45: 4xLWbB1hD4uQM
 

伸るか反るかの賭け

http://amagaeru.blogzine.jp/blog/cat7424399/

アメリカの研究所で2階にいたサーカス教授は優しく穏やかそうな人だ。彼が主催したパーティに呼ばれて僕達家族も参加したが、教授は高級住宅地にある大邸宅に住んでおり家の裏手に広大な果樹園まで所有していた。教授はある植物を遺伝子改変した張本人で、アメリカのスーパーではもはや彼の遺伝子改変した激マズの野菜しか店頭に並んでおらずそれを買うしかなかった。ある日研究所裏手の駐車場で彼と二人きりになったとき、僕はパーティにも参加した位なので教授が少しは好意的なのかとおもいきやさにあらず、突然僕に顔を近付けてきて「昔君たち日本人は働き過ぎと言われたが、今はアメリカ人が忙しくて手も足らない位なんだ」と憎しみのこもった声で吐き捨てるように言った。多分イル・ミー系列のCIA組織員などが対日盗聴の結果を解析して、日本社会のあらゆる組織を裏から構成員たちによって簒奪する革命を大忙しで準備していることを言ったのだろう。真っ白いパンがある日突然カビで緑に変色するように、イル・ミーは胞子である構成員を梃子にして日本に内部からの革命を仕掛けようとしている。さて既に彼等の力は圧倒的に見えるのに何故そこまで必死になって急いでいるのだろうか。前に述べたように悪魔主義者たちは地球人口と資源のバランスが取れてきたことにより、有史以来初めて失業しようとしている。そこでそうなる前に、自分達の寄生の鉤爪が永遠に人間社会から外れないように、全ての人の自由とプライバシーを奪いかつ子供を親の手から取り上げ幼児期から国家に帰属させて洗脳出来るような社会の構築を急いでいる。彼等は今まで偽善という武器で人類社会にただ「寄生」をしてきたに過ぎないのに、今回は寄生虫が逆に宿主を「統治」するあべこべな構造の構築を目指している。これは過去を敷衍したものでは決してなく、有史以来の初めての大きな賭けなんだ。それこそ連中にとってのるかそるか、生きるか死ぬかの賭けなんだ。<0323>
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月22日 01:33:58 : zsDADxPVHY
アマがえるブログを書いている日吉圭です。
私は阿修羅に私のブログからの無断引用を削除するように再三申し入れていますが、阿修羅は無視し続けています。
タイトルを書き間違えていることといい、腹立たしくそして残念です。
まともな知性のある人は、このような剽窃サイトを2度と見ないようにしましょう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ60掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ60掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧