★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 375.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「捨てられた日本国民」 政府は本当のことは教えない。 国民がパニックになるから、だって (週刊現代) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/375.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 6 月 06 日 07:13:55: igsppGRN/E9PQ
 

「捨てられた日本国民」 政府は本当のことは教えない。 国民がパニックになるから、だって
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/7191?page=2
2011年06月06日(月) 週刊現代 :現代ビジネス

 政府は知っている。「3月15日に東京でチェルノブイリの時の何百倍もの放射性物質が検出されたこと」「年間20ミリシーベルトでなく、10ミリシーベルトでガンが増加すること」「子供には内部被曝が外部被曝の数万倍の影響があること」「実際にはプルトニウムやストロンチウムが放出されていること」。

 実は福島の子供は今すぐ疎開すべきなのだ。しかし、政府は今が安全だと思わせられれば、それでいい。将来のことは知ったことではない。枝野官房長官はオフレコでこう話す。「班目さんはいい人。吉田所長(福島第一原発)は勲一等か国民栄誉賞もの。子供に関しては少しくらい被害が出ると思っていたけど、出ていないんだ」。この程度の認識。まさに国民を下に見た「棄民国家だ」

■隠しきれるものではないのに

「3月15日、東京ではヨウ素やセシウム、テルルといった放射性物質が、1立方メートルあたり数百ベクレル(Bq)検出されていました。これは'86年のチェルノブイリ原発の事故時、日本に降った量の何百倍、何千倍という濃度です。

 しかし、このデータを公表しようとしたところ、上司から『パニックを煽る』と言われました。行政も数値は把握していたと思いますが、おそらくそうした『パニックを止めよう』という力がいろいろと働いたのだろうと思います。名前は明かせませんが、私の同僚でも、検出したデータを公表しないよう言われた人たちが何人もいます」

 これは5月23日に参議院の行政監視委員会において、参考人として招致された小出裕章・京都大学原子炉実験所助教の発言である。

 この日、同委員会には小出氏の他、地震学者の石橋克彦・神戸大名誉教授、後藤政志氏(元東芝の原子炉設計者)、孫正義・ソフトバンク社長ら、4人の「脱原発派」の識者が参考人として招致されていた。

 ところが、この注目すべき委員会の様子は、テレビ等では一切、放送されなかった。NHKも、中継したのは「原子炉への注水を止めたのは誰なのか」との議論が続いていた衆院復興特別委員会で、この「脱原発」委員会は完全に無視した。マスコミでは、翌日の朝刊で一部の新聞が短い概要を取り上げたくらいだ。

 これこそが、現在の「政府」「東電」「テレビ・新聞」の本質である。福島第一原発における最悪の事故を、一貫して過小評価して印象操作をしてきた人々は、都合の悪いモノは決して、国民に見せようとしない。

 実際には23日の委員会では4人の論客によって、原発事故に対する政府や東電の対応、これまでの原子力政策に対して厳しい批判が繰り返された。

「今回の事故では人為的ミスが重なっている。シビアアクシデント(過酷な事故)が起きる可能性を『小さい』と言って無視してきた、原子力安全・保安院の責任は大きい。もし次に原発事故が起きれば日本は壊滅する。安全が確信できない限り、原発は段階的に止めていくしかない」(後藤氏)

「日本は、ヨーロッパであれば絶対に原発を作らないような場所(地震多発地帯)に原発を作っている。日本の原発は、すべて地震付き≠フ原発であることを忘れてはならない」(石橋氏)

「政府の放射線量の公表数値は、γ線の数値だけになっている。私は、α線とβ線も計れるガイガーカウンターを持っているが、それで東京都内を計ると、公表数値の2倍くらいの数値になる。政府はウソをついていないが、本当のことも言っていない」(孫氏)

 どの参考人の意見も、原発漬け≠フ日本の状況に対し、大いに疑問を持たせる内容だ。そして、福島の事故の深刻さを十二分に窺わせるものだった。

 しかし繰り返すように、この貴重な委員会での証言は、この国の中枢にいる人々にほとんど無視された。国民には、余計な情報は見せない、聞かせない---。

 それが事故発生以来、一貫している政府・東電、及び一部の御用学者・御用マスコミの姿勢である。

 東京電力は事故発生から2ヵ月以上も過ぎた5月15日、福島第一原発の1号機がメルトダウンしていたと公式に認めた。すると、続いて24日には「2号機、3号機もメルトダウンしている」と公表。さらに25日になると、「1、2号機では原子炉格納容器に7~10cmの穴が空いている」と、驚愕すべき情報をさらりと後出し≠オた。

 参院行政監視委員会に参加した前出・後藤氏は、東電に対する怒りを露にする。

「原子炉がメルトダウンしているか、それに近い状態だというのは、最初から明らかだったんです。いまさら何を言っているのか。東電はどういう判断をしていたのか。当初言っていたように『燃料棒の一部損傷』だと本当に信じていたのか。それともメルトダウンの可能性を発表せず、事故をできるだけ軽く見せたいとでも思っていたのか」

 後藤氏によれば、3月12日前後の段階で原子炉のメルトダウンが始まっていたとしたら、溶融物に水をかけることで大規模な水蒸気爆発が起こり、まさに壊滅的≠ネ被害が出る可能性があったという。

「そんな危機的な時に、東電は『これはチェルノブイリとは違います』などと言っていました。とんでもない話で、実は極めてギリギリな状態だったんです。重大な情報を伏せた上で壊滅的な爆発が起き、急性被曝で多くの人が避難できずに死んでいたら、まさしく犯罪です。殺人行為です。東電はそれほど恐ろしい危機的な状況下で、情報を隠していたのです」(後藤氏)

 多くの専門家が指摘していたメルトダウンの可能性を、当然、政府も知らなかったはずがない。しかし、政府は東電の説明を鵜呑みにする形で、同調して「危険はない」と言い続けた。

 だがそうしているうちに、最初「国際基準でレベル4か5」と政府が主張していた規模は、なし崩しに「レベル7」(チェルノブイリ級)に押し上げられた。一般市民の被曝許容量の「年間1mSv以内」は、いつの間にか「20mSv」に引き上げられ、水道水や野菜の基準値も引き上げられた。

 一方で、東京都内や関東近郊では、大気中の放射線量を「18~20m」などという鳥の目線≠ナ計測し、実は数値が地表より低く出ていることを説明しなかった。汚染の可能性がある魚の調査では、頭や内臓を抜き取って測定をし、安全≠アピールした。

 政府・東電のやることなすこと、すべてがウソとゴマカシで塗り固められていると言っても過言ではない。小出助教が国会で指摘した通り、彼らは「パニック」を怖れたのか。だが、その国民を見下した情報隠蔽・印象操作により、現実にはどんどんと放射能汚染が広がっている。

■賠償額が拡大するのが怖い

 政府がまだ、以下のような「重大情報」を隠しているのをご存知だろうか。

●食道ガン、肺ガン、肝臓ガン、非ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫は、放射線の累積線量とともに有意に増加する傾向が認められ、その増加は累積10~20mSvから現れている。

●全悪性新生物(ガン)の死亡率は、累積線量とともに有意に増加する傾向を示し、死亡率の増加は累積10mSvから認められ、累積20mSvからは、さらに高まっている。

 これは、医師と弁護士双方の資格を持つ自民党の古川俊治参院議員が、『原子力発電施設等放射線業務従事者等に係る疫学的調査』と題する研究報告書の内容をまとめたものだ。

 この報告書は文科省が管轄下の財団法人・放射線影響協会に調査を委託し、原発作業員らの健康状況や死亡要因を追跡調査し、昨年3月にまとめていたもの。簡単に言えば、「累積の被曝線量が10mSvを超えるとガンになる人が増える」ことを示している。

 つまり文科省は、こうしたデータがあるのを知りながら、大人も子供も区別なく、「年間の被曝許容量20mSv」に引き上げてしまったということだ。

「政府や文科省が決めた、『年間20mSvまで』という被曝の許容量は、何の科学的根拠もない異常な数値だということです。特に、成長期にある子どもたちの放射線感受性は成人の2~3倍になります。一刻も早く、許容量を年間1mSv以下に戻さねばなりません」(古川参院議員)

 他にもこんなデータがある。放射線医学総合研究所が、原発事故後の3月25日に出していた、「甲状腺等価線量評価のための参考資料」と題するペーパーだ。

 これは、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質を体内に取り込んでおきる「内部被曝」についての資料で、「3月12日から23日までの12日間、甲状腺に0・2(マイクロ=1000分の1ミリ)/時の内部被曝をした場合」(甲状腺等価線量)、どうなるかを示している。

 そのデータは、恐るべきものだった。

「1歳児(1~3歳未満)→108mSvの被曝」
「5歳児(3~8歳未満)→64mSvの被曝」
「成人(18歳以上)→16mSvの被曝」

 なんと、たった0・2の内部被曝をしただけで、乳幼児は100mSv超に相当する、大量被曝をしたことになるという。

「このデータは3月25日には報告されていたものですが、何度も強く要請することで、最近になってようやく政府機関が出してきた。1~3歳児にとって、甲状腺への内部被曝は外部被曝の数万倍以上の影響があると考えなければならない。とんでもない数字ですよ」(民主党衆院科学技術特別委員長・川内博史氏)

 冒頭の小出氏の国会証言を思い出して欲しい。3月15日は福島第一の3号機が大規模な爆発を起こした翌日で、この日、東京の一部では、20の内部被曝に相当する放射性物質が降り注いでいたという。

 とすれば、もしその日、屋外で放射性物質を吸い込んでしまった子供がいたら、「基準は1mSvか20mSvか」などという議論がまったくムダなほど、取り返しのつかない大量被曝をしてしまった可能性を否定できないではないか。政府や関係機関がその可能性をきちんと公表していれば、いくらでも避ける方法があったというのに。

 これは紛れもなく、日本政府による大規模な「棄民」に他ならない。大津波で家族や友人を喪いながらも、理性は失わなかった東北の被災者。交通網のマヒや停電に遭遇しても、冷静沈着に黙々と長い家路を歩き通した関東・都内の住民。そして不平も言わず、むしろ積極的に節電に協力した日本国民・・・。

 政府はそんな健気な日本人を、「パニックになる」など見下して情報を隠し、放射能汚染から身を守るチャンスを奪ったのだ。

 世界有数の民主主義国家だと思っていた日本は、実は戦前・戦中の「大本営」時代と何ら変わっていなかったのかもしれない。前出の川内氏は、政府の態度にこう疑問を呈する。

「大人も子供も関係なしに年間20mSvという基準を決めたのも、東電の賠償問題を気にしてのことではないかと言われています。被曝量の限度を年間1mSvのままにしておくと、賠償範囲が膨大なものになり、とても対応できないからだと。でも今守るべきは、第一に国民の健康、そして子供たちを助けることではないのでしょうか」

 現実には今この時点においても、放射能汚染はどんどん拡大している。もともとダダ漏れ≠セと言われてはきたが、原子炉が3つもメルトダウンし、容器に穴が空いていることが確定した以上、これまでの汚染、そしてこれからも続く汚染は、まさにチェルノブイリ超え≠ノなるであろう最悪のシナリオを考えなければならない。

■一刻も早く内部被曝の調査を

 これから怖いのは、「内部被曝」だ。放射線障害に詳しい琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏はこう語る。

「チェルノブイリを例に取れば、原発から半径300kmの地域では、事故の約5年後から子供の甲状腺障害が急増しました。そして10年後にはおよそ10人に一人の割合で病気に罹ってしまった。さらに、そのうちの1割以上がガンを発症しています。割合で言えば1000人のうち、15人くらいの子供が甲状腺ガンになってしまったのです」

 このチェルノブイリの「半径300km」を日本に当てはめれば、東京もスッポリと範囲内に収まってしまう。政府は「チェルノブイリとは違う」と言い続けているが、それは、いつもの「今が安全だと思わせられればそれでいい」という、無責任な見方に過ぎない。

「政府の発表する放射線量からして、果たして正しいのかどうか疑わしい。欧米の科学者の中には『福島はチェルノブイリの5倍くらいの放射性物質を出している』という見解もあるのです」(前出・矢ヶ崎氏)

 また北海道がんセンターの西尾正道院長も、こう警告する。

「チェルノブイリでは、10代で放射線を浴びた人が30代で子供を産んだら、奇形児や知的障害を抱えた子供が生まれた、という例が多数報告されています。医療従事者の中で、被曝する職場環境にいる人は個人線量計を付けていますが、それらの人達でも年間平均被曝量は0・21mSv。文科省の年間20mSvという基準はその100倍です。個人線量計も配布せずに職業被曝の限度と同じにするとは恐ろしい。しかもこれは外部被曝だけの話。内部被曝も通常より大幅に増えているので、合算した評価で対応する必要があります」

 西尾氏は政府が公表している放射性物質の数値が、セシウムとヨウ素が中心であるのも疑問だという。実際には放出されているはずのプルトニウムやストロンチウムなどの数値は、ほとんど公表されていない。

「プルトニウムは政府が公表しているγ線の20倍の悪影響があるし、ストロンチウムは新陳代謝が活発な子供が骨に取り込むと、骨の成長の妨げになる。子供たちを、いま原発周辺の地域にいさせては絶対にダメなんです。安全性を確保できる場所へ脱出させるべきだと思います」(西尾氏)

 しかし、政府には「福島の子供を疎開させる」というような発想は、まったくない。この2ヵ月、放射能漏れについて「ただちに健康に影響はない」と言い続けてきた枝野幸男官房長官が、能天気かつ誇らしげに、オフレコで語った内容がすべてを象徴している。

「班目(春樹・原子力安全委員長)さんはいい人。発言はブレるがウソは言っていない。あの人が委員長でよかった。(福島第一原発の)吉田昌郎所長は、秋まで政権が続いていれば勲一等か国民栄誉賞ものだ」

「甲状腺の被害は、まったく出ていない。子供に関しては少しくらい被害が出ると思っていたけど、全然出ていないんだ。いずれ政府の判断が正しかったかどうか、結果が出ると思う」

 枝野長官が気楽に言うように、政府にとっては「ただちに」被害が出ていなければ問題ない・・・というのが共通認識なのだろう。したがって、「一刻も早く内部被曝の調査をすべき」という声が上がっても、一向に動こうとはしない。そして放射性物質の半減期により、時間経過につれ測定できる線量は低くなる---。

 一方、菅首相や原子力安全委員長の班目春樹氏、原子力安全・保安院の寺坂信昭氏、そして東京電力は、事故対応の初動の不手際を巡り、延々と責任の擦り付け合いをしている。

 だが原発事故は「進行中」だ。3つの原子炉が同時にメルトダウンして、いまだ空気中や大地、そして海へと莫大な量の放射性物質が垂れ流されており、それを止める術も見出せない。

 なのに、彼らの中では危機から国民の命を守ることより、保身をかけた罵り合いが最優先なのだ。まさしく「棄民国家」である。

 前出・小出氏は、参院の委員会での証言の最後に、ガンジーが言い遺した「社会的な罪」に言及した。

「理念なき政治」
「人格なき学識」
「道徳なき商業」
「人間性なき科学」

 すべて、政府・東電、そして原子力ムラの関係者に当てはまる言葉だ。しかし、国民の命を守ることを放棄してしまった彼らに、そんな真っ当な意見は届きそうにない。自分の身は自分で守る。国民にはそれしか選択肢はない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月06日 07:37:11: xtELIBiTEM
質問です、政府が国民に対して正式に真相を発表したとします。「パニック」は本当に起きますか? 「パニック」が起きたとして予想しうる(最悪)事態とはどんな中身なのでしょう? 大勢の方がお亡くなりになりますか? このまま汚染地帯に留まり続ける以上の人的•経済的に大きな損失になりますのでしょうか? 

02. 2011年6月06日 08:11:23: FmB0JlnSpg
01

愚かな質問。

付和雷同の無気力国民が、パニックなど起こせるわけがない。
起こらない。

仮に起こったとしても、一過性。
被爆による放射線障害、死亡は、今後何十年と続いていく。


03. 2011年6月06日 08:57:12: CC8ETEUB8Q
政府もパニックなんか起こるわけも無いことは百も承知。だからこそ、「パニックを〜」
などとヘラヘラして言ってるわけだ。東京にしても田舎者の集まり。東京で起こり得る
なら、南相馬あたりですでにパニックが起きていなければおかしい。
>>02
必ずしも全く無気力だとは思わないが、気力を出すときは「お前だけ助かろうと思うな」
と、「死なばもろとも」「一億玉砕」といった足の引っ張り合いの方向に向かうね。

04. he8 2011年6月06日 09:14:59: /XGAlxEUgVRGw : XkPvYI279I
度量がある、という。器が大きい、という。懐が深い、という。・・・
目の前の仕事処理能力が、劣るのに、何かが、あるとしか思えない人を、指していう言葉。
そのような人たちは、もちろん、長いスパンで、物事を、考えている人たち。
10年、100年、1000年・・・
そのような、本来、指導者に向く人たちを、然るべき地位につけるシステムは、日本に、存在しない。
今の日本を動かしているのは、10日先も考えない、何も考えずに、その日、その日、を、精一杯生きる事に、
特化した人たち。
今日もまた、パニックが、起こらないことに、全力を、尽くしているのに、何故、非難されるのか、分からない。


05. 2011年6月06日 10:11:06: ljeToWYOv6
>>04
パニックは起きたほうが良いときもある。
その民族の歴史を100年とかの長い目で見たときは。
それさえわからないのか、おまえは。
嘘で塗り固められた偽りの暖かさの中で、無知のまま死んでいく、そのむごたらしさと悲しさがお前にはわからないのか。
毒を喜んで食らいながら、犠牲者通しで足を引っ張り合い、傷つけながら。
心無い支配層は、もう逃げているだろう。
くそったれ。

06. 2011年6月06日 10:22:31: ETU4MaSquE
酷い話だねえ。

パニックの意味の一つに政府が国民から攻撃されるというのがあるだろう。

それを恐れてるのだろうね。所詮自分のこと。指導者にはむかんな。

いまから個人ができること、汚染地帯のひとに早く遠くに逃げてというしかないが。

福島の子供はかわいそうだ。どうかしてあげたい。西日本のひとが里親で引き取るのがあるが。


07. 2011年6月06日 10:28:35: HvBhIc9SKQ
パニックが起こったとして、それは死ぬよりも恐ろしいことなのか?
国民の財産と命を守ろうとしない政府と役所に税金を預けてもよいのか。
正しい人に預けたい。

08. 2011年6月06日 10:30:42: iEEp8fQSPU
このていたらくで

マスコミの調査によれば

菅政権の支持率が上昇し、

枝野が有力な首相候補とは

どういうことでしょうか


09. 2011年6月06日 10:59:17: W1v9LWh6OE
風評によるパニックで首都の人間が移動したのは、生麦事件の時にイギリスが攻めてくるという風評で江戸中が大パニックになり、大八車で江戸市民が田舎に移動したことがあります、政府はそれを阻止することができずに「大人の男だけは逃げるな!」と言うのが精一杯

10. 2011年6月06日 11:09:42: MM1RvqGcMc
日本人は、メルトダウンの可能性を示唆されても、
確実性が無い情報では、咄嗟に逃げる事は無い。

逃げるのは、独自の危機管理を構築する敏感な者か、
生活に余裕のある人々だけだろう。

なにより、政府の明確な指示がなければ、
大半の国民は何も出来ないのだ。

何もしないのではなく、出来ないのだよ・・・。

悲しいかな、それが現実である。

その証拠に、多くの情報が開示された現状下でも、
大衆の意識に多少の変化はあるが、
目に見える行動的変化は非常に乏しい。

そもそも、福島原発の問題で、
人々が危惧するレベルで、パニックに陥る事はない。

特に、現状で公開されいる、可能性だけの情報を、
初期の段階で『東電・政府』に示唆をされても、
不安感が強調される程度に留意する。

しかし、高い危険性を認識し、聡明に放射線と向き合い、
様々な予防を行っていたに違いない。

そう、放射線を少しでも生活から引き離す、
賢明な選択をしていただろう。

それは、政府・東電・報道には、非常に不都合である。

私が言いたいのは、政府・東電・報道は、
国民のパニックを抑えるために、
情報を隠し安全論をばら撒いたのではない。

政府・報道は、地震による『品不足』『風評被害』を強調し、
そこに放射線による『風評被害』を流し込み、
経済活動を最大限に維持・加速する事に励んだにすぎないのだ。

そして、政府・東電・報道は連携し、
人々を『引き返せない状態』へと追いやった。

要は、被曝を由とする総意をばら撒き、
人々に『生産・消費・被曝』をさせる事に邁進したのだ。

どのような世帯でも、買い込みに限度がある。
また、ガソリンも十分な状態になる。

要は、『風評被害』と、罵るように強調しなくとも、
多少のアプローチで、僅かな時が経てば収束する問題だった。

それなのに、合理性を欠いた、
矛盾だらけの危機感を煽る報道が展開され、
人々は消費を強要されたのだ。

それは、醜悪な思惑が前提にあったためだ。

その、醜悪な思惑とは、主に人々の封じ込めである。

人々を『引き返せない状態』に落とす事で、
その打開力を完膚なきまでに塞ぎこんだのだ。

そうする事で、今後において『開示すると決めていた情報』に対し、
大きな反発を生じさせないように調整し、
政府・東電がその過失を問われ、己がパニックに陥る事を予防したのだ。

なにより、政府・東電が事実を把握出来ていなかったような姿を報道させ、
その責任の重さを軽微なものにしたかった。

原発は、珠玉の犯罪によって、時代が生み出した愚作である。

それを穿りまわされないようにするため、
人々を地獄に陥れるのは、彼らにとっては良策なのだ。

これは、倫理・道徳を大幅に欠損している愚者の愚行だ。
決して許されるべきものではないだろう。


11. 2011年6月06日 11:17:54: LRrntLq8hg
東電本部、政府、官僚、NHKその他既存メディア、マスコミ、推進派学者たち等々が真っ先にパニックに陥っていたのだ。

12. 2011年6月06日 11:34:06: EwWYKieDxk
そんなん考える知能あったらそもそも爆発させてないってw
パニックはちゃんと起きた。
そして熟慮の上、目先の資産(土地)、権力、既得権の維持を祈ることを選んだ
→結果風向きで直撃。それだけだw

つーか復興国債20兆だと国家破産。毎年の赤字国債は財政規律って=これがパニックでなく何だと?
ちゃんと絶賛将棋倒し中です。
告知されたいかどうかは好みの問題。


13. 2011年6月06日 11:53:28: xtELIBiTEM
01→です! こんなに短時間の内にこれだけ沢山の貴重なお答え•御意見が頂けるなんて思いませんでした。ありがとうございます! どうも「パニック」っというとどこかで見た様な映画や漫画の中の「ぼや〜」なイメージから抜けないもので…あくまでも「仮に」ですが、テレビの緊急記者会見等で首相が「東日本全域」からの退避命令を発令したとしたら皆様方はどの様な始まり方•結末になるとお考えになられるのかお聞かせ下さい。「そんなの解るわけねーだろ」なのは承知ですが、なるべくリアル(なイメージを描けそうなのを)一つお願い致します。

14. 2011年6月06日 12:08:05: 4xe3MZErAA
どうせ、外資が持っている日本の利権の価値が下がるのを恐れて公表してないだけでしょう。
もし、東京の地価が下がったら世界恐慌の引金になるしね。
その為に日本国民は見殺しだ。

15. 2011年6月06日 12:09:01: esmsVHFkrM
国民にパニックにならないようになどとは何という思い上がりか。

これは官僚の発想だ。連中は、自分たちが「君」である天皇に仕える「臣」であって、天皇のために「民」である国民を治めていると思っている。したがって国民は統治の対象に過ぎず、その生命健康は、全体としての国家統治の一要素で、常に経済問題だ。

今回は、現在の日本の政治経済システムの維持、その中には東電の保存、電力地域独占の維持、原子力政策の継続を含むが、この目的のために、福島を始めとした放射能汚染地域の住民の生命健康は優先順位の低い要素として切り捨てられている。

これは、ちょうど牧場で羊を飼っているのと同じだ。狼の襲撃という羊の危険が迫っても、それが全体の牧場経営上防護措置を取るより羊の若干の犠牲を甘受したほうが経済的に優位であるならば、防護措置など取らない。そして、「羊がパニックになると困る」から羊には狼の襲撃を気取られないようにする。

これが日本だ。

だから、今後日本人が、原発事故を始めとした一切の政府による災厄から自分とその家族の生命と健康を守ろうとするなら、こんな「臣」たる官僚とその利権政治を妥当しなければならない。

いまこそ、この「日本国」の根本原理である民主主義とその憲法を思い出さなければならない。

近代民主主義の根本理念の一つは、社会契約による国民主権だ。人民は自然権である基本的人権を生来的に持つが、社会契約を相互に行って国家を作り、基本的人権のよりよい実現と自らの幸福と富の追求を託す。その契約が憲法だ。

したがって、この日本はわれわれ国民がその基本的人権を持ち寄って作ったものであり、われわれ国民が主権者だ。官僚は公僕に過ぎずわれわれ国民の召使いだ。われわれ国民はこの召使いを使って自分たちの利益を最大限に実現するため、代理を選出してこの管理監督に充てている。それが政党政治家だ。官僚は召使いだし、政治家はそれを管理監督するための代理人だから、彼らは皆、われわれ国民の使用人に過ぎない。

その使用人たちが、主人である国民に対してパニックが心配だとは、何たる了見だ。

危険があれば、しかもそれが、国民の金である税金でまかなわれた組織手段によって探知されたものであればなおさら、主人である国民に真っ先に知らせなければならないのは使用人の心得の第一だ。使用人の癖に主人に危険を知らせないなど、使用人にあるまじき所業だ。

国民のパニックが心配などと言う奴らは、みんな首だ。

それが民主主義だ。


16. 2011年6月06日 12:37:30: frwufUy8VE
国民をバカにしすぎだし、国民もバカすぎ。
バカにしてるのは他人なので、ある意味、かえるのは難しい。
自分がバカなところを直すのが良い。騙されにくくするには、海外のメディアの情報をスイスイと読める、聞けるようになる必要あり。英語の単語覚えと、ヒアリングの練習をすべき

17. 2011年6月06日 12:45:23: 8VOtwaEJFA
15日までスーパーで働いていたけど、当時は凄かったぞ。スーパーの棚は全部空。
まさにパニック前夜。
あそこでメルトダウン報道があれば、おそらく民族大移動があった。
おとなしい日本人はパニックを起こさない、というのは幻想だろう。

19. 2011年6月06日 14:05:19: W6oUxMpqyQ
パニックとは「逃げる、買い占める」だけで恐れる事でしょうか。
権力側が一番恐れているのは、事故によって倒閣運動がパニック的に発生するのが
恐いだけだろうと思う。

それこそ数万人規模で国会や東電、原子力関係、警察などを取り囲み始めたらどうなるのか?
多過ぎて逮捕もできず、かと言って警察等の銃の使用は憲法によって生命の危険に及ばない限りは
認めていない。
だから国民が怒り出す事を恐れている。

東京の停電も、ワザと電気をシャットダウンする事で怒りを分散させたのかも知れない。

政府が恐れているのは、パニックではなく、倒閣で日本国民が行動を起こし立ち上がる時だろうね。
だからデモで時々「見せしめの逮捕」などが起きる。
そして日本国民の関心事を他にそらせる為、どうでもいいような事件を執拗に取りあげたりして
情報のシャットダウンを行なったりもする。
だからインターネット監視などと言い始めている。

俺はそう感じます。


20. 2011年6月06日 14:59:09: EgZ3VnP6uP
  消費税を20%以上にしてくれなければ働く意欲が起きません。

21. 2011年6月06日 15:42:56: uDY1B78urY
人はなぜ逃げおくれるのか ―災害の心理学 (広瀬弘忠)
一読をお奨めします。 パニックの正しい理解につながります。

22. 2011年6月06日 16:22:30: KnpcvmrrrU
一番パニクったのは被災者の整然とした行動と民間(だけだったけど)の支援だと思う。
国が破産してもちっとも困らないのがバレたw
TPPでこれ輸出するといいよ。
何なら消費増税→税収減も輸出しれ。グローバルスタンダード取れるぞ。

23. he8 2011年6月06日 17:14:05: /XGAlxEUgVRGw : XkPvYI279I
>>05
誤解があったようで・・・
今の日本を動かしているのは、10日先も考えない、何も考えずに、その日、その日、を、精一杯生きる事に、
特化した人たち。
彼らは、今日もまた、パニックが、起こらないことに、全力を、尽くしているのに、何故、非難されるのか、分からない。
彼らの、心理分析です。僕の、意思では、ありません。



24. 2011年6月06日 20:12:19: rvNqG7Fczo
通販で買ったガイガーカウンターを持って福島県の郡山 二本松 葛尾村を回ってきました。 常磐道 磐越道とも 阿武隈川の手前までは0.09マイクロシーベルトの値を車内で示していました。郡山までは窓を開けて走行していましたが、気がつくとガイガーカウンターの値は0.4マイクロシーベルトを指していました。
郡山jctに近ずくと窓を閉めても車内の値は下がりません。 0.4から0.7ぐらいを指しています。安達太良サービスエリアの芝生の上では2.0マイクロシーベルト指すところもありました。その後二本松インターで高速を降り街中を走っていると家族で買い物をしている人や子供をつれて歩いている人などを見かけました。この時の車内の値は窓を閉めても0.5マイクロシーベルトを指していました。山の中の道の駅東和という所で小休止ここでも車内は0.5マイクロシーベルト 芝生の上で1.8から2.0マイクロシーベルトを指していました。ここでも
生後6ヶ月ぐらいの幼児を抱いたお父さんを見かけました。
 さらに山の中に行くと(R114)みんな避難して誰もい無いところでパトロールをする東京ナンバーのパトカー数台とすれ違いました。 みなマスクをしていたので 車内のガイガーカウンターの値を見ると2.7マイクロシーベルトを示していました。 外で草の上で測ったら15マイクロシーベルトまであっとゆうまに上がったので車に戻りました。 村の駐在所ではおまわりさんが残っているようでした。 R399を通っていわき方面へぬけて帰りました。
 郡山 二本松 の人たち 避難区域でパトロールする警官 など捨てられた国民にならないことを祈ります。
 車の事ですが エアクリーナー ラジエターなどに放射性物質が付着するとまず洗っても取れません。これは仕事で知った事実です。 今回東京ナンバーのパトカーを数台見かけましたが整備の方が エアクリーナーを素手で触ったりエアーで吹いたりしないことを祈ります。 

25. 2011年6月06日 21:31:00: gVLQ1dFz92

  情報隠匿の 「法律違反」で 「全員逮捕」しろ

 「パニック予防法」などどこにもない

 言うのが こわくて ちじみあがってた だけだ

 卑怯者は きちんと 責任を 取れ 全員議員辞職しろ


26. 2011年6月06日 23:41:19: x26fGKMBn6
小山真人静大教授によれば、パニックは、危機的状況の認識、逃げ道の不足の認識、情報不足、の三つすべてが成り立たないと発生しないそうです。

政府は自ら「情報不足」というパニックの要件を作っていますね。


27. 2011年6月06日 23:49:45: wBPObttXjc
真実を知らされたところで
大移動、怒りの蜂起パニックなんておこらないのでは?
白河の友人にрオたら
「マスクしている人なんていないよ、洗濯物も皆外に干しているし、布団干している人もいるよ」。
そろそろ3か月、情報はもう色々入ってきているとは思うのに
郡山の趣味の教室を開いている知人は「いつもとかわらないよ、生徒さんも皆来ているし、秋の発表会に向けて作品作りに励んでいるよ」
関東に住んでいる私が避難しているというのに
なんなのよこれって・・・

28. 2011年6月07日 01:52:25: fKOzACB9IQ
福一爆発後、俺はパニック障害を悪化させ、東京を離れざるを得なかった。
医者はもちろん他人は、俺を精神的な病気を持つ人間だと言う。
実際その通りであり、自分でも病を抱えている自覚がある。だからこそ治療も続けてきた。
東京を捨ててよかった。
今はかつてより、ずっと穏やかな気持ちでいられる。
政府・東電・マスメディア・御用学者・危機感のない国民、自覚が無いだけに始末が悪いが、おまえ達の方がよっぽど気が狂っているぞ。
俺の生まれ故郷は東京下町だ。ビョーキのクソ田舎者どもに俺の故郷は破壊され奪われた。
分かってんのか・・・って分かんないんだろうな。

29. 2011年6月07日 02:13:29: rOLdAxtTeo
つまり、日本天皇閨閥の財産の目減りは
何としても防がなくてはならないのですものね。
私たちが知らないとでも?
先の戦争までは度重なる戦争で
天皇閨閥の潜在(顕在含む)まんまと棄民し、
今度こそ徹底的に
民族浄化する気なのですね。

古代(奈良時代)からの続きで。
天の賊とはまさにあなたらのことだ!


30. 2011年6月07日 02:20:52: xET0Qbpmgw
西へと逃げる人で高速と鉄道がパンク、数日で東京はゴーストタウンに。
泥棒跋扈、不法占拠、残った人は暴徒化。デマが飛び、放火・国会占拠へ。
一方関西では押し寄せる関東の人間をとどめるために高速を封鎖…みたいな感じ?
うーん、その前に非常事態宣言が出されて移動禁止と計画経済への一時的な移行が
あるんじゃないかな?預金凍結とかさ。米軍も自衛隊もいたじゃない。
ガソリン不足と銀行の混乱が実質これをやった気がする。たまたまね。
あとは事故の帳尻あわせと健康被害、食害がたいしたことないキャンペーン。
の結果の一時的な落ち着きじゃないかな。
私はだまされないけどね。絶対にゆるさないけどね。
わかっている人ほど絶望してるんじゃないの。いち世代で終わる話じゃ、ないんだもの。

31. 2011年6月07日 02:22:06: rOLdAxtTeo
29です。

すみません。語句が抜けておりました。

>天皇閨閥の潜在(顕在含む)なる敵をまんまと抹殺。棄民し、<(正)


32. 2011年6月07日 02:23:44: CFh2mOvFWc
天皇=うんこ
必ずそこにあるが、くさいし、迷惑
昔はそこそこ役に立ったが(崇拝の対象、肥料として)、
今は何の役にも立たず、
結局、諸悪の根源

うんこに血税なんかやめましょう。

広く国民に健康被害を与えた、
公害法をデタラメ、シミズ、カツマタ、カン、エダノに適応し、
刑務所に行ってもらいたい

こいつらが自殺に追い込まれてほしい


33. 2011年6月07日 02:44:28: rOLdAxtTeo
東電の後ろには、三菱銀行が控えているといいます。
その三菱銀行は、フリーメーソンの巣窟だといわれていますし。
三菱銀行や日本銀行は、天皇族が関与している銀行です。
はたまた、ヤクザもかかわっているそうですし。(これについて、産経izaの山路氏のブログに衝撃的な内容が。)

(連投すみません。)


34. 2011年6月07日 03:04:44: e6SdEWw9lQ
> 政府は本当のことは教えない

そりゃそうだよ、昔から自 …… あスマソ何か勘違いしたらしいorz


35. 2011年6月07日 03:12:43: ZYMUVqyOzM

長文馬鹿が多すぎ。3行でまとめれない低脳野郎は書き込むな。

36. 2011年6月07日 03:36:28: GCziX3ujBY
>>28
>政府・東電・マスメディア・御用学者・危機感のない国民、自覚が無いだけに始末が悪いが、おまえ達の方がよっぽど気が狂っているぞ。

同意。

>ビョーキのクソ田舎者どもに俺の故郷は破壊され奪われた。

ワタナベ・コーゾーの顔が浮かぶのだが?

>>30
>わかっている人ほど絶望してるんじゃないの。いち世代で終わる話じゃ、ないんだもの。

絶望していますよ。チェルノブイリで起きたことは、全部起きるはず。

羊に狼の襲来を気取らせないように、と書いてた人がいたけど、うまいことを仰る。そうだ。毎日、放射能に爆撃されてるのに、羊化された日本人は、声も出さずにただ撃たれている。私は逃げる。


37. 2011年6月07日 04:41:15: ByUpQOw5MY
パニックなんて起こらない
関東は危険だから避難した方がいいと思うけど
いまさら1.2週間変わってもたいした差はないし
みんなが危険を知ったとき一部の人はパニックになっても
いまさらあわてて1日2日変わっても意味無い事にすぐ気付くこと

東北、関東の人達を受け入れられる所は今のうちに計画をしておいて
人がきてほしい過疎地に行けばいい
電車で行くなら2週間くらいで余裕でみんな移動できるんじゃないかな
こんなときなんだから、そうなったら国が無料で電車を動かせばいい
余裕を持って荷物を持って行きたいなら
トラック業界の人達の知恵と力が必要

移動した人達がいる場所は地域通過を作って
使ってない農地で作物を作ったりして
日本の食料自給率をあげればいい
人手はたくさんあるんだから何でも自分たちでやればいい

みんなで知恵を出し合えば解決法はいっぱい見つかると思う
本気でみんなが協力する時


38. 2011年6月07日 08:36:31: QC0Y5EG8Lk
パニックが起きるのは、小児ガンが多発し始める5年後だろう。
その時はパニックというよりも、暴動が起きて無政府状態となるかもしれない。
今の閣僚達は全員海外へ逃亡済みかな。

39. 2011年6月07日 11:23:14: pEgCpfCxXY
五年後なんかじゃない可能性もある。
もっと早い時期に小児がんや小児白血病が見られるかもしれない。
今回の福島第一事故では、臨界状態で爆発してるから、
すべての放射能核種がばらまかれてる。チェルノブイリの爆発状況と酷似。
さらに核燃料の量が多い。
ほとんど同じ条件にある中で、一番ちがうのは、チェルノブイリは
なんだかんだいっても汚染度の高い避難区域住民をすぐ避難させたこと。
放射能漏れを石棺で十日間で押さえ込んだこと。
福島第一事故はこの二点で、まったく呆れた対応のままだ。
内部被曝量とその質に違いがある。汚染食品の摂取量が馬鹿にならないはずだ。
それが早い時期での小児がんや小児白血病につながらないかと懸念している。

40. 2011年6月07日 12:32:31: DTK68v7wks
>>36
>ワタナベ・コーゾーの顔が浮かぶのだが?

どゆこと?もすこし詳しい説明求む。すんまへん、頭にぶくて。


41. 2011年6月07日 12:42:39: MoJp1THWBI
ひとりで、パニックしていたのって「菅&政府」じぇない?

42. 2011年6月07日 13:25:41: GCziX3ujBY
>>35
2chから流れて来たのが丸出しで、恥ずかしいよ?
阿修羅は元々、長文読めない馬鹿はおよびじゃないって、知らないんだね。
携帯しか持ってないなら、阿修羅で遊ぶのは無理でつよ。2へお帰り。


>>40
渡部恒三は会津出身とズーズー弁を売り物にしてきた「田舎者」で、
支離滅裂な言動は私から見ると「ほとんどビョーキ」ですので…。
たとえば↓

★福島に原発を誘致したのは 誰!?
http://ameblo.jp/e92kuwa/entry-10834286310.html

「福島弁丸出しを売りにする渡部恒三氏は「原発を作って県民は長生き」と発言したことがある。」

★原発は安全で健康…渡部恒三のあきれた言行録(永田町異聞)

渡部氏はその後、自らの責任にふれること一切なく、目を潤ませ、声をふるわせて語った。
「地域の人は東電に協力してきたのではない。国策だから大事だといって協力してきた。原発周辺地域の皆さんがどんな生活をしているか。私は休みのときあの地域の人にお目にかかり、涙がとまらない」。

しかし、中曽根康弘、正力松太郎に源流をもつこの国の原発推進策に、なんら疑問をさしはさむことなく、福島はもちろん全国に「原発安全神話」を吹聴してきた一人こそ、渡部氏その人ではなかっただろうか。

1980年4月8日の衆院商工委員会で 、質問に立った当時自民党所属の渡部氏はこのように発言した。
「原子力発電所の事故で死んだ人は地球にいないのです。ところが自動車事故でどのくらい死んでいますか。人の命に危険なものは絶対やっちゃいかんという原則になれば自動車も飛行機も直ちに生産を中止しろということになる」

などですね。「渡部恒三 原発」で検索すると色々出ますよ。


43. 2011年6月07日 13:27:17: GCziX3ujBY
42のリンク張り忘れました。

★原発は安全で健康…渡部恒三のあきれた言行録(永田町異聞)
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10881034842.html


44. 2011年6月07日 14:23:51: FvVWQHc89I
人を動かすのは、難しい事。
簡単なのは、自分が動く事。今の日本の状況を見て、すべての事を自分におきかえて、シミレーションする。
いざというときは、隣の人の反応を見てたら確実に逃げ遅れる。
自分で判断できる、判断軸を持つように心がけよう。
ひとをばかにしてる暇があれば、自分を守る手だてをまず整える事。
本物と偽物は同時に存在する訳で、情報も同じ。
自分で見極めるのが大事。

45. 2011年6月07日 15:26:33: S7KiSx7JY6
福島原発は、もうどうしようもないのだろう。手のつけられない状態だ。日本=放射能汚染の国ということになろう。核汚染は、日本の終わりまで続くということだ。癌や白血病、奇形児等、これからは増え続けることになる。福島は、全員避難すべきだし、東京も警戒区域に指定しなければ、本来おかしい。

46. 2011年6月07日 17:24:03: xsfOEPjRpw
ついでにその頃は年金・国保・雇用保険破綻、ハイパーインフレ?なんて言ったら、IMFも尻尾まいて逃げそうだね。これが日常だとはさ!

47. 2011年6月07日 22:38:45: E8gAH7AaBg
さんざん言われまくった菅が辞める前に確認すべきこと。
菅の次が菅以下では代える必要がない。


・浜岡廃炉を中部電力に通告
・発送電分離で政治主導
・東電や官僚にウソをつかれたら総理を辞める(菅が批判されているのと同じ理由)
・年間1ミリシーベルト以上は疎開


批判するなら批判するだけの事はしないと。


48. 2011年6月08日 00:51:20: xtELIBiTEM
01→皆さん、ありがとう。 パニックはとっくに緩やかに起きていて、今も直中にいたんですね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧