★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 710.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
京大原子炉・小出「汚泥1立方センチで1億ベクレル!、大熊町でキュリウム検出」6月13日たねまきジャーナル
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/710.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 6 月 14 日 03:26:27: V/iHBd5bUIubc
 

キュリウムってなんじゃ?地下水、水道水、昨日のストロンチウムに加え、今日はキュリウムか。
そういえば、以前にキュリウム、アメリシウムってありましたね。
原発全廃男さんから転載します。

01. 2011年6月13日 21:31:58: aR5fp6bcvA
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です、今日の小出先生のお話が来ました。水道水の汚染と汚泥の処理、イタリアの国民投票のことです。また、よろしくお願いいたします。
 毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日は水野晶子さんが被災地取材中継で、大阪には千葉猛さんと毎日新聞ほっと兵庫の平野幸夫さんの案内で放送されました。水野さん沿岸部での、津波が来たら逃げないといけないところからの報告でした。

 原発事故のニュース、東電社員6人が250ミリシーベルトを超えたことがわかりました。264〜497ミリシーベルトで、8名が上限を超えました。

 東電は汚染水処理施設、15日から数日遅れることになりました。汚染水が地下、海に流出する恐れがあり、処理施設で水漏れなどがあり、明日、比較的低濃度の水で試運転を行います。

 取水口の海水の浄化装置、やっと本格稼動です。海水のセシウムを数10%低下できる模様です。が、地下水より、ストロンチウムが検出されています。

 イタリア、原発再開の是非を問う国民投票で、イタリアはチェルノブイリ事故後原発を止めていたものの、ベルルスコーニ政権が再開を示唆し、これで国民投票になりました。投票率は初日で41%であり、成立の模様で、ベルルスコーニ首相、イタリアは原発サヨナラと言いました。ドイツに続いて、大きなニュースです。ヨーロッパでは、福島事故は大きく取り上げられ、日本ですら事故であり、反原発の意向が強くなっている模様です。

 そして、小出先生のお話、水道水から放射能検出、厚生省は安全性に問題なしと言っている(安全である)というものの、浄水処理で除去できるのかは、「被爆に関しては安全、大丈夫という言葉を使ってはいけない」、基準より上だから危ないのではない、被爆はどんなレベルでも危険、今回、3月に大量の放射能が出て、今後収まるなら、3月のようなひどい汚染はないだろうとのことでした。セシウムが雨で濃縮されることは、セシウムの大量放出は3月であり、今後大気中への大量の放射能放出がなければ、「水道水のこれ以上の汚染はないものの、それで安全ではない」のです。

 水の処理で沈殿した汚泥はセシウムが残り、その処理も問題です。

 汚染水の処理で、放射能は消えない、どこかに移すのみであり、取ったものをどうするかが問題なのです。汚泥は1立方センチで1億ベクレル、近づいたらすぐに急性症状の出るものです。これが次々出るのです。これの保管、東電は集中廃棄物処理施設に置くというものの、「これから何十、何百年保管しないといけない」のです。気の遠くなる話です。

 ヨーロッパ、イタリアで国民投票で原発拒絶なのですが、小出先生、「うれしい」と言われました。こういう動きがヨーロッパで起こったことを評価されています。週末で反原発のデモで、小出先生も出られましたが、一般市民の反原発の動き、小出先生、福島の事故を防げなかったので楽観的にはなれないが、日本も変わってきている、労働組織の運動ではなく、この人たちはどうしてこの場に来たのかと、自立して選択して来ているので、ありがたいと言うことでした。

 福島大熊町でキュリウムの検出、超ウラン元素で、ウランが中性子を吸収しプルトニウム、それに中性子が入りキュリウムで、これは出にくい放射性物質なのに、それが出ているのです。つまり、大変なことです。

 小出先生、11日は神戸でも活躍でしたが、イタリアや、日本の動きを評価しておられたのが印象的でした。今日はこれで終わりでした。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月14日 03:31:42: A4GQ7o9O02
たねまきジャーナルの音声聴きたい方は、

gataro さんが投稿されてますので、そちらを開いてみてください。

6月13日 イタリアの原発拒絶は嬉しい 小出裕章 (MBS)〔小出裕章(京大助教)非公式まとめ〕
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/702.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 6 月 13 日

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/13/tanemaki-jun13/

6月13日 イタリアの原発拒絶は嬉しい 小出裕章 (MBS)


02. 2011年6月14日 07:42:01: YzESbPZq8g
これで風評被害などと騒いでるマスコミは加害者になったようなものだ。関東地方の野菜、魚介類、牛乳、お茶など、あらゆる食品を口にしてはならない。

03. 2011年6月14日 09:44:03: rWmc8odQao
その処理を研究開発からやるんでしょ…

西山英彦氏「(汚泥は)日本でも出たことがないので、研究開発からやらないといけない。安全規制、現実の処理の方法、法律上の処理を考えると、長いプロセスになると思う」
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110610ddm002040052000c.html


04. 2011年6月14日 12:32:42: tJ46S18uaA
高レベル廃棄物は300m以上深い場所への地層処理となっている。
変な所に保管しないで欲しい。例えば福島原発敷地内とか。

05. 2011年6月14日 14:09:49: HYHUspnQ6g
キュリウム検出。あたりまえのことだが、核分裂反応が継続している。むきだしの原子炉が動いたまま放置プレイとは呆れ果てる。

06. 2011年6月14日 15:05:12: G3gj6mvDCw
労組の動員とか、意味もわからず、ねじり鉢巻でこぶしを突き上げる運動ではなくて、
一人ひとりが自分で判断して動いてきているってことですね。

07. 2011年6月14日 20:33:03: f45chhMQBI
大部分は、喉元過ぎれば熱さを忘れるますね。
それより全部の原発止めて化石燃料に変えても1000円しか上がらないなら、すぐ止めた方がいい、物価がそれで上がったら消費税下げて調整すればいい。
直ぐやらないと、また国民の関心は、違う所に行って、選挙で石破とか、石原にいれちゃうよ。

08. 2011年6月14日 21:57:47: Lfgm6UAfLE
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です、今日の小出先生のお話が来ました。小出先生、これはとてもつない戦争状態であるとの言葉がありました、また、スレッドたてお願いいたします。

 毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんは東北取材(宮城南端)、千葉猛さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫の平野幸夫さんの案内で行われました。水野さん、宮城のラジオ局からの報告もありました。

 原発関係のニュース、作業員が被爆限度を超えたこと、100ミリシーベルトを超えたら作業から外すことを政府が東電に指示しました。被ばく線量検査は遅れ、内部被爆の暫定値が100ミリを超えたらアウト、27人当てはまります。

 賠償法案を閣議決定し、新たに設置する機構で、東電以外の電力会社にも協力させ、賠償が超えた場合国費投入もありますが、電気料金値上げにもなり、早期成立は困難です。

 イタリアの国民投票、9割以上の反対という圧勝で、自民党の石原氏、「集団ヒステリー状態」と言っており、批判の出る可能性があります。千葉さん、「集団ヒステリー」を批判しています。

 福島県相馬市で、原発さえなければと酪農家の男性が自殺です。30頭の乳牛を持っていたものの、乳牛を処分し、廃業しています。フィリピンに家族で避難していたものの、一人牛の世話で帰り、自殺なのです。

 福島市は校庭の土の除去を全てで行うことにしています。幼稚園〜中学生に小型線量計を配ります(9月までに)。

 茨城取手市、千葉で管理区域並みの放射能汚染であり、200km離れたところで4万ベクレル/kg、原子炉建屋の管理区域で、危険なのです。放射能がばら撒かれ、雨が降ったことによるものだそうです。

 そして、小出先生のお話、乳牛を処分した男性の自殺、「原発がなければ」と聞いて、まったく痛ましいこと、この方にとって育ててきた家畜は子供のようなものであり、子供をどうにも出来ない、たくさんの酪農家が同じ思いだろうとの指摘でした。

 福島で250ミリシーベルトを超える被爆をしたこと、内部被曝暫定値が100ミリを超えたら作業から外すこと、もともと、一般の人の限度は1ミリ/年、小出先生で100ミリ/5年、50ミリ/年なのですが、今回の事故ではそんな基準では無理で、1回だけ100ミリ許すとしたものの、事故がひどすぎて、250ミリまで引き上げられた、それを超えた作業員が増えているのは、被爆管理をもっと厳密にしないといけない、100ミリを超えた人を外すのは当然なのです。内部被爆の測定は困難であり、内部被爆のほうが測定困難で、もっと早くから測定して作業員を守らないといけなかったのです。

 ホールボディーカウンター、4台のうち2台しか稼動できない、全国にいろいろなものがあり、簡易型、大掛かりなものもあるが、精密なものは大掛かりで、鉛で囲んだ部屋に設置しないといけない、移動不可、簡易型は外の影響を受けるものなのです。本当にやる気があるなら、汚染の少ない場所に持って行って、作業員をそこに連れて来て測定するべきなのです。

 これは、「戦争と同じ」であり、そういう認識が足りないとの小出先生の指摘です。


 福島第2原発、津波で入った水を海に流すというのですが、3000トンも水があり、しかし、小出先生は「そんなものはほうっておけばいい」、法令の処置限度以下ならOK、福1では法令限度の何万倍もの水を流してしまっているのです。

 「今はとてつもない戦争状態」であり、何が大切かを考えてほしいのです。

 佐賀県からセシウムの発見、1100kmなど、米国、ヨーロッパにも広がっている、その中で生きざるを得ないのです。3月11日を境に、我々の生活が変わってしまったのです。チェルノブイリ事故、8200km離れた日本に放射能が来たのです、驚くべきことではないのです。

 とうとう、小出先生より「戦争状態」という表現が出ました。まさに、放射能との戦争なのです。以上、お知らせいたしました。


09. 2011年6月15日 19:28:30: EGaQ73B5yp
http://www.facebook.com/note.php?note_id=188857161165864&comments
2011年6月19日(日) 、小出裕章氏が札幌で講演会の予定
2011年6月3日 0:20 小出裕章 (京都大学原子炉実験所) の情報を拡散する会さん作成

2011年6月19日(日) 、小出裕章氏が札幌で講演をなさる予定です。

第23回 
核戦争に反対する北海道医師・歯科医師の会 総会
(後援 医療九条の会・北海道)

記念講演会
『 核・原子力問題の真実 パート2 
  −福島原発事故から見えてくるもの− 』
講演者: 小出裕章さん 
       (京都大学原子炉実験所助教)

日時:  2011年6月19日(日)午後4時〜5時半
場所:  ニューオータニイン札幌
      (旧 ホテルニューオータニ札幌)
       札幌市中央区北2条西1-1-1  
       TEL:011-222-1111

参加費: 500円
連絡先: 核戦争に反対する北海道医師・歯科医師の会*
      TEL: 011-758-4585
        http://www.geocities.jp/hokkaihankakuishi/

* 6月3日午前10時頃、「核戦争に反対する北海道医師・歯科医師の会」さんに電話で問い合わせたところ、小出氏の記念講演は、一般の方も参加出来るとのことでした。但し、混雑が予想されますので、お早めに会場に起こし下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


10. 2011年6月15日 21:53:42: A6TXINCQ8o
ジャック・どんどんさん、原発全廃男です。
今日の小出先生のお話、チェルノブイリは収束に60〜80万人動員したこと、子供の線量計のことでした、また、スレッドたてお願いいたします。

 毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんは被災地取材で、上田崇順さんが初めての司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発関係のニュース、東電社員8人が250ミリを超えましたが、事故後線量計が不足し、ほかにも250ミリを越えている人がいる(実際いくら被曝したかわからない、何人被曝したか分からない)のです。線量計が津波で壊れ、グループに線量計のない協力会社もあったのです。事故からしばらくは被曝量が不明なのです。

 全国の原発で国の立ち入りが行われ、大飯に保安院が入り、検査が行われました。停電、水素爆発対策が取られました。保安院は各社の対策が妥当か確認します。

 また、原発廃止の動きがあり、多くの文化人が日本での署名活動を行います。内橋克人さん、澤地久枝さんらが立ち上がりました。

 そして、小出先生のお話です。作業員に線量計がなくて被曝管理が杜撰だったこと、「ひどいこと」だと思う、現場が混乱していた、福島第2、柏崎から持ってくるのも出来た、線量計なしは絶対にやってはいけないのです。

 持たずに入ると250ミリも怪しい、事故の初期、大変な被曝で、決定的なデータの損失で、もっと多くの人が限度を超えているのです。現場を離れないといけない人が出て、作業員が足りるかは不明、チェルノブイリは60〜80万人の作業員、軍人が収束に動員された、これから、どうやって作業員確保が大変、一般の人はすぐには使えないのです。

 線量を超えた人には、急性の放射線障害が出る可能性がある、枝野氏の「ただちに影響は出ない」ではない、今後がんになる可能性が高い、何十年!その人のフォローを、広島、長崎の被爆者と同じフォローが必要なのです。

 線量を超えた人は仕事が出来ない、その補償はたぶんないだろう、東電が生活の保障をする責任があるが、東電が何度倒産しても賠償は足りない、「国が面倒を見るしかない」のです。

 福島市で、市内の子供34000人に線量計配布、これは「やらないよりやった方がいい」、しかし、線量計にはガンマー線しか感知しないが、子供は地面に転ぶし、内部被曝もあり、線量計は目安に過ぎない、それでも、子供の被曝を大人たちが監視しないと行けないのです。9月から3ヶ月ずつ見るのですが、34000人も調べるとガラスバッヂがTNT、1ヶ月つけて分析するのしか使えない、精度はガンマー線しか感じず、地面にベータ線があるのは分からないのです。

 近藤さんの見解、線量計を持って比較は出来る(どこの土地、学校の被曝が多い)が、安心は出来ない、濃淡は出る、被曝した子供の低減には役に立たないのです。

 東京都内で100箇所、測定開始、地上すぐですが、これについて、測る高さ、地上5cm、1mはOK、子供のために、50cmもあればいいのです。しかし、東京の汚染で、低かったら安心する、100箇所全部低かったら安全神話が出るので、定点観測も重要であり、人々、子供のたくさんいるところは定点で観測し、その他は観測地を変えるべきなのです。

 地上80mでの放射線測定は全く意味なし、地表5cmは全国で測ってほしいのです。

 一般の人も線量計が手に入りますが、測定器の性能が大きく異なり、小さい数値が出たから安心できない、大きく出たからすぐに危ないわけではない、個人で手に入るものは本当の簡易のもので、値に絶対はないのです。相対的な(ここは高い、ここは低い)ものであり、自分、子供たちの被曝を防いでほしいのです。

 今日のお話は以上です。作業員の被曝、想像以上であり、チェルノブイリで収束に何十万人も動員したなら、日本ではほとんど絶望的ではないかとすら思われました。以上、お知らせいたしました。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧