★阿修羅♪ > 原発・フッ素10 > 723.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山田恭暉「残り少ない人生を子供達のために被曝覚悟で福島第一原発事故を食い止める事に費やしたい」
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/723.html
投稿者 姉葉大作 日時 2011 年 5 月 09 日 18:03:04: 1eq0f123HFFf2
 

山田恭暉「残り少ない人生を子供達のために被曝覚悟で福島第一原発事故を食い止める事に費やしたい」
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/799.html
投稿者 姉葉大作 日時 2011 年 5 月 09 日 18:01:43: 1eq0f123HFFf2  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月09日 19:22:24: Flb1pCEPbM
阿修羅読者をリクルート?
昔、日本軍は好ましかるざる国民を激戦地に送ったと言う。

02. 2011年5月09日 20:00:33: UEAdErekzo
ま、作業員不足でだれかが行かなきゃいけないんだろうけど、なんか年寄りをゴミ芥のように考えるなよ。
こんなときに第一に駆けつけるべきは、原発誘致に賛成した地元住民たちだとおれはおもう。
地震や津波の被害にあって仕事がなくなったんだろう? 
行けばいいじゃないか。きみたちにはその責任がある!
補助金でぬくぬくと肥え太ったあとは、もう被害者つらか?

03. 2011年5月09日 20:04:25: UEAdErekzo
もう一度繰り返して言う。
地元住民たちよ、原発を誘致した責任を果たせ。大人なら。

04. 2011年5月10日 00:57:30: zg1HQqJF1o
>>02
現地の人たちは既にかなり行っているようだよ。自分たちの故郷を守るためにね。私もそうだが、あんただって、これまで反原発運動なんかしたことなかったんじゃないのか?それなら同罪だよ。いよいよ行く人間がいないなら、「徴兵制」で自分が行くことになっても仕方ないと私は思っているが、その時はあんたも一緒だ。

それに、原発をつくる件は現地に話が来る前にもう青写真は出来ていたんだ。現地の人たちは乗せられただけだ。そして地元が潤ったのは10年かそこらだけ。後の美味しいとこは同じ東電の資本が来てさらって行ったそうだ。

それがほんとだと信用できるのは、バブル期のリゾート開発もほぼ同じパターンだったから。地方は利用されて捨てられただけだ。


05. 2011年5月10日 00:58:08: zg1HQqJF1o
以下「週刊現代 5/7.14号」“原発の力学・なぜ福島だったのか”より、一部引用

 <前略>

 災害以降、どこにもきちんと書かれていないが、根本的な疑問を抱いている人は多いだろう。
「なぜ、福島に原発を造ることになったのか?」
 福島第一、第二原発が生む電気は全て首都圏が消費している。長い長い送電線によって、福島の海辺からはるばる送られてくる。そのためにロスする電力の量は1割近いとも言われる。
 なぜ、わざわざそんな面倒なことをする必要があるのか。どうして東京電力は東京や千葉に原発を造らなかったのか。
 そこには原発を巡る力学が働いている。

 <中略>

なぜ福島だったのか スリーマイル島の事故以来、原発反対に身を投じて来た双葉町の住民が解説する。
 「タテマエは大熊と双葉が手を挙げたことになっていますが、それは順序が逆。’55年に原子力発電課をスタートさせた東京電力が、すぐさま浜通りを第一候補としてピックアップしたのです」
 その背景には、当時、東電の次期社長と目されていたある人物の存在があった。「当時副社長だった木川田一隆氏です。浜通りより少し内陸の伊達郡の出身で、福島の地理には精通していました。県は県で、’60年に原子力産業会議に加盟。時の佐藤善一郎知事(引用者注: 1957〜1964)と木川田氏とのホットラインによって、話はとんとん拍子に進んだんです」(同前)
 佐藤知事は大熊、双葉両町長を呼びつけて行ったという。
 「あんたら、財政的に困ってんだろう。原発を誘致したらどうだ。固定資産税が入るし、将来、町の発展につながるんだから」(恩田勝亘著『原発に子孫の命は売れない』より引用)

●想定外ではなく、想定したくなかっただけだ

 ではもう一段階、疑問を進めよう。なぜ東電は、浜通りに目をつけたのだろうか。
 背景には、’60年に原子力産業会議が行なったある試算があった。
 日本初の原発となる茨城県東海村の東海一号炉が重大事故を起した場合―ー

・死者720人
・障害5000人
・要観察130万人

 お手盛りの過小評価試算でこれである。危険性を考えると、とてもじゃないが首都近郊には造れない。それが東電の判断だった。
 原発が発電するために必要な大量の水があり、人口が希薄で,他の産業が廃れているエリア。そう考えた時、ターゲットはほぼ自動的に浜通りに決まった。何のことはない。「危険すぎて首都圏に造れない」という理由で、過疎地の財政難につけ込み、福島浜松通りに白羽の矢を立てたに過ぎなかったのである。

 受け入れた町はどうなったか。双葉町議を8期務めた丸添富二さん(76歳)が語る。
「町は東電の下請け、孫請け、ひ孫請けの原発労働者で溢れ、確かにサービス業は潤った。東電の社員が4軒5軒と飲み歩き、ネオン街も栄えました。しかし、それは最初だけだった。東電の100%出資の子会社『東双不動産』という会社ができて、原発施設への物品の納入はすべて入札制になり、地元業者は排除された。また同社が『東電クラブ』と呼ばれる飲み屋を経営し、東電の社員はすべてそこで飲むようになった。釣った魚に餌はやらない、ということだったんでしょう。地元の商店や飲食店はバタバタと潰れました」

 結局、潤ったのは最初の10年で数十億円(現在の貨幣価値で数百億)の交付金を受けた町政だけだった。これも、町役場やコミュニティセンターなどの箱モノに消えた。広く整備された道路に立ち並ぶパチンコ屋とコンビニ。貧しくても住民同士支え合っていたかつてのコミュニティは、完全に失われた。


06. 2011年5月10日 02:46:55: dv1PHh8yUs
02さん、私も最初は「年寄りの犠牲」みたいに感じましたが、山田さんたち知的で、ユーモアがあって、頼もしいですよ。インタビュー見ると分かります。http://iwakamiyasumi.com/archives/9034


07. 2011年5月10日 11:42:25: 3WHyOygzDM
>04

わたしのことなど、なにもわかりもしないくせに想像でものをいうな。阿修羅の閲覧者に共通する悪いくせだ。

>。ヨ徴兵制」で自分が行くことになっても仕方ないと私は思っているが、その時はあんたも一緒だ。

寝ぼけたこといってんじゃねえよ、あほう。w


08. 2011年5月10日 13:32:14: zg1HQqJF1o
>>07

>わたしのことなど、なにもわかりもしないくせに想像でものをいうな。阿修羅の閲覧者に共通する悪いくせだ。


あんたが現地の反対派で推進派と戦ってきて挫折したとでも言うんなら、謝ろう。でもそうでなければ、あんたのことなど別に知りたくもない。


09. 2011年5月10日 21:00:25: YFoN64AWpw
知らないのなら黙ってろ。あほう。w

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧