★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 475.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
6月8日 今までと違う世界に生きる覚悟 小出裕章 (MBS)〔小出裕章(京大助教)非公式まとめ〕
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/475.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 6 月 08 日 23:49:28: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/08/tanemaki-jun8/

6月8日 今までと違う世界に生きる覚悟 小出裕章 (MBS)

2011年6月8日(水)、MBS(毎日放送)ラジオ「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

番組案内

2011年6月 8日【水】
現代的“反原発”デモとは・・・
 今夜は、東京でリサイクルショップを経営しながら、4月に高円寺で1万人を超える反原発デモを開催した、松本哉さんと電話をつなぎ、当時の様子などについて伺います。
 デモと聞くと、シュプレヒコールを叫びながら、勇ましく行進する姿を思い浮かべますが、松本さんの主催するデモは、歌があったり、踊りがあったりと、なんだかいつもとは違う雰囲気だということです。
いったいどんな、デモだったのか、クリスタルが迫りますので、リスナーのみなさまからの、松本さんへの質問などたくさんお待ちしております。
 京大の小出さんに伺う原発情報のコーナーも本日ありますので、お聞き逃しのないように!

録音

【福島原発】6/8/水★汚泥から相次いで放射性物質を検出


要約

・(よろしくお願いします)こちらこそ。

・(東京を初めとして東日本各地の下水処理施設の汚泥から放射性物質が検出されている。東京都大田区の下水処理施設では空気中から毎時2.7マイクロシーベルトの放射線量が検出されたが?)0.05マイクロが普通だから、その50倍であり、とても高い。

・(これは原発から230キロ離れた場所だが?)下水処理場の汚泥には濃縮されて出てくる。これから多くの場所で出ると思う。関西でもそれなりの濃度になるだろう。空気中に広がった汚染が下水に流れこんでくるが、下水処理場は水を処理する過程で汚泥を生み、そこに濃縮されている。

・(東京都は、検出された場所は屋内であり、敷地境界で計測したら問題ない数値だったため、誤解を招かないために公開しなかったというが、敷地内に留まるものなのか?)下水処理場の汚泥はコンクリ等の材料として使う。今後はそれをやってはいけなくなり、汚泥の処分がポイントになる。

・(配慮して公開しないというのはおかしいと思うが、どうか?)おかしい。下水処理場が毎時2.7マイクロシーベルトという場所になっているのであれば放射線管理区域にして管理するための手続きも必要なはず。

・(作業員の方も普通の服装では?)被曝管理もしていないはずで、これまでにどのくらい被曝したかも知りえないまま今に至っている。

・(パニックを恐れて情報をストップするのはまかりならんと思うが?)そう思う。マスコミも留意してほしい。

・(下水処理場で焼却した灰からは1キロあたり1万ベクレルを超えるセシウムが検出された)すごい量だ。そんなレベルの放射能を取り扱ったことは私は一度もない。

・(国は汚泥をセメントとして再利用することを進めている。セメントや肥料にするにあたって1キロあたり100ベクレル以下になっていれば問題ないとしているが?)何度も言うが放射線はどんなに微量でも危険。100ベクレルでも10ベクレルでも危険。社会的にどこまで受け入れ可能なのか判断するしかないが、いま出ている汚泥は猛烈な濃度であり、始末の方針を示す必要がある。

・(国が汚泥の汚染の基準を定めたのは5月で、それ以前の分は既に出回っている。セメントにして道路を舗装したら放射線が出てくる?)飛び出してくる。

・(1キロあたり100ベクレルのセメントで建物を作ったとしたら、汚染物質で覆われた建物になる。キロあたりは小さくても大量に使えば積算されるものか?)もちろんそう。それは勧められないが、いまや地球上すべてが福島の放射能で汚れている。事故を招いた日本という国は、汚染から逃れられないという覚悟を決めるしかない。が、小学校には使わないというような配慮はあってしかるべきだ。

・(江東区の保護者の会が、東京都の汚泥処理施設近くのグランドの土から高い濃度の放射性物質が検出されたと発表した。どういう風に考えたらいいか?)汚泥処理施設で焼却して処理しているのであれば、煙にのって放射性物質が大気中に出てきて、それが周辺に汚染を広げていることはあり得る。放射性物質が出ているのであれば焼却は止めるべきで、続けるならば適切なフィルターなどを設置してから行わないといけない。

・(汚泥を置いておく場所も、灰を置く場所もない。どうしたらいいか?)分からない。こんな事故が起きてしまったから、これからは今までと違う世界に生きるしかないと思っていただくしかない。

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. gataro 2011年6月08日 23:52:41: KbIx4LOvH6Ccw : IBBS2pmUMM
ソースには「公開され次第、リンクさせていただきます」としてYouTube音声は貼り付けてありませんが、すでに公開されていますので貼り付けておきました。


02. 2011年6月09日 00:36:03: ZIxR9EHBlE
>今までと違う世界に生きる覚悟

普通に淡々と生きて行けばイイと思うけどね
明日への希望を持って
反原発の為にはとても有能な人だとは思いますが
原発事故後の日本人にはあまり嬉しくないない人ですな
この人の言説はただたんに人を怯えさせる以外
何の役にも立っていませんな
この人の言説は結局
原発を止められなかったし
事故後の日本人に少しの希望も与えない

小出もおだてりゃ何処にでも登る
今日本人が一番求めているのは希望じゃないんですか?
絶望を与えて何を満足してるんですか
絶望の中にも希望を見いだす
そいう能力の無い人なんでしょうね

夢は七色奇麗な虹の〜、みんな待ってる幸せを〜
デ〜ンデ〜ンド〜ロリコ、持〜って来〜る
今日本人が必要としているのはそう言う人


03. 2011年6月09日 01:18:37: NgTvDmxQk2
言わんとすることはパラダイムの転換だよ。
従来の発想での希望は捨てなさいということだね。
どの道、今の路線では数字の上で国がどんなに豊かになっても
みんなが幸せになるわけじゃない。

この人は以前から
原発労働者や地方の格差と貧困の問題が
根底にあるという指摘をしている。


04. 2011年6月09日 01:31:03: JZFVWwntXE
>02
お気持ちは察します。誰だって嫌な現実を見たくない。
辛い現実が嫌なら、スイッチ1つで、楽しいテレビ番組を見ることができます。
未来に希望が欲しいなら、嫌いな小出なんかを見ずに、原発を推進されてきた学者のご意見を視聴されると良いと思います。「明るく笑って暮らせば、放射能も体によい。」「プルトニュームは友達だ。」「福島原発事故はビジネスチャンスだ。」

私は、決して彼らを否定しませんし、彼らの言説にも時として耳を傾けます。
でも、彼らの言葉の中に、本当に「希望」はあるのでしょうか?

私は、今回の原発事故自体が日本人にとって嬉しくないできごとだと思います。
それに、原発推進派の方々は、事実を隠蔽する以外は何の役に立ったのでしょうか。事故を止められなかったし、今の日本人に絶望を与えただけでしょう。

推進派学者も、金を渡して、おだてりゃ何処にも登ってきた。自分の書いた論文と矛盾することすら平気で発言してきた。

今私たちが求めていることは、事実じゃないのでしょうか。
吐きたくなるようなこの事実を、冷静に受け止めることではないでしょうか。

私自身は原発問題に無関心だった。快適な生活を享受することだけを考えてきた。
いまでも、お笑い番組を見て原発問題を忘れ、映画を見て感動する。
これも全て、電気会社のおかげです。東京電力さん。ありがとう!
そんな人間ですので、2さんを責める筋合いなんてありません。

確かに小出先生のお話には希望はありません。楽しくもなく暗い話ばかりです。
ですが、勇気が与えられるのです。辛い真実から逃げずに、正面から立ち向かっていく。ぶれずに信念を貫き通していく。先生の生き方がその語り口から伝わるような想いです。
そのことが、私たちにとって希望だと思えるのです。どうでしょうか?


05. 2011年6月09日 01:47:05: R0CX945mHs
自分も小出さんはもういいよ。小出さんの主張は十分聞いて、もうわかった。>>02さんに共感する。

自分の最愛の身内は福島で線量計を会社から支給されつつ働いている。逃げ出せない。線量レベルがほとんどどうでもいい東京からさっさと逃げ出して、放射能や原発の危険について高みから他人ごとのように叫ぶ「きっこ」みたいにはいかない。ほとんどの福島人は逃げ出すわけにはいかないんだ。

小出さんは反原発を貫いてきた立派な人だ。人間として尊敬できる。だが、学者としてはどうだろうか。小出さんは東電のデータはコロコロと変わり、まったく信用できないと何度も語った。その一方でその嘘にも等しい東電などの発表するデータをもとに、最悪のシナリオをのみ大声で語り続けるのをやめないではないか。

溶融核燃料はとっくに格納容器を破り、冷却できるなどという段階ではなく、東電の汚水処理など破綻することが決まっている。これから関西の下水処理場の汚泥からもどんどんセシウム汚染が見つかってくる。放射能はどんな低レベルでも危険。1kgあたり10ベクレルでも危険・・・

・・・さらに一つだけ言っておくと、小出さんは3号機燃料プールが核爆したかも知れない「可能性」をぺらぺらしゃべっていた。また、3号機プールの水が採取され核種分析された内容を聞いて、ヨウ素の比率が多いと指摘し、これは燃料プールの燃料由来以外ありえないと言った。要するに、また燃料プールでの核反応を可能性から「それ以外にない」にこっそり格上げしたのだ。気づいた人間は少なかっただろうが、学者としてやってはいけないことだ。

そのようにガンダーセンあたりのバカ学者にひそかに同調する一方で、絶望話ばかりを撒き散らす。それが小出さん。福島で放射能にまみれて働く人間には彼は必要ない。東京あたりの、すでに放射能などどうでもいいような年寄りが、疎開すべきかどうかの判断に彼の言説をよすがにするがいい。

私は福島の身内に希望のある展望を書き送りたいのだが、それをできずにいる。小出さんの話には確かに>>02さんの言うように、絶望の香りしかしない。絶望はもういい。福島に必要なのは希望だけだ。


06. 2011年6月09日 02:26:07: JiC0qctAZc
>>05
>東電のデータはコロコロと変わり、まったく信用できないと何度も語った。
>その一方でその嘘にも等しい東電などの発表するデータをもとに、最悪のシナリオをのみ大声で語り続けるのをやめないではないか。

下らない揚げ足取りだな。揚げ足取りにすらなってないか。
あのな、東電しか持っていない原子炉内部のデータに対して、出してきた東電が嘘をついてるかも知れないからって別のデータを作り上げることは無理なの。東電情報が正しいなら→どういうことが言えるか、というのは国民が知りたい重要な情報。と同時に、それに依存しないデータや状況から可能な限り小出先生自身の推測によって東電がひた隠しにしていることを暴いてもおられる。(レベル7等)


>また燃料プールでの核反応を可能性から「それ以外にない」にこっそり格上げしたのだ。

はぁ?
「3号機プールの水が採取され核種分析された」データを東電が「こっそり」出してきた。それによって、推測が正しかったことが証明されただけだろ。


とりあえず、事実を受け止める精神力がないからといって、事実を述べてる人間に八つ当たりするのはやめろ。餓鬼じゃないんだから。


07. 2011年6月09日 02:46:53: ZCmmhOu7dc
私は小出氏の話に「希望」は求めない。

事実を知りたいから聞いている。

ただ・・・福島の人たちにとっては、彼の話は耳をふさぎたくなることばかりだろう。誰しも自分の土地が汚れてしまった、なんて聞きたくないし認めたくない。
避難したいけれど現実には非難できない。
そんな苦悩も小出氏は充分わかっている。

でも、誰かが事実を伝えなければならないのだと思う。


08. 2011年6月09日 02:48:27: rWmc8odQao
日本の原発をゼロにする。それまで小出氏には頑張ってもらいたいです。

09. 2011年6月09日 03:34:55: LvBwo2y6HE
地位も金も求めず、40年間真実を追究し啓蒙し続けた、小出先生始め“熊取六人衆”の方々に、敬意を表しています。
真実を、“見たくない”“聴きたくない”“言いたくない”という国民(むしろ三猿人というべきか?)が、希望も持てない現実を招来したのでは・・・・
  

10. 2011年6月09日 04:23:36: JHyltJm9u6
希望持ちたきゃ阿修羅を見なけりゃいい
このサイトは現実を知るためのサイト
毎回ROCXの執拗な小出叩きは筋違いでも黙っていたが、いい加減やめて欲しい

小出に学者の資格がないなら東電のデータに基づいて分析していたテレビに出てた日本の学者全員ないのに小出だけを叩く
メルトダウンすら認めなかった学者には資格があるとでも言うのか
資格のある学者が何人いるのか教えて欲しい

ここまで行くと工作だとしか思えない

小出以外に誰が「可能性」を教えてくれるのか・・・最愛の人が居るから・・・で事実を見たくないと言うのは原発を地元に招いた人間が述べてきたことと変わらない
同情誘って執拗に小出をたたき続け福島に人が住めなくなった現実をみない典型的な人間

最悪の可能性すら知る手段すらなくなることは避けたい
テレビに出て安全をまき散らす学者とは違って悪化の可能性を教えてくれる人間は希少だ
事実が怖いから最悪の事態に陥ってから逃げろと言うのはテレビで見続けて良く分かったからもういいよ

ストロンチウムやプルトニウムの危険性を小出より正確に述べた人間はいないと思う
希望とやらのせいで誰も海藻を計らずに安全と言って出荷し子供を殺し続けている
安全と思えば安全になるわけじゃないのに、事実を見たくないからと言って子供たちを殺そうとする人間と一緒の香りがする


11. 2011年6月09日 06:19:10: qRz8tgIVdM
>10

 おっしゃることはその限りではその通りで、私は特に否定しないが、では、どうしたら希望が生まれるのか。

 事故は起きてしまったのだ。その起きてしまった事故に対処し、原子炉を冷温安定化させ、ばら撒かれた放射能をろ過し、除去し、已むをえない場合は放射能から人々を避難させ、危険な土地は放棄させ、その上で新しい生活を築いてもらう、きれいごとのようだが、(きれいごとのようでもないが、)それ以外に方法があるのか。

 今まで原発を推進してきた人たちを呪っても、原発を止める助けになるわけではない。原発を止める仕事を現在している人の大部分は、たぶん原発推進派だった(あるいは今でも推進派)だろう。小出先生が、現状の危険さについて、また絶望的な状況について正確に教えてくれることも必要だが、その現状を変えるために、反原発派もいっしょに働くと言う発想はないのか。あるかも知れないが一応言ったまでだ。今は、電力会社、下請けの労働者、自衛隊、消防などに毎日働いてもらうことが一番大切で、その努力に最大限の感謝もするべきだろう。昨日だか、ラジコン原発調査車のようなものが出来たというニュースがあったが、ありとあらゆる智恵と技術が事故対策に集められている。そういう努力が一番大切なのだ。

 他の投稿のコメントで、原発を推進してきて事故を起こした東電の社員は、事故処理のために働いて死ぬのが当たり前だというようなのが(沢山)あった。一生懸命やってもらいたいのは事実だが、ちょっとニュアンスがちがうのではないか。多摩散人。


12. 2011年6月09日 06:35:56: SM6jHuj11Q
現実を直視できないから、嫌な話は聞きたくない。
それでは戦中の大本営発表だけを信じた国民と同じじゃないですか。

現実が最悪であっても、そこからどう希望をもてる
状態にするか、政府と国民が希望に向かって知恵を
出し合って今は進むしかないのではないでしょうか。
そのために、国民が現実を見て、声を大きくして
政府にしっかりものを言わなければいけないのでは
ないでしょうか。

小出先生は、今現実を教えてくださってるのだから
非難されるべきではないと思います。

私は、阿修羅で小出先生やいろいろな方の情報を
読んで最悪もあると思い、覚悟を決めて日々を生きようと
思うことができました。


13. 2011年6月09日 06:57:41: pEgCpfCxXY
何を聞いて「希望」をみるかは個人の主観に依存する。
小出さんがだめなら山下俊一でいいわけでしょう。
それは個々人がかってに好きなものを選好するわけです。
ただね、>>4さんの最後、

確かに小出先生のお話には希望はありません。楽しくもなく暗い話ばかりです。
ですが、勇気が与えられるのです。辛い真実から逃げずに、正面から立ち向かっていく。ぶれずに信念を貫き通していく。先生の生き方がその語り口から伝わるような想いです。
そのことが、私たちにとって希望だと思えるのです。どうでしょうか?

この最後はけっこう好きだな。


14. 2011年6月09日 07:07:50: QiD7e8R01Y
なるほど、「放射能はニコニコしていたら大丈夫」って言ってくれたら安心する人達もいるわけですね。

15. 2011年6月09日 07:13:51: FcdWFMrPPg
事実を正面から受け止める事が出来ない者は、精神的に成人していない人々なのだと思う。同じ国土で世界が驚愕する様な出来事が進行しているのに、「希望を持って生きよう!」「頑張ろう!」ばかりの、事実を隠蔽しながらのおめでたい精神論はもううんざりだ。

最近、周囲で体調不良を訴える人が増えている。私は原発から200キロ離れた所に住んでいるが、3月から5月にかけて、ひどい健康状態に2度程なった。今まで経験した事のないような症状だったので、広島長崎の原爆やチェルノブイリ関係の報告書に書かれている、低線量被曝の症状に目を通したら、その通りの症状だったので驚いた。

実際何であったのかは断定出来ないが、これからは原因不明の体調不良を訴える人が増えていくのかも知れない。中国の放射性物質を含んだ黄砂も含めて、私達は知らない間に危険にさらされ続けているのだと、自身の経験から認識している。

小出先生は全てを諦めろとは言ってはいない。厳しい現実を受け止めながら、生きていく事をすすめておられる。これは、今回の様な事故を起こしてしまった日本と言う国に、日本人として生まれて来た責任なのかも知れない。

今までの様に「右へならえ」の様な生き方ではなく、個々人が工夫をして生きる術を考えなければいけない時代が、ようやく日本へ到来したのではなかろうか。短絡的な感情論ではなく、正しい知識を得、それを受け入れ、賢く生き延びる成人した人々が増えて欲しいと願う。


小出先生。


16. 2011年6月09日 07:16:36: ZCmmhOu7dc
小出先生のようにまっすぐに生きている人が日本にいる、そのことこそが、今の日本人にとって希望なのでは。

小出先生だけではなく、ずっと何十年も警鐘をならし続けてこられた方たちが少数ながらいる、これが希望だと思う。

どこに希望を見出すかは、ホントそれぞれの問題。


17. 2011年6月09日 07:22:22: FcdWFMrPPg
>15
文最後の、小出先生、は入力ミスです。
失礼。

18. 2011年6月09日 07:43:53: JhD6k5luPc
福島原発の3号機爆発は核兵器だった
http://bluestaryouzi.blog133.fc2.com/blog-entry-321.html

「私は、三号機の隔壁内に設置された彼らの非現実的に巨大なカメラの
一つの中に、 Magna BSPが核兵器を隠したと思っている。」

Magna BSPとは、イスラエルの安全管理会社の名前です。
その会社が今回の事件に加担しているということでしょうね。


19. 2011年6月09日 09:16:33: nXRY9wN3to
希望だけが必要なら阿修羅なんかみずにバラエティー番組みてゲラゲラ笑って生きていればいい。たまに山下先生の講演に行って安心すればいい。

20. 2011年6月09日 09:34:23: FpVPO6YryM
02・05のコメント…
小出先生の 真直ぐな人柄(命を軽視する原発に反対の立場)が 目障りなんですね。
福島第一原発事故で 休息も出来ない位に忙しくなられて 困惑なさってる小出先生。
収束どころか 次々と出てくる隠蔽された悪い情報に 誰だって暗い未来を思いますよ。
それを 批判するなんて…東電関係の嫌がらせと思ってしまいました。 

21. 2011年6月09日 10:24:34: FekTj8wcos
小出先生はもういらないって言う人って、結局、今まで多くの人達が原発反対してきた理由も聞きもしないで、
イデオロギーと揶揄し、推進派の都合のいい部分だけ見て、
結局自分たちも推進してきたって思考回路ですね。
事実を見ない、みたくない。
事実の可能性を指摘している人達を引きずり下ろそうとする。
この問題の原因を作ったのは誰ですか?
小出先生を非難するって、筋違いもほどがあります。
まさに逆ギレですね。

22. 2011年6月09日 10:26:09: esmsVHFkrM
愚か者の希望は幻想だ。

どうして現実に目をそむけることが希望なのだ。そんな希望に何の意味があるのか。それが自分を家族を救うのか。そんな幻想が福島に住む「最愛の身内」を救うのか。

本当の希望は現実を直視する中でしか出てこない。

3.11以降の日本は「今までと違う世界」なのだから、その現実をしっかりと見て、放射能汚染の危険性を理解した上で、それを引き受けて今いる場所で住み続けるというのならそうするし、その危険性を自分も家族も子供も引き受けさせたくないというのなら移住する。そうした現実を踏まえた自分の切実な決断の中にのみ生きていくという希望はある。

小出さんが貴重なのは事実を語ることだ。彼は事実を語って希望への道を語っている。

それが聴きたくないというのはまったく理解できない。小出さんの語る事実が、自分の決断に対する自信をゆるがせるからか。そうだったら、もっと聴いて自分の決断をさらに吟味する必要があるのではないのか。本当に希望を希求するのならそれが正しい態度と言うものだろう。

現実から逃避することが希望であるならば、麻薬患者は希望の中に生きていることになる。

俺は断じてそんな希望を認めない。俺にとっての希望は、現実に、この3.11以降の新しい世界を生き抜いていくことだ。


23. 2011年6月09日 10:36:29: L8EdFT1YHI
>>20さん その通りです。
>>06さん
「とりあえず、事実を受け止める精神力がないからといって、事実を述べてる人間に八つ当たりするのはやめろ。」
>>15さん
「事実を正面から受け止める事が出来ない者は、精神的に成人していない人々なのだと思う。」
06さん 15さん のおっしゃること、もっともです。
別の例ですが、破産や会社の倒産が不可避な状況を前にすると、02・05のようなことを言い出す人間って実に多い。事実の正確な把握なしに「希望」を求めるのは、単に心理的にその場しのぎをしているだけ。もう少し時間がたてば、必ず奈落の底に落ちる。
たとえ日本人の半分が死んでしまわなくてはならない状況に陥ったとしても、その状況での最善策を求めていかなくてはならない。02・05のように根拠もなく「希望」「希望」という人間には、そういう胆力はないだろう。
そもそも、絶望的な状況が事実なら、そこでおよそ根拠のない希望を口にすることこそ、今回我々がさんざん悩まされている「ウソ」であり「ペテン」だろうよ。
小出さんは、分からないことや出来ないことは、率直にその旨を述べる。こういう状況でこういう立場にあるときには、なかなかで出来ないことだ。このことを日本人の大半が理解するように国民の体質が転換することが、希望への第一歩だ。

24. 2011年6月09日 10:50:26: 93GnuIYWTh
>>05

小出先生の言ってる事は真実です。
真実から目を背けて、希望をくれだの、何を言ってるんでしょうか。
もうちょっと精神的に大人になった方がいいですね。

あなたの最愛の身内の為にも、もっと強くなってください。
もう誤魔化しは出来ないのです。
真実を受け止めてください。

日本人は皆、腹をくくる時が来たのです。


25. 2011年6月09日 11:43:02: cvW5CdfPCg
これまで新聞や電波による情報には虚偽や作為的に加工されたものがいかに多く含まれていたことか。
この事実が国民の前に明らかにされてきのは郵政問題、小沢氏をめぐる一連の捜査やTTP問題などここ数年のことだ。勿論、少数ではあるが見通していた人もいたが、インターネットの普及によって多くの国民が事実を知ることが可能になった。事実さえ歪曲されることも少なからずあることもあからさまになってきた。そしてその事実が自分にとってどのような意味持つのかも理解可能になった。すなわち真実を知ることができるようになってきた。
目を背けたいような事実や知りたくもない真実ではあっても眼前に当面する問題を解決するためには知ることは避けて通ることはできない。
人はさまざまだ。その苦痛や不快な情報から条件反射的に避けたい人もいるだろう、一時の耳元の心地よい悪魔の囁きを選ぶ人もいるだろう。
だが、原発問題はそういう個人の個体的な判断にゆだねることはおそらく許されないことの範疇に入ることだと思う。子・孫・曾孫そしてまだ見えない子孫のことに思いを馳せて判断すべき問題だろうと思う。
原発を誘致した敦賀市長は孫の世代で奇形が出てきても今得られる経済的豊かさが優先するとまで講演で発言していた。
原発を推進したり維持しようとすることの歴史的な意味と人としての傲慢さにはつくずく閉口させられる。

26. 2011年6月09日 11:50:34: zxRwWYtUnA
希望がないと小出さんを非難している人には驚きだ。そんな精神構造があるんだな。

ならば阿修羅の掲示板には来ないことだ。朝日新聞を読んでNHKを見ていればよいではないか。

小出さんは事実を与えてくれる。事実だけが困難を克服するために必要なものだ。希望を見出すことを他人に求めるな。自分でやれ!大人だろ。


27. 2011年6月09日 12:36:35: nXRY9wN3to
まあ、02さんや05さんが言われるようなことを40年間言われてきたんだろうと想像がつく。それでも信念を曲げずに生きて来られたのでしょう。

駝鳥は危険が迫ると砂の中に首を突っ込んで見ないようにするそうだ。


28. 2011年6月09日 13:12:31: ZYMUVqyOzM

>2
アンチ小出の原子力村野郎たちが必死になって火消しをしているのが笑える。

原子力村野郎がどんだけ低脳で学力が無かったかはすでにバレテイル。死ね。


29. 2011年6月09日 13:58:40: wueNgj9CAE
まず、希望を求めている方々、もう希望なんて求めている場合じゃないと思うが。

小出さんが推進派と一緒に事態の打開に力を貸せというトンデモ期待する人よ、

まず推進派が拒否するだろうし、事実上拒否しているのは明らかだ。小出さんは山田恭暉氏の「暴発阻止シニア行動隊」のメンバーに登録して何時でも現場に赴く用意をしている。原発事故を止められなかった原子炉学者として最低限の責任だと言っている。


30. 2011年6月09日 14:21:44: TsVkqApaPA
この掲示板には気の合う人が多いと思いながら見てました。
がんばろう、がんばろう、と全国どこでもテレビやスーパーで
言われる程うんざりして来ます。一体何をがんばるのだ。

一生懸命福島産の野菜や牛乳、魚を食べる事をがんばるのか?
風評被害に負けないって、誰が風評被害を生み出したんだ?

アメリカの商売に乗って原発を買い、東芝、日立、三菱は原発
の開発を始め、さらに原発を商売にする。原発の運営は独占的な
電力会社に任せ、チェックするはずの経産省はやがて電力会社に
買収され政治家共々ズブズブな関係になる。東電は分かり易い。
マスコミのスポンサーになり、学者に金を出し、官僚の天下り先
になり、政治家に献金や接待をする。誘致した地方は国や東電から
ジャブジャブお金が落ちて来る。

利益を生むのが企業の役割なら東電は正しいやり方をしている
だろう。問題はそうなるようにルールを作って主導し日本の
原発を推進して来た人達でしょう。

政治家とそれを知ってか知らずか支持して来た国民そのもの。
昔から自民なんて支持した事もないが、奴らこそ売国奴だよ。

だから私は国民の1人として福島に申し訳なく思っている。
今度6.11デモに参加するつもりだ。
(間違ってもデモの関係者ではありません。)


31. 2011年6月09日 14:37:30: 3CIAvwST2o
>05

へえ。ちゃんと状況を把握して、金だってほぼゼロに近い状態でも勇気を持って東京から脱出したきっこを「高みの見物」とはね。
持家が無く、病気(怪我?)の関係で仕事がここの所ずっと出来なかったから、逆に脱出しやすかったという事は言えるかもしれないがそれでもなかなか出来る事じゃないと思うが。
成程ねえ。決断力を持って避難した人間に対してこういう見方をする馬鹿がいるんだね。
「仕事もあるし家もあるから避難出来ない」というのはよーく分かるし、それについて非難する気はさらさらないが、「決断して避難した人間」に対してこういう見方をする人間がいるとは知らなかった。彼女が「金持ち」でさっさと高跳びしたとかなら05の言う事も分かるがね。


32. 2011年6月09日 14:50:13: hTtIFXYdnA
関東在住だが。原発の水素爆発以来、ひどく体調が悪い。周囲にも、最近、具合の良くない人間が増えている。放射線被曝の影響が出ていると思う。現実は現実で、目を背けない方がいい。

33. mainau 2011年6月09日 15:02:42: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
はっきりいってレベルが7までいった原子炉事故というのは、原理的にはもはや制御不能。人間が介入できる範囲が限られている原子炉がほんとうにどうなっているのかは、あまりわからない。
今は水かけている、精一杯のところ。
レベル7に達した原子炉事故で、希望のあふれるニュースは期待してもかなり厳しいだろう。

むしろ冷静に現実をみすえて、これから数年後から生じる被爆者の発症など、もっと恐るべき現実と立ち向かえるようになるしかない。


34. 2011年6月09日 15:05:27: neFYyt9B9E
02の人へ   ぼくは中学生です。あなたは多分おっさんでしょう。なのに なぜ小出先生から希望の言葉を聞きたいの? 絶望的なことから 今できることを考えないと駄目なんじゃないの? なぜ、人から希望の持てる話題を聞きたいの?
自分で見つけるんじゃないの? 小出先生は、専門家として ヒントをくれてるんだよ。 02の人は 甘えるな。

35. 2011年6月09日 15:08:56: IWRxOjotbE
02,05は、推進派の工作員でしょ?
小出先生の話は暗いとか、希望が欲しいというんなら、下らないお笑いテレビを見て、NHKを見て、プロパガンダ新聞を読んで、鼻をほじって、ごろごろしていればいいんだと思う。時々山下俊一の話を聞きに行って安心しなさい。
阿修羅とか見てコメントするべきではない。

それでも足りなければ、なんかカルトにでも入って、安心、希望を与えてもらって喜んでいればいいのだ。
そういえば、原発周辺に事務所を開いたカルト新興宗教があるらしい。
このまま原発を放置していれば、いずれ人類は絶滅する、という現実を見据えて、
じゃあ、自分はどう行動したらいいのだ、と考えるのが正しい。
 毒を食らっても、周辺に毒ガスだらけになっても、見たくない、知りたくない、
希望が欲しいといって、のらくらしているから、その間に日本列島は原発にくるまれてしまったのだ。


36. nagnaag (Twitter同じ) 2011年6月09日 15:11:26: qstDfsC3V3GAI : TG4xvUMJ62
希望は最悪の事態・時点から見出すもの。

それを見誤った希望は、いずれ前提が狂い瓦解する。

現実世界にウソやごまかしは通用しない。

小出さんは最悪の事態を見通すことで、希望を見出す地点を探っているのだと思う。

小出さんを批判する人達は、事故の重大性を軽く見積もり、予想を外しまくった御用学者と同じロジックを使っている。信じるに足らない。


37. 2011年6月09日 15:40:00: gavXPoIC1s
11で記載の多摩散人さんは、当初から原発推進を声高に云って来た人、
なんて、卑怯な物言いの人なんだろう。
今までの貴方の物言いは、政府・東電の発表を擁護してきたくせに。
IAEAの調査に合わせて、本当の情報が出てくるに及んで、今度は、
福島県人への苦悩に論点をすり替える。
まあ、この様な人間は、思考力0の人なんでしょうか?
911にしても、米政府発表だけを信じ、あれだけおかしい証拠が有るにもかかわらず。深く追求する事もせず、新聞・TV情報だけを信じ権力の犬に成る事が、
心の安心に成る人の様だ。安全より安心・国家を信じる事が国民の義務だと。

38. mmiyakawa 2011年6月09日 16:16:04: si/u/NjSnpxTc : wUQUAh2roU

21さんに賛成。

原子力ムラで利権を貪って来た奴らだけでなく、
隠蔽捏造に騙され、
絶対安全神話が崩壊しても「頭を砂に埋めたままの駝鳥」でいる、
無意識の加担者にも償うべき罪があるはずだ。

*******

6月14日火曜日22時からTBSラジオ「Dig」に小出裕章さんが出演されます。

番組ホームページ

http://www.tbsradio.jp/dig/index.html

にアクセスすればインターネット生放送を聞くことができます。


39. 2011年6月09日 16:18:21: 9owYYEKIVk
2みたいな人間が居る事に驚愕・・。ここまでバカか日本人。なるほど石原が3選されるはずだ。バカは滅んだ方がいいんじゃね。

40. 2011年6月09日 16:26:19: tWLfI0tVzY
34君、
君に未来の希望を見たよ。

41. 2011年6月09日 17:29:51: 8LqOMzR4NE
個人的には原子力に手を出した時点で人類終わってると考える様になっているけれど、現実をわかっていないと行く道をまたまちがえるから。
今しなければならないのは正確なデータとその分析だと思う、小出先生の言うことが全てではないけれど。
先生の著書の中に「汚染されヨーロッパのたたべものを日本が拒否すればそれは原子力の恩恵(?)をまったく受けていない第三世界の人の所に行くそれを考えれば原発を使っている国が汚染されたものを引き受けるべきだ」とある、この国で生産された物も住環境も同じだと思うそれを希望がないなどといっているときではないと思う。

42. 2011年6月09日 17:38:53: GfSmjp2pao
希望がないと小出さんを非難している人には驚きだ。

事実を把握した上でないと、希望につながる対策は出てこない。

事実に立脚しない希望は、単なる妄想だ。


43. 2011年6月09日 17:41:12: sRWJSD10WN
福島の現実を目の当たりにしているいま、玄海町長は原子炉再開の英断を下しました。
小出先生がどんなに危険を力説しても楽観視する人はいる。

絶望的だとは個人の感性の問題だ。小出先生の責任ではない。


44. 2011年6月09日 17:50:00: HYHUspnQ6g
子どもじゃないんだから、事実を認めよ。福島に住みたければ住めばいいが、癌・白血病になるリスクは高い。それでもいいなら住めばよい。甘えるなボケ。この状況で何の希望がある。がんにならない希望があるとすれば、東日本を捨てて西日本に集団移住することだ。しかしこれは希望ではなく、放射能に対する現実的対応だ。自分を褒めて元気付けてくれるような言葉をかけてもらいたいなんて、幼稚園児か。

45. 2011年6月09日 18:21:38: 2KUEbCItB2
小出さんの3号機の件だけど、核爆発とは言っていません核暴走の可能性があるといっています。その可能性はあると思いますし今も収まっていないようですね。
小出さんの主張が全部真実というわけではないですが、そういう意見は確かにありますねということです。
でも小出さん自身福島の現在はかなり幸運だったと思っていると思います、最悪のストリーは展開して、そして終わってしまったということで、後は1号機・3号機の水蒸気爆発(可能性はかなり低いと言っています)と、4号機にの建てや倒壊がおこらなければよいと言うことだと思います。焦点は汚染水処理に行っています。
だから良く聞けば否定的なことだけではなく、希望があることもいっていますよ。ただ無責任に大丈夫だとか安全だと言っていないだけですね。

希望がなく思えるのは、小出さんの話をはしょったり、まとめたりするときにその人の考えが入ってしまいことばが無機質になっているような気がします。
まあ事故前と後ではやはり環境が変わっているので、放射性廃棄物がたまるような場所を認識して、常に放射線のことを考えて行動しないといけない社会と言う意味でしょうね。れを機に同じ京大の山中博士にがんばってもらって、臓器移植でがんを克服したり、修復したいりできるようなればまた世界は変わりますよ。



46. 2011年6月09日 18:55:42: LLyrxUA7Bw
小出さんの話を聞くことが一番落ち着く。そして政府は東京都は各自治体は真実を隠蔽する。それがいかに多くの人に被曝をさせるのか測り知れない。被曝で重症になってからあの時なぜ言ってくれなかったと後悔しないようにすることが政府の役目なのにあえてしない。誰だって被曝はしたくないし、政府関係者は分かっているから自分を守る。なぜなら、枝野といい、岡田といい福島へ行った時の完全防備の姿が焼きつく。報道では影響ないとか言いながらあの仰々しい姿。それが放射能を守る真実なのでしょう。最近になってメルトダウン、スルー、国民はパニックになるからといいながら政治家、内閣、官僚は家族、知人、には真実を言って危ないからと守る。今の政府は、世界には真実を言うが、国民には隠蔽。
 唯一、小出先生の話が真実で信頼できる。今は絶対必要な人間です。私たち庶民の味方。 小出先生の丁寧なそして穏やかな真実に救われる。



47. 2011年6月09日 19:00:13: Et1vhJ5rpg
事実を事実として伝えてくれる小出さんは貴重なかたです。
その人格を尊敬します。
「今までと違う世界に生きる」というお言葉心にしみます。
このお言葉こそ希望の光です。
「今までと違う世界」になってしまったから、
日本人は死んでいくしかないと思っていましたが、
そうではなかった。
見方を変えれば、それでも私たちは生きていくのです。
真実を知り、自分の頭でよりよい方法を見つけて
その人なりに一秒でもいいから長く生きていこうということです。
病む人もでるでしょうし、死ぬ人もでるでしょう。
しかし、今は真実を知らされる幸運を考えましょう。
知らされれば、それなりの方策をとることができる。
しかし、知らされなければ、何の方策もとりません。方策をとらなければ、
罹患や死亡への確率は高くなります。
考えるべきは「今までとは違う世界」がどんな世界なのか、
そこで生きるためには何をしたらいいのかです。


48. 2011年6月09日 19:27:25: nNxbKnEHcI
「人類の多くは知ることをしない、いや 知ることさえ知らない」・・このある方面からの啓示が今回の災害云々にも当てはまるなぁと思う日々です。確実に僕たちは違う時代の中に足を踏み入れています。今までのような悲観的・惰性的・考えること・知ることを止め、ただ時代の流れに身を委ね目先の我欲に翻弄されて繰り返させられる家畜化の歴史・・・もう十分です。「知ること」は明日のより良き未来へつなげる第一歩だと僕はわかっています。学び知れば知るほど情報や意見の真意や意図を自分で咀嚼できるようになってきました。ある種の恐れからくる人達の言動に意見を戦わすことも不快に思うこともなくなりました。こんな状況の世界の中で私欲をすて行動されてる方々に感謝します。今回の出来事で僕は自分の無知さと無関心さをあらためて思い知らされることとなりました。恐れし弱き方々にも感謝します。

49. 2011年6月09日 19:42:03: D6wjmXzjoE
34の中学生の方へ
>小出先生は、専門家として ヒントをくれてるんだよ。

私もそう思います。私は阿修羅に「本当のこと」を探しにきています。本当のことを知ることから、今の世の中で自分にできることを探すこともできるでしょう。そうやって一生懸命やっていく中で、自分なりの希望も見出せるようになると思います。
私は今の時代に大人である責任として、放射能とともに生きる覚悟はしました。
でもそれを34さんのような成長期=代謝が盛ん=放射能の影響を受けやすい子どもたちに強いてはならないと思うのです。
子どもたちに甘えない大人でありたいと思います。


50. 2011年6月09日 20:13:51: 8MbE62rqxw
人間の五感では絶対に感じることの出来ない放射能であるからこそ、「正しく恐れる」ことが重要ではないでしょうか。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言があります。
正しく恐れず、根拠の無い耳触りの良い安全神話を信じ、将来自身や家族の健康被害を出すという愚を犯すのでしょうか。

チェルノブイリという歴史があります。それに刻まれた悲惨な過去が、これからの日本で程度の差こそあれ、繰り返されるのです。

まずは、過去の歴史を直視することです。



51. 2011年6月09日 20:23:31: i217t47kNE
鉢の中の水はきらめいている。
海の水は暗い。
小さな真実は明晰な言葉をもつが、
大きな真実は大きな沈黙をもっている。(byタゴール)

aphorismととるか
アホゥリズムとしか受け取れないのか。

東京都・東電・政府と同じアホゥリズムで
ポポポポ〜んと楽しい仲間と踊って人生を過ごす人たち。
地球上の数%の人間の欲望のために、残りの90%の人間が
奴隷となる世界。
覚醒した人間がそれぞれ自分の頭で考えて行動するしか生きる道は無い。


52. 2011年6月09日 21:08:30: a6AKpG3qC2
安全厨が、小出つぶしに出てきた。

注意、注意。

皆、飲み込まれるなよ。

今は小出先生のコメントが福音みたいなもんじゃないか。


53. 2011年6月09日 21:38:54: ElChC3dNkM


小出先生には、

治療も、看護も、介護も、できないのよね〜。


54. 2011年6月09日 21:48:23: TuoNVXVrVg
臆病なコメントを書く男ども。子を持つ母親は覚悟を持って汚染された現実に立ち向かわなければならない。現実回避し精神を病むか、知恵を振り絞り子を守るかしかない。とりあえず行政を動かせ。

55. 2011年6月09日 21:55:40: ElChC3dNkM

ママさんたち、

> とりあえず行政を動かせ。


じゃなくて、

とりあえず、距離を、とれ、です。

  


56. 2011年6月09日 22:09:30: A8RhxR7lIM
私の反原発歌集より。3首。(原発はいのちを賭けて阻むべし祖霊の声を風が持ち来る」「原発を推進したる国賊の誰彼浮かび眠れざる夜」「原発の放射能にて東京も人住めぬ地になる日あらんか」。

57. 2011年6月09日 22:42:24: neFYyt9B9E
ぼく達は 強い。弱音は吐かない。 ”どうでもいい年寄り達”なんて言葉をはくあなたには、愛はない。  二度と過ちは繰り返さない。

小出先生は 治療・看護・介護の負担を軽くしてるんだよ。 治療すべき病気の根源を断とうとしてるんだよ。  


58. 2011年6月09日 22:50:51: o9OuTWM7iY
小出先生は普通の人ですよ。

推進派が人間をやめたような方ばかりで困りますが。


59. 2011年6月09日 22:57:11: OnrHiLUDXk
小出先生が語る現実には耳を塞ぎたくなるが、福島が解決していないのにも関わらず、未だに稼動し続ける原発や停止中の原発を廃炉にするまで先生には頑張ってもらいたい。
国民は先生に賛同し、原発は危険だから日本には不要という世論を国民全員で作り上げていこう。
天下りの利権集団に日本を潰されちゃ敵わん

60. 2011年6月09日 22:58:39: I1J4Ocl7aY
福島原発は日本国が作りました。津波は地球が作りました。過去の政府は国民が作りました。放射能は原発が作りました。子供は大人が作りました。私は45年間電気技士を務めましたが、小出さんの論文や言論を同期(同年生まれ)として尊敬します。
日本国を再生していく為には、理論+技術+技能が必須です。国民を政府が欺くのでは無く、愚かな国民が享楽的生活をして来たツケが発生したのです。数百人の国会議員で、福島視察に行ったのでしょう? 原発設備の危険性を放置してきた責任を忘れない日本国民になりましょう。(ノーモアー広島+長崎 ノーモアーTV&新聞)
追伸 安全は人を守らない。人が安全を築く。理論が幸福の種 誹謗中傷が不幸の種

61. 2011年6月09日 23:04:49: hhDDqXbjuA
以下は“Chernobyl Consequences of the Catastrophe for People and the Environment”の314ページからの引用である。
ベラルーシでは、年間線量5mSvの地域は避難地域であり、そこで住むことは許されず経済活動も制限されることを述べている。5mSvであることに留意してほしい。
>In the exclusion zone,which in 1986–1987 was 30 km wide, as well as in the zone of involuntary resettlement, all forestry activities are forbidden where there is risk to an individual of a dose greater than 5.0 mSv. In this zone permanent housing is banned and economic activity is strictly limited.
次の文科省発表の“福島第1及び第2原子力発電所周辺の放射線量等分布マップ[平成23年5月25日時点](6月9日修正)”を、5mSvに注意して見てほしい。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/09/1305519_0525.pdf
北は宮城県丸森町の南端、福島県国見町、桑折町、伊達市、福島市、川俣町、二本松市、本宮市、郡山市は、すべて5mSv圏内に含まれる。
マスコミは、この重要な予測を伝えていない。
政治家、官僚たちが形作っている現在の日本政府は、年間線量20mSvを決めた以外、何も行動を起こしていない。
このような無為無策の政府、マスコミは倒さなければならない。日本の希望のために、存続を許してはいけない。
ドンキホーテになること、返り討ちに遭うことは重々承知している。
この政府、マスコミを倒すために、どうすれば良いか考慮中である。
とにかく、今の政治家(民主党ばかりではない)官僚たちを許すことはできない。

62. beeman 2011年6月09日 23:18:09: vaQ0xjaki1Ub. : 9xNJ4NjxQS
東京都東部汚泥処理プラントは荒川の東京湾への開口部にあり、ここから川辺に沿って荒川砂町水辺公園が展開しています。小出先生との対談に出てきた少年野球場は汚泥処理プラントに隣接しています。処理された汚泥の一部は野積みになっていて、トラックで運搬されてゆくのが現状です。野球場の放射能が異常に高いことは当然のことと思われます。恐ろしいことに、隣接する荒川堤防上を幼稚園の音楽隊が行進練習を繰り返していることです。今回の東京都の汚染状況開示で、特に少国民のプラント近辺への立ち入りを東京都はオフリミツ処置を急いでください。

63. 2011年6月09日 23:22:17: NPlZX5kocI
事実から目をそらすことが、希望だとおっしゃるなら
山下大先生のお話をありがたく聞いておればよい。
人それぞれの人生・価値観の選択だし。

ただ被曝の恐ろしさの事実から目をそらしたい人は
ここの下のアマゾンでよく宣伝されている、JOC臨界事故で亡くなられた
故・大内氏の闘病記録『朽ちていった命』だけは
読まないほうがよいと思う。胸がつぶれる。


64. 2011年6月09日 23:31:44: qmGKwyrz5I
この後におよんで、小出潰しをするとはwww

65. 2011年6月09日 23:32:40: Per1o3kx8Q
 小出先生の言葉には希望がないのではなく、レベル7の原発事故が起こったらどこにも希望がなくなるのは当たり前だろう。どんな希望があるんだ。小出先生の言う通り、もう去年までの世界も日本もなくなってしまったのだ。
 これからは人生80年時代は終わった。短い人生を想定し、その短い人生をくいがないように生きていくしかなくなったのだよ。お笑いテレビをみて、エヘヘと笑って人生を終えるのも否定はしない。各自の自由だし、自分で決められることだ。しかし小出先生を軽蔑して自分が偉くなったように勘違いするような人間は、生きる資格がない。

66. 2011年6月09日 23:38:04: mtgNVQ6WqM

「正しく怖がる」・・・・・いきなり結論めいたことを言うようだが、これが放射線・放射能に対する時の正しい姿勢なのだと言われる。

 日常生活の中で放射線や放射能といった言葉を聞く時は、大抵の場合が事故や災害といった人的な被害に関わるケースだから、’とにかく怖いもの’というイメージがあっても不思議ではない。

 実際に、放射線関連施設はどれも立入禁止だし、その管理方法は見るからに厳重を極めている。

 その一方で、放射線は日常的な存在でもある。

 実のところ、この地球上に棲む全ての生物は、これまで’放射線ゼロの生活環境’で生きてきた経験を持たない。この宇宙が誕生したいきさつから、ありとあらゆる物質に放射性物質が含まれていて、生命活動を行っている限り放射線や放射能との縁は切りようがない。しかも、呼吸して食事をするという基本行動に加えて、温泉に行ったり飛行機に乗ったりすれば’被曝(被爆ではない)量’は若干だが増える。石畳を歩いただけ放射線の量が上がる、ということも珍しくない。だからといって、その被害を訴える人が出てくるものではないし、温泉だ旅行だといったレジャーは人生に欠かせない。

 つまり、放射線や放射能というもの自体はあってはならないものではなく、存在することが異常事態というわけでもない。だが、ある値を超えると’生命に対して牙を剥く’存在・現象であることも間違いない。

 いったい、このギャップをどう考えたらよいのだろうか。そもそも、’日常的な放射線’と’異常な放射線’との間に、どの程度の距離があるものなのか。どこまでが安心な(無視できる?)放射線で、どうなると要警戒(そして危険な)放射線となるのか。

 見えない・聞こえない・感じない・匂わない・・・・・と、私たちの感覚では量どころか存在さえも捉えることが難しい。それだけに、放射線情報にどう対応するかという問題では、その人なりの理解度が問われかねない。

 ’正しく怖がる’という言葉は、そのような意味を持っていると考えてもらえばよいだろう。

 専門家ではないが、少しでも放射線を身近な存在として感じてもらえれば幸いである。

 ところで本論に入る前に、「塩」に関する短い話をしておきたい。

 生命は海で生まれたから体内に海水と同じ濃度の塩分を持っているーという有名な話をご存じのはず。だから何を食べても塩分を摂取していることになるし、適度の塩分がないと生命を維持することもできない。

 しかし、摂取量が多すぎると高血圧を引き起こしやすくなる。1日当たり10グラムを超えるあたりから、高血圧になる可能性が’確率的’に上がってくるとされる。

 さらに摂取量がヒトケタ上がると、生命が危険にさらされる。一度に200グラムを超えて摂るようなことがあると、ほぼ’確定的’に死に至るとされる。

 実のところ、具体的な数字はともかくとして、私たちはこうした塩分に関する健康上の効果・危険性を知っている。つまり、「正しく怖がる」ことの意味を身につけていると言える。 放射線に関しても、そうした知恵を持つことができるはずなのである。


67. 2011年6月09日 23:53:37: mtgNVQ6WqM

私が何よりも信じるのは、自分の線量計で測定した放射線量である。

4/2から今日まで東京で自分の線量計で計測したら「0.08〜0.19μ㏜/h(マイクロシーベルト/時)だ。これはほとんど自然放射線の線量レベルだ。

いくら不安を煽っても、簡単には騙されない人もいることを、皆さまくれぐれもお忘れなく。


68. 2011年6月10日 00:08:46: aQY6pXt3lQ
小出さんの最近の解説には、安易な希望はない。
しかし、それは現実の姿で、それを直視しなければいけないという、
至極真っ当なことを言われていると感じる。

例えば小出さんは、日本の放射能防護は1mSv/年だということを強調されている。
安全の見地に立てば、避難して欲しいといわれている。
しかし、(1) 生活や社会崩壊がかかり、避難し難い事情もある
(2) 避難対象地域が広すぎて、現実的に避難が難しい(1mSv/年とすると、
東京の一部〜宮城の一部まで避難区域に該当する)
従って、どうしてよいのか途方に暮れてしまわれ、
せめても、原発推進に対して責任を持たない、また、将来の担い手である
子どもたちは何とかして、大人は責任を取って放射能汚染を引き受けざるを
得ないのではないかと言われる。

食についても、安全サイドでいえば、基準を厳しくして、安全なもの以外は
流通させない方が良いにしても、補償が満足に行われ得なければ、福島の
日本の農業、水産業の崩壊を防ぐためには、食による被曝を、せめても
原発に責任のある日本人の大人が引き受けなければならないのではないか、
と非常に踏み込んだ重い発言をされている。

放射線の危険を熟知している方が、しかも放射能は浴びないに越したことは
ないという方が、この汚染の現状を前にして、(責任者たる日本人の大人は)
被曝を引き受ける他ないのではないかと厳しいことを言われる。

原子力災害についても、危険に対して警鐘を鳴らすことはできても、
ひとたび事故が起きてしまって、収束困難な状態となってしまえば、
さしもの小出さんにも、収束手段は見つけがたいだろう。

事故を起こしてはならないから脱原発を訴えてこられた訳で、
事故が起きた場合の技術の無力さについては、誰よりも良く
理解されているのではないだろうか。

小出さんに、この事故の収束を求めることは、酷なことではないか。
放射線計測など、彼の専門分野で活躍して戴くことは多々あるとしても、
プラントの収束、除染、脱原発運動・・・について、彼一人に
期待することはお門違いではないのか。

原子力の危険性、問題点の語り部として、まだまだ活躍を願うが、
脱原発の行動については、彼に限らずヒーローを期待してはいけない。
カリスマ的な力でなんとかなっていれば、日本に原発が54基もできていない。

原子力利権側の多数派工作は老獪で強力だが、脱原発が多数派になるまでは、
原発は止まらない。

事故の推移についても、脱原発についても、小出さんは淡々と、
良心に基づいて説明される。本人は政治は嫌いだといわれるが、
カウンター政治という意味で、彼は非常に政治的なパワーを持つ
人である。その小出パワーをどのように生かしていけるのか、
力の担い手は小出さんではなくて、各個人に委ねられている。

小出さんに甘言を期待してはいけない。現実を直視して、
先に進むための、灯火のような方なのだ。

いまや、小出さんの言葉は、脱原発サイドの大人に対しても
非常に苦いものがある。しかし、良薬口に苦し。


69. 2011年6月10日 00:56:36: 6PjF3RL2Xs
>>67

現在のところは、大きな爆発もないので、空気線量はそんなものでしょう。
関東各県が庁舎の屋上で測っている線量など、ずっとそれ以下ですよ。
皆さん、それはわかっているんです。とりあえずの問題は、土壌汚染です。一度降り積もった放射性物質は土壌に吸着されて残っています。それは半減期で崩壊して消えるのを待つだけで、人力で消すことはできません。水に触れれば溶けて流れて無害になるスギ花粉とはまったく違います。首都圏でも下水処理場に溜った高濃度の汚泥をどうしたらいいかとか、TVニュースでもやっているのを見ませんか?


71. 2011年6月10日 01:22:27: 9ifGCobs7o
最悪のシナリオ?事故だけではないっしょ。
事態はもう、事故がなんとかなれば復興できるなんて範囲を超えてる。
目を離したら、
福島希望徴用開始、奉仕活動強制、避難や移住の制限、健康被害・汚染土壌放置。
財政は数字合わせだけ、外交は無視。税金と消費税、電気代は値上げ。
事故調はごまかしだらけ、夏は猛暑でクーラーなしっ!!ってなるよ。
正しく怒る、ことが大事。東電に、政府に、周囲の無関心に!
答えのない日常生活を生き延びるために、できることをしようと思う。

72. ケロリン 2011年6月10日 02:28:37: 6aICm6xzPa6aE : OYXZNtmeUE

ぺらぺらしゃべって、>02.05.のような、

他人に希望を与えてもらおうとする、この手のヤカラが、未だに生息してるんだな?自立も責任も、その意味すら分かっていない、おそらく、旧人類だろう・・。このたぐいが、本当に国や世界を潰していく、元凶だろうな・・・。ここで、投稿している中学生の方が、遥かにオトナじゃねぇ〜か?

投稿ナンバー>>02.&05. =絶望。(存在そのものが絶望だわ、くれくれ希望。)
投稿ナンバー>>34.中学生 =希望。(明るい未来と気概、創るぞ未来。)
・・というところだろうな・・。


73. 2011年6月10日 03:15:45: eG329MoZAw
夏にエアコン止める必要ない。

サマータイム(夏時間)制を導入して消費電力ピーク時をずらすやり方で
今夏は問題なく エアコンつけて暮らせるぜ。

俺たちブラジル人はもう30年もこうして無理せず夏のピークにもエアコンつけてる

通勤時間を一時間早める。それだけで心配はなくなる。

管をクビにして(INPEACHIMENT)して新総理に夏時間を
出向させる。国会で法律変える必要ない、速 実施すべし。

アメリカもやってるよ、賢い国は実施している。外務官僚に聞いてみな。


74. mmiyakawa 2011年6月10日 04:45:37: si/u/NjSnpxTc : wUQUAh2roU

http://www.videonews.com/asx/special/special_110609_koide_300.asx
6月9日、神保氏小出さんによる対談動画

原発絶対の最新状況、
『福島第1原発事故の原因を究明する第三者機関「事故調査・検証委員会」』と称する集団の正体、
についての解説。


75. 2011年6月10日 06:13:00: vYApJLKLXk
>>2
お前みたいなクズが世の中悪くしたとなぜ気付かない?
バカだから仕方が無いか

率先して汚染野菜食って早めにこの世界から退場してくれ


76. 2011年6月10日 07:58:19: dHtYGELlUI
政府や東電に事故処理能力はない。
原子力委員会の斑目をクビにして、小出氏を委員長にして収束させるしかない。

77. 2011年6月10日 08:48:24: l7oswauTXE
政府に雇われたら守秘義務で縛られてしまうよ!
野にあり、冷静な分析と予測を発信し続けてほしい。
安全という立場の話は不要。真実の痛みと苦さこそ受け容れる。
私は個人だから、自分の判断を信じる。

78. 2011年6月10日 09:04:32: dHtYGELlUI
賢明な人はそれでいい。自分で判断できるから。

他の大多数の愚か者は、政府やマスコミのいうことを鵜呑みにしてるいるからね。
事態の深刻さを理解しようともしない。NHKの言うがまま。


79. 2011年6月10日 09:31:23: 6PjF3RL2Xs
>>02

>この人の言説は結局原発を止められなかったし

それはあなたと私が止めなかったから。
小出さんじゃなくて、「あなたと私」の責任なんです。


80. 2011年6月10日 09:45:14: 6PjF3RL2Xs
今はまだ「惰性と余力」で走ってるだけの日本。いずれは、すべてが今までのようには行かないんだってことが、徐々に身に沁みてくるんだろうな。小出さんは「脳内」で原発事故の影響を無かったことにしたい人々に現実を言ってくれているだけ。そのことで彼を恨むのはお門違いだ。

そもそもこの事故がなくても日本はけして、明るい方向へは向かってなかった。
むしろ、ある意味では根本的な見直しをするチャンスかも。もちろん、事故がこのまま被害を拡大しなければの話だが。


81. どうなるの 2011年6月10日 10:32:09: LlVwIzQSVf0Qw : 53tA8y2ubU
 新たなる日独伊三国同盟を。
前世界対戦では、この三国は世界中の人々および自国民を
地獄に突き落としました。
 今、福島もその可能性を秘めたままです。
ドイツは原発を廃止する方向を選択しました。
イタリアも明日の国民投票で廃止する方向を選択すると思います。
日本も前世界対戦の反省の元、原発という地球上の生命を地獄に突き落す人間の手に負えないものを放棄するいい機会です。
 あの永世中立国のスイスもこの同盟に喜んで参加してくれると思います。
日独伊三国同盟がアメリカの星条旗の星の数のようにどんどん増え、
全世界原発反対同盟になればいいなあーと夢想しています。

82. 2011年6月10日 10:40:52: nBtUjhCB8Y
>5

マスコミの論調そのものですね。


私の周りでもまだまだ、新聞、テレビのままに動いてしまう人がほとんどなんです。

いくら言っても、上の空なのです。


83. 2011年6月10日 14:32:17: oz33FCcPgo
日本は地獄の底まで落ちないと方向転換しない国民だからね。

昭和20年にたとえると、今は東京大空襲が起きた時点。
もうどうしようもない状態なのに、続けるんだと叫ぶアホの勢力が未だ優勢。

広島・長崎に相当するような、決定的な原発事故がもう1度起きないと
原発撤退はしないだろう。学習能力ゼロ。懲りない面々だからね。

その事故がどこなのか、もんじゅか六ヶ所か、、、想像するのも恐ろしい。

焼け野原から日本は驚異的な速さで立ち直ったが、
今回はそうはいかないだろう。

何百年もの間、被曝に苦しむことになる。

あまり暗いことは書きたくないのだが、これが現実。
小出先生同様、暗澹たる気持ちになる。


84. 2011年6月10日 16:24:41: iG1bptY5DE
覚悟の意味、受け取り方はひとそれぞれですな。

真実に到達したい人は、日常と平行して霊性を取り戻す覚醒、意識改革に向かうことが今必要なんだってもう気づいてるよね。
それがアセンションだと思っています。
今までと違う意識。世界。

真実なんて一生わからない!



85. 2011年6月10日 17:52:20: HdCDn0mNxs
EMの中心的働きをなす光合成細菌は、地球創成期の古細菌とも言える最古に生息していた菌であり、地球誕生時の劣悪環境にあって有毒ガス(硫化水素、メタン等)や、放射能を餌(エネルギー)にして、生命にとって必要不可欠な酸素や有用な酵素を生成した、全ての生命の母なる微生物といえる。そういう意味で光合成細菌は環境汚染された地球の土壌、水、空気を浄化する最も重要な働きをする菌といってもよい。広島国際学院大学で光合成細菌と放射能の実験例が既にある。一方、EMの中で浄化の働きをなす乳酸菌は、大腸ガンの原因となるクロストリジウム、胃潰瘍のピロリー菌、食中毒の病原性大腸菌O-157、新型ウイルスー鳥インフルエンザなどの病原菌や大腸菌などの雑菌を抑制する働きがある。又、この乳酸菌は放射能にもめっぽう強く、しかも体内に取り込んだセシウムを痰として排泄する作用もある。EMとはこうした光合成細菌と乳酸菌がカップリングし、そこに発酵菌である酵母が密合してEM全体の核的働きをなし、これに土着の有用菌な菌も連動し、様々な相乗効果によって自然界の蘇生現象を起こす。
ところで、今日、未曾有の問題となっている福島の原発による放射能汚染に対し、このEMをフル活用するべき時が来たといっても過言ではない。それによって汚染された農地、海、さらには人体にも、必ず効果がある筈。それは旧ソ連で起こった原発事故でのEM活用による顕著な成果があるからだ。半減期が30年のセシウムで汚染された土壌1反の面積に、EM50gを5〜6回散布することで、1年後にはセシウムが消滅したという事例がある。福島原発周辺農地にじゃんじゃんEMを散布・投入すればよい。被災した瓦礫から漂う悪臭対策にも、このEMが抜群の効果をもたらす。塩害による農地にも効果があり、EMが塩害を無毒化する。これはパキスタンで実証済みである。海のヘドロの分解も可能である。EMは糖蜜を餌にして1000倍に培養が可能であるから、コスト面からも大量に散布・投入は可能である。下水処理場の汚泥についても、首都圏を中心に下水処理場で高濃度の放射能汚染が広がって、その処理に困惑しているが、この問題もEMをじゃぶじゃぶ投入すれば、放射能汚染を抑制してくれる筈。既に福井県の旧宮崎村ではEMによる下水処理で成功した事例がある。その技法が、今回の放射能汚染に対し参考になる。具体的な解決策がなければ、可能性のある技術は、待ったなしで、直ぐにでも実験に踏み出すべきである。過去のデーターがないからといって、何もしないより、やってみることである。あらゆる英知を結集する非常事態である筈。
一方、人体に呼吸によって肺に取り込んだセシウムに対しては、EMを加湿器1gの水に50CC程度入れて稼動させれば、EM(乳酸菌)を含んだ水蒸気を呼吸と共に吸い込むことで、肺に取り込んだセシウムを痰にして排泄してくれる筈である。既に、この加湿器を室内で使用した人から黄色い痰が出てきたという報告がある。いづれにしても「そんな馬鹿な!」と思い、やらないのもその人の自由。「やってみよう!」と思い、やってみるのもその人の自由。これからは自分の生命は自分で守り、自分の責任で管理していかなければならない時代に来たと言える。福島原発の問題は、決して短期間で決着するとは思えないだけに、福島県の住民の方々は勿論、首都圏の住民の方々にも放射能汚染に対し、自己防衛できる道を歩んで欲しい。

86. どうなるの 2011年6月10日 18:47:54: LlVwIzQSVf0Qw : j2nCs3s2LE
EMでは物理的な物質の性質まで変化させることは、不可能です。
微生物の働きは確かにすごいと目をみはることが一杯ありますが、
生体内核反応を期待することは不可能だと思います。
残念ながらE=MC^2なのです。
消滅した場合必ずエネルギーに変換しているか、他の物質に変わるか、流亡するか気化する等です。
 におい対策には使えるでしょうが。
比嘉先生も農業、畜産等や環境対策のコメントは評価が
出来る場合もあります。
 しかし、放射能云々になると、御用学者と同等かそれ以下だと思います。
「これからは自分の生命は自分で守り、自分の責任で管理していかなければならない時代に来たと言える。」のは間違いないと思います。

 本題に戻りましょう。


87. tori 2011年6月10日 19:35:38: UZRS09uO9ID6M : jFPTa8TeWg
>02さん、05さん

見たくない事に目を背け、正確な情報から自分を遠ざけても、何にもメリットは無いと思いますが。

現実を直視して出来るだけの対策をした方が、リスクは確実に減るんですから。

ま、どう考えるかは、個人の自由ですが...


88. 2011年6月10日 19:47:51: brr5cQ9Tec
>>85
どこに住んでいるか分からんが、
東日本の住人なら線量計を入手して散布して試してみるべき


>>86
放射線崩壊を促すメカニズムが細菌に備わっているかどうか、でしかない
自分はこれ以上は分からんが

>>87
大手マスコミの調査で30代以下の福島県避難民のうち
約4割が帰郷不能・県外脱出をやむ無しと考えているというデータが出たそうだ
そのうち出てくると思うがな
日本人は危険予知をする人間を毛嫌いして
最悪の状態を直前で回避した人間を奇跡の立役者として重用する傾向が特に強い
普通に商売をやっていれば小出氏のような人間が生計を立てられるだけ奇跡と思うべきだが


89. 2011年6月10日 19:58:28: eNFYKeRi0c

「・(下水処理場で焼却した灰からは1キロあたり1万ベクレルを超えるセシウムが検出された)すごい量だ。そんなレベルの放射能を取り扱ったことは私は一度もない。

・(国は汚泥をセメントとして再利用することを進めている。セメントや肥料にするにあたって1キロあたり100ベクレル以下になっていれば問題ないとしているが?)何度も言うが放射線はどんなに微量でも危険。100ベクレルでも10ベクレルでも危険。社会的にどこまで受け入れ可能なのか判断するしかないが、いま出ている汚泥は猛烈な濃度であり、始末の方針を示す必要がある。」

⇒セシウム-134
 生体に対する影響
体内に摂取した時のベータ線による内部被曝が問題になり、10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.19ミリシーベルトになる。また、1mの距離に100万ベクレルの小さな線源があると、ガンマ線によって1日に0.0055ミリシーベルトの外部被曝を受ける。
http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/12.html

 セシウム-137
 生体に対する影響
10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.13ミリシーベルトになる。また、1mの距離に100万ベクレルの小線源があると、ガンマ線によって1日に0.0019ミリシ−ベルトの外部被曝を受ける。
http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/13.html

原子力資料情報室より

たったこれだけだ。必要以上に恐れることは何もない。


90. 2011年6月10日 20:02:07: eNFYKeRi0c

*放射線量が多いのにガン死亡率が低い

 普通、私たちが日常的に浴びる自然放射線のうち、最も多いのは呼吸で吸入したラドンからのもので、そして第2位が地面から放たれる放射線だ。ところが世界は広いというべきか、地域によってはこの何倍にもなる放射線が地面から出ている所もある。

 たとえば、インドのケララ州のアラビア海に面した一帯、ブラジルのエスピリト・サント州の大西洋沿岸にある町ガラパリ、イランのラムサールなどがよく知られている。

 ガラパリは温泉のある保養地として、ラムサールは国際湿地条約の締結地として、それぞれ有名だ。ガラパリの放射線にいたっては、場所によって平均量の10倍にもなる場所があると言われる。これでもわかるように、ごく普通に人が生活していて何の問題も起きていない。

 それどころか、不思議に思われるかもしれないのは、やはり自然放射線が他より多い地域として有名な、中国の広東省にある陽江県で行われた調査の内容だ。

 1980年、アメリカの著名な科学雑誌「サイエンス」に、中国の研究者グループが発表したもので、「自然放射線の多くない地域と比較すると固形ガンの死亡率が低い」つまり、住民の浴びる自然放射線が平均より多いことで有名な地域の方が、その他の地域に比べてガンで死ぬ率が低いという結果が出た、というのだ。

 この地域では、多い所で平均の3倍以上、少ない所ででも2倍近い。さらに人家をつくっている材料の関係で、野外より屋内のほうが放射線の量が多いという特徴もある。

 こうした状況の中での、ガン死亡率が低いとの報告であった。放射線が人体に及ぼす作用は「多いほど悪い影響がある」と思われていただけに、この調査結果は大きな反響を呼んだ。

 あらためて他の研究者グループによる研究が始められ、日本の研究グループも現地調査を行った。その結果を見ると、ガン死亡率が低くなるかどうかに関しては慎重な結論だが、自然放射線が多い地域でガンの死亡率が高いことを示すような証拠は、やはり何も見つからなかったという。

 「放射線はほんの少しでも怖い存在」というのは、単なる思い込みということが明らかになったわけである。

 国連科学委員会報告による1人当たりの1年間に受ける世界平均の自然放射線量2.4ミリシーベルトの内訳は次の通りである。

内部線量
空気中のラドンなどの吸入から1.2ミリシーベルト(50.0%)
食物などから0.3ミリシーベルト(12.5%)

外部線量
大地から0.5ミリシーベルト(20.8%)
宇宙線から0.4ミリシーベルト(16,7%)


91. 恵也 2011年6月10日 20:16:29: cdRlA.6W79UEw : kvUzA0KNzU
>>05 嘘にも等しい東電などの発表するデータをもとに、最悪のシナリオをのみ大声で語り続ける

それ以外にデータを出すところがないだろ。
普通の人間じゃ福島原発に入ることも、計器で計ることも、汚染水を持ち帰れもしない。

データを取れるのは、東京電力以外にないのだぞ。
たとえ嘘が多くてもその中から、真実らしいものを取捨選択するしか人間には出来ん。
アメリカの研究者のように、政府や東電の詳細データが見れれば違うと思うがね。


92. 2011年6月10日 20:32:59: eNFYKeRi0c

*「メリット」と「デメリット」

 「1年間に1万人もの人が交通事故によって死亡するのに、なぜ自動車に乗ることを止めないのか」

 これは、よく聞く質問である。そして、それに対する答えもまた、よく聞かれる。

 「自動車は便利で、しかも現代社会に欠かせないものとなっている。そもそも、自動車は事故を起こすためにつくられたものではなく、技術の進歩と人の注意しだいでトラブルは減らせるはずだ」

 自動車という存在がもつ高い社会的メリットと、付随して起きる可能性がある社会的なデメリットについて、ほぼ正確に言い当てているといえよう。要するに「使い方の問題」であり、存在そのものが悪いわけではない、との理解に基づいた判断である。

 こうした「メリット」と「デメリット」のバランスをもとに、私たちは社会にある現象や技術の取捨選択を行っている。文明には100%快適というものが存在しない以上、最小のデメリットで最大のメリットが得られるものを受け入れてきた。

 しかし、放射線に関してひとくちで言えば、過大なデメリット評価がメリットを押しつぶしてしまっているのではないか。「放射線を正しく怖がる」ことこそ大事なのだが、現実は「意味もなく怖がっている」ケースが珍しくない。

 見えない放射線であっても、その素顔を正しく見つめてやる姿勢が、現代の技術社会においては欠かせないのである。


93. 2011年6月10日 21:33:07: JIpnk7UOWA
>>90
コピペをしたのならソース先を示すべきだ。
この部分だけはソースを挙げている。
>国連科学委員会報告による1人当たりの1年間に受ける世界平均の自然放射線量2.4ミリシーベルトの内訳

肝心な部分はソースも挙げず、曖昧な表現で誤魔化している。???の部分はどのように折り合いをつければ良いのか?
>日本の研究グループの・・・結果を見ると、ガン死亡率が低くなるかどうかに関しては慎重な結論???自然放射線が多い地域でガンの死亡率が高いことを示すような証拠は、やはり何も見つからなかった???

検索すると、これを否定する研究を日本人研究者が報告している。
自然放射線と胃がんの間には関係があるというものだ。
>The relationship between natural background radiation and cancer death in 329 cities and countries in Japan, was analyzed using external radiation survey and epidemiological data. Inspite of the lack of epidemiological data, a relationship of incidences of male and female stomach cancer death due to natural background radlation was observed.
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002325739


94. 2011年6月10日 21:43:28: JIpnk7UOWA
ニューヨークタイムズへの記事に関して、研究者(ドロシー・ウェリントン)の反論投稿。
>Background Radiation Is Tied to Cancer
Published: December 18, 1987
To the Editor:

Karen A. Strauss, environmental engineer, says, ''decades of international study have found no evidence of any negative effects from the low levels of radioactivity that are typically found in nature'' (letter, Dec. 3). In ''Cancer Mortality: Environmental and Ethnic Factors,'' a 1979 book of which I was primary author, one chapter analyzes the effect of background radiation, both cosmic and terrestrial, on cancer mortality rates.

Radiation from natural sources varies across the United States, annual exposure levels in the mountain states being twice those in the Southeast. There was, after adjusting for major carcinogenic factors, a statistically significant positive (increasing) relationship for white males and white females between background radiation and age-adjusted mortality rates of thyroid and gall-bladder cancer. DOROTHY WELLINGTON Washington, Dec. 5, 1987 The writer is a biostatistician.
http://www.nytimes.com/1987/12/18/opinion/l-background-radiation-is-tied-to-cancer-184587.html


95. 2011年6月10日 22:37:55: ny5LNue0BI
調べれば調べるほど、原発対応への菅政権の異常さと国家犯罪の核心と、私達国民は見捨てられた存在だということがわかります。

「小佐古教授が泣きながら訴えた国家犯罪の核心」
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1306.html

「見捨てられた日本国民が6・11で立ち上がる!」
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1305.html


私達は、6・11に全国で行われるデモやシンポジウムで声をあげることしか道はありません。なお、当日の中継は、和順庭スタジオからも中継の予定です。

10時30分から
「めざまし政治ブログ」服部順治と「和順庭の四季おりおり」熊木和枝の
「6.11脱原発100万人アクション: デモやるしかない! 〜国民の命、第1への道〜」
http://nvc.halsnet.com/jhattori/611/

                   (和順庭の四季おりおり)


96. 2011年6月10日 23:03:03: Hpwhn520E2
>18氏、おおきに!監視カメラのシャフトとはユダヤ智恵だな!ブースターの爆轟波に耐える強度が在る筈なので、大砲の砲身でしょう。強度が違うので「たたけば音が違う」。あと、リアクターが出す放射線起因の発熱があるはずなので、赤外線カメラで何とか成るだろうが・・・。街中在りそうだ!
>85氏、何かアングロ・ユダヤの攻撃目標とEM等日本の援助先は一致しとるんですか?

97. 2011年6月11日 00:03:00: oei8lflL6E
今日の報道ステーション。
村上春樹の発言を受けて古舘ががんばってモノを言うが押し切られたな。
しかし3月にアメリカの新聞に掲載された大江健三郎のインタビューは黙殺している。

みなさん福島が水蒸気爆発の可能性が消えるまでは大変でしょうが、関東では関東大震災なみの直下型地震と、霧島の新燃岳の噴火を受けて数年後に日向沖もしくはどこかの内陸で起きる大地震、福井の原発銀座で起こる大地震が予想されていますが、どこか解説しているページはありますか。


98. 2011年6月11日 01:04:48: qDpwSnDTEQ
05. 2011年6月09日 01:47:05: R0CX945mHs

自分の最愛の身内は福島で線量計を会社から支給されつつ働いている。逃げ出せない。線量レベルがほとんどどうでもいい東京からさっさと逃げ出して、放射能や原発の危険について高みから他人ごとのように叫ぶ「きっこ」みたいにはいかない。ほとんどの福島人は逃げ出すわけにはいかないんだ。

正直である。

やれることは次のようなことであろうか。

@放射能は危険だという説を信じて逃げ出す
A放射能は体に良いという説を信じて明るく生きる
B@とAとの間で悩みながら生きる

ちなみみ@についてだが、首に鎖がついているわけではなかろう、ほんとうに逃げる積りになればできる。目の前に火事が迫っているとしたら何もかも捨てて逃げるだろうに放射能は目に見えないから切迫感がないのだと思う。津波でもそういう人がいたのだと思う。


99. 2011年6月11日 02:23:26: J4WQZCXuLQ
東京の汚泥処理施設です。

同様の測定を希望します。

http://www.gesui.metro.tokyo.jp/odekake/sise_list.htm


100. 2011年6月11日 03:33:46: J4WQZCXuLQ
>05

09. 2011年3月14日 20:11:09: R0CX945mHs
福島第一原発2号機、釜空焚きになっている模様。
海水が圧力容器に入っていないという。
燃料棒すべて溶融に至っている可能性大。
最悪の事態だ。
釜の底抜けの可能性さえある。


・・・・

あなたが14日の段階でこのようなコメントをしていることを確認した。
現状把握に関してあなたは凄い人だと思う。私はあの時は訳がわからなかった。
以前あなたに失礼なことを言ったのをここで謝罪する。

しかし、人の心についてはイマイチじゃね?

皆が、なんで小出さんの話を聞きたがるか。歴史を通じて「語り継がれる言葉」を紡ぐ者は警世家であることが多い。ナザレ人イエスもそうだったすね。よく読んでないけど、預言者が現れては大衆が殺してきたという表現も旧約のなかにあるみたい。日本の名だたる名僧も皆、でかい寺の官僧の身分から逃げ出してきた連中ばかりでしょ。現状批判ですよ。心がある。ただそれだけ。

我々は、言葉を聞いているようで、その人の心に触れているのではないかと思うのだす。


101. Narongchai 2011年6月11日 03:46:49: 4aBcXH78umd1Q : TtegywtBg2

他人に希望を求めたり、夢を求めるから、「安全」なんて言うこの地球上にない概念に捕らわれたり、「パニックになるから」なんて人を馬鹿にした言われ方を容認するのではないでしょうか?

私にとって、この小出さんと言う方は、私自身の考えや決断をするのに有効な情報を発信してくれる人です。

問題は小出さんじゃなく、我々が雇っている公僕が正確な情報を出さないことです。

信号が青で渡っていて車にはねられても、相手が悪くても、怪我をするのはこっちです。
相手に責任を取れって言っても、こっちが命落としたら、責任なんて言葉も意味をなしません。

「パニックになるから」とか「誤解を与えるから」なんて、なんて敬意のない不遜な言葉でしょう。

小出さんが彼の意見を言ったから、希望が持てないなんて、そんな悲しい自己欺瞞は絶対したくないです。

また小出さんの意見を信じたから逃げるなんて、小出さんの我が人生を預けるつもりもありません。

現実的に、原子力発電所の大事故ですから、我々は危険にさらせれている現実はなんら変らず現実です。

希望が持てないなんて言う逃避的な考え捨てないと、「パニックになるから」とか「誤解を与えるから」なんて人を馬鹿にした言い方を肯定しちゃうことになる。

この人の意見も参考にして、あくまでも自分で決める覚悟を持つべきだと思います。

ちなみに、直接専門家の方からいろいろ教わっていて、スパスパ煙草を吸っていたら、「あなたの煙草の方が、体に危険ですよ」と言われましたが、煙草をやめるつもりはありません。

ただただ、我々が自治会費(税金とか呼ばれる)で雇っている公僕は、給与を貰っている分誠実に我々にデータを出すべきです。

それで希望を失っても仕方ないじゃない、本当のことなんだから。


102. みかん 2011年6月11日 06:06:09: NkJYbuNe.N57Y : ugeK3Xo0Qc
小出先生は科学者として事実を冷静に伝えてくれた。私はネットで語る先生の
講演と、JOCのビデオを見て、自分のこれまでの原発に対する安易な認識を一変した者です。一方テレビに出る御用学者や東大の関村教授の知性を感じさせないニヤケタ表情と、その説明の仕方のイライラした話し方、そこに醜悪なものを感じたのですが、何度も何度もNHKでは安全を強調するレベルと続けた。斑目委員長に至っては、自分も(?)うかつだった、これは人災ですと一昨日言ったが!自分で人災とはよく言えた物だと思いました。恥を知らないのかなあ、これらの人々は?単に個人の人格の問題を超えている。社会的地位がある者がどんなに愚かであるのかと、失望を通り越しているという原状。それは現在進行形である。いっぽう、小出先生の態度には、人間としての誠実さを感じ、私は正直ほっとする。人間の希望がある。希望を奪うのは、斑目や関村やその他の誤用学者の発言です。ほんとうにテレビを見てみてがっかりする。

しかし、正直私の知り合いで九州に住んでいる者が(京都大学出)原発何処吹く風みたいな気分なので、認識の甘さ、違いを感じた。しかし、その人も、小出先生のJOCのビデオと講演を見ると認識の甘さに気づくと思った。63さんは、認識の甘い人々はJOC臨海事故で亡くなられた大内さんの記録は見ない方がいいよと、教えたが、これは日本人は知らなきゃいけないことなんだと思う。今までは、知らなかったから、無知だったから、こうなったのです。そして、その対策も日増しに多分数年どんどん、身近に感じることになるのでしょう。

<63. 2011年6月09日 23:22:17: NPlZX5kocI
それぞれの人生・価値観の選択だし。
ただ被曝の恐ろしさの事実から目をそらしたい人は
ここの下のアマゾンでよく宣伝されている、JOC臨界事故で亡くなられた
故・大内氏の闘病記録『朽ちていった命』だけは
読まないほうがよいと思う。胸がつぶれる。>


103. 2011年6月11日 08:29:03: 1PeIQBucis
東京都の下水は雨水も一緒に処理する合流式が主だと思っています。
それだと処理場で放射性物質が検出されるのは理解できます。
その他の分流式の下水処理場から検出される、ということは生活排水がほとんどですから、生活が高度に汚染されている、ということです。
避難してください。

104. 2011年6月11日 09:17:21: qRz8tgIVdM
 今回の事態は、アルベール・カミュの『ペスト』という小説に描かれた状況とよく似ていますね。この小説は、今から60年くらい前、原発など世界にほとんどない頃に書かれました。ペストに襲われて、感染を防止するために外部から遮蔽され、孤立した町の中でペストと戦う医師その他の人々の物語で、いろいろな考えを持ち、いろいろな行動を選ぶ人々が登場します。

 しかし、事実は小説よりも奇なりで、今回の事態そのものの方が面白い、いや、もちろん面白いと言っては語弊があります。日本の未来、人類の未来、人間のあり方、社会とは、政治とは、マスコミとは、その他いろいろについて考えさせられる、阿修羅もそういう場の一つですね。多摩散人。


105. 2011年6月11日 09:50:26: YXY0cuwo6c
>>100

>あなたが14日の段階でこのようなコメントをしていることを確認した。
>現状把握に関してあなたは凄い人だと思う。

なぜ、そのような現状の把握が可能だったのか?有害なR0CX945mHsの正体が浮かんでくるような話である。


106. 2011年6月11日 11:58:30: v1bvtwnqgQ
え?・・・・・・。

単に、その、原子炉とか詳しい人じゃないんでしょうか。

最悪の事態だ、と、警鐘をならされてますよね。


(100です)


107. 2011年6月11日 15:38:35: WuZDPvUTlc
廣瀬さんユーストライブでてます。
http://www.ustream.tv/channel/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E5%B2%A9%E4%B8%8A%E5%AE%89%E8%BA%AB%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8Bustream

108. 2011年6月11日 18:09:34: wSNxDdkH0I
板違い紛いですが、5月に爆弾を仕掛けたとしても、「ヘッジファンドの解約には時間が数ヶ月掛かる」ので、今日じゃ無いかもしれない。弾体を充分加速する為(力積を大きくする為)ある程度の長さは必要?原発推進派は核兵器推進派、核兵器の小型化には中性子源の三重水素が必要、重水炉はもちろん不可能、ならば軽水炉の中性子化した一次系から取り出す必要がある。ならば、大量に必要。こんな感じですか。私も、核兵器研究について、白か黒かと問われれば、まっ赤っか・・・。

109. 2011年6月12日 09:43:44: KDnEC0nohE
 褒め殺し的な嫌らしいコメントがたくさん出てきましたね。
 一見それを認めるような振りをして、結果的にはそれを否定する。真実を広められたくない人々のちょっとした手法ですよ。
 
 希望というものは、確かな現実を直視するなかから、それがどんなに厳しいものであっても、それに負けまいとする強い意志から生まれるもの。被災現地の人々にそれを持ってもらうことができるのは、政府・自治体や東電など関係者の、そして周囲にいる者達の、具体的で目に見える最大限の取り組み姿勢でしょうが。
 
 それを言わずに、現実を冷静に見つめ、伝えてくれる目を潰そうとする魂胆がありありですよ。人々を思考停止に持って行き、従順にさせる、マインドコントロールの手法です。気をつけて目を通しましょう。

110. 2011年6月12日 11:17:03: EjVY7aBN4M
>>05
私はあなたの気持ちと多分同じです。
福島の身内の方とともに頑張ってください。
私も福島ではありませんが被曝しました。

ここにこんなことを書いたら私はあなたとともに、「正義」に対する反逆者扱いされるでしょうが、それは若いときから慣れていますのであえて書きます。

あなたが言う「希望」を否定する方々は、これから起こるだろう恐怖を認められないのだと思います。さらに言えば、ご自分の被曝の意味も。
福島から、いえ、関東圏から、今になって退避しても、ベラルーシからアメリカへ移住した人たちと同じ運命が多かれ少なかれ襲いかかります。
フランスの国家機関あたりは、今逃げれば大丈夫だというような意味合いの発言をしています。しかし、ECCR2006や2010やヤブロコフあたりをよく読めば、それはありえないでしょう。
確率的な個人の発病に加えて、すさまじい社会構造の破綻が待ち構えています。
3月中旬のあのおぞましいフォールアウトを逃れた健康な体で、比較的安全圏にいて、財政的・社会的にもまだ余裕がある場合は(つまり支配層の一部に属するということです)、これは楽しい社会変革の一面かもしれません。この見せ掛けの同一民族国家においては。
中には、数百万が死ぬこと祈っている、政府側・農民側でない人たちもいると思います。この間の動きを見れば、事実関係の論理的帰結として、明白なことです。
多分失敗すると思っていますが、死と絶望を活用した「変革」の後にどんな世界が待ち受けているか。
私はそこまでは生きていません。幸せなことだと思います。見たくもない。
しかし、私の子供たちのうち何人かは、確率的には生き残ります、多少なりとも遺伝子の突然変異を抱えて。
そこでどう生きるか、きれいごとでなく語り教育するのはたやすくはありません。

私もどうしたらいいかよくわかりません。4号機やその他の成り行きからは語ることも無駄な事態が訪れるかもしれません。

あなただけではありません。私も「希望」、私が死んだ後も続くの「希望」にかけて生きていたい。それを探ろうとずっともがいてきました。予想に反して、驚くべき方々がその点で無能なのも見せ付けられました。

あなたのような方がたがいて、発信していることが、私の希望です。


111. 2011年6月12日 17:46:45: fLNxtJHMKY
しかし、それがイスラム過激派によって発生する前提条件は核兵器を過激派が入手する必要があるのだ。その前提条件無しに発生するイスラム過激派の核テロは・・・?
6月28日、11+17でなくて、セルビアの記念日。エジプトの軍事力を無力化するために、トロツキズムが採用される可能性も無しではない。福島でひきおこされ●「中東の国」による核テロ・・・。さて、今日の銚子沖を震源とするとされる地震のあと地磁気異常はどうなった?

112. 2011年6月13日 23:04:27: KYLf19w2yM

人類史上初の 大規模で長期間の 放射能汚染事故の大惨事に、福島がなってしまった今、
本当の 放射能の数値や状況を 把握して、それを広く 国民が知ることは、つらいことですが、避けては、通れないことだと思います。

事実を把握しなければ、対策の取りようがないからです。

3基も、最悪のメルトスルーを してしまった今の段階では
福島の方々や その周辺に住んでいらしゃる方々、特に妊婦さんや小さな子供がおられる方々は、
正しい情報を把握して、あてにならない役場や政府の指図など待っている場合じゃない段階まできてしまったように思います。

自分や家族の健康を優先することが何より大事だと思うからです。

枝野が「大丈夫、ただちに健康には、影響がない」と、ずっといっていました。
この言葉で安心はしますが、事実はま反対で、ただちに健康に影響がある!
だったのではないでしょうか。

その証拠は、被災地に視察に行った枝野の服装です。
放射能を遮断するための完全防備服で、車の外にいた時間は、たったの10分間だったことが、健康被害がある事実を 如実に証明していると思います。

菅内閣と東電が、事実を隠ぺいする事に必死だった間に、福島は、確実に悪化していったのです。


後で大きなつけがくるのに、隠ぺいすることが大事か、
事実を知るのは、苦しいことだが、今の状況をしっかりと把握して、少しでも健康に被害が及ばないようにしたり、事態を収拾するように対策を取る事の、どちらが大事かという事です。


113. どうなるの 2011年6月14日 07:55:27: LlVwIzQSVf0Qw : YPceStOFUY
 原発止めたら家計1000円アップ。(経産省試算)
この試算、何の為。
 伊、原発廃止賛成投票95%以上。
もう、日本も反省自覚して決めよう。
 新たなる日独伊三国同盟、早急に特命大使を独首相、伊大統領のもとへ。
科学の発展が人類を幸せにすると言う幻想。
我々の祖先は皆、不幸だったのか。後世の人は、皆、我々より幸福なのか。
 正しい選択枝。
 文明が問われている。


114. 2011年6月14日 13:49:03: 4dkO0U88Fo
ワン・ワールドとはワン・ワールド・フォース、世界の親米軍事機構を一つにしたもの、そこを、ユダヤ人が内線運用で自由にやっている。さて、「電力の大口消費者(実は電気料金の大口消費者でもある)」には、電圧を記録するメーターがあるそうだ。普段動かしてない機械まで動員すれば電圧を下げるのは造作も無いこと。罰金と損害賠償が発生する。その二、余剰の夜間電力で「メガジュールトランスミッターで作動させる『ちょ〜大型MHDまし〜〜〜ん』」もしくは「街中の直線状に配置されたメガジュールトランスミッター」に充電する。誰も屋内で、外を見ていないとき作動させれば、「直線状に被害地域が発生」する。

115. 2011年6月15日 01:39:51: lNU28DuTFi

世界中で「汚れた銭」の犠牲となっている人々がいる。
残念ながら加害者であった日本も被害者として、その仲間入りを果たしたようだ。
タエガタキヲタエ、生きていくことは日本の伝統ですから大丈夫でしょう。
多分・・

116. 2011年6月15日 01:47:15: IqZcaaeAhk
世界的権威が語る希望の言葉
県民の線量は安全範囲

放射線防護情報センターの福島核事象のページをご覧ください。

http://www15.ocn.ne.jp/~jungata/

6月18日は南相馬にて体内セシウム放射能の検査を行います。

http://junta21.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/post_7c3e.html

以上 札幌医科大学教授 放射線防護学御専門 高田純先生お言葉
 http://junta21.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/post_f112.html

福島県民に希望を与える先生を讃える歌
歌 心配ないよ福島は

心配ないよ福島は  白石 念舟 作詞

一・純ちゃんの  話を聞いたら
  太陽も    核の融合
  ホカホカと  あったかいな
  福島は    心配ないよ
  お母さん   命大事に
  育てよう   イキイキ行こうよ

   山々川も きれいだよ
    繰り返し

二・純ちゃんは  原発前で
  調べたよ   ABCDEF
  Dのレベルだ 心配ないね
  Fのレベルだ 心配ないよ
  食べようよ  福島野菜
  飲みましょう 福島ミルク

  空気も水も 飲めるんだ
    繰り返し

三・純ちゃんは  チェルノブイリや
  カザフスタン セミパラチンスク
  ビキニの海  ローランの核も
  調査した   広島長崎
  核被害    現地を踏んで
  純ちゃんが    セシュウム飲んで

    人体実験 勇気あり
     繰り返し


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧