★阿修羅♪ > 原発・フッ素10 > 631.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
県、爆発翌日公表せず 国の拡散予測図(福島民報)
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/631.html
投稿者 セーラー服ときかんぼう 日時 2011 年 5 月 07 日 22:30:29: q5/COp9BAVzoM
 

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9839767&newsMode=article

 福島県は非常時の初期段階で放射性物質の広がりや濃度を予測する国のシステム(SPEEDI)のデータを東京電力福島第1原発1号機が水素爆発を起こした翌日の3月13日に確認したが、公表していなかった。6日の自民党県議会議員会政調会で県が明らかにした。

 議員からは「迅速に公表していれば、市町村の避難時の参考になった」と指摘する意見が出た。県は「放射性物質の放出量や時間が特定できない段階で、予測データは活用できなかった」と説明している。

 予測データは県が国に提供を求め、ファクスで受けた。3月12日の時間ごとの風向きをベースに、放出されたヨウ素が拡散する予測が地図に掲載されていた。ただ、ヨウ素の放出量を「不明」とした上での予測であり、県は公表できる内容ではないと判断したという。地図は県に30枚示された。

 県は「市町村の避難の参考になったかどうかは分からない。もし、市町村が必要とする情報だったとすれば、反省すべき点だった」としている。

(2011/05/07 10:02)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月07日 22:35:16: 5f9YX0Nk7c
民主党に支配された県は悲惨ですな。。

02. 2011年5月07日 22:42:31: WvBdEz6Ewg
なんだ、知事のせいじゃんか。これでよく東電や政府にかみつけたものだ。

03. 2011年5月07日 23:04:51: au4dKgprDA
福島県知事佐藤雄平はMOX佐藤とかプルサーマル佐藤と呼ばれています。
佐藤雄平のおじが渡部恒三でMOX佐藤は渡部恒三の秘書をしていました。
渡部恒三は元自民党の原発推進派で原発利権の張本人です。
黄門さまなどとテレビマスゴミは言っていますが、とんでもないニセ黄門です。
前の福島県知事佐藤栄佐久は原発の問題の多い事に気づき県民のためにも
原発の運転を中止させていました。
ところが東京電力や渡部恒三は裏で東京地検特捜部を使い佐藤栄佐久福島県知事に
濡れ衣を着せ失脚させました。
渡部恒三はそのすきに自分のおいであるMOX佐藤こと佐藤雄平を知事選に立候補させ当選して福島県知事にさせました。
佐藤雄平は原発の運転再開を許可してこともあろうにプルサーマル計画まで許可しました。
どうですかみなさん、天罰がくだり原発は壊滅状態です。
悪は滅びる。東京電力は滅びる。渡部恒三、佐藤雄平は滅びる。東京地検特捜部は滅びる。
自民党も菅直人も滅びてしまえ!

04. 2011年5月07日 23:27:41: 05nGzaMakY
県民殺しの県知事。
放射線拡散予測を県民には知らせず、重度被爆させた。
今も、学童、学生が危険な累積被爆に晒されている。
福島県行政は県知事以下県民殺し県政を続けている。
それを管首相が先導している。
管政権は福島県民、国民殺し政権。
その管を首相にしたのが偽黄門。
この悲劇は、後の世に「福島原発被災物語」として長く語り続けられることになる。

05. 2011年5月08日 00:21:23: A5sldP6sZo
『現福島県知事佐藤雄平氏は、東電福島第1のプルサーマル誘致を許可した事をもって、東電から楢葉町の豪華サッカー・ホテル施設「Jヴィレッジ」の建設費として130億円を援助してもらっている。
この流れは、前々から佐藤氏の叔父である民主党の渡部恒三が作ってきた。
佐藤氏は更にこの「Jヴィレッジ」の代表取締役に納まっているのが、なんと現実なのです。』
http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=35883

こんなの賄賂じゃないの?


06. 2011年5月08日 08:58:12: K1HF0TyOVo
Jヴィレッジ自体は佐藤前知事時代に出来た物ですけどね。

07. 恵也 2011年5月08日 11:43:49: cdRlA.6W79UEw : hYPojz112Q
>>04 管政権は福島県民、国民殺し政権。

自民党政権がこんな原発を推進したんだよ。
菅政権はその尻馬に乗ってるだけだ。
しかし浜松原発の廃止方向に舵を切っただけでも、菅政権としてはお釣が来る。

出来れば古くなった原発は全部、即時停止して欲しい。
原発利権集団には菅政権は強くないからね。こいつらは検察庁まで動かしてる。
この際、社民党も政権に入って国民投票をし、原発廃止まで完成してほしい。


08. 2011年5月08日 13:07:45: esmsVHFkrM
俺は、佐藤福島県知事を必ずしも擁護するものではないが、何か民主党だから駄目で自民党だったら良かったなどというでたらめを平気で書くやつらがいるようなので、事実を確認しておきたい。

実際起こったことはもっと複雑で、異議がありうることは承知の上で俺の印象を言えば、佐藤知事自身は必ずしも積極的にプルサーマルを支持して受け入れたものではないようだ。

だが、異論の湯地なく明白なことは、自民党がプルサーマルに最初から最後まで賛成で積極的に知事にプレッシャーをかけ続けた事だ。これで、自民党だったら良かったなどとどう主張できるのか分からない。

以下、Wikipediaからの転載で、まず大きな流れ。


2006年、佐藤栄佐久福島県知事(同じ民主党に属する玄葉光一郎衆議院議員の義父にあたる)の辞職に伴う福島県知事選挙に、参院議員を辞職して出馬。民主党、社会民主党の推薦を得て、自由民主党が擁立した弁護士の森雅子らを破り、当選した。当初民主党は森を擁立する方向で調整を進めていたが、告示直前に森が自民党からの出馬を表明したため急遽佐藤が擁立された[1]。

2007年3月6日、県議会で、知事は一連のデータ改ざんや原子炉緊急停止の隠ぺいについて東京電力を批判したうえで「県民の信頼が大きく損なわれている」「(原子力政策は)国策であると同時に公益事業。技術的に安全が保証され、社会的に安心感を与えることが大事。プルサーマル計画は議論以前の問題」としてプルサーマル計画再開に慎重な姿勢を取った。[2] その後、2009年まで消極姿勢であったが、双葉町・大熊町など原発立地の地元4町が受け入れを決定、また、県議会における自民党福島県連の度重なるプルサーマル導入要求などがあり、2010年8月、東京電力が福島第一原子力発電所3号機(大熊町)で計画していたプルサーマル受け入れを決定。

[1] 佐藤雄平参院議員を民主が擁立へ 福島・出直し知事選 asahi.com 2006年10月18日
[2] 平成19年2月定例会 03月06日−一般質問及び質疑(一般)−06号


次に受け入れに至る仔細。


2003年10月6日、自民党の核燃料税等検討プロジェクトチームは、自治体の裁量で電力会社に使用済核燃料税を課すことに対して、代替措置として、発電所内での使用済み燃料の長期保管を検討するよう自治体側に要請する中間報告案を提出した。同案では、使用済核燃税の拡大は、原子力推進に重大影響を及ぼすと指摘し「不当に強引・突出した課税が行われる場合には、法改正を視野に入れる」として自治体側への裁量制限を示唆した。これは、使用済み燃料を、使用済核燃料貯蔵施設・再処理施設に搬出せずとも、発電所内プールで長期・多量に保管する事をこれからも可としたものである[4]。

2009年2月24日、県議会で、自民党の佐藤憲保議員は、プルサーマル計画について議論再開を求めた。佐藤知事は「慎重の上にも慎重に熟慮を重ねていかなければならない」と回答した。[5] 3月4日、県議会で、自民党の吉田栄光議員は、凍結されたプルサーマル計画について「東京電力の信頼回復の取り組みについて、地元としては維持基準を含め評価できる」「安全確認と確保が保証された」として議論再開を求めた。[6]

同年6月22日、県議会最大会派の自民党は、県内の原子力発電所でプルサーマルを実施しないよう求めた2002年10月の県議会意見書を凍結すべきとする見解をまとめ、佐藤憲保議長に申し入れた[7]。 6月23日、県議会で、知事は「プルサーマル計画を含め、原子力政策については、県民の安全・安心の確保を最優先に慎重に対応する」と回答した。[8] 6月25日、自民党の斎藤健治議員は、「自民党原子力発電対策本部会議での検討の結果、東京電力との信頼関係は回復した」と延べ、県にプルサーマル計画の議論再開を求めた。[9]

2009年8月、衆院選の東北25選挙区の立候補者95人に対してのプルサーマル計画の是非を問うアンケートでは、自民党は公認候補全員が実施に賛成、民主党の公認候補は賛否が分かれ、共産、社民両党の公認候補は全員が反対した[10]。

10月2日、県議会で、自民党の太田光秋議員は「我が党はこの間、原子力発電対策本部において、耐震安全性も含め、東京電力及び国の安全・安心に向けた不断の取り組みを検証し、信頼が回復されたものと判断し、プルサーマルを実施しないよう求めた県議会意見書を凍結すべきとの結論で一致している」として計画の推進を求めた。[11] 12月7日、県議会で、自民党の清水敏男議員は、プルサーマル計画について「既に安全性が確保された技術であり、国内第1号のスタートは我が国の原子力史上大きな意味を持った前進であると我々は認識している」として計画の推進を求めた。[12]

2010年6月30日、福島県議会本会議で福島第一原発3号機のプルサーマル推進に反対する請願の不採択が多数となった。

2010年8月6日、佐藤知事は、耐震安全性、老朽化対策、10年近くプールに貯蔵したままのMOX燃料の健全性の3点について、「県が求めた条件が満たされ、最終的に受けることとした」として、福島第一原発3号機でのプルサーマルの実施を了承した[13]。これに先立ち、県や地元、有識者らによる連絡会が検証を行い、問題なしとの結論を出していた。

[4] 共同通信. “原発内長期保管検討を 自民党、使用済み核燃料で”. 2003年10月06日 10:14閲覧。
[5] 平成21年2月定例会 02月24日−一般質問及び質疑(代表)−02号
[6] 平成21年2月定例会 03月04日−一般質問及び質疑(一般)−06号
[7] 福島民報. “プルサーマル議論再開へ 県議会で自民が意見書凍結求める”. 2009年06月23日 10:02閲覧。
[8] 平成21年6月定例会 06月23日−開会〜知事説明−01号
[9] 平成21年6月定例会 06月25日−一般質問及び質疑(代表)−02号
[10] 河北新報社. “プルサーマル 東北の候補者に聞く 自民全員が「推進」”. 2009年08月27日 06:10閲覧。
[11] 平成21年9月定例会10月02日−一般質問及び質疑(代表)−03号 
[12] 平成21年12月定例会 12月07日−一般質問及び質疑(代表)−02号
[13] 福島知事がプルサーマル実施了承 東電福島第1原発3号機 共同通信2010年8月6日


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧