★阿修羅♪ > カルト8 > 689.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
被験者の脳内情報を遠隔から詐取する技術は完成されている
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/689.html
投稿者 チベットよわー 日時 2011 年 11 月 23 日 20:51:02: Xy93FIMaJupUQ
 

チベットよわー

過去投稿も、よく読み合わせていただければ幸いです−

思考透視は実際にある技術である。カルトの類でさえない。
2011年、11月現在、私の思考情報はインターネットを通して
情報網の中を流通しており、その中の何人かが常にネットで私を追いかけて
特定のサイトでの仄めかしを行っている。

精神障害。被害妄想。思い込み。

誰もがそう疑う。私でさえ、最初はなんらかの偶然や過剰な連想癖からくる
こちらの認識異常だとして忘れようとした。一昔前の話だ。

しかし、これがテクノロジーによって行われている犯罪の体系だと気付いてからは
もう迷いは無い。電磁波を使った遠隔からの脳神経モニターは現実化した技術である。

私が口にせず心で思ったことが、即日、同じサイトに匿名投稿としてあがっている。
それが10年続くのだ。関連妄想などでは絶対に片付けられないことである。
マインド・トリックなどでもない。明らかに外部から情報を詐取しているのだ。

アメリカの大手メディアでは電磁ディバイスを使用した実験を放送し「頭の中で考えた数字や文字や記号、
形などがかなりの的中率で電磁的にくみ取れる」という基本的な見解を出しただけで大反響を得てしまった。
無論、そんな実験は序の口であり、すでに被験者の思考内にある言葉やイメージ、記憶など思考活動の
殆ど全容が外部で再生されるところまで技術は進化している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月24日 01:00:21: j8DlsR41DQ
魂をいれかえるのを米軍はやってるよ。重要人物は不死になりつつある。

02. 2011年11月24日 14:55:55: DmjsSC9yCc

>>私が口にせず心で思ったことが、即日、同じサイトに匿名投稿としてあがっている。

一般的に市販されているパソコン全てに搭載されている
といいたい訳ですよね

ぶっちゃけ、似たような発想しか出来ないだけだろ


03. 2011年11月24日 16:47:34: 7epxt4gXRA
>思考透視は実際にある技術である。カルトの類でさえない。

正しくはカルト創価学会等が何らかの理由によって利用している技術、ということですね。


04. 2011年11月24日 17:45:27: nDasRVyQqI
>01

それはわからん。

>02

問われているポイントは発想などではなくて、具体的な言葉やイメージだ。
現在進行でやっている。同じ奴が10年以上はりついてネットじゅうを追跡してくる。
そのうち名前や住所のわかっている工作員もいる。

>03
創価は無関係。


05. チベットよわー 2011年11月24日 17:52:00: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI

私がこの告発を2002年に開始したときには、典型的な「統失」者の妄想ということで
誰も聞く耳さえもたなかった。

また、私自身もまだどこかで「自分の思い違いであれ」と願っていた。

しかし現実は現実。これはマインド・トリックでもなんでもなく、本当に現存する
電磁波技術であり、遠隔から脳内の伝達情報を詐取することが可能になっている。

2008年以降では、ヨーロッパやアメリカでも科学論文が次々に出され、
関連研究やその学説が公開されるようになってきている。よって、私のこういった投稿も
「ありえる」範囲へと移行してきたのだ。


06. 2011年11月24日 21:07:05: GNWiiFBVdI
似たような発想した後に、書き込みを見た時
都合良く具体的な言葉やイメージが脳内で作られるだけだろ

受信機、発信機が必要だろうにそんな物理的、技術的な面を無視してるし…

統合失調症の中でも自我意識に障害が出ている。

思考奪取(自分の考えが他人に奪われていると感じる
思考伝播(自分の考えが他人に伝わっていると感じる

この辺りとみて間違い無いだろう


07. チベットよわー 2011年11月25日 03:40:11: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI
>06

2002年の時点では、そういう見解ばかりが返ってきた。
誰しも、常識に守られることによって通常の生活を営んでいるわけだから
いきなり想定したことのない技術について認識をうながされてもあいそれとは
受け入れることができない。それは無理ないことである。

どこらへんで「脳内世界」と「ネットや放送媒体で流れる内容」の一致が
起こるのか?何を持ってその一致が科学技術による情報詐取の結果だと結論づけるのか。
私は他の誰1人としてやっていないだけの量・質を持ってそれを証明した。

阿修羅でも書いてきたし、過去に膨大な投稿がある。
http://bbs.thebbs.jp/crime/1207256781/294-304  ここでも討議に応じている。


08. 2011年11月25日 03:49:34: nDasRVyQqI

今年にカルト板で投稿したもの:

http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/524.html
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/507.html


09. 2011年11月25日 16:43:27: THmSUSyHVU
別にそういう技術は否定はしません。
しかし、
ネットだろうと携帯だろうと何だろうと
あんたがネット出来るのも接続の契約から固有番号まで
明確な受信機、発信機、データ識別交換機、回線分配、演算器等が
必要なんですけどねw

テレパスは次元が違うんです次元がと何だって言えちゃいますよ!

近所のおかしな人も俺はエジンバラ公の親戚で英国系異性人に
監視されてるとか、貴重な情報をそっと耳打ちしてくれました!


10. 2011年11月25日 16:59:28: R07JaAH25Q
あ、それと、
実験室の閉鎖的環境で行われる、脳波読取りみたいな
一対一的なチープな送受実験と、回線セットワークによる
遠隔通信(無線・有線)とは次元が違いますよ!

あ、次元という言葉はあんまり使いたくないんですけどねw


11. 2011年11月25日 17:33:29: nDasRVyQqI
↑ 異性人とは普通いわないね


12. 2011年11月25日 20:21:41: qMgd17wAMA
>>09
たしかにね。

チベットよわーは>>2008年以降では、ヨーロッパやアメリカでも科学論文が次々に出され、
>関連研究やその学説が公開されるようになってきている。よって、私のこういった投稿も
>ありえる範囲へと移行してきたのだ。

などと言ってるが
例えば
遠方の他人と通信する事がありえる範囲でも
何の装置や機具、手段が無い状態では「ありえない」

その点を無視して、都合の良く捻じ曲げてる妄想に過ぎないね


13. 2011年11月25日 21:23:41: 7XRJFph6NA
>精神障害。被害妄想。思い込み。

そのとーり!

カウンセリングが必要ですよ。諸星あたるさん。


14. チベットよわー 2011年11月26日 03:59:00: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI
>12

いや、そりゃさあ。否定するのは簡単だよ。
TVタックル「超常現象トークバトル」じゃないけど、
ありえないようなことを言っている奴らには「常識的に無理」と
いってしまえばそこで一般的には軍配があがるからね。

いままで阿修羅で私の投稿を読んできたらわかるが、
私は所謂、「保守」であり「常識派」なのだ。おかしな言説には
真っ先にNoを唱えるのはお決まりだったはずだ。

そんな私が「この技術はある」と主張しているのだから、
具体的に検証してみようという人間がいてもいい。

被験者を追いかけているのは従来の小型カメラやバグ(盗聴装置)、文書詐取・・・
つまり探偵業者がやるような周辺環境のサーベイランスといったものだけではなく、
脳神経をすくいあげるための電磁波なのだ。水中にでももぐらないかぎり、それは
どこまでも被験者を追いかけ、追いつめ、伝達細胞を電気解読しては視聴覚から
思考から記憶までの情報を抜き出してインターネットで常時の報告を行う。


15. 2011年11月26日 11:48:19: qMgd17wAMA
>そんな私が「この技術はある」と主張しているのだから、
>具体的に検証してみようという人間がいてもいい。

10年くらい前から統合失調症だとか診断されてる人が言えた事ではないですね。
病状が悪化して、自我意識に障害が出ただけでしょう


ちなみに、そのコメントを読んでも、私のこの主張は崩されていない訳ですが

>>遠方の他人と通信する事がありえる範囲でも
>>何の装置や機具、手段が無い状態では「ありえない」


16. チベットよわー 2011年11月26日 17:58:47: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI

具体例を吟味、検証する学力のない人はコメントしなくていいんですが・・・・・
いいですか?

私の被害例は、たとえば私が頭の中で「寒いのでコタツを出そうか」と考えたらコタツと
書かれた、とかそういう次元ではない。「1964年の東京五輪の前の年の大晦日の紅白が
日本のTV史上最高の視聴率であったな、植木等が出たときだ」と頭の中で考えた1時間後に
スレの匿名投稿が「1964年の東京五輪の前の年の大晦日の紅白が
日本のTV史上最高の視聴率であったな、植木等が出たときだ」と書いているのだ。

つまり完全な思考詐取がなされているのが現状である。
精神医学の専門家(お前などではなく)の意見も一応日本の最高権威に相談して伺ったこともあるのだが
どれだけ根拠を示しても「偶然」や「因果」から話をすすめるだけの想像力は持っておられない。
これは精神医学の問題ではなく、物理現象であるから、科学者にきくのが正解なのである。


17. 2011年11月26日 18:14:18: qMgd17wAMA
>>16
だから、科学的な面、物理的な問題を無視しているから指摘してるんですよ?

>>遠方の他人と通信する事がありえる範囲でも
>>何の装置や機具、手段が無い状態では「ありえない」

これが精神医学の問題だと思える能は何処から来てるんだか

というか、最高権威の方々からお墨付きを貰ってるんなら
話し合いの余地も無さそうですが


18. 2011年11月26日 18:51:49: juKSrnod8I
>>14
だからね
そんな技術があることは否定してないの!
こっちは技術屋なんだから、あんた以上によく知ってんの!

そもそも、どこまでも被験者を追いかけ脳神経をすくいあげるための
電磁波って何よ?どんな電磁波よ??伝達細胞を電気解読しては視聴覚から
思考から記憶までの情報を抜き出してインターネットで常時〜って、
どんな通信プロトコルよ?どんなデジアナ変換回路よ??
 
仮にその技術(まぁ、研究はされてるんだが)があったとしても、
あんたを識別コードでマーキングしなきゃなんないだろが!
それが、あんたの脳内にあんのかよ!調べてもらえよ!何にも無いからw

あっ、シリコンチップがーとか、埋め込まれてるーとか、真顔でいわないでね!w
そんな高速演算とデータ通信したらチップが焼けて脳が溶けるわ!アフォ!
だから、ナノレベルで人体に影響の無い生体材料で超微細回路を組んで、発熱を
押さえ、高速で大量なデータ(音声・動画)通信を行う半導体の材料研究を
してる最中だろが! あと30年くらいかかるから、80年代昭和脳なんて
とっくに死んでる時代の話だから、安心して逝ってください!


19. チベットよわー 2011年11月26日 19:21:59: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI
>17

もういいよ。無理に口を開くな、しばらく熟読してくれ。

>18

初登場のくせになんだその態度は?まあ技術の専門家なら優遇したいところだが、
本当にお前が解答を持っているとは思えんぞ。とにかく言いたいことは言ってくれ。

インプラントの線は考えていない。こっちが発信していないということからスタートすると
外部からの目に見えない手段での頭内への侵入しかない。それができるのは電磁波だろう。
実際の科学実験でも脳内イメージや言語を遠隔から詐取する場合、電磁波ディバイスが使用されて
いるのだから、まともな仮説のはずだ。

どこかの基地において、常時収集している情報を解析して自動的にネットにあげて特定のコミュで
監視しあうシステムができている。そのうちの数人は特定しているし、言質もとっている。どういう言質かと
いうと「脳内が監視されていて集団で情報がシェアできる」とソノマンマいった奴がいるということだ。
そんなことを個人がやれるわけがないので、黒幕は大手メディアのしわざ。それも言質とっている。

技術に詳しいなら、ざっとでいいので上の「紅白と植木等」が思考後、一時間で2chの投稿になって
私の目の前に現れたモロな被害例について考えられることを書いてみてくれ。がんばれよ。


20. 2011年11月26日 19:26:23: nDasRVyQqI

霊性の高い人間が、遠隔から思考波を送信してきて読心してしまう、などというオカルトな
説は採らない。無論、私のほうが特殊体質で、自分の思考を第三者に送信しているなんてことも
想定からは外している。

これは科学技術なのだ。



21. 2011年11月26日 20:58:52: juKSrnod8I
>>19
おまえアフォやろw

密閉され、外部の電波等を遮蔽した実験室や病室で電磁波を使った
脳内イメージ等の読み取りと、回線セットワークによる、大量データの
遠隔通信(無線・有線)とは全く次元が違うと、上の方でも書かれてるだろ!
全く意味が分かってねーじゃねーか!www

もうね、お前には「具体的」に物を考えること自体無理だから
病院行って先生に話を聞いて貰いなさいって。


22. 2011年11月26日 21:26:38: AJCVxgo87g
>>19
その電磁波とやらは、野を越え山越え谷越えて、
干渉波も何のその、まるで生きているがごとく
何億人の中から「チベよわ」を見つけ出し、
まるでハイテク機能が備わっているがごとく
脳内をスキャンし情報を盗み取って戻ってきて
くれるわけですね?

まるで小学生が考えた様な都合のいい電磁波ですよね?


23. 2011年11月26日 23:59:21: qMgd17wAMA
チベットよわー氏が
おっしゃる電磁波という名のナニカはオカルトの域に達している

特別な装置は必要無いとの事から

>>20でいきなり出てきた「思考波」という単語
昔はこれを使ってたんでしょうかね。

これに代わる言い訳として「電磁波」を使っているだけだと思われます。


24. チベットよわー 2011年11月27日 03:09:39: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI
>21

だからさ、TVタックル「超常現象バトル」じゃないが、
否定するほうは簡単なんだって。それは常識的にありえないからボツ、
そういったほうが勝ちなのは初めからわかっているんだ。

私にも技術のことはよくわからん。仮説を積み重ねてきたらこうなった。
だから他に「こっちが正解だ」という解説を持ってきてくれといってるんじゃないか。
結局、お前には何もないんだろ?

>22

野を越え、山を越え、というのは正確ではない。おそらく、まず私の居場所をつきとめた上で
セットアップの組み立てをしだすのだろう。これは大手メディアが主導でやっている犯罪なので
ターゲットがきまればそれはやるところまでやるのだ。

小学生はSci−Fi小説なんか読まないだろ。

>23

まあ一般論はいいよ。思考詐取が行われているのが事実だ。
電磁波でも思考波でもカメハメハでも何でもいいから説明してくれ。


25. 2011年11月27日 10:57:19: qMgd17wAMA
>>24
>霊性の高い人間が、遠隔から思考波を送信してきて読心してしまうなどという
>オカルトな説は採らない。
>無論、私のほうが特殊体質で、自分の思考を第三者に送信しているなんてことも想定からは外している。

この類だという事は認め始めたようだね

その書き込みを見た瞬間に記憶の捏造が行われているだけ
人間の記憶なんて曖昧なもんだぜ?
特に統合失調症では、代表的な症状だ。
妄想上の人物すら本人にとっての現実に、記憶の捏造で生み出される

統合失調症の自我意識の「障害」の一項目

・考想察知(自分の考えは他人に知られていると感じる)
世の中には自分の考えを言動から読めるものがいると感じる。
進むと、自分は考えを知られてしまう特別な存在と感じる。
自らのプライドを高く認められずに、被害的にとらえてしまう。
進むと、構想が自己と他者との間でがテレパシーのように交信できるようになったと考え
波長が一致していると感じる。

これの亜種だね

というか、何でもいいなら説明なら「偶然」や「因果」で最高権威の方々に受けたでしょ?


26. 2011年11月27日 11:04:18: qMgd17wAMA
>>24
そもそも「科学技術だ」と豪語してきたのは貴方なんですけど
よくわからないのに言っていたんですね。

これは、つまり

思考波だとか「オカルト」を否定された統合失調症患者である貴方が
これに代わる言い訳として「電磁波」に逃げただけという事を自白しているようなものですね。


27. 2011年11月27日 15:52:18: nDasRVyQqI
>25

違うって。1)頭で考えたことが、2)ネットの匿名投稿やTV番組に使われれる。
この順番だからテクノロジー犯罪について争うわけで、反対なら何もいわない。
言質もとったっていってるだろうが。もうお前はいいよ。


28. 2011年11月27日 19:56:55: qMgd17wAMA
>>27
だから、お前の病気がそう作り出してるだけで

実際は 2) → 1) 関係妄想の産物

テクノロジーだとか言ってるけど
電磁波と称するナニカは、まるっきりオカルトの域なんだよ


29. 2011年11月28日 10:48:10: QSiNjvex3Q
ハイテク犯罪認知のための資料

http://oo7.syogyoumujou.com/431.html

脳内音声装置

パルス波形にしたマイクロ波を 人の頭蓋内に照射する装置は、米陸軍が開発した非殺傷型兵器である。
この音は耳に聞こえない音(サイレントサウンド)で、変調して送信される音は、潜在意識に働きかける音声メッセージになる可能性があるということだ。耳に聞こえない(FMに変換した)催眠術を送信する方法。
音声周波数変換器を使って「音声」を作り、パルス状のマイクロ波として 離れたところから脳内に送る。出力はおおよそ連続音になる。
耳鳴りに似ているが、催眠術者の声が埋め込まれている。
下図は、人間の脳が感知できる周波数のマイクロ波信号の短パルスを表わしたもので、縦線1本が短パルス1つに該当する……。脳はこの連続したマイクロ波パルスを変換し、「耳では聞こえない音声」を聞く。
このような催眠に対する意識的な防衛は不可能。
1974年には実行可能だった!各マイクロ波パルスのタイミングは、音声波の下降曲線と交わるごとに制御される (1974年にJoseph Sharp博士が考案した方法)
可聴範囲の上限近くの連続音、例えば周波数1万5000ヘルツ
催眠術者の音声、例えば周波数300ヘルツ〜4000ヘルツ
[マイクロ波をパルス波形にして人に照射すると、頭の中から発せられたような音を聞く事ができる現象 → http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html
2008.5.13


考え」だけで会

兵士たちが連絡を取りたくなったときは、お互いの思考を読むようになる。
詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html 
2009年5月19日


声にしなくても会話ができる

首に巻いたネックバンド内に組み込まれたワイヤレスセンサーが脳から声帯に送られる神経の動きを読み取り、その動きをデジタル化して音声に変えるというテクノロジー。
本来、脳性麻痺やパーキンソン病などで声を失った患者に再びコミュニケーションをとるチャンスを与えるという医療目的で開発されたという。
TI開発会議での デモンストレーションで、声を使わずに携帯電話をかけるという世界初の試みが試された。

以下省略

詳細はこちら http://megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/
2008年4月1


思考盗聴」とは・・
カリフォルニア大学の神経科学者 ジャック・ギャラント博士らが進める実験では、ついに脳内に思い浮かべるシーンを動画でコンピュータ上に映し出すことに成功した。
言葉を失った人などに、脳解析で表現力を取り戻せるようにと、研究が進められてきたそうです。今後は動画解析精度を高めて、よりリアルに視覚化させられる技術開発が続けられるようです。
実用化されれば、訴訟手続きも変わってしまうのかもしれません。

詳細はこちら http://news.ameba.jp/gizmodo/2009/12/52317.html
2009年12月10日


マイクロ波の悪用

遠隔マインド・コントロール・テクノロジーの歴史は アメリカにおいてロス・アディー博士及び彼の同僚による60年代後期の研究、CIAに資金供給されたパンドラ・プロジェクトから始まった。
アディー博士は1Hzから20Hz帯域のELF(超低周波)信号(それは0.1Hz増加するごとに異なる効果を持つ)が生体と精神状態に影響する効果を持つことを発見した。
その研究はCIAにとって重要なものだった。なぜならば、彼らは遠隔から人間をマインド・コントロール出来る(RMCT)周波数を求めていたからです。
パンドラの研究者達は 6から16Hz帯域が脳及び神経系及び内分泌系に対して強烈な効果を持つことを発見した。それはターゲットに 大きな機能障害を引き起こすことができた。

以上 部分転載


詳細はこちら http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Tim_Rifat.html


五感操作(総務省資料)

総務省は2000年11月から「五感情報通信技術に関する調査研究会」を発足した。
遠隔地間におけるコミュニケーションをリアルタイムでかつ、対面コミュニケーションと差異の無い環境を提供する技術開発が活発になっている。将来的には画像や音声に加え、触感や味、匂い、その他深部感覚や平衡感覚に関してもコミュニケーション相手との間で交換・共有することが当然となることが予測される。
1975 年のマイクロチップの発明により、情報のデジタル伝送が実用化され、五感全体に情報通信の可能性が模索される時期となった。
1989年には世界初の商用VR(Virtual Reality)システムが発表され、以降マルチメディア情報通信の本格化に伴い、視覚については3D 映像の研究が、触覚については再現ディスプレイの研究が盛んになり、視覚・聴覚・触覚の3感を利用したシステムの実験が開始された
手術場面においては、視覚を通して患部を感知することに加え、触覚を介した患部の情報、聴覚によるスタッフとのコミュニケーション等が必要であり、これらの情報を五感情報通信として伝達することが可能となれば、遠隔手術の可能性が広がり、診察の場面と同様に、僻地医療の充実および医療全体の底上げを期待できる。
2040〜年以降には、脳への直接アクセスによる五感コミュニケーションが実現する。

詳細はこちら http://oo7.syogyoumujou.com/143.html


五感情報通信技術に関する調査研究会 報告書(総務省)http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf


「電磁波攻撃」に禁止判決

米国に住む 「James Walbertさん」という男性は 昔の職場の同僚に 電磁波攻撃を受けているとして これをやめさせる裁判を起こして勝訴した。 被害者の男性は 陪審員団との意見の違いが生じたとき、元同僚から「放射注入」するぞと脅しを受けた。
その後、しばらくして電磁波攻撃が始まった。電気ショックの感覚 電磁波による騒音攻撃、耳の中ではじける音  鳴り響く音を感じるようになった。
2008年12月30日(米国時間)、裁判所は 嫌がらせをしている元同僚に 「嫌がらせをやめろ」と電磁波攻撃を禁じる画期的な保護命令を出した。被害者の男性に有利な判決が下った。


詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ご報告:電磁波洗脳被害に関する警察とのやりとり


詳細はこちら http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/417.html

電磁波マインド・コントロール装置に対する安全で効率的な対策
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/963.html


電磁波マインド・コントロール装置に対する対抗策の追加と犯罪組織の対抗行動http://asyura.com/0403/bd35/msg/512.html


電磁波被害者のブログ


http://www.asyura.com/sora/bd13/msg/605.html
Re: 電磁波によるパソコンや人への悪戯

http://www7.plala.or.jp/london/index.html#top
電磁波等による犯罪被害実態の報告

音声送信被害者のブログ
http://gdnds167.blog.so-net.ne.jp/

電磁波犯罪と思考盗聴
http://blog.goo.ne.jp/madtyler 


2010.9.16〜12.28



30. 2011年11月28日 12:24:48: cWwrFD85tg
特定の人物に電磁波を照射する事は出来ても

不特定多数の人物が、発する微量の電磁波を受信するには装置が必要でしょ

>首に巻いたネックバンド内に組み込まれたワイヤレスセンサーが脳から声帯に送られる神経の動きを読み取り
>その動きをデジタル化して音声に変えるというテクノロジー。

ほれ。

チベットよわーさんは頭にこんなの付けてたりするんですかぁ?


31. 2011年11月28日 15:31:17: nDasRVyQqI
>29

ありがとう

>30

つけてないです。だから、遠隔から電磁波という仮説がでてきた。
私は特定されてからのターゲット、ということです。


32. 2011年11月28日 17:09:31: JvYYU0IljQ
やはり、思考波だとかと同レベルのオカルト妄想じゃないっすか…

33. 2011年11月28日 17:42:55: QSiNjvex3Q
「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも

http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

「精神に作用する電磁放射の攻撃を受けている」として訴えた裁判で、「電子ハラスメント」を禁じる命令が出された。また、対策サービスを提供する企業も出てきている。

James Walbert氏は2008年の年末、以前の仕事仲間から、精神に作用する電磁放射の攻撃を受けているとして、これをやめさせるための裁判を起こした。

Walbert氏は、カンザス州セジウィック郡の陪審員団に対し、Jeremiah Redford氏と取り引きをめぐって食い違いが生じた結果、同氏から「放射注入」をするぞという脅しを受けたと説明した。同氏によるとその後、電気ショックの感覚、電子的に作られた音、耳の中ではじける音や鳴り響く音を感じるようになったという。

12月30日(米国時間)、裁判所はWalbert氏側に有利な判決を下し、Redford氏が「電子的な方法」による嫌がらせをWalbert氏に行なうことを禁じるという、画期的な保護命令を出した。これはまじめな話だ。

私は最近、英BBC『Radio 4』で6月20日放送の番組に参加した。番組のテーマは、『影なき狙撃者』と現実世界の関係を軽い感じで見ていき、マインドコントロールの話に現実性があるのかを検討していくというものだった。[影なき狙撃者は、邦訳早川書房刊。無意識に殺人を犯していく男性を描いた小説で、1962年に映画化。2004年には、政治に利用される形で兵士らが洗脳され記憶改変されるという形でリメイクされた(日本語版記事)]

番組で私は、いわゆるテレパシー光線銃や、脳内に直接音を発生させるシステム(日本語版記事)、「神の声」兵器(日本語版記事)など、風変わりな非殺傷兵器の概念について話をする機会を得た。

こうしたプロジェクトは、大半は研究実験か、プレゼンテーションの段階にとどまっている。しかし、法曹、政策、ビジネスの分野で、脳への電磁的な攻撃を真剣に取り上げる動きは出てきている。

Walbert氏の訴訟には、ミズーリ州下院のJim Guest議員(共和党)の支援があった。Guest議員は、RFIDチップの強制埋め込みに反対する法案など、電子ハラスメントに対処するべく提案されている立法に取り組んでいる。

ユネスコでは、電磁波がテロリストに使われる可能性を取り上げる会議が昨年開催された。また、『非殺傷兵器に関する欧州シンポジウム』では2009年に初めて、「プライバシーを侵害するような遠隔捜査と、行動に影響させる応用例」をとりあげた、非殺傷兵器の社会的意味に関するセッションが行なわれた。自分は標的になっていると信じる人たちが、少しずつ公認を得てきているのだ。


34. 2011年11月28日 19:51:48: 4nJJ1i9xLs
チベットよわー氏が言ってる内容とまったく違う例を出してどうしたいんだろう?

>霊性の高い人間が、遠隔から思考波を送信してきて読心してしまう、などというオカルトな
>説は採らない。無論、私のほうが特殊体質で、自分の思考を第三者に送信しているなんてことも
>想定からは外している。

想定からは外しているとか言ってるけど
まるっきり、同じ挙動してるじゃないですか

何らかの実験室の中で生活しているか、受信機を頭にくっつけてるか
してない限り、単なる病気によって生み出される妄想に

電磁波という逃げ道が出来た だけという事に


35. チベットよわー 2011年11月29日 02:28:58: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI
>34

自分でも書いているように、全く初めてこの話聞いたとしたら、私でさえ同じような反応するだろうから
お前の傲慢なレスには苛立つこともない。

電磁波、というのは逃げ道とはいえない。実際に電磁波を使って遠隔から視聴覚をコントロールしたり
脳内情報を検波したりすることは大学等、表の研究機関でも行われている。とっぴょうしもない説では
ないのだ。


36. 2011年11月29日 16:51:21: wiBHpT54IE
仮に本当だとして、なぜ、チベットよわーさんのような平凡なアタマを狙うのかな?

自分なら、ノーベル賞級頭脳のアイデアや、超一流の相場師たちの相場観、政治的影響力を有する大物フィクサーの次の手、などなど、覗いてみたい、操ってみたいものはたくさんあるのだが。

凡人のアタマの中身など興味はわかないぞ。

それとも何?チベットさんってVIPなんだ?


37. チベットよわー 2011年11月29日 18:31:46: Xy93FIMaJupUQ : nDasRVyQqI
>37

その話も尽きるまで過去にしたが、私の思考が使われたのは殆ど100%エンターテイメントの
分野。国際政治・経済やアカデミズムや教育・科学の舞台ではないのだ。エンタメではVIPどころか
殆ど1ジャンルのような扱い、TVでもハリウッドでもことごとくネタにされた。

アメリカのCBSの人気番組「The late night show」では
私のコーナーがあった。それこそ「誰か特定の人物の監視に関する話題が出演者の中でされているが
その正体は不明」という曖昧な空気が売りで続行された企画だったのだ。いわゆる内輪ネタ。
視聴者はどうしてスタジオで笑いがおこっているのか理解できてなかった。

ダウンタウン(吉本興業)が東京進出に成功して一区切りがついたころ、1万円ライブとしょうして
舞台公演をしたことがあった。タイトルが「寸止め海峡」。この作者が私。全部、私が書いている。


38. 2011年11月29日 19:53:13: ln1Mu8tk8c
>38

おもしろい話ですが、ちょっと既視感(デジャブー)に
似てなくもないですね。

「寸止め海峡」の件、あなたのアイデアが前で、
ダウンタウンのが後、を証明できますか。

他のケースでもいいですが、前後関係を客観的な物証を挙げて
明示できなければ、あなたの“体験”はオカルト的だと指摘
されても、仕方がないでしょうね。


39. 2011年11月30日 01:02:08: tEZZQqG6OY

>私の思考が使われたのは殆ど100%エンターテイメントの分野
でた!やっぱでた!エンタメw

そんな事言ってるから50過ぎの漫画脳とかバカにされちゃうんですよ!w

昔、変なおばさんが、TV付けたらあの俳優(あるイケメン俳優)が
いつも私の事見てるぅ!とかいって楽屋とかライブに押しかけ
つまみ出されてたよ!


40. 2011年11月30日 01:28:22: tEZZQqG6OY
あ、断っておきますが、
アニメや漫画、エンタメには何の罪は無いですよ!

ただ、適当に楽しめばいいものを、変な独り善がりな妄想膨らまして
関係者やエンタメ商品にいいがかりを付ける変なのがいるんですよ。
しかも、いい歳こいたおっさん、おばはんがですよ!

全部がそうだとは言いませんが、たいがい陰謀論とかカルトに
嵌ってる鬱症状な人が多いようですんで、気をつけて!


41. 2011年11月30日 14:58:26: nDasRVyQqI
>>38

証明できますよ。本人(松本人志)も否定はしないと思います。
「寸止め海峡」はアマゾンで購入できますが、「脳を電気解読する」コントが
ずばり収録されています。最後は脳が電気爆破されてしまうのです。



42. 2011年11月30日 15:08:38: nDasRVyQqI
>39

いいたいことはわかるが、ちょっとここではいらないので、遠慮してくれないかな・・・・・

昔から筒井康隆とか、山上龍彦の自宅までいって「こないだの連載に俺のアイデアぱくって
いただろ」とかいって言いがかりをつけて通報される若い男は後がたたなかったのだ。

私の話が、それらと何が違うのか、ちゃんと読めばわかるように書いてある。
せっかくだが、お前の意見はいらないんだよ。これでいいか?



43. 2011年11月30日 18:35:46: qMgd17wAMA
>>42
「私にも技術のことはよくわからん。仮説を積み重ねてきたらこうなった」

これがチベットよわーの根拠だろ?

>昔から筒井康隆とか、山上龍彦の自宅までいって「こないだの連載に俺のアイデアぱくって
>いただろ」とかいって言いがかりをつけて通報される若い男は後がたたなかったのだ。

と変わらないよ
そいつらも
どういう技術かわからないが、仮説を積み重ねてきたらアイデアがパクられた
という結論に行き着いたのだろう

病気にかかってるか、かかってないかの違いはあろうが「同類」です


44. 2011年12月02日 18:12:09: A4SDU24u3Y
内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」創設者のジュリアン・アサンジ(Julian Assange)容疑者が
1日、市民を監視する技術を各国政府に売り込む「国際的な産業」に関する文書の公開を始めたと発表した。

これらの文書に記されているのは、携帯電話や電子メール、インターネットの閲覧記録といった個人情報を
監視する技術を開発している25か国約160企業の活動。

英ロンドン(London)で記者会見したアサンジ氏は、「今日、国際的な大衆監視産業の実態を示した287文書を
公開する。この産業は、独裁者にも民主主義国にも、国民のプライバシーに割り込む機器を売り込んでいる」
と発言。

10年前には米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)や英政府通信本部
(Government Communications Headquarters、GCHQ)など一部政府の情報局だけを相手にして
表に出ることのなかった業界が、いまや国境をまたぐ巨大ビジネスに成長していると警告した。
ウェブサイト「http://wikileaks.org/the-spyfiles.html」に公開された文書の中には、エジプトや
リビアなどアラブ諸国の抑圧政権に売り込まれた監視機器のマニュアルも含まれている。

文書公開に協力した技術者らは、現在この産業は野放し状態となっており、各国政府は監視技術などの
国外輸出を規制する法の整備を急ぐべきだと訴えている。

ソース:AFP
http://www.afpbb.com/article/politics/2843589/8151173

これに関係ありますか?


45. 2011年12月03日 16:33:32: nDasRVyQqI
>44

どうだろ。

私は技術の存在を証明したし、あることは間違いないが、
自分以外にターゲットになった実際の人物がいるかどうかは知らない。

自称被害者の言い分も、色々聞いてみたが、私のように確実な具体例を出してきて
いる人間が1人もいないのに唖然としてしまった。私以外の全員はいまだに「そういう気がする」
という漠然とした訴えしか起こしていないのだ。

もし私1人しかされていない技術ならウィキリークだろうが「探偵ナイトスクープ」だろうが
なんにもできないだろうな。


46. 2011年12月06日 18:57:39: A4SDU24u3Y
創価学会は、そういう問題をうったえる会員に、どういった対応をするのですか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧