★阿修羅♪ > 原発・フッ素10 > 653.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
意見書等 Subject:2011-5-6/エネルギー政策の根本的な転換に向けた意見書(日弁連)
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/653.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 5 月 08 日 10:43:31: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/110506.html

意見書全文(PDF形式・206kB)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/data/110506.pdf

2011年5月6日
日本弁護士連合会

本意見書について

日弁連は、2011年5月6日付けで「エネルギー政策の抜本的な転換に向けた意見書」をとりまとめ、同年5月7日付けで内閣総理大臣、環境大臣、経済産業大臣に提出いたしました。

意見書の概要

当連合会は、エネルギー政策の抜本的な転換に向け、次のとおり意見を述べる。

1 持続可能性を基本原則とするエネルギー政策にすること。

2 原子力発電所については、新増設を停止し、既設のものは段階的に廃止すること。また、運転開始後30年を経過し老朽化したものや付近で巨大地震が発生することが予見されているものについては運転を停止し、それ以外のものについても、地震・津波に対する対策を直ちに点検し、安全性が確認できないものについては運転を停止すること。

3 石炭火力発電についても、新増設を停止すること。

4 再生可能エネルギーの推進を政策の中核に据えること。

5 エネルギー製造・供給事業の自由化を促進し、発電と送電を分離すること。

6 エネルギー消費を抑制するための実効的な制度を導入すること。

7 排出量取引制度等によってエネルギー供給の確実な低炭素化を図っていくこと。

8 エネルギー政策が多くの国民に開かれ、国民の積極的な参加を促すものとすること。


(※本文はPDFファイルをご覧下さい)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 雨蘭KurzbachJohan 2011年5月08日 11:35:08: 6tYwmAR48ktr. : wrqJOB5pZ6
虚しい…詰らぬモノでも斬らねば為らぬのか。核反応炉事故で計画停電と使用料金値上げを無理。強いして涼しげな顔で済まそう等、とても専門家の意見とは思えぬ御粗末さ…。核融合炉や太陽光発電の技術開発を妨害し、且つ、事起こってから右往左往、馬糞程度の思考すら無い馬鹿共には何も任せる事はできんな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧