★阿修羅♪ > 原発・フッ素10 > 655.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
徳之島に原爆製造工場? / 麻声民語 (37)
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/655.html
投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 5 月 08 日 10:46:05: ulZUCBWYQe7Lk
 

(回答先: 核生成物とともに、100万年問題が始まる (uedom.com掲示板より) 投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 5 月 07 日 10:21:42)

http://amanakuni.net/pon/maseimingo/37.html

「麻声民語」から「37. 徳之島に原爆製造工場?」を転載しフォローアップ投稿とします。

=転載開始=

奄美で何が起きているかを想像しているうちに、徳之島で進行中の巨大開発は、高レベル核廃棄物最終処分場(以下、高レベル処分場)に違いないという結論に達したが、それは更に、プルトニウム貯蔵庫であり、原爆製造工場であるという妄想に駆り立てた。
 
 きっかけになったのは、インターネットで奄美のことを調べていた娘が、プリントアウトしてきた「極楽道草その4、奄美カケロマ帰郷」と題するブログである。
(http://bepal-rakugaki.b.bv-bb.net/200706/article_1.html)
これは久しぶりに帰郷した筆者が、名瀬のタクシー運転手から聞いた話として、いま「奄振」の予算の大半が徳之島のダム造りに使われているが、これは「核廃棄物再処理場」のためコッソリ造っており、ダムに向かってデッカいコンクリートの道路も造られているというのだ。再処理工場と処分場を混同したような表現はあるものの、ほぼ奄美の友人からの便りで聞いた通りなのだが、最後の一言が気になった。
 「300メートル掘って、核廃棄物を埋めるそうです」と言うのだ。噂の段階で、なぜ300メートルなどという数字が出てくるのだろう?
 
 ところがつい先日、客人から聞いた話では「最近テレビでニューモ(NUMO)が、高レベル核廃棄物の最終処分場の用地を公募していますね。若い女のイメージ・キャラクターが言うには、地下300メートル掘って核のゴミを埋めるらしいですよ」とのこと。
 そこで300メートルというのは NUMO(原子力発電環境整備機構)の宣伝文句なのだと気づいたのだ。核のゴミを地下に埋めることは予測していたが、地下300メートルといえば東京タワーの3倍近い。そんな深い穴を掘るとなれば、海の近くには造れない。
 核再処理工場ならば、イギリスのセラフィールドにせよ、フランスのラ・アーグにせよ、そして六ヶ所村にせよ、冷却水は原発と同じように海水を利用している。ところが徳之島の予定地三京(みきょう)は、井之川岳などの山々に囲まれた最内陸部の僻地である。冷却水は巨大なダムを建造するしかない。
 以上のような理由から、私は MAT計画は六ヶ所村のダミーとして核再処理工場計画に見せかけた、実は高レベル核廃棄物最終処分場計画だったのではないかと思う。なぜこんなことに今まで誰も気づかなかったのか? 奄美の仲間たちも、故高木仁三郎さんも。
 
 MAT計画があることから、徳之島本命と見られた再処理工場は、84年春、下北半島六ヶ所村に用地が決まったが、それにはウラン濃縮工場と高レベル核廃棄物処分場という3点セットが組まれていた。しかし80年代後半、高レベル核廃棄物最終処分場は、住民の反対を理由に他に用地を求めることになった。(予定通りというわけだ)
 一方、再処理工場がダミーと判明してホッと安心した徳之島だが、公共事業の名目で深く静かに基盤工事は進行していた。枝手久斗争で奄美島民の激しい抵抗にあい、ついに石油基地を断念した権力は、徳之島侵攻には徹底的な隠密作戦を採った。「核燃」の姿は見えず、開発の主体も理由も目的も不明なままだが、マスコミは何も探ったことがない。
 さて90年代に入るや、核燃料サイクル開発機構は高レベル処分場の候補地を各地に求めた。私が奄美からUターンした飛騨にも、神岡鉱山の跡に話があり、反対運動の準備をしているうちに立ち消えになった。(その後それはスーパーカミオカンデとなり、ニュートリノの研究で小柴博士にノーベル賞というおまけがついた)
 同じ岐阜県でも東濃の瑞浪には、核燃の支所があることから有力視され、反対運動も盛り上がったが、いつの間にやら音沙汰無くなった。その他、何ヶ所かに話があったが、いずれも途中で立ち消え、21世紀に入るや鹿児島県の種子島、馬毛島、トカラ列島、そして宇治群島に出まかせのような候補地が浮上し、署名運動も起きたが、トカラ列島や宇治群島は火山系である。要するにでたらめをやっていたのだ。
 
 そこで方針を変え新装開店したのが、「NUMO」である。何十億円かの電源交付金を餌に、高レベル処分場の用地を公募したのだ。06年、さっそく食らいついた四国東洋町だが、町民の反対にあい村長は落選し、反対派新町長のもとに反核条例が制定された。そして今春は奄美の宇検村でも、同じようなことが起こり、核のゴミはボイコットされた。このような用地公募という形で高レベル処分場が決定するはずがないことは、NUMOだって百も承知のはずだ。
 
 NUMOの事業目録によれば、建設地の選定は平成30年後半(2027年ころ)を目途とある。まだ20年も先の話だ。そんなバカなことがあるものか。各地の原発では使用済核燃料が貯蔵する場所もないほど増えつづけ、六ヶ所村の再処理工場は来春本格稼動すれば核のゴミは増える一方、中間貯蔵庫を設置しても限界がある。高レベル処分場の建設は急がれているはずだ。それなのに NUMOが悠長なことを言っているのは、徳之島の工事が着々と進んでいるからに違いない。
 
 これではっきりした。90年代から今日まで、高レベル処分場をめぐって全国のあちこちで行われてきたトラブルは、全て徳之島の巨大開発をカムフラージュするためのお芝居であり、ペテンであり、マスコミ沙汰にすぎなかったのだ。
 
 では、徳之島の高レベル処分場の建設はいつ明らかにされるだろうか? おそらく秘密のままだろう。六ヶ所村の再処理工場でガラス固化された高レベル核廃棄物は、泊港から夜陰にまぎれて太平洋か日本海を南下し、東支那海の徳之島に陸揚げされ、三京の地下に深々と運び込まれるのだ。徳之島は自衛隊に防衛された軍事要塞と化し、厳重なテロ対策が採られるだろう。なぜなら徳之島に運び込まれるのは、核のゴミだけではないはずだから。 
 再処理工場で抽出されたプルトニウムはどこに貯蔵するのだろうか? やがてヨーロッパからも大量のプルトニウムが返還されてくる。プルサーマル計画が実現しても、使いきれるはずがない。どこかにプルトニウム貯蔵庫が必要なはずだ。
 莫大な金と労力をかけて造るのがゴミ捨て場だけとは、芸のない話ではないか。地下300メートルも掘るのなら、途中にプルトニウム貯蔵庫や、原爆や核兵器の製造工場を造るくらい誰だって考えるだろう。
 
 しかし核のゴミならテロリストは来ないが、プルトニウムとなれば核ジャックもありうる。徳之島は軍事要塞化し、マスコミの取材はシャットアウト、島民には箝口令が敷かれ、電話もパソコンも盗聴されるだろう。そして NUMOは相変らずテレビを通して高レベル処分場の用地公募のコマーシャルを続けるだろう。
 これが私の妄想であることを祈るばかりだ。
                               (12. 3) 

=転載終了=
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月08日 11:22:42: yxstEvnWG6
投稿記事の転載元は2007年12月5日に書かれたものようだ。

丁度1年前の鳩山の徳之島を巡るごちゃごちゃを想起しました。

あと、自民党から共産党まで「徳之島で進行中の巨大開発」を知らなかったはずないんだよねえ・・・


02. 2011年5月08日 12:41:57: yxstEvnWG6
それと、言うまでもなく、各国政府は知っているでしょうな。
いやはや、原発をわからないと政治や外交はわからないというのを、初めてわかった次第で、恥ずかしい。

03. 2011年5月08日 14:42:17: yxstEvnWG6
http://amanakuni.net/pon/maseimingo/38.html

麻声民語 (37)

「徳之島でなく東濃か?」

 農林水産省が元核再処理工場予定地に、巨大なダムを建造したことから、それが NUMOがテレビで公募する核のゴミ捨て場ではないかと、闘牛と長寿の南の島ではウワサ百出。すでに地下工場が密かに造られているとか、補償金でマンションを買った人がいるとか。
 
 「MAT計画後遺症」ともいうべきこの過剰反応は、実は私にもあって、「高レベル放射性廃棄物最終処分場」のイメージは、ついに原爆製造工場にまでぶっ飛んだ。それがバカ化た妄想であり、「麻声民語37」は虚言妄語であることを自覚させてくれたのは、友人たちからの2通の手紙だった。1通は奄美・徳之島から、もう1通は東濃・瑞浪から。
 
 徳之島の友人は80年代初頭、MAT計画に対する予防闘争として、私たちがキビ刈り援農団を組織した頃からの仲間であり、彼はそのまま島に住みついたのだ。
 私の質問は、「もしMAT計画当時から奴らの真の狙いが高レベル処分場だったとすれば、すでに全島に基盤整備が仕上がっているはずであり、地下300メートルの地層調査も済んでいるはずだがいかが?」というもの。答えは、
 「現在的な道路、橋の構造では重量物の運送には耐えられないと思います。又、地下の掘削は本体工事を見る限り、50〜60メートルが限界であり、三京地区の地盤では大規模な掘削は保たないと考えています」とのこと、彼は土木関係に詳しい男なので、ホッと安心した。しかし「問題は徳之島程度の島に、600億近い金をつぎ込んで、3500町歩程の畑を整備するだけが目的なのか? 疑問あり、農水省の説明通りに受け取ることができない」とある。
 
 彼は島の若手の経営者や有力者たちと島興こしのNPOを立上げて活動中であり、手紙のラストは「まだまだ頭は動いており、奴らの思い通りにはさせません。俺は徳之島が大好きな人種です」と結んであった。
 私の不安と妄想は、高レベル処分場が秘密裏に建造されるのではないかということだった。だが、まがりなりにも非核三原則がある以上、そのような陰謀は不可能だということを、東濃の住民運動は証明してみせた。
 
 前回の麻声民語では書き忘れていたが、六ヶ所村に再処理工場が決定した後、高レベル放射性廃棄物の最終処分場として最初に白羽の矢が立ったのは北海道の幌延だった。80年代後半の反原発ブームの中で、幌延は立ち消え、次に浮上したのが東濃鉱山跡地の瑞浪である。
 
 東濃・瑞浪の運動を最初から担ってきた陶芸家であり、平和運動家である友人からは、大量の資料が送られてきた。私が同じ岐阜県下の高山にいた頃は、瑞浪との交流も盛んだったのだが、関東へ移住してからは、高レベル処分場の情報とも疎遠になっていたので、最新情報を見て愕然とした。
 
 80年代後半、核燃が瑞浪市の元東濃鉱山の地下坑道を利用して、超深地層研究所を設置したのに対して、これを高レベル処分場と見なした住民の反対運動が起きた。核燃側は「これはあくまでも研究所で、処分場ではない」と弁解、98年には旧科学技術庁長官から岐阜県知事に「確約書」が渡された。しかし後日これは政策文書であり、法的効力はなく、変更もありうることが判明した。
 
 05年、旧動燃により86年以降、処分候補地の地下調査が秘密裏に行われ、瑞浪市、恵那市、中津川市など東濃4ヶ所が選ばれていた資料が、裁判によって情報開示された。これによって処分場選定に対する不信感が高まり、透明性と住民の自主性を尊重する公募方式が開始されたのである。
 
 しかし公募方式は東洋町や宇検村の敗北を受けて、9月経済産業省は現行の「公募方式」に加え、応募がなくても国が市町村に対して初期調査(文献調査)を行う「申し入れ方式」を導入する方針を明らかにした。この方式は国の押しつけになる可能性があり、特に東濃の場合は瑞浪超深地層研究所を容認し電源交付金を受け取り、なおかつ土岐市には核融合科学研究所が立地する弱みもあって、調査の申し入れを拒否できるかどうかが問題。
 
 核のゴミ捨て場をめぐる住民の不安と疑惑、恐怖と怒り、分裂と対立、不信と憎悪、絶望と混乱などのネガティーヴな情念が、20年近くも渦巻く中で、友人の手紙は語る。
 「いろんな面で東濃は、金ビンタを皆ではり合ってやってます。小中学生の自殺も増えるでしょう。人心のみだれは彼らにとって好都合と思います。文化面にもどんどんお金が出て、みんなやられて行きます」
 そしてチラシの余白には荒々しい肉筆で「2007年12月18日 東京都で 第1回説明会が行われる」と、追記されていた。
(運動紹介「放射能のゴミはいらない! 市民ネット・岐阜のホームページ」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~renge/
 
 原子力立国の核サイクル計画によれば、新春2月から六ヶ所村の再処理工場を本格稼動させ、原発の使用済み燃料からプルトニウム等を抽出した後の液体廃棄物は、ステンレス製容器の中でガラスと混ぜて固化し、六ヶ所村の中間貯蔵庫で30〜50年間冷却安置した後、最終処分場の地下300メートルに処分するという。そこで最終処分場の確保はここ1、2年が正念場だとか。
 
 しかし最終処分場へガラス固化体の廃棄物が運び込まれるまでのこれから30年の間に、巨大な東海地震が発生する確率は87%。最近の研究ではマグニチュード9クラスの超巨大地震も予測されている。それなのに「10.26原子力の日」静岡地裁は、浜岡原発運転差止め訴訟を却下した。住民の不安を無視し、現実に背を向けた不当判決である。かくて東海大震災による被害想定は死者1000万人、首都壊滅もありうるとか。最終処分場より先に、原子力立国そのものが処分されるだろう。
                                  (12.25)

=転載終了=


04. 2011年5月08日 14:43:23: yxstEvnWG6
>>3 の「麻声民語 (37)」は「麻声民語 (38)」の間違いです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧