★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 305.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
テルル132が浪江町で検出された意味
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/305.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 6 月 04 日 13:46:07: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 千度以上示す核物質、3月12日に検出していた(読売新聞) 放射性物質テルル132を放出 投稿者 中田英寿 日時 2011 年 6 月 04 日 00:05:26)


当該記事は、「千度以上を示す核物質」を見出しに書くだけで、その意味するところをまったく説明していない。
それは、菅政権が、12日“朝”(時刻を示せよ)の時点では、間違いなく1号機でメルトダウンが起きていたことを知っていたことを意味するデータだからである。


■ テルル132が浪江町で検出された意味


● 炉心の燃料被覆管が酸化し燃料棒表面が1800度以上の高温になり、最低限、燃料ペレットも溶融し始めていることを意味する。(メルトダウンの開始)


● テルル132の半減期は3.3日なので自動停止した炉心が再臨界に達しているかどうかは不明

 ※ テルル132が10日ほど経ってから、他の核種とのバランスで理論的推計値を超える量で検出されると再臨界が起きている可能性が高い


● 6km離れた浪江町でテルルが検出したということは、この前にすでに原子炉に“穴”があきさらに格納容器にも隙間ないし“穴”があったか、検出した時刻が1回目のベントである10:17のあとであったことを意味する。


 ※ 私の推論でしかないが、記事でいう12日朝というのは、たぶんウェットベントを行った10:17以後の時刻で、ベントの影響を知るために浪江町で採取した大気もしくは土壌で核種分析したのだろう。
ベントの前であれば、それなりに重い(ウランやプルトニウムのようにアルファ崩壊する法制性物質としてはもっとも軽い)テルル132が原発施設外に飛散することは考えにくいからである。意図的なベントなしにテルル132が飛散している状況は、原発施設が悲惨な状況になっていることを意味するからである。

最後に、保安院西山さんの、


>今回の「隠そうという意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。」


これは、6.2政局騒動と同じ、慎重に選んだ言葉で自分たちの責任や事実をうやむやにするペテン師的言辞である。

少し意訳すると、「自分たちが事故状況を分析するためには利用したが、知っても原発事故対応に役に立つとは思えない国民に示しても、あらぬことを考えたりただただ不安になってパニックになるだけだと判断したので公表しなかった」になるのでは,,,


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月04日 14:00:46: ynSQvzTlvk
事故の翌日の3月12日午前8時半すぎに発電所からおよそ7キロの浪江町の地点で、核燃料が溶けた際に出るテルルと呼ばれる放射性物質が1立方メートル当たり73ベクレル検出されていました。
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/290.html

とのことなので、ウェットベントの前ではないですか。
この時点で、既に原発施設は悲惨な状況になっていたのでしょう。



02. あっしら 2011年6月04日 14:36:14: Mo7ApAlflbQ6s : onVdTZ00nI
01. さん、ありがとうございます。

根が政治好きなのでこの間政治板にうつつを抜かし、原発板にようやく戻り記事のチェックをし始めた矢先にこの記事に遭遇したので情報不足のままコメントを書いてしまいました。

これからもよろしくお願いします。


03. 2011年6月05日 03:18:05: vJW61Ise0M
阿修羅には何度も書かせていただいてますが、

官邸の緊急災害対策本部は11日の段階から重要な情報はすべて公開していたし、
12日00時30分の時点で燃料融解の予測時刻も発表していました。

原発の危険性を勉強していた人や、頭のいい人、情報の意味を調べる力のある人は、きちんと冷却水喪失、燃料融解、ベントの遅延の危険性を理解して新幹線で逃げました。

在来線が止まっている時でも新幹線は運休無しで動いていましたし、テレビでも何度もそう伝えていました。

「政府は冷静な行動をとるように呼びかけています。」

この意味は「冷静に考えて、危険性を理解できた人は逃げてください」という事です。実際多くの人が逃げました。

官邸発表の3月12日00時30分発表資料

http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/201103120030.pdf

7ページ目の予測

22:50 炉心露出
23:50 燃料被覆管破損
24:50 燃料融解
27:20 格納容器設計最高圧突破 ベント開始


04. 2011年6月05日 09:43:23: RkqVoA6qJQ
>03御意
自分は15日 帰国し18:00の新幹線で名古屋に戻りましたが
ホームは逃げ出す外国人日本人家族で 帰省時なみの状況を目撃しカナダCNN報道の正しさを確信しました。

05. 2011年6月07日 10:29:30: LrNxzvVpmp
保安院はだれが雇っているのでしょうか。国民ですよ。その国民を安全に守ることができないのは過失犯罪です。危険きわまりない放射能をまき散らし国民を被ばくさせた罪はものすごく重くなることに気が付かないとは。テレビに現れた時から信頼できない人たちと感じたのは私だけか?

06. 2011年6月08日 16:54:52: vJW61Ise0M
>05
保安院が信用できない事は事故以前から、色々な団体や学者から指摘されてました。
彼らの言葉に耳を傾けなかった「原発は安全です」に騙されてきたバカ市民が多数派を占める限りこの国はどうにもなら無い。

07. 2011年10月17日 01:35:39: So91FAYZEQ
>03>>06
6月にご意見を読んだ際は、皮肉の陰にも絶望と苛立ちを感じ、反論を控えた。
ここの掲載から4カ月以上を経て、改めて、憤りを感じている。
(本来、私の反論すべき相手はあなたではないと思うが・・・
まあ、反応が遅いのが私の常。反省材料。ご容赦いただきたい。)

浪江町で被災した私の友人は
「原発の危険性を勉強していた、頭のいい、情報の意味を調べる力のある」人
だが、息子ともども公的福祉施設関連の従事者であり、
本人はもとより、何よりも若い息子を逃がしたいと思いながも、
自分たちが避難することは残る人を見捨てることに繋がるとして、留まった。

民家を仮の避難所として約20人を受け入れたが、国の情報開示のまずさから
避難者への「外の危険」が伝わらず、
窓の開閉・玄関からの出入りの際の注意が十分なコンセンサスが得られず
受け入れた友人のほうが神経をすり減らした3日間。

おまけに、町への、県や国からの適切な情報提供は無く、
通信網はズタズタで、普段から繋がりにくいネットや携帯は殆ど使い物にならず
いざ避難となっても、既に地域でガソリンは求められず、破断を免れた大きな道は大渋滞。
余震のタイミングでのみで通じる、携帯電話やメールで、
Twitterから得た情報提供するなど、
友人との緊迫したやり取りをした怒涛の5日間を、
頭も要領も極めて悪い私だが、一生忘れない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧