★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ60 > 364.html  
2012年1月第1週に「暗黒の3日間」が来るかもしれない!?
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/364.html
投稿者 一寸法師 日時 2011 年 11 月 17 日 17:18:47: Bmg5BB3HM5iqQ

転載元 http://ski.vitaljapan.net/?eid=1283214



長らく更新していなかったミノリスを
久しぶりで覗いたら、
「暗黒の3日間が、来年、年明け早々に起きる!」
・・というような興味深いことが書かれておりましたので、
コピペで紹介します。

信じる、信じないは、「別」として、
現実的な面と、心の面で、
出来る備え、準備をしておくことに越したことはありません!!


それにしても
3日間は、世界中で電池等も含め、
一切の電気系統が一切使えなくなるそうです!

当然、飛行機や自動車、コンピュータなんかも
使えなくなのでございましょう。。。

大きな混乱やパニックが予測されるため
出来るだけ家に閉じこもっていた方が、良さそうですヨ!


冬ですので

●長時間ロウソク または ランタン
●マッチか百円ライター/チャッカマン (電池式は使えない)
●カセットコンロ + 交換用ガスボンベ
 (おそらくプロパン式なら大丈夫とは思うが、念のため・・)
●灯油式等の暖房器具・ストーブ + 灯油予備
●防寒具・防寒衣・毛布とか 
 (家に灯油式ストーブ等があれば大丈夫とは思うが、念のため・・)
●食糧(おせち料理??)
●念のため飲料水「10L以上ポリタンク容器」をいくつか

 ・・・などの準備をお忘れなく!!

・・あっ、
 これって、万一の震災なんかへの備えとしても必要ですから。。
 ぜひぜひ、これを機会に揃えておいてください。。。。


以下、転載開始 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ミノリス 緊急情報
マヤの暦の終わりの日は2011年12月28日です。皆に知らせる必要があります
古代マヤ人2011.10.6

http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010/
e/f34a624d2e0d97749448b4f8b93b489a



マヤ暦とは、シリウスからもたらされたものであり、
この3600年の間、有効だった地球と銀河の暦であった。

それは、約3600年ごとに、
二ビルが太陽系を巡っていることに関係している。

3600年ごと、二ビルが太陽系を通過する度に、
太陽系の惑星群は、軌道の変化、地軸の移動といった大変動を経験し、
太陽系の全惑星が、混乱から秩序を回復して、安定軌道を運行するまで、
新しい暦は不明となる。

3600年ごとに、地球の一日、一年が変わる。

地球は、二ビルの強い引力を既に受けており、
来年から、正しい暦が(変動の為に)不明となる。
(来年から地球の一年は365日ではない。)

そのために、正確なマヤ暦は、
今年2011年の年末で終わっている。

そし同時に、宇宙の非常に不思議な秩序によって、
この期間に、地球は、
銀河の中心より放射されているフォトンベルトに入る。

マヤの暦(シリウス・銀河暦)は、
この二つの大きなサイクルの終焉を、クロスさせて、
終わりの日として設定された。

通称云われているところの、2012年12月21日は、
正確な「マヤ暦の終わりの日」から、ほぼ一年ずれている。

また、カール・コールマン博士は、その日を
2011年10月28日としている
が、
これは、非常に近かった。
しかし、正確には、2ヶ月ずれている。

正確な「マヤ暦の終わりの日」は、
2011年12月28日
 であった。
(古代マヤ人に直接確認した。)


そして、この約一週間後に、「暗黒の3日間」がある。

この3日間は、じっと家に居るしかない。
外出したり、友人知人を助けることは実質無理だろう。

家で、静かにろうそくを灯して、
なごやかに、できれば、
頭が錯乱したり、混乱したりしている多くの方々のために
静かに祈ってほしい。
(外は激しい騒乱状態になる)

飛行機もなるべく避けていただきたい。
(運行中の飛行機も、フォトンベルトに入った瞬間から
 電気系統が止まり墜落する。)

3日間後に、太陽が見え、明るく、
何事もなかったような地球の毎日が始まる。



自分が、未来を見た時、そこに見えたのは、
1 4 1 7 という数だった。

2012年1月4日から 2012年1月7日までの
3日間、私は、「暗黒の3日間」が来ると予言する


2012年1月上旬、すべての方々に、
「暗黒の3日間」のための準備をするよう要請する。


*************************************
古代マヤ人 メッセージ 2011.10.6
*************************************

(ミノリス:あなた様はどちらの方ですか?)

古代マヤ人です。


(それではお伺いいたします。
 あなた様はマヤ暦についてどんな知識をお持ちですか?)

私は、シリウスから直接コンタクトを受け、
その暦を使うことになった者です。


(マヤ暦の特徴を教えてください。)

星々のエネルギーを感じ
それらを暦として扱っています。


(マヤの暦の終わりの日は、不明となっており、
 それは、現在、2012年12月21日であるとか、
 2011年10月28日であるとも言われています。
 本当のマヤの暦の終わりの日は、いつですか?)

2011年12月28日です。

それから1週間後くらいに暗黒の3日間があります。

その間はお祝いの日にちです。


(お祝いとはどんな祝いを意味しますか?)

新しい世界に移行するための準備期間であり、
新しい世界に入るというお祝いの一週間です。


(それでは、2011年12月28日から、
 「暗黒の3日間」までの期間は、
 地球が新時代に突入することをお祝いすると良いわけですね?)

そうです。


(「マヤ暦の終わりの日」の後は、
 今と違って、どんな価値観へと変化していくのでしょうか?)

その終わりは終わりではなく、
今まである惑星のエネルギーを受けていたというのが
そこで違う惑星にチェンジするということです。

全く違ったエネルギーの惑星のものに変わります。

それは、今、現在の
人間のエゴ、戦い、対立するようなエネルギーから

それが新しいエネルギーに変わることになります。

「調和のエネルギー」に変化していきます。

しかし、その「暗黒の3日間」までの期間が、
(多くの人々には)新しい世界が来るということがわかっていないので、
「お祝いの期間」というのは、
分かっている人のみのお祝いの期間になります。

その暗黒の3日間を過ぎると、本当に違う世界、
新しいエネルギーの世界にシフトしていきます。


(ニビルの位置づけは、マヤ暦ではどうなっていますか?)

今の段階ではニビルのことはわかりません。


(「暗黒の3日間」は、すべての電気が使えなくなるといわれています。
 それは本当ですか?)

すべて使えなくなります。

混乱が予想されます。

この3日間によって、たくさんのことが起きていきます。

人々はその3日間を知らない為に、
ほとんどの人がパニック状態に陥ります。

亡くなる人も多いと思います。

まず病気の人は助からない人が多いでしょう。

病気の度合いにもよりますが、
入院している人たちは、生命を維持することが難しいと思います。

そして、気がふれていまう人や、
略奪する人たち、多くの人が平常心を失います。

この3日間のことは、皆に知らせる必要があります。

聞くか聞かないかは、その人たちの判断です。

情報として発信することは必要です。

この情報を見ることによって、
心の準備ができている人たちがいるからです。

しかしそれは、怖いことではなく、
ただ星の運行上の問題なだけです。

その3日間は、何もできないので
自分たちのその時の状況を、
しっかりと見つめることになります。

それにより、大きな差が生まれてきます。

意識が向上する者、
そして、平常心を失い、意識が下降する者も出て来て、
二極化になります。

そして新しい世界に入っていきます。


(当時のマヤ文明についてお伺いいたします。
 伝承では、古代マヤ文明では、
 ある日突然に人々が全員いなくなったとか、
 パレンケの石版のように宇宙船で旅立ったとか、
 アセンションしてどこかの次元に行ったとか、
 様々に推測されています。
 実際には、どうなったのですか?)

古代マヤ文明では、
ここでも(今の地球と同じく)二極化が起こっていました。

亡くなった人も大勢います。

他の惑星に行った者たちも多くいます。

もともとシリウスから来た者たちが多いので、
シリウスに帰った者たちもいます。

以上、転載終了 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月17日 17:39:56: AcXjVpcBFk
投稿人

●例え、灯油式やガス式の暖房器具があっても、着火や送風ファンに電気を使うものは使えない!

●「暗黒の3日間」に突入すると、
地球の熱源である太陽の光が遮断されるため、地上は猛烈な寒さに襲われるらしい!
なので防寒対策は十分念入りに!


なにが起こるか判らないのが、これからの時代です。。
・・怖くもあり、楽しみでもあり。。。

宇宙の自然のサイクルによって起こる天変地異であるならば、
例え何が起ころうと、今さらジタバタしても仕方がないですよネ!

出来る準備はした上で、あとは、運命を天に委ねて、
人として、というか自分なりに最善をつくして生きることしか出来ないっッショや!
それでダメなら、仕方ないシ。。。


02. 2011年11月17日 18:54:44: FL3HBMFVVs
質問!
三日間の間 

@全ての電源を失った 世界中の原子力発電所はいったいどうなるのでしょうか?

A宇宙ステーション他、人口衛星群はどうなるのでしょうか?

B4日目には全て回復するのでしょうか?

ウオッチャー


03. 2011年11月17日 19:04:49: FL3HBMFVVs
追記
空耳らしく 非常におもしろおかしく書いてはいるが、防寒対策とか食料調達とかそんな次元ではないでしょう。

04. 2011年11月17日 19:33:26: AcXjVpcBFk
今、自分に出来る限りのこと、備えをするだけです。
だって、それ以上のことは出来ないし。。

原発は、たしかにメルトダウンの可能性があります。

防寒対策については、大気層があれば、3日間くらいは大丈夫では?
高圧の電磁気的なフィールドに突入すると考えられるので、少なくとも、その3日間で、極地化することはないのかも知れない・・。。
正直、よく判りません。。

暗黒の3日間の後、夏頃には二ビル星の接近による地軸の大幅な移動→地震・火山爆発が起こると言われています。

避けることが出来ないこと、自分の力でどうしようもなこと、が来ることを恐れたところで、仕方がありません。

必要なのは、「いま、自分に出来ることを準備する」こと
 と
そして、例えどんなことが起ころうと恐れたり、あわてたりしないという
「覚悟」です。


05. 2011年11月17日 20:17:44: FL3HBMFVVs
何となく解りました。
生きるという姿勢は大事かと思いますが・・・今そのタイムラインを外そうとしている方たちもいます。

2011年11月16日20時ごろ、つまり昨日の夜、私の家の真上に白い光が6つ赤い光が3つ程来ました、よい機会なので甥っ子二人を呼んで眺めましたが1時間位滞空して消えました、その時は何も呼びかけがないので気にはなりますがいずれ 連絡が来るかと思います。その時に尋ねてみますね。

もしそうなったら原発は確実にメルトダウンしますよ、その時はだれもが一様に
「逃げてもしょうがない、けど逃げなきゃしょうがない」となりますね。

ウオッチャー


07. 2011年11月18日 00:35:48: FL3HBMFVVs
>>06
違いますよ。
全ての電源が3日間を途切れたら メルトダウンすると言いました。

冷温停止とは発電を停止しているだけで 原子炉は動いています。
原発は核融合で熱を出し水を沸かしてタービンを回して発電しますから、発電をしなくても炉は熱を出し続けるので沸騰しないように冷温状態(100度以下)にする事が 冷温停止です。冷温状態を保つために絶えず冷水を循環させている電力が喪失すると三日と持たずに メルトダウンするという話です。

ウオッチャー


11. 2011年11月18日 09:34:55: FL3HBMFVVs
>>10
お早うございます。

疑う事に比べれば 信じる事は良い事です。が信じる時に 思いやり、真心、愛を感じるかどうかを指針にすれば良いかと思います。

ウオッチャー


12. 2011年11月23日 10:43:23: BfmE4nEGqI
三日間の暗闇というものは有りません。フォトンベルトというものが有れば、それに突入するときに三日ほどの暗闇がありますが、フォトンベルトに突入するということがないので、三日間の暗闇はありません。

13. 2011年11月24日 00:56:44: j8DlsR41DQ
ポールシフトする時に3日ほど地球の自転が止まるのではないですか。その後、反対に回り始める。シフトがくるということではないでしょうか。全ての地球の電源をショートさすのはemp兵器ですよ。2012年に使うことが予定はされてますが。コンピューターの現金残を消すためですが原子炉も冷却ポンプが故障します。福島は数時間でメルトダウンしました。フッ素棒を挿入して核分裂反応を抑えるのが運転停止というものです。循環水はいります。燃料棒を抜かないとだめです。

来年のシフトで太陽電磁波が直接降れば原子炉は壊れます。だから日本は沢山の原子炉があるから住めなくなります。火山も全部噴火しますから。寒冷化と太陽光減で食料生産はストップ。自給自足が10年ですよ。海水水位も200メ0ター上がります。東南アジア中国は水没。
米軍が沖縄から豪州に移転ですよ。にほんはすめなくなる。


14. 2011年11月24日 14:04:26: FL3HBMFVVs
>>13
地球は時速にして2000Km以上で回転しております。3日で止まって逆回転?
火山が原子炉がという前に 全滅ですね。重力の均衡が崩れると空に在る物がみんな落ちてきます、全滅ですね。仮にシフトしても慣性で回り続ければいいのですが、そうすると逆回転は無しですね、月が回り始めたりして・・・

ウオッチャー


15. 2011年11月28日 16:04:52: AcXjVpcBFk
私たちは、本当は、地球のことも宇宙のことも、殆ど何も知ってはいないのだ。
暗黒の3日が来るというなら来るのだろう。
何度もいうが、それは電磁気的な性質をもつ高圧のフィールドへの突入が原因と考えられるが、物質そのものの変性をもたらす何らかの未知のエネルギーフィールドと考えるべきであろう。
いずれにしても、よく理解すらしていない現代科学のあやふやな知識で、あれこれ考えて、「来るだろう」とか、「来ないハズだ」などと憶測したところで、まったくの無意味である。
「来るかもしれない」→だから「できる限りの準備」をしなさいネ、ということです。
来るか来ないか、そんな事は、その時になれば判るのだから。



16. 2011年12月01日 14:47:08: AcXjVpcBFk
投稿人

あ、燃料の備蓄もしておいた方がイイですよ。。
灯油備蓄とか、炭とか、・・・。。。

それに、冬季野外での生活も念頭して、
防寒着、耐寒用シュラフ、テントなども用意しておいた方が安心ですね。

まぁ、出来れば食糧も燃料も水(??)も、
一年分くらいは備蓄しておいた方が安心だけど、先立つものがナイとねぇぇぇ。。

備蓄は、あくまでも万一に対しての予備ですから、
使う状況が訪れないに越したことはナイのです。

例え、その時、必要にならなかったとしても
食糧も燃料も水も、捨てる必要はない=使えますから。。


17. 2011年12月05日 18:02:52: pij3Qaaijw
暗黒の3日間が起こることでようやく世界が大きな変化(光)を迎えようとしているが、瞑想や祈りによってその未来線を避けようとしている者達がいる。
しかしこれは意味を成さないない。

と言うのもパラレルアースが活性化している状態な為、それぞれ行く未来が違ってくるのは確実。(自身の内的姿勢や行動等)

よって最悪でも避ける祈りをしている者達だけがその未来線を辿るに収まる。

過去や現在や未来、物質的なものと精神的な物がより交差する世界に行く事を拒むのであればこの世界に残る。

しかも新しい世界(地球)は周波数や波動が高くなっていてネガティブな思考やエネルギーは存在できなくなってるからその殆は元の地球に移される。
よって病気、戦争、テロ、災害などと言うこれらのネガティブなエネルギー全てが
強さを増して行くだけ。

しかもその未来線に乗った場合はおそらくユダヤ・イルミナティー等の闇の勢力による第三次世界大戦が勃発し世界中で核が使われ多くの命が奪われる。
勿論、人間だけでなく動物や自然、意識ある存在が滅ぼされる。

これが世間で騒いでいる一種の人類滅亡と捉える人もいるだろう。(壊滅的と言うだけで全員がいなくなるということではない可能性もある)

私が伝えたいことは

裏社会が牛耳るメディアやマスコミの情報操作に流されず、真実を見抜くこと。
闇の勢力が911や311などの衝撃的な惨劇を人工的に起こした事を知ること。
我々人間を孤独だと思い込ませ、人生の本当の意味(魂の成長)から目を背けさせる為に周波の低いTV番組や映画、音楽、ゲーム、エンターテイメント、食べ物を与えられそれに依存し霊的な進化が妨げられていると言うことも理解する必要がある。

欲に塗れて金に価値を付けさせられていること。

学校の教科書やTVで子供のうちに深く洗脳させて来た事に気づくこと。
とくに学校の教科書などは中世の頃に何度も書き換えられていて、中には戦争に勝った側が都合よく書き換えることも。しかしその内容を身につけた者は良き人材として社会に歓迎され通用するが、本当の歴史や真実を基礎とし身に付けた者ほど受け入れられない。
こういう社会構造も裏の人間達が仕組んだ。

他にも何故ニートや引きこもりと言った人たちがこの地球に生まれてきたのかを大半の人間は知ることもないだろう。


しかし今後はこのような事が必要なくなる。

少し遠い先の未来では人間がストレスや怒りや憎しみ、欲やエゴから開放され一切自由になり今のような政治や経済がなくなるor形を変える。
このことで通貨経済などが無くなる。

常に自然界や愛と光とエネルギーで存在することになる。
これによって全てが調和されていく。(おそらく5次元)
ちなみに5次元では思考と言うエネルギーが殆どの物を作り出すので、何か一つ考えるだけでも責任が伴う。次元上昇できる者が少数だけという理由の一つがこれである。仮に上昇できたとしても低い周波の影響ですぐに戻されてしまう。

今後は地球外生命体、そしてより高次元への理解を深めると共に自身の霊的成長を行うこと重要になってくる。そして愛を感じることだ。


今ここで話したのは一部のことであり全てではない。

また一人ひとりに自由意志が存在する。
もしこれらを受け入れる事ができず新しい世界に行く選択を拒んでもそれは各個人が決めることであり指示されることではない。
何を選択したからといって良い悪いが決定されることはない。
むしろそれぞれの選択(責任)を尊重すべきでもある。

一つの選択肢として説明をしただけであって何を選ぶかはあなた方自身で決めてもらいたい。


未来は今自分自身が創り出している。

世界に良い未来が訪れますよう心から祈ります。


長文失礼致しました。


18. 2011年12月07日 01:14:17: mFOluaWcRN
  暗黒の3日間は、世間が大騒ぎすれば来ない。 
 世間が無視、認知されなければ、来る。   確率は高い。
 いずれにしても、日本が酷い目に遇う事は無い。
 心とモノの準備は、しておく事。 治安の悪化には注意。
    日本人の力は強い、神が動く。

19. 2011年12月09日 18:10:25: 8Jsl3irv1A
この情報を知った時点でできることは3日分の食料と燃料の調達くらですね。
個人個人できることをすればいい。暗黒の3日間が起こる確率を五分五分と見る
ならば、家族にだけ伝えて黙々と準備することです。物質的経済的および信用損失
のリスクは回避できます。
原発がメルトダウンする可能性もありますが、それは我々が事前に手を打てる範疇
ではありません。あくまで自分でできる準備にのみ集中する事が肝要かと。

20. 2011年12月11日 19:00:29: FYwJ1m2DsW
電気が全然駄目ということは電子が動かない状況かあるいは、凄い電磁波で危機が故障断線するかでしょ?前者ならば化学反応自体が電子のやりとりですからそれが駄目ということは普通にあり得ないと思います。この場合は肉体も全く機能しませんから霊としての感覚のみとなるのでないですか?

そうではなく、
太陽光を遮る濃厚で巨大なガス体が地球(あるいは太陽系)を包む可能性があるとすると、人工照明や燃焼物以外の光は失せて、ガス体(超巨大な静電気の海)による電磁波により人工照明も機器も駄目になる・・・ということなのかも知れません。この場合は当然、発電所も駄目になると思います。
水力もゲート操作などはすべて外部からの電力に頼っていますし、火力・原発も同様かと。外に剥き出しの機器類(制御の生命線)は電磁波で簡単に駄目になりますから。
つまり、この場合は終わりを意味します。


21. 2011年12月14日 20:36:43: WekASsJ2Oo
 もうこれ以上、絶対にアセンション実施を遅らせないでほしいです。

 もうこれ以上、今のような、誰かが笑うために誰かが泣かなければならず、誰かが生きるために誰かが死ななければならず、誰かが満たされるために誰かが飢えなければならない弱肉強食の世界は、もう1日でも早く終わらせてほしいです。

 私達もそのために、現在まで清く正しく美しく生活してきましたし、自らの罪を悔い改めてきました。(強制的な運命に近いですが・・・・)

 ですから、今度こそ絶対の絶対に、今年末〜来年年始までに約束通りアセンションを実施してくれることを心の底からお願い致します。


22. 2012年1月04日 02:11:52 : fvBUORhVNM
1月4日ですが何か?

23. フォトンベルトはよーわからん 2012年1月04日 13:32:29 : BJ9e9/Acldz52 : MDTnPZrIi6
まだ暗黒の3日間はきていないようですが?

24. 2012年1月05日 21:21:02 : EDOXFFgNRo
暗黒の三日間がくると言い切った頭におかしい嘘つき野郎!
おまえどの面さげてまだ生きてんのか!
恥ずかしくないのか!

25. 2012年1月05日 21:49:21 : 2Lo4wwqNmU
嘘つき野郎

26. 2012年1月05日 21:49:32 : EDOXFFgNRo
都合が悪くなると消すんですね呆れた

27. 2012年1月05日 21:58:04 : 2Lo4wwqNmU
マヤとしゃべれるわけねーだろ。おっさん頭いかれてるな

28. 2012年1月06日 14:51:13 : FDFMgxM7OY
やっちまったな!!!!

29. 2012年1月21日 17:52:53 : AcXjVpcBFk
暗黒の3日間が、予言した時に来ませんでしたね。
 ・・・
それが何か?????


30. 2012年1月21日 17:56:43 : AcXjVpcBFk
楽しみにしていたのにナ。。
来なかったのは残念!

今、来なくても、
そのうち来るかもネ!!


31. 2012年2月19日 07:22:00 : SZCLaQ97c6
こいつ息してんの?

32. 2012年5月25日 13:09:08 : hAbpEoERYQ
Arcangel Michael によると、暗闇の3日間は、4次元を通り抜ける際に経験するもので、個人の意識レベルの高さによって、長くも短くもなる、と、説明されています。

この辺りの状況は、本当に、まだ確定していないのではないでしょうか。私たちの集合意識が、現実を、作り出していっている最中ですから。

アセンション前までに、個人として、また、集合としての意識レベルがどこまで高まるか。それは、Disclosure や、First Contact がどの時期に起こるかによっても、変わってくるのだと思います。光のファミリーに、どこまで手伝ってもらえるかで、準備の程度がきっと違ってきます。

それでも、おそらく、12月21日まで地球に住み続けた人は、振動数を高めているはずですから、案外、みんな、すんなりと暗闇を通過できるのではないでしょうか。

ただ、どの次元に行くか、というようなことも、ソースによっては別の説明がされているので、混乱しますね。これはこれで、一つの情報として、受け止めておきましょう。

いずれにしても、自分がやるべきことをやっておけば、何も心配しなくても、成るように成る、わけですから。


3 Days of Darkness; Your Portal Through the 4th Dimension ~ A Message from Archangel Michael/Ashtar Sheran

Posted by Ariel on January 22, 2012 at 8:47am

(4次元にいるETの科学者たちは)”時間”と3次元の地球の振動数を速める、という計画を実行に移した。音の振動数までも操作して、地球の”次元上昇”のプロセスを加速させようとした。そして、地球のメルカバ、地球とその住民の4次元へのアセンションを可能にする、聖なる光の媒体を指すが、その回転を、時期尚早にも関わらず、速めたのである。しかし、この作業には、彼らの予想よりもはるかに長い時間がかかった。そこで、彼らは、究極の手段に訴えた。プロセスを即効で進ませるべく、さらに、地球の周囲の空間と”時間”あるいは”次元”を、折り曲げたのである。その結果は、悲惨なまでの失敗だった。

想像するのは難しいかもしれないが、地球が次元上昇する代わりに、4次元のほぼ全体が次元下降してしまったのである。結果として、4次元に入っても、そこにはもはや殆ど何もない、と感じる状態になってしまった。事実上、4次元の一部が、”無意識”へ、4次元に入った者から見た”無意識”ではあるが、そこへ送られてしまったと、言っていい。すると、特に、恐怖を感じながら、そこに入る者は、そこから出られるという認識を持てなくなってしまうのだ。実際には、Source が具現化した者として知識を無限に持ち、完全なる無条件の愛を抱いて、そこに入るならば、直感的に、そこにとどまる必要はないことがわかる。それゆえ、その”暗闇”を、きわめて簡単かつ瞬時に横切って、高次元へ首尾よく導いてもらうことができる。だが、やっかいなのは、恐怖と愛の中間にいる者、まだ確信を持っていない者たちの心の中なのだ。彼らは、この”無意識”状態にいる時間を、どのように認識するだろうか?

その話は、アセンションに関連して3次元の地球で日々、起こっている出来事と、どういう関係があるのですか?

まず、あなた方は、アセンションに関して、なぜ5次元については話されるが、4次元については言及がないのか、不思議に思っているだろう。その理由は、本質的に、4次元はもはや存在しないからだ。そこにはあるが、そこにはない(意味を成すか)。事実上、横切らねばならない”空間”が存在するという視点からは、存在するが、移動している状態を、全く何も認識できないという事実から言えば、存在しない。光も、空気もない。動きがない。何も無い。認識できるのは唯一、自分自身のスピリチュアルな本質、言い換えれば、自分の魂だけだ。だが、それは、存在しないことを意味しない。何故なら、まさに何も無いという性質によって、明確にそれは存在していると言えるからだ。さもなくば、それに関する認識そのものが全く無くなってしまう。

心配する必要は無い。”無意識”の点に入るにあたっては、適切な準備をすれば、「他にどうしようもない、出口がない」という認識から、そもそも、その「入り口がない」という認識に変えることができる。言い換えれば、”無意識”の点を、完全に迂回することができるのだ。

最近、アセンションの時に経験されるであろうこととして、”暗闇の3日間”が話題になっている。それは比喩だと、我々の仲間は言っているし、ある者たちにとっても、暗闇は、まさに”象徴”でしかないだろう。地球の古代文明のElder たちに訊ねれば、彼らはこのように断言する。それは、その時点で準備が十分にできていない者、つまり、この先起こることに対して、自分の内部にまだ恐怖を抱えている者が経験することであり、大まかに言えば、”顔の前に差し出した手も見えないほどの”暗闇の3日間、そんなようなものだ、と。もう一度、心に留めておいて欲しいのは、それは、進行中の出来事に対する理解の欠如(あるいは、恐怖)から来る、一つの認識に過ぎない、ということだ。完全に恐怖に囚われたまま、中へ入る者は、途中で逆戻りすることさえ、選ぶかもしれない。が、それも可能だ。その者たちは、3次元の地球で、残りの自然な生活を送り、高次元へ進む準備ができる時まで、地球か他の場所で死と転生を繰り返していく。(覚えているだろう。我々は、完全に新しいタイムラインに乗り換えている。それは、”失敗した実験”の結果とは異なり、3次元の地球においても、以前定められていたような破滅への道をたどることはない。どの魂も、自ら準備ができる時まで、地球を離れるのを強制されることはない。)中には間違いなく、自分は3日間よりも長く、空白状態に立ち往生してしまうのではないかと怖れながら、入っていく者もいるだろう。だが、彼らも、結果的には上手く道を見つけ出し、高次元へ戻れるだろう。また、”暗闇”をほんの数時間しか認識しない者、眠ったままの状態で認識する者もいるだろう。さらに、心に恐怖よりも多くの愛を抱いて入る者は、暗闇を、ほんの一瞬しか経験せず、ほとんど認識しないまま、出ていくだろう。さらに、心が神への歓喜の愛で満たされている者は、3次元から5次元へ渡ってゆく間、暗闇を、認識すらしないだろう。自分自身の無限と全能性を完全に理解し、”存在しない”ものは”存在しない”ことを、全く疑わないからである。

我々、高次元の存在、特に、光の銀河連合やAshtar Command に属する者たちは、広大な銀河ファミリーのすべてのメンバーと同様、あなた方を、この恐怖の状態から、愛の状態へ移行させるように、命令を受けている。それが、我々が、ここにいる主な理由だ。そして、我々は、あなた方の想像をはるかに超える昔からここにいるが、”時間”と次元旅行の熟練者として、この”時”がやって来ることを知っていた。あなた方が4次元のポータルを通り、5次元へ入る旅を、できる限り穏やかなものにするためには、現在の恐怖に根ざした社会から、愛と喜びを基盤にした社会へと、あなた方の意識レベルを上げなければならない。そのためには、我々の助力が必要なことを知っていたのだ。

地球市民の非常に多くが、我々の存在について深く考え、調べ、そして批判もしている。多くの場合、彼らは、チャネル・メッセージを部分的にしか理解していない。この特別なメッセージを届けるにあたり、我々は、もっと完全に理解してもらいたいと、心から願っている。なぜ、我々が、コンタクトを正式に確立したいのか。それは、この変容をできるだけ加速するために、あなた方の暮らしを楽にし、お互いに愛と思いやりを示すようになってもらいたいからなのだ。

現在、地球を囲んでいるすべてのStar Nations を代表し、光の銀河連合、そしてAshtar Command と共に。私は、Ashtar Sheran として転生したArcangel Michael である。すべての人類に奉仕するのは、私の誇りであり喜びである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント投稿場所。
よかったらこの記事の感想を聞かせて下さい。
コメント投稿するとすぐに表示されます。投稿メルマガで即時配信アリ

ペンネーム:
パスワード: ペンネームとパスワードは無くても投稿できます。ペンネーム+パスワードは記録されます。後日投稿するときのためパスワードは覚えておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。これはいつも・みんな同じです。

 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ60掲示板

ツイッター★阿修羅♪ 投稿コメントツイッター自動つぶやき中

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ60掲示板