★阿修羅♪ > 原発・フッ素10 > 632.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NHKがチェルノブイリ事故のドキュメンタリーを3回シリーズで放送予定
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/632.html
投稿者 ダイナモ 日時 2011 年 5 月 07 日 22:39:25: mY9T/8MdR98ug
 

5月9日(月) 深夜0:00〜0:50 NHK BS1
シリーズ チェルノブイリ事故25年 「永遠のチェルノブイリ」

チェルノブイリ事故を見つめる3回シリーズの1回目。ウクライナで、原発の周囲30キロ地帯「ゾーン」を訪れる若者や原子炉を封じた「石棺」で働く一家を取材。また、独占入手した石棺内部の映像なども紹介する。


5月10日(火) 深夜0:00〜0:50 NHK BS1
シリーズ チェルノブイリ事故25年 「被爆の森はいま」

シリーズ2回目は、チェルノブイリ周辺の放射線を取り上げる。現場から18キロ地点に住む人や、周辺の調査をするウクライナ人博士、立ち入り禁止地区の鳥を調べる大学教授らを紹介。研究の最先端を追う。


5月11日(水) 深夜0:00〜0:50 NHK BS1
シリーズ チェルノブイリ事故25年 「見えない敵」

シリーズ3回目は、ドイツのドキュメンタリー作家、クリストフ・ボーケルを取り上げる。彼はウクライナ人の妻をガンで失い、事故とかかわった人を追っている。ボーケルが入手した事故後の映像などを紹介。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ダイナモ 2011年5月07日 22:51:07: mY9T/8MdR98ug : oz3zVsEkfw

http://www.nhk.or.jp/bs/t_international/


これからの注目番組

BS世界のドキュメンタリー  シリーズ チェルノブイリ事故 25年 「永遠のチェルノブイリ」
BS1  5月10日(火)午前0:00〜0:50(9日深夜)
19
旧ソ連のチェルノブイリ原発事故から25年。事故を起こした原発は、いまだに周囲を汚染し続け、その処理は今も続いている。しかし甚大な被害を被ったウクライナでさえ、事故は風化しつつある。チェルノブイリを題材にしたゲームソフトが流行している現状や、いま進められている対策が根本的な解決にほど遠いことなどを指摘。さらに原子力エネルギーが注目を集め、ヨーロッパ各地に原発が次々と建てられている現状に警鐘を鳴らす。
【解説】石川一洋

「被曝(ばく)の森はいま」
5月11日(水)午前0:00〜0:50(10日深夜)

「見えない敵」
5月12日(木)午前0:00〜0:50(11日深夜)


02. 2011年5月07日 22:55:34: pEgCpfCxXY
nhkが可及的速やかになすべきは、
【NHK特集】チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染
【NHK特集】汚された大地で 〜チェルノブイリ 20年後の真実

の再放送。


03. 中年A 2011年5月07日 23:06:52: HbJDdjz1CEw4s : DzL9eUFAVE
放射性物質、放射線怖くないあるいは、大したことないって内容では?
最近のNHKはひどすぎる。

04. 2011年5月07日 23:48:10: VR0qwWf7aw
なんとなくいやな予感。

 放射能浴びて生き残った人は、超能力者になってました!

ぐらいの中学2年生向けの原発推進ドキュメンタリーになってるような
気がします。
でもこんな内容でもいわゆるB層は信じてしまうのかもしれませんね。

おかしな内容だったら、NHKに徹底的に抗議してやりましょう。


05. ミスター第二分類 2011年5月07日 23:58:12: syFUAx3Wc1pTw : bTwp1YEqdo
こちらも注目です。

BS1での再放送。

<シリーズ 放射性廃棄物はどこへ>
地下深く 永遠(とわ)に 〜核廃棄物 10万年の危険〜 (再)

11年5月18日 水曜深夜[木曜午前 0:00〜0:50]

 各国が頭を痛める原子力発電所の廃棄物問題。北欧のフィンランドが世界に先駆け、核のゴミの最終処分場の建設に乗り出している。

「オンカロ」(フィンランド語で「隠し場所」)と呼ばれる処分場は、太古の岩盤層を深さ500mまで掘り下げた先に作られ、施設が国内で排出される核廃棄物で満パンになる約100年後に、入口を完全封鎖されるという。

 核廃棄物の最終処分が難しい理由は、実はその先である。廃棄物が出す放射線が、生物にとって安全なレベルに下がるまで、欧州の基準では少なくとも10万年かかるとしている。

 つまりオンカロは、人類の歴史にも匹敵する膨大な歳月の間、安全性の確保が求められるのだ。革命や戦争が起きたり、気候や地殻の大変動に見舞われたりしたとしても・・・

 最も危惧されているのは、今の人類が姿を消したあとの未来の知的生物が処分場に侵入し、放射線が漏れ出してしまうシナリオだという。

 そうならないよう、近づくと危険だという警告を伝えた方がいいのか?しかし、どうやって?あるいは何もせず、記憶から消し去ってしまう方がいいのか?原子力というパンドラの箱を開けた人類が直面する難問を描く。

2010年 国際環境映画祭(パリ)グランプリ受賞作品


06. 2011年5月08日 00:11:27: K1HF0TyOVo
地上派でやれ

07. 2011年5月08日 00:33:56: 2TKrRBdr5U
これ、絶対に放射能の恐ろしさ、威力を矮小化した内容だな。タイトルみりゃ歴然。100万人死んだとか、当時の0歳児から5歳児が殆ど死んだとか、甲状腺癌が激増したとか、人や動物の奇形なんて絶対に放送しないだろ。ひでえプロパガンダだな。

08. 2011年5月08日 00:48:28: F9R3DEeNqC
>>07
まだ放送されていないというのに、
『ひでえプロパガンダだな。』と、
まるで観たような決めつけはおかしいよ。

09. 2011年5月08日 01:02:36: zg1HQqJF1o
>>02さんが言われる内容を、今回の番組と続けて放映してほしいな。
内容に遜色がなければNHKが劣化してるなんて言わないよ。

10. 2011年5月08日 04:17:03: vxLA2NVi6U
02さんが上げた下記のを地上波で放映しないと意味ないですよね!

【NHK特集】チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染
【NHK特集】汚された大地で 〜チェルノブイリ 20年後の真実

おかしな内容だったら、NHKに徹底的に抗議してやりましょう。
今まで年払いで真面目に払ってきたけど、NHKに料金払うのも止めてやる。


11. 2011年5月08日 05:58:20: 7QwJEraDuI
> 7

"当時の0歳児から5歳児が殆ど死んだとか" ってときどき目にしますが,この件についての情報源が無くて困っています.
もし,情報源をご存知なら教えてもらえると助かります.


12. 2011年5月08日 08:51:04: 4cdbbeRrbA

福島の原発事故はチェルノブイリと同じレベル7評価で、しかも現在進行中です。
その意味するところは、チェルノブイリと同じ程度の被害者がこれから出るということです。
我々がほとんど無視して来たチェルノブイリの事実をどれだけ直視できるかは、今後の被害を
最小限に押さえる意味でも重要なことだと思います。地上波に比べて、比較的視聴者の少ない
衛星放送は規制が甘いと思われます。具体的な線量の数値に関する部分はカットされている
可能性はありますが、大筋で大きな変更がほどこされている可能性は低いと思います。
いずれにせよ、チェルノブイリに関する、一般人でもわかりやすい映像などの情報が多く
出てくることには意味があると思います。メディアが本来の役割を果たしていない今日、
学校や町内会など、公共の場で、なるべく多くの人に視聴の機会を提供して、正しい情報を
共有する地道な活啓蒙動こそが、今後の原発事故の対応を正しい方向に導き、正しい世論を
作り出していくことにつながると思います。そして御用学者どもをこの社会から叩き出しましょう。

一般参加者が一生懸命調べてきた質問に対して壇上からあざ笑う態度の東大大橋教授
http://www.youtube.com/watch?v=_jqNbUVisT4&feature=player_embedded

http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/842.html
プルサーマル公開討論会より:平成17年12月25日

まだ東大で国民の税金をむさぼる御用学者大橋弘忠教授
http://www.q.t.u-tokyo.ac.jp/lab/ohashi.html


13. 恵也 2011年5月08日 11:45:42: cdRlA.6W79UEw : hYPojz112Q
>>07 100万人死んだとか、

チェルノブイリ事故で何人死んだとかいう話は、何年度にどこが調査したのか
がなければデマに過ぎん。

1998年にウクライナ保健相が処理作業者のうち、1.2万人が放射線で死亡
と発表してます(ブリタニカ国際年鑑1999より)

1991年2月現在で死者8000人といわれる(日本大百科全書 補巻 より)

ロシア保健省 チェルノブイリで作業者内3万人死亡(読売新聞2000年4月27日)

これらの確認記事を見ると、ロシア、ウクライナ、ベラルーシを合わせたら5万人
くらいは処理作業でもう死んでるでしょう。
放射線以外の原因で死んでる人もいるんだからね。確実な数字は判らん。
京都大学の今中氏が詳しく調べておられます。

ーーーー引用開始ーーーー
リクビダートルのデータで最も驚かされるのは、図1に示したように、何らかの慢性的
疾病により労働不能と認定される人の割合が急激に増加していることである。リクビ
ダートルの平均年令は事故時に三〇―三五才程度であり、年令とともに慢性病が
増えるのは当然であるが、図1の増加は到底それで説明できるものではない。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/GN/GN9705.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧