★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 585.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
班目氏発言「再臨界、ゼロではない」と政府訂正 読売新聞 5月22日(日)18時27分配信
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/585.html
投稿者 新世紀人 日時 2011 年 5 月 23 日 07:17:24: uj2zhYZWUUp16
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000444-yom-pol

班目氏発言「再臨界、ゼロではない」と政府訂正

読売新聞 5月22日(日)18時27分配信

 政府・東京電力統合対策室は22日、福島第一原発1号機の原子炉への海水注入を3月12日に中断した際、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が菅首相に「再臨界の危険性がある」と進言したとしていた21日の発表を訂正した。

 班目氏の発言について、「首相から再臨界の可能性を問われ、可能性はゼロではないとの趣旨の回答をした」と改めたが、再臨界の問題が注入中断に影響した可能性に変わりはなく、野党はわずか1日で訂正されることになった経緯も含め、国会審議で追及する構えだ。

 発言内容の訂正は、班目氏が22日、首相官邸で福山哲郎官房副長官、細野豪志首相補佐官に申し入れた。出席者によると、発表の訂正を求める班目氏に、福山氏らが「可能性はゼロではない」と発言したとする案を提示、班目氏も了承したという。細野氏は22日夜、記者団に、「(発言内容の)基本路線は変わっていない」と述べた。その後、菅首相に訂正を報告した。 最終更新:5月23日(月)1時33分


(新世紀人コメント)

米国が菅を見限ったのか? 菅攻撃が自民党や糟塵(マスコミ)の側からも起きている。
「もうそろそろ潮時」と考えたか?

しかし、平野貞夫氏が語る次の疑惑は衝撃的だ。

http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/518.html

(前略)

「恐らく東京電力は第1号機のメルトダウンの情報
を、菅首相から公開しないよう指示されていたと思う。」

(後略)

菅の行動は首相の座にしがみつく為の逃走発言で一貫(一菅)しているから上の話も十分に有り得よう。

 2 81 +−

 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月23日 08:12:35: 05nGzaMakY
こんな重要な事項を訂正で済ませられるのか?
都合が悪くなれば、なんでも訂正で遁走する管首相。
訂正すればOKとなるなら、
世の中やりたい放題になるだろう。
スピード違反で切符を切られたら、もう一度制限速度で走りますからそれを測定してよ。スピード違反はしてないでしょ。OKでしょ・・・と同じだ。

管政権は日本社会混迷崩落の元凶。


02. 2011年5月23日 09:22:07: 2l1aNIGDxg
政府・東電・原子力安全委員会などは原発問題が解決せずに、いまだに進行中でまずいと感じたのか、責任の擦り合い合戦が始まってきました。
現在でも誰が責任者で取りまとめているのか(モナオなのかな?)あやふやで、言ったの言わないだのみっともない。
斑目さん他あなた方の立場なんてどうでもいい。
福島県民や子どもたちを安全な場所へ避難させることがまず先です。

03. 2011年5月23日 09:23:37: z3JPTJSWDM
「福山氏らが『可能性はゼロではない』とする案を提示、斑目氏も了承したという。」この読売新聞の言い回しは絶妙で、苦笑してしまう。
いまさら真実など分からないから、お互いの面子が立つように話の辻褄を合わせるだけということ。
平時ならそれもまあ許されようが、今の非常時にこんな姑息なことにエネルギーを割いている暇はないように思うのだが。
関係者は地位や体面、面子に拘るのみで、いさぎよく責任を取るという姿勢がない。先の大戦からこうなったのだろうか?これではすでに戦いに負けていると言ってもいい。敗者の心理状態だ。

04. 2011年5月23日 09:47:25: wJkJexf23g
ソースが読売って時点で信憑性ゼロですな

05. 2011年5月23日 10:20:10: 7WZekNACgc
小泉政権は日本を弱肉強食の自己責任の国に変えた。
菅政権は日本を無責任の国に変えた。
と、歴史が評価するだろう。

06. 2011年5月23日 17:13:56: iuZAzOOIL2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110523/t10013052701000.html

亀井代表 班目(でたらめ)委員長は交代を
5月23日 15時44分

国民新党の亀井代表は、大阪市で講演し、国の原子力安全委員会の班目春樹委員長について、原発事故の収束に向けた政府への助言など、委員長としての対応が不十分だとして、交代させるべきだという考えを示しました。

23日の衆議院の東日本大震災に関する特別委員会で、自民党は、東京電力福島第一原子力発電所の1号機で、地震発生の翌日、原子炉を冷やすための海水の注入が1時間近く中断したことを巡って政府の対応を追及し、この中で原子力安全委員会の班目委員長は、当時菅総理大臣らに対し「『再臨界の可能性はゼロではない』と言ったのは確かだ」などと述べました。これについて、国民新党の亀井代表は「審議会で言うならともかく、国が右に行くか左に行くかというときに、委員長の立場で言うことばではない。残念だが、日本の危機に、安全委員会の責任者がそういうことしか総理にアドバイスできない。『でたらめ委員長』だ」と述べ、班目委員長を交代させるべきだという考えを示しました。一方、亀井氏は、菅内閣に対する不信任決議案について、「自民党は、不信任案を出せば賛成するという民主党の議員がいるから協力できないと言うが、そんなことが起きるはずがない。ばかげた党利党略を考えている自民党にあすはない」と批判しました。


07. 2011年5月23日 18:57:32: MEn5PxD5aA
斑目、「ゼロではない」ということは「ある」ということだよ。
そう解釈するのが通常の見解。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧