★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 824.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パンドラの箱がまた開く!東電今日新たな新事実発表。何でも言って。もう驚かない。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/824.html
投稿者 TT4 日時 2011 年 5 月 28 日 01:13:12: mNmtoLf8rLGdE
 

斑目委員長「停止していなかったら、一体ナニが問題になるんでしょうかね」発言。
海水注入中止は実際には行われていなかった。現場の判断で注水は続いていた。(せっかく私が菅首相を騙して中止命令を出させたのに・・・)(でもホントよかった。もし私の進言で菅首相が中止を命令したことが世間にばれれば、私が事件を大きくしてしまったと世界は攻めただろうから。ああ、よかった。ホッとした)というのが彼の本音ではないのか。

「55分間の中断!」などとメディアが大きく書きたてるから東電は真実を暴露せざるを得なかった。「中断はしていなかった」という真実でなく、「吉田所長」の独断で海水注入は続いていた、という事実。結果的にそれでもっと大事に至らなくて済んだ、ということ。そしてそのお手柄が東京本店幹部はあまりよく思っていない「吉田所長」だったこと。『週刊文春(4月21日号)』に載っているそうだ。吉田所長は「やってられねえよ」と東電幹部に反乱することしょっちゅうの現場のオニ(でも作業員はついてくる、)だったそうだ。本部指令にいつも噛み付いてくる憎い飼い犬の手柄を認めるのが癪だったのではないか。

どれだけIAEAが怖いのか、明日また新たな発表がある、とか。2分ごとの記録の中から今度はどんなお化け真実が飛び出すのやら。

海水注入だが、東電が「1.3号機の廃炉可能性の示唆」は3月14日のことだった。1号機の水素爆発が12日午後3時36分。3号機は14日午前11時01分。海水注入が(試験的に)開始されたのが12日午後7時04分。菅首相が「海水なんて入れたら再臨界を起こすぞ。直ちに中断せよ!」と怒鳴ったとされるのが7時25分。斑目委員長が「中断!」と怒鳴るように画策していたのはこの頃だ。つまりこの時点でまだ原子力安全保安院は原子炉存続に未練たっぷりだったわけだ。住民の健康・作業員の安全・命よりも金のかかった金の卵のほうがよっぽど大事だったのだな。「やはり断念せざるを得ないか・・・」となったのがようやく14日、というわけだ。(福島民報3月15日付の朝刊に、大きな見出しで『1.3号機、廃炉か』と)

1号機は3月12日未明(午前3時頃か?)に炉心溶融が始まり、同日午前9時にはメルトダウン。つまり燃料棒が全露出。しかも圧力容器の底に解けてたまっていた!これが「地震直後18時間でメルトダウン」ということなのだ。このとき炉心の温度300度。それで底に3センチの穴が開き、50時間後には穴は7センチに拡大し、冷却水漏れが加速した、ということだ。

101時間後、即ち3月15日午後8時には2号機もメルトダウン。12日から15日までの短期間になんと恐ろしいことがいともあっけなく起こってしまった。世界史未曾有の大原発事故がたった4日間で完了したのだ。

問題は2点ある。このあっという間の時間に、どの部署がどんな不始末をしでかしたのか。どこの指示部隊が何故このような取り返しのつかないミスを犯してしまったのか。泣く子も黙るIAEA(正体はアハハ・・・だが)様に嘘の報告はできない、とやらでこの間の真実はもうすぐ伯仲に晒される(?)。

もうひとつは、これが実は一番気がかりなことなのだが、原発被災者の一人として、地震発生当日および炉心溶融が始まり完了したその翌朝の、東電のそして地方自治体の住民に出された指示は、果たして適切なものだったかということ。

また改めて問題提示したいが(今回はここまで来るのに長くかかってしまったので)3月11日、巨大地震の後、まず津波警戒報が出た。これは正しい。わざわざ海岸近辺に近づくものはいなかった。海岸近辺の住民には避難指示が出たから(高台やかねてからの避難場所)これも正しかった。私の町の津波による死亡者はほんの数名である。夕方になって有線放送で「町民は屋内退避してください」と町内の空に流れた。「窓はきっちりと締め切って」とも。しかし「放射能漏れ」の放の一言もなかった。福島第一原発が・・・ともなかった。町民は何も知らされずただ「屋内退避を」というものだった。だもの町民は外をウロウロしていたさ。車と家を行き来して車に荷物を積んだり。家の中は地震でぐちゃぐちゃ。家が半壊した人もいる。人々は少しでも余震から逃れようと毛布・食糧・ラジオ(ある人は)・懐中電灯・・・などを車に積み込んでその日のうちに逃げる人は逃げた。震度5級の余震が5分ごとに襲ってくるので家の中にい続けることはかなりの恐怖だった。そうやって眠りにもつかず(誰があんな余震の真っ只中眠ったりできるものか)恐ろしい一夜を明かした。ほとんどの人々は多分車の中で。

翌朝、「屋内に退避してください」が再び流れた。それで多くの人は家の中にぶるぶる震えて閉じこもっていたから、7時ごろパトカーが、警官は防護マスクを付けて、町内を触れ回ったのを気づかない人がたくさんいた。「直ちに西に逃げてください」という恐ろしい叫びである。出遅れた人々は避難先の川内村まで倍以上の時間がかかった。交通渋滞で。のろのろになるたび人々は外に出たりした。コンビニで食糧・電池・飲料水を買ったり、ガソリンスタンドに並んだり。

そうそう、川内村の避難所にお昼頃ひょっこり町会議員の一人が顔を見せて「原発は心配ありませんから安心してください」とニコニコ顔で(町民を安心させようとして)陣地見舞いしていたが、あれは一体なんだったのか?

つまり私は、この大事な短時間のうちに、どのくらい町の人々は放射能を浴びてしまったのか、ということを問いたいのだ。それと(明日まさか恐ろしい発表があったりはしまいな、と願うばかりだが)、ヨウ素とセシウム以外の放射能は飛散しなかったのだな、と確認したい。3月12日3時36分の1号機の水素爆発の前にはどんな放射能も大気中に放出されなかったのだな、と確認したい。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月28日 01:30:30: aWp0x0WaAA

君が代と日の丸が、国民を虫けらのように扱ったのは今も昔も全く変わらない。

戦時中、残虐な弾圧集団特高警察によって数十万の国民が逮捕、拷問され、1700人も虐殺された。
戦後
日本国民弾圧虐殺の張本人が57人も国会議員になった異常な国家。
天皇制下の侵略強盗戦争時代、国民弾圧が常態化していた。
平和、自由、民主主義、人権…を抑圧し歴史を逆流させる「復旧派」を告発。
治安維持法によって逮捕されたものは数十万人、虐殺80人余、 送検75,681人、実刑5,162人に及ぶ。
戦前、特高警察の拷問などで命を奪われた人だけでも1697人以上。
(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟調べ)。
http://www.angelfire.com/planet/horiemon06/mokuzinoko.htm

、、、、子ども心に受けた衝撃のひとつは、国家はいざというとき国民を守らない、ということだった。
突如参戦を表明したソ連軍が、ソ満国境を越えて進入してきたとき、頼みの関東軍は一般庶民を置きざりにし、本営もろとも後方へ撤退していた。
高級軍人の家族や、国策会社の上層部は真っ先に帰国していた。
国民には国を守れといいながら、国がまず守ったのは、こうした特権階級だったのである。
満州でも沖縄でも、軍は足手まといの女性や子どもを、自決させたり殺したりした。
  国土を蹂躙されたことのある国民は、国家が国民を守らない事実を思い知らされている。

君が代と日の丸が、国民を虫けらのように扱ったのは今も昔も全く変わらない。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm


02. 2011年5月28日 03:48:24: 0GJJznkobY
ありがちな新事実。

・実は再臨界してました。
・実は都民も既にミリシーベルト単位で被曝してます。
・実は首都圏もチェルノブイリ第三区レベルで汚染されてます。
・実はプルトニウム、外に出てます。
・実は4号機が今ピンチで爆発寸前です。
・実は建屋の床も抜けてます。

他に何かあったかな?


03. 2011年5月28日 04:44:20: 9X9g2gELjY
・実は3号機は核爆発でした。
・実はプルトニウムは、ヨウ素の数万倍危険です。
・実はウラニウムも拡散してます。
・実はストロンチウムも拡散してます。
・実はモニタリングポストは、地上18mくらいで測ってます。
・実はモニタリングデータはガンマ線量だけです。
・実はアルファ線・ベータ線は測っていません。
・実は内部被曝も考慮しないといけません。
・実は晩発性障害の危険があります。
・実は工程表は守れません。

他、何かあればお願いします。


04. 2011年5月28日 06:29:05: vYaTE3dzKU
「何十万年も収束出来ません」

05. 2011年5月28日 06:49:18: 7y3MLk3UxQ
0203に要約されているところだと思います。
小出さんの検出で、年20ミリ程度の内部外部被曝を福島関東エリアの住民はしてしまったことを前提に、自身の対応を決断していくべきと思います。
15日の官庁大企業の内部通達にも興味があります。
話題になっている枝野さんの内部通達にも。

06. 2011年5月28日 07:26:43: IV8vpzxuiI
05さんの意見は正しいと思う。自身の対応を決断しないと広島、長崎の被爆者みたいになると思う。被爆者手帳をもっているというだけで結婚も就職も出来ず苦労された。日本人は建前と本音が違うことを認識しないと取り返しがつかない。
今は福島の農産物を買おうとか援助金を出す、とかおいしいことをいっているけど1年も経たぬうちにけろりと忘れ、こんどは差別。仙台の避難者に近郊のアパートの大家は公然と”避難者お断り”。早く大都会に出て、いまのうちに原発近郊にいたことを隠して生活設計を立てたほうがいいと思う。

07. 2011年5月28日 08:46:35: iQinVlOl1c
28日に東電が隠している2分毎とデータがIAEAから発表されるまで決定的な何かが有りそうだ。

08. 恵也 2011年5月28日 13:31:24: cdRlA.6W79UEw : 2JoMvhntFA
>> 斑目委員長が「中断!」と怒鳴るように画策していたのはこの頃だ。

この著者は、科学的知識がまったくない。
JCOで臨界をしたときには、水の存在も非常に関係してるが中断を断言
するほど確信はなかったはず。


09. 2011年5月28日 13:35:23: Et1vhJ5rpg
投稿文には、「吉田所長の独断で海水注入は続いていた」という事実…と書いてある。

事実という言葉は使わないがいい。事実であると断定するには根拠がない。所長云々も嘘かもしれない。

「中断していなかった」と報道しなおしたほうが、国民はホットする。責任の所在もあいまいにできる。

こんな日本社会の権力構造だと、絶対に事実なんて出てこないと思ったほうが真実だろう。


10. 2011年5月28日 14:31:22: x08NkTEgCw
・実は3号基のプルサーマルは去年からの稼動の為、MOX燃料は使用済み燃料棒ではない。
・実は4号基のプールにはプルトニウムがたくさん入っている。

このくらいしか出てこない。
あと、よろしく。


11. 2011年5月28日 14:40:08: vx4SmrqeJc
御用メディア・アホアナの木村太郎という豚オヤジは「吉田所長の独断はけしからん」とか言ったらしいが、相変わらずテレビでアホ面晒しているのであろうか。テレビが無いから分かりモハン、でごわす、ばってん。w

12. 2011年5月28日 15:47:27: dWuwnQ2Qic
実は4号機のプールは穴があいてもれてます。傾いているのも事実です。(日テレ筋情報)



13. 2011年5月28日 16:01:22: l5hWbEWy1k

原発から50キロ以上離れた田んぼの土から高濃度のプルトニウム

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/7890?page=2

また、ある食品メーカーが独自に調査した結果では、福島第一原発から50キロ以上離れた水田の土から、政府が発表している数値よりケタ違いに高い放射線が検出されたという。
この食品メーカーによると、現時点でその結果を公表するのは影響が大きすぎるため発表は控えているとのことだが、その田んぼの土からは高い濃度のプルトニウムも検出されたそうだ。


14. 2011年5月28日 16:16:42: Ez5axezwpQ
http://tenki.jp/typhoon/

台風2号接近中です。

・実は構造設計において暴風時の検討はおこなっていません。

もはや傾いてはいますが・・・。


15. 2011年5月28日 16:21:02: dWuwnQ2Qic
実は餓死が10人以上確認されてます。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm14562107


16. 2011年5月28日 17:31:42: rOLdAxtTeo
中央集権国家つまり、官僚制度は何としても解体が必要ですね。
国民の支持は、もう絶対に得られないでしょう。この
売国奴と無能の輩は。
この国の民の力を持って戦後の公務員制度は終了させなくては
なりませんね。ついでに日本国終了になるのかしら。
「この国は必ず滅ぶ」と司馬遼太郎が予言していたように。
作り直しもよいことかも。

17. 2011年5月28日 18:58:17: 2RlY8tKa3g
難民になったら日本人はどこの国からも嫌われ者なのかな?

18. mainau 2011年5月28日 19:36:38: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
データが出ていますよ。同12日午後3時半前に、毎時1015・1マイクロシーベルトという高い線量が計測されていた。
MP4(1号機の北西:飯舘村方向およそ1.5kmのモニタリングポスト)
15:29 1,015.000

すごいですね。この数値が、すさまじい。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/846.html

なお、一号機とかの爆発ののちに住民が避難したあとにも、ときどきものすごい数値になっていたらしいですが、公表されませんでした。ちょうどそのときに現地入りしていたフォトジャーナリストが、三台のガイガーカウンターがすべて振り切れた、つまり毎時1015・1マイクロシーベルト以上であるが、どこまでなのかが正確にはわからなかった、と証言している。
このときには何人かの住民が警戒区域にものをとりに帰っていたとのこと。この人たちは、一時間ごとに一ミリの被曝が加算されていったことになる。三時間家でもの探ししていたらすでに三ミリの被曝、四時間なら四ミリか。


19. mainau 2011年5月28日 19:37:59: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
訂正

まちがい>毎時1015・1マイクロシーベルト以上
訂正>三台のガイガーカウンターがすべて振り切れた、つまり毎時一千マイクロシーベルト以上であるが、どこまでなのかが正確にはわからなかった、


20. 2011年5月28日 22:19:51: qXf90Muuko
>原発から50キロ以上離れた田んぼの土から高濃度のプルトニウム


東電「プルトニウムは重いので遠くには飛びません」


遠くに飛ぶ「何か」があったことは確実、東電の隠蔽が不安を増大させる。


21. 2011年5月28日 22:29:30: YgDjk8gP06

「人類6分の1化計画」の中で起こった今回の大惨事、
そして、現在も進行中の「計画」、

誰が、何のために、については、あえて書かない。

その「計画」の使いっ走りの現内閣、
奸臣のカン、姦計のカン、

日本民族は、今回の事態の「謎」を、永久に知らないほうがいい。

「国敗れて、山河あり」

2千年前に、この列島に住んでいた住民は、
わずか、数十万人に過ぎなかったらしい。

我々は、今回の惨事に際し、多くの人々が、
「明日、死んでもいい」と、覚悟したはずだ。

だから、「人類6分の1化計画」に、
協力してあげようではないか。

この民族に、それ以上の「叡智」があれば、
別の話だが・・・。


22. 2011年5月28日 23:59:19: maDvl6Dnic

線量計ほしい 

ただひたすら、それに尽きます 


23. 2011年5月29日 00:14:27: IFI8HhoU4c
17さん、その通りですね。残念ながら。
世界では、自国では迫害される人が逃れてきた人を庇護する義務を広く認め、難民条約でそのことを協約しています。
難民条約加盟国中の「大国」の多く(欧米、オーストラリアなど)が年間、数千から万を超す人たちを難民認定して受け入れているのに、日本は、条約に加盟しながら、年間数十人です。ほぼ9割以上が不認定で、不定期の収容で心身をボロボロにされ迫害されています。
(これは一例ですが)
他の国の人たちを排斥し迫害する国民は、自分たちも自由になることはできません。
日本人が国外に逃れなければならなくなったときに、日本が他国の人にやってきたことが何であったのかを身をもって知ることになるでしょう。
この災害や復興の中で、少しでも、こうした状況を変えたいものです。

24. 2011年5月29日 00:22:37: 8xzos8RV8Y
・実は国際基準では24ヶ月で取り替える燃料棒を、日本では住民に安全を唱えるため、13ヶ月で取り替えている。ウラン使用量が40%の状態で取り替える。
この40%はプルトニウムが一番取れる数値。

25. 2011年5月29日 05:27:25: oz33FCcPgo
>>02, 03
ありがちな新真実の追加。

・実は津波が来る前に地震で1,2,3号機とも配管破断、冷却材喪失が
 起きて致命的な状態になっていました。 (しぶしぶ認めつつある)

・実は3号機爆発でプール内のMOX燃料棒が広範囲に飛び散りました。
 敷地内のものは必死で集めて隠しました。

・実は3号機プールにかすめ取ったプルトニウムを保存していました。
 核兵器用です。

・実は何十キロも離れた広範囲な地域で地下水にひどい汚染が
 見つかりました。水源もかなり汚染されています。

・実は作業員の被曝量が限度を越し、外部にも応援を頼みたいのですが、
 内情がばれると困るので、決死隊は丁重にお断りしています。

・実は急性被曝障害で亡くなった作業員が何人かいます。
 重症の人もたくさんいます。病院に緘口令をしいています。

・実は早くも住民にも被曝障害が認められていますが、
 これも緘口令をしいています。

・実は食糧の汚染度測定は、無汚染のものと混ぜたり、汚染の
 ひどい部分を取り除いたり、いろいろ不正をして値を低くしています。

・実は土壌汚染の測定も、地中を深く掘って混ぜ、汚染のひどい
 表層度の割合を低くしています。

・実は放射能の放出、流出量はチェルノブイリをとっくに超えています。

・実はIAEAが「レベル8」の新設と適用を計画しています。

・実は50キロ圏内は半永久的に住めません。汚染土などの
 廃棄場所にする予定です。高レベル廃棄物貯蔵所の話もあります。

・実は高濃度汚染水の貯蔵場所に困って密かに海に流しています。
 ばれないように注水量、地下に溜まっている量をごまかしています。
 メガフロートからもわからないように少しずつ漏らす予定です。

・実はふくいちカメラや、TBS/JNNカメラはリアルタイムではなく、
 やばい状況になると消したり、霧をかけたり、
 過去の画像を流したりしています。

・実は学者やマスコミに大金を握らせて安全デマを流してもらっています。
 でも最近は金欠で思うように操れず、裏切られることが多いです。

・実は福島県民に避難命令を出さないのは被曝実験データを
 集めたいからです。モルモットが勝手に逃げ出しては困るのです。

・実はガイガー・カウンタ、線量計の輸入を妨害、差し止めています。
 あちこちで国民が測定し始めると困るからです。

・実はモニタリングポストを不正に調整して測定値が低めに
 出るようにしてます。政府、地方自治体、東電の測定器は
 全部そうです。測定器の校正業者をまるめこんで再調整させています。

・実は政治家や高級官僚、東電を含めた大企業重役は
内緒ですでに家族を関西や海外に移住させています。

・実は諸外国と協力して、まもなく日本人の海外渡航を禁止する
 予定です。モルモットが勝手に逃げ出しては困るからです。 

・実は東京はまもなく住めなくなるので、政府は首都を大阪に
 移動する予定です。400年ぶりの遷都です。

・実は復興費用がとても賄え切れず国家破産の予定です。
 預金封鎖をします。円資産はすべて紙くずになります。



26. 2011年5月29日 06:41:47: POMm6goglA
25さん、お見事です。

02さんから始まった「実はシリーズ」は頭の中が整理できてよいです。

ありがとうございます。


27. 2011年5月29日 09:15:11: UWENshfRjs
到電は倒産してるぜ。
・・・東電だろな

28. 2011年5月29日 09:49:43: j6mPtpQow6
>>1
>国家はいざというとき国民を守らない、ということだった。

今回も一緒ですね。これが日本の支配者の実態です。


29. 2011年5月29日 22:14:40: aECkPmdH8Y
俺も09さんに賛同だね。
水を入れていたか、中止していたか直ぐに判ることだ。
二か月経って、缶とデタラメが責任の擦り合いをしているのに、大岡裁きでもやったつもりだろう。やらせの類い。
缶の「所長を処分するとの認識はない」で、バレチャッタ。
一国の首相が民間企業の人事に介入するなんて、前代未聞。
ありえない。

30. 2011年5月30日 02:20:22: KjwaFAFoyI

どうせ東京都民の余命が発表されるだけだろ。関西には関係ないわ。

31. 2011年5月30日 12:58:58: GiU1JHu2Xk
実は水道水から大人基準超の放射線が出ていました。


実は基準値を超えた農産物も流通させてました。


実はそもそも測ってませんでした。


32. 2011年5月30日 16:10:45: oz33FCcPgo
ガンダーセン氏のインタビュー。
http://makikoi.blog47.fc2.com/blog-entry-185.html

1、2号機はおそらくメルトスルーして溶融燃料が炉外に出ている。

3号機は海水を入れたために泥が溜まって冷却水が炉心に届かず、
過熱して水素爆発する可能性がある。

高濃度のヨウ素131が検出されているのは再臨界が起きている証拠。

1-4号機のまわりに深いトレンチを掘って、放射能を吸収するジオライトを入れるべき。

3号機のMOX燃料は30束で、プルトニウムの量は1、2号機とほとんど同じ。

4号機が大きな余震で崩壊すれば最悪の事態になる。
プール内の燃料が空気にさらされたら、18万6千人が死ぬ可能性あり。
(ブルックヘブン国立研究所の報告)
現時点では建物を補強するしかない。

18万6千人が死亡、、、、ショックです。


33. 2011年5月30日 19:35:53: 3CpLZcUoWI
堀場の放射線計で80k圏内の取引先の工場に出向き、建屋内で測ってみた
0.3μsv/hだった。BGで地面測ってみた。知らなきゃよかった

34. 2011年5月30日 20:16:11: 6rnv57owZc
日本列島全体が既にスッポリと汚染されている。
いまさらどこに逃げても同じこと。
政府は何もしてくれないということに、多くの国民が気づいた。
政治家はいてもいなくても同じ、いや、いない方がいいということもわかった。
無政府主義の実験場となるか。
日本の夜明けはここから始まるのか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧