★阿修羅♪ > カルト8 > 329.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大アメリカ帝国の店じまい 8月2日だとか・rakuten(宇宙人だ世界大戦だと騒ぎ、借金を踏み倒すのを阻止すべきです)
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/329.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 7 月 04 日 09:05:54: 4sIKljvd9SgGs
 

http://plaza.rakuten.co.jp/tanpakumeisi/diary/201106280005
2011年06月28日

大アメリカ帝国の店じまい 8月2日だとか。 無明道 [ 週刊?日本、民主主義国家への道。 ]
暗黒夜考 6月28日

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカがいよいよデフォルトの危機 〜”計画倒産”のXデイは8月2日?〜
2011年06月28日 | Weblog(転載開始)

◆エラリアン氏、米国債がデフォルトなら「重大」な法的問題も−CNN
 2011/06/27 09:41 JST ブルームバーグ

6月26日(ブルームバーグ):債券ファンド最大手、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エラリアン最高経営責任者(CEO)は、米国が国債償還で短期的にデフォルト(債務不履行)に陥れば、「重大」な法的問題が生じかねないとの認識を示した。

エラリアン氏はCNNの番組のインタビューで、米議会が法定債務上限14兆3000億ドル(約1150兆円)の引き上げに合意できず、単に「技術的な」理由から国債を償還できなければ、「われわれは予測不可能な領域に入ることになろう」と語った。
同番組は26日に放映の予定。

米議会は、8月2日が期限とされる債務上限引き上げに向けた道筋を模索している。

同氏は
「中期改革計画を踏まえ、結束してこの問題に取り組んでほしいというのが私のアドバイスだ」
とした上で、
「それができなければ問題を先送りすることになる。問題を直視しないと、法的契約という点で壊滅的な状況を招きかねない」
と語った。


◆【米経済】アメリカをデフォルトに追い込む共和党の狙い
  How Republicans Brinksmanship Threatens Wall Street
  政府の債務上限引き上げの条件に社会保障費の大幅削減を求める瀬戸際政策は、リーマン・ショック以上の危機を招きかねない
  2011年06月22日(水)16時24分 デービッド・ケース(ニューズウィーク日本版)

再起不能? アメリカが債務不履行に陥ればウォール街は二度と立ち直れないかも Brendan McDermid-Reuters

 
左派寄りのシンクタンク、経済政策研究センターの創設者でエコノミストのディーン・ベイカーの話には、耳を傾ける価値がある。
何しろ彼は、低所得者向け住宅ローン「サブプライム」のバブル崩壊を予測していた数少ない一人。
彼よりずっと高額の報酬を得ていたウォール街のプロたちが焦げ付き間近のサブプライムローンにカネをつぎ込み、巨額のボーナスをせしめていた頃、ベイカーはサブプライムローンが危機的な状態に陥ると力強く予言していた。

そのベイカーが今、アメリカにさらなる危機が迫っていると警告している。

オバマ政権は、連邦政府の債務上限を8月2日までに引き上げなければ、政府がデフォルト(債務不履行)状態に陥る恐れがあるとして、債務上限引き上げの容認を議会に求めている。
だが共和党は強硬に反対し、引き上げ幅と同程度の大規模な歳出削減を行わない限り、提案には応じないと主張。
ベイカーに言わせれば、共和党のこの「瀬戸際政策」は、アメリカ経済はもちろん、共和党の重要な支持基盤であるウォール街にも甚大な打撃をもたらす愚策だ。

○金融界で数百万人が解雇される

「債務上限の引き上げができなければ経済にとってマイナスなのは間違いない」と、ベイカーは書いている。
さらに、米政府のデフォルトは「08年9月のリーマン・ブラザーズの倒産以上に株式市場を揺さぶるだろう」として、先の経済危機以上に深刻な危機が訪れると予測。
金融市場は壊滅的な打撃を受け、人件費を払えなくなった企業は「何百万人もの従業員を解雇」せざるをえなくなると指摘している。

驚くべきことに、共和党はまさにそんな大混乱を望んでいるようだ。
彼らが思い描くのは、国家財政のデフォルトによって、メディケア(高齢者医療保険制度)やメディケイド(低所得者医療保険制度)といった社会保障コストの大幅削減をオバマ政権が受け入れざるをえなくなるというシナリオだ。

だがベイカーによれば、デフォルトが起きた場合の真の犠牲者はウォール街だ。
「国家がデフォルトに陥れば米国債の価値が下がり、ほぼすべての大手金融機関が破綻する」と、ベイカーは言う。
そして、その痛みは長きに渡って続く。

「経済が復活したとしても、アメリカの金融部門は二度と世界における現状の地位を取り戻すことはできない。米政府という強力な後ろ盾がなければ、ウォール街の連中はもう二度と金融の国際市場で中心的な存在にはなれないだろう」 

(GlobalPost.com特約)

(転載終了)

”末期患者”アメリカがいよいよご臨終を迎えるようである。
その「余命」はあと1ヶ月余り、どうやら「命日」は「8/2」で、米議会にて法定債務上限14兆3000億ドル(約1150兆円)の引き上げが否決されることがその引き金となりそうである。

以前のエントリーにて繰り返しコメントしてきたように、今やアメリカはFRBによるドル札輪転機の刷り散らかしによる”緊急輸血”にて、かろうじて息をしている状態である。

※参考1「”末期患者”アメリカの終焉が間近の模様」

※参考2「”末期患者”アメリカにみる末期症状の進行」

※参考3「”末期患者”アメリカが遂に破滅へのカウントダウン開始 〜連邦債務が3月末〜4月にも限界点突破〜」

ヘリコプター・ベンことバーナンキが、天文学的なドル札の刷り散らかしをおこない、更には”禁断の果実”とも言える、FRBによる米国債買いにまで手を出してしまったのであるから、アメリカがデフォルトと耳にしても今更感が強く、特に驚きはない。
むしろ「遂に来たか」というのが正直なところである。

しかしながら、あの”狡猾”でしたたかなアメリカが素直に棺桶に入ることなどあるのであろうか?
その答えは「否」であろう。

いくつかのシナリオが考えられるが、まず考えられるのが「法定債務上限引き上げ」の否決による「計画倒産⇒借金踏み倒し」であろう。
即ち、”自作自演”の猿芝居にて「死にました」と言って、日本や中国等、世界中から”カツ上げ”してきた米国債を紙屑化し、無に帰す腹づもりということである。
勿論、為替は超ドル安、貨幣価値下落による超インフレも起きよう。
そこに”十八番”の「ウォーエコノミー(戦争経済)」よろしく、中東かどこかでドンパチを始めれば、あとは上昇あるのみである。

その時、ババを引くのは無論、米国債の大量保有国であり、アメリカの傀儡として指をくわえてこれをみているしかない日本であることは言うまでもないことであろう。
今の日本では、このいつもの「ジャイアンとのび太の図式」から脱却することはまず無理であろう。期待するだけ無駄である。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
抜粋終わり


ご臨終です、アメリカが。

で日本の天皇・庶民を含めて「無理心中」を計画してます。

まあ皇室よりも「アメリカさま」が好きな右翼・ネット右翼は、アメリカさまの言いつけどおりに、忠臣を虐げて、菅・奸僚を支持して、社稷を滅ぼすのだろう。アメリカさまと心中する。情死ですね・・・。

再見!
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月07日 13:21:51: 4WmlKH3wHo
>何しろ彼は、低所得者向け住宅ローン「サブプライム」のバブル崩壊を
>予測していた数少ない一人。

んなもん、みんな気づいてる。
ど素人のオレらでさえ、2006年頃から「いつはじけるか」と警戒してた。

あと大国の経済ってのは、もちろん突然死の可能性ってのもあるけど、
基本的にはしぶとい。

もうダメだ、と言われだしてから脈が止まるまで、結構かかる。
日本がいい証拠。


02. 2011年7月07日 23:52:41: Ghmq2Mt7VQ
ナチスを支配する、「滅びの美学」「廃墟の美」。「破壊の美学」としての911や311。「恐怖の配給者」としてのテロリズム、これはネオコン経由で来たったものである。いわゆるボリシェズムとニヒリズムの精緻なる統合である。航空機を自由に操り、充分に恐怖を与えてから、そして「破壊の美学」、主翼をもぎ取り、落下の空気抵抗を利用して前部胴体機首をもぎ取り(気圧で吸い出す)、後部胴体尾翼の抵抗で分離する(重力で放出する)。

03. 2011年7月13日 07:49:12: ocn3g61NTs
>ご臨終です、アメリカが。
>で日本の天皇・庶民を含めて「無理心中」を計画してます


人格破壊が進み、日本人の北朝鮮マインド化が激しい。
日本・米国・韓国の人間性を比較すると、日本が一番モラルが低い。

見て見ぬフリをする人も多いのか、老人の孤独死が多いのは、モラル・ハザードが
酷いから発生している問題です。 ボランテァ精神の高い米国なら極めて少ないはず。

バブル崩壊後の後処理もしないで逃げる。
このサイトにも、いますが、人の忠告を聞かないで、妄想を撒き散らす人が多い。
無理心中させようとしているのは、日本の北朝鮮マインド人と米国のユダヤ派が連合。


04. 2011年7月29日 10:36:42: 3MOWwHlRTc
人が生きるのに何が必要か、良い機会。いまの暮らしは余計なものがありすぎ、経済が豊かに見えても、人間は豊かな心ではない。虚飾は取り外され、一人一人が何のため生きるのか、何が大切か、気づかされる。過去にしがみつき、目の前にあるものを受け入れたくないものは、苦しむ。陰謀であっても、そんなの関係ない。自分の人生を創るのは自分。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧