★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 238.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の原発は、過疎地の弱みに付け込み、地元に「交付金中毒」を強いる「権力発電所」だ(大沼安史の個人新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/238.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 6 月 02 日 11:50:22: KbIx4LOvH6Ccw
 

「机の上の空 大沼安史の個人新聞」がニューヨーク・タイムズ紙の日本の原発政策の暗部を暴露する記事を紹介している。京大原子炉実験所の今中助教や小出助教が反原発のための研究生活に邁進するようになったのも、日本の原発政策のこのような「うさんくささ」があった故である。

<参照>

==============================================

2011-05-31
〔フクシマ・NEWS〕 日本の原発は、過疎地の弱みに付け込み、地元に「交付金中毒」を強いる「権力発電所」だ ニューヨーク・タイムズが全世界に報道

 危険な原発を、なぜ日本の過疎地は誘致したのか? なぜ増設さえ求めるのか?
 そんな疑問に答える記事が、ニューヨーク・タイムズ(電子版)に掲載された。

 題して「日本には原発依存を進める文化がある(In Japan, a Culture That Promotes Nuclear Dependency)」
 ⇒ http://www.nytimes.com/2011/05/31/world/asia/31japan.html?pagewanted=3&_r=1

 東電の「フクシマ」と中国電力の島根(鹿島)原発、下北の東通原発をケーススタディー(調査報道)した長文の記事だ。

 福島県の佐藤栄佐久・前知事によると、「フクシマ・ダイイチ」の地元の双葉町は、1号機の運転開始から30年後、(原発新規立地に伴う交付金が干上がり)町長の給料も払えない財政難に追い込まれた。そこでどうしたか? 「2機増設」を認めたのだ。

 「原発を一世代、あるいは30年、抱えたら、もうそれなしに生きられなくなるんです」

 「薬中毒という言葉が適当な表現かどうかはさておき、一度(電源三法による交付金に)手を出したら、絶対またほしくなってしまうものなんです」と佐藤前知事は語った。

 “With a nuclear reactor, in one generation, or about 30 years, it’s possible that you’ll become a community that won’t be able to survive,” Mr. Sato said.

 “Putting aside whether ‘drugs’ is the right expression,” Mr. Sato said, “if you take them one time, you’ll definitely want to take them again.”

 島根県の島根原発の地元、鹿島町の町長選に出て落選したことのあるナカムラ・エイジさんは、タイムズの記者にこんな「冗談」を披露したそうだ。

 「原子力発電所と言ってるけど、ほんとうは‘政治権力発電所’ですよね」
 “They call it a nuclear power plant, but it should actually be called a political power plant,” Mr. Nakamura joked.

 青森の下北半島の突端部、東通原発のある東通村の歳入の46%近くは原発がらみの固定資産税収入だ。

 600人の児童生徒が通う小中学校には陸上競技のトラックが2つ、大きな体育館が2つ、テニスコートが8面、室内野球場が1つ。

 福島大学の清水修二教授はこう語った。

 「この依存の構造が地域社会が原発反対の声を上げるのを不可能なものにしているのです」
 “This structure of dependency makes it impossible for communities to speak out against the plants or nuclear power,” said Shuji Shimizu, a professor of public finance at Fukushima University.

 タイムズ紙は記事のなかで、こんな言葉を使っていた。

 Code of Silence (暗黙律)。沈黙の掟。

 日本の原子力権力は過疎地の弱みに付け込み、金で縛りつけ、反対の声を沈黙させ、原発を推進して来たのである。

 タイムズの報道で、またひとつ、日本の原発(行政)の闇の恥部が世界にさらけ出された。

==============================================

【関連エントリー】

佐藤栄佐久前福島県知事がズバリ指摘/政府の情報隠しは旧ソ連の「ファシズム」と同じ【日刊ゲンダイ】

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 無段活用 2011年6月02日 13:29:48: 2iUYbJALJ4TtU : UsExKLOGck
原発は所詮、「欲」の所産。

「欲」に溺れた人間の醜い姿が、原発の周囲ではどこでも見られる。

例えば小出先生の瞳と、原子力村の住人たちの瞳を見比べると良い。

その輝きの違いが、そのままその品性の違いなのだと思う。


02. 2011年6月02日 13:31:27: FpVPO6YryM
小出さん 今中さん 熊取6人衆と呼ばれる方に 敬意を表します。
生きる事に 本当に謙虚で 思わず正座して観ました。
六ヶ所の菊川さんにも 頭が下がります。
ビデオの投稿 有難うございました。

03. 2011年6月02日 14:39:37: tEuMUcieh
麻薬中毒患者があとあと苦しむのは自業自得といえるが、正常な人々まで
同じ苦痛を味わう理不尽さが悔しい。

この麻薬(交付金)は、地元で原発建設の是非を決議するときには、買収
そのものである。「買収」は取り締まるべきだ。

そもそも、事故がおこれば極めて広域に被害を及ぼす原発の認可を地元だけ
で決められるという法律がおかしい。


04. 2011年6月02日 18:08:17: GiU1JHu2Xk
交付金の魔力に負けず戦い抜いた
和歌山・日高、三重・芦浜、高知・窪川の皆様にも敬意を表したい。

05. 2011年6月02日 18:57:53: JgyS3UTymo
岩国の米軍基地のように、建設を認めないと干上がるように仕向けられたのか。
最初は原発だと言わなかったり。
酷いよ。

06. 2011年6月05日 05:47:18: tP9H2rJZSs
減反=農業破壊=地域疲弊

つまり、農業では食えないやっていけないという事情をあえて作り出している政策というものが根底にあります。

先進国(そういえば日本はまだ先進国っていっていいのか・・・?)の多くは自国の農業を手厚く保護していて自給率が高いはずです。その中で日本の食糧自給率の低さは際立っているはず。

ふと、思ったんですが、産業資本主義の黎明期のイギリスで「エンクロージャームーブメント=農地囲い込み運動」というのがあったけど、何かそれに似ているような。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧