★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 343.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小出氏に感じる不思議な既視感 (ryuubufanのジオログ)
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/343.html
投稿者 七転八起 日時 2011 年 5 月 17 日 13:12:30: FjY83HydhgNT2
 

http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/ryuubufan/view/20110517


 小出氏が異常な人気である。今日本一有名なんじゃないか? ネット界じゃそうなってる。

 今国民の最大の不安は放射能だ。この放射能について最も聴きたい学者が小出氏だ。御用学者が信頼を地に落とした今、もはや本当に信頼を置ける本物学者は小出氏しかいない。実際聴いてみると、これが実に引き込まれる人物である。
 学究肌を実感させる物腰。真摯な受け答え。国民が知りたい放射能や原発について日本一の薀蓄を直感させる。
 国民の放射能についての知識の要求は、今や巨大な量だ。巨大な需要がそこにあり、それが小出氏だけに向かうという現実。恐ろしい放射能の事を本当に語れる人物を国民は求めている。恐ろしさをごまかすような部分が少しでもあれば、国民は離れる。原発推進派に属していた学者や専門家がほとんどだったのであろうから、国民の需要に真に応えられる学者専門家はそもそも希少なのだ。

 小出氏をビデオで2,3回見てる時、何か不思議な感じがあった。ずっと前からこの人物を知ってるような感じがする。以前見たような。学生時代にこういう雰囲気の仲間がいたような感じがあるような。そんな感じがもわ〜っとある。しかし、不思議な感覚はもっと奥から出てきてる感じもある。表面的な既視感ではなく根の深い既視感と言うのか。

 実はこれが小出氏を今異常な人気にしている部分なのではないか。みんながこの人物を昔から知ってるような感じがしている。つい今しがた知っただけなのに、もう遥かずっと以前からの知り合いのような感覚でいる。つまり皆にとって小出氏が特別な存在なのだ。
 こんな事って通常はあり得ない。皆それぞれに過去を持ち、それぞれの特別な存在がある。過去に縛られた特別という事になる。実際の過去の記憶がそこにある。小出氏なんて誰も今まで知らなかった。過去の記憶はゼロだ。しかし見れば見るほど、過去の記憶が甦るような感じが出てくる。

 これはどういう事なのか。風景の既視感というのはままある事だ。しかし人物に関して多くの人が(多分だが)既視感を感じるというのはほとんど全く無いのではないか。本当に小出氏なんて全く知らなかった。今度の大事故が無ければ知る筈の無かった人物だ。ネット界、国民全員にとってそういう事だ。それが等しく既視感を感じるとは「異常」である。この部分に大変興味が湧いてくる。湧かない方がおかしい。

 ハッキリ言って、今小出氏は大変な存在になっている。孫正義の脱原発宣言も大変なものであったが、それを超えている。国民の巨大な需要に応えられる唯一の存在なのだ。圧倒的な存在だ。もう事実としてそうなっている。商品化される小出氏を心配する人もいるが、小出氏を見ているとそんなヤワな人物じゃないと思える。学究肌だが、同時に「しゃべり」も大したものだ。ハッキリ言ってスター性がある。小出氏自身その事に気づき始めているのではないか。単なる学究肌の学者じゃない。
 小出氏は学者であると同時に思想家でもあり、啓蒙家でもある。非常にワイドレンジな人物である。つまり、小出氏とは真の知性なのだ。そういう人物には皆が既視感を持つだろうし、その発する言葉を100%以上に受け入れる。心の奥深くで繋がる存在だ。

 小出氏はいきなり国民の心の奥深くと繋がる存在になった。これは既に小出氏の巨大な影響力の現出を意味している。小出氏はそもそも反原発の道を歩んだのであり、その存在は政治的であった。学究肌の学究バカじゃないのだ。小出氏の政治性は元々あったのであり、それが今突如として大インフレーションを起こしたのだ。この点にネット界は大注目しなければならない。小出氏には巨大な政治性がある!!

小出氏は反原発の道をアカデミズムの中で歩んだ。この部分が非常に大きい。結果、万年助手。しかし、今小出氏が圧倒的な信頼を得ている部分に京大原子炉研究所の肩書きがある。ずーっと研究を続けてきた本物の学者である部分が、国民にも政府にも発言力を与えている。「万年助手」すら小出ストーリーの重要な部分だ。反体制と体制を併せ持つ存在である。小出氏は考えられない位に絶対的なポジションに今いる。万年助手は今や日本一の権威である。今度国会で参考人として発言するそうであるが、もはや小出氏は巨大な政治的存在である。

 反原発の正に巨大シンボルだ。原発推進の旧体制にとって、小出氏は圧倒的な壁になる。国民は小出氏の話を聴く。政府の話など聞かない。原発の怖さ、馬鹿馬鹿しさを国民は小出氏から完璧に教わる。旧体制は小出氏の真の知性の前に完全に跪く事になる。
 小出氏の存在は今や政府にとって脅威である。小出氏は国民の心を掴んでしまった。国民と政府の前に大変な存在が現れた。ネット界が小出氏をどんどん露出させている。ネット界も小出氏と共に拡大する。デマゴミを駆逐する。

 小出氏に感じた不思議な既視感。神様からの贈り物かも  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月17日 13:20:25: euuGBg5LS2
誠実だからではないでしょうか、
昔、子供だった私達のまわりには、あのようなかたが、いたような気がします。

02. 2011年5月17日 13:26:34: 0GJJznkobY
陶酔的な視点というのは、その陶酔対象に賛同しない人にとっては
疎まれ、軽蔑される対象にしかなりません。

どんなに真っ当なことを言っていても
その人が陶酔的であれば、「信者乙」といわれ
まともに話も聞いてもらえなくなるでしょう。

個人的に好意をもったり、特別な感じを抱いたりするのは
結構ですが、陶酔的な視点で小出氏のことを語り、カリスマ扱いされるのは
小出氏にとっても迷惑なことではないでしょうか。
彼は、一学者、底辺の学者でありつづけたい、と思っていると思います。


03. 2011年5月17日 13:29:43: 03bw0jfJsI
ぜひ この方も加えてくださいな(^O^)肥田先生が94歳まで長生きされて重い体験を話してくださった。今の私たちに貴重な体験を教えて下さっている。今一人でも多くの日本人が耳目をそばだてて見て聞いておかなければいけない。立派な方だ! マスメディアでも取り上げて、報道せよ;+;

04. 2011年5月17日 13:44:46: IWRxOjotbE
日本と日本人を救うヒーローがやっと出現しましたね。
こういう人のことを真のカリスマというのでしょう。
日本が滅亡の危機に陥ってからようやく浮かれていた人民は気が付きました。

小出博士ら熊取六人衆は、40年もずっと同じ事を主張してきたわけですが、
こうならないと愚民大衆は気が付かない。
それでも我慢して丁寧な説明をしている。
裁判を経験しているから、慎重な言葉遣いで、元もと表現力も上手い。
鋭い知性で愚民にもわかりやすく表現して・・・信念の人です。
どうか、お体を大切に・・・
きっと素晴らしいご両親に育てられ、今のご家族も素敵なのでしょう。

どこかで会ったような、という既視感はなんでしょう?
恐らく、あなたの魂の中にも、こういった良心、真実、信念に共感するものが
あるので、共振したのでは、と思います。
つまり、人間は誰しも、この人のような清々しい純粋な心があるのです。
それが多いか少ないかの違いで人間は生きているような気がします。
まっすぐにも、ぐにゃぐにゃにも、歩いています。

お金と名誉に釣られて血迷い、偽の言論をテレビなどで振りかざし、
自分と家族以外の国民を犠牲にしてもいいや、
自分の金さえあれば良い、という政府、官僚、政治家、東電などの
大企業幹部、原発推進論者などは、全身のどこを探したら、
こういう純粋な心のかけらがあるのか。

 0.0001マイクロシーベルトもあるのか、点検すべきでしょう。
 


05. 2011年5月17日 13:49:56: Fxsqqr4nU6

気持ちは分かるが、
持上げ過ぎは気持ち悪いです。

本当に彼の事、周囲の事を思うなら、
提灯販促屋みたいな事はやめましょう。


06. 2011年5月17日 13:52:07: dTF0fOKjr6
小出さんは確かに誠実だが、その誠実さは相当ラディカル(根源的)である。
 一週間ほど前のラジオで、「核廃棄物は東京に埋めなさいと私は言っている」と述べていた。
通常「原発が安全なら、東京に作ればいいだろ」と語られる場合は、「どうせそんな事できないだろ」という含みがある。
 しかし、小出さんは、本気で東京に埋めるべきだと考えているのではないだろうか。弱者である過疎地に押し付けるのではなく、日本の心臓部で受けとめなければいけないと考えていると思われる。核に手を出した以上、そのリスクから目をそらすなということでもあるだろう。
 こうしたラディカルさが根っこにあるが故に、小出さんの発言にはブレがないのだ。

小出さんの発言を支持するとは、このラディカルさを自分も分有するということである。
私は、支持する。
 


07. 2011年5月17日 13:53:09: 1bI51T5To6
七転八起さんは小出氏と過去世で縁があったのではないでしょうか?
今世で会いましょうと話し合って来られた仲だったのではないでしょうか?

08. 2011年5月17日 14:13:20: wdA2VSuozE
我々が長い間見る事のなかった、真の学者の姿を小出氏に見る思いだ。冷静な知性と暖かい人格。この歳まで助教授でありながら、人々のために研究を続けて来たと言う環境が、氏を別格の人物にしていったのかも知れない。
この人の声を聞くだけで何故かホッとする。それが自分だけではないと分った時、まだこの国には本物を識別する力が残されていると感じた。
国民は真実のみを切望している。それがどのように悲惨な情報であっても、もう受け入れられる段階に来ている。今後の小出氏を追っていきたい。

09. 2011年5月17日 14:20:42: X57ffmocW2
 08>助教授で無く、助教は旧呼称助手ですよ。
学問の世界では、最下位になります。
 爺さん

10. 2011年5月17日 14:31:17: 5IqP7qGYJw
>09
私のコメントではありません。投稿ネーム「爺さん」より。

11. 2011年5月17日 14:32:46: cHLuO708IQ

それは、学問、真実を追究する学ぶものの立ち位置、生き方そのものだから。

かつて羽仁五郎氏が言ってたように、大学が真実を探求するものの砦であり、
いかなる権力からも独立すべきところだから。

真実とは、民を騙して支配しようとする権力にとって、知られたくないもの。
真実を知ろう、学ぼうとするものは、
人間として生きる立ち位置を求められるものである。

だからそこに、私利私欲のない学ぶものの姿、
かつてあったが、いまはあまり見られなくなった姿をみるからだろう。

それを政治云々と言っては、いけない。


12. 2011年5月17日 14:35:18: ddycvP08Zr
マスゴミ特にテレビで解説する東大御用学者たちの
品性に欠ける面構え、空虚な発言内容が既に破綻した
「原子力安全神話」を支えていた?

…んな分けはない。多くの人々の無関心こそが神話の
一人歩きを放置していたのだ!


13. 2011年5月17日 14:36:33: G3gj6mvDCw
「本当は自分も思っていたこと」を言葉にしてくれるからではないでしょうか?
公開討論会での、大橋さんとの論戦のビデオを見ても、あんな風に高圧的な態度をとられたら、ものすごい悔しい思いもするけど、なかなか言い返せない、でも小出さんは即座に言葉にして反論できる。ただ、ああなるには相当な学問の積み重ね、努力が必要なんでしょう。

小出先生のおかげで、学問をする意味を見出した。なぜ、科学という学問を学ぶのか、なぜ、国語を学んで、表現力を身に着けるのか。歴史を学ぶのか。礼儀や作法を学ぶのか。悪魔と戦うためだ。


14. 2011年5月17日 14:55:28: ibwFfuuFfU
本当に小出氏とその活動を支持するのなら反原発を訴えてきた政党に投票しなければうそだ。

15. 2011年5月17日 15:32:16: rpEdVGN6HQ
小出さんも、あまり影響力を持つようになるから、もう検察とマスコミが裏工作を始めているかもしれない。あぶないあぶない。

16. 2011年5月17日 16:08:54: 03bw0jfJsI
再投で〜〜す>>ぜひ この方も加えてくださいな(^O^)肥田先生が94歳まで長生きされて重い体験を話してくださった。今の私たちに貴重な体験を教えて下さっている。今一人でも多くの日本人が耳目をそばだてて見て聞いておかなければいけない。立派な方だ! マスメディアでも取り上げて、報道せよ;+; 

17. 2011年5月17日 16:32:05: Gt5KbLTT1s
小出氏もそうですが、京都大学の良さを感じます。反対の研究にも予算を付けて研究の機会を与えるのは、本当の意味の研究機関である証明です。

東大は、最高の大学なんて嘘です。政治とリンクしているので、最高権威があるように見せかける国策です。東大に反原発派が誰もいないのは、学問の場として大きな問題です。

自分の研究をしたければ京大。国策に従って自分を殺して金儲けをしたければ東大でしょう。反対意見も認める関西の懐の深さ、バランス感覚の良さを感じます。

捏造された東大ブランドも今回の放射能で汚されてしまいました。


18. 2011年5月17日 17:03:57: N9J69vV5mo
小出氏の講演で、必ずで出てくるエピソード。

チェルノブイリの時、、猫を抱いて泣きながら避難する女性の写真。
ずーっとこの女性が何を手にしているのかわからなかったと氏は言う。
つまりずーっとこの写真を忘れていないということ。

氏の根底には強烈なヒューマニズムがある。


19. 2011年5月17日 17:17:24: BDhFTjTqng
日本人は肩書に弱いから、東大の教授が言うと
すべて正しいと思ってしまう良くないね

20. 2011年5月17日 17:23:10: pH4EXM1cE2
小出さんはさすがだ、この人に前々からマスコミがスポットライトを当ててたら
原発事故の可能性、それが起きたときの危険性を世に知らしめていたらと思うと
残念至極だな。 ただ東京大学にも高木仁三郎さんがいたんだから、東京大学原子力研究者もヒューマニズムに富んだ学者魂がある人がいたんだ。 東大ブランドは
健在だろう。

21. elsa 2011年5月17日 17:29:44: mQJVW2xJEKTvw : Rr200v5N02
小出さんの凄さと、簡単には崩されないだろうところは、
出世を望まず、仲間を求めなかった点だと思う。

30数年、実質、助手でいて何の不満もなかったこの人の人格が、

この人の最大の武器である。


22. 2011年5月17日 17:34:14: euuGBg5LS2
班目とか、大橋とか、なんかポリネシアンな最近関村の代わりとか、
赤塚とかのマンガに出てきそうだよね

保安員の西山も。

東大の原子力関係の教授は二流。


23. 2011年5月17日 18:06:08: Get9aY0xRA
小出氏が今までやってこれたのは、今こうしてやっていられるのは、決して彼だけの成果ではないこと。
熊取6人組という仲間は勿論のこと。その他多くの原子力と放射能の危険の本質を追い続けた科学者、ジャーナリスト、市民が彼の周りには常にいることを忘れてはいけないと思う。
そのことを最も謙虚に理解しているのが小出氏自身だと思います。

24. 2011年5月17日 18:45:30: Et1vhJ5rpg
既視感?
デジャブ?

そういう感覚というのは個人的感覚です。

こういう言葉使用での個人の神格化はやめましょう。

誰よりも小出さん自身が気持ち悪がるでしょう。

理論で話をすすめましょうよ。

でなければ、多くの人たちが彼の言葉を受け入れなくなります。


25. 2011年5月17日 18:52:27: jlosLqiUEo
>20 
 今はなき、もと原子力資料情報室代表高木仁三郎先生は、東大ではなく、昔の東京都立大学の助教授だったはずです。

26. 2011年5月17日 19:08:50: QmyrjoZuIs
>>08さん
小出さんは助教授では有りません。
昔の言い方では助手です。
助手→助教授→教授の序列です。
このかたは人に命令される事も無く、また命令する事もないご自分としては居心地の良い職階だと云われていました。
人の心の源点をお持ちだと思います。

27. 2011年5月17日 19:27:12: pHRwMJx5LR
今回の惨事で心が参ってしまい、いつも不安です。いつも哀しくてやりきれなくて怒りが渦巻いていて、駄目になりそうです。
 
そんな時、小出先生の声を聞くと、心からほっとします。誠実で真摯で謙虚で優しくて、それでいてどこまでも知的で、芯は絶対曲げない
・・・・こんな立派な方が大阪にいらしたことを本当にうれしく思います。

大橋との公開討論を見ましたが、あんな傲慢な非人間的なやつらと40年間闘ってこられたことを思うと、その40年がいかに重いか分かります。こんなことがなければ一生知ることのなかった先生ですが、本当に科学者のあり方を身をもって示してくださっています。小出先生だけが信頼でき、なぜか安心できるのです。

米国の「正義」は強者の傲慢   という記事を読んでも、先生が虐げられているものの側に立つ方だということが、はっきり分かります。そのことで、ますます先生の温かさが分かります。小出先生がいつまでもお元気で私たちの側にいてくださることを祈っています。すべての原発を止めるまで小出先生と一緒に闘いましょう。私たちが立ち上がることを一番期待していらっしゃると思います。


28. 2011年5月17日 19:54:58: AfZ2lL1W6Y
小出さんは推進派と相当、やり合って来ているようで、
判らない事は解らない、はっきりした物言い、ブレ無い言葉は戦いの果ての本物だと思います。
今の立場を維持されてるのは、京大に気を使っているような感じもしますが、
助教だからこそ出来る事だと思います。
世界の為、躍進してもらいたいです。


29. atama 2011年5月17日 22:19:46: FSsebxualQVWw : nUKPKNPl3o
小出先生は原子力の専門家でしょう。放射線医学の専門家ではない。
原発はとにかく反対。放射能もれはほんのわずかでも害がある。という説です。
あの独特の口調に、何やら怨念に似たものを感じます。阿修羅はすっかり
小出先生に洗脳された。政府も、マスコミも疑ってかかるのならこの人も
疑ってみてはどうか。

30. Gilles 2011年5月17日 22:25:05: kTehCzGAgxl/2 : qj3majsn12
小出先生の講演・勉強会系の映像は多々ありますが、Youtubeにある「放射能をかみ締めながら」は、それらの中でも秀逸です。
これらで言及しているのはチェルノブイリ原発事故の件ですが、だからこそ氏の仮借ない(=本当の話の)事故勃発の際放射能の影響に関する意見を聞くことができます。
更には現在見聞きする氏の意見は、20数年前から全くブレていないことも感じてもらえると思います。

是非Youtubeを検索してください。


31. 2011年5月17日 22:41:36: A4GQ7o9O02
京都大学原子炉実験所の創成期の所員の採用にあたったと思われる元所長さんの裏話です。
現在のような採用基準ではなかなか胆のすわった、器のでかい所員はなかなか採用されないでしょう。採用する方の器のデカさも求められます。

小出さんは、東北大学時代かなり過激な反原発の学生運動家だったらしいですが、

捨てる神あれば、拾う神ありでしょうか。

京都大学名誉教授、元京都大学原子炉実験所長 柴田俊一著「新原子炉 お節介学入門」一宮事務所エネルギーフォーラム2005年発行

P362より引用   第V部「原子炉」の隙間から世間を覗く KUR(京都大学原子炉実験所)所員公募、秘密でない裏話
「ーーーー(前略)ーーー引用始めーーーー
共同利用研究所(京都大学原子炉実験所KUR)の所員は、「全国」共同利用を円滑に進めるため、という考えから、全国公募が原則となっている。この段階になるといろいろな話が持ち込まれるようになった。
この公募に絡む話も多かった。当時かなり活発であった学生運動を熱心にやった学生で、就職できそうもないのがいるので、所員に採用してもらえないかという話であった。上述のように、そういう条件はあまり気にしないので、では一度会ってゆっくり話をしてみましょう、双方で納得となったら選考には力になります、と返事した。やがて、熊取へ次々本人が現れて話し合いをした。
私は毎回、同じような話をした。個人の思想信条では選別しないが、ここでは原子炉を守り、原子力研究を進展させる責任がある。何を考え、外で法に触れない限り何をしても一向に気にしないが、所内でのまともな努力を妨害する行為は許せない。君もこういうまたとない貴重な場でまじめに仕事をして、学問、技術のレベルを高めることは一番大切なことではないか。ろくに仕事をせず、力もないのに空論ばかりやっても世間では信用されないよ、というような話である。
選考会議の直前に候補者の都合に合わせて仙台まで自分からでかけて行ったこともあった。もし、意見が合わなかったら、と少し心配したが、杞憂であった。
そういう人達が次々採用されることに気が付いた事務長が「先生はああいう人達が好きですか」と心配したこともある。
ーーー(後略)ーーー引用終わり』

この中の選考採用されたのが、小出さんかどうかは、元所長さんは書かれておりませんが(笑)


32. 2011年5月17日 23:34:28: qzV1GmEJoA
小出裕章先生のとつとつとした態度・話し方・優しいけれど良く通る声・・・癒されます。原発についてだいぶ勉強させて頂きました。どんな理由をならべられても原発はいらないと強く主張できる様になりました。人間が消えて残された動物たちだけが、悲しく徘徊する町。涙が出ます。

33. 2011年5月17日 23:47:33: StJJMSv1Ik
既視感なんて全く感じないが。ハンサムであるとか声がいいとも言われるが(という意味での評価もネットで複数見た)それも皆目分からない。私は女性だけど、この点についても「そうか?」としか思えないんだが・・これは個人的趣味の問題だからまあいいとしても、私もこういう持ち上げ方は好きじゃない。小出氏本人も当惑するだろうね。
勿論小出氏のインタビューを書き起こした物などは積極的に読んでいるし、評価もしている。彼は「反骨の士」という所だろう。

34. 2011年5月17日 23:55:25: sjlm4dYB5g
以前に、確か九州の佐賀原発だったか、プルサーマル発電で市民説明会があり、プルサーマル推進派教授として東京大学工学系研究科システム創成学専攻の大橋弘忠教授、反対派として京都大学原子炉実験所の小出祐章助教が登壇され、プレゼンと質疑応答がありました。

大橋氏の受け答えはいちいち人間としての卑しさがにじみ出ており、反吐が出そうになった記憶がある。こんな人間性に欠けた人が東大の教授なのだと呆れかえった。大橋氏は教育者として失格である。下を見下し、上の人には媚びを売り、偏差値のみ高く、教授までのし上がった人物なのだろう。一方、小出氏は誠実かつ適確な受け答えがなされた。大橋氏とは月と鼈で、比較にならず、大橋氏が助教で小出氏が教授ではないかと思った次第である。

大橋氏が教授でいることからして、大学職位の実態を垣間見た感じがした。とにかく小出氏は信念に裏打ちされた人生を歩んでこられたが故にぶれがなく、不思議とぐいぐいと引き込まれる強い印象を記憶している。既投稿者も同様の印象を持たれた方もおられるようだ。


35. 2011年5月18日 00:08:34: Gt5KbLTT1s
利権や団体の代表として当選した政治家が、最も嫌うのは高い投票率です。
次回の選挙には必ず投票に行きましょう。

がんばろう有権者

そうだ選挙に行こう委員会


36. 2011年5月18日 00:30:24: hYIDfSXhOY
持ち上げすぎとか気持ち悪いとか、年寄りの冷や水を浴びせる人がいるんだけど、そこまでの感覚は無いね。論文もいいが、こういう個性が反映した味のある文章もいい。

37. 2011年5月18日 02:52:26: fDJRNhHeDo
落ち着いた語りの中に優しさと怒り(こんな事故がなければ、反原発にはほとんどの国民が興味を持たなかったことに対する)を感じます
原発の怖さを知りながら
真剣に原発反対運動をしている人に「国策なんだからしかたないよ〜」
そんな冷めた目で見ていた後ろめたさがあるからかもしれませんが

38. 2011年5月18日 05:57:47: 3D5ZHS6N0E
未曾有の事態、世界中が固唾を呑んで視ている中で、日出る国はどのようにして放射能に対処しているのか、またしてくれえるのか。日本の政治家は此処を向いて何をやろうとしているのか、機能不全とというか「無政府状態」いや傀儡政権で日本を溶かしてしまうつもりなのか。そんな時に聞こえて来た小出先生の声は「神の声」に聞こえた、そして防護服もつけずにマイクロバスに乗る天皇皇后両陛下のお姿、大きなランドセルを背負い学校に向かう小さな子供達「おはようございます」と大人達に向かって声をかけてくれる、いじらしくて泣けてくる。何とかしなければと東の空を見上げて想う。

39. 2011年5月18日 06:12:40: eG329MoZAw
3.11事件の後、小出さんの存在は私にとって救いです。

小出さんの誠実な語り口、話から思いやり(孔子の説いた ”ジョ”)が落ち着いた語り口に感じる。

小出さんの知性あふれる理論の説明は理路整然でわかりやすい。

人間性が溢れる態度と言葉で語る 原子力発電事情で疑問が消えて安心が出る。

私には小出さんは天が送ってきた日本国民への救世主です。

もし 小出さんが説明してくれなかったら、今 国民は不安と恐怖と怒りと絶望

の淵にいたことでしょう。小出さん有難う、これからも原発反対を続けるでしょう

が、これからお世話になった学んだ私達が一緒です。

小出さんの後ろには国民が付いて行きます。 これからは一緒です。

一緒に原発反対、原発撤去を訴えて行きましょう。


40. 2011年5月18日 06:30:35: xUwk4kggrE
きちがいに刃物とか
猫に小判とか
昔からいろいろ格言はありますが

原子力を知らない方々が原発を推進している。
威勢はいいが知能がついていっていない。

第二次大戦といい、今回といい
同じ事を繰り返している。

原発を推進するなら、もう少し賢くなってからにしてもらいたい。
福島では花見もできないし、観光にもいけない。すめないところもある。
多くの人々に健康被害を与えている。
関係者の諸君、とてつもない業務上過失悪事を働いた事を自覚してもらいたい。

もっとも、賢くなったら小出さんのようになると思うんだが無理でしょうね。
二度あることは三度あるといいますから、また同じ事を繰り返すんでしょ。


41. 2011年5月18日 07:34:10: dlp5rHUhkk
真実を追究する学者の姿はすばらしい。更にご活躍をお願いします。くれぐれも冤罪に注意して下さい。経済学者の植草一秀さんや地震学者の島村英紀さんの様に政府や米国に対して目障りな人は冤罪に引っかかっています。学者に限りません。政治家も同じです。小沢さんもそうです。日本を愛する良識ある国民はみんなでこのような人を守りましょう。正義がまかり通る真の民主主義国家を早く日本に実現しましょう。

42. 2011年5月18日 07:53:08: hdsk8AjMcs
京大の小出裕章さん以外の原発関係の情報はウソばかりで、3月中旬からは東大系の原発推進派の御用学者。幇間専門家。などのコトバは一切聞きも読みもせず拒否しています。腐敗した国賊のような原発推進派の連中は東電や電事連などからの甘い汁を吸い過ぎてボケが来ていたのです。原発を推進してきた御用大手メデイア11社や通信2社も政治家も同罪です。謝罪は口先だけで、何と(今後も原発を推進する」とか(放射線は健康にいいんだ」などと先日朝日新聞に東電元副社長の加納時男が開き直つていました。狭い国土を放射能汚染で無人の死の地にし、日本人をジエノサイドする恐れの有る原発を日本から一基残らず廃炉にし、たたき出してください。原発推進派は核テロ攻撃よりむしろ空爆を受けたような(制御不能で出口無しの放射能被害を国民に与えて苦しめ続けている。これが原発推進派の悪行だ。国賊でないとでも言うのか。

43. 2011年5月18日 08:21:44: YuVdm8YFSI
教祖と信者見たいですね。
この人御用学者と基本的に同じなのでは?
単に対極の事を言っているだけ。
なぜ日本人は、対極から対極へ思考が飛ぶんだろう?
クスリだって、ダイナマイトだって危険な人達が使えば、危険何ですよ。
ただ今回の事故で、原発開発から管理まで、危険な人達が使てきた事が
判ったということですね。

44. 2011年5月18日 08:32:31: wdBQoyNUvo
小出先生の助教は、ご自身の意志の様です。京都大学は、教授等に成るには、申請が不可欠なのですが、小出先生は1度も、その申請をされた事が無いそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=ujYJOMUUJ3k&feature=related

1〜8までじっくり見ると、その事が語られています。

肩書にこだわらない所は、小澤元代表に似ていますね。


45. 2011年5月18日 09:14:47: oZVDQBQsac
小出先生はすべて東電や政府機関の発表したデータを基準にして推論している。それ以外のデーターに依存することはない。

このことが信頼感の基礎になっているのではないか?

1.発表されたデーターが真実であれば小出先生の推論はますます正しいものとして評価される。

2.発表されたデーターが欺瞞やミスに基づくものであれば彼の推論はそのことを暴露するなによりの証拠となる。

小出先生は以上の2つの結果のいずれかをもたらすような周到な計算に基づいた推論をしている。どちらの結果にしても東電や政府機関の発表の「騙し」や「いい加減さ」を白日にさらすことになる。

良き例示ではないかもしれないが、占い師が相手の話をよく聞いたうえで、聞き出した情報に基づいて占う事により「良く当たる」と錯覚させる手法によく似ている。
彼が占い師と違う点は単なる感に頼らず徹底した科学者の目で推論する点だ。

この意味で、小出先生は立派な科学者でもあると同時に人々の心をつかむ大衆性を持ち合わせているのではないか。

反原発の運動にとって貴重な存在であることは間違いない。


46. 2011年5月18日 09:22:48: EMW1TJUeds
金も名誉も要らない。今日本は、未曾有の歴史的危機にあります。このような時こそ、明治維新の志士達のような尽忠無私の本物の人達が必要なのです。

47. 2011年5月18日 10:10:19: FW1zqRal4M
小出先生が信じられる、そして引きつけられるという事は、そのことを受け入れる私達や多くの人々のこころの奥底にも真があるという事ですよね。私達も小出先生のように感じ、行動できるという事ですよね.それがとてもうれしいです。

48. 2011年5月18日 10:20:17: QDOXlxmHrs
東大は40年経過した原発と同じ。早く廃校した方がこれ以上害を蒙らずにすむ。

49. 2011年5月18日 10:21:57: NRvAM7Ti0k
まあ怪しい人物だよ、
小出氏自身はわからないけど群がってくる人達はね、
孫に期待してるところを見るとなおさらだね。

50. 2011年5月18日 11:34:40: mS7XYoY2No
この投稿も、みなさんのコメントも素晴らしいと思う。

かくゆう自分も小出先生の大ファンの1人です。

大学や活動で様々な苦境があったと推測できるが、当の本人はそんな事を苦にも

していないし口にも出さない...なんという器の大きさなのだろうか。

小出先生がきっかけで原発問題を知ることになって勿論に他の専門家の書籍など

も目を通すが、小出先生は知りたい情報や驚くべき情報を丁寧に解り易く、

理路整然と説明してくれるので理解が早かった。

小出先生の情報で一番驚いたのは群馬県高崎市にある国際的な測定機関があり、

そこでは包括的核実験禁止条約に基づいて世界中のどこかで秘密裏に核実験を

監視する国際的組織で大気中の微量な放射性物質を常に検知検証する研究機関が、

3/15〜3/16に、ヨウ素135が大量に検出されたこと。これは半減期が6.7時間と

極端に早い特徴を持つが水蒸気爆発では発生せず核爆発・核暴走で検出されるとの

内容が大まかでしたが、小出先生も核暴走は考え難いとの見解でした。

原子力発電は地球人類環境汚染!もっと早くみんなが、この事に気付いてたら...

正力と中曽根が作った金権利権の日本最大の電力詐欺巨悪事業

電力会社+テレビ局+新聞社+政党+官庁+大学+=原子力発電所事業計画

最近テレビで中曽根は原子発電を誘致してよかったと言っていて腹が立ってきた!

中曽根発言を要約すると原発には危険はつき物で、これは航空事業や宇宙開発と

同じリスクみたいな事を当然のように喋っていた。

はっきり言って比較にならない!こんな事が判らない人が原発を作らせてた。

知らない間に54基+六ヶ所村保庫を工作されていた!
(現在は災害で三分の一の18基停止中+浜岡原発停止)

知らない間に電力会社と原発会社と国で勝手な保身法律が作られていた!

長い間何十年も電力出力コストの改ざんデータで騙されてきた!

そして放射能・プルトニウムが安全だということを長い間刷込まれてきた!

まったく悪質な隠蔽・情報操作が明るみになってきたのも小出先生たちが

頑張ってきたからです。ネットで呼びかけて運動や活動をして暴いてこなかったら

もっと悲惨な現実だったと思いますし、悪行が継続していたと思います。

浜岡原発が停止しましたが、あくまで停止で廃炉にする気がないみたいです。

あれは管の若干支持率アップを望んだパフォーマンスで安全対策が施されたら

時期を見て計画停電を装って、電力不足を言い訳に復活させる計画と見ます。

なぜなら民主党:岡田幹事長は青森県に新規の原発事業の計画があるからです。 


51. 2011年5月18日 11:59:49: Hkqmp82loU
>13 に同意

私もあのようにバカにしたような東大教授の発言があったら、絶望的になって反論する気力もなくなるかもしれない。

反対派市民にとっては心強かったと思います。


52. 2011年5月18日 12:08:18: IWRxOjotbE
43と49は、バカじゃねえが?
難しく言うど、無知蒙昧。
そっちのほうの道へいぐと崖で落ちるだよ、といくら言ってもわがんねえで、飛び込むような奴らだな。
まあ、自業自得、自己責任で悪魔についていってくれ。

53. 2011年5月18日 12:17:51: UTaCFPUlqc
↑に同意します。

54. 2011年5月18日 12:27:07: DX5Ntj9RFs
>>43
面白いことを言いますね。

一番の問題は、御用学者の言ってきたことは嘘ばかりだったということです。「メルトダウンなんてしない」「プルトニウムは重いから飛ばない」「放射能は少しくらい浴びた方が体に良い」などなど、今となっては全部外れていることが馬鹿でも分かるでしょ?あなたには分からないのかもしれませんが。

それに大して小出さんの言ってきたことは全て当たってきた。しかも言っていることが全くぶれていない。何しろ40年近く前から原発に反対し、原発の危険を説いてきたんだから。

御用学者と対極のことを言っているだけとか、わけのわからない論点ずらしをしてまで小出さんを貶める理由は何ですか?

まあ僕も投稿者の人ほど彼を持ち上げるつもりはないけど、十分に信頼しています。


55. 2011年5月18日 12:40:41: 8LqOMzR4NE
小出先生は37年間自分のやりたい研究をやってきたと述べておられました。
自分もラジオでの説明を興味深く聞かせてもらっていますが、もし福島が落ち着いたら(ここ1〜2年の話ではないと思いますが)どうだろうか?かってに持ち上げて後は見向きもしないという様な事にならないだろうか?ずっと冷静に分析するのは大変な事です。
自分自身、福島第一原発のことが起こるまで原子力についてどれだけの関心があっただろうかと考えると少しさむいものを感じる。これが私だけの感覚ならよいのですが。

56. 2011年5月18日 12:47:16: XK4p1q3YEc
確かに親近感を感じるが、相手は昇進欲がないだけの理系エリート。
講演会で一方的な親近感からかナメた質問をしたオタクが失笑されスルーされていたな。

57. 2011年5月18日 12:47:49: Zc4LsHROVM
小出助教授には頭が下がります。なぜ助教授、助手待遇のままかと言えば、本人曰く教授の申請を一度も提出したことがないそうです。(教授になるには京大の場合は本人の申請が必要だそうです)                      もし教授に推薦されていたら原発反対についての自由な発言はできなかったそうです。
自らの立身出世を省みず、日本の将来に警鐘を鳴らし続けてこられた生き様に対してりっぱとしか言いようがありません。                   管も少しはみならったらどうなんだ。
でも管に対しては無理な注文かもしれない。
管には他人を押しのけて数十年生きてきたのが、体に染み付いて、それがにじみ出ているから管の不支持者が更に増えるのである。
もし内閣不信任案が可決されたら、解散の選択肢はないとされているが、こと管には当てはまらない。

58. 2011年5月18日 14:32:59: Pj82T22SRI
小出助教(助手に対応)の人気は、危機的状況で、彼自身が、昔から信念をもって反原発という反体制的な政治的立場を貫いている少数の科学者であった点が大きいが

一番の理由は、現在の政治不信、既得権の権威への不信の裏返しだな
仮に、彼が体制の中で改革を行おうとすれば、長妻昭や
湯浅誠のように、ほとんど何もできない状況に追い込まれる

根本は、個人の資質というより、日本の官僚と政治、利権構造の問題だからだ



59. 2011年5月18日 15:28:14: cFzt1Ij9HQ
 

小出助教は立派だが投稿者は気持ち悪い

下手な持ち上げはひいきの引き倒し


 


60. 2011年5月18日 16:43:46: mS7XYoY2No
気持ち悪いという表現が逆に気持ち悪いよ、はっきり言って

いちいち無理してコメントしなくてもいんじゃない、コメントが幼痴だから


61. 2011年5月18日 17:20:34: tUQiHXHpgM
最近ときどき大手デマメディア(TV,毎日変態新聞など)に出るようになった。TVの場合はほとんどがVTR出演で東大御用学者より短い時間だけ。マスゴミどもも隠蔽の片棒担ぎが限界に来てアリバイ作りのために小出先生を利用しだしたのかと心配です。今さら感が強い大手馬鹿メディア共!!

62. 2011年5月18日 17:25:18: zsNRgKY0Kg
私は、小出先生を支持する。熊取6人衆も、孫さんも支持する。
人としての良心に従って生きる人が大好きだから。

人としての良心。これが一番、大事。

こういう人達がもっともっと出てきて欲しいな。
悪魔に魂を売り渡した原子力村の利権集団を滅ぼして欲しい。


63. 2011年5月18日 17:53:54: rkunvaH38M
小出氏は大抵の人が心の中で持ちあわせているが、なかなか実行できない「良心、善なる心、信念、人道主義など」を体現している。

(ネットで御用学者とよばれる人達でも、自分の生活の為良心と栄達の間で葛藤している人もいるかもしれない。学者としたら国策、いいかえれば国民から権力の行使を委託された国家の意志に従うのが一般的なはず。民主主義国家のはずならば)

 何より国家、政治家、官僚、マスコミ、大企業のような大きな権力を行使する立場に居ないので、より多くの共感を得られ、感動を呼ぶ。

 小出氏は謙虚に「自分が原子力の関係者でありながら、今回の事を止められず大変申し訳ない」とおしゃっておられる。
 一方で今まで何もしらず、政府や東電にだまされ続けてきた国民も、一方的被害者ではなく、一端の責任があると考えているようだ。(自分も原発など無関心であったが)
 
 


64. 2011年5月18日 18:13:46: xVlOruPifY
>学生時代にこういう雰囲気の仲間がいたような感じがあるような。
私もそう思う。入学時がS47頃だったが、・・・・
小出先生に代表されるような学者が日本にたくさん存在していたなら、このたびのような悲惨な原発事故を招くことは無かったと思う。
学問として純粋に原子工学を追求する学者が日本にたくさん存在していたなら、原発に代わる発電の開発が推進されていたと思う。
それが現実は、御用学者だらけになっていたが故に、この度の悲惨な事故につながったと言っても過言ではなかろう。
近頃の国公立大学を見ていると、純粋な学問の場と云うよりも、詰まるところ利潤追求最優先の企業のための研究所ではないか。教育ママごんのもとに管理されてきた子ども達が、有名大学にどんどん入っていく。そこで考えていることは、打算だらけで、自分の安泰な生活を築くことばかりである。何の疑問も持たず、真の学問とは何ぞやなんてことも問わず、ひたすら安定した暮らしが出来るための就職先のことばかり考えての企業へのゴマすり受験勉強のようなことをやっている。御用学者だらけになってくるのは、当たり前である。これが国民の血税で賄われていると思うとほんとうに腹立たしいことである。
このような国公立大学に改変したのは、紛れもなく民営化大好きの強欲拝金主義を標榜し現実に影響力を示した新自由主義者の中曽根、森、小泉、竹中である。自分達が利権を貪るために国民の中に都合の良いコンセンサスを植え付ける上でこのようなひどい教育体制に改変したのである。 それでもって、日本の国公立大学は官僚たちの補助金政策により言いなりにされている。
こういう教育制度の下に、官僚の世界でもマスゴミの世界でも、政治家の世界でも、司法の世界でも同類の人物達で溢れかえっている。自分のことしか考えていないような奴等が社会をリードすれば、沈没は自明である。
原発問題だけでなく、他の事柄にしても、日本が沈没しかけている根本の原因はここにあると思う。ここまでひどくなってしまった日本を建て直すためには、今の教育体制が問われなければならないと思う。
大学は、純粋に学問を究める場でならなければならない。そこを原点に、今の最悪の教育体制を解体し、初等教育からの教育体制を再構築するべきだ!

65. 2011年5月18日 18:21:52: gf7OQcxcqA
爺さんの顔、テレビで見ました
原発でテレビも見るように為ったが
子供向けでつまらない

66. カエルの合掌 2011年5月18日 18:54:59: ctVEymSOwS0AU : Jh2AHQhJqY
小出さんにせよ、広瀬さんにせよ、善意の勇者は このような憂慮すべき事態にあってでさえ表情や物腰が穏やかで「人格」という言葉が否応なく佇まいを包み込む。

最近、主にネット上だが こういう神がかった人に出逢うことが多い。
大馬鹿者もいれば 大賢人もおわす国なんだとつくづく思う。
 
 さて投稿者様が尊敬の念から思わず小出氏に人として魂の奥底での深いつながりを感じられたとしてもそれは御自身にも同じ精神が受け継がれている証なのでしょうね。
 
 それをとやかく言う輩君にも実は何かお感じになるところがあるのかも知れない。

 それにしても 推進派と反対派でかくも顔つきが違うのはなぜだ??
どう見たって 最後に必殺仕事人に命を持ってかれるのは推進派だよね。
判り易くて笑える。

 私利私欲に走って人様のことを考えなくなると同じような顔つきになっていくってことか。 生まれた時はみんな天使の笑顔だったのにね。  合掌 

何?  合掌するな、気持ち悪いって、、、、。
これやらないと気持ち悪いんだよォ〜

 


67. 原発を後世に残しての反省 2011年5月18日 19:10:28: PHK4gZuAhNXiw : 2njVzk1fMX
本当の危機。
熊取6人衆の瀬尾健さんが亡くなり、残りの3人も退官。今や、今中さん、と小出さんの2人のみ。数年後には、2人も退官。「後継者はいません。」(小出先生言。)唖然。
更に、旧帝大7大学に原子力関連の学部は衰退。廃原発に政府が方向転換しても、広島の原発の1200万発分の放射能を日々セッセト造りだしてきたこの日本国の放射能の後処理を任せられる学者層は「ウスク!薄く!」なっているのが現状。これこそ、日本のすぐそこにある危機!圧力容器の底に水がなくて、2700度の溶解ウランが落下しても「水蒸気爆発」をまぬがれた幸運を、次世代にそれこそ「。。孫の孫の孫の。。。世代まで」生かさなければ。でも「役立たずの御用学者は居ても。」本物の学者が品薄状態の日本の将来やいかに!
最後に、われわれ、日本の高度成長期を走ってきた世代は、原発の負の遺産をそれこそ「。。孫の孫の孫の。。。世代まで」でも残した責任を痛感。無念!

68. 2011年5月18日 19:21:44: NRvAM7Ti0k
いわゆるプロ市民の皆さんの交流の場ですね

69. 2011年5月18日 19:32:14: 03bw0jfJsI
帝国大学は設立当初から国体(天皇)維持のために作られた歴史がある。その中でも東大はこの思想が顕著であり、東大の全ての学部とは言わないが、堅固な右翼思想の牙城といえる処がある。それは、自分自身と社会からのエリート意識より、体制に与することにより、一層無びょう性強固となるようだ。それが現代にも受け継がれているとおもう。
近年行われた国公立大学の独立法人化の過程で、社会に影響力をもった反対派教授等にたいして、微罪を刑事事件にしたり、習慣的な制度そのもの事件として社会問題化して、教授達の反論を封じ込め、人間関係を壊して口封じして、行政府に従わせたと思う。その結果ますますエリート相互間の無びょう性が高まり、国家社会を間違った方向へむかわせる可能性を高めると思う。
前の終戦後による大学改革をも踏まえて、今回の原発問題の終始を教うえ訓として、日本国の上部から民衆レベルまで、真に社会に貢献し得る学問とは何かを
問い、改革する必要があると考える。

70. 2011年5月18日 20:48:03: Gl5Q0h7Gnw
その男のペンネームの1つは二間瀬敏文。前世生み出した「モノ」に勝てるのか?

72. 2011年5月18日 20:57:50: 3E6jo9BFJQ
まあ、肩書きや権威や既得権益にあぐらを書いて、金銭的には豊かだが、
腐乱死体のようなゴミモデルが圧倒的に幅を利かせている状況で、
肩書きや権威に無頓着で研究に没頭できることを喜びとしている
科学者の生き様は、
そりゃ注目されるだろう。

学者肌としての一芸に優れているわけだが、
誰もが野球の一郎や将棋の羽生になれるわけじゃないし、明日世界が滅びようともりんごを作ろう、それが天職だというような仕事に没頭している人間は
非常に少ないだろう。

小出のような学者が注目される中で、既存のエリートとか、
大人の生き様がますます悲惨な人間に見えていく分だけ、日本の将来
を担う若い人間には精神的に気の毒じゃないか。
その試練を乗り越えるのが、もしかして日本に集まっているのかもしれないが。


73. 2011年5月18日 21:00:05: UfP0F0auPs
毎夜、たねまきジャーナルを、首を長くして待っています。

75. 2011年5月18日 21:18:27: w0afvsytLo
流石に三号機が核爆発した。とは言っていないと思います。
ただ三号機の爆発は、単なる水素爆発ではなさそうですね。
また、それは四号機の爆発と関連が有るんじゃないかな?
多分東電は、もう判っているのだと思いますね。
あとは、いつ軟着陸陸させるかでしょう。

78. 2011年5月18日 22:41:51: fcsQ5dbKts
>>24

24さんに賛成。私たちは同じ間違いを繰り返している。あっちからこっちへ。右から左へ。左から右へ。信じる対象をクルクル変えて。いつまで羊の群れの中の一人でいつづけるのか。小出さんもカリスマのように扱われるのは迷惑だと思う。彼は日本人一人一人に、「自分で」考えて欲しいのではないか(そのために彼の知識や研究結果を参考にするのはもちろん構わない)。彼を盲信しないことが彼への礼儀だと思う。原発盲信から反原発盲信は結局同じこと。信じる対象を探すのを止めて、一人で考え、一人で歩き出すこと。それがこの大災害が日本人に教えようとしていることのひとつなのではないか。


79. 2011年5月18日 23:00:33: jJabuEgCiM
76さんに賛成します。「原発の問題を副島から聞きたいとは思わん。」

今中氏は現場で歴史に残す実践的資料作りをされていたのですね。
お二人ともたいした人物です。
小出氏のお話の中では「人間の五感」に感じられない脅威という言葉が一番
ズシリときました。

放射能汚染廃棄物は東電本社前と国会前と東大の校庭に積み上げるべきですね。


80. 2011年5月18日 23:22:12: yxstEvnWG6
>>77
>>過去に福島の本を読んだことがあるが

漢字読めないのに大変だったでしょ...


81. 2011年5月19日 00:05:36: wC5wbjyWL6
アメリカ仕込みだろうがなんだろうが、原発が危険なことにはかわりない。
広瀬氏の本の内容には十分な説得力と価値があることになんら変わりはない。
福島の意見は枝葉末節。原発の危険性のことが大事。

82. 2011年5月19日 00:10:06: EbYhz07urA
高身長イケメンで謙虚だからだろ。

84. 2011年5月19日 00:33:53: M5kkV59aYM
TVを見ない私には残念ながら圧倒的既視感とやらを味わえないのだが、何故そう感じるのかについて理由はわかる。
かつてこの世界には、日本においても日本以外の国際社会においてもスターがいた。学問的知性と人格性をもったカリスマが。いつの間にやらそれが専門家というテクノクラートにとって変わられ本当の意味での知識人が死に絶えてしまった。

例えば戦後すぐの頃は丸山眞男氏にはそれとよく似た権威があった。フランスだとサルトル、アメリカだとアイシュタイン、トルストイやガンジー、チャップリンもそうだろう。キング牧師もそうだと思う。


86. 2011年5月19日 00:58:08: hPmvb1lH4c
先駆者がいることも忘れちゃいけない。宇井純とか原田正純とか。原発じゃないけど、同じような道を歩んだ人たちだ。
政官財界の利権構造に抵触する分野にうっかり足を踏み込んだが
学問の良心に忠実であったがために「反体制」のレッテルを貼られてしまった人々。
小出氏や上記の人々を妙に神格化することもないと思うので上の書き込みに違和感を持つものもあるけど、
彼らが学者人生を通じて受けてきただろう理不尽な圧力、誹謗中傷、悲哀は想像するに余りある。
(現にそれがあるから、大半の学者は節を曲げて「御用学者」になってしまうわけだ)
それに屈せず、研究への情熱と知的な冷静さを守り続けた彼らには、我ら凡人は率直に敬意を表する他にない。

小出氏はどこかの記事(東京新聞だったか?失念)で
「自分の意志を受け継ぐような若い研究者がいない。自分たちが死んだら、
原発問題に批判的立場から取り組む研究者がいなくなるのではないか」との旨、気がかりを述べておられた。
ありそうなことだ。
もしそうなったら小出氏も無念だろうが、日本社会に暮らす人間すべて(政官財の特権にぶらさがる一部連中を除く)にとって恐ろしい事態になると思う。

>>68
何か気の利いたこと言ったつもりか?おとつい出直してきやがれこの馬鹿たれが!


92. 2011年5月19日 03:47:23: ylHlRwvSqU
原発で先陣きって動いたが、思惑ハズレ八つ当たり。
                   世子有夢

93. 2011年5月19日 03:51:17: i37fD8kRRc
小出先生の認知と影響の浸透は、ネット情報媒体の出現によってもたらされたもので、マスゴミ情報の駆逐の最初の好例となるのではないかと思います。
大きく社会が変化していることが実感できます。

小出先生は大変お忙しいと伺っておりますが、先生のご健勝とご活躍を心より祈願いたします。


94. 2011年5月19日 07:52:11: hErVTsN6xQ

 宝田明に似てると思うのは俺だけか?w


95. 2011年5月19日 09:07:45: KvXNECKbyI
名もいらない。金もいらない。地位も名誉もいらない。命すらいらない。 そんな厄介な男はいない。 そんな男は打ち負かそうにも負かせられない。

上は西郷さんの言ですが小出氏にはこれに「近いもの」があるのではないか?


96. 2011年5月19日 09:48:45: BChfDIiP4E
小出氏に政権渡しちゃえyo 

大統領でいいわ。


97. 2011年5月19日 10:05:43: FUoHxVVVZE
小出先生には、言葉の端はしに「人の心」が感じられます。
昭和の時代、子供の頃にこのような信頼できる大人が身近にいた様な記憶がある。
決して多くは語らないが、嘘はつかないという大きな存在。
それが、今は失われた日本。
3.11依頼、政府や東電のニュースは聞けば聞くほど、うさんくさく聞こえ潜在的に脳が拒絶してしまう。

やり場のない不安感と怒りの中、小出先生の「講演ビデオ」を見つけ、日々ラジオの声を聞くと、どういうわけか、楽観的な内容は一切ない内容であるにもかかわらず、心が静まり、最悪のシナリオを聞いている内に心のどこかで最悪の時の覚悟すら受け入れる穏やかな気分になる。不思議な感覚である。

ラジオから聞こえるの先生の原発分析情報は、まるで福音書の語りを聞いているような錯覚。
今まで、原発の恐ろしさという事に、「対岸の火事」として耳を傾けることも無かった自分に反省と自責の想いが芽生え、この時期に愚かな自分に気づくことが出来た事に救われた様な気分になる。

政府が「パニックを避けたいから」と、数多くの隠蔽を重ねてきたが、原発事故の危険さの事実を小出先生から聞いていたお蔭で、2か月経っても「お手上げ」の福島原発の深刻な状況を冷静に受け止めることができているのは、なんとも不思議なことである。

小出先生は決して宗教的な事も、不安をあおる様な言葉も使いません。

「ただ、自分は弱い立場の人のそばにいる事を決めた」と、いう言葉に思わず涙が湧いてきました。
私は、そんな人間は、「マザーテレサ」を失った時に終わったと思っておりました。
小出先生には大変、御迷惑でしょうが、どこかそのイメージを感じます。

聖書に書かれている一説で、「5月の最後の審判の日」の時に、国王や民が心を会わせ、今までの奢りを捨て、心から反省をした時、慈悲深い父は許してくれるのかもしれない。そして、再び人類が、救われるのかもしれない。という一説をふと想い起こし、
それは、まさに今の事なのだろうなと思っています。

国会に出向かれる事になった小出先生の身辺が、とても心配なので護衛に行きたいくらいです。(皆さんも同じ気持ちだと思います)



98. 2011年5月19日 13:07:33: Un5jyh98Tk
でもこの人今まで一度も福島第一原発周辺で放射能測定していない。専門家なのになんで?その意味じゃ他の御用学者と同じじゃないか?
あとチェルノブイリよりも深刻だと主張しているけど、レベル7認定は日本国内の政治的決定であって科学的な根拠は相当疑わしい。海外の専門家はせいぜいレベル5、または6相当だと皆言ってる。
京大原子炉験は昔から反原発で国内の原発即時停止を主張しているから国内では冷や飯食いだよね。事故を契機にもてはやされているけど、チェルノブイリよりも酷いとか、風評被害を撒き散らかしているのは菅内閣よりも小出教授のほうではないのか?

99. 2011年5月19日 13:19:42: BChfDIiP4E
>>98
メルトダウンしてんだろ。カス。
チェルノより悪くてLV8でもいいくらいだ。政府の工作員は死ね。

管理人さん、98のIPブロックしてちょ。


100. 2011年5月19日 14:03:40: EivqZgqClU
6さんが書いてる東京の下に埋めろという言葉を九州の新しい原発が計画されている地での小出先生の講演でききました(youtube)。
大向こうから「そうだ。そうだ」の声がしていました。(九電でしょ。それを言うなら福岡でしょうと私的つっこみ)
私は東京在住ではないけれどそれ以来あまりこの先生が好きではない。
6さんが書いているように安全だと信じているから埋めろと言ってるのではないと思います。安全じゃないから原発は廃止しろと主張している先生なのですから。
この事故が起こってはじめのころにラジオ深夜便で小出先生のお話を聞きましたがその時からもうメルトダウンはしていると思うと言ってました。その通りになってきてるので信頼できると思います。いつも最も耳を傾けている先生です。
しかし、原発は危険だから廃止しろと主張なさるのなら、東京に廃棄物を埋めろと大向こう向けのパフォーマンスをするのも止めてください。
私は北関東に住んで放射能の危険におびえて暮らしました。
日々、空間線量と水道水と野菜の線量をチェックし、風向きをチェックし、福一の状態を心配しながら暮らしました。福一でまた大きな変化があれば元の木阿弥でしょう。
東京に住んでいる一般の人も同じことでしょう(なぜか私の住んでいる県よりも線量が多い)。
気軽に東京の下に埋めろなどと言わないでください。一般人が2chで気軽に話すのとはわけが違うのですから。

101. 2011年5月19日 14:18:34: DCHDReL3A2
小出さんは、自らの決断で教授にならなかった。
助手の給料なんて、60歳すぎても年収500万円くらいだろうか。
よくわからんけど、教授になれば1000万円にはいっていただろう。
退職金もぜんぜん違うであろう。
金まみれのこの社会で、
こういう人が日本にいるんだよなあ。
すごいよなあ、

102. mmiyakawa 2011年5月19日 15:46:56: si/u/NjSnpxTc : wUQUAh2roU
97さんに賛同します。

原子力は核であり、
この問題は人の生き方、
社会とどう向き合うのかに突き当たると小出さんは仰っていた。

また、作業員が駆り出される背景には差別があることも明確に述べられている。
100さんのように誤解されている人は、
家も職も家族もない人たちの弱みに付け込んで、
仕事を餌に死に到る病いの危険を知らぬ人弱い人を誘い出し押し付けているのが原発の実態を知っているのだろうか。

「東京に廃棄物を」は、
100万年とも言われる人類が処理できるのかさえ疑わしい核のゴミ=死の灰を、
六ヶ所村のように過疎地に押し付ける傲慢さを改め、過剰消費強者傲慢を改めよ、というメッセージ。


小出さんは問い掛けておられる、
ひとりひとりが原発を許して来たシステムにどう向き合うのか、を。


103. 2011年5月19日 15:49:21: 8LqOMzR4NE
5月18日のラジオで国会に行くと言って居られました、参議院の委員会に呼ばれたそうです。
いまさら何を聞こうというのだろう。

104. 2011年5月19日 16:40:59: f7Px25xJZs
気軽な気持ちでは40年間も主張できないですよ。
100さんのような自己中心的な考え方をなくさないと、
原発の問題には向き合えないということです。
どうるすことがフェアなのか自分の頭で考えろって仰ってるのです。

105. 2011年5月19日 17:01:57: E2gH3W1PEK
>>11.かつて羽仁五郎氏が言ってたように、大学が真実を探求するものの砦であり、
いかなる権力からも独立すべきところだから。

そうだ。だから、すべての大学、学校は私立であるべきだ!!



106. 2011年5月19日 17:15:06: E2gH3W1PEK
>>46. 2011年5月18日 09:22:48: EMW1TJUeds
金も名誉も要らない。今日本は、未曾有の歴史的危機にあります。このような時こそ、明治維新の志士達のような尽忠無私の本物の人達が必要なのです。


何を言っているんですか!明治維新の志士たちが大日本帝国をつくったのですよ。
その帝国政府がつくったのが、帝国大学、つまり今の東大を含む国立大。
それから、日本発送電。つまり、東電や他の電力会社の前身。
経産省は、帝国政府の逓信省の継承。

私たちが直面させられている巨悪が、明治維新の志士たちの亡霊です。
国家の発展と護持が何よりも大事だと思っていて、そのためなら、人々の生命を犠牲にし、他国に平気で迷惑をかける人々です。

私たちはこれから本当の意味で近代化しなきゃいけません!


107. 2011年5月19日 18:34:46: d62rmvpFes
小出さんを国民は守らなくてはならない。脱原発派は今まで葬られてきた。マスコミに出続けることが小出さんを守ることだ。

108. 2011年5月19日 19:53:58: eoqUoM1q7g
>>107
そうですね。国民もいろいろいるので、国民でひとくくりにするのは、
「がんばろう日本」みたいで賛成できませんが、私たちが小出さんに
依存するばっかりじゃいけないと思います。

日本人はなにかと専門家に依存し過ぎていると思います。政府や専門家に、
政府が持ってる情報や難しい専門知識で説得されちゃうと、言い返せなく
なってしまう。自分が間違っているかもしれないと思ってしまう。
でも、そうじゃない。嫌なものは嫌!とただの人の声をあげましょう!
小出さんが教えて下さることに耳を傾けつつ、自分の声で、自分の心で
話しましょう! そうじゃないと、小出さんが何かの拍子にいなくなって
しまったとき、全滅です。



109. 2011年5月19日 20:03:52: eoqUoM1q7g
小出さんにそういう印象を持つのは、やはり私たちには魂があって、根の深いところで繋がっているからじゃないでしょうか? 小出さんが魂のまま生きておられて、それを見て、自分の奥深くのものが呼応するのでは?
小出さんができるんだったら、私たちもできるってことですよね。がんばらなきゃ。



110. 2011年5月19日 20:13:09: NPggxiI21k
誰かをカリスマのような見方をするのはもともと嫌いですが、
小出氏に関しては、私も、
「誰かに似てるな?どこかで会ったかな?」と、
お顔を拝見した時から感じていました。
不思議なものですね。

111. 2011年5月19日 20:45:36: EGw1WmkHQ2
既視感?
おそらく、ノーベル賞をとった島津製作所の田中主任のことではないですかね。
優秀な技術者が昇進してマネジメントに絡みだすと、埋もれていくケースが多いよね。人を使いこなすとか、マネジメントが不得手な日本人の性質は研究のテーマですね。

112. 2011年5月19日 21:15:13: 9FItZF2TJs
小出氏の著名度がネットの世界だけならよいが、地上波などでも露出度が増えると、一部週刊誌が何か仕掛けて来そうです。
 原発問題でなく、U.S.A関連に持っていかれるようだと危ない。
 


113. 2011年5月19日 21:45:15: eoqUoM1q7g
>>98
メルトダウンしてんだろ。カス。
チェルノより悪くてLV8でもいいくらいだ。

即死者が出なかっただけで、チェルノブイリよりずっと深刻だ――!!
即死者が出なかっただけだ――! 


114. 2011年5月19日 21:48:07: eoqUoM1q7g
>>97. 2011年5月19日 10:05:43: FUoHxVVVZE

昭和の時代、子供の頃にこのような信頼できる大人が身近にいた様な記憶がある。
決して多くは語らないが、嘘はつかないという大きな存在。
それが、今は失われた日本。

こういう言い方すごく無責任に聞こえる。あなたはどうなの??
あなたは信頼できる大きな存在なの??
しかも、原発建て始まったの昭和の時代だし。


115. 2011年5月19日 21:54:42: eoqUoM1q7g
>>108 小出さんに依存するのは、専門家に依存するっていう意味では
これまでと同じですよね〜。「小出さんがこう言った、小出さんがああ言った」
というのは小出さんも望んでいないのではないでしょうか? 小出さんに
責任丸投げになってしまいます。

116. 2011年5月19日 22:00:54: eDK6d6d2OM
マスコミは持ち上げて落とすのが仕事。
原発推進の人たちも、今頃、陥れるための準備をしているかも。
落とされたときにも、小出さんを支持できるかどうかだね。

117. 2011年5月19日 22:27:11: eoqUoM1q7g
小出さんが行政監視委員会に行くのが、23日。その日に祈りましょう。エネルギーを送りましょう。

118. 2011年5月20日 04:42:08: uAPNblqTJc
この人ってカール・セーガンに似ていると思うのだけどな。

119. 2011年5月20日 07:46:40: 6RmjAQ5dAQ
推進派の論理は、「原発を止めたらそれに代わるエネルギーがない。エネルギー不足をどうするのか」というような現実論ばかりで全く説得力がない。
小出氏の主張は、原発の地震に対する弱さ、すなわち危険性だけでなく、溜める一方の有害な放射性廃棄物や地球温暖化に対して原発が優っていないこと、運転中に放射能を出すのは避けられないこと、実はコストが非常に高いこと、説得力がある。 小出氏の主張に対してまともに反論できる推進派の学者はいない。
推進の真の理由が利権なので、説得性がどうしても出ないのである。

120. 2011年5月20日 08:03:43: QbpyShHm6o
>>119「原発を止めたらそれに代わるエネルギーがない。エネルギー不足をどうするのか」

答え:それなりの生活をすればよい。

国際競争に勝つことばっかり考えてるから、エネルギーがなくなったら
すっごく困ると思い込んでいる。「ひとつになろう、日本」なんて言ってるのも、
経済大国としてのアイデンティティが危機に瀕しているから。
こんな島国が経済大国なんておかしい。


121. 2011年5月20日 08:18:36: LLyrxUA7Bw
小出先生のような人が現在もいることに安らぎを覚えます。
 今の学者には人間性までひ弱になり、強いほうに巻かれろ主義。

学者の前に強い信念を持って欲しい。先生はその中でもピカ一。
 常に、弱者のほうに立って考えて、そして常識ある生活を根本から考えられております。 これぞ権力に立ち向かう学者。小出先生。

  


122. 2011年5月20日 10:11:18: pHRwMJx5LR
 小出先生は著書の中で、「今の生活スタイルを変えなければいけない。今使っているエネルギーの2分の1、3ぶんの1で生きていける。そういう社会にしなければならない。」と言っており、ご自分は家にはクーラーもないし、電気も必要以外はつけないし、テレビも見ないし、エレベーター、エスカレーターも使わないということです。
 
 それこそ私が以前から感じていたことです。日本人の傲慢さです。便利ならどこまでもエネルギーを消費し、当たり前に思っている人間の愚かさです。夏は暑いのが当たり前、冬は寒いのが当たり前、それをエアコンをがんがんつけて適温にし、快適だと思っている。そうしている以上、エネルギーは無限にいるでしょう。一体どこまでいけば満足するのでしょう。

 「少欲知足」先生の主張のまとめです。私はその通りだと思うし、自分もそのように生活しようと思います。先生はある意味「思想家」です。


123. 2011年5月20日 10:57:18: F6ZhDdAEJI
エジプト人と結婚した方が、エジプトよりも東京の猛暑のほうがしんどいとおっしゃっていました。エジプトでは暑さが酷いときは、みんなダラダラのんびりして過ごすから、暑いけどしんどくない。日本では、そんなときでも、あくせく働かなきゃいけないから暑さを余計に感じると言っていました。

今の働き方で節電はきつい。逆に、もっと暮らしに余裕があれば、二分の一の節電は簡単。みんながあくせくしてたら自分もあくせくしないと置いてかれる。みんなのんびりしてたら、自分ものんびりできる。GDPばっかり追及する価値観をどうにかしなければ。経済大国じゃなくていいじゃない。ベーシックインカム万歳!


124. 2011年5月20日 14:57:45: AQANwtPk5Y
20年前に広瀬隆の講演を初めて聞いたときの
新鮮なショックは今でも忘れません。
広瀬隆氏も終始一貫した内容の評論活動を
されていますが、相当の先見の視点に貫かれた
氏の評論活動はほとんど黙殺されてきました。

125. 2011年5月20日 14:59:48: zrnJhi3Rbk
ここを訪れたり投稿したりしている人は、既成概念にとらわれることなく、能動的に情報を求めて、ご自分なりに世の中の真実とは何かを探求したい方々だと思います。
 既存の世界(一般社会)では政府の発言、大手マスメディアの発信する情報を受動的に受入れ、真実とプロパガンダの違いなどに疑問を待たぬ方が多数かと思います。それでは世の中変わらない。

 ここに訪れている人々が、原発問題だけでなく、その裏側に隠された社会的問題、政治的な問題を知ることの重要性を、より多くの身の回りの人に、「親切に、謙虚に、心を込めて」伝えてください。


126. 2011年5月20日 21:05:57: rf7Qa0NZJw
>>64 原発問題だけでなく、他の事柄にしても、日本が沈没しかけている根本の原因はここにあると思う。ここまでひどくなってしまった日本を建て直すためには、今の教育体制が問われなければならないと思う。
大学は、純粋に学問を究める場でならなければならない。そこを原点に、今の最悪の教育体制を解体し、初等教育からの教育体制を再構築するべきだ!

教育制度を行政指導から切り離すべき。そうしたら不登校問題もおのずと解決するだろう。登校拒否児たちよ!これがあなたたたちが拒否したものの正体だ。胸を張って歩け。今の学校は、徴学制度だ。

文科省前でもデモるべし!! 日本の最高学府と言われてる東大前でもデモるべし!!

みんな学校制度に頼らず子どもを育てよう。自分でやるのは大変だけど、絶対芽吹く時が来る。小出さんの長い苦労と同じように。


127. 2011年5月20日 22:49:07: YQiIZNFmnU
国民のための狡恐放送日本偏向報道協会は、なぜ小池先生を登場させないのですか?
国民から受信料をぼったくっているのに、これだけ国民から信頼されている小池先生を出演させないなんて、不思議でたまりません。
どなたか、この不思議についてご教授をよろしくお願いいたします。

128. 2011年5月21日 07:01:59: PwWybcBfDk
ああ、東大落ちてよかった♪

129. 2011年5月21日 11:00:21: YsAVD5UchE
小出さんを信頼するのは自由、立派と思うのも自由です。しかし研究所で認められないのは原発に反対しているから冷や飯を食わされていると判断する材料がありません。
ネットの経歴が真実なら(どこみても同じ経歴だから多分そうなんだと思いますが)今の日本の大学で(多分世界中で)教授になれない理由があります、この経歴では無理です、またネットにある実績が全てなら無理教授などは無理です。
研究員の優劣はその研究内容と論文によります。なんらかの新しい事を、何らかの権威ある機関に提出して認められなければ成果を上げたことになりません。
いくら本を書いても、マスコミに発表しても、素人受けしてもそれは意味が無いのです。教授選は人気投票ではないですから。
恐らくご本人が一番分かっていると思いますが。
また、この掲示板の中で「放射線が体に良い」というのが御用学者だと決めつけている方がいますが、「放射線が体に良い」を肯定するデーターは放射線医学に存在します。もちろん微小放射線も有害であり、閾値はないという説もあります、ただ現在は、放射線に閾値があるという説を否定出来るだけのデーターが存在しまん。
医学は統計の学問です。
「放射線が体に良い」と解釈できるデーターはネットで調べれば直ぐありますので興味のある方は調べてみてください。ただその解釈が正しいのかは判りません。個人的にはやはり放射線が体にいいというのは言い過ぎのような気はするんですが。しかしデーターはデーターです、その解釈の仕方で御用学者と決め付けるのはいかがなものでしょうか?
個人的には今、この先生を官僚がご本人の意に反する何らかの形で利用するべく国会に呼んでいると思います。官僚の手にかかれば純粋な考えの研究者など赤子の手をひねるようなものですからね。多分現在の御用学者もそんな形で取り込まれていったのでは。

130. 2011年5月21日 15:12:46: YrFcSCa2r6
>>129 研究員の優劣はその研究内容と論文によります。なんらかの新しい事を、何らかの権威ある機関に提出して認められなければ成果を上げたことになりません。

つまり、権威が権威をつくって、その権威が権威をつくって、というオナニー的サイクルを権威筋が繰り返しているというわけですな。小出さんは、権威に認めてもらえなかったじゃなくて、権威に認めてもらいたくなかったのかも知れませんな。


131. うんこ1987 2011年5月22日 02:43:37: tmi9nhYU/2aVU : zCK0Y3oozx
小出さんも痴漢になります。検察によって

日本はそういうレベルの国ですよ。


132. 2011年5月23日 21:43:28: AaI6Olqwvg
京大原子炉実験所って5MWの原子炉を運転してるの知ってるのか?
あそこ自体潰せと言う話もあるんだが.
http://homepage3.nifty.com/ksueda/kumatori.html
自分ところの危険性をいわないのは卑怯ではないのか?

133. 2011年5月24日 22:59:27: iR1OzzVJmQ
どなたかが、やはり名前を出されていたが、かつて羽仁五郎は「学問とは本質的にアジテーションである」と言っていた。その意味で小出氏には抜きん出たアジテーターの天性と才覚が感じられる。終末の時代に突如として現れた救世主に注がれるわれわれの視線は熱いし、まさしく彼は時代によって選ばれた人物かもしれない。

わたしも今や彼の言葉を聞かないとどうも落ち着かぬようになってしまった。


134. さおり 2011年6月17日 23:17:16: BdTNlpxsETXCg : XozlDTiEKg
小出先生が人気があるのは原発の危険性を話しても自分で研究して分かったことをわkりやすく自分の言葉で説明してくれるからです。大橋という東大教授がトラの威を借る狐のように誰かの作ったパンフレットを説明するだけで偉そうだけど内容に説得力がないし魅力もありませんでした。傲慢な態度だけが印象に残ります。
要するに大橋が偉そうにすればするほど小出先生の冷静な態度が際立ち、人格と人間性の高さが証明されたと思うのです。大橋が余りにレベルが低いので小出先生の相手としては無理があったということでしょうね。   推進派の世間的に出世してるように見える人たちってどうしてこう下品にみえるのでしょうか?共通した胡散臭さがあります。高木仁三郎さんも素敵な方でしたね。

135. 2011年6月20日 18:40:04: cUZcfhjUPw
小出氏の40年にもわたる反原発の戦いを思うと涙が出てくる。
筆舌に尽くしがたい困難な戦いだったろう。

小出氏がいなければ、自分もここまで戦おうとは思わなかった。
まわりから白い目で見られようが、後ろ指を指されようが、
原発反対をはっきり表明できるようになったのは小出氏がいたからだ。

僕は共に戦いたいのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧