★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 512.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
たねまきジャーナル5月20日「海水注入を官邸が中止・東北被災地レポート」毎日放送ラジオ
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/512.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 5 月 21 日 00:36:06: V/iHBd5bUIubc
 

官邸が海水注入を中止させるって、どういうこと?
いまだによくわからない、官邸と東電のズッコケコンビですが、確信犯なのか?それとも正真正銘のド阿呆なのか?どちらかでしょう(笑)
きのうの小出さん、カラカラした感じで、何か吹っ切れたような、そんな感じの声でした。

04. 2011年5月20日 22:10:23: uCOClV5F32
ジャック・どんどんさん、今日は小出先生不在でしたが、何と、海水注入を官邸が止めていたというニュースが来ました。必要なら、またスレッドたてよろしくお願いいたします。
 毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日は小出先生お休みで、水野晶子さんと、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんのお話で行われました。

 原発事故、台風で建屋が大丈夫か、海で遊べるのか、近藤さんのご指摘がありました。電気、水道、全てが重なっているとのお話でした。

 原発事故のニュース、1号機、3/12の夜、「海水の注入を始めても、総理官邸の指示で一時中止されていた」のです。夜8時20分から海水注入をやっていたというのに、実際は7時4分からであり、真水がなくなり海水を入れるものの、東電が海水を入れたと報告したら、官邸が「事前の知らせがない」と、7時25分、海水が中止され、その後官邸から注入再開の指示が出たのです。2ヶ月以上経って分かったのです。これはJNNの取材によるもので、官邸は中止について報告していません。事前連絡なしなら、上が聞いていないということであり、1号機はメルトダウンで、しかしこの3/12の朝には融けていたのですが、今も水を入れて冷やしている、この時期、海水注入すべきというのが専門家の見解です。東電は私企業で、海水を入れて原子炉を潰したくないのに、こともあろうに官邸が海水を一時止めていたのです。その理由も不明です。この間違いの検証、とっくに知られていないといけないのに、です。

 SPEEDIのデータ、3月12日に官邸に届けられていたのに、「データは担当職員で止まって、官邸に届いていない」のです。川内議員、SPEEDIデータから原発に行ったのではないのか、と質問していましたが、枝野氏、官邸に来ていなかったと答えているのです。しかし、ヘリには斑目氏が同席しており、SPEEDIのことを知らなかったわけはないのです。SPEEDIは原発事故に備えるものなのに、国、福島で公表されていないのです。もし、水素爆発で、避難指示が3月12日以降に出ていたら、SPEEDIのデータで、風下を避けて避難できていた可能性もあるのです。自民の佐藤正久議員、政府の対応を批判しています。海江田氏にデータが届いていなければ大問題、SPEEDIも誰がどれだけ活用するのかが問題なのです。メルトダウン、SPEEDIの活用について、問題があります。

 福島の学校、プール使用中止、夏休み延長の模様です。屋外の水に放射能があり、それを排出したらまた汚染されます。

 京都府は、原発事故の避難の目安である放射線の値を定めています。3.8マイクロシーベルト/時間としています。自治体で最初の防災計画です。京都は、高浜他で事故が起きたとき、20km圏内を避難とします。

 東電は赤字決算で、金融機関を除くと日本で過去最大、1〜4号機廃炉の必要であり、ただ、賠償に関しては入っていません。来年3月の決算は、まだ不明、清水社長辞任です。勝俣会長は留任です。6000億の資産を売却いたします。

 近藤さん、東電社長は辞任で、東電トップは辞めた、政権のトップは?ということでした。非常事態に政争かと言うこと、トップに危機対応能力があるのか、官邸が海水を止めた、菅総理は独断専行であり、人の話を聞かない、国会でも初期のことが問題になり、菅総理、何をやっても思惑が付くので、思惑がブレーキとなっているとの指摘がありました。こんな時に、ここまで「菅やめろ」が高まるのが問題です。

 中東、オバマ大統領が、1967年の第3次中東戦争前のラインに戻れとイスラエルにオバマ大統領が譲歩を求め、イスラエルは拒否しています。これ、近藤さんは、第3次中東戦争に戻せ(ガザ、ヨルダン川)を取った前に戻せというのは正解との指摘があり、オバマ氏の就任で、テロを止めること、中東革命、ビンラディン殺害、パレスチナで統一政府もあり、(1)イスラエルの首都エルサレムを元に戻せるのか、(2)ハマスがイスラエルを認めていない、(3)ネタニャフはハマス拒否であり、オバマ氏が突っ込んでも、進まないというのが近藤さんの見解でした。中東は聖地だらけであり、大変なのです。でも、近藤さん、オバマ氏は良く言ったという見解でした。

 京都の歯科医、古田博一さんのお話があり、自分の診療所がなくなった歯医者さんがいて、現地で出会い、器具を預けてきた、次は、公の診療所がいる、恒久・永続的な診療所を作れるところです。ちょっとは進んでも、本格的な進行はありません。

 昨日も被災地に行き、命から次の段階、「食」であり、食べるもの、炊き出し、栄養が問題(炭水化物主体)です。避難所でアンパンが続いても、糖尿病で食べられないひとがいます。専門家の、京都の料理人(和食)を連れて行って、プロの人に作ってもらいました。野菜が足りず、ちゃんこ鍋をした、火がなく、炭焼き、タンパク質を取れるものを、下ごしらえをして、現地ですぐ出来るようにしていたのです。たこ焼き屋も機会ごと行きました。輸送は大変で、冷蔵・冷凍車がないとダメであり、運送会社の方と一緒に行ったのです。美容師も行き、長引いて、被災地の人は疲れているのです。

 現地は水も来ていない、1週間前に電気がやっと来たのです。

 現地では「がんばろう」は禁句なのです。

 現地でボランティアの求められるものは変わってきているのです。GW以降、ボランティアが減っているのです。私も、阪神・淡路大震災を経験しましたが、ここまでひどいことはありませんでした。

 被災地現地は大変ですが、冒頭にある、海水注入を官邸が止めたこと、SPEEDIのこと、本当なら大変なことであり、来週、問題になるでしょう。

 来週は小出先生が国会に出られます。報告を楽しみにしています。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月21日 10:40:42: 3yjuIXY4W6
ジャック・どんどんさん、いつもありがとうございます。
官邸が海水注入を止めていたことで、菅政権の崩壊が始まるのかも知れません。

02. 2011年5月21日 15:56:20: fiwUWxT5cM
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です。
官邸が海水注入を止めていたこと、ネットで拡大しています、本当に菅総理の破局になるかも知れません。

03. 浅見真規 2011年5月21日 21:44:24: AiP1TYI88G3dI : MiOMuL8z3g
実は、この海水注入中止問題は微妙な事が意外と大きな意味を持つように思えてなりません。
小出先生には、総論だけでなく個別事情の各論まで油断無く調べ上げて御意見を御披露される事を期待しています。
くれぐれも、原発賛成派の御用学者に足をすくわれないようにしてください。

04. 2011年5月23日 17:38:37: Ldsx3Lyzbk
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です。
今日の小出先生の国会発言の概要が来ました、よろしくお願いいたします。

 今日小出先生が国会で15分ほど証言されました。ネットを見たら映像・音声がここにアップされていました。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/23/sangiin-may23/

 これを聞き、例によりまとめました。私も同感です、皆さん、これを広めてください!

 (お話の概要)

 小出先生、原子力に夢を持ち入ったが、貧弱なエネルギーであり、石油の埋蔵量は60〜70年、石炭は800年、天然ガス、オイルシェールもあります。化石燃料の枯渇を心配していたら、ウランは石油の数分の一、石炭の数十分の一しかないのです。核分裂性のウランのみですが、推進派はプルトニウムがあると言うものの、ウランを掘って加工し燃やす、原子力は、エネルギー資源になりません、

 プルトニウムを使い、核燃料サイクルを利用したらいいと推進派は言っているものの、廃棄物処理がいる、プルトニウムは燃料を再処理して増殖炉に引き渡すものの、増殖炉は出来ない、日本の高速増殖炉は破綻しました。高速増殖炉がいつ実用化するかを書くと、1968年の計画で、80年代全般に実用化といい、しかし、90年前後と後退し、2000年前後として、最後の改定で2010年とやって、実用化ではない、技術体系の確定もダメ、次の長期計画で、年度すら示せなかったのです。

 その後、2050年に1基目の高速増殖炉を作りたいとしたのです。目標が逃げていく、10年たつと、目標が20年先になり、絶対に届かない、永遠に届かないのです。こういう長期計画を作ってきた原子力委員会、他は責任を取らず、もんじゅに1兆円使った。1億の詐欺で1年の実刑だから、1兆円の詐欺なら、1万年の実刑なのです。100人なら一人100年の実刑なのです。誰も、責任を取っていません。

 今進行中の福島の事故、原発は膨大な放射能を扱います。広島原爆のウランは800gで広島壊滅ですが、原発にはウランは一つに1年で1トン!燃やすのです。それだけの核分裂生成物が出ます。

 原発は機械で、故障するのは当たり前、どんなに事故が起きて欲しくなくても、破局的な事故は起こるのです。で、推進側は破局的な事故は起こらない、「想定不適当事故」と言って処理してきたのです。たくさんの壁があると言う事で、重要なものは格納容器、これがいついかなる時も放射能を閉じ込めるとしているのです。これが「絶対に壊れない」と言っていたのですが、今破局的な事故が進行中であり、どうやって行政が向き合ってきたか、防災は危険を大きく評価しないといけないのに、過小評価して、事故を小さく見せてきた、最後にレベル7とした、避難区域も「万一」のために3kmだったのが、次に「万一」と10kmにして、そして20kmにした、どんどん後手後手なのです。パニックを避けるのは正確な情報なので、政府が信頼を受けるのに、日本の行政は危機的な情報を隠してきたのです。SPEEDI、20億円かけたものを住民に隠していたのです。

 誰の責任か明確化せず、労働者、住民に被爆を強いています。本当にこんなことをやっていていいのかと思うのです。

 福島の本当の被害を考えると、途方に暮れます。福島全域を放棄しないといけない、それをしないならば被爆限度引き上げ=住民の被爆であり、一次産業は崩壊、住民は崩壊します。東電に賠償をさせても足りない、何度倒産しても足りない、日本国が倒産しても足りない被害なのです。

 ガンジーが7つの社会的な罪と言っており、理念なき政治、労働なき富、道徳なき商業=東電、人間性なき科学、などがあるのです。以上で終わります。

 小出先生の科学者としての人間性を再認識しました。よかったです。小出先生、国会出席お疲れ様でした。


05. 2011年5月23日 18:53:28: XfZRXoXZ1I
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です。
関西テレビで、原発下請け労働者のニュースがあり、それが来ましたのでお知らせいたします。

 関西テレビのニュースアンカーで、原発の下請けで働く労働者の特集があり、これを見ました。
 写真家の樋口健二さんは原発労働者の写真を38年撮り続けています。労働者が、原発の定期健診に3000〜4000人の労働者が要り、被爆線量を大きく取るため、線量計を外の人に預ける、アラームは無視するということもあるそうです。
 国の指針は100ミリシーベルトですが、医師の梅田さんが、被爆労災の申請を行い、一人を除いて100ミリ浴びていなかったのです。梅田さんは、100ミリとは労働者を守るためではなく、原発を動かすために必要だからと逆算された数値との指摘がありました。
 こうして、被爆して死んだ作業員もいて、福島第1で働いていたのに、東京電力の社員と一度も会ったことがないということです。
 そして、原発での被爆は、96%が下請け作業員であり、下請けの人は現代の特攻隊であり、各地のホームレス労働者がかき集められるのです。そして、線量計を外の人に預けて、限度以上の被爆をしているのです。
 また、番組の最後に、山本浩之アナウンサーの指摘があり、99年に原発に従事した労働者が27万人いたなかの実に6.5万人が行方不明のです。
 ここまで、差別的な労働を強いて、原発は動いているのです。関西テレビ、よくやってくれました。

 定期健診だけで、3000〜4000人もの作業員が要るのならば、今回の事故処理には一体何万人要るのでしょうか?
 以上、お知らせいたしました。


06. 2011年5月23日 22:06:39: EiibFT8qWk
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です。
今日の河野太郎さんのお話が来ました、またスレッドたてよろしくお願いいたします。

 毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日は小出先生、国会出張でお休みであり、代わって、自民党の反原発の河野太郎さんが出ました。野球中止で早く始まり、最初の数分を聞けなかったことをお詫びいたします。水野明子さん、平野幸夫さんの司会で行われました。

 河野さん、事故までの体制を作ってきた自民党と、政権にある民主党の責任があり、今後の民主党の体制も関わっているのです。

 原発のニュース、福島第1、3/12の海水注入が一時中断した問題、谷垣氏が政府混乱で中止したことを批判し、菅総理、報告がなかったと言い訳しています。保安院も聞いていないのです。こんな重大な情報を知らないのです。東電は、官邸が再臨界を懸念して検討していたと言っています。菅総理は、再臨界の検討はあり、委員会に指示していたと言います。斑目氏は、再臨界の危険性ありと言い、総理から再臨界は「可能性はゼロではない」と言ったと言う事です。この他、委員会でメルトダウン発表まで、菅総理は、事実関係は知らなかった(可能性の認識はあったのです)。

言った言わないの行司役がおらず、事故調査委員会が出来ていない(5月に発足と菅総理は言っていた)、第3者による、外国人も入れて検証しないといけません。責任、賠償にも関わり、一国の首相が、刑事事件、事情聴取されてもおかしくない模様です。早い事故調査委員会が必要で、河野さん、きっちり立ち上げて、総理にもヒアリングがいる、調査委の立ち上げ、政府の調査も必要で、国会の元で、外国の専門家も入れて、立ち上げるしかないのです。世界と共有する責任があるのです。東電の社長会長もヒアリングしないといけない、とっくに立ち上がっていないとおかしい、委員会は、塩崎代議士で法案化が決まっています。与野党執行部がOKと言えば委員会は出来るのですが、菅総理の対応は不明、NOとは言えないはずであり、菅総理が消極的なら、また責任になります。

 第2号機の汚染水を入れる施設はあと数日で満杯になり、1万トンの水を移すものの、今後、3,4日で満杯になる、6月中旬まで、建屋内で水を保管するのですが、今あるところに置いておく=放置になります。観察しながら放置で、東電は2週間程度なら大丈夫と言うものの,雨で汚染水は増えるため、厳しいです。

 住民が低い放射線を浴びている福島県は、7月に健康調査(15万人)、低線量被爆の影響は不明で、30年以上の長期的な調査が要るほど、深刻なものなのです。行くところが分からず避難できていない人がいて、放射線影響調査と言っても、住民の思いがどんなものなのかということなのです。

 河野さん、避難について、国のやっていることで不十分、校庭20ミリシーベルト、子供は疎開させられないと文科省は言っている物の、父親の世代は疎開をやっている、財政は国が面倒を見るといって疎開させるべきなのです。国が方針を出して欲しいとの、南三陸でも河野さん言われているのです。どこをどうするか、国がグランドデザインを出さないと行けないのです。積算放射線量は増えていくのです。

 電力不足対応で、自動車会社ホンダが休日前倒しであり、部品不足、一時帰休も検討しています。給料も減るのです。エネルギーに対する価値観が変わってきており、平野さんはサマータイムの導入(残業時間の増えるのも検討する)も要ると言うことです。

 電気料金は、大口利用者だけでなく、足りなくなると2時間前に遮断、ひどいとすぐに遮断であり、それを口実に値引きしています。柏崎刈羽や今回のように足りなくなれば、正規料金には迷惑をかけないようにすべきなのに、大口も家庭も計画停電をした、経産省も認めた、需給調整契約のあるところを調性すべきで、政府にも責任があると言うことなのです。

 で、河野太郎さんのお話、原子力政策、政治の責任、毎日放送東京のスタジオに来て、ものすごいリスナーからの質問であり、原子炉の事故で、自民党の具体的な責任について、推進の体制を作り、保安院を経産省の下に入れた(推進の役所に規制するものを作らせた)、保安院はTPPをやっていた人で、推進に戻る人であり、よその役所に邪魔をさせないと言うことがあったのです。原発由来の排水は環境庁の適用除外で、経産省+科学技術庁オンリー、ブレーキなしの責任は自民党にあります。

 これまで原子力に依存してきた自民党の責任は、利権は政治献金で利権をもらい、民主党は電力会社の票をもらい、政治献金、広告宣伝費、天下り…と全員原子力利権の関係者であり、経産省から東電に天下る、利権の構造は、原子力政策は、石油代替の軸足と言うことがあったものの、地元にたくさんのお金がおりる(電源三法、札びらで頬をたたく)、しかし実際には地元は潤っていない、河野さん、もう新しい原子炉は作ってはいけない、自治体に約束をやる、金がなくなると同じ場所に原子炉を作ってきた、金は、子供の教育、産業誘致に、原発の地元に言わないといけない、ハコもので地元が潤ったことへの反省が要るのです。

 河野さん、これだけの事故が起きて、福島の住民に迷惑をかけてしまった、原子力はコントロールできない、再生可能エネルギーを推進してきた(過去になかった)、新しい方へ軸足を政治により移すべきなのです。

 今3割が原子力ですが、耐用年数は40年、2050年には全ての原子炉が廃炉になり、この40年間で再生可能エネルギーに政治で動かすべきなのです。政治が号令をかけるべきなのです。 

 CO2を原発は出さないというが、10万年先まで危険な核のごみが出る、それはクリーンではないし、コストも、風力、太陽光と比較しても、ウランはあと70〜80年でなくなる(だから、燃えカスからプルトニウム抽出をやってきた)、ウランを燃やすだけなら、石油と変わらないのです。

 この40年間に省エネ、再生エネルギー、クリーンな天然ガスでやっていけるのです。2050年再生エネルギーと言えば、政府が号令をかけたら、行けるのです。

 再生可能エネルギーには何があるか、一社独占に関して、風力はコスト的にも有力、太陽光は10年前は最先端だったのに、この10年原子力にやられてボロボロ、しかし可能性あり、火山国であり、地熱もOKなのです。地域独占、発電と送電を、天下り、政治に金と票で守ってきた政治、役所、学者を全て白紙にして、最適な状態にすべきなのです。

 3/11以降、自民党内も変わり、それまで反原発の人は苦しかったのに、反原発の自民党は増えています。呼びかけ人だけで20人、自民党も総選挙で候補になる人もいて、自民党の過半数が反原発になります。自民党の甘利氏が批判していましたが、原発推進議員を選挙で落とせとは自分は言っていない、今回も政策の議論では誰も怒らないのです。

 次の総選挙で、原発推進なら自民党惨敗と言うのですが、自民党の旗は、民主党の一部とも連携できるのかについて、どれだけの力を持っているのか、総選挙は2年後、その前に自民党の総裁になり、国民の信を問いたいのです。河野総裁のため、原発見直しを目標として、これをやめることはない、新規立地が出来ないなら、新しいエネルギーが要る、ケネディ大統領も10年で月にロケットをと言って実現した、政治が号令をかけて全廃、省エネとすれば、世の中はそういう方向に動くと言うことでした。政治が、こっちの方向へ動かすと言う号令がいるとのことでした。それがないと、世の中は動きません。

 河野総裁の登場もあるが、野党の自民党が早くビジョンを示すべきなのです。リスナーから、事故当初の言った言わない、谷垣氏の言い方が、帰りの遅い亭主を尋問する恐妻のようなもので(?)、事故が終わったような、目の前の事故について取り組んでないとの指摘があり、事故調査委員会も、過去の発言を、都合の悪いことを隠す、第3者が、現実に何が出来るかを検証すべきなのです。

 北陸の被災地、国が方針を早く出せという要望があり、後ろのことは事故調に任せる、国は未来の政策をやるべきなのです。

 菅政権について、変えないと難破するかについては、自民党として不信任を出すかについては、民主党の仲間と話して、総理を変えないといけないが、では誰がとなるとそこで終わり、自民の中堅・若手が協力して、菅総理が協力するならそれでいいとの声もあるそうです。が、誰がリーダーかは自然と決まると言うことでした。

 

 自民党の中の意見を聞けてよかったです、明日は、小出先生の国会のお話を楽しみにしています。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧