★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 667.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪緊急事態≫喉、鼻、眼、皮膚、下痢、だるい等、異常の有無を周りの人と直ちに話して下さい(木下黄太ブログより)
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/667.html
投稿者 anan 日時 2011 年 6 月 13 日 03:58:44: zc6.Dkkkz5uCM
 

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/be09a6be7e8bf1fa0c2e4d96f66faf07

≪緊急事態≫喉、鼻、眼、皮膚、下痢、だるい等、異常の有無を周りの人と直ちに話して下さい。
2011-06-13 01:15:25 | 福島第一原発

 病理の専門家と、喉、鼻、皮膚、お腹、下痢、体がだるいなどの症状が自分の、地域的に近い身のまわりでおきていないのか、話して確認しはじめてくださいと呼びかけることをここ数日、話していました。恐らく今後、放射能被害から、顕著な健康被害が発生し始め、過去最悪の「公害問題」として認識されるだろうという推測からこの話は、始まっています。そうしたところ、ある緊急事態を示唆する書き込みが僕のブログにありました。正直、血の気が引いています。まずこれをお読み下さい。

=================================================

 まだ最終的な結果が出るまではと思い書くのをためらっていましたが、やはり今東京で起きている現実のひとつとして書かせて頂きます。4月の半ばに娘の喉が腫れているのに気づき、先月念の為甲状腺機能の検査を受けさせました。正直大げさな親だと思われる事に若干の抵抗もありつつ、放射線の影響が心配なのでとはっきり先生にも伝え、エコー検査もお願いしました。その時の見解では腫れも酷くないし大丈夫じゃないかなぁ…的な先生からの言葉があり、少し安心していました。ところが一昨日私1人で検査結果を聞きに行った所、甲状腺機能に異常が発見されました。更に詳しい検査が必要な事と数値的に恐らくまだ全然初期段階な状態ですが、正直かなりショックで泣きながら家に帰りました。そして、原発の翌日からかなり気をつけていた我が家ですらこの様な状況に陥った事に、尚更恐怖を感じました。今回私に多少なりの知識があった事で早めの対処が出来発見しましたが、甲状腺の異常は自覚症状がほとんどありません。だからこそ怖いのです。検査して何もなければ安心料だと思って、血液検査とエコー検査を (血液検査だけでは発見されない事もあるので)ぜひ受けて頂きたいと思います。私と娘は甲状腺だけではなく腎臓の機能にも異常が出ました。それが何を意味するのかは、これから毎月検査を受ける事で明らかになっていくと思っています。
これは煽りでも何でもなく、検査結果として明らかになった事実なのです。
==================================================

 この専門家にこの投稿内容を伝えたところ、典型的な急性の内部被曝症状ではないかという推測をされています。腎機能に症状が出ている場合に、こうしたことは多いといいます。ご本人と娘さんの二人とも、甲状腺と腎臓の両方に異常が出ていることから考えると、食べ物のように、口から摂取したものから、かなり早い段階で、放射性物質を取り込んだ可能性を指摘しています。目の網膜の検査もされることをすすめますという事です。この書き込みの方が、もしなにかありましたら、僕に直接メールしてください。

 チェルノブイリの時に出ていた核種は主にヨウ素とセシウムのみです。そこでの健康被害想定とことなり、福島第一原発は、今でも何かの反応があり、放射性物質の排出は三ヶ月も続いていますから、短い半減期の核種による影響さえも否定できませんし、他の核種による被害状況が、チェルノブイリと異なる事態になることも容易に想像できます。しかも、メルトスルーが起きている事態のときに、実はどのような恐ろしい事がおきるのか、皆目検討がつかず、スリーマイルの時に様々な被害想定があったことは僕も記憶しています。そうすると、福島状況を考えて、今回のようなことが、三ヶ月くらいでおきてきたとしてもなんらおかしくはないと病理の専門家は言います。

 喉、鼻、皮膚、お腹、下痢、体がだるいなどの症状が自分の、地域的に近い、身のまわりでおきていないのか、話して確認しはじめてください。家族や近くの知人、同じ学校、同じ幼稚園、近所の人、行動パターンが似ている人たちの間で何かおかしなことがおきていないか、相互確認をはじめてください。少しでもはやくはじめてください。

 3月の三連休中に同じ雨にあたった二人の子どもが、二人ともいきなり鼻血を出した話や地下鉄で数駅移動する際に、三つの駅で鼻血を出す人と遭遇した話、屋外清掃してほこりまみれになった後、突然背中に茶色の軽い隆起をともなう点が、複数出来ている話など、憂慮されるようなエピソードが次々ときています。

 僕は断言しますが、首都圏でも、これは大変な健康問題になってきます。活性汚泥の焼却さえとめれば、東京でこどもの健康を守ることができるというレベルではありません。恐らく、事態は相当深刻になります。とにかく、注意を怠らず、対応を急いでください。自分や自分の愛する人、特にお子さんを守るために全力を注いでください。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月13日 04:36:27: EGaQ73B5yp
低線量被曝の専門家J・マンガーノ氏らが、注目すべき記事を書いています。
   ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーhttp://www.counterpunch.org/sherman06102011.html

Weekend Edition
June 10 - 12, 2011

A 35% Spike in Infant Mortality in Northwest Cities Since Meltdown

Is the Dramatic Increase in Baby Deaths in the US a Result of Fukushima Fallout?

By JANETTE D. SHERMAN, MD
and JOSEPH MANGANO

U.S. babies are dying at an increased rate. While the United States spends billions on medical care, as of 2006, the US ranked 28th in the world in infant mortality, more than twice that of the lowest ranked countries. (DHHS, CDC, National Center for Health Statistics. Health United States 2010, Table 20, p. 131, February 2011. http://www.cdc.gov/nchs/data/hus/hus10.pdf)

The recent CDC Morbidity and Mortality Weekly Report indicates that eight cities in the northwest U.S. (Boise ID, Seattle WA, Portland OR, plus the northern California cities of Santa Cruz, Sacramento, San Francisco, San Jose, and Berkeley) reported the following data on deaths among those younger than one year of age:


4 weeks ending March 19, 2011 - 37 deaths (avg. 9.25 per week)
10 weeks ending May 28, 2011 - 125 deaths (avg.12.50 per week)

This amounts to an increase of 35% (the total for the entire U.S. rose about 2.3%), and is statistically significant. Of further significance is that those dates include the four weeks before and the ten weeks after the Fukushima Nuclear Power Plant disaster.(http://wonder.cdc.gov/controller/datarequest/D53.) In 2001 the infant mortality was 6.834 per 1000 live births, increasing to 6.845 in 2007. All years from 2002 to 2007 were higher than the 2001 rate.

Spewing from the Fukushima reactor are radioactive isotopes including those of iodine (I-131), strontium (Sr-90) and cesium (Cs-134 and Cs-137) all of which are taken up in food and water. Iodine is concentrated in the thyroid, Sr-90 in bones and teeth and Cs-134 and Cs-137 in soft tissues, including the heart. The unborn and babies are more vulnerable because the cells are rapidly dividing and the delivered dose is proportionally larger than that delivered to an adult.

Data from Chernobyl, which exploded 25 years ago, clearly shows increased numbers of sick and weak newborns and increased numbers of deaths in the unborn and newborns, especially soon after the meltdown. These occurred in Europe as well as the former Soviet Union. Similar findings are also seen in wildlife living in areas with increased radioactive fallout levels.
(Chernobyl – Consequences of the Catastrophe for People and the Environment, Alexeiy V. Yablokov, Vasily B. Nesterenko, and Alexey V. Nesterenko. Consulting Editor: Janette D. Sherman-Nevinger. New York Academy of Sciences, 2009. http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/1573317578/counterpunchmaga)

Levels of radioisotopes were measured in children who had died in the Minsk area that had received Chernobyl fallout. The cardiac findings were the same as those seen in test animals that had been administered Cs-137. Bandashevsky, Y. I, Pathology of Incorporated Ionizing Radiation, Belarus Technical University, Minsk. 136 pp., 1999. For his pioneering work, Prof. Bandashevsky was arrested in 2001 and imprisoned for five years of an eight year sentence.

The national low-weight (under 2500 grams, or 5.5 lbs) rate has risen 23% from 1984 to 2006. Nearly 400,000 infants are born under 2500g each year in the U.S. Most of the increase in infant mortality is due specifically to infants born weighing less than 750 grams (I lb 10 1/2 oz). Multiple births commonly result in underweight babies, but most of the increase in births at less than 750 grams occurred among singletons and among mothers 20-34 years of age. (CDC, National Vital Statistics Report, 52 (12): 1-24, 2005.)

From an obstetrical point of view, women in the age bracket 20 to 34 are those most physically able to deliver a healthy child. So what has gone wrong? Clues to causation are often revealed when there is a change in incidence, a suspicious geographical distribution, and/or an increase in hazards known to adversely affect health and development.

The risk of having a baby with birth defects is estimated at three to four of every 100 babies born. As of 2005, the Institute of medicine estimated the cost of pre-term births in the US at more than $2.6 billion, or $51,600 for each infant.

Low birth weight babies, born too soon and too small, face a lifetime of health problems, including cerebral palsy, and behavioral and learning problems placing an enormous physical, emotional and economic burdens on society as a whole and on those caring for them. Death of a young child is devastating to a family.

As of June 5, 2011, The Japan Times reported that radiation in the No. 1 plant was measured at 4,000 milliseverts per hour. To put that in perspective, a worker would receive a maximal “permissible” dose in 4 minutes. In addition there are over 40,000 tons of radioactive water under that reactor with more radioactivity escaping into the air and sea. Fuel rods are believed to have melted and sunk to the bottom of reactors 1, 2, and 3. (http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110605a3.html)

Tepco, the corporate owner took more than two months to confirm the meltdowns and admitted lying about the levels of destruction and subsequent contamination, resulting in “Public Distrust.” Over 100,000 tons of radioactive waste are on the site.(http://www.businessweek.com/news/2011-05-27/fukushima-faces-massive-problem-from-radioactive-water.html)

Why should we care if there may be is a link between Fukushima and the death of children? Because we need to measure the actual levels of isotopes in the environment and in the bodies of people exposed to determine if the fallout is killing our most vulnerable. The research is not technically difficult – the political and economic barriers may be greater. Bandshevsky and others did it and confirmed the connection. The information is available in the Chernobyl book. (Previously cited.)

The biological findings of Chernobyl cannot be ignored: isotope incorporation will determine the future of all life on earth – animal, fish, bird, plant and human. It is crucial to know this information if we are to avoid further catastrophic damage.


----------------------------------------
Janette D. Sherman, M. D. is the author of Life's Delicate Balance: Causes and Prevention of Breast Cancer and Chemical Exposure and Disease, and is a specialist in internal medicine and toxicology. She edited the book Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and Nature, written by A. V. Yablokov, V. B., Nesterenko and A. V. Nesterenko, published by the New York Academy of Sciences in 2009. Her primary interest is the prevention of illness through public education. She can be reached at: toxdoc.js@verizon.net and www.janettesherman.com

-------------------------
Joseph Mangano is an epidemiologist, and Executive Director of the Radiation and Public Health Project research group.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


02. 2011年6月13日 08:50:53: SO9w7mdJIA
Chernobyl Consequences of the Catastrophe for People
and the Environment
ALEXEY V. YABLOKOV, VASSILY B. NESTERENKO, AND ALEXEY V. NESTERENKO
Consulting Editor JANETTE D. SHERMAN-NEVINGER
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf


★>Irradiation directly damages the kidneys, bladder, and urinary tract, as well as the ovaries and testicles,
>Occurrence of chronic pyelonephritis, kidney stones, and urinary tract diseases in teenagers correlated with the level of contamination in the territories (Karpenko et al., 2003).
>The incidence of kidney infections in teenagers significantly increased after the catastrophe and correlated with the level of contamination (Karpenko et al., 2003).
>In the heavily contaminated Gomel Province there was a marked increase in the number of cases of intestinal, colon, breast, bladder, kidney, and lung cancers, and the occurrences correlated with the level of Chernobyl contamination (Okeanov et al., 1996; Okeanov and Yakymovich, 1999).
★>The concentration of radionuclides in the bodies of most (98%) of the 285 persons who died suddenly in Gomel Province was significantly
increased in the heart, the kidneys, and the liver (Bandazhevsky, 1999).
★★>There is evidence that incorporation of 50 Bq/kg of Cs-137 into a child’s body can produce pathological changes in vital organ systems
(cardiovascular, nervous, endocrine, and immune), as well as in the kidneys, liver, eyes, and other organs (Bandazhevskaya et al., 2004).


03. 2011年6月13日 14:09:47: LbEsgKUZP2
人命よりも共同体の構造や組織維持が優先されている。
それはつまり金持ちの金持ちによる金儲けシステムが破壊されることを怖れ、それより人命が失われてもかまわない
というかってな論理でいまの日本が動いているということだ。
いやはや、だれもが自分だけは放射能被害にはかからない。
除外者だとおもっているのだろう。
あきれた国民性である。

04. 2011年6月13日 17:29:40: k1mFG50u9c
南半球の何処かから、まだまだこの国は儲けの種ととらえて、家族諸共安全圏にいる者もいることだろう。投書の方は明日のわが身と思っております。
 私に力があればとっくにこの国にいません。娘に雨の日の送り迎え、ぐらいしかしてやれない非力を嘆いております。

05. 2011年6月13日 18:19:10: k1mFG50u9c
 北西アメリカの死産が2・5%全米平均に3月以来対して9.25%から12,5%に跳ね上がったとの知らせは、ビキニ核実験の時と同じだ。46年ごろから59年ごろにかけて日本の胎児の死産例が高かった統計があった。東京あたりで何を食べればいいのだろうか。

06. 2011年6月13日 22:52:42: kv0KqMauns
スリーマイル原発事故でも、
0歳から9歳児のがん死亡率45%増加、
0歳から14歳までのがん罹患率17%増加
新生児の死亡率23%増加
1歳から14歳までの幼児児童の死亡率13%増加
未熟児の増加37%
http://www.radiation.org/press/tmi1105.html


07. 2011年6月13日 23:53:30: RZoKwVgxwc
政府は、まだ、事故の収束を東電が責任主体であって、保安院がそれを監視する
というのんきなことをやっている。今日のニュースでも、作業員の被爆量が規制を
上回ったのが、けしからんと、保安院のアホが話していたが、おまえらの組織の
怠慢が起こした、世界的な大事故だろとだれもつっこまないのだろうか。

もう、東電は原子力事業から撤退させ、国の責任のもと、事故の収束にむかわなく
てはならないのではないか。


08. 2011年6月14日 02:05:35: EGaQ73B5yp
武田先生が語る浦安市の校長が児童を被曝させたい理由

1 :名無しさん@涙目です。(catv?):2011/06/14(火) 01:26:16.75 ID:VeFFI7sJ0 ?PLT(12000) ポイント特典

浦安市の校長先生は児童を被曝させるために、
1) 給食は全児童が食べなければならない、
2) 給食に放射性物質を含むものを使う、
と宣言しています.
校長先生は給食に関して義務と権限を持っていますので、このようなことを意図的にされるのは、児童を被曝させたい
(結果として被曝量を増やすことを知っているから)と希望していることは明らかです.

常識ではまったく考えられませんが、校長先生には校長先生の「理屈」があるようです。
ある校長先生が次のような「便り」を出しておられます.
http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/06/12/bdcam_20110612_195411983.jpg

まず、第一に「学校給食法」によって、校長先生は学校給食が円滑に行われるように努力する必要があり
、給食はその学校の児童全員に行わなければならないということが「法律」で定まっていることを示しています.

まず、校長先生の頭には「自分が守らなければならない法律」が強く入っているのでしょう.
そして、おそらくは「たとえ児童の健康に障害が起こっても、それより法律を守ることが大切だ」と信じておられることと思います.
つまり、学校給食法で書かれている「給食」の前提が「児童の健康に障害が起こる可能性に無いものに限る」ということであることに思いが至らないのです.
昔から日本にはこのようなタイプの校長先生がおられました。自分の学校の児童を、自分の子供のようには愛することができず、単に法律上の任務をすることによって出世を考えるタイプの方です

そして、この校長先生が同じ「便り」にこのような文章を載せています.そこには、

「望ましい食生活の形成と人間関係の形成」

が給食の目的としているのです。
http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/06/12/bdcam_20110612_195456690.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


09. 2011年6月14日 02:14:31: HYHUspnQ6g
 文部科学省―教育委員会―校長、というルートで教員を支配しているのが今の教育システム。これを破壊しないといけない。しかし、児童の給食で汚染された茨城産の野菜を食べさせるとは、カルト教団の集団自殺の儀式と同じだ。やっぱり、この国は終わっている。子どもが気の毒。自民党に投票してきた結果なんだな。

10. 2011年6月14日 03:42:31: 1vChbcJFHI
7. In order to decrease irradiation to a considered safe level(1 mSv/year) for those in contaminated areas of Belarus, Ukraine, and Russia it is good practice to:
*Apply mineral fertilizers not less than three times a year on all agricultural lands, including gardens, pastures, and hayfields.
*Add K and soluble lignin to forest ecosystems within a radius up to 10 km from settlements for effective reduction of Cs-137 in mushrooms, nuts, and berries, which are important local foods.
*Provide regular individual intake of natural pectin enterosorbents (derived from apples, currants, etc.) for 1 month at least four times a year and include juices with pectin daily for children in kindergartens and schools to promote excretion of radionuclides.
*Undertake preventive measures for milk, meat, fish, vegetables, and other local food products to reduce radionuclides levels.
*Use enterosorbents (ferrocyanides, etc.) when fattening meat animals.-----

Chernobyl Consequences of the Catastrophe----- p.324


11. 2011年6月14日 07:19:58: vtaXSg5Mqs
政府はなぜ東京のホットスポットを調査して、公園や側溝の高濃度汚染土壌の除去を都と一緒になってやらないのだろうか。その汚染表土は福島第一原発構内へ運び込んで、放射能除去装置プラントで浄化するしかない。
 子供たちの遊ぶ公園が放射能まみれだという事実を隠してはならない。静岡県の茶葉が汚染されていて、福島県からそこに到る経路の都府県が汚染されていないはずはない。早急に放射能汚染を測定して表土や下水処理場の汚泥の放射能を除去する手立てに国家プロジェクトを早急に立ち上げるべきだ。それこそが国家の責任だ。テレビも能天気にクールビズなぞと東電の節電宣伝に安易に乗らないことだ。節電で熱中症で亡くなった人が出た場合、誰が責任を取るのだろうか。電力会社の責任は安定的に電気を供給する義務がある。それが出来なければ地域独占を止めるべきだ。

12. 2011年6月14日 08:30:16: ITTA160ZkE
放射線は、目に見えないし影響もわかっていないだから怖い気持ちも理解できるし、怖がる仲間も欲しいのもわかる。
しかし、我々が放射線を浴び始めてから、まだ三ヶ月しか立っていない、東京の放射線の量を全部内部被爆と換算しても、1mSvにみたないこれは、約一年間に浴びている放射線の量であり、内部被爆も外部被爆も関係なく人間が浴びる量である。
微量放射線の影響にしてもまだ症状が出るにははやすぎるだろう。
ただ現実に体調がおかしいなら、医療機関にかかるべきでは有る。
放射線の影響と決めてかかって悪化させたりすることもある。
更に放射線の人体への影響は、解らない部分が多いので、花粉症の様に感受性に個体差が有る事も考えられるから、いづれにしても、解らない同士が情報交換しても、気休めにはなるか、時間の無駄と不安はへりはしない。

13. 2011年6月14日 10:41:59: sDn8sO91ko
>>12
日本では初めてのことについて、ご自信の今までの経験と学識から判断されるとは、ご立派ですね。
さぞかし権威の方とお見受けしました。

14. 2011年6月14日 12:48:30: yCGLoatbNk
>13様
お、おれもそう思ったんだ。かわりに言ってくれてありがとう。

15. 2011年6月14日 13:09:08: EGaQ73B5yp
>>12
>微量放射線の影響にしてもまだ症状が出るにははやすぎるだろう。

あんたは被曝地の人じゃないのかな?
それとも内部被曝について自分で調べもしないでお気楽な妄想を書き連ねている
お馬鹿さんかな?(笑)

すくなくとも広島長崎で、じかに被爆せずに救援などのために市中入りした
ふつうの健康人たちが、内部被曝でどういう経緯をたどったか、ちょっとは
調べてからものを言いなさい。さもないと、いまどき不勉強で破廉恥を口外してる
酔っぱらいか馬鹿としか見られないですぜ。(笑)


16. 2011年6月14日 13:28:17: Et1vhJ5rpg
校長先生なんてもの(人ではない)を信じちゃいけない。
彼らが可愛いのは自分の出世であり、子どもたちではない。
「悪法でも法」と断言する動物ですから。
日本人は「長」という字がつく動物には盲目的に追従。
これも教育のたまものです。

よくやった! 
自民党長期政権をもって中央集権を護った日本人どもよ!

子どもが被爆して死んでも、すべて親のせい!
すすんで社会に貢献する子どもを育てよ。だから汚染給食を食べるのも社会貢献。
教育基本法を改悪したのは、すべて親の責任にして、文部科学省と学校をまもるため!
何も気づかない脳天気な日本人。
井戸のなかのぬるま湯につかったまま、いっせいに茹でられてゆく日本人。



17. 2011年6月14日 23:01:08: Yk2yAHcqiY
不登校ばんざい

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧