★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 832.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県で「安全です」を連発していた山下俊一大先生が福島県民被曝総調査の座長。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/832.html
投稿者 東京電力放射能拡散中 日時 2011 年 5 月 28 日 06:58:18: p1PPUA.SiPAKw
 

もし被害が起こっていれば自分に責任が生じる立場にある人々が調査をして何になるのか。
御用学者達が言うように本当に安全なら第三者によって調査をさせるはずだがそうはならなかった現実が事の重大性を証明している。


壮大な隠蔽工作が行われるのだろう。


福島県中で「安全です」「ニコニコ笑っている人には放射能は来ません」等のトンデモ発言を連発していた山下大先生


http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/244378


被ばく影響 福島県が全県民調査 長崎大も協力
2011年5月28日 00:32


 福島県は27日、福島第1原発事故を受け、全県民約200万人を対象にした長期的健康調査を始めることを明らかにした。同県立医科大を拠点に国や長崎大などが協力、同日発足した調査検討委員会の座長には山下俊一・長崎大医歯薬学総合研究科長が就任した。

 調査は放射線の影響に対する県民の不安を解消し、がんの早期発見など長期的な健康管理や治療につなげるのが目的。近く全県民に問診票を配布し、事故後の行動記録や地域ごとに観測した放射線量を照らし合わせるなどして、個人の蓄積線量を算出する。追跡調査について、山下座長は「相当長期間の調査が必要になる」としている。

 これとは別に放射線量が高い一部地域では6月末にも試験的に詳細調査を始める。具体的な地域や対象人員は未定だが、採血や採尿などを実施。結果を踏まえ、調査範囲を拡大する。

 いずれの調査でも個人データは協力者に開示。長期間の低線量被ばくは世界的にも例がないため、各国の研究機関に示すことも考えられるが「個人情報の管理は徹底する」としている。

 山下座長は「福島県民の不安の原因は、自分の被ばく線量と将来何が起こるかが分からないという点。大半の人の線量は低いかもしれないが、それを説明することも重要だ」と話した。

=2011/05/28付 西日本新聞朝刊=
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月28日 07:01:06: A4GQ7o9O02
福島県庁の幹部連中、頭おかしんとちゃうか?東電の独饅頭喰わされてしもうたんか?

02. 2011年5月28日 07:18:23: DfqVbfqIZ2
海外メディアは3/24時点で福島原発からの放出放射性物質がチェルノブイリ級だということを報じていた。メルトダウンも確実視していた。日本では政府も、メディアもアホ学者も安全、安全と言い続けた。データを信ずる限り、何も対策を打たなければチェルノブイリ並みの病人が出るのはほぼ確実。


Fukushima radioactive fallout nears Chernobyl levels

17:14 24 March 2011 by Debora MacKenzie

Japan's damaged nuclear plant in Fukushima has been emitting radioactive iodine and caesium at levels approaching those seen in the aftermath of the Chernobyl accident in 1986. Austrian researchers have used a worldwide network of radiation detectors – designed to spot clandestine nuclear bomb tests – to show that iodine-131 is being released at daily levels 73 per cent of those seen after the 1986 disaster. The daily amount of caesium-137 released from Fukushima Daiichi is around 60 per cent of the amount released from Chernobyl.

The difference between this accident and Chernobyl, they say, is that at Chernobyl a huge fire released large amounts of many radioactive materials, including fuel particles, in smoke. At Fukushima Daiichi, only the volatile elements, such as iodine and caesium, are bubbling off the damaged fuel. But these substances could nevertheless pose a significant health risk outside the plant.

The organisation set up to verify the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty (CTBT) has a global network of air samplers that monitor and trace the origin of around a dozen radionuclides, the radioactive elements released by atomic bomb blasts – and nuclear accidents. These measurements can be combined with wind observations to track where the radionuclides come from, and how much was released.

The level of radionuclides leaking from Fukushima Daiichi has been unclear, but the CTBT air samplers can shed some light, says Gerhard Wotawa of Austria's Central Institute for Meteorology and Geodynamics in Vienna.

Ill wind

For the first two days after the accident, the wind blew east from Fukushima towards monitoring stations on the US west coast; on the third day it blew south-west over the Japanese monitoring station at Takasaki, then swung east again. Each day, readings for iodine-131 at Sacramento in California, or at Takasaki, both suggested the same amount of iodine was coming out of Fukushima, says Wotawa: 1.2 to 1.3 × 1017 becquerels per day.

The agreement between the two "makes us confident that this is accurate", he says. So do similar readings at CTBT stations in Alaska, Hawaii and Montreal, Canada – readings at the latter, at least, show that the emissions have continued.

In the 10 days it burned, Chernobyl put out 1.76 × 1018 becquerels of iodine-131, which amounts to only 50 per cent more per day than has been calculated for Fukushima Daiichi. It is not yet clear how long emissions from the Japanese plant will continue.

Similarly, says Wotawa, caesium-137 emissions are on the same order of magnitude as at Chernobyl. The Sacramento readings suggest it has emitted 5 × 1015 becquerels of caesium-137 per day; Chernobyl put out 8.5 × 1016 in total – around 70 per cent more per day.

"This is not surprising," says Wotawa. "When the fuel is damaged there is no reason for the volatile elements not to escape," and the measured caesium and iodine are in the right ratios for the fuel used by the Fukushima Daiichi reactors. Also, the Fukushima plant has around 1760 tonnes of fresh and used nuclear fuel on site, and an unknown amount has been damaged. The Chernobyl reactor had only 180 tonnes.

The amounts being released, he says, are "entirely consistent" with the relatively low amounts of caesium and iodine being measured in soil, plants and water in Japan, because so much has blown out to sea. The amounts crossing the Pacific to places like Sacramento are vanishingly small – they were detected there because the CTBT network is designed to sniff out the tiniest traces.

Dangerous isotopes

The Chernobyl accident emitted much more radioactivity and a wider diversity of radioactive elements than Fukushima Daiichi has so far, but it was iodine and caesium that caused most of the health risk – especially outside the immediate area of the Chernobyl plant, says Malcolm Crick, secretary of a United Nations body that has just reviewed the health effects of Chernobyl. Unlike other elements, he says, they were carried far and wide by the wind.

Moreover the human body absorbs iodine and caesium readily. "Essentially all the iodine or caesium inhaled or swallowed crosses into the blood," says Keith Baverstock, former head of radiation protection for the World Health Organization's European office, who has studied Chernobyl's health effects.

Iodine is rapidly absorbed by the thyroid, and leaves only as it decays radioactively, with a half-life of eight days. Caesium is absorbed by muscles, where its half-life of 30 years means that it remains until it is excreted by the body. It takes between 10 and 100 days to excrete half of what has been consumed.

While in the body the isotopes' radioactive emissions can do significant damage, mainly to DNA. Children who ingest iodine-131 can develop thyroid cancer 10 or more years later; adults seem relatively resistant. A study published in the US last week found that iodine-131 from Chernobyl is still causing new cases of thyroid cancer to appear at an undiminished rate in the most heavily affected regions of Ukraine, Belarus and Russia.

Caesium-137 lingers in the environment because of its long half-life. Researchers are divided over how much damage environmental exposure to low doses has done since Chernobyl. Some researchers think it could still cause thousands of new cases of cancer across Europe.


03. 松本義久 2011年5月28日 07:24:58: Ibr//rQvkL5/2 : rvTfiDA42E
安全ではありません、安心と言っているのです

04. 2011年5月28日 07:31:41: Get9aY0xRA
安心してガンになってください。
治療はうちら一手にが…濡れ手に粟だぜ…ってことですね

05. 2011年5月28日 08:04:46: B1ZhhZMSbM
大丈夫だと言ってる人が調査するのだから、大丈夫だったという結果になるんでしょうね。
死亡率が増えたのは、ニコニコしてなかったからだってことになるのか

06. 2011年5月28日 08:10:22: AVYNJUCvpU
福島県は自分たちの健康より、汚染した野菜や魚が売れるように誘導したいのでは?

07. 2011年5月28日 08:54:57: iQinVlOl1c
証拠として保存させてもらった。

08. 2011年5月28日 09:39:21: KO67rgLNxy
大丈夫です!死にません!癌になるだけです!
ははっ
また、こんな奴が、、、

09. 2011年5月28日 10:25:22: esmsVHFkrM
俺は、これを、

吸血鬼に血液センターをやらせるようなうす気味悪さとホラー

と表現したい。


10. 2011年5月28日 10:42:19: OGQkQettRU
福島県民は、それを容認するのでしょうかね。

11. 2011年5月28日 12:46:08: hvIjvHzMvg
現福島県知事は、汚染牛・豚、野菜を通じて放射性物質を全国に拡散させた確信犯。

12. 2011年5月28日 18:46:07: EGaQ73B5yp
この新聞記事(下記)に出ている写真では、飯舘村役場前の線量率の実測値が
8.02マイクロシーベルト毎時になっている。

これは実測値だろうか? 
だったらこの「笑っているおじさん」たちは、カーゴカルトを信奉する未開土人
だというほかない……。(絶句)

   ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【画像あり】福島・飯舘村に放射線量の表示機器、常時測定へ 8.02μsv/h え??
1 :依頼94(関西地方):2011/05/28(土) 16:38:35.93 ID:jKin5dl20● ?2BP(6)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110528-OYT1T00356.htm
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110528-190383-1-L.jpg

福島・飯舘村に放射線量の表示機器、常時測定へ

福島原発

福島県飯舘村役場前に設置された放射線量常時測定・表示システム=宮坂永史撮影
 放射線量常に表示飯舘村に機器設置 村全域が計画的避難区域となり、住民の避難が進められている福島県飯舘村の役場前に28日、
放射線量を常時測定して表示する機器が設置された。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、東京のシステム会社が開発し、同村に無償で設置した。

 機器は、子供の身長に合わせ、高さ50センチの空気中の放射線量を測定。電光掲示板(縦計約30センチ、横約25センチ)に、
10秒ごとに更新された数値が表示される。データを蓄積できるため、後に分析することも可能という。

 設置に立ち会った菅野典雄村長は「村民は正確な放射線量を知りたがっており、これなら多くの人が数値を見ることができる。
住民の説明資料にも活用したい」と話していた。
 


362 :名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/05/28(土) 17:55:36.14 ID:Vmj2COZS0
もう脳みそまでやられちゃってるみたいだな
笑ってやがる


370 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/05/28(土) 17:57:22.86 ID:0JYU9pdW0
【参考】チェルノブイリ
原発外側部 546μSv/h
原発より100m地点 110μSv/h
原発より4km地点 4μSv/h
原発より18km地点 0.12μSv/h
 ※チェルノブイリ原発は事故より25年経過した今も半径30km内は立ち入り禁止区域

飯館村(原発より40km) 8.02μSv/h
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ところで上記に引用されているチェルノブイリ周辺の近年の線量率データだけど、
 これは出典元はどこなのだろうか? ざっとネットで見た限り、石屋さんの宣伝サイト
 しか見つからない。ちゃんとした典拠で確認したいのだが……)


飯舘村役場まえの線量率表示板は、実測値を改竄して表示することはないだろうな?
この村の心ある住民は、他の民間の測定などを併用して、村や国の発表だけに
頼らないほうがいいだろう。 表示板で嘘を表示することだって、今後起こりうるから。


13. 恵也 2011年5月28日 18:46:14: cdRlA.6W79UEw : 4A6BeyZ1as
>> 座長には山下俊一・長崎大医歯薬学総合研究科長が就任した。

これは原爆でアメリカが行った調査と同じだろう。
人間モルモットであり、治療は建前であり、調査がメインの目的。
こんな調査機会は数十年の1度のめったにない世界的な機会。

広島ではアメリカがABCCという調査機関を作り、治療の名目で被爆者を
集めましたがロクな治療はしなかったといわれてます。
しかしその資料は利用価値はある。

ーーーー引用開始ーーーー
ABCCには「調査しても治療しない」など被爆者の批判がでました。75年に日米
共同運営の財団法人に移行、現在の名称になりました。放影研の長期間の被
爆者とその健康に関するデータは貴重なものです。
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/97abom/peace/06/bakugeki.htm


14. 2011年5月28日 20:12:32: OrKcDXgxGs
まずい事実を隠すか、論文材料にするか。
人間をモルモットとしか見ていない奴に身を委ねさせるとは、福島県庁職員も同じ穴。

15. 2011年5月28日 21:42:16: lHxkQcWhNA
おい、福島県よ本気か。
安全しか講演でいわなかった
山下に本当に調査やらせるのか。
俺は断固反対。
長崎大学の連中は信用できない。100ミリSVでも
安全て言ってた連中だぜ。

16. 2011年5月29日 00:57:43: gFJVH1ySSg

こんな山下俊一氏をすばらしい〜!!と絶賛しまくった(呆)

「副島隆彦氏」のスレは、阿修羅カルト板までどうぞ。只今、炎上中。。。


17. 2011年5月29日 12:37:50: zg1HQqJF1o
県民にとっては最悪の人事だな。

18. 2011年5月29日 14:46:54: tEuMUcieh
ホラー映画を見ている気分になってしまう。
山下、恐ろしすぎ。

19. 2011年6月09日 20:41:27: G5WaNp5SMk
地域経済を崩壊させたくないという県の意向とこのチャンスに世界的な名声を手に入れたい研究者の欲が住民の生命より重かったのだろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧