★阿修羅♪ > カルト8 > 296.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オサマ・ビンラディンは911テロの直後に死亡した・yokodo(911は、有色人種が企画・準備・実行する事は不可能です)
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/296.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 6 月 22 日 09:01:37: 4sIKljvd9SgGs
 

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-298.html
オサマ・ビンラディンは911テロの直後に死亡した
 オサマ・ビンラディンは、潜伏先のパキスタンで5月2日(日本時間)、米軍により射殺されたと言われています。断定していないのは、米国がそのように発表しているだけで、何の証拠も示されていないからです。

 本ブログでは、この時に殺されたとされる「オサマ・ビンラディン」は別人で、本人ではないという見方を紹介しました。(http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-252.html) こんなことはネット上では当然の見方だ思いますが、その筋の工作員にとっては目障りな記事らしく、誹謗中傷する人がいます。理由を示さない罵詈雑言は妨害工作でしかありません。

 米国の軍事外交雑誌『Veterans Today』誌に、ビンラディンは911同時多発テロの直後に死亡したという証言が掲載されていますので、その内容を紹介したいと思います。(http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/546/

●米政府トップ内部告発者:ビン・ラディンは2001年に死亡・9・11は内部犯行
http://www.veteranstoday.com/2011/05/04/top-us-government-insider-bin-laden-died-in-2001-911-a-false-flag/
【5月4日 posted by Veterans Today】

 元国務次官補代理のスティーブ・R・ピーゼニクは、連邦大審問で、9月11日同時多発テロが偽旗攻撃であったと彼に直接語ったトップの将官名を証言する用意があると言っている。
 
 「ビン・ラディンは既に何ヶ月も前に死んでいる」と語り、また政府は彼の遺体を利用する政治的に一番都合の良い機会を待っていたと語った。ピーゼニクは、1980年代初期にアフガンでソ連相手に代理戦争をしていた時、ビン・ラディンと面会し、彼と共に仕事をしたことから、事態を良く知る立場にいたことになろう。

 米政府内のトップのインサイダーであるスティーブ・R・ピーゼニク博士は、異なる三人の大統領の下で影響力ある地位にあった人物で、現在でも国防総省と係わっている者だが、昨日のアレックス・ジョーンズ・ショーでオサマ・ビン・ラディンは2001年に死亡しており、米軍のトップの将官が9月11日同時多発テロは偽旗内部犯行であったということを彼に直接語ったということを連邦大審問で証言する用意ができている、と語った。

 ピーゼニクは、「陰謀論者」として無視することはできない。彼は国務次官補代理として、ニクソン、フォード、かーターという三人の大統領の下で働いてきた人物であり、レーガンとブッシュ(父)の時にも彼ら大統領の下で仕事をした人物なのだ。現在も国防総省顧問として働いている。海軍の大佐であったピーゼニクは誉高いハリー・C・ソロモン賞をハーバード・メディカル・スクールで受賞しているが、同時期、MITのPhDになっている。

 国務次官補代理としてロレンス・イーグルバーガーにより引き抜かれ、「心理戦、テロ対策、異文化間交渉のための戦略戦術の基礎的教義を国務省、軍、情報機関その他の部署のため」作成した。その間、後に世界で利用されることになった人質救出のための基本的戦略をも作成した。

 ピーゼニクはヘンリー・キッシンジャー、サイラス・バンス、ジョージ・シュルツ、ジェームズ・ベーカーの下で政策プランナーとして仕事をした。ジョージ・W・ブッシュの選挙キャンペーンの仕事もした。彼の履歴は、過去三十年間以上に渡って、情報サークル内の最も深い部分を知る一人であることを示している。

 トム・クランシーの小説に出てくるジャック・ライアン、また1992年の映画「パトリオット・ゲーム」でハリソン・フォードが演じた登場人物は、スティーブ・ピーゼニクが下地になっている。

 2002年の4月、ピーゼニクはアレックス・ジョーンズ・ショーで、ビン・ラディンは既に「何ヶ月も前に死亡している」と語った。また、米政府は彼の遺体を政治的に最も都合の良い時に利用することを考えている、と語った。ピーゼニクは、1980年代初期にアフガンでソ連相手の代理戦争をしている時、ビン・ラディンと面会しているので、事態を良く知る位置にいたことになる。

 ピーゼニクは、オサマ・ビン・ラディンは、2001年に死亡した、と語った。「何か特別の作戦で殺されたのではなく、医者として私は、CIAの医者が彼を治療したことを知っていたし、彼がマルファン症候群の患者であったことは、情報名簿に載っていたことだ」と語り、米政府はビン・ラディンが死亡したことをアフガンに侵略する以前に知っていたと語った。

 マルファン症候群とは、変性遺伝子疾患で、治療する方法はない。この病気は患者の寿命を短縮するものだ。

 「彼はマルファン症候群で死亡した。ブッシュ(子)はそれを知っていたし、情報仲間では知られていたことだ」とピーゼニクは語った。CIAの医者が2001年7月にドバイのアメリカ病院に彼を訪問していたことを指摘した。

 「彼はマルファン症候群のため重篤状態だった。彼は死につつあったと言える。これで誰も彼を殺す必要性は無かった」と語り、ビン・ラディンは9月11日同時多発テロ直後にトラボラ渓谷で死亡した。

 「情報仲間あるいはCIAの医者はこの状況を報告したのかと言えば、イエスだ、間違いなくイエスだ」とピーゼニクは述べた。パキスタンの敷地内で殺害されたという1日の主張に対しては、ホワイトハウスから公表されたビン・ラディンを殺害する襲撃作戦のライブ画面の写真の件で、「一群の人々が座ってあたかも緊張しながら画面を見ているこの全体のシナリオは、ナンセンスだ」と語った。

 「これは完全なでっち上げだ。狂ったアメリカ劇場にいて信じ込まされようとしている・・・なんでまたこんなことを繰り返すのか・・・9年前、既にこの男は死んでいるのだ。何故、米政府は繰り返しアメリカ人を騙そうとするのか」とピーゼニクは問いかけた。

 「オサマ・ビン・ラディンは完全に死んでいるのだから、ビン・ラディンを攻撃したり対決したり殺すことなど出来なかったはずだ」と語り、冗談に、ただ一つの可能性は、特殊部隊が遺体安置所を攻撃したということはあったかも、と語った。

 ピーゼニクは、イカサマ攻撃を行うという決定は、オバマが支持率で最低になっていたからでまた、出生記録問題に直面していたからだ、と語った。


 「彼はアメリカ人以上にアメリカ人であることを示す必要性に迫られていた・・・彼は好戦的で無ければならなかった」と語り、また何百人ものパキスタン人を殺害した無人機プレデターに対するパキスタンで高まる緊張と反対世論を前に、そのパキスタンを孤立化させる方法として茶番劇が仕組まれた、と述べた。

 「これは仕組まれたものだ。つまり、皆で座ってシットコム(コメディ)を見ている時、ホワイトハウスのオペレーション・センターだが、ゾンビのような大統領が出てきて、9年前に死んでいるオサマ・ビン・ラディンを我々は殺(や)った、と我々に告げるわけだ」とピーゼニクは語り、これを「今まで聞いた中で、最大の嘘だ、つまり馬鹿馬鹿しいということ」と語った。

 ビン・ラディンを殺害した、という政府のアメリカ人に対する説明を「お寒い冗談」として否定し、ピーゼニクは、「彼らは、オバマは出来る男であると見せること、彼がアメリカで出生していないかもしれないという疑惑、彼の生い立ちに関するあらゆる疑問、かれの経歴のあらゆる不審な点などを否定し、彼は信用できる人物であり、それでこの大統領を再選させようと躍起になっていたのだ。それで再度アメリカの一般人が騙されるのだ」

 ピーゼニクの断言する、ビン・ラディンがほぼ10年前に死亡していた、ということは、多くの世界の国家元首らの間や情報専門家らの間では言われてきたことである。

 ビン・ラディンは、「アメリカ人を9月11日同時多発テロで扇動したと同じ方法で戦争を行うために利用されたのだ。ブッシュ(子)とチェイニーが生み出したテロの世界という物語を正当化するためである」とピーゼニクは指摘した。

 昨日のアレックス・ジョーンズ・ショーでのインタビューの間、ピーゼニクは、有名な将軍から直接、9・11事件は起きるに任せたもの(スタンドダウン)であり、偽旗作戦であり、そのことを暴露した将軍の名前を連邦大審問で証言する用意がある、と語った。

 「彼らは攻撃を行った」と語り、関係者の中で、ディック・チェイニー、ポール・ウォルフォウィッツ、スティーブン・ハドレイ、エリオット・アブラムス、コンドリーザ・ライスらの名前を直接係わった者たちとしてピーゼニクは語った。

 「これはスタンドダウンを呼ばれていた。偽旗作戦、アメリカ人を動員するための虚偽の宣伝・・・ウォルフォウィッツのスタッフのその将軍が私に語ったのだ。私は連邦委員会の前に出て、個人名を証言するつもりだ。そうすることで、この問題を明らかにすることができる」とピーゼニクは語った。彼は、「ものすごく怒りに満ちている」と言い、「それが起きたことを知っていた」と述べた。

 「私は士官学校で、スタンドダウンと偽旗作戦を教えたことがある。それを自分の全ての作戦隊員に教えたのだから、アメリカ人に対して行われたことが何かを私は正確に分かったのだ」と彼は語った。

 ピーゼニクは、連邦裁判所で、9・11事件が内部犯行であるということを彼に告げた将軍の名前を暴露する意思があることを繰り返し述べ、「そうすることで、馬鹿馬鹿しい限りの9・11委員会でなく、我々がこの問題を明らかにすることができる」と語った。

 ピーゼニクは自分はリベラルではなくコンサベイティブないしはティーパーティーメンバーだと説明し、この国が何処に向かっているのか、ということについて深く憂慮しているアメリカ人だというだけだ、と語った。

 以上で判る通り、スティーブ・R・ピーゼニク博士は、米国の内部事情に精通するインサイダーです。その彼が、911は米国政府の内部犯行であり、ビンラディンはその直後に死亡していると述べているのです。しかも、連邦大審問で証言する容易があるというのですから、間違いないでしょう。

 オサマ・ビンラディンは、2001年に「マルファン症候群」という不治の病でアフガニスタン東部のトラボラ渓谷で亡くなっています。同時多発テロを引き起した「アルカイダ」というテロ組織の頭目として…。

 911については、今更説明の必要はないでしょう。5月2日の「オサマ・ビンラディンの死」も、ヤラセだったのです。(身代わりにされた人は何とも気の毒です。射殺行為があったという前提での話ですが…) 911もでっち上げだったのですから、その後始末を付けたということでしょう。この国は、どこまでも欺瞞で成り立っているのです。

 マスコミ報道を鵜呑みにしている人にとっては驚くべき情報ですが、「オサマ・ビンラディンの死」を演出しようとした理由の一つが、オバマ大統領の出生疑惑を揉み消すことにあったというのですから呆れた話です。周知の如く、米国大統領になるには米国で出生していなければなりませんが、オバマ氏はケニアで生まれたという確度の高い情報が存在しています。これが正しければ、インチキ大統領ということになります。

 前職のG・W・ブッシュも、不正選挙で大統領になりましたから、2代続けて詐術が行われている可能性があります。しかしこの点では、我国も引けを取りません。菅総理は、昨年行われた参議院選挙で不信任を突きつけられたにも拘わらず責任を取らず、9月の民主党代表選でも、小沢一郎氏の票を破り捨てるという不正を働いて続投しました。つまり、本来なら菅氏は、昨年7月に辞任していなければならなかったのです。1ヶ月少しの超短命政権になるはずでした。

 こういう前科があるのですから、今回の内閣不信任決議に於いても、菅総理が手のひらを返して居座り続けることは判りきっていたことです。(これを「ヤメヤメ詐欺」と言うそうです)「約束を守らないならペテン師だ」と言ってみても、信じた方がバカだったのです。

 世界権力は、当面の間、オバマと菅という不正に塗れた人物を使うつもりのようです。(脛に傷を持っているわけですから、使いやすいのです) こうした有様では世界情勢は好転するはずがありません。我国は米国の属国であるだけに情勢は一層悪化しています。国民が真実に目ざめ、生存を賭けた行動を起さない限り、現状を打破するのは難しいでしょう。
Tweet

関連記事
浜岡原発から放射能が漏れ出していた!?
オサマ・ビンラディンは911テロの直後に死亡した
監視社会の始まり―サイバー刑法(コンピューター監視法案)が成立
菅直人の正体
イスラエルが津波を引き起し、福島原発を爆発させた!?
浜岡原発停止で産業の空洞化が促進される
東北・関東地方は居住できなくなるのか
報道されない4号機の放射能漏れに注意!
元東電社員の内部告発が示す祖国日本の無惨な有様
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月22日 23:15:32: IOzibbQO0w
>有色人種が企画・準備・実行する事は不可能

黄色い日本人がロシアの白人様に勝てるはずがない
という昔の話を思い出す

勝って奢ると負けるという落ちもあるから

一時、有名になってメンバーも資金も増えたと思って油断していたら危ないな
ザワヒリら幹部も、よほど緊張感をもって頑張らないと、アルカイダも先細りだろう


02. 2011年6月24日 02:16:04: AU9WbNVKaI
有色人種(カラード)とは黒人のこと。
アラブ人が有色人種なわけないだろ。
ユダヤ人だって有色人種じゃないし、
アジア人だってアジア人なわけで有色人種とは違う。

03. 2011年6月24日 13:27:51: v64ECCuT2Q
白人からみれば他はみんな色つきなんじゃないの?白人にしかどっから白で、どっから有色になるのかわからないんじゃない。どーでもいいけど。
当時のブッシュ対ゴアの選挙では結果がなかなかでなくて皆待ちぼうけ状態だったんだよね。ある州でバロットにマークされるパンチ穴が不明瞭なものが多いとか何とかいろんな事がいわれていて、なかなか正確な獲得票の集計がでてこなくて大もめだった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧